2010年05月20日

もう一つのアメリカ、日本

もう一つのアメリカ、日本



「国家とはすべて戦争、征服、犯罪の中から生まれたものだが、ふつうははるかな過去の暗闇がそれを隠している」。ところが、アメリカ合衆国は「皎々たる歴史記録の光のもとで」生まれた。自由を求めて新大陸に渡った入植者たちが、先住民の土地を奪い、「奴隷化した人々の汗と涙」で自給自足を確立し、祖国との血塗られた戦争で「自由と平等」の国家をつくった事実は、隠すべくもなく後世の史家の目にさらされている。だから、誰もがその汚点を非難することができる。著者のポール・ジョンソンはアメリカという国家の成り立ちをこのように特徴づける。確かに、日本の淵源は古代の彼方で渾沌としている。しかし、ジョンソンの「アメリカという国家」は、かなり明瞭に司馬遼太郎の『「明治」という国家』をイメージさせるのである。






米国駐日大使館がホームページに公開する・・・・・・・

日本政府への“年次改革要望書

今日までの改革が、
敗戦時の“GHQ”による大日本帝国“改造”の延長線上にこれがあるのかどうかは“眉唾”だ。

米国大使館のホームページに“情報公開”される“年次改革要望書”。

郵政民営化反対派政治家がこれ見よがしにテレビで言う、
あたかもそれが“機密情報”でもあるかのように・・・・・・
(ネバダリポートも似たか寄ったかだが)

なんのことはない完全なる“財閥”の復活のための情報操作。
敗戦、解体60年後にいよいよ“それ”の完全復活なのか・・・・・・

それの象徴に、あの西武帝国“帝王”の逮捕である(と思う)。
実に意味深ではないか・・・・・・
かくして米連合軍に接収された旧財閥の資産、土地。
戦後新興財閥に二束三文で盗まれるようにして買い取られたそれら。

今や、小佐野の国際興行も危ない。
そして西武がご案内のとおりだ・・・・・
戦後新興財閥は尽く“破産”に追い込まれ、
国家がその旧財閥の代理人となって“法律”を改正してでもその権力と財産を“奪還”しようとしている。

「それを、アメリカに言わせて」


明治維新以来・・・・・・
大日本帝国、天皇を中心とした“神国”はそんな軟ではないのでは(笑)。
確かに“敗戦”はしたが・・・・・

もっとも、その大日本帝国天皇を中心とした“神国”。
その本当の“主”はまさに“闇将軍”で、
天皇を盾にこの“神国”の上座に位置する旧財閥そのものではないのか。

考えてみれば“アメ公”ごときにしてやられる玉ではないだろう。
戦国の時代からヤクザ集団“武家階層”を手玉に焼太りを繰り返してきたその集団。
歴史的に見れば、欧州の何とか、

“ロス”だか“チャイルド”だか・・・・・

それらの盗賊集団と互角ではないのか。

そいつらが下層民に殺し合いを仕組み、世界中から金銀財宝を泥棒し続ける。
そして火の無いところに煙を立てては殺戮合戦をさせながら“懺悔”を繰り返す。

大日本帝国・・・・・・

こことて同じ、政治家なんて、
“アメ公”の手先なんかじゃあないのじゃあないか(笑)。
ニッポンの“闇将軍”のパシリだろう。

米帝の闇の帝王。

誰が好き好んで政治家、道化師の真似なんかするものか・・・・・

日本だって、政治の世界が“闇将軍”だった時には財界も政治家(藤井丙午)を送り出すが、
その闇将軍を失脚させるや、財界、経団連は完全なパトロンに徹し、政治をコントロール。

旧国鉄、旧電々、旧専売・・・・・・・
全てが戦前、戦争に負ける前は旧財閥の持ちモン。
電気、ガス等々、エネルギーから金融まで全てが旧財閥、個人個人の所有物。
そいつらが資産財産の拡大拡張を狙って“起こさせた”のが、
日中戦争であり、満洲建国であり、大東亜戦争であり・・・・・
ではなかったか。

60年目にして復活。

大都市と言う大都市のバブルで二束三文となった土地はただ同然で元の持ち主の手に納まったと言うことか。
西武のプリンスも、ダイエーも・・・・・
この間のバブル、金融機関破綻もそれら負債を公的資金(税金)で贖わせ、
全ての資産を、旧財閥は再取得したのではないか。

その“年次改革要望書”も・・・・・
その方便だろう。

なぜなら、恰もそれを隠すフリをして、
ご丁寧に日本語訳までつけて米国大使館のホームページに掲載する。
まさに日本国政府の無能振りを国民に知らせているようなものではあるが、
それを“旧敵国”にやらせてこの国・・・・・

いや、知らせているのだろうこの国の主。

大日本敵国の復活を。

もう一つのアメリカ、日本  


Posted by 昭和24歳  at 19:54Comments(3)

2010年05月20日

運転免許利権 !!???

運転免許利権 !!???



必殺仕分け人、民主党"蓮舫議員" !!





事業仕分け 教本32億円…運転免許利権にメス
5月20日13時13分配信 産経新聞

 公益法人などを対象にした政府の「事業仕分け第2弾」後半戦が始まった20日、財団法人「全日本交通安全協会」が実施している運転免許更新時講習の“利権”が取り上げられた。講習の資料は毎年約1500万人のドライバーが利用する協会の準独占事業。仕分け人側は「協会の独占を廃して、講習料を引き下げることができるはずだ」と指摘している。

 安全協会には平成20年度まで、国から毎年約1千万円の補助金が支出されていた。常勤役員5人のすべてが、元官僚。常勤職員29人のうち3人も警察庁からの天下りだ。

 運転免許を更新する際に講習を受けることは法律で義務づけられている。講習時間は、5年間違反行為のない優良運転者は30分、一般運転者は1時間。講習手数料は700円から1700円で、別途更新手数料を2550円払わなければならない。

 講習時に毎回資料が配られるが、平成20年度はすべての都道府県で、安全協会の教本を使用。納入冊数は年約1400万部に上る。



道路利権を事業仕分・・・・・・

まあ、運転免許利権なて警察の木っ端役人の浅知恵です(笑)。


道路利権の解体  (2008/03/01)

道路特定財源の問題を自分なりに整理すると、民主党の主張が道路整備について全く新しい仕組みを作ることだとよく理解できました。

現状と改革案を数字で説明すると、国税は揮発油税・石油ガス税・自動車重量税で、本則1兆3190億円+暫定1兆3750億円の合計2兆6940億円です。一方、地方税は軽油引取税・自動車取得税・石油ガス税・地方道路譲与税・自動車重量譲与税で、本則1兆2340億円+暫定9700億円の合計2兆2040億円です。

一般財源化し暫定税率を廃止することで国の取り分は1兆3190億円だけになります。一方、地方は9700億円の減収ですが、国直轄事業の地方負担金を廃止すれば1兆円の予算が自由に使えることになります。地方道路整備交付金の7100億円は引き続き保障し、国からの補助金も同水準を保障すると、これまで通りの約7.3兆円の財政規模となります。

これを全て道路整備に使うかどうかは住民が優先順位をつけて決定することになります。逆に国は地方への補助金などを差し引くと、独自に使える総額は3~4000億円に過ぎず、道路整備の権限と主体は地方に移ることになります。

民主党の改革案は国民には2兆6千億円の減税と物価値上げラッシュの抑制をもたらし、あわせて、地方分権の推進と国土交通省・道路族議員の「道路利権」の解体を意味するのです。

<民主党衆議院議員 いなみ哲男のHP抜粋引用>


まあ、↑のHP記事は2008年ですから民主党野党時代のものです・・・・・・・

で、政権与党になっちゃったら道路特定財源のための「暫定税率」は必要っていうことで、

ガソリン税はそのままです(笑)。

自動車重量税の部分も「暫定」なんですね。

まあ、利権の温床であることは間違いありません、道路特定財源。

で、コチラは国交省という巨大官庁の利権です。

まっ、日本は税金が安いとかナントカ言ってますけど、ご案内のように・・・・・・

公共料金的なものに全て莫大な税金が徴収されています。

ソレが、「特別会計」という、国会審議されることのないもう一つの帳簿、176兆4千億円。
つまり、そのための歳入176兆4千億円は姿の見えない「税金」です(笑)。

まあ、国民年金も厚生年金も、雇用保険も、健康保険も立派な税金です・・・・・・・

電気料金も、上下水道料金も、自賠責保険もです。

まっ、コレまで自民党政権下それらが白日にさらされることはありませんでした。

それらの一部が「グリーンピア」問題でアリ、社会保険庁解体問題であったわけです。

まあ、行政刷新委員会の「事業仕分」もやっと、その1丁目の緒についたところです・・・・・・

運転免許利権 !!???

  


Posted by 昭和24歳  at 18:28Comments(4)

2010年05月20日

世論工作という世論調査

世論工作という世論調査



まあ、いつしか、日本と同じアメリカの傀儡国家です・・・・・
アメリカの飯のタネ(笑)。
生かさず殺さずでしょうか、イラクのフセインは殺しrちゃいましたけど。

口が軽かったから・・・・・・

多分ね(笑)。



北朝鮮声明「制裁なら全面戦争含む強硬措置」
5月20日12時51分配信 読売新聞

 【ソウル=竹腰雅彦】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の国防委員会報道官は20日、声明を発表し、韓国海軍哨戒艦沈没の調査結果について、「政治、軍事目的の捏造(ねつぞう)劇だ」と批判。

 制裁が行われた場合、「即時に全面戦争を含む各種の強硬措置で応じる」と警告した。また、「物証を提示すべきだ」と主張し、国防委員会の調査団を韓国に派遣する意向を明らかにした。

最終更新:5月20日12時51分





で、世論工作っていやあコレです↓

<通りすがりの薬剤師 さんのコメント>不同意堕胎・・・・・
事実であれば鬼畜ですが・・・ 

薬に無知な素人ならともかく、 
医療関係者が、妊娠初期に無防備に薬を飲むとは思えません。

 また、
 看護師が、点滴で「元気になる」などど信じる訳がありません。 

 無知なマスコミが“ピントはずれ”な報道をしているのか、
 それとも何か裏が・・・

まあ、仰るとおりです↓(笑)。

>医療関係者が、妊娠初期に無防備に薬を飲むとは思えません。


>また、
 看護師が、点滴で「元気になる」などど信じる訳がありません。


で、口蹄疫ですけど・・・・・・

コレも降ってわいたような災難・・・・・・・

いったいどうしたというのでしょう。

まあ、火元が韓国だとか中国だとかのお話ですけど・・・・・・

まあ、これで「得する」誰かがいるっていうことです。

一般国民は、素人ですから、まっ、犠牲者で、酪農業者も悲惨です。

つまり、行政はな~んにも困りません。っていうか、この時とばかり張り切っちゃいます(嗤)。

まあ、世襲の赤松農水相も「おカネで解決」ですし・・・・・・

だいいち、ヒガシコクバルが笑えます。こういうとき、キレちゃあイケません、キレちゃあ。

しかし、鳩山民主党、内憂外患です。

普天間、沖縄問題にしたって、ハッキリ言ってなにを今さらです・・・・・・

大かた、1兆円から出してグアム移転が決まっている話。

今日明日の話でシロクロつけろって、それはつい昨日までの自民党の所業。

「政権交代」じゃあなかったんですか ???

つまり、未だアメリカの傀儡なわけ !!???

まあ、戦勝国じゃあないけど、韓国の方が、ハッキリしている・・・・・・

ノ・ムヒョン前大統領自殺しちゃったモノ。

ソレと比べると、前官房長官が官房機密費持ち逃げしようと、かんぽの宿でムチャクチャやられようと、

一切、お咎めなしですから・・・・・・

それどころか、アノ自民党から、「政治とカネ」を言われちゃってるって、

今世紀最大のブラックジョークですから。

まあ、こうやって、ニュース垂れ流して、世論工作っていうか情報操作です(笑)。

ホントなら、新政権が旧政権をその警察、検察権力を縦横無尽に発揮して叩くのに・・・・・・

実際に起きてることはその真逆(笑)。

つまり最高権力者は、他所にいるっていうことです。
  


Posted by 昭和24歳  at 14:57Comments(2)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ