2018年04月19日

トランプ米大統領「すべてうまくいってるよ」、「ワン!」

トランプ米大統領「すべてうまくいってるよ」、「ワン!」

しかし、メラにあ婦人も昭恵夫人品が無いねぇ。
でもトランプ大統領面白くなさそうだね。


またも異例の厚遇 濃厚な4時間に何を話したか? トランプ米大統領「すべてうまくいってるよ
【パームビーチ=田北真樹子】安倍晋三首相は今回の訪米でもトランプ米大統領から異例の厚遇を受けた。2人だけの会談、少人数会合、安倍、トランプ両夫妻だけの夕食会、そしてゴルフ。両首脳の会談の中身はほとんど表に出ていないが、北朝鮮情勢をめぐり、腹を割ったやりとりがあったとみられる。緊迫した情勢下で日米両首脳が強い絆を国際社会に見せつけた意義は大きい。

 17日午後3時、トランプ氏は別荘「マールアラーゴ」の玄関で首相を笑顔で出迎えた。偶然にも2人は濃紺に白いストライプのおそろいのネクタイだった。

 トランプ氏「首相の訪問を歓迎する。日本はとてもとても特別な国で、とてもとても類いまれな指導者がいる」

 首相「昨年に続き、再び美しいマールアラーゴにご招待いただいたことに感謝します。2日間にわたりじっくりお話できるのを楽しみにしている」

 トランプ氏「ここはもともと、『南のホワイトハウス』として建てられたんだ。ラッキーにも俺が買えた。首脳たちは皆ここに来たがるんだ」

<抜粋引用:産経ニュース 2018.4.18 23:07>
https://www.sankei.com/politics/news/180418/plt1804180050-n1.html

>トランプ氏「首相の訪問を歓迎する。日本はとてもとても特別な国で・・・」

そら特別な国だろうよ(笑)。

だって米軍基地借りてるのに、貸してる方がカネ払ってるんだから。ヤクザです。

>とてもとても類いまれな指導者がいる

「とてもとても」って、念押してるし(笑)。

「類まれな指導者」って「とてもとても普通じゃあない指導者」ってぇことだろ。

ま、今の日本政府の状況見たら褒めようがないよね。

まあ、「産経新聞によると」っていうのが冠詞につくね、トランプ大統領の顔見たらわかるよ、怒ってるもの。

「シンゾー、今ここで調子ずいてる場合じゃあないだろ」って。

要すれば、滅相もない、アメリカの情報機関、安倍カップルの所業はCIAしてます。

トランプ米大統領「すべてうまくいってるよ」。「ワン!」
  


Posted by 昭和24歳  at 20:45Comments(0)

2018年04月19日

デキモン問屋

デキモン問屋

そら、栄養もへったくれもない。
目っパ、ハタケ、に蓄膿症でしたし。

まあ、ね。

僕らの子供時代はとんでもない時代だった。

そうなんだよね、風は西から東に、吹いてくる。普通はね。
で、北から南に吹いてくる、コレ、定説。

南太平洋で数限りない核実験をやった米、英、仏。そしてソ連(ロシア)も中国も。
相当降り注いだんだろうね、放射能。どっこい、団塊世代はそんなもんには負けなかった(笑)。
そして高度経済成長期の公害、光化学スモッグに排気ガス。僕らはそんなもんには負けなかった。
たしかに、そうした複合汚染の中水俣病、ここ高崎も隣町安中市の東邦亜鉛の垂れ流すカドミウムによるイタイイタイ病の直接被害者もだったけど、どっこい僕らは負けなかった。
ま、チクロがどうのこうの騒いでたけど、僕らが子供の頃は駄菓子屋へ行けばチクロまみれの駄菓子、アイスキャンデーなんてその典型。
それでも、戦後生まれの僕らは負けなかった、その証拠に世界一長寿、高齢化社会、実におめでたい話ではないか。

そう、僕らが子供の頃は医者なんかにはほとんどかからなかった。
風邪ひいて熱出したら頓服飲まされてお母ちゃんがりんごをすってくれて、2、3日で治った。
腹壊したら正露丸とか富山の置き薬飲まされてそれでオシマイ(笑)。
もちろん冷蔵庫なんかない時代だったから台所には蝿帳があって、入梅の時期にはクンクン匂いを嗅ぎながらご飯を食べた。

朝は納豆か卵かけご飯。昼は給食、鯨の竜田揚げ、じゃがいもだけの粉いっぱいのドロドロなカレーとコッペパンにアメリカの家畜の餌の脱脂粉乳。
そうだ、未だ米は米穀通帳の時代、今のトランプと一緒でアイゼンハワー商売上手で「コメを食うと馬鹿になる」てぇんでやたらパン食か、うどん。そういやあ「つみっ粉」で腹膨らましたこともあった。

人間、結構丈夫にできてます。免疫しだいですね。

ま、母乳を知らなかった僕は免疫がなかったから子供の頃はひ弱。今もひ弱だけど(笑)。
まあ、今はアルコル消毒が功を奏してるせいか、結構丈夫です。ずっと医者いらず、骨折とかのケガ以外は。
ま、今の子は無菌培養だから、抵抗力がないのかなぁ。
それと、産婦人科医に聞いたんだけど普通分娩、産道をとおてきた赤ちゃんと、帝王切開で生まれた赤ちゃんとでは抵抗力が違うと。
産道にはありとあらゆる免疫が赤ちゃんに供されるんだとか・・・

人間、戦争が最大の疫病かも。

普通に生まれて普通に死ぬ。日本は普通に死ねる良い国なのかもしれない。

今のところはね。

デキモン問屋

  


Posted by 昭和24歳  at 15:08Comments(0)

2018年04月19日

2018年04月18日

彼はノーベル賞を取れるんでしょうか?

彼はノーベル賞を取れるんでしょうか?


>電気がまの使い方知らなかった。

僕は今でも電子炊飯器の使い方が分かりません。
洗濯機の使い方もわかりません。
掃除機の集塵パックの交換の仕方もわかりません。

僕の家での仕事はカミさんに指図されながら洗濯物を干す。
あとは、ゴミ出しだけ。

「あんた、私がいなくなったら生きていけないね」

今は末娘が時間があれば洗濯したり炊事をしたりしてくれてますけど・・・
来年からは就職で東京へ行っちゃうのでどうしよ(笑)。

>東大卒当たり前の組織で生き残れるということはそういうことなんでしょうね。

官僚、政治家になるような東大卒は競争心が強いよです。
そして競争に勝つと他社を見下し、威張り、怒鳴り散らす・・・・

佐川前国税庁長官、前理財局長(60)は二浪して東大法学部へとか。
で、森友でお噂の迫田元国税庁長官、元理財局長(58)。
そして、今回、セクハラで騒がれてる福田事務次官(58)はともに東大法学部卒で財務省(旧大蔵省)入省が同期。

佐川前国税庁長官はコンプレックスの塊で、威張る、怒鳴る、見下す、と省内では悪評とか報道で。
因みに、迫田氏は長州閥。福田氏はリクルート事件で有罪判決を受けた高石邦男文部次官が岳父。

僕の知人に東大工学部卒で高崎原子力研究所の研究員がいました。
僕より1歳年上で30代の頃某飲み屋で痛飲したり宴会でドンチャン騒ぎしたりと、その時は原研の職員としか認識していなかった。
後々知るんだけど、かなりの上級研究員で将来のノーベル賞候補とか彼の仲間は言ってました。

「何研究してるの?」って聞くと、「放射線によるじゃがいもの発芽防止」って、真面目な顔で。

ある日の宴会に彼はお母さんを連れてきて、そしたらそのお母さんが当時は50半ばでその息子と歌ったり踊ったり。

「この子が勉強してるのほとんど見たことがないの」

つまり、天才なんですね。見た目普通、とても東大卒で原研の研究員だとはとても思えない当時の趣(笑)。
最後に会ったのが20年ほど昔の東海村の原子力事故でその収束に当たるということで転勤になって・・・・・
高崎に出張で来たとかで「ろつれ」という飲み屋で飲んだ時だったけど「ノーベル賞イケそう?いつも発表楽しみにしてるんだけど」って言うと、ガハハーーーと笑うと「よく憶えてるね、でも今はそれどころじゃあないっだ」って。

さて、彼はノーベル賞を取れるんでしょうか?
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2017/siryo04/siryo1.pdf#search=%27%E5%B2%A1%E7%94%B0%E6%BC%B1%E5%B9%B3%27

彼はノーベル賞を取れるんでしょうか?
  


Posted by 昭和24歳  at 16:38Comments(0)

2018年04月17日

財政健全化より財務官僚の健全化だろ(笑)

財政健全化より財務官僚の健全化だろ(笑)


日本の戦後史を陰で操縦し続けた「大蔵省」「財務省」。
「官僚のなかの官僚」と呼ばれるスーパーエリートたちの生態と出世・人事、権力の源泉を徹底検証する。
時の政権を牛耳った大物官僚の系譜から安倍政権と財務省、消費税とマイナンバーまで
「大蔵省・財務省」を通じた戦後裏面史を発掘。日本の「官僚支配」構造がここに明らかとなる。


財政再建に影響も=事務次官セクハラ疑惑―財務省
 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる文書改ざん問題を抱える財務省で福田淳一事務次官のセクハラ疑惑が浮上し、同省の政府内での発言力は一段と低下した。

 一連の騒動にけじめを付けられなければ、同省が国民負担増につながる消費税率引き上げを求めたり各省庁に歳出削減を要請したりする際の主張も説得力を欠き、財政再建論議にも影響を及ぼしそうだ。

 政府は少子高齢化に伴う社会保障関係費の急増を防ぐため、今後3年間程度を対象とする歳出抑制の「目安」を6月に取りまとめる方針。2019年10月の実施を目指す8%から10%への消費税率引き上げに向け、増税後の急激な需要減少を緩和する対策の具体化も待ったなしだ。

 週刊新潮による福田次官のセクハラ疑惑報道は、3月末に18年度予算を成立をさせ、各省がこれらのテーマについて駆け引きを活発化させる中で起きた。4月17日には野田聖子総務相が「政府の信頼を失墜させる大きな原因になったら残念だ」と述べるなど、福田氏をめぐる騒動には閣内からも厳しい声が相次いでいる。

 ある経済官庁で予算編成にかかわる女性幹部は「財政当局の信認が落ちると財政健全化そのものが難しくなる」と、セクハラ疑惑が長引くことによる悪影響を懸念。財務省で税制を担当する中堅職員も「印象が悪い。財務省がやること全部が信用されなくなる」と頭を抱える。

 また、財政学に詳しい土居丈朗慶大教授は「今回の体たらくで、財務省の主張が政権内でまともに扱われない可能性が出てきた」と指摘する。今後は財政再建論議でも与党の影響力が増し、歳出拡大圧力が強まることも予想される。 

<引用:4/17(火) 16:31配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000062-jij-pol

まあ、雀の涙の所得から消費税10%とかカッパイで・・・
嘘はつくわ、文書は改ざんするわ、挙句がセクハラで言葉遊びだって。
冗談じゃあないよ、下々平民、一晩に200万円も政治資金で飲み食いする財務大臣。
ま、高級官僚だって似たようなもんです。
何が財政再建だ、財政の健全化だ、笑わせるんじゃあないよ。
国有財産をタダ同然どころか、お土産付きで払い下げて挙句話が壊れて無茶苦茶。
財務官僚も政府も顔洗って出直したほうがいいね。
ま、この騒ぎだっていうのにアメリカへ卒業旅行、夫婦善哉は救いようがない。
ところで、いいかげん籠池おっさん夫婦出してやったら・・・
柳瀬元秘書官だって「会ってないとは言えない」って言ってるんだし(笑)。


財政健全化より財務官僚の健全化だろ(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 20:28Comments(0)

2018年04月17日

アメリカ卒業旅行

アメリカ卒業旅行

世間の目なんてメジャナイ(笑)

安倍首相、米国に向け出発=北朝鮮・TPPを協議
安倍晋三首相は17日午後、米南部フロリダ州パームビーチに向け、政府専用機で羽田空港を出発した。現地時間の17、18両日にトランプ米大統領と会談し、5~6月初旬の米朝首脳会談に向けた対処方針や米国による環太平洋連携協定(TPP)復帰の可能性などについて意見交換する。

〔写真特集〕日米首脳のゴルフ~安倍さんもトランプさんと~

 出発に先立ち、首相は官邸で記者団に「北朝鮮、経済の問題について日米の連携を確認し、強固な日米同盟の絆を発信していきたい」と強調。拉致問題に関しても「解決に向かって前進するよう全力を尽くす。トランプ大統領と擦り合わせたい」と述べた。

<引用:時事ドットコムニュース 2018/04/17-12:54>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018041700115&g=use

>拉致問題に関しても「解決に向かって前進するよう全力を尽くす。トランプ大統領と擦り合わせたい」と述べた。

トランプに頼ってどうするわけ?

日本には朝鮮総連があるわけだし、大使館級です。

外務省もいい加減だよねぇ、事務方アメリカ政府とどんな交渉したんだか・・・・・

この様子じゃあ、総裁選まで持ちそうもないって言うし、「カケ爆発」、メルトダウンしたらどうするの?

ま、トランプ大統領に嫌味のひとつも言われてお別れ会じゃあないの(笑)。

で、コレです↓

小泉純一郎氏が安倍首相へ引導「もう引き際」「バレてる嘘をぬけぬけと…」独白55分〈週刊朝日〉
「本件は首相案件」。嘘が次々と暴かれ、森友、加計疑惑が底なし沼になってきた。それでも居丈高に開き直る安倍晋三首相に「引き際だ」とついに引導が渡された。「本当ならとっくに辞めてなきゃいけないはず。なのに、バレている嘘をぬけぬけと今も言ってるなぁとあきれているんだよ、国民は――」。安倍氏の「政治の師匠」でもある小泉純一郎元首相の言葉だ。その思いの丈を週刊朝日に独白した。
<抜粋引用:4/16(月) 7:00配信 AERA dot.>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180415-00000015-sasahi-pol

>嘘が次々と暴かれ、森友、加計疑惑が底なし沼になってきた。

ま、おママゴト夫婦ですから・・・・・

っていうか、本人は嘘ついてると思ってないのかもしれない。

虚言癖ってそういうことなんだよね。

森友は名誉校長、加計は大親友じゃあ、ソラあれです、普通に。

アメリカ卒業旅行
  


Posted by 昭和24歳  at 14:51Comments(0)

2018年04月17日

幼稚化する国家


幼稚化する政官財


今度も連れてくんだろうか?
二人並んでたら笑えますね・・・


安倍首相、“日米首脳会談”訪米へ   

安倍総理は、アメリカのトランプ大統領との首脳会談のため、17日、羽田空港を出発します。史上初の米朝首脳会談を前に、両首脳は北朝鮮問題を協議する予定です。

 安倍総理は現地時間の17日と18日に、フロリダにあるトランプ大統領の別荘で首脳会談を行い、その後、共同の記者会見を行う予定です。また、共通の趣味であるゴルフも行う見通しです。

 会談で両首脳は、5月か6月上旬に行われる予定の史上初の米朝首脳会談を前に、北朝鮮に最大限の圧力をかける政策について協議する予定です。また、安倍総理はトランプ大統領に対して、北朝鮮による拉致問題を米朝首脳会談で取りあげるよう協力を求める方針です。

 さらに、トランプ政権が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置について、安倍総理は制裁の対象から外すよう日本の立場を説明していくものとみられます。(17日00:32)

<引用:4/17(火) 4:37配信 TBSニュース>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180417-00000010-jnn-pol

>北朝鮮に最大限の圧力をかける政策について協議する予定です。

まあ、森友にしろ加計にしろアメリカの仕込みじゃあないの?
で、今度の週刊新潮の福田財務次官セクハラにしろそういう人間だとわかった上で「くノ一」だったかも。

キャバクラのオネェちゃんと言葉遊びって、財務事務次官がそういうお店に行くんだ・・・・・
てっきり料亭とかで芸者とヨヨイノヨイじゃあなかったの?

>日本全体で家庭教育、学校教育、考えるべきです。

ま、他人のことをどうこう言える僕じゃあないのでなんともなんだが・・・

今の日本社会には「大人」が不在ですね。「幼稚化」「白痴化」。
どうなっちゃってるのかと思わざるを得ません。

新潟県知事(50)が「女性問題で辞職だそうです。
東大医学部卒、医師でもあり弁護士でもある。そして国会議員でもあった、渡り鳥。
金看板をいくつもしょって颯爽と登場したはずが「女性問題」ですか(笑)。

まあ、勉学に勤しんで脇目も振らず最高学府頂点を目指し青春もなかった。
おそらく何もすることのない国会議員時代、知事になって今が青春なんでしょう。
つまり、若い頃の禁欲から解放されそれなりの地位に就いたとたん「青春」(笑)。

財務事務次官もそうなんだが、相手はキャバクラ嬢だと言っている。
ま、例えそれがキャバクラ嬢だったとしても、天下の財務次官の所業ではない。
で、財務省といえば大蔵省時代のMOF担、新宿桜蘭「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」というのがあったんだが、青春時代禁欲して偉くなった人間はクズ。

で、件の財務大臣は新潮社を相手取って名誉棄損裁判の準備中だとか。
ま、裁判なら白黒結審まで2年、3年はかかるだろうから政権の時間稼ぎだろう。

いずれにしろおママゴト夫婦が総理大臣、ファーストレディーですから生まれた時から青春時代で、今も青春時代。
幼稚ですから世の中の仕組みなんて考えたことがない、もっとも生まれがそんなこと考えなくても良い環境のお育ち。
当然」、年収300万円前後で生活するなんて想像すらできない。お金は天から降ってきますから。

まあ、政治家がダメだけど官僚、役人がしっかりしている高度成長期の日本と言われてたけど、政治家もダメ、官僚もダメ。
で、野党にも東大、財務官僚出身の代議士もいたりするんだがおそらく青春時代はなかった。
その意味では「東大安田講堂事件」というのも青春なんだろう、麻疹。
その麻疹にかかったことがない連中が政治家、官僚だからそら始末におえない。

で、今頃になって麻疹にかかって、おネエちゃんのケツを追っかけてる。

ところで新潟の米山知事なんだが独身で女性問題って事件性があるやのお噂も。

とにかく、財務官僚って嘘つくのがお仕事じゃあ、それも子供じみた・・・

ま、子供なんでしょうねオツムが。

幼稚化する政官財
  


Posted by 昭和24歳  at 11:27Comments(0)

2018年04月16日

福田事務次官「私の声です」は適材適所(笑)

福田事務次官「私の声です」は適材適所(笑)

代々木公園にいそうな・・・
変なおじさん(笑)


“セクハラ発言”疑惑、福田事務次官“公開音声は自分のもの”
女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり、財務省の福田淳一事務次官が内部調査に対して、“公開された音声は自分のものである”と認めていることがJNNの取材でわかりました。政府・与党内からは、“早期の辞任は避けられない”という見方が強まっています。
<引用:4/16(月) 11:53配信(TBS系(JNN))>
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6279201

まあ、ムチャクチャですね安倍政権、ハイッ!!

で、更迭なのか、懲戒免職なのか「おっぱい触っていい?」ですから。

ま、前川喜平文科事務次官をハレンチとか言ってた官房長官なんだけど、ぜひコメント聞きたいね。

そんなわけで、公認の財務事務次官はどなたがなるんでしょう、「要すれば」、太田理財局長でしょうか?

順番から行けばそういうことなんでしょうけど、要すれば文書改ざんの中心人物だし・・・・・

しかし、結局、森友、加計もつまるところ「贈収賄」じゃあないのかなぁ。

とくにかけ学園はコレです↓

https://stat.ameba.jp/user_images/20180205/10/awakinginheaven/c3/ee/j/o1200067514125619017.jpg

とくに逢沢さんちの一族は学園建設請負業者ですから・・・・・

見積書なんか書き放題でしょうねぇ、倍付けです。200億円なら400億円の補助金。

200億円をみんなで山分け、そら、人情ですよ人情。

魚心あれば水心。大人の社会ですから。青いこと言ってたら叱られます。

福田事務次官「私の声です」は適材適所(笑)

  


Posted by 昭和24歳  at 13:17Comments(0)

2018年04月15日

腐臭する平成という時代の風

腐臭する平成という時代の風

現代を読み解く鍵は歴史にあり。テロ特措法、北京五輪、オバマ政権誕生、北朝鮮問題…国際関係史・イスラム史研究の第一人者が、激変する世界の潮流を見つめて紡いだ随想録。

  社民党との復縁、公明党への擦り寄り、そして大連率となりふり構わぬ姿勢だが、本当は何がしたいのか

  民主党は12月12日投開票の茨城県議選で、推薦1人を含めた24人のうち当選が6人にとどまった。菅政権の支持率が下落し、地方選でも極めて厳しい結果が続いている。そんな中、政局が話題になっている。新聞の紙面には連日、小沢国会招致、大連立の言葉が踊っている。


まあ、これも「日本の腐臭する時代の風」です。

少々古いが・・・・・・

鈴木善幸元内閣総理大臣という政治家がいた。

享年93歳・・・・・

実に長寿。元社会党員で後に田中角栄元総理の腹心となる。

いわゆる、水産族であった。

目立たないがものの見事な閨閥を築き一代にして日本の頂点に一族を成す。

典型的な「棚ぼた政治家」であろう。

で、田中角栄の安全パイで、内閣総理大臣に任命(-_-;)

大蔵官僚を婿取り、長女は吉田茂の孫、麻生太郎に嫁がせ、さらに皇族へと繋がる長男、現代議士。

しかし時代の風はここまでだろうか・・・・・

後は、その時代をどう繋げるか、しかその道はない。

現下の国会議員代議士は自民党、民主党のほとんどが官僚の頂点と婚姻している。

それはその為政者、官僚を含めたこの国の管理者がそこの「私」を守る為に他ならない。

国民が灼熱に焼き尽くされようが、濁流にのみ込まれようが、寒風に吹き荒まれようが、そんなことはお構いなし。

しかし、それは当り前といえば当り前で、国民大衆とて己の「私」はなにが何でも守り通そうとする。

しかし為政者、管理者は血を流し、汗を流した結果での「私」ではない。

国民大衆から「税」という名で国家権力を持って「徴税」したものが全て。

今日のように、今日の徴税がママならなければ未来の徴税分を国民の預貯金から寄生するが如く吸上げる。

腐臭する平成という時代の風

おそらく、この夏の異常気象とも思える熱風と世界規模の集中豪雨は海水の温暖化による海流異変。

それでも、安全に、清涼に生活できる極一部の階級にとっては別段取るに足らないこと。

自然発生か、人為的かは兎も角、近年発生の伝染病も、国民大衆の「食の安全」より極一部階級の「私」が優先する。

幕末から維新へ・・・・・・

武士、官僚社会での政権交代。武力を持たない「公家集団」を神輿に、

それでも維新政府官僚政治はつい昨日までは丁髷侍、理由はどうあれ武装集団で、日清日露を戦った。

腐臭する平成という時代の風

大東亜戦争の維新政府二世官僚はその先代の戦勝バブルのオトシゴ。

親世代の勇敢な先頭に護られ幼少、少年時代をすごし、その戦勝バブルのまま大東亜戦争、太平洋戦争へと盲進。

神国「大日本帝国」が負けるはずがないと侵攻に次ぐ侵攻・・・・・・

そのうちに「神風が吹く」と本当に信じていたかは分からないが、敗退に次ぐ敗退にも、

一億火の玉、総玉砕を絶叫。

二発の「ピカドン」にも、国家総動員の戦艦大和不戦撃沈にも本土決戦を叫んだ、現中国大使の親父。

腐臭する平成という時代の風

彼の昭和20年8月15日の無条件降伏が、外圧の「明治維新」なら、

漆黒、焦土の中に復興に務めた世代が・・・・・・

その無条件降伏下の現役世代の官僚たちだったのではないだろうか。

A級戦犯総勢十数名の死刑。

そして極東軍事裁判での司法取引の末に敗戦国「日本」の管理を任された六〇年安保の為政者。

腐臭する平成という時代の風

六〇年安保、七〇年安保、八〇年安保の為政者は、大東亜戦時下全員が二十代、三十代。

敗戦時の第一回普通選挙、後の、田中角栄、中曽根康弘、鈴木善幸は二十代。池田隼人、佐藤栄作が三十代。

そして今日・・・・・

その生まれながらにして、野球でいうならバッターボックスにも立たずいきなり塁上に立つ。

生まれながらにして押出しのホームインが約束された為政者。

第二の戦艦大和・・・・・・

日本列島そのものが今まさに沈没しようとしている。

日向灘に眠るといわれる「戦艦大和」、もしかしたら撃沈されたのではなく、

リコール対象「戦艦」だったのではないだろうか。

「三菱」、スリーダイヤマークつき、今の金に換算して7兆円とも・・・・・

腐臭する平成という時代の風  


Posted by 昭和24歳  at 21:32Comments(0)

2018年04月15日

知古創新

知古創新

僕が生まれたのはこんな時代だった・・・
それを知り、新しきを創ろう。繕うことなく。


昭和24年2月11日金曜日。生まれるべくして僕は生まれた。

どんな格好で生まれたかは詳らかには知らない。

おそらく村の産婆さんが取りあげ、ボロ布と新聞ガミに包まれて(笑)。

姉の言によれば凡そがそんなところであったようだ。

僕の生まれた村・・・・・・

なんとその昭和24年、いわゆる早生まれだが、
男の子が5人、女の子が3人ほぼ時期を同じくしての“ご生誕”だった。

もっとも僕だけ生後半年ほどで生母病臥のため一里半ほど離れた町、子供のいなかった実父の妹夫婦のもとへ養子に出された。

折に触れ生家へお客に行くと「町の子」と大人からは腫れ物に触るように大事にされ・・・・・
村のガキ連中には虐めと言うほどではないがよく“仲間ハズレ”にされては泣いていたという。

知古創新

今日を知るには、昭和24年・・・・・・

と言うよりは戦後の10年ほどの新聞を読み返すとその“今が”手にとるようにわかる(笑)。

>1949/01/01,昭和24/01/01

マッカーサーが国旗の自由使用を許可する。

>1949/07/04,昭和24/07/04

マッカーサーが、アメリカ独立記念日にさいして「日本は共産主義東進阻止の防壁」と言明する。

ちなみに昭和20年はこうだ・・・・・

>1945/07/26,昭和20/07/26

対日ポツダム宣言が、米英中共同で発表される。日本は黙殺する。

>1945/08/06,昭和20/08/06

8時15分17秒、B29エノラ・ゲイは、広島の上空9600mで広島にウラニウム型の原爆「リトル・ボーイ」を投下する。

原爆は高度580mで炸裂する。

11月までに原爆で死亡した人は14万人、5年後の1950年までには24万7000人に達する。
被爆者は36万人以上になると見られている。

>1945/08/08,昭和20/08/08

ソ連が対日宣戦を布告する。

>1945/08/08,昭和20/08/08

ソ連軍が、北満州、朝鮮に進攻する。

>1945/08/09,昭和20/08/09

深夜、最高戦争指導会議構成員による御前会議で、
ポツダム宣言受諾に国体維持(天皇制維持)だけを条件とする東郷外相案と、
他に3条件を加える阿南陸省の案が対立する。

>1945/08/09,昭和20/08/09

B29ボックス・カー号は、小倉市を目標として飛来したが、
上空が曇天のため、午前11時2分、長崎市にプルトニウム型の原爆「ファット・マン」を投下する。
原爆は地上503mで炸裂し、12月までの死者の数は8万人以上になる。

>1945/08/15,昭和20/08/15

阿南惟幾陸軍大将が、未明、「一死ヲ以テ大罪ヲ謝シ奉ル」の遺書を残して割腹自殺する。
59歳(誕生:明治20(1887)/02/21)。

>1945/08/15,昭和20/08/15

天皇が終戦勅書をラジオ放送(玉音放送)し、太平洋戦争が終結する。

>1945/08/18,昭和20/08/18

内務省が、占領軍向けの特殊慰安施設を設置するよう指示する。

「この後、占領政策が続く」と、新聞ガミにはある。

今日に至るも米国政府は占領政策を解いたとは思っていないだろう。

「日米安保」

よくて、江戸幕府との「日米和親条約」の不平等、片務条約の域を越えてはいない。

ポツダム宣言受諾を躊躇する間に広島・長崎への原水爆の惨禍。

軍人の「大和魂」が齎した大惨劇だ。

さかのぼって、「ハル・ノート」にいかなる難題難問があったにせよ、この国に“外交力”があったなら・・・・・
馬鹿な戦争に突き進むことはなかっただろうに。

まさに、今の北朝鮮が米国に宣戦布告するようなものだったのだから。

政治家官僚、己らの「恥」を隠し通すために国民に「百万弁の嘘」をつく。
それは今の財務省の公文書改竄嘘のデッチ上げで嘘を嘘と認めないという、それは戦前、戦中からの体質。

>内務省が、占領軍向けの特殊慰安施設を設置するよう指示する。

これが、中曽根康弘、後藤田正晴、読売の正力松太郎らの、敗戦の漆黒に更なる国民への仕打ち。
僕らの母世代が敗戦に打ちひしがれる日本女性を「従軍慰安婦」に米兵に差し出す。

国民、この国の政府の悪辣振りをもう一度知る必要がある。

人権を訴えるなら・・・・・・

日本国民、戦争被害者、戦後占領政策被害者として、国連の人権委員会に「米政府」と日本の「宦官政府」を提訴すべきだ。

その時初めて日本国民は、日本人は世界から認められる。

もうすぐ終わる僕らの遺す言葉は、そして行動は?

知古創新  


Posted by 昭和24歳  at 08:44Comments(0)

2018年04月14日

政治家の秘書のお仕事は口利き

政治家の秘書のお仕事は口利き

昭恵夫人の「どこでもツイート」(笑)

加計疑惑、柳瀬氏招致へ=偽証罪適用の喚問で攻防―野党「首相案件」追及
 与党は13日、国家戦略特区による学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題で、元首相秘書官の柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致に応じる方向で調整に入った。(時事通信)
4/13(金) 21:16
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6278936

田中真紀子元外相、金権政治の大権現だった田中角栄元総理のご令嬢が言ってました・・・・・

「政治家の秘書の仕事は口利きです。まあ、長い間安倍晋太郎元外相、幹事長の第一秘書だった安倍刺さんですからもともとがそういう人」

安倍総理いわく、留学時代からの親友だからこそ、私の地位を利用してとかということはありません(笑)。

まあ、人情です。当然あるでしょう、ない方が不自然です。もちろん総理になる前の議員時代も、ご尊父様の第一秘書時代も、持ちつ持たれつです。

「時には私がご馳走したり、加計さんが支払ってくれたり」

それってまずくない、去年の国会答弁だけど国家戦略特区の議長である内閣総理大臣とその制度を利用する一民間のトップが「奢ったり奢られたり」の関係って、利害関係ですから。

政治家の秘書のお仕事は口利き
  


Posted by 昭和24歳  at 11:53Comments(0)

2018年04月13日

福田財務次官「おっぱい触っていい?」(音源)

福田財務次官「おっぱい触っていい?」(音源)

女性記者にセクハラ録音されてた財務次官「おっぱい触っていい?」「ホテル行こうよ」
 財務省はいつからこんなろくでもない役所になってしまったのか。

<中略>

だが困ったことに、この人物、取材に来る女性記者に対してセクハラ的言動がひどくて、「被害者の会ができるんじゃないですか」(財務省職員)といわれているのだ。大手紙の記者は「彼氏はいるのか」と聞かれ、いると答えると、どれくらいセックスをしているのかといわれた。

テレビ局の記者は、深夜に電話があって、ネチネチ過去の男のことを聞かれた。別の大手紙の記者は、「キスしていい?」くらいは当たり前で、ホテルへ行こうといわれた記者もいると話す。

呆れ果てた言動だが、女性の側も我慢ばかりはしていない。財務省担当の30代の女性記者が、福田に呼び出され、彼の自宅近くのバーでのやりとりを「録音」していたのである。一部を紹介しよう。

記者 財務省と森友学園、どうなんですかね。

福田 今日ね、今日ね・・・抱きしめていい?

記者 ダメですよ。

福田 いいじゃん。(中略)

記者 福田さんは引責辞任はないですよね?

福田 もちろんやめないよ。だから浮気しようね。

記者 今回の森友案件で、一番大変だったことってなんですか?

福田 いろいろ大変だったけど、これからがうんこだから。胸触っていい?

記者 ダメですよ。

福田 手しばっていい?

記者 そういうことホントやめてください。

セクハラ発言が接続語のように用いられ、ついには、「キスしたいんですけど。すごく好きになっちゃったんだけど・・・おっぱい触らせて。綺麗だ、綺麗だ、綺麗だ」と、畳みかける。

週刊新潮は4月9日に福田が愛犬と家を出てきたところを直撃している。記者が、夜な夜な女性と飲んでいる時に「おっぱい触っていい?」「キスしたい」などと発言していると聞くが、と問うと、<福田 何を失礼なことを言っているんだ。誰がそんなことを言っているんだよ!>

記者は何度も、仮に証言や証拠が出て来たらどうしますかと問いつめ、それが出て来たら責任を取るのかと迫る。

<福田 ないものは責任取りようがないだろう。ないんだから。ないんだって、ないんだって言ってるだろう! いい加減にしろよ、ホントに>

いまのところ、デジタル版の「デイリー新潮」に音声は載っていないようだ。録音した女性記者への配慮からだろうが、豊田真由子ケースのように、載せれば即、辞職だろうな。

<抜粋引用:2018/4/12 16:24 J-CASTニュース>
https://www.j-cast.com/

> いまのところ、デジタル版の「デイリー新潮」に音声は載っていないようだ。
ところがコレ↓



まあ、福田ちゃん(58歳)いま渦中の財務省だっつうのになんだこれ?

東大法学部卒で財務事務次官、佐川ちゃんも太田ちゃんも同期だつうんだけど・・・・・

ま、佐川ちゃん、太田ちゃんは森友で火の車。

福田ちゃんは「おっぱい」で火の車ですか、どうしちゃったの日本の中枢?

この分だと、官邸の中もなんでも官邸団で毎日かなりやばい話が持ち込まれてるんじゃあないの。

だもの入邸記録は廃棄しちゃうわけだ。ホントはあるんだけどね(笑)。

しかし、去年は同じ東大法学部卒の豊田真由子の「このハゲーーーッ」だったけど・・・・・

今年は「おっぱい触っていい」ですか。まあ首相のレベルに合わせたらこんなもんだろうけど。

福田財務次官「おっぱい触っていい?」(音源)
  


Posted by 昭和24歳  at 16:44Comments(0)

2018年04月13日

【雑感】10年前と何一つ変わってない。

【雑感】10年前と何一つ変わってない。


諦念

「道理を悟って迷わない心。また、あきらめの気持ち。」

ならば、道理とはなんぞや???

「道理を悟って迷わない心」とはなんだ???

そして、諦めの気持ち(笑)。

そんなもんだと覚悟して「諦めろ」ということなのか。

>日本は、一般の人達、庶民のレベルの高さで今までやってきたと聞いてます。

その庶民のレベルが下がりつつあるようです。

経済の疲弊です。

リストラに合い夢中で仕事を探すひとたち。
政府の政策で派遣労働法の改定で、大手企業のほとんどが正規社員の採用を止めています。
市役所も、公務員削減を理由に「派遣」です(笑)。
給与は市職員の60%くらいでしょう。

庶民のレベルを落すのは簡単です。
貧困にさえすればそれだけで十分・・・・・
10年程前までの「好況」が言われた分その困窮感には酷いものがあります。

毎年所得が減り続けているのです。
企業倒産が理由だけではありません。
極まりのデフレで営業高そのものが減少し、売っても売っても対前年度落ちです。
当然粗利も減少、さらに社会保障費の増税の追い討ち。

政府はさらなる社会保障費の増税と、消費税増税を07年度に閣議決定しています。
国民、行き場がありません。

現実を報道しないメディア。
役所の記者発表だけの報道です・・・・・

「景気は、緩やかながら持ち直している」とか、
「デフレは底打ちした」とか、
「企業倒産は減少、失業率は持ち直し」とか・・・・・

全てが政府発表。

その裏で、大手ゼネコン「熊谷組」と「飛島組」の統合。
西武の上場廃止、ダイエーの閉店と、実態は惨澹たるものです。

このまま戦争に突入でしょう。
間違いありません・・・・・
自衛隊は軍隊として増派、米国の戦争事業にこのまま突進むでしょう。
既に、武器輸出三原則の緩和が閣議決定。

こうなると、「死の商人」だけではすみません。
国民も兵士として提供せざろう得なくなります。
三菱、東芝、日立、NEC、日産、古川、石播・・・・・・・
これらは全て戦前の国策会社、軍需産業です。

自動車も駄目、家電も駄目、建設も駄目・・・・・・
後は軍需産業しかありません。

3年間選挙がない。
北朝鮮拉致問題も、日本政府のスケジュールどおりではないでしょうか。
日本国民、世論の不満を煽り、中国が反日で国民を誘導するように、
日本政府は、半北朝鮮、と反韓国世論の煽動です。

在日韓国朝鮮人に参政権をはその典型です。
事実、在日の方々が「参政権」を本心望んでいるかといえば、ほとんど「NO」です。
世界的にも国籍条項に関わる問題ですから、帰化でもしない限りはありえません。

それもこれも、政府の煽動でしょう。
自民党議員は反対していますが、民主党と公明党は賛成です。

これの意味するところは・・・・・・
そんなことはどうでもいいということです。
国論を分断する意図がありありに見て取れます。

益々、不況感は増大するでしょう。
かつてのように、組合もありませんし、大企業事態に労組がないも同然です。

諦念。

そんなもんだと覚悟して「諦めろ」ということなのか。

それとも国民決起するか・・・・・・

【雑感】10年前と何一つ変わってない。
  


Posted by 昭和24歳  at 06:09Comments(0)

2018年04月12日

森友はゴミ、本丸は加計

森友はゴミ、本丸は加計


「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言
 学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。

 柳瀬氏は10日に「記憶の限りでは会っていない」とするコメントを出している。

 この出席者によると、15年4月2日に首相官邸で行われた面会には、県と今治市の職員、加計学園の職員らが参加。県職員が作成した記録文書の通り、柳瀬氏から「首相案件」との発言があったとし、「どういう意図でその言葉を使ったかは推し量りかねるが、(獣医学部新設に)前向きだと受け止めた」と語った。柳瀬氏が面会を認めていないことについては、「述べる立場にはない」と話すにとどめた。

<引用:4/12(木) 15:06配信 読売新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00050101-yom-pol

>柳瀬氏は10日に「記憶の限りでは会っていない」とするコメントを出している。

「記憶の限り」って、一体全体どういうことでしょうか?

つまり「忘れちゃいました」ってぇお話ですか・・・・・

そりゃあ無いでしょう、今治市職員は柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言してるんだから。

まあ、昨日の国会衆院予算委員会でも「入邸記録は破棄」したって、佐川ちゃんとおんなじこと言ってる(笑)。

しかし、アレです。森友を完全燃焼させて、加計は抜けがけ出来ると踏んだんでしょうか・・・・・

稚拙ですねぇやることなすこと、お里がしれますね、お里が。

森友は21億円パクらせて結局ヤバイ話になってきちゃってゴミがダンプ何千台分って、今時、子供だってそんな嘘つかない(笑)。

しかもそれを財務省、天下の財務省が仕込んだってぇんだから、口裏合わせ。

あの太田っていう佐川ちゃんの後任の理財局長「要すれば、要すれば」ってエリート中のエリートが支離滅裂。

せっかく財務事務次官候補だったってぇのに、これでダメだろうねぇ、ま、「太田が、太田理財局長が」答弁した通りですって麻生。

麻生、国会の答弁っていうか、チンピラだね「何か言った」とか「う~んっ」とかいって、今時いないヤクザみたい(笑)。

で、加計学園の方はよくある「補助金ビジネス」です。よくあるパターンのね、数百お「億円が動きましから5%でもかなりです。

まあ、元手いらずで大学立てて、もらった土地を担保に銀行から融資、森友もそうだったけど・・・・・

で、違うのは大学校舎建設、何から何まで身内で請け負っちゃう。で建設費用は設計段階の5掛け。

それだもん、少子化で大学がどんどん潰れていくっていうのに、グンマーでも4年生大学作る学校法人があったり。

そしたら、「農学部」を文科省に申請とかっていう学校法人、どことは言わないけど。

それにしても、アベちゃんの答弁、つじつまが合わなくなってきちゃいましたね。なんか、「離婚」でみそぎで解散総選挙とか。

まあ、確かに北朝鮮はミサイル飛ばしてくれないし、国難じゃあなくて「ボク難」です(笑)。

ま、安倍ちゃんにできたんだから人相悪いけど石破ちゃんにできないわけがない、岸田ちゃんだって、シンジローだって。

つまり、安倍ちゃんは初心者マークなのにリンカーンのリムジン運転できたんだから。

森友はゴミ、本丸は加計  


Posted by 昭和24歳  at 20:34Comments(0)

2018年04月12日

2008年04月12日(土)の投稿より

2008年04月12日の投稿より

で、アメリカはトランプですか?
日本はアベちゃん、ツンでsるけど(笑)。


“後期高齢者”
2008年04月12日(土)

「お金が天から降ってくるわけじゃあありませんから」

これ、桝添厚労大臣のセリフ。

「年金の掛金を直接持ってきて運営すれば、年金を払うのは先のことだから今のうち、どんどん使ってしまっても構わない。
…将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから、それまでの間にせっせと使ってしまえ」

これ、厚生年金制度生みの親といわれた戦前のたしか年金保険局長“花澤武夫”氏のお言葉。
まあ、氏の本意は無茶苦茶に使っちまえということでもないだろうが、今日を見れば結果、そうなってしまっている。

僕のところにも“年金特別便”がきた。明けてみると平成8年以前の厚生年金の記録が全部消えている。
早速、年金手帳を持参して社会保険事務所へ・・・・・・
おそらく全職員を動員しての“年金特別便対策”なんだろうが、11時に受付、12時半に面談。
しかし、これだけでも年金特別会計から相当なカネを使っているんだろうなぁと思うとバカバカしくなってきた。
僕のように100%証拠を持っているのにデータが消えている(笑)。
僕を担当した職員も言葉もないといったような平身低頭。

「お金が天から降ってくるわけじゃあありませんから」

つまり、カネがないから75歳以上の高齢者の医療は制限した上、保険料を天引きする。
医療に金がかかるといったって、今現在の30兆円の60%は国民の保険料、窓口負担じゃあないのか。
これは先進国最低の国の負担。
しかも、医療、30兆円の30%が、水増し請求だという“医療詐欺”。

カネがないどころか、12兆円からが独法に支出されている。
国地方の公共事業費総額、ほぼ80兆円の10%~20%がこれまた水増し・・・・・

それだけインチキをやっていても予算が使い切れなくて毎年10兆円からが余剰金として、
特別会計に積み立てられていることが会計検査院からも公表されている。

何のことはない、「カネが天から降ってくる」のじゃあなくて、国民からせっせと吸い上げる。

天のために「地から湧いてくる」のだった。

使っても使っても使い切れない、それなのに戦後、この国の経済発展に尽くし、今日75歳を超えた国民に・・・・
本来なら医療費は無条件無料にするべきなのに、
医療費がかかる、さらに“後期高齢者”の保健医療を制限するといった非常の政策。

「お金が天から降ってくるわけじゃあありませんから」

といって、地から吸い上げようとする極悪非道な政治。

若い人たちも他人ごとではない。
市町村も財政難を理由に保育料、公立学校給食の値上げ、上下水道料金の値上げ、国民保険料の値上げ。
それでいて“道路”だけは政官財ぐるみで再採決までしてその“既得権益”を守ろうとする。

そこで、先の党首討論でも・・・・・・・

「官僚政治という悪弊を断つ!!」

と言い放った民主党代表小沢一郎。

いずれにしろそこに先鞭をつけるというなら民主党政権をまとうではないか!!

2008年04月12日の投稿より
  


Posted by 昭和24歳  at 15:49Comments(0)

2018年04月12日

【汚職】瑞穂の國記念小學院事件?

【汚職】瑞穂の國記念小學院事件?


森友ごみ積算、近畿財務局が増量依頼 航空局に数億円分
 森友学園への国有地売却問題で、地下のごみの量を見積もっていた2016年当時、近畿財務局が大阪航空局に積算量を増やすよう依頼した、と取引に関わった当事者が説明していることがわかった。撤去費が8億円ほどとなるよう持ちかける内容で、大阪航空局はいったん見積もった額から数億円ほど増額したという。取引の経緯を調べている大阪地検特捜部も同様の証言を得ている模様だ。

 関係者によると、近畿財務局の依頼は、値引き額を約8億円とすることが前提になっていたとみられる。ごみ撤去費の積算額をもとにすべき値引き額を、積算前に決めていたことになれば、国有地売却の妥当性が大きくゆらぐことになる。工事積算基準に基づいて適正に算定した、としてきた財務省と国土交通省の姿勢が厳しく問われそうだ。
.
<引用:4/12(木) 5:02配信 朝日新聞デジタル>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000009-asahi-soci

>工事積算基準に基づいて適正に算定した、としてきた財務省と国土交通省の姿勢が厳しく問われそうだ

籠池園長は最終的には200万円で約9億円の土地を手に入れたことになる・・・・・
はずだった。

ところで「瑞穂の國記念小學院」は約15億円とかなんだがその資金はどこから?

【汚職】瑞穂の國記念小學院事件?
  


Posted by 昭和24歳  at 09:30Comments(0)

2018年04月11日

【徒然】As Time Goes By

【徒然】As Time Goes By



心の美。

人の言葉・・・・・

外、一切ノ境界ニ於イテ心念起ラザルヲ名ヅケテ坐トナシ
内、自性ヲ見テ動ゼザルヲ名ヅケテ禅トナス

松原泰道師

土曜日のNHKに瀬戸内寂聴さんが出ていた。
御歳、83歳だとか。

今東光にその法名を頂いたのだと仰っていた。

忘れたが、師匠の御名前の一字を頂いてその法名を付けるとか。
もちろんその法名が“戒名”になるとも。

今東光師の法名は“春聴”であったとか。
その一字を頂いて“寂聴”と・・・・・

「“寂しい”は“静かに”という意味もある」
とか。

瀬戸内寂聴・・・・・・曰く、

「人は罪人(ツミビト)」

小説家瀬戸内晴美は夫を捨て、子供を捨て。
家庭を捨てと述懐する。

「私は罪人です・・・・・」と。

20代の始めに読んだ“松原泰道師”の“般若心経入門”。

美女美男も一皮剥けば“シャレコウベ”。

人の心の“美”とは何か。

今ではその文庫本、手元にはないが実に心に残る文があった。

その“シャレコウベ”もそのひとつでした。

“忙しい”も、そのひとつ・・・・・

「りっしん偏に亡き」

その“亡き”は死の意味。

“忙しい”は“心”を“亡くす”・・・・・

人を思いやることも忙しくてはできない。
自らを省みることもできない、優しくもできない、ただ怒ることだけ。

忙殺・・・・・

それぞれに、自ずと備えられるべくして備わるのが、それぞれの心。


物心ついて、友を知り、恋をして、子供をもうけ、育て、そしてやがて生涯を終える。

夫婦・・・・・

極めてあいまいな概念ではあるが、
思想、宗教に捉われる事をともかくとすれば、この国、
人は生まれて20年・・・・・・
そして平均寿命を全うするとすれば70代までの50年間、
全くの見ず知らずの“男女”が長い長い時間を伴にする。

そこの“男女”のかかわりこそが“宗教”なのではないかと思う。
釈迦は男子だが、観音様は女性・・・・・

そして概念としての結婚観はあるが、一夫一婦制があり、一夫多妻制が。
それが宗教観の概念なのかはわからないが、往々にして開発途上国、第三世界には多い。

しかし、女性と母親。そして男性と父親。

その“個”の生涯としてはたったの7、80年。
そこに展開する家族という社会・・・・・・

生れ落ちたその瞬間に“輪廻転生”にある。

「悪行を重ねると地獄に落ちるとか、生まれ変わるとき鬼畜動物に生まれると」

瀬戸内寂聴さんは仰っていた・・・・・

「そんなことはない、地獄なんてない。
人は人になるんです。生まれ変わっても。だから・・・・・」と。

後悔すればいい、反省すればいい。
やり直せばいい、何度でも何度でもやり直せばいい。

人の心配をする前に、己の心配をしなさい。

己の心配が、ひいては人の心配につながる。

そこに憎しみは生まれない。

心の美・・・・・・

【徒然】As Time Goes By

  


Posted by 昭和24歳  at 13:12Comments(0)

2018年04月10日

昭和24歳「出生の秘密」。

昭和24歳「出生の秘密」。

誰が見ても「似てねぇなぁ」。
その言葉にいつもいわれのない不安を感じていた。


最近、目の中に入れても痛くないほど可愛かった末娘が、カミさんと一緒になって僕に意見する(笑)。

僕の出生の秘密。って言うほどでもないけど、母32歳。僕5歳。

七五三の記念写真です。

誰が見ても「似てねぇなぁ」。
その言葉にいつもいわれのない不安を感じていた。

母は僕を溺愛した。と同時に理由もなく僕をなじったり、叩いたりといった行為をした。理由は分からなかった。
あとでわかるのだが母には母の葛藤があったようだ。

写真に写る母は、実父の妹、大正10年生まれ。つまり養母。
実母は僕を生むと脊椎カリエスでその後10年床に臥した。
自分の病状を知りつつもどうしても僕を手放したくなかった実母。
昭和24年の話です。実母の病状が回復する見込みはなかったらしい。

「大岡裁き」ですね。

実母は僕を何処かへやるんなら死ぬと言ったそうです。
でも死ぬ力さえなかった実母。

僕が生家を離れるとき、その僕を抱きしめてなかなか離さなかったそうです。

「病気が移るから」

との実父の一言に泣きじゃくりながら僕を手放した実母。
きっと生後三ヶ月の僕の産着はその実母の涙で濡れてぐしゃぐしゃになっていたでしょう。

そして僕は子供のできなかった実父の妹夫婦のもとへ養子に出された。

「おばちゃん、病気だからそばに行くんじゃないよ」

それが養父母のいつもの言葉だった。農業と、村唯一の万屋を営んでいた生家。
奥座敷の暗いところに実母は寝かされていた・・・
子供だった僕はそんな実母の眠る暗い部屋を覗きに行こうとすると、養母が鬼の形相で僕の手を引っ張り引きずる。怖かった、いつものい母ちゃんじゃあない。

そう感じてか、それ以来僕は実母の寝る部屋を気に止めることもなかった。

奇跡的にも実母は回復した。その時祖父母は亡くなっていて実母は家事も普通にできるようになっていた。

時期はいつごろだったかわからないが養父が僕を連れて、そうだ梅もぎの時期だった、その手伝いで生家に来ていた。

僕が姉と近所ヘ遊びに行って帰ると、実母の泣き叫ぶ声と養父の怒声が。

「自分のお腹を痛めた子供を可愛がってどこが悪いの」

「約束が違うじゃねぇか」

そこから僕は殻に綴込み始めた。

そして小学校4年の梅の時期に市立女子高に通う姉が僕にギターをくれた。

音楽との出会いの始まり。

何もかも忘れようと夢中になってそのギターをかき鳴らした・・・・・

昭和24歳「出生の秘密」。
  


Posted by 昭和24歳  at 21:12Comments(0)

2018年04月10日

>部落も大阪じゃ同じ、今も。

>部落も大阪じゃ同じ、今も。

結局はその発祥は現代で言えば「ネットカフェ難民」とかじゃあないのかなぁ。
例えば戦国時代は領地に住む農民は兵士として参戦した。そこで生活するために。
一方、事情で土地もない、今で言うなら住所不定無職は戦の度に敗戦兵士の身ぐるみをはぎ、お金にする。夥しい遺体を処理して戦勝領主から賂を。

ここ高崎にも江戸時代からの刑場があった。火葬場もあった。
そこに従事したのはそういう人たちで、必然、その周辺に居住する・・・
ま、江戸時代以前は太平の時代でも日本の人口は2千万人そこそこ。
でも、ある意味ちゃんと法律があって政府が機能していたのは世界では稀有。
首都、江戸元禄の人口が世界でもトップクラスで「100万人都市」。

つまり全国諸藩。都市が形成されるにつれ、士農工商町人という階層に人生の後始末をする職業の階層が生まれる。

いつの時代も運の悪い、間の悪い人間はいるもんで、ただそこに生まれたっていうだけですから本人のせいじゃあない。
そしたら、麻生ちゃんの祖先の大久保利通だって食うや食わずの下級武士でたまたま時代が時代で運が良くて大久保卿になっちゃって、本人は間が悪くて麹町で切り刻まれちゃった。
伊藤博文だって武士じゃあなかったし、気がついたら周りに誰もいなくて初代総理大臣と運が良かったけど間が悪くハルピンで「何者かに」暗殺された。

僕の実家のそばにもそうい部落があった。必要不可欠。

農耕馬、牛の遺体処理。死者の墓掘り。農業で不要になる糞尿の処理等々、現代社会でもなくてはならない存在です。
火葬場に従事する人、清掃工場で働く人。僕らの子供の頃はリアカーに桶を何個も積んで町内一軒一軒汲み取りを生業にしていた人。

>「四民平等」にしたその時から、差別はもっと意識されたのではなかったか。

ま、平民にはそんな時間的余裕はなかったんじゃあないだろうか、差別している時間。
自分たちが生活していくだけで精一杯。
ましてや、電気もなければガスもない時代ですから、ほとんど情報交換はない。噂話だけ。そこは棲み分けていたはず。

国民性の違いだろうけど、アメリカの銃社会の根底に有るのは「差別」。
弱者が強者から身を護るには拳銃しかない。
強姦されそうになった女性が身を護るには拳銃しかない。法律は無力。

差別を形成したのは「統治者」です。
  


Posted by 昭和24歳  at 09:41Comments(0)

2018年04月09日

アベ一強翼賛政治の逝くへは?

アベ一強翼賛政治の逝くへは?

欲しがりません勝つまでは!!

この国の国民環境は戦前回帰している。

ただ“軍国主義”が隠されているだけで、他の社会体制は戦前のそれだ。

勝組、負け組とメディアは囃すが・・・・・
実際の国民生活は“戦前”のそれになっている。

政治はいうまでもなくオール与党体制ではないか、翼賛政治。
自民、民主はその低レベルの政治力学的な、利権分捕り合戦の末の、自民別働隊、闇将軍旧田中派って言うところだろう。

そうした中の公明も、共産も、社民も絶対数での限界。
国民を代表する政党、政治家はどこにも見えない。
もちろんそうした「選挙システム」をこしらえたのが、自民、民主の親世代。
端から国民に選ぶ権利、“選挙権”などはないに等しい。

思想労組の解体に成功した自民、民主・・・・・・
残るはその「思想信条政党」への飴と鞭でどうにでもなる。
もっとも共産党などは今時革命でも起そうとしない限り、屁のツッパリにもならない・・・・・
机上空論政党、学問政党でしかないし。
多くの国民はその存在すら忘れている・・・・・

“赤旗”の売上でのシノギで、幹部、官僚党員だけが未だ“共産主義ごっこ”に明け暮れている。

今の日本共産党の存在は・・・・・
創価学会公明党のためにあるようなもので、
その両雄の新聞ガミはまるで「どつき漫才」の様。

そうした中・・・・・

英語を読めない喋れない日本人、日本語を全く読めない喋れないアメリカ人をいいことに、
国費で留学した官僚が・・・・・・

80の爺様に聞いたら、日本憲法より各上の占領軍政令201号で公務員争議権、団体交渉権を昭和23年に取り上げられている、

そうした英文署を情報公開しない。
昭和30年代からの文部省の国公立教職員への「勤務評定法」はあのアジテーション、

「キンピョー反対!!」

を真似てよく教師に叱られた。

国労、動労の思想労組のストライキはそもそもそのストライキ権が公務員には認められてないための、

“遵法闘争”

のろのろ機関車運転に、デモ・・・・・
いっそのことストはできないのだから、

乗車料金無料闘争でもやっていたら国民の支持は得られたかも知れない(笑)。
もっとも連中の頭には“国民”はない・・・・・・
あるのは、思想信条の“利己主義”の主張で、
実は本人達も、一体なにをやっているかは分かっていなかったのではないか。

国労、動労の幹部が、自民党の最高実力者と料亭争議・・・・・
その仲買が、社会党幹部。その構図は露見してしまった。

置き捨てられた国民がは連帯”すべき時ではないの。

“UNION JAPAN”

派遣労働者は戦前のそれ。
身分保障は何もない。
全て、“自己責任”

契約請負が原則だから、社会保険などはもちろんない。
果たしてそのような形態の“労働環境”がこの国民の“家計”、ひいては国民経済を支えられるのか・・・・・

いっそ、米国の一州となり・・・・・
人口規模から言ったら最大の州となる。
米国人口の半分、それでいて有権者は米国全州のその数をも凌ぐ。

日本系、合衆国大統領が誕生するかも知れない(笑)。
早い話、国民生活、安全と自由がそこそこに保障されれば文句はない。

アメリカさん、たのんまっせ!

一機にドル高!!

旧日本人の資産はドル換算で3倍くらいになるかも知れない。
そしたら、合衆国に忠誠を誓って納税し、正々堂々と権利を主張すればいい

アベ一強翼賛政治の逝くへは?

  


Posted by 昭和24歳  at 17:50Comments(0)

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ