2019年04月18日

ストレイキッズ(Ⅰ)

ストレイキッズ(Ⅰ)



戦争が終わった 敗戦の「玉音放送」
1945(昭和20)年8月15日、農家の家族がこうべを垂れているのは宮城(皇居)の方向。正午からラジオで流された昭和天皇の「玉音放送」(終戦の詔勅)をそろって聞いた。ポツダム宣言を受諾し、日本が無条件降伏した。ようやく太平洋戦争が終わったことを国民は初めて知らされた。(撮影場所不明)
2010/08/15 08:04 【共同通信】


そして、何がどう変わったのか???

極東。つまり地球の東の果てにある島国の野良の民。

時計の針は「あの頃」と・・・・・・

一分一秒たりとも進んではいなかった。

日本人の心には未だ封建制の残滓が多く残っており、それを眼こそぎにするには長い時間がかかるだろうと感じている。
日本人は全体として、自己の民主化に必要な教育に欠けており、さらに真の宗教心にも欠けており、そのため一方の極端から他方の極端へと揺れやすい。

抜粋引用:ホイットニー文書 昭和天皇の日本国民に対する見解全文
ソース:ttp://www.asyura2.com/0505/war71/msg/430.html

その記憶を消し去ろうとする為政・・・・・

つまり、「元の木阿弥」。

少なくとも「考える」ことを始めた民心を根こそぎ祀りさる。

日本人の封建的特徴の一つは、進んで人に従おうとする性格にあり、
日本人はアメリカ人のように自分で考える訓練を受けていない。
徳川政権は、民は指導者に従うべきであり、そのため忠誠心以外はいかなる道理も与えられてはならない、という論理のうえに築かれていた。
かくして、平均的な日本人は、自分で考えることにおいて昔からの障害に直面している。

抜粋引用:ホイットニー文書 昭和天皇の日本国民に対する見解全文
ソース:ttp://www.asyura2.com/0505/war71/msg/430.html

「創意工夫」はひとつの組織内においては評価されるが・・・・・

その「創意工夫」も対外組織にあっては常に敵愾的である。

いわゆる、「村八分」のそれだが「悪」との風評には袋叩きにする。

事実も、真実も知ろうとはせず、闇雲に「風評」を誤認するのはなぜか?

もっとも、そこには多くの大衆が参加することはない、不可能なのか。

その風評だけが一人歩きをし、空気を醸造する・・・・・

そして時を待ってのその結果が「風評」であったことが判明してもその印象はそのまま。

戦後の疑獄事件の多くが、その「風評」の類、それも創られた。

そしてそれらは忘れられた頃その事実が語られる、世の中の片隅に。

ストレイキッズ(Ⅰ)
  


Posted by 昭和24歳  at 07:40Comments(0)

2019年04月08日

BS世界のドキュメンタリー シリーズ 金融危機 “ドルの時代”の黄昏 ~金融危機の波紋~

BS世界のドキュメンタリー シリーズ 金融危機 “ドルの時代”の黄昏 ~金融危機の波紋~


冷戦期のアメリカの世界のGNPに占める割合は50%を超えていたが、現在は20数パーセント(減税で水増ししてやっと3%の成長率しかない)。そして巨額の財政赤字(貯金がない状態で、借り入れは海外から)に加えて、人口構成の変化(貯蓄をしないヒスパニック等の非白人がマジョリティーになり、貯蓄をする白人がマイノリティーになる)。バーナンキ等の金融専門家もドル危機は避けられないと言っている。その時、ドル債等の日本のドル建ての資産は暴落する。  


Posted by 昭和24歳  at 09:32Comments(0)

2019年04月03日

上州人気質

上州人気質


昭和の“市町村合併”

昭和三十年代の市町村合併で高崎市もずいぶんと大きくなった・・・・・・
それまではたしか人口六万人くらいではなかっただろうか。

高崎の北部、小鳥あたりは群馬郡六郷村。豊岡、八幡は碓氷郡・・・・・
そして多野郡片岡村、多野郡八幡村、佐波郡岩鼻村・・・大類も、飯塚も、江木も群馬郡ではなかったか。
因みに僕なんぞも戸籍簿は「碓氷郡豊岡村字引間・・・」とあるから可笑しい。

どっぷりと「下町」の街・・・「高崎」。
元はと言えば高崎は城下町で、糸偏の商人は信州や、果ては近江あたりから。
材木商は上越下越、薬は越中と相場は決まっていたようだ。
所謂、「高崎」は城下町として栄えた人造都市。

「カカア天下と空っ風」、上州名物には違いは無いが、痩せた土地で養蚕中心の農業・・・・・
「百姓」が高崎人、上州人の正真正銘である。
戦後は、横丁と言う横丁・・・職人街であった。
鍛冶屋、表具屋、竹屋、畳屋・・・畳屋と云えば、大方が「山田」。
先にも書いたが、それこそ「なんでだろ~~~」となるが、未だそれは謎のままだ(笑)。

年を追うごとに「殺風景」になる。時には、古き「高崎」を訪ねるのも面白い。
本来、この街にはこの街の形あっただろうに・・・・・
賛否はあろうが、二一階建ての絢爛な「庁舎」がこのご時世恨めしいと感じるのは僕だけだろうか。

ところでここ、上州はその昔はこの一帯を南限に「アイヌ民族」が居住したそうです。
僕なんか、その「DNA」そのもので、極めて太くて濃い「眉毛」、茶色い瞳に赤毛、そして髭は硬くて真っ黒。
聞くところによると(本当か嘘かは眉唾だが)、
それら先住民族と、朝鮮半島からの渡来民族の融合が土着型「上州人」と・・・・・・
それは、地名の由来を紐解けばかなりの信憑性で見て取れます。かと言って、その証拠を見せろと言われても困るのだが。

まあなんといってもここ上州は“災害”というものがほとんどない。
それ故にどうも土着型上州人は“のんきもの”・・・・・・
それは僕だけかもしれないけれど、なんというか、その“上州人気質”というものはある種、緊張感に欠けているいるのではと。

「僕だけかもしれないけれど」

やはりその理由としては、ご案内の自然災害が・・・・・
僕自身、59年からここに生きてきて、その自然災害に痛めつけられた覚えがない。

台風もどういうわけか遠慮がち。もちろん大雪も山間部を除いては関東平野の最北部までほとんどない。
まあ、海がないわけだからそういった気象からの災害は地形からもないのかもしれない。

上州人・・・・・・

あまり抑揚の無い語り口と開放的で豪放な「男衆」の気質。昔から、男衆のする仕事は無かったようです。
機織にしろ、養蚕にしろ女子の仕事でしたし、精々が出来上がった製品を町に運ぶくらいがいいところ。
後は、博打か・・・それは冗談ですが、
江戸の時代から今日に至るまで「博徒」ヤクザの発祥は上州とか言われ、国定忠治、大前田栄五郎。
詳しくは知りませんがその辺りの話は事欠かないようです。
近代でも、秩父事件、群馬事件とその殆んどが上州、武州の百姓の男衆の仕業だったらしい。

上州人・・・・・

極めて開放的で人間関係に拘りを持ちません。
来るものは拒まず、去るものは追わずと言うか、やっぱり根っからの上州人「呑気な父さん」。
分かり易く言えばお人好しの苦労知らずが昔からの謂れであったようです。
しかし戦国時代も終り(大分古い話だが)―――
この街、高崎が城下町を成し、商人があちらこちらから移り住むようになってからはその様相、徐々に変化してきたようだ。

豊臣、安土桃山も末期、大阪夏の陣も引けると、
ここ高崎は(その頃は高崎と言ったか)宿場町として栄え、小間物屋、米穀商・・・・・・
それらの商人が遠くは近江、越中、信州信濃から江戸への中間点として商業を起こし、

人造都市「小江戸」に生まれ変わったようだ。

二一世紀の現代ここ高崎の街で商う人々はそうした商人の末裔で、
元々一五〇〇年代、箕輪城から高崎に城が移築されるまで何も無かった所のようです。
もっとも古くは岩鼻、大類、木部などには屋敷城があり、
当然、安中、松井田、箕輪と言ったように上杉、武田の領地であったとか無かったとか。
また、織田信長の息子が甘楽郡の小幡城主で戦乱も終焉し、その「一五六〇年」頃に関ヶ原も終ってますから・・・・・・
あの時代の百年にこの高崎も仕上がったような物ではないでしょうか。

まあ、話はあちこちに飛びますが、上州人気質というか、“高崎人気質”
根っからの高崎っ子は、その昭和三〇年の頃の市町村合併で「高崎市民」となった・・・・・・
高崎駅を中心に5キロ圏内の百姓家の小倅、小娘が言うなれば「上州人」ではないだろうか。

何かあるとすぐに「矢でも鉄砲でも持って来やがれっ」って云う、短気で、呑気で、泣虫な「上州男気質」、
何分に癖がよろしくない。
その分と言うわけではないが、「上州女」はしっかりとしていて働き者でつまらないことには余りくよくよしない。
がしかし、一度こうと決め込んだら矢鱈滅多羅、梃子でも動かないし、曲がった臍はなかなかそう簡単には元には戻らない。
僕のところなんかはその見本が息をしているようなもので、ぼくも近在「百姓の小倅」、カミサンも「百姓の小娘」。

僕なんぞは、外じゃあ威張ってるくせに、家の中では滅法気の小さいトホホな上州男児で、
「かかあ天下」とは、よく言ったものと自分自身に感心するやら、呆れるやら・・・

でも、上州人少なくなりました。
と言うのも、高崎競馬、前橋競輪、桐生競艇、そして伊勢崎オートも売上はがた落ち、すってんてんな上州人です。
静かな高崎・・・・・新もん好きだけど、ややっこしいのはどうも苦手のようです・・・・・

“上州人気質”*

上州人気質
  


Posted by 昭和24歳  at 19:25Comments(0)

2019年04月02日

以和為貴・令

以和為貴・令
.

皆の者、以和為貴(十七条憲法第一条)

令和は万葉集の梅の花の歌、32首の序文にある、

<初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す>

ところで、旧暦にしろ「梅の花」は終わってますけど・・・

ま、今なら「桜」でしょ。

で、新元号施行は5月一日だから旧暦なら6月なんだけど梅雨ですね。ジメジメ。

しかし、「万葉集」って、いったらラブソングでしょ。

それを畏れ多くも大和の国の元号に引用って、イマドキなんでしょうかそれも。

ま、有識者懇談会とかだが、「戦争を知らない子どもたち」マニュアル世代。

もっとも、元号って日本でしか通用しないわけですからニックネームみたいなもんですし。

で、占領軍関連の文書は全部西暦だし、60年安保も昭和60年安保と勘違いしてる若者もいるみたいだけど、あれは1960年の「60年」ですし。

スミマセン、何にでもケチつけたくなる性分なんで、昭和24歳です。

「令和」、官僚の皆様には良い響きかもね。「和民」。

以和為貴・令

  


Posted by 昭和24歳  at 13:30Comments(0)

< 2019年04月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ