2010年05月28日

横丁というシキタリ

横丁というシキタリ

横丁というシキタリ

そういえば、僕の横丁にもこんな趣の飲み屋が2軒あった。
「めがね」と「大塚」だったろうか ???
その「めがね」はなんと、保育所の入り口に(笑)。

戦後も10年、15年の話である、その騒々しさといったらなかった。
あんな大人にはなるまいと思っていたが・・・・・





“地域社会”だなんていうと大袈裟だが・・・・・・

僕が子どもの頃のご近所、“横丁”にはその地域社会というか、

“子ども社会”がはっきりとあった。

それは学校とは全く関係のない“子ども”だけの秩序というか“掟”というか・・・・・・

そういった不文律の約束された社会があった。

僕らのガキ大将は“としおちゃん”

米屋の次男坊でそのガキ大将のとしおちゃんでも頭の上がらないのが、

兄貴で、2つ年上の“ゆきおちゃん”。

で、そのとしおちゃんでもどうにも手におえなかったのがきかん坊で腕白の、

弟の“よしおちゃん”。

そして双子の妹もいた。

そんなガキ大将の“としおちゃん”を中心に7人ほどの悪ガキグループが、

僕の地域、横丁にはあった。

後々知るところだが・・・・・・

そのとしおちゃん学校では体格もそれほど勝れているわけではなくどうやら目立たない存在だったとか。

しかし地域、横丁でのとしおちゃんの存在はいわゆる“親分”である。

相撲は強い、喧嘩も他所の横丁の悪ガキとも突貫小僧よろしく先頭を切って戦った。

そんなとしおちゃんの子分、配下には僕をはじめに、“もっちゃん”ともっちゃんの弟の“ノリちゃん”。

で、もっちゃんちのお父さんとお母さんは満洲帰り・・・・・・・

その頃もっちゃんのお父さんは蒸発してしまっていて“母子家庭”だった。

そして最近訃報を聞いたがとても野球の上手な“しゅうちゃん”と弟の“てっちゃん”と“まさみちゃん”。

お父さんは僕の親爺と同じポッポ屋で、なんでも組合活動に奔走していて、

横丁では“アカ”と評判だった。

それに、としおちゃんの家の前の鶏屋の“セーちゃん”と弟の“まもるちゃん”。

そうそう、そのとしおちゃんの兄貴分の鍛冶屋の“ひろしちゃん。

ひろしちゃんは横丁の”先代のガキ大将だった。

まだまだいた・・・・・・

高いところに登るのが大好きだった越沢の“じゅんちゃんとか、

山田の“マーちゃん”、”田端の“マーちゃん”、鈴木の“マーちゃん”、塚越の“マーちゃん”、尾崎の“マーちゃん”と、

とにかく“マーちゃん”だらけの横丁だった。

ミシン屋の“ひろしちゃん”、関根の“ケンチャン”、湯浅の“一郎ちゃん”夜泣きそばの“もりや”、額田の“たっちゃん”、

箪笥屋の“あきおちゃん”、樋口の“ケンチャン”、長井の“あきらちゃん”、山盛の“としおちゃん”・・・・・

全部でほぼ同い年が20人からいた。

そんな具合だから、まず、学校の同級生と遊ぶことはなかった。

ビー球、メンコ、ベーゴマ、相撲、かくれんぼう・・・・・・・

とにかく遊ぶことには欠く事はなかった。

兄弟のいなかった僕だったが、学校でのつまらないことなんかはそんな横丁の喧騒に何もかも忘れ思い切り遊びまくった。

時には喧嘩をし、そんなときはそのガキ大将の“としおちゃん”が仲裁に、

そしてあるときはそんなとしおちゃんに食って掛かって殴られて・・・・・

たしかに学校ではイジメもあったし、喧嘩をしたりとか嫌なこともあった。

まあ、やはり学校というところはひとつの「比較社会」。

良くも悪くも、いわゆる“デキル”という部分での競争社会の側面・・・・・・・

それでもそんな一人一人の同級生が家に帰れば夫々に“横丁”があった。

不文律の“子ども”の“子ども”による“子どもの”ための地域社会が厳然と存在していた。

今はそんな横丁がない。

子ども社会がない。

大人になるための準備のための社会がない・・・・・・

過日、『昭和35年度卒業高崎市立東小学校第3回同窓会』があった。

「これだけ人数がいても俺たちの中から市議、県議とかって誰もいねぇねぁ」

誰かがそんなことを言い出した・・・・・

よく見ると同窓会の面々、いずれも違わぬ横丁の悪ガキの趣(笑)。

もちろんそうでないそれなりの良家の子女もいないわけではなかったが・・・・・・

子ども社会という貴重な体験をしてきた戦後っ子。

どうやら、生きるうえでの知恵が自然にはぐくまれてきたようだ。

そしてそれはけして後付けの悪知恵ではない。

「だって、おめぇ、選挙に出てペコペコ頭下げて、作り笑いして、
皆さんのために頑張りますとか、腹にもないことを言って・・・・・そんなことできるわけねえだろぅ?」

そう言われてみると政治の社会は“学校”のようなもの・・・・・・

競走社会、ある種それは戦場だ。

けして横丁ではない。

参議院選挙とか喧しいけど・・・・・

学校だけで、成績の優劣だけで、点数だけで“情”を一切排除した社会育ちの、

ソンな面々が「国民のため」とかであるから片腹痛い。

まあ、今日では、学校での部活がその横丁の役割を果たしてきている・・・・・・

部活を通して先輩後輩、そんな社会で生きる術を知る。

まさか、政治に部活があるわけじゃあないどろうが、

いや、あるかも知れない「裏国対」とか「お座敷政治」でのガキ大将とか(笑)。

健全な子ども社会が将来の明るい社会づくりに・・・・・・

まあ、健全とは言ってもいろんな意味でのそれだが、

少子化の昨今、学業の競争社会でははたしてこの国は立ち上がれるのか。

鳩山さんも横丁は知りませんね・・・・・・

僕より2級上、弟は同い年。

もっとも音羽の御殿に横丁なんぞあろうはずもないだろうが(笑)。



Posted by 昭和24歳  at 17:46 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
横丁というシキタリ
    コメント(0)