2010年05月31日

大相撲とヤクザと鳩山(笑)。

大相撲とヤクザと鳩山(笑)。






【ワイドショー通信簿】暴力団にチケット手配、テリー伊藤「相撲協会に放映権料何十億円 NHK相当怒ってる」
2010年05月27日12時27分 / 提供:J-CASTテレビウォッチ

昨年7月の大相撲名古屋場所で、土俵際のいわゆる「砂かぶり」といわれる特等席に、暴力団幹部が連日座っていたというので、相撲協会はこのチケットにかかわった親方2人を処分するという。名古屋場所で愛知県警などが確認したのは、指定暴力団山口組弘道会の幹部らで、毎日数人づつ、延べで約50人が観戦した。

なぜ暴力団が相撲を?事情通は、刑務所の服役者をはげますためだという。刑務所ではテレビの相撲観戦は大きな楽しみ。そこで、組幹部がテレビに写る席に座って、受刑者にメッセージを送るのだという。たしかに、彼らが座ったのは向う正面。テレビで最も顔が写る席だ。

阿部祐二リポーターが元受刑者に名古屋場所の写真を見せて、暴力団員を特定できるか聞いたところ、いともあっさり「これとこれ」と指差していた。



テリー伊藤がばっさり切った。

「これ、NHKがトップニュースでやった。相当怒ってますよ。年間何十億の放送料を相撲協会に払ってるわけでしょう。その協会の一員が暴力団にチケットを流し、電波が利用されていた。こんな屈辱はない」

「タニマチの近くに暴力団というのは、実はあるんですよ。知らないといっても、怪しいとは感じていたはず。今回たまたま見つかったが、その前からもやっていたでしょう。協会もたまったもんじゃないし、楽しみに行っている人への裏切りだ」



見方は色々です(笑)。

大阪地検特捜のチョンボ飛ばしとか・・・・・・
あっ、アレです。厚労省村木局長のヤラセ逮捕の件です。
とか、まあ、民主党政権でも沖縄普天間問題を薄めるためのとか。
まあ、メディアが今のところ鳩山政権のために動くことはないでしょうから、

やっぱり、大阪地検特捜のチョンボ隠し !!???


まあ、大相撲といえば・・・・・・

トトカルチョでしょっ(笑)。

まあ、興行師っていうか、
今時代が変わっちゃったからどうかは分かりませんけど・・・・・・

僕らが子ども時代は、横丁にもそれらしきオジちゃんがいて、
もちろん、紋々しょってます(笑)。

大相撲が始まると、それらしきお家の前に「相撲星取表」が張り出されます。

まあ、時代が時代でしたから、若旦那衆とかのバクチ遊びです。

ハッキリ言って、「サッカー」の公営ギャンブルが近いですね(笑)。

つまり、取り組の「勝敗予想」です・・・・・

で、大相撲とヤクザなんて常識中の常識なんじゃあない。

まあ、競輪競馬、競艇オートの「予想屋」っていう商売だって、公営でそういうのアリですから。

ソレに、大相撲の「お茶屋制度」とかも、笑っちゃいます・・・・・

文部省管轄の財団法人「日本大相撲協会」でそういう特殊性ですから。

まあ、一般国民は関わらない方が良いっていうか、

コワイ世界です(笑)。

つまり、高崎の少林山「だるま市」もその片りんがうかがえます。

ある時期、アノ辺りで商売していまして・・・・・・

少林山「だるま市」になると、全国からテキヤさんが隊列を成してやってきます。

まあ、ソコを仕切るのがいわゆるその筋の親分です。高崎の。

まっ、お祭りからしてそうです・・・・・・

その意味では大相撲って、「お祭り」ですから、スポーツじゃあありません。

まあ、鳩山自由党もそのお祭でできています(笑)。
あっ、鳩山一郎の時代の話です・・・・・・


まあ、今も似たようなモノかも知れませんけど・・・・・・

ヤクザっていえば、アメリカはヤクザですから(笑)。

大相撲とヤクザと鳩山(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 16:44Comments(1)

2010年05月31日

谷亮子、初街頭演説とか。

谷亮子、初街頭演説とか。








谷亮子、初街頭演説に1800人
5月31日8時0分配信 スポーツ報知

 夏の参院選に民主党公認の比例代表で出馬する、柔道の五輪金メダリスト・谷亮子(34)が30日、街頭演説デビューを飾った。青森市で、出馬表明後の“第一声”を発した後、仙台市では繁華街を練り歩くパフォーマンスも。政治演説の不慣れさものぞかせたが、行く先々で地元の立候補予定者そっちのけで握手、写真攻めにあうなど、支持率最低の鳩山政権の“救世主”になれそうな人気の高さを見せつけた。

 「本日は、みなさんの笑顔に会いたくて、このリンゴでも有名な青森にやって参りました!」。クリーム色のパンツに茶色の上着と、地味めの装いで青森駅近くの街頭に立つと、特産物を取り入れたあいさつで、心をつかむ。「目標を持って前進していく。この姿勢で国のためにがんばりたい」。2分15秒間の演説。ヤワラちゃんは、短めの第一声で、政治家へのスタートを切った。

 この日昼、青森選挙区で出馬予定のママさん女子アナ・波多野里奈氏の応援で街頭演説。約500人(主催者発表)を前にマイクを握った。途中、言葉に詰まったり、言い直す場面もあった。候補者流に口に近付けたマイクの持ち方に慣れていないためか、後方に声が届きづらかった。やや“経験不足”を露呈したが、演説後は「みなさん、温かいので心強いです」と満足そうだった。



まあ、独断と偏見ですけど・・・・・・
コレだけ政治に似合わない人は知りません(笑)。
鳩山首相の放言といい、赫々云々の並居るソコソコ有名人の候補者たち。


分かりやすいっていえば分かりやすいんですけど・・・・・・
コレでいいのかな、この国は。


谷亮子、初街頭演説とか。  


Posted by 昭和24歳  at 09:49Comments(0)

2010年05月31日

社民党も社民党だけど(笑)。

社民党も社民党だけど(笑)。








「野党になります」福島党首が明言
5月30日18時30分配信 読売新聞

 社民党の福島瑞穂党首は30日夕、日本テレビの番組に出演し、鳩山政権に対する今後のスタンスについて「野党になります」と明言した。

 鳩山首相の進退については、「ご本人が判断されるべき問題だと思います」と述べるにとどまった。

 民主党との選挙協力については「地域ごとに協議していくことになる」との認識を示した。 最終更新:5月30日18時30分


「野党になります」

まあ、社民党って時代錯誤っていうか進歩なし(笑)。

で、「沖縄命」って、そんなの政治じゃあありません。ハイッ !!

まっ、社民党も社民党だけど・・・・・・

ハッキリ言って、鳩山も鳩山です。

っていうか、ひとつハッキリさせなくちゃあイケないのが、

なぜ、「最低でも県外」と言ったか、言えたか !!???

まあ、全く根拠なしの発言だったとしたら、一国の総理になろうという人間・・・・・・・

赦されるはずありませんね。

社民党、その「空手形」にのせられたのかどうなのか ???

国民としてはソコのところが一番知りたいわけです。

どういう「根拠」があったのか !!???

で、それが、ただの「思いつき」による発言だったとしたら、コレは悪質な虚言です・・・・・・

では、なぜ、社民党はこの間その「最低で県外」の根拠を問い正さなかったんでしょうか。

だとしたら、コレは政治ではありませんし、社民党も国民を裏切っていたことになります。

その意味で、社民党の「政権離脱」は無責任です。

政権内にいて、なぜ「最低でも県外」出なかった理由を国民の前に明らかにさせる責任が政党としてあったわけです。

つまり、その「最低でも県外」を翻した理由も含め、そのことがハナからデタラメであったとしたら、

鳩山由紀夫は即辞職です。

まあ、「アメリカに脅された」とか、日米安保の「真実を知っちゃった」からとか・・・・・・

必ず明確な「理由」がソコにはあったはずです。

まあ、ただたんに「抑止力」なんていうとぼけた話は通用しないわけですから。

で、このまま「野党になります」なら、野党になったとして、鳩山由紀夫首相に、

なぜ、「最低でも県外」と言えたのか、なぜその前言を「翻した」のか、追求しなさい。

少なくともこの夏の参院選の前に、政権党だった責任として鳩山由紀夫を引きずり下ろす・・・・・・

それくらいの、「政治」を見せなければ、社民党は終わりです。

ハッキリ言って。

まあ、民主党もグチャグチャですから、その意味でも、社民党「みたいな」存在は必要なのです。

まっ、「沖縄問題」だけで党の存在意義をかけるみたいな、前時代的発想からは脱却すべきだったのではと。

せめて「鳩山の嘘」を暴きだすくらいのことは・・・・・・・

社民党も社民党だけど(笑)。

民主党も民主党なんだから(笑)。



それにしても、自民党の谷垣はショッパイ、トホホだなぁ・・・・・・


  


Posted by 昭和24歳  at 07:38Comments(0)

2010年05月30日

嗚呼ッ、デパートの屋上遊園地

嗚呼ッ、デパートの屋上遊園地



昭和30年代・・・・・・
渋谷の伯母の家に行くのが楽しみだった。
新宿の三越、伊勢丹デパートの屋上の遊園英がお目当て !!
そして、デパート最上階の食堂で初めて食べたスパゲティ・・・・・・









松屋浅草 日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖
5月30日19時20分配信 毎日新聞

 東京都台東区の百貨店「松屋浅草」の屋上にある遊園地「プレイランド」が、31日の営業を最後に閉鎖される。日本最古の屋上遊園地とされ、東京名所として知られた。30日は曇り空となったが、大勢の親子連れらが訪れ、名残を惜しんだ。

 同店が開業した1931(昭和6)年にオープン。7階建て店舗の屋上(約2650平方メートル)の一角にあり、全国の百貨店が屋上遊園地を作るさきがけになった。今回、営業戦略の見直しで閉鎖が決まった。

 現在は昭和の香りが漂うメリーゴーラウンドやゴーカートがあり、隅田川の対岸で建設中の東京スカイツリーも望める。この日もツリーを背に来場者が写真撮影を楽しんでいた。【長野宏美】



そういえば、僕が子どものころ、それも小学校入学当時だっただろうか・・・・・・

高崎には、今の「本店タカハシ」のところが「有賀園」というデパートだった。

その屋上にはたしか遊園地のようなものがあったように記憶している ???

そして昭和40年代になると、地上7階だったか、藤伍がオープン。

その屋上はまさしく子どもたちの夢の遊園地だった・・・・・

すると、スズランもオープンし、休日ともなると藤伍、スズランが競ってイベントを。

長女誕生が昭和51年、よくその藤伍、スズランの屋上をねだられた(笑)。

その時代である。藤伍の屋上ではビアガーデン、スズラン屋上ではコンサート・・・・・・

僕らの演奏の場所でもあった。

そうだ、スカイビルには飛行塔もあった。もちろん回転レストラン開業とともに撤去されたが、

その飛行塔、ちょうど回転レストランの高さが最高値(笑)。

高崎で最も高い建物だったわけですけど、またたく間にその記録は塗りつぶされていった。

末娘、平成6年生まれ。その頃はすでに屋上に遊具のあるデパートはスズランだけになっていた。

それでも、ミニ新幹線の乗りモノ、もちろんコイン式のやつだったが・・・・・・

今はどうなんだろう ???

藤伍デパートが消え、高崎からは昔懐かしいデパートが次々と消えた。

そしてデパートの屋上から子どもの楽しそうな声も・・・・・・

嗚呼ッ、デパートの屋上遊園地  


Posted by 昭和24歳  at 20:28Comments(0)

2010年05月29日

嗚呼ッ、社民党 !!

嗚呼ッ、社民党 !!



沖縄だけの社民党じゃあありません !!








社民に連立維持呼び掛け=鳩山首相
5月29日16時32分配信 時事通信

 【済州島(韓国南部)時事】鳩山由紀夫首相は29日午後、福島瑞穂社民党党首が連立政権からの離脱は避けられないとの認識を表明したことに関し、「社民党にこれからも協力をお願いしたい」と述べ、連立維持を呼び掛けていく考えを改めて示した。
 同時に「社民党がどう考えるか、あすの全国幹事長会議を待たなければいけない」として、同党内の意見集約を見守る姿勢も強調した。また、首相は「当然のことながら政権は政権としての仕事をこなしていく」と政権維持に重ねて意欲を示した。訪問先の韓国・済州島で同行記者団の質問に答えた。 



社民党も連立はなれたらその時点で消滅かも?

まあ、鳩山さん、竜馬にはなれなかった・・・・・・

つまり、「最低でも県外」なら殺されちゃったかも?

でも、普通政治はそうやってドラスティックに変革、進歩していくわけなんだけど。

そもそも、政治家って言うのはそういう立場って言うか「貫き」です。

竜馬ならずとも、大久保も、伊藤も殺されている・・・・・

まあ、軍事占領されてるこの国にあって、ここいらで真の独立をなんて、

夢想花でしょうか(笑)。

まっ、「抑止力」を言い出した時点で鳩山さん終わっちゃってますけど。

さらに、「国を守る気概がない国民」を言いだしちゃったときには笑っちゃいました・・・・・

ハッキリ言って戦争をしている時代ではありません。とくにこの極東は。

中国だってそうです、「一国二制度」とかですけど、一度経済に目覚めちゃったら、現実はその豊かさには勝てません。

年間600万円からの所得者層がすでに1億人に迫るとか・・・・・

日本だって、そんな豊かな中国市場を看過するはずがありません、アメリカは売るモノがないんですけど。
だから、「戦争ネタ」しかビジネスチャンスがない(笑)。

ハッキリと、民主党政権は国民に説明した方がいいのでは・・・・・

今のところ「軍事的独立」は無理だと。

つまり、抑止力とはそういうことなんですから。

で、周辺事態法とかいっていましたけど、ソンな脅威なんてないわけです。

必要なら仕掛けるでしょうけど(笑)。

まあ、もう一度「政権交代」しましたって言う所をハッキリさせた方が良いですね・・・・・

間違っても、自民党への揺り戻しはないわけですから。

つまり自民党はすでに分裂してるわけです。受け皿がないし、人材もいない。

「みんなの」とか「たちあがれ」とか「改革」とか・・・・・

そもそも「自民党」のセリフじゃありません(笑)。

福島さん、カッコつけはそのくらいにして、社会党じゃあないんですから、

社会民主党なんですから・・・・・・

沖縄だけの政党じゃあないんですから。

嗚呼ッ、社民党 !!

  


Posted by 昭和24歳  at 19:45Comments(3)

2010年05月29日

社民党というオンブお化け

社民党というオンブお化け



「日本の決断忘れない」=辺野古移設容認を評価-米
時事ドットコム

まあ、そもそも社民党が連立したことの方に無理があったわけです(笑)。

でも、一度味わった「栄光」、大臣の味は「蜜の味」です・・・・・

政権離脱ですか ???

勝手にすれば・・・・・(笑)。





福島氏、連立離脱の意向表明=「罷免は社民切り捨て」
5月29日10時43分配信 時事通信

 社民党の福島瑞穂党首は29日朝、TBSテレビの番組に出演し、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する政府方針への署名を拒否し、鳩山由紀夫首相から消費者・少子化担当相を罷免されたことについて「党首として党の決定に従ってやったことに関する罷免だ。わたしを罷免することは社民党を切り捨てることだ」と述べ、連立政権から離脱せざるを得ないとの考えを表明した。
 同党は福島氏の罷免に反発、連立離脱する方針を既に固めている。福島氏は、正式には30日の全国幹事長会議で対応を最終決定するとしながらも、「社民党としても重大な決意をしなければならない」と強調した。同党の又市征治副党首も別のテレビ番組で、「連立離脱が筋だ」と主張した。 



忘れてはならない敗戦史

見えない占領

横田基地を中心に上空“7000メートル”、

西は静岡西部(静岡空港手前)、から長野(松本空港手前)、
北は新潟空港手前、東は福島空港手前・・・・・

その辺りの立方体空域が完全、完璧な米軍管制空域で、その軍事管制空域に無断で侵入は“撃墜”の対象。
あの東京都知事、石原慎太郎の“横田基地返還発言”も米政府が絶対にゆずらないことを前提の“勇気”ある発言だとか。

制空権・・・・・

その意味ではこの日本国土、米軍基地上空は米軍の軍事管制空域。

ところで、米国政府の“国防軍事費”は総額“47兆円”(4175億ドル)・・・・・

今日、日米安保不要論とか、自主防衛論とかの意見もあるが、
ともあれ、“日米安保”抜きでの“同盟関係”を維持したとしても、そのことでいつ米国とかつてのように“戦闘状態”にならない保障はない。
それはともかくとして、この60年以上もつづいている“平和状態”が近隣をみれば、
米国の占領状態にある“韓国”でさえ国軍を持ち徴兵制をしく・・・・・

結局、“戦争と軍事”は人間の性のようなもので、その意味ではある種“生命保険”と“損害保険”のようなもので、
何事もなければ“掛け捨て”ムダだが、一朝有事、ケガ、疾病、火災などの不幸に見舞われればやはりそれは助けになる。

考えれば、米国にとって“軍事”は日本で言う“公共事業”である。
米国国家予算総額“240兆円”の約“18%”

そうなれば、日本の国防予算は“GDP1%”なんていうことは言ってはいられないのが政治圧力になる。
早い話が、実際問題として日本の公共事業費がデタラメに使われていることを前提にしても、
もしその半分が“25兆円”相当が国防費に使われるとしたら、
その国防費がただの“保険”というわけには行かなくなるのは必然ではないだろうか。



しかしまあ、そういう想像される戦争がこの現代に起こりうるのか・・・・・・

もちろん、普通ならあり得ない(笑)。

まっ、現代とかそういうことではなく、昔から戦争は「仕掛け」のある手品です。

つまり、経済が疲弊すれば、再生のための破壊が必然・・・・・・

クズ鉄のような「兵器」を買わされるのもお付き合い。

もし日本が買わなければ、戦争で破壊数しかないっていうことです。

永遠に作りつづけてるわけですから(笑)。

一機200億円の、役立たず戦闘機ですけど・・・・・・

社民党というオンブお化け  


Posted by 昭和24歳  at 17:45Comments(0)

2010年05月28日

社民、福島少子化相罷免 !!

社民、福島少子化相罷免 !!




鳩山首相、福島消費者・少子化担当相の罷免決める5月28日19時36分配信 産経新聞

 米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相は28日夜、沖縄県名護市辺野古崎への移設に反対して政府方針に署名しないことを明言していた社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免することを決めた。

 これにより、社民党が連立政権を離脱する可能性が大きくなった。



まあ、社民、福島党首の罷免は想定内だろうけど・・・・・・

連立離脱はどうかわからない。

密約はあるかも(笑)。

コレで、日本政府が米政府の中にある。

つまり少なくとも軍事的にはアメリカの一部ということは政権交代となった時点でもハッキリしたわけです。

まっ、鳩山首相も、政権につく前は「最低でも県外」と言い切ったくらいだから・・・・・・

ソコのところの「真相」は知りえなかったっていうことなのか ???

まあ、このことで日本国中で米軍の「反基地運動」に火がつきかねない。

戦後65年。あらためて、この国のおかれている立場が明確になった・・・・・・

ソレは、「民意」よりも、「米政府」ということのわけだから。

しかしホントに辺野古沖、埋め立てできるんだろうか ???

社民、福島少子化相罷免 !!  


Posted by 昭和24歳  at 20:00Comments(0)

2010年05月28日

横丁というシキタリ

横丁というシキタリ



そういえば、僕の横丁にもこんな趣の飲み屋が2軒あった。
「めがね」と「大塚」だったろうか ???
その「めがね」はなんと、保育所の入り口に(笑)。

戦後も10年、15年の話である、その騒々しさといったらなかった。
あんな大人にはなるまいと思っていたが・・・・・





“地域社会”だなんていうと大袈裟だが・・・・・・

僕が子どもの頃のご近所、“横丁”にはその地域社会というか、

“子ども社会”がはっきりとあった。

それは学校とは全く関係のない“子ども”だけの秩序というか“掟”というか・・・・・・

そういった不文律の約束された社会があった。

僕らのガキ大将は“としおちゃん”

米屋の次男坊でそのガキ大将のとしおちゃんでも頭の上がらないのが、

兄貴で、2つ年上の“ゆきおちゃん”。

で、そのとしおちゃんでもどうにも手におえなかったのがきかん坊で腕白の、

弟の“よしおちゃん”。

そして双子の妹もいた。

そんなガキ大将の“としおちゃん”を中心に7人ほどの悪ガキグループが、

僕の地域、横丁にはあった。

後々知るところだが・・・・・・

そのとしおちゃん学校では体格もそれほど勝れているわけではなくどうやら目立たない存在だったとか。

しかし地域、横丁でのとしおちゃんの存在はいわゆる“親分”である。

相撲は強い、喧嘩も他所の横丁の悪ガキとも突貫小僧よろしく先頭を切って戦った。

そんなとしおちゃんの子分、配下には僕をはじめに、“もっちゃん”ともっちゃんの弟の“ノリちゃん”。

で、もっちゃんちのお父さんとお母さんは満洲帰り・・・・・・・

その頃もっちゃんのお父さんは蒸発してしまっていて“母子家庭”だった。

そして最近訃報を聞いたがとても野球の上手な“しゅうちゃん”と弟の“てっちゃん”と“まさみちゃん”。

お父さんは僕の親爺と同じポッポ屋で、なんでも組合活動に奔走していて、

横丁では“アカ”と評判だった。

それに、としおちゃんの家の前の鶏屋の“セーちゃん”と弟の“まもるちゃん”。

そうそう、そのとしおちゃんの兄貴分の鍛冶屋の“ひろしちゃん。

ひろしちゃんは横丁の”先代のガキ大将だった。

まだまだいた・・・・・・

高いところに登るのが大好きだった越沢の“じゅんちゃんとか、

山田の“マーちゃん”、”田端の“マーちゃん”、鈴木の“マーちゃん”、塚越の“マーちゃん”、尾崎の“マーちゃん”と、

とにかく“マーちゃん”だらけの横丁だった。

ミシン屋の“ひろしちゃん”、関根の“ケンチャン”、湯浅の“一郎ちゃん”夜泣きそばの“もりや”、額田の“たっちゃん”、

箪笥屋の“あきおちゃん”、樋口の“ケンチャン”、長井の“あきらちゃん”、山盛の“としおちゃん”・・・・・

全部でほぼ同い年が20人からいた。

そんな具合だから、まず、学校の同級生と遊ぶことはなかった。

ビー球、メンコ、ベーゴマ、相撲、かくれんぼう・・・・・・・

とにかく遊ぶことには欠く事はなかった。

兄弟のいなかった僕だったが、学校でのつまらないことなんかはそんな横丁の喧騒に何もかも忘れ思い切り遊びまくった。

時には喧嘩をし、そんなときはそのガキ大将の“としおちゃん”が仲裁に、

そしてあるときはそんなとしおちゃんに食って掛かって殴られて・・・・・

たしかに学校ではイジメもあったし、喧嘩をしたりとか嫌なこともあった。

まあ、やはり学校というところはひとつの「比較社会」。

良くも悪くも、いわゆる“デキル”という部分での競争社会の側面・・・・・・・

それでもそんな一人一人の同級生が家に帰れば夫々に“横丁”があった。

不文律の“子ども”の“子ども”による“子どもの”ための地域社会が厳然と存在していた。

今はそんな横丁がない。

子ども社会がない。

大人になるための準備のための社会がない・・・・・・

過日、『昭和35年度卒業高崎市立東小学校第3回同窓会』があった。

「これだけ人数がいても俺たちの中から市議、県議とかって誰もいねぇねぁ」

誰かがそんなことを言い出した・・・・・

よく見ると同窓会の面々、いずれも違わぬ横丁の悪ガキの趣(笑)。

もちろんそうでないそれなりの良家の子女もいないわけではなかったが・・・・・・

子ども社会という貴重な体験をしてきた戦後っ子。

どうやら、生きるうえでの知恵が自然にはぐくまれてきたようだ。

そしてそれはけして後付けの悪知恵ではない。

「だって、おめぇ、選挙に出てペコペコ頭下げて、作り笑いして、
皆さんのために頑張りますとか、腹にもないことを言って・・・・・そんなことできるわけねえだろぅ?」

そう言われてみると政治の社会は“学校”のようなもの・・・・・・

競走社会、ある種それは戦場だ。

けして横丁ではない。

参議院選挙とか喧しいけど・・・・・

学校だけで、成績の優劣だけで、点数だけで“情”を一切排除した社会育ちの、

ソンな面々が「国民のため」とかであるから片腹痛い。

まあ、今日では、学校での部活がその横丁の役割を果たしてきている・・・・・・

部活を通して先輩後輩、そんな社会で生きる術を知る。

まさか、政治に部活があるわけじゃあないどろうが、

いや、あるかも知れない「裏国対」とか「お座敷政治」でのガキ大将とか(笑)。

健全な子ども社会が将来の明るい社会づくりに・・・・・・

まあ、健全とは言ってもいろんな意味でのそれだが、

少子化の昨今、学業の競争社会でははたしてこの国は立ち上がれるのか。

鳩山さんも横丁は知りませんね・・・・・・

僕より2級上、弟は同い年。

もっとも音羽の御殿に横丁なんぞあろうはずもないだろうが(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 17:46Comments(0)

2010年05月28日

昨日今日のニュース

昨日今日のニュース



「お聴かせください、あなたの想い」
とかいわれてもねぇ・・・・・







戦後65年・・・・・・・

その時僕らはいわゆる“高齢者”と呼ばれるようになっていた。

敗戦、占領・・・・・そして独立・・・・・

僕の実感としては“敗戦”は意識の中にはあるが、

“占領”と“独立”は全くといっていいほど“それ”がない。

しかし、はたして僕ら世代にどれほどが“敗戦”意識しているだろうか。

今僕はそれを知りたい。

僕にとっての“敗戦”の意識は、それは父の言葉であり・・・・・・・

まさに教育を受けた時代そのものの中にある。

父は招集で“高崎十五連隊”から“北支”へと出征。

奇しくも僕の中学はその“高崎十五連隊”の兵舎が学校、教室、教育の現場だった。

昭和35年入学・・・・・

その学校、校舎の裏手が高崎国立病院で、もともとは“高崎十五連隊”の病棟。

僕らが入学したのはその敗戦から数えて15年の年だが・・・・・・

そこには朽果てた兵舎がまだその敗戦、“戦後”を僕らに教えていた。

一クラス50人前後で、一学年“9クラス”。

全校では1500人ほどの・・・・・

今では想像もできない“マンモス中学校”だった。

さらに同じ規模の中学校がその“高崎十五連隊”跡地に校庭を合わせるようにして、

高崎市立第三中学校が隣接していた。

それは、まさに敗戦、戦後、たしかにその終戦から15年だったが・・・・・・・

それは“戦後”そのものだった。

僕らが、2年のなる時全ての旧兵舎は取り壊され、校舎は新築された。

国立病院も改築され、その“旧大日本帝国陸軍高崎十五連隊跡地”は・・・・・・・・・

市庁舎と裁判所、検察庁、警察署、消防署、日本専売公社工場、電電公社、税務署、労基局等々が集合され、

兵門は撤去され戦後がかたされた。

奇しくも昭和40年。53歳で僕の父が亡くなったのは・・・・・・・

その高崎十五連隊内の“国立病院病棟”だった。

最後まであの戦争をひきずって逝った父の思いはいったいどんなだったろうか。

腑に落ちない・・・・・

今もテレビでは沖縄が、普天間が、辺野古がと騒々しいが、

そこには“僕ら”が・・・・・誰もいない。誰一人としていない・・・・・

こうした政治の最中に、ソレはまるで他人事のように、陰惨な事件が立て続けにニュースになる。

政治家が口にする言葉はそうした“現実社会”とは全く乖離したものが飛沫する唾。

マッカーサー将軍が言った“日本人12歳論”。

今まさにそれが、国権の最高機関の場で再現されている・・・・・

まさにその“12歳”の国会議員、閣僚、官僚が国民の教育を騒いでいる。

その象徴が、平気で“嘘”をつく内閣総理大臣だろう。

腑に落ちない・・・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 15:22Comments(0)

2010年05月28日

不同意堕胎事件の顛末

不同意堕胎事件の顛末



白い巨塔(韓国版)


イケメン医師の不倫でしょうか・・・・・・
まあ、去年の1月の話です。本山の飛ばしですか !!???
慈恵医大が舞台っていうのもデキテマス(笑)。







<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」
5月28日11時42分配信 毎日新聞

 妊娠していた交際相手の女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院の内科医、小林達之助容疑者(36)が「結婚を控えていた時期だったので流産させた」と供述していることが分かった。捜査幹部が明らかにした。

 捜査幹部によると、小林容疑者は08年12月30日に女性から「妊娠した」とメールで告げられ、翌年の1月上旬に別の女性と結婚していた。警視庁捜査1課は、結婚を控えた小林容疑者が女性との関係を早急に清算しようとしたとみて捜査している。【神澤龍二】


「結婚を控えていた時期だったので流産させた」

まあ、コレって、その結婚相手だった女性、現在の奥さんに対しても・・・・・・・

実に不誠実な話である。

ネットではたしかに、現役の看護師がそのようにその「医師」に言われるがままに、

「薬を服用したり、点滴を受けたりするとは思えない」

といった意見が強いが、

報道が事実なら、その小林容疑者の行為は赦される行為ではないし・・・・・・

明らかにその二人の女性に対する裏切り行為ではないだろうか。

さらに、コレだ↓

「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件
5月28日1時41分配信 産経新聞

 交際女性の同意を得ずに子宮収縮剤を投与して流産させた事件で、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の小林達之助容疑者(36)が警視庁捜査1課の調べに対し、「産ませたら(女性と子供が)不幸になると思った」と供述していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

「産ませたら(女性と子供が)不幸になると思った」

ソレは違うだろう・・・・・・

確かにそのような状況での出産、

そしてそのような環境で生まれた子どもが幸せという確率は保障できないが、

いわれる、世に言う「シングルマザー」なる存在だってある。

ましてや、そんな「父親」はご免こうむる。

というより、女性、つまり「母親と子どもが不幸になる」というより、

ソコに存在する何かの事情で、小林容疑者の方が、その意味である種の・・・・・・・

「不幸に陥る」

羽目になるという、予測からそうした「不同意堕胎」という犯罪行為に走ったのではないのか。

まあ、よくあるテレビドラマの筋書き・・・・・・

もしかして、その小林容疑者の嫁さんて、慈恵医大の有力な関係者か、

あるいは、大病院のオーナー院長先生 ???

将来嘱望されていたとかの若きエリート医師の出来心にしては・・・・・・

話ができ過ぎていると思うが、はたして真実は !!???

不同意堕胎事件の顛末  


Posted by 昭和24歳  at 12:44Comments(1)

2010年05月28日

歩き疲れて・・・・

歩き疲れて・・・・



昭和34年春、上野不忍池にて、従兄と・・・・・・






“歩きつかれて”


歩きつかれてうずくまる僕

どれくらいの時間が過ぎたろう

それは遠い記憶の中の時間・・・・・

小さな男のこのむずかる声がする

僕はうずくまったまま薄目をあけてその声のほうを覗いた

母親らしき女はその小さな男の子を、なだめるでもなく
叱るでもなく・・・・・

やがて割烹着の前払いでその小さな男の子の涙をふいた

「さあっ・・・・・」

と言ってその母親らしき女は

その小さな男の子を抱きかかえて歩いていった・・・・・

突然けたたましく、ゴーーーーッと、蒸気機関車が僕の目の前を走り抜けた

僕は耳をふさぐようにしてうずくまった。

「さあっ・・・・・」

と背中で声がした・・・・・

それは母親らしき女の声だった




  


Posted by 昭和24歳  at 11:39Comments(0)

2010年05月28日

進駐軍 GHQ !!!

進駐軍 GHQ !!!



占領時代を生き抜いた逞しきヤマト魂! 配給だけでは餓死、ヤミ市で売られる物資の値段、農地改革、学校給食、ララ物資…。連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーと食糧事情を軸に、日本再建の道程を軽妙に綴る。

進駐軍よ、
Go Home Quick !!! 

時の首相、吉田茂がこう言い放ったとか・・・・・

まあ、アレです、くどいようですけど歴史の偽装でしょうか(笑)。

日本国の官僚の悪い癖です。

無条件降伏、敗戦を終戦といい・・・・・・
占領軍、進駐軍を在日米軍といい(汗)。


寅●さんのコメント <ハト耳は、耳鳴り(笑)。>
鳩山さんは明らかに米軍の閉め出しを狙っています、民主主義的な経路を用いましてです。不可能に近い県外移設には合意を生み出しました。まぁ今後も社民を使いながら国外移設に含みを持たせつつ、知事会です。根回し無しですから当然ノーです(確かに問題ですが(汁) 仮に全国の知事がノー(大阪はイエスのふりです(汗)むしろ国庫的には一番高くつきますから願い下げもいいところです)ならもう日本全体の答えとしては一つしかなくなります(汁) まさかここまで踏み込まれるとはですね… まぁ沖縄訪問時にお召しでした黄色のシャツ(基地受け入れ反対の意を示す)で本気さを感じました… (;¬_¬)w


まあ、降伏、敗戦65年目にしてようやくてえとこでしょうか・・・・・
つまり、われら日本平民は未だ騙されているわけです(笑)。

8月15日の“終戦記念日”とか。

昭和20年3月の東京大空襲にはじまり、沖縄陥落・・・・・

そして広島、長崎への原子爆弾、水素爆弾のジェノサイド。

まっ、こんなことを言うと怒られちゃいますけど、

なんてったって、その戦争、敗戦の最高責任者は“大元帥”なわけですから・・・・・

「敗戦」なんて、口が曲がっても言えません(笑)。

まあ、その意味では「鳩山家」を差っ引いても、敗戦後生まれの内閣総理大臣です。

まっ、「アベ」なんていうのもいましたけど例外です、過去の人、若いけど(笑)。

>鳩山さんは明らかに米軍の閉め出しを狙っています、

慧眼ですね、その御指摘。

まあ、鳩山家の御曹司、自由党結党、ハトマンダーの孫です・・・・・

この国の最高機密くらいはご存じのはずです。

さらに、内閣総理大臣ともなれば大方の歴史の真実を知る立場になるわけです。

で、まあ、ヤクザですねアメリカって言うのは、その意味では「ゴッドファーザー」が分かりやすい(笑)。

まっ、コレだけ時代が進んじゃったっていうか、少なくとも旧西側諸国、日本もですけど・・・・・

ハッキリ言って、「戦争」なんかしてる場合じゃあないわけです。

でも、ウソでも「戦争ごっこ」をしないと、軍需産業が大変なことになっちゃうわけです。

まあ、アメリカで相変わらず「銃乱射事件」が絶えないのも、

「銃規制」しちゃうと、「ライフル協会」とかの「銃産業」が大変なことになっちゃうからです・・・・・

まあ、政治献金とかですけど、多少の犠牲って言うか、多少ではないんですけど、

「銃の自由」も民主主義のコストとかですからどうしようもないわけです。アメリカは(笑)。

まっ、そういう国と戦争してっていうか、その羽目になっちゃって占領されちゃったわけです。

で、65年、「在日米軍」とかですけど、ハッキリ言って占領軍「進駐軍」なわけです。

まあ、占領されてるわけですから、その費用負担はしろって言われても断れません。

で、安全保障とかの「抑止力」とかですけど、ハッキリ言って・・・・・

ミカジメ料なわけです。

まあ、その事を承知の上でコレまでの政権は脅されたり賺されたりしながらが「日米安保」だったわけです。

で、政権交代っていうか、まあ、「スネに傷」のない、その意味では日本初の首相(笑)。

まあ、こじつけで母親からの数億円の贈与を「政治資金」云々とかで脅してみても・・・・・

考えるまでもなく、希代の富豪、数億円なんてハシタガネですから話になりません。確かに。

>民主主義的な経路を用いましてです。

慧眼です !!

まあ、ハト耳さん、キレて見せちゃいました、国民に・・・・・・

「オマイラ、国を守る気概があるのかっ !!???
ボクちゃんにはソレがあるぞっ !!! 」

と、まあ、あそこまでやれば、テロられるかも知れませんし・・・・・・
アメリカにやられちゃうかもしれません。ソレはないか(笑)。

でも、辺野古問題は国内問題なわけです。

つまり、「コンクリートから人へ、からコンクリートへ」の・・・・・

早い話、「ヤクザ」な話なわけです。

まあ、「カネ」で解決する話です。ソレを如何に「政治的」に見せるかが腕の見せ所・・・・・

>ならもう日本全体の答えとしては一つしかなくなります(汁) まさかここまで踏み込まれるとはですね…

慧眼です !!!

進駐軍 GHQ !!!  


Posted by 昭和24歳  at 08:20Comments(3)

2010年05月27日

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・




下仁田ネギにつづく群馬、西毛の名産である。

その“国府の白菜”もこの時期どこのスーパーの店頭にはない・・・・・・

昨日、その国府の白菜漬けをスーパー「うらの」で買ってきて漬け直した。

一株だろうか、この時期になると480円する、時季ならば380円で売っていたのだが。


この“国府の白菜”を食ってしまうと他の白菜漬はとてもじゃあないが食えない。

もちろん水炊・・・・・・
すき焼きなどにも下仁田ネギに下仁田の糸コンニャク、
それに国府の白菜やら群馬のしいたけ。

もちろん湯豆腐にもばっちりである。

そんな“国府の白菜”の漬物を朝飯にはご飯を巻いて食べる。

当然醤油は“ヤマサ”ということになるが・・・・・・

これにナメコ豆腐の味噌汁でもあれば、ソレは過ぎた贅沢だ。

僕の朝、昼、晩と三度の食卓には「漬物」は欠かせない。

そんなわけで、冬場は白菜はご案内の「国府」をカミサンが漬ける・・・・・・

ホントは沢庵も漬けたいところなのだがかさばるし、手間暇を考えると、

知った行きつけの八百屋に頼んだ方がよろしい。

その行きつけの八百屋、「やまもと」もとうとう沢庵が終わった。

この時期、酸味が効いて、いわゆる「古漬け」とかいうやつで、

やはり三度の飯に欠かせなかったが、品切れと相成ってしまった・・・・・・

そこで、「うらの」の白菜漬の「漬け直し」が常備に。

そしていよいよ、ナス、キュウリ、カブの糠漬けである。

コレは、僕とカミサンが一緒になった頃からのことだからそろそろ35年と古い。

その「糠漬け床」、カミサンにとっては身上のようで、僕がいじることを赦さない・・・・・・

これも、白菜漬け同様に「古漬け」用に床の奥深くに漬け置きしておくものと、

浅漬けで食べるものとに分けている。

まあ、その「古漬け」の美味いことといったらない。

塩だしをして、刻み生姜と鷹の爪の刻んだモノをまぶしていただく・・・・・・

真夏の昼飯にはもってこいの絶品である。

ところで、このところ魚と言えば焼き魚は“ほっけ”が脂がのっていて美味い。

一尾400円から出さないと、干物とはいえ上物にはあたらない。

鯵の開きも秋刀魚の開きも・・・・・・

唯一、国産で安く食える魚ではないだろうか。

行きつけの魚屋が去年閉めた・・・・・・三代目の鮮魚店。

もうこの辺の市場ではお客に売るような魚が仕入れられないというのが最大の理由だとか。

もっとも最近の主婦には魚の味はわからないし、魚の名前すら知らないと笑っていた。

この町にも鮮魚市場はあるが、しかしそれも衰退の一途だとこぼしていた。

魚が安いか高いかはともかく、その味は歴然としている。

スーパーのそれとそこの魚とでは。もちろん干物ひとつとってもだ・・・・・・

そこのマグロを食ったら他所のマグロは食えない。

タコも、鮭も、秋刀魚なんて上物中の上物。

それがもう食えない・・・・・・そこの大将。昭和9年生まれ・・・・・・

息子は近在の大手スーパーの鮮魚売り場に就職を決めていた。

「ゼニ出しても仕入れる魚がない」

そんなな時代になっちまった・・・・・・

つまり、スーパーがそんな時代にしちまったっていうわけだ。

「仕入れもなにもあったもんじゃあない」
と、こぼしていた大将。

そんな大将の酒の肴一番の勧めが、“マグロにんにく”だった。

もちろんマグロ次第だが、大き目の“ブツ”に新鮮な地場の“にんにく”を摩り下ろして・・・・・・

やはりヤマサの醤油で頂く。お試しあれ、少々臭いが(笑)。

そんなわけで、街、横丁からそんな魚屋が残念だが消えてしまった。

で、未だ頑張っているのが精肉店・・・・・・

しかし精肉はそうは売れないとか言っていた。

もちろん売りは“トンカツ”と“コロッケ”。

これも、油と衣次第だとか言っていた。もちろんパン粉は自前だとか・・・・・

“コロッケ”一枚“70円”。揚げたてのそれは絶品だ。

末広町の「寺西」である。

ご案内の向きもおられると思いますが、本店は倉賀野のソレ・・・・・・

高崎の生んだ偉大なロックシンガーの叔父貴であるその大将。


あと、幾日かすれば漬け直しの国府の白菜漬で飯が食えるだろう。

楽しみだ・・・・・・

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 15:06Comments(0)

2010年05月27日

大相撲と暴力団・・・・

大相撲と暴力団・・・・



「朝青龍」だけが悪いのか。伝統文化という名の鎧に庇護された角界に重大な危機が迫る。テレビ・新聞が報道できないスキャンダルとしての戦後大相撲史。朝青龍ら外国人力士の「土俵とカネ」、八百長問題、花田家の崩壊、理事選をめぐる暗闘、タニマチと暴力団ほか、土俵の真実に「本音」で迫る。昭和・平成の「裏・名勝負」30番、千代の富士53連勝の検証ほか、相撲史観が変わる必読の企画が満載。








理事会で2親方を聴取、処分決定へ…相撲協会
5月27日1時7分配信 読売新聞

 日本相撲協会は27日午後1時からの理事会で、木瀬、清見潟の両親方から事情聴取を行い、2人の処分を決める。

 名古屋場所担当部長の二所ノ関理事(元関脇金剛)は26日、既に両親方から話を聞いたことを認めた上で、処分は「何かしないといけない」との意向を示した。また、今後の暴力団対策については、「愛知県警と話しており、ちゃんとやる」と語った。

 理事会で決議できる処分には、けん責、減給、出場停止、番付降下、解雇の5種類を定めている。番付降下に当たる親方の役職降下などが想定される。

最終更新:5月27日1時7分


木瀬親方と暴力団「つながっていた」元師匠ウワサ明かす(スポーツ報知) 5月27日 8時 1分
三保ケ関親方、2親方と暴力団のつながり暴露(サンケイスポーツ) 5月27日 7時52分


まあ、今さらですけど(笑)。

そもそも「大相撲興行」です・・・・・・

つまり「興行」、「興行師」の世界です。

で、「興行師」っていえば「アレ」です。

まっ、政情不安定の時にはいつもこういうニュースですね。

つまり、「どうでもいい事件」です。

「被害者のいない事件」(笑)。

か、特定のところだけに甚大な被害が出る事件とか・・・・・・

まあ、「口蹄疫騒動」なんかがソレです。

そして、

「第二次朝鮮戦争か !!??? 」

なんていうニュースも・・・・・・

で、「大相撲と暴力団」ですけど、

「TDLと暴力団」、つまり、いろんない意味での「ミカジメ料」でしょうか・・・・・

大相撲と暴力団・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 13:16Comments(1)

2010年05月27日

鳩山太郎です !!

鳩山太郎です !!



鳩山邦夫元総務相の長男で、元都議の太郎氏・・・・・・
まあ、「元都議」っていうことは、如何に名門としても都議選に落っこちちゃったわけです(笑)。
で、パパ邦夫元大臣の秘書官でした。で、この夏の参院選に立候補とか。

・・・・・・って、画に描いたようなマンガな話です。







邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬
5月27日8時1分配信 スポーツ報知

 舛添要一前厚労相(61)が代表を務める新党改革は26日、参院選比例代表に鳩山邦夫元総務相(61)の長男で、元東京都議の鳩山太郎氏(35)を公認すると発表した。記者会見で、教育問題などへの取り組みを掲げた太郎氏は「父と私は別人格」と“チチ離れ”しての選挙戦を宣言。さらに「たとえ相手が伯父であっても、断固として戦う」と、鳩山由紀夫首相(63)への挑戦状をたたきつけた。

 鳩山家の“リーサルウエポン”が、ついに野に放たれた。太郎氏は乱れる髪形もそのままに「鳩山太郎ですっ」と、うわずり気味の声で自己紹介。大量の汗をぬぐいながら、独特の存在感を醸し出し、舛添氏をもしのいで、会見場の主役となった。

 「訴えていきたいことは『徳』であります」と太郎氏。「できもしないことを並べ立てて甘言を弄(ろう)し、沖縄県民の心をないがしろにしてもてあそんだ。徳のある政治とはいえない」と、由紀夫首相を断罪すると「たとえ相手が伯父であっても、断固として戦う覚悟で頑張ってまいります!」と甲高い声で宣戦布告した。

 東大で同級生の舛添氏と邦夫氏の連携は度々取りざたされてきたが、太郎氏はあくまでも同党の公募に応募、舛添氏との面会で公認を得たという。太郎氏は「父と私は別人格。(出馬を)報告はしたが相談はしていない」と強調。邦夫氏は「お前の信じる道であるならば、それでよかろう」と語り、この日の朝食時も、出馬に関する会話はなかったという。



で、舛添の『珍党改革』からとかですけど・・・・・・

まあ、噂通りの筋書きだから笑えます。

まあ、この太郎ちゃんの父親にしても、伯父ちゃんのハト耳総理にしても、

やることは「政治家」しかありません。まあ、天文学的数字の富豪、大資産家ですから・・・・・

「労働」して「おカネ」をもらうなんていう卑しいことはできません(笑)。

まあ、代々が「東大卒」っていうブランドがここ、太郎ちゃんで途切れちゃいました。

メデタシメデタシですけど、で、政治家にでもですからバカバカしいです、大衆としては。

で、舛添新党なんですけど・・・・・・

新党創るには最低でも30億円は必要だとかは常識ですね。

まあ、バックとなる組織もなく、「たちあがれ」だと、宣伝費だけでも「たちくらみ」しちゃいます。

で、「私は30億円損しました」とかいって平気の平左の父親、鳩山邦夫元総務相(兄貴は40億円損)。

つまり、持参金つき !!???

比例名簿順は何番目でしょうか ???

まっ、当然1位でしょうねぇ、となると、スポンサーなわけですから、コレからも・・・・・・

>太郎氏はあくまでも同党の公募に応募、舛添氏との面会で公認を得たという。

まあ、そんなヨタ話、誰も信じやしません(笑)。

>太郎氏は「父と私は別人格。(出馬を)報告はしたが相談はしていない」と強調。

「強調」ですから、本人も「疑われてる」ことを疑ってるわけです(笑)。

まあ、そこまで言うんなら「地方区で立候補したら」って言いたいわけですけど・・・・・・

まっ、そんなことしたら確実に落選しちゃいます(汗)。

つまり、「政治」って、金持ちの道楽です。

>「訴えていきたいことは『徳』であります」と太郎氏。

オイオイッ、『徳』ってなんだよ・・・・・・・

「友愛」にも呆れちゃうわけですけど、オマエが言うなよ、

『徳』だなんて !!

まあ、鳩山太郎氏、35歳独身って、今風の典型的ニートですか ???(笑)。

まあ、麻生太郎前首相も43歳で結婚ですから・・・・・

そういう世界もアリかなって言う話なんですけど、なんか気抜けしちゃいますね。

立ち上がれません、ニッポン !!

鳩山太郎です !!  


Posted by 昭和24歳  at 11:55Comments(1)

2010年05月27日

ハト耳は、耳鳴り(笑)。

ハト耳は、耳鳴り(笑)。



まあ、国民も大変です・・・・・・
こう、幻聴つづきでは(笑)。





「国民は国を守る発想持つべき」 鳩山首相
2010/05/26 21:43 【共同通信】

 鳩山由紀夫首相は26日夜、日本の安全保障に関し「この国はこの国の人々で守るという、すべての国にとって当たり前の発想が今の日本にはない」と危機感を示した。同時に「それが自然かどうかという発想は国民一人一人が持ち続けるべきではないか」と指摘した。

 記者団が米軍普天間飛行場移設問題に絡めて「(常時)駐留なき安保という考え方は変わったのか」と質問したのに対し、 「その考え方はいま封印している」とした上で根底の考え方として言及した。官邸で記者団の質問に答えた。


「この国はこの国の人々で守るという、すべての国にとって当たり前の発想が今の日本にはない」

まあ、「よく言うよっ !! 」である(笑)。

「私は恵まれているかも知れない」

ママからの政治資金、つまり子ども手当発覚の時の一言だけど・・・・・・

リーマンショックでも弟から、

「私は30億円損したけど、兄貴は40億円損した・・・・・」

ソレに対して、

「余計なことは言うな !! 」

まあ、たしかに余計なことかもしれないけど(笑)。

大かた、何の苦労もしたことのない希代に希なボンボン総理、初のアメリカへの・・・・・・

「気苦労」

まあ、いくら野党時代とはいえ、

つまり、「政権を取ったら」が前提での発言ではなかったか・・・・・

「最低でも県外」

まっ、なんの根拠もなかったわけで、そればかりか・・・・・・

「5月末までには解決する」

が、「現行案」維持では、大風呂敷どころか「バカ」です(笑)。

で、挙句の発言が・・・・・・

「国民は国を守る発想持つべき」

テメエの不始末を、

「この国の国民はダメ」

みたいな発言、笑っちゃいました !!

まあ、希代の「天才バカボン」総理、麻生ボンと変わりません・・・・・・

いうことに一切根拠がない(嗚呼ッ)。

ハト耳は、耳鳴り(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 08:13Comments(4)

2010年05月26日

月賦百貨店“緑屋”

月賦百貨店“緑屋”高崎店



紫文 師匠のコメント<嗚呼ッ、それぞれの高崎 !!>
デパートといえば緑屋が出てこないのが寂しいです。あと中紺屋町のイスズ模型店(ほんとは科学教材社だったかな)。岩鼻という田舎にいたのですが、いつも近善(中央銀座のアーケードでた交差点の鞘町寄り)に母がおでん種を仕入れに来ていたので、いつもイスズ模型店に寄っていました。


月賦百貨店“緑屋”高崎店

1946年に岡本虎二郎が三軒茶屋に岡本商店を創業。1951年緑屋と改称し会社設立。1960年には「クレジットの丸井」に対して、「ホームビルの緑屋」というキャッチフレーズを掲げ全国に進出した。1968年に東京証券取引所第一部に上場。

業績不振に陥った後、1976年に西武百貨店と資本提携し西武流通グループ(後のセゾングループ)の一員となり、業態を転換し信用販売部門に特化して1980年に西武クレジットと改称(1989年にはクレディセゾンと改称)、物販部門の一部は西武百貨店や西友に譲渡された。


>デパートといえば緑屋が出てこないのが寂しいです。

ソレはソレは失礼いたしました(汗)。

その“緑屋”月賦百貨店ですけど、僕の記憶では、

たしか駅前通りの居酒屋“安兵衛”の並びあたりに・・・・・・・・

7階建てほどのビルディングであったような、なかったような ???

なにせ、昭和45年のころのお話です。

当時、新町(あらまち)の「洋服の福音」とかの3階でソコの社長の下心というか・・・・・・

まあ、40代の脂の乗り切った紳士です、そのお誘いで「ディスコ」をオープン、

まっ、半年ほどで結局赤字で閉めちゃったわけですけど、当然、当時下り坂だった“GS”、

つまりグループサウンズ、地元の、僕のいたバンドは解散しちゃったんですけど・・・・・・

ソレでも、高崎のバンドだったり、イベントでは当時人気のあったフィリッピンバンドを呼んだりして、

まあ、若気の至りでブイブイいわせて、終いには不良高校生の溜まり場だとかで、

警察に呼ばれて調書とられて、まっ“シンナー”全盛の時代でしたから(笑)。

そんな時代、専属バンドとかを結成でそのバンドの楽器を・・・・・・

月賦百貨店“緑屋”で購入 !!!

で、実はその緑屋のお姉さんが某バンドのヴォーカルの彼女(笑)。

でも、あの時代“緑屋”って言ったら時代の尖端を行ってました、ハイッ・・・・・・

>イスズ模型店に寄っていました。

僕が小学校5年の時にお年玉をためて“HOゲージ”の鉄道模型を買ったのがその「いすゞ」です。

たしか、基本レールとトランスのセットで昭和34年、3500円くらいでした・・・・・

親戚中で、戦後生まれの僕でしたから、そりゃあ、ウソのようにお年玉が集まりました(笑)。

「いすず模型店」

実は、ポッポ屋ファミリーのわが家、僕のそんな趣味にことのほか喜んでました・・・・・・

まあ、いつしか、エレキにシビレチャッタわけですけど(笑)。

本日二日酔い、昨夜3人でビール大瓶22本と、焼酎2リットルあけちゃいました・・・・・

肴 !!???

そりゃあ、もう、昔話です(笑)。

月賦百貨店“緑屋”高崎店


  


Posted by 昭和24歳  at 21:16Comments(3)

2010年05月25日

セリ摘みと横川の釣り堀

セリ摘みと横川の釣り堀



ソレは、デジャブー(笑)。





長女次女が小さいころはこの季節“子ども育成会”とかで、

連れ立ってその“セリ摘み”やら“たらっぺ採り”に出かけた。

碓氷郡・・・・・そして安中市辺り山間の田圃の畔はその“セリ”の宝庫・・・・・

あちこちで“セリ摘み”を楽しむ家族連れやらグループの見知らぬ同士が挨拶を交わす光景。

実にのどかで平和である。

早朝それぞれの親子が弁当を持ち寄って出発・・・・・・

凡そのルートは決まっていて、案内役は育成会の長老・・・・・

その長老、今ではもう70に近いのではないだろうか、久しくお会いしていない。
出身が安中の秋間梅林で滅法その山菜には詳しい。

それはまるで預言者のようにその群生するかのような“セリ”の畔にみんなを案内する。

もちろん得意満面であることは言うまでもないが・・・・・その長老。

それぞれの家族がスーパー袋3つほどを満杯にすると、

「だめだめ・・・・・その倍は採らないと茹でたらいくらもありゃあしない・・・・・」

と、それは長老らしくいくらか腰をかがめすぎくたびれ気味の僕らに言う。

「もう腰が痛いのですか・・・・・若いくせに・・・・・・」

当時僕は30代の半ばその長老は40代の半ば・・・・・・

昭和11年生まれだとか言っていたその長老は実に物知り。それでいて話し上手と言うよりは聞き上手で、
二言三言口の多い僕にもまるで歳の離れた弟に意見するかのようにがいつものことであった。
因みにその長老の末っ子が僕の次女と同級生・・・・・・

その末っ子40になってから出来た息子でかわいくてかわいくてどうしようもない様子。

まさに“目の中に入れても痛くない”とはこのことか・・・・・・

と思わせるその親子。

何をやっても叱らない溺愛ぶりを冷やかされても嬉しそうに笑うその長老。

それから10年して僕に末娘が生まれるとたっぷりと仕返しか・・・・・・

「ほれ・・・・・俺の気持ちがわかったか」

と言わんばかりに僕をからかったりした。


それぞれにオカズを持ち寄り昼飯を食うとその安中の畔を後に横川に向かい、
林間を“たらっぺ”を摘みながら2時間ほど・・・・・・
トゲのあるタラの芽の木は結構難所に生い茂っている。

しかしその長老、
まるでサルのように“スルスルッ”と土手を這い上がり“たらっぺ”をあっという間にスーパー袋を満杯にする。

「みんなを自然薯採りに連れて行きたいけど・・・・・みんなじゃあ無理だろうなぁ・・・・・」

と、やはり鼻を高くして言う長老に、僕よりひとつ年下のその長老の奥さん・・・・・・
またいつものこととでも言うように僕らに目配せする。

“セリ”も“たらっぺ”もスーパー袋いっぱいにすると目的地は横川の釣堀へと一路・・・・・・

その横川の釣堀は松井田町の町営でバーベキュー施設もありこの時期は予約で、
やはり近在の育成会や家族連れで駐車場は満杯である。

釣堀とは言ってもそれはあの『人間の証明』にも出てきた霧積み温泉の『霧積川』の支流を堰き止め、

て渓流風にしつらえたそこにマスを放流。

子どもたちはその渓流風の川で魚が釣れるというので喜ぶこと喜ぶこと・・・・・
餌は“イクラ”でそれはまさに“入れ食い状態”で、釣道具一式2800円で10尾まで。

もちろん釣ったマスは管理人のオジサンたちがその場で捌いて塩焼きにしてくれる。
もちろんバーベキュー用にもだ。

僕はその釣りたての塩焼きマスを肴に缶ビールを一気に乾す。
もちろんそのバーベキュー炊飯場を借りて、やはりさっき摘んできたばかりの“セリ”さっと茹でヤマサ醤油で頂く。
“たらっぺ”はその長老、忘れることなく持参のてんぷら油でさっとカラ揚げする・・・・・・

そんな春も今はない。

しかし毎年その横川の釣堀には家族で出かける・・・・・・

すでにそのころの長老よりも年嵩のいった僕がそこにいる。

そしてそのころ保育園児だった次女が、保育園児の娘にその“マス”を食わせている。

「骨・・・・・気をつけるのよ・・・・・川魚・・・・・」

そんな次女、優の娘への言葉にふと30年前の光景が過ぎった。

「パパーーーッ、釣れた釣れた!!」

そんな末娘の叫び・・・・・・

初夏を思わせる春風が僕に運んだ。

  


Posted by 昭和24歳  at 19:49Comments(0)

2010年05月25日

北朝鮮が戦闘準備 !!???

北朝鮮が戦闘準備 !!???



オイッ、いつの写真なんだ、コレッ !!???




北朝鮮の金総書記、戦闘準備をとるよう軍に命令=聯合ニュース5月25日11時12分配信 ロイター

 [ソウル 25日 ロイター] 聯合ニュースによると、北朝鮮の金正日総書記は、軍に対して戦闘準備をとるよう命じた。北朝鮮の動向を追う団体が入手した関係筋情報によると、金正日総書記の命令は軍のトップに伝えられた。


「北朝鮮の金正日総書記は、軍に対して戦闘準備をとるよう命じた。」

って、

「ああそうですか !?? 」

みたいな話なんですけど・・・・・・・


まあ、降ってわいたような「口蹄疫騒動」とかと・・・・・

「北朝が戦闘準備 !!」

って、デキすぎです(笑)。

まあ、鳩山さんですけど「基地なき安保」とかが確か持論でした。

しかし、「アメリカ軍事基地の抑止力は重要」とかって、ムチャクチャ(汗)。

やっぱり、小沢で行くべきだった民主党政権!!

まあ、政権交代前に検察にやられちゃったわけですけど・・・・・

鳩山と小沢じゃあキャリア違いすぎです。

鳩山、つまり「官邸ごっこ」で、エエカッコシイの5月末でしたけど、

「やっぱり辺野古」

まあ、2014年にはロードマップとかです・・・・・

8000人の海兵隊はグアムに移転、日本の負担で(笑)。

でも、今は「辺野古が抑止力」って、なんのための???

と思っていたら・・・・・

絵に描いたようなお話でした。

北朝鮮の魚雷が韓国哨戒艦沈没事件じゃあなくて撃沈・・・・・

まあ、事実だったら「事変」で、すぐに戦闘開始です。

だって、韓国軍兵士46人から死者行方不明なんですから。

まあ、軍人は戦争がなければ存在価値ありませんから・・・・・

その意味では、例え悪いですけど、「ウズウズ」してるわけです。

まあ、歴史の「IF」じゃあありません、今後の話を含めて・・・・・

小沢さんならどうするでしょうか???

2度の東京地検不起訴を受けて!!???

ソレでもやりますか、検察審査会って・・・・・・

去年5月の「刑事訴訟法一部改正」で(笑)。

ああ、バカバカしい。

北朝鮮が戦闘準備 !!???  


Posted by 昭和24歳  at 16:56Comments(0)

2010年05月25日

パパのおじいちゃんのお父さんは江戸人



「参勤交代」や「元禄文化」を習っても、そこで止まっていては勿体無い。大名行列がトラブルばかりと知り、近松こそが恋愛の発見者と分かれば、そこから先の江戸時代こそが面白い。時代小説や歌舞伎も材料に、江戸人たちの息づかいとホンネを読み、赤穂浪士の討ち入りや町奉行の制度から、武士のオキテと常識を感じ取る。江戸時代をとことんまで学べる一冊。

その意味では・・・・・
「学校では習わない昭和」
も、語られるべきではないでしょうか。




 「パパのおじいちゃんのお父さんは江戸人」

娘が先生にそう言ったそうです・・・・・・

僕の祖父は申年、明治17年生まれ。

日露戦争に行ったヒトですから、その祖父の父は・・・・・・

たしかに“江戸人”(笑)。

ママの方の祖祖父も“江戸人”でした・・・・・


昨日、娘たちとの話。

僕の小学校時代のアルバムを出してきて、

僕がどこにいるか当てっこをしていた。

子どものころの顔と今の顔があまり変わらない僕を見つけては・・・・・・

「キャッキャッ」

と笑う、小学3年生と4年生の娘。

「アレっ、パパっていつも真ん中に写ってる、なんで ??? 」

と、不思議そうな顔をして僕をのぞきこむ・・・・・

そういえばそうだ、どの集合写真を見てもだいたい真ん中に写ってる。

「アレっ、コレってパパのおじいちゃん??? 」



僕が3歳のころ、祖父と従兄と映っている写真をみて・・・・・・

「へ~っ、パパにおじいちゃんていたんだ ??? 」

「ええっ、この兵隊さん誰っ !?? 」

「コレッ、パパのお父さんだよ・・・・・・」

「なんで兵隊さんの格好してるの」

「戦争に行ってたからだよ」

「ええっ、日本て戦争なんてしたの !?? 」

「したよ、今までの100年の間に4回も戦争したんだ・・・・・・」

「えっ、ウソッ、で、勝ったの負けたの !!??? 」

「パパのおじいちゃんが行った戦争は日露戦争・・・・・・・
そしてそのおじいちゃんのお父さんが行った戦争が日清戦争、で、パパのお父さんが行った戦争が、
日中戦争と太平洋戦争・・・・・」

「ええっ、ウソッ、で、パパは行かなかったの !!??? 」

「パパはお父さんの行った戦争が終わってから生まれたんだ・・・・・・」

「ホントッ、良かったね、戦争行かなくて・・・・・・
で、日本てどこと戦争したの、勝ったの ? 負けたの ?? 」

「まあ、最初の二つの戦争は勝ったのかもしれない・・・・・
でも、最後の二つの戦争は負けちゃった」

「ええっ、日本に勝った国ってどこ !!??? 」

「ええっ、なんだおまえたちまだ学校で教わってないのか、戦争の話」

「教わってない、ねぇ、どこの国に負けたの !!??? 」

「アメリカと中国だよ」

「ええっ、アメリカと中国と戦争したの !!??? 」

「そうさっ、パパが生まれる4年前に原子爆弾を落とされて負けちゃったんだ・・・・・
300万人も死んじゃったんだぞ、日本人が」


二人の娘は「信じられない」っていうような顔をして、僕を見つめた。

「パパっ、戦争が終わってから生まれて良かったね・・・・・」



北朝鮮の金総書記、戦闘準備をとるよう軍に命令=聯合ニュース
5月25日11時12分配信 ロイター

 [ソウル 25日 ロイター] 聯合ニュースによると、北朝鮮の金正日総書記は、軍に対して戦闘準備をとるよう命じた。北朝鮮の動向を追う団体が入手した関係筋情報によると、金正日総書記の命令は軍のトップに伝えられた。

そんな娘たちも成長は早い。
あっという間だ。つい昨日生まれたばかりだと思っていたのに、
そろそろ小学、高学年・・・・・・

僕はそんな娘たちに、この街の昔の話をした。



何故その江戸人は“江戸”を語らなかったのか。

僕は全く知らないのですが、僕の生まれた村落はどうやら戦国時代に落ちた逃亡者が開墾した所だったようです。
民族史、村史にはそれらしきことが書かれ、村祭り、道祖神などにはその謂れを教える言い伝えがあります。

しかし、その言い伝えを残す“村人”がそろそろ壊滅状態。
村々の伝統行事もどんどん縮小し、新興住宅地が出来・・・・・
その新興住宅地さえが“旧住民化”しているほどです(笑)。

維新政府は極端な情報封鎖をしたはずです・・・・・
ここ高崎でも、前橋でも江戸幕府の居城があったのに全て破壊されました。
今にして思えば相当な歴史的遺産であったはずです。

家康の命で井伊直政が1598年築城とありますが、江戸時代以前のこの町の歴史を教えるものはほとんどありません。
たったの一世紀少し昔でしかないのにです。

これは全国各地で明治新政府がとった旧幕府勢力の叛乱を押さえ込むための国民洗脳政策の一環であったように思います。
その後の、秩父事件、群馬事件も落ちた武士、浪人が“大リストラ”、正業につけずヤクザになったり、政党を興したり・・・・・・

面白いことに、南北朝をいいながら天皇論で時世を語るものは多く見られますが、
“徳川幕府”の再興、叛乱革命を云う者がいない・・・・・・

どうやらこの“明治維新”とはただ単なる“永田町”の“政権交代劇”と同じで、
実は、『シャッポ』を替えただけで権力そのものは徳川幕府の“右”から“左”に変っただけ。
どうりで今の政治家のほとんど、官僚のほとんどが“士族”の末裔(末裔といっても精々が一世紀)。

徳川慶喜を公開処刑するわけでもなく・・・・・・
それどころかその係累と婚姻を重ねる士族官僚階級。今日の政治家、財界人。

それは今に言うこの国のあいまいさ・・・・・・

ただ単なる“勝組”か“負け組”かというだけ。

よって、刀狩をされ、武家社会をリストラされた下層武士は塾をやったり、新聞を作ったり、

広告業、果ては“テキヤ”とか“ヤクザ”とか。

鎖国政策が解かれ一挙に産業が拡大し、重厚長大産業、産業革命で一気に労働吸収が出来、
それが今に言う“リクルート”(チョイト古いが)であったり、
新聞等の情報産業の延長線上にある“ソフトバンク、楽天、ライブドア”であったり・・・・・・
なにかの理由で官僚になれなかった最高学府の平民がその筋の縁故で起業する。

もしくはヤクザ、暴力団まがいの土建業に運送業として正業につく勝組と、
なにかの理由で正業にはつけないヤクザ、暴力団になった戦後の元武士的、浪人的“大日本帝国軍人”。

もちろんその中にあっても一介の“平民”にはよほどの裁量でもなければご案内の通りで、
例外は“田中角栄”であり“小佐野賢治”であり・・・・・・

で、ウソかホントか、北朝鮮が「戦闘準備」だそうです。

っていうか、北と南は「休戦」状態なんですね・・・・・

鳩山さん、そろそろホントのこと話しませんか(笑)。

パパのおじいちゃんのお父さんは江戸人  


Posted by 昭和24歳  at 16:20Comments(0)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ