2018年11月15日

改名しました「片山うそつき」(笑)

改名しました「片山うそつき」(笑)


片山大臣にさらなる疑惑 暴力団との“密接交際者”から事務所無償提供、秘書給与肩代わり
“国税への口利き”疑惑、収支報告書の記載漏れなどが取り沙汰される片山さつき地方創生大臣(59)に、新たな問題が。ヤクザと組み産廃処理場を乗っ取った人物を後援会会長に据え、その会長から事務所の無償提供を受け、秘書給与を肩代わりしてもらう“ヤミ献金”を受けていた疑いがあるのだ。

引用:政治週刊新潮 2018年11月22日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11141700/

次から次へと。バレたら訂正。
元大蔵省主計局主計官。といえば・・・
福田淳一財務省前事務次官、佐川宣寿前国税庁長官とか。
立派に嘘をつき通しましたね。




四国を「あそこは離れ小島ですから」って言ったそばから、
「そんなこと言ってませんよ、離れてますって」


コレって、認知症かも知れませんね。
言ったそばから言ったことを言ってないって言うの(笑)。

改名しました「片山うそつき」(笑)

  


Posted by 昭和24歳  at 11:50Comments(0)

2018年11月15日

嗚呼、華やかりし日々「県都前橋」

嗚呼、華やかりし日々「県都前橋」

自転車がいっぱいだけど・・・
つまり、自転車で来れる距離感に住宅です。


中心街再開発「待った」市に協議の場 要望 前橋商工会議所
 群馬県前橋市中心市街地の再開発計画で、前橋商工会議所の曽我孝之会頭は13日、経済界や街づくり関係者らとの協議の場を設け、再開発の方向性を改めて検討するよう求める要望書を、山本龍市長に提出した。8日に始まった委託事業者の公募についても「時期尚早」として抜本的な見直しを求めた。山本市長は協議の場を設ける方針を伝えた。

 地元経済界が再開発の手法を巡り、待ったをかけた形だ。市は地権者として参画する準備組合の事務局を務めており、曽我会頭が市役所を訪れ、山本市長に要望書を手渡した。

<引用:2018/11/14 上毛新聞>
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/92385

>8日に始まった委託事業者の公募についても「時期尚早」として抜本的な見直しを求めた。

「委託業者」ってどうなんだろ、って話です。
高崎もアレだけど、街中の再開発って地権者がアレで身動き取れないんじゃあないの。
地上げの時代じゃあないし、右肩下がりだし、とくに地方都市の場合。


昭和40年代、前橋は芸術の街、文化情報の発信地だった。

県庁とともに日銀を始め国の出先機関が集積し、高度経済成長相まって空襲で焼け野原となった街は生まれ変わった。

そう、昭和39年に高崎の藤五デパートができた頃「前三百貨店」が開業。

藤五と前三だが、さすが県都前橋県庁からその前三あたりまでは国の出先機関の官舎だろうか、そうした層からして前三は豪華に見えた。

昭和42年、僕らはエレキバンドで前橋に進出した。とは言っても高崎のバンドは野暮ったかった(笑)。

あそこは千代田町だろうか、たしかアカギ信用金庫だったかの3階に「アカギ会館」という、今で言えば「ライブハウス」・・・・・

ステージがあって、客席が50席ほどだったろうか、それまでのエレキバンドといえば相場が湿気ったダンスホールだったから演奏にも気合が入った。

ま、前橋は高崎と比べたら大都会で高崎から来たバンドはかなり田舎臭かったようだった。

もちろん、そうした音楽文化の中心は前橋、伊勢崎、桐生といったところが先行していて僕ら高崎のカッペバンドは大いに衝撃を受けた。

ファッションもそうで、当時流行りだった「JUN」とか「VAN」は前橋中央駅界隈で盛っていた専門店で買っていた。

初めてGパンを買ったのも中央駅近くのジーンズショップだった。高崎にはそんな気の効いた専門店はなかった。

とにかく当時の前橋の街並みはお洒落だった。駅前のからの並木通り、県庁前通り、そして上電中央駅周辺と・・・・・

そう言えば、街中の「マック」も「ケンタッキー」も「モス」も前橋が最初だった。

あれは昭和47年ころだったろうか友人が県庁前通りに「表参道」という珈琲&ピザショップをオープンした。

まさにそこ、県庁前通り、官庁街は「表参道」の趣だった。

嗚呼、華やかりし日々「県都前橋」

  


Posted by 昭和24歳  at 04:36Comments(0)

2018年11月14日

「終活に遺す」

「終活に遺す」

加計学園の獣医学部新設問題を巡り、「総理の意向があった」と記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官、渾身の書き下ろし!


「面従腹背」。前川喜平元文科次官の講演が人気。

「前川喜平大いに語る」とか「教育と憲法」とか・・・

前川さん、高崎で講演してくれないかな。
妹の前で、義弟、中曽根弘文元外相の前で、甥の中曽根康隆衆議院議員の前で。
そう、義弟の父、中曽根康弘大勲位の前で。

思うんだが、前原喜平元文科次官の論は極めて明快で正論である。
教育問題はさる事ながら、憲法問題も、さらには加計学園事件についてもだ。

然しながら、お身内とは言えほぼ日本の政権中枢に在し、出自、家系も超一流。
まさに絵に描いたような超エリートの学閥か官僚のトップに上り詰め不本意ながら辞職もあったが「面従腹背」に失うものはなかったのではと。

その講演では「安倍晋三は大嘘つき」と声高にし拍手喝采を浴びる。

「訴えるなら訴えてみろ」とも言う(笑)。

そして自らの立場を「安倍と共に去る」と聴衆の笑いを誘う。

そして、「絶対に政治家にはなりませんから」とも。

それはそうと、どうして前川喜平氏の妹が中曽根家に嫁したんだろう?
まあ、前川製作所つながりなのかもしれない、中曽根弘文氏の妹は鹿島一族に嫁いでいる。
詳らかではないが、中曽根一族と前川一族はどこかで閨閥が。

まあ、前川喜平元文科次官のとおりの「アベカケ事件」ならば結末は見えている。

「読売新聞を読んでください」は安倍首相の迷言なんだが(笑)。
その昔は読売新聞といえば、正力松太郎、渡辺恒雄と「中曽根新聞」だった。

出会い系バー通いをリークした読売だが、中曽根一族を貶めたことにならないか?

それはどうでもいいが、自民党からでもいいから前川喜平・・・
出馬してこそ本物の「面従腹背」為るではないか。

「終活に遺す」
  


Posted by 昭和24歳  at 13:11Comments(0)

2018年11月14日

団塊世代「最後の審判」(再掲)

団塊世代「最後の審判」

僕ら団塊は「戦争を知らない子どもたち」のまま終わるのか?
米国の団塊は最後の徴兵世代でベトナム戦争で生死をかけた。
中国では紅衛兵がその世代だ・・・


その意味では日本の「団塊」は幸せだったのかもしれない。
60年安保にしろ70年安保にしろベトナム反戦にしろそれは麻疹のように反体制を吠えるだけだった。
そして昭和50年頃を境にまるで何事もなかったように時代は経済至上主義に浮かれた。

それからほぼ半世紀が今日のこの国の様態、政官財は世襲が支配し、成り上がりの出る杭は打たれる。

田中角栄の時代もそうだったが、田中角栄は・・・・・
ひと握りの明治維新閥のエスタブリッシュメントが支配する政官財にクサビを打ち込んだ。
それが今太閤、コンピュータ付きブルドーザーともてはやされ登りつめた瞬間梯子を外された。
その明治維新閥の薩長同盟は太平洋戦争(大東亜戦争)の敗戦で王政復古の夢が打ち砕かれ皇統派の思想は朽ちた。

今おきている「森友学園」がそれを象徴し、そして憲法改正問題もその一環だ。
あの皇統派思想からなる籠池理事長が運営する「塚本幼稚園」。そこに目をつけたのが現政権の明治維新閥。

籠池理事長からしてみれば、起死回生のひと芝居をうった。首相のご威光を借り、首相夫人を名誉校長にと「瑞穂の國記念小學院」の夢。
残念ながらやることなすことが無茶苦茶だった。それにつけてもなんで時の政権があそこまで入れ込んだのか?
そして鉄壁の財務省がなぜ決済文書まで改竄してまで、いったい誰を守ろうとしたのか。

いや、守ろうとしたのではない、貶めようとしたのだろう・・・・・

その構図は「田中角栄首相」を失脚させた「ロッキード疑獄」と、その内容は異なるが政官の質は同一だ。

要すれば、政治なんて官の道具でしかない。ましてや100兆円からの国家予算の配分権を持つ旧大蔵、現財務省では走狗でしかない。
つまり、官邸はその国家権力を執権する官僚、高級官僚の中のトップクラスが内閣総理大臣を監視している。
政策の要諦は「財務」「法務」そして「警察」が管理監督する、邪魔だと見れば「事件」を仕込み失脚させる、今回もその流れだ。

「外交の安倍」とかだが、外務大臣の経験があるわけじゃあない、閣僚経験は副官房長官と官房長官だけで実務はゼロ。
世襲三代目はそうした役人の敷いたレールの上を歩かされてるだけでしかない。すべての外交はそうした外務官僚が決定する。
小泉政権以降の内閣総理大臣は五人囃子の笛太鼓で上手く踊らなければならない。

それにしてもこの5年間の安倍政権とはなんだったのか。実に空疎だ・・・・・

消費税増税、5~8%へ。そしてデフレ脱却もならぬままに10%にと選挙公約ですと。

まさにそこにあるのは政官財の癒着というか企み。消費税増税分がそっくり法人税減税、高額所得者減税に振り返られている。
国民、4人に一人が非正規、5人に一人が年収200万円以下の貧困層というこの日本社会の現実を、ホントに知らないのかもしれない首相。
いや、自分の周りのごくひと握りの集団しか知らなければ、ホントに知らないのかもしれない。

そして、そんな極ひと握りの官僚を中心とした権力者のほとんどが日本経済高度経済成長期にそこに生まれた子どもたちだ。
止むなきことかも知れないが、その右肩上がりの中に育った子どもたちに創意工夫はない、あるのはズルさだけ。

財政難を言いながら税金をお友達にバラまく。それもけして豊かではない庶民から「広く薄く」巻き上げたお金。

団塊世代「最後の審判」

来年は地方統一選挙、参議院選挙、いや、今年、近々またもや「モリカケ解散」で総選挙があるかもと・・・・・

つまり、団塊世代の僕らにとっては最後の「最後の審判」になるのかも知れない。

そこで「最後の審判」されるのは政治家なのか、それとも「僕ら」なのか?

ま、他人のことは言えないけど、顔だけ年を取っても頭ん中は子どものまんまだから「最後の審判」されるかも。

だったらいっそのこと「最後の審判」下しませんか。顔だけ年寄りで頭ん中子どものまんまの総理大臣と副総理大臣に。

団塊世代「最後の審判」
  


Posted by 昭和24歳  at 10:24Comments(0)

2018年11月10日

「アベと共に去りぬ」マエカワ・キヘー

「アベと共に去りぬ」マエカワ・キヘー



「蓮舫(レンホウ)です」(笑)。

オリンピック担当相ですか。そうかと思えば議員宿舎で「裸でピンポンダッシュ」ときた日には笑うに笑えない。
文科大臣は教育勅語を礼賛し、防衛大臣もカジノ議員、法務大臣も超エリートだけに始末が悪い。
地方創世とかの舛添元妻もかなり悪質、っていうかえげつない、下品、汚らわしい。そんな形容がピッたんこ。
こんなのが少なくとも後3年つづくんでしょうか?

マーガレット・ミッチェルじゃあないけど「アベと共に去りぬ」にしたいですね。

新天皇、新元号、「平成と共に去りぬ」を願うところです。

ま、来年の統一地方選、参院選は新天皇、新元号で、です。
その統一地方選がカギですね。都道府県市町村民の投票にかかってますね。
同級生が突然の訃報。僕も来年2月で70歳、もしかしたら最後の選挙、投票権の行使かも知れないです。

全ての団塊世代が70歳になる。
そしてその70歳以上の人口規模は凡そ男女で2000万人から。
リアルタイムに戦争を知らない世代が1200万人。その多くがなんであれ僕らの祖父母、そして親世代の屍上に平和を享受してきた。

世界は知っている。戦争がいかに馬鹿げたことか、愚かなことかを。
しかし、その戦争がないと、資本、経済が成り立たない政治と産業があることも現実だ。
その現実とどう向き合うか。そうしたたった1%の支配階層とどのように渡り合うか。この日本という国はこれまでその意味では上手く渡り合ってきたのだろう。事実、僕らがこうしていられるわけだから。

しかしこの先はわからない。

元文科官僚の寺脇研氏が講演で言っていた「忖度、改竄、捏造」は戦前戦中の「大本営発表」と同質だと。
これまでの行政ではそのようなことはあり得なかった、というよりあれば政治家ともども即お縄になった。

このことはこれを放置すればそのデタラメが横行する暗黒社会になる。
闇雲に外国人労働者を労役させる政策も、実態は韓国の「徴用工問題」だと同質ではないか。

だいそれた事を言うつもりはないが、子、孫たちのために最後のご奉公と亡き祖父母、両親に感謝と鎮魂をこめて一票を投じたい。

僕らは、「アベとともに去ろう」。

けして残してはいけない。

「アベと共に去りぬ」マエカワ・キヘー
  


Posted by 昭和24歳  at 09:06Comments(0)

2018年11月08日

高崎は日本の縮図

高崎は日本の縮図

薩長土肥はともかく高崎は福田、中曽根、小渕だよ、つまり世渡りな。

福田、「福田赳夫」は大蔵官僚、「中曽根康弘」は内務官僚、で、小渕は竹下の子分、まあ、おちゃらけですけど。

それにしたって山口、土肥薩長に伍しててかどうかはしらないが内閣総理大臣を3人も・・・・・

まあ、今の安倍よりもみなさんまともな政治家だったんじゃあないのかな(笑)。

で、福田(康夫)さんだけどかつて選挙じゃあ一献傾けて、「あっ、そうなの」みたいな話はしたけど、中曽根さんちはなかったなぁ。

ま高度経済成長も一段落した頃です。昭和54年春も宵・・・・・

だけどね、今は全部ぶっ壊れてる。高崎もぶっ壊れている。ま、松浦さんが流しごたせいもあるけど何もかもがめちゃくちゃ。

で、松浦さん、後継者育てないで、落下傘の文部官僚っていうか学者が市長です。

巷間、そら、極めて優秀で現役高崎高校から東大、文部省、だけど「次官」にはなれなかった。

で天下りが群馬県立女子大学長と、絵に書いたような筋書き、でその人がオーパにアリーナ、そして芸術センター・・・・・

ま、悪くはないけど、アンコがなんにも入ってない薄皮饅頭。で、旧街中は廃墟です。

つまり、都市計画っていうか、「三段論法」がゼロ、つまり、「こうすればああなって、ああなる」式のビジョンがまるでない。

で、「オーパ」がどうとか、棟高のイオンがどうとか、結局「街中」の、伝統のある「高崎城下町」ををどうするかっていうはなしはかいむ。

どうすんだろ、来春の市長選、市議会選。昭和46年の雪辱を果たすかな、昭和24歳。  


Posted by 昭和24歳  at 21:47Comments(0)

2018年11月07日

高崎の「ラストベルト」(旧中心街)

高崎の「ラストベルト」(旧中心街)

ところで、ココ・・・
いつまで放置するんだ!?


高崎中心街 通行量3割増 オーパ開業 背景 一方で減少地点も
 中心市街地の通行量について、群馬県高崎市は2日までに、2年前から3割増えたとの調査結果(速報値)をまとめた。昨年10月に大型商業施設「高崎オーパ」が開業するなど、高崎駅周辺の集客力の高まりが背景にあるとみられる。ただ、駅から離れた商店街を中心に減少した地点が目立ち、波及効果が限定的であることをうかがわせた。

 10月28日午前10時~午後8時に駅西口側を中心とする42カ所の調査地点で、自転車や徒歩で通行した人を数えた。合計は28万1712人で、16年度の前回調査比33%増だった。隔年実施の調査で、増加は3回連続。18年度は12年度の約1.8倍になった。一方、慈光通りや駅から離れた商店街を中心に16カ所で前回を下回った。大幅に減少したのはウエストワンビルにつながる駅西口ペデストリアンデッキで42%減。

<引用:2018/11/03 上毛新聞ニュース>
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/90077



>一方、慈光通りや駅から離れた商店街を中心に16カ所で前回を下回った。

なんだよ、中央銀座通りも八間道路も本町もこの地図には載ってない。

つまり、「オーパ」ができたことによって高崎の旧市街地はラストベルトになっちゃいました。

ま、都市計画かなんか知らないが、オーパ作るんなら中銀、さやモールあたりを思いっきり再開発だろ!!

前にも書いたけど、駅前なんて「駅前旅館」と「駅前食堂」で十分なんだよ。

それがなんで「オーパ」が高崎中心街になるんだ?

高崎の中心街は昭和時代、高崎で一番地価が高かった「関口メガネ」。その後は連雀町四角。

まあ、連雀町四角のところの小泉呉服店は当時は固定資産税相当払ってたと・・・・・

本来なら、中銀もそうだけどそうやって税金いっぱい払ってきた商店街がずっと高額納税してもらえるよう都市計画するべきじゃないの?

たしかに、自民党政権の下、大店法、商法改正でだいえー、ニチイ、モントレーといった大規模商業施設建設を許した。

しかし、モータリゼーションと、都市のドーナツ化現象で郊外の大型ショッピングセンターが建設された。

で、後発のブランド力のある高島屋を残してダイエー、ニチイ、八木橋、十字屋、田原屋は撤退した。

ま、しかし今や、郊外のショッピングモールの「Mr MAX」、「アピタ」も高齢化と人口減少で当時の活気はない。

挙句、地場百貨店「スズラン」も大変な状態になってるとか。

もちろん中銀はスカスカ、さやモールもスカスカ、田町、連雀町界隈もスカスカ。

これで、「高崎中心街 通行量3割増 オーパ開業 背景」もなにもあったもんじゃあない。

市政はどうなってんの、お友達の、お友達による、お友達のための行政(笑)。

高崎の「ラストベルト」(旧中心街)
  


Posted by 昭和24歳  at 10:26Comments(0)

2018年11月06日

2014年09月10日



2014年09月10日
高崎駅前イオンに東急ハンズは?

●増加するまちなか人口
 マンション建設がまちなか人口に与える影響を、江木町の日清製粉跡地で高崎市とタカラレーベンがマンション開発した「都心東地区再開発事業」で見ると、第1期工事は109戸、第2期95戸、これから入居となる第3期91戸を分譲した。

 平成17年12月末の江木町は、世帯数3,062世帯、人口7,160人だったが、平成25年12月末は、世帯数3,380世帯、人口7,501人に増加し、318世帯、341人が増加している。

 東小学校は、平成23年まで児童数約160人前後、学年1学級で推移してきたが、平成25年の児童数は212人になり約50人増加、低学年で複数学級になっている。

 また高松中学校は、平成17年が生徒数379人、全校12学級だったが、平成25年は生徒数531人で約150人増、学級数も17学級に増加している。
<抜粋引用:高崎新聞 2014年2月>
ソース:http://www.takasakiweb.jp/toshisenryaku/article/2014/02/2001.html

まあ、僕ら団塊世代が小学校入学の時、昭和29年・・・・・

高崎市の人口がおよそ、12万人でした。

で、その前の年に「城東小」ができたわけですけど、その時まで東小の児童生徒数は、
なんと、1200人くらいいたんだとか。

で、「城東小」ができて移動した児童生徒が500人前後だったんでしょうか。

僕が一年生の時はひとクラス40人弱で4クラス、一年生全体で150人くらいは。
まっ、当時は昭和18年生まれの人が6年生でしたから、それでも700人強は全校児童生徒数でした。

ということは、その後の核家族化、ニューファミリー社会とか言われるようになって、

その東小(他、南小、中央小北小等)も郊外の分譲団地や公営の団地に移り住んでった。
それが、大規模なものだと、今の中居団地、中尾団地、山名団地で、高度経済成長期になると、
いわゆる、今のタカラレーベンのように、マンションではないけど高崎市郊外いたるところに建売分譲住宅で、

郊外への人口移動がより活発になり、今で言う、旧市街地の「ドーナツ化現象」へと様変わりしていった。

ご案内のように、戦後の復興期に近郷近在からの人口流入がその旧市街地へ。
それらは当然、高崎駅周辺から始まり、その西口3キロ半径に、いわゆる繁華街が出来上がっていった。

もっとも、高崎で最初に栄えたのが「本町」界隈で、その後街の中心は言われる「中銀」をコアに、
八間道路、田町と、そしてその頃には「藤五百貨店」も仕上がって今の慈光通りあたりが賑わっていった。

そして現代、21世紀平成26年なんだが・・・・・

ひと世代、役目の終えた、僕らの親世代は既に鬼籍に入ってから久しい。
次は、僕らが、その「鬼籍」とやらに入る番。そしてこの街の様子も大きく変わろうとしている。
が、それは、ある意味同じことの繰り返しなのかもしれない、ひとつの「時代の周期」。

それは東京都心などではかなり前から言われているが老朽化した「高層マンション問題」だ。

それと同時に、老朽化高層マンションの「空き家」問題がそこに横たわる。
30歳前後で、マンション購入して退職する頃には30年。築30年ではどれほどの価値があるか?
そして、修繕を繰り返し、それを立て替えたとしても、その頃にはそこの住人は「独居」か「鬼籍」。

若い時代は素晴らしい。その、東小に隣接するマンションも今はベビーカーに赤ちゃんを乗せて散歩するママさんたちが。

そして、よちよち歩きの子供の手を引いて散歩する、パパさんたち・・・・・

僕らもそうだった、昭和51年に生まれた長女を抱っこして東小の校庭を散歩した。
昭和54年に生まれた次女をベビーカーに乗せて東小の校庭を散歩、ブランコにも、滑り台にも。
そんな彼女たちが東小学校に入学する頃は、僕らの頃700人からいた児童生徒も180人ほどに、全学年単学級。

そして、「ネオ・ニューファミリー」となって巣立っていった彼女たち、それから20年近くが過ぎようとしている今。
そこのマンション群、江木町と高砂町で10棟からあるんじゃあないだろうか・・・・・

その「若い街」もあと30年ほど経ったら、高齢化した街に様変わりすることは想像に難くない。

まあ、行政が言うところの「コンパクトシティ」なら、この街が壊れることなくリサイクルするような、

それは、5年10年サイクルのそれではなく30年、50年先を見据えた都市計画が求められるのではないだろうか。

それは、駅前が活性化したところで、増殖する生き物である商業ビルはいつでも解体、再建設できるが、
普通に生活する市民、住民はそうはいかない。街が生き続けるために、とくに成熟した社会が生き続けるには・・・・・
せめて新しい街が「暮らしやすい」生活空間にする必要があるのではないだろうか。

つまり、都市としての高崎の発展、繁栄は「横丁の復活」です。

毎日の生活に「駅前イオン」に行きますか?高島屋に行きますか?東口の商業空間に行きますか?

できるなら、平面、せめて2階建て程度の広々としたショッピングモールがあったら素敵じゃあないですか。

散歩がてら行ける夕餉のお買い物。そこには八百屋さん、魚やさん、お肉屋さん、薬局、理容室、美容室、等々が。

けして批判的に言っているのではありません、駅前イオンモールができたとして、いわゆる生活必需品空間は「デパ地下」です。

そして、「駅前イオンモール」もいいでしょう。しかし、この少子高齢化社会のそれに持ちこたえる企業がこの先どれほど見込めるでしょうか。

その利便性から、近隣都市から集客するのもいいでしょうけど、それでは同じパイの取り合い合戦でしかない。

つまり、「戦争」です・・・・・

ところで、イオンモールには「東急ハンズ」は入るんでしょうか?長野駅のモールには「東急ハンズ」出店が決定とありますけど。

もし、高崎駅前イオンに「東急ハンズ」となったら、前橋、真っ青ですね。
あっ、「イオン」を催事でやってた「スズラン百貨店」はどうするんでしょうか?
「イオン」のなかに「スズラン」入っちゃったりして。つまり、大規模集客施設が東西駅前に集中したら、スズラン(^^ゞ

もっとも、東口の「マルキュー(109シネマ)」、あそこはどうなの、この東口再開発・・・・・

しかしながら、確実のこの10年以内に高崎市「駅前」は大きく変貌する。

今はただ、老兵「角を矯めて牛を殺す」ことにならなければいいがと、それだけです。
http://g3s.gunmablog.net/e340947.html  


Posted by 昭和24歳  at 14:26Comments(0)

2018年11月06日

オーパ栄えて高崎滅びる

オーパ栄えて高崎滅びる


高崎中心街 通行量3割増 オーパ開業 背景 一方で減少地点も
 中心市街地の通行量について、群馬県高崎市は2日までに、2年前から3割増えたとの調査結果(速報値)をまとめた。昨年10月に大型商業施設「高崎オーパ」が開業するなど、高崎駅周辺の集客力の高まりが背景にあるとみられる。ただ、駅から離れた商店街を中心に減少した地点が目立ち、波及効果が限定的であることをうかがわせた。

 10月28日午前10時~午後8時に駅西口側を中心とする42カ所の調査地点で、自転車や徒歩で通行した人を数えた。合計は28万1712人で、16年度の前回調査比33%増だった。隔年実施の調査で、増加は3回連続。18年度は12年度の約1.8倍になった。一方、慈光通りや駅から離れた商店街を中心に16カ所で前回を下回った。大幅に減少したのはウエストワンビルにつながる駅西口ペデストリアンデッキで42%減。

<引用:上毛新聞ニュース 2018/11/03>
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/90077

>中心市街地の通行量について、群馬県高崎市は2日までに、2年前から3割増えたとの

中心市街地ってオーパの周辺かっ、ええっ?
「違うだろ!!」
(豊田真由子風に)

ま、中心市街地って言ったら昔なら高崎田町、もっと昔なら本町から中銀。
近いところで、中央デパートがあったスズラン辺りから鞘町さやモール、連雀町・・・・・
で、砂賀町あたり、レンガ通りはブティック街でした。

大体が、駅前なんて旅館とみゃげモノ屋があればいいんで、旅行客のほかは通勤通学です。
だから、食堂がポチポチあればいいんで、オーパも高島屋もいらない、それが証拠にニチイもダイエーも終了した。
ま、ポッポやがモントレーとかやっちゃうから話がおかしくなっちゃうんだ。精々がホテル、旅館です。

まあ、役人なんて一発屋の商人に一服盛られてホイホイですから、そもそも都市計画も再開発もない(笑)。
計画が終わった頃には退職しちゃうんだからあとは野となれ山となれです。

つづく

オーパ栄えて高崎滅びる
  


Posted by 昭和24歳  at 08:56Comments(0)

2018年11月05日

山本一太「気分はいつも斜滑降」(笑)。

山本一太「気分はいつも斜滑降」(笑)。

「群馬に出戻る」

山本一太氏が群馬県知事選出馬を検討 「確率50%」
 自民党の山本一太参院議員は4日、群馬県高崎市で開いた会合で、来年夏に予定される県知事選と参院選について、どちらの選挙に出馬するかは「確率は50%。半々だと思う。12月中に結論を出して会見する」と述べた。

 山本氏は、以前は知事選に出ることは全く考えていなかったが、支持者から「国会議員を20年やったのだから、群馬に戻ってきてほしい」と要請され、嘆願書を受け取ったことが心境の変化につながったと明かした。その上で、「毎日、参院選と知事選について考えてきた。これからはすべて白紙にして考えたい」と話した。

 さらに「もし知事を目指すなら、中途半端な覚悟ではできない」と述べ、「12月中には結論を出して発表したい。どっちの道に行っても、一生懸命ふるさとの発展のために頑張っていく」と語った。

 山本氏は10月、自身のブログに、来年の参院選での自民党の公認候補であり、「参院選に立候補する方針は変わっていない」とした上で、「数日前から『群馬に戻る』(=知事を目指す)という選択肢も、真剣に考え始めた」と記していた。

<抜粋引用:2018年11月4日 21時43分 産経新聞>
http://news.livedoor.com/article/detail/15547190/

>支持者から「国会議員を20年やったのだから、群馬に戻ってきてほしい」

ま、「特別な人」安倍の応援団長で、安倍政権の見通しもどうなのかっていうことだし・・・・・
このまんま行けば3年で終わる。その間に解散総選挙があったとしても、一太先生大臣の椅子はどうなんでしょう?
つまり、国会議員20年やってってなんだが、衆院鞍替えは「ドリル優子」にも叶いそうもないし(笑)。

で、「群馬県知事」ですか?

大沢現職、もう出ないのかなぁ、まだ色気ムンムンだしまだ72歳だし、アッチの方もお盛んだとかだし(笑)。
山本一太先生も計算してるでしょう、なにせ「利権王国群馬」なんだから、現職は強い。
つまり、「直滑降」もいいけど、やっぱりコブこなしたりしないと業界が黙っちゃあいないと思うけど。

で、人口減少、落ち目のグンマーだし、群馬県知事で何すんの、コンベンションは終わっちゃうし。
高速道路草津、長野線は望み薄だし、結局、参議院からっていうのは落下傘みたいだし。
愛知県知事の大村秀章は衆議院で元官僚で、まあ、「愛知」だし、グンマーとは規模が違いますから。

>「数日前から『群馬に戻る』(=知事を目指す)という選択肢も、真剣に考え始めた」

まあ、群馬県知事が「選択肢」って、群馬県も舐められたもんだね・・・・・

つまり、天秤にかけるってぇことなの?

ま、安倍命は勘弁して欲しいね。褒め殺しかよ、もしかして(笑)。

山本一太「気分はいつも斜滑降」(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 17:05Comments(0)

2018年11月01日

【日韓併合】反日と嫌韓に終止符。

【日韓併合】反日と嫌韓に終止符。

日韓両国で大きな反響を呼びロングセラーとなった『韓国併合への道』から12年。日本国籍を得た著者が、新たな立場で、併合後の社会・経済・文化の発展と戦後韓国の反日政策の欺瞞について大幅加筆。西欧の植民地支配との違いを明らかにする。

>西欧の植民地支配との違いを明らかにする。

それはそうなんだろうが、西欧の植民地とは逆らえば虐殺、略奪の歴史だ。

かといって、日本、大日本帝国が異文化異人種の他国を植民地化して良いということはない。

それはその歴史の経過においての事情を鑑みたとしても、それを今、この現代で正当化することはできない。

ま、斯く言うこの日本も敗戦により軍事占領されている現実からすれば米国の「植民地」のようなもんであろう(笑)。

その辺の事情は「日韓併合」とは大きくズレているが、つまり、日本はアメリカと戦争をしているから。

しかし普通に考えて「正しい戦争」と「正しくない戦争」なんてあるわけがない。戦争はすべて悪。

そのことを肌身で熟知しているのは大日本帝国臣民であった戦後生まれ以前の僕ら団塊の父母世代だ。

もっとも、その大日本帝国時代と今日、現代とでは世界も、日本も大きく様変わりしている、まあ、紛争は飯の種で絶えないが。

だから、昔ああだった、こうだったといったところで屁の突っ張りにもならない。

そこで一つ言えることは「今どうするか」ということだけだろう。つまり「今なら」解決できる、はずだが、なのにああだ、こうだ言い始める。

明治時代の話、戦前の話、生き証人なんて誰もいやしない。韓国の被害者だという人たちだって80歳、90歳だ。

「正しい戦争」「悪い戦争」がないのと同じで、「正しい植民地政策」「悪い植民地政策」なんていうのもない、証明のしようがない、今は。

日本政府が日韓正常化交渉で解決済みとか言ったってそれはそんときの話で、時の政権同士で決着したっていうだけ。

日本政府が渡したとされるその戦後賠償だって、ときの韓国政府が飲んじゃってるわけだしそら蒸し返されます。

同じ事が言えるのは北朝鮮の日本人拉致問題だ。日本政府というか日本サイドは「未解決」って言ったって北朝鮮は「解決済み」と突っ張る。

ていうことだから、その「徴用工問題」にしたって今どうするってぇことで考えないと、ズルズルと引きずる。

日本の戦後世代どころか、21世紀生まれの赤ん坊の代まで引きずる。

いかなる理由があるにせよ、「日韓併合」、朝鮮半島を明治の大日本帝国が植民地にしたのは紛れもない事実なんだから。

国際条約を云々かんぬんいうんなら、アメリカによる東京大空襲、広島長崎原水爆投下の大虐殺、ジェノサイドを日本政府はグズグズいう。

東京都民、広島長崎、当時の市民はまだ生存しているわけだから日本の裁判所に提訴したらどうか、アメリカの犯罪を。

慰安婦問題に関しても同じ事が言える。米兵のために慰安所を政府が設置した。アメリカ政府の命令があったかどうか知らないが・・・・・

被害者とされる「新日本女性求む」とした日本政府、米国政府に「新日本女性像」を突きつけたらどうか。
http://g3s.gunmablog.net/e292465.html

【日韓併合】反日と嫌韓に終止符。


  


Posted by 昭和24歳  at 19:29Comments(0)

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ