グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2020年07月31日

コロナで甦るYap遺伝子の日本経済

コロナで甦るYap遺伝子の日本経済

日本人男性の40%が持つ親切遺伝子と呼ばれるYAP遺伝子のお陰かもしれません。

いいですか、小金持ちの皆さん。政府は何故「ゼロ金利」、果てはマイナス「金利にするのでしょうか。

それはお金持ちの皆さんのおカネを掠め取るために、国際金融資本、マフィアかなんか知りませんが安倍政権を脅してやってることなんです。

「30年成長しない日本経済」。実は諸先進国並みにこの日本も成長してるんです。

しかしその成長の果実は国民には分配されず日本政府、売国政治家によって国際金融資本に献上されてしまってる。

日本の経団連、大企業も資本家ではない。しがないサラリーマン重役です。その大企業、今では500兆円からの内部留保を溜め込みながら自分で自由に使える500兆円ではない。その500兆円は「株主」つまり資本家のモノです。

そして実体経済に伴わない日経平均2万円台とかも日本政府は国際金融資本マフィアに脅かされて国民のなけなしの年金から、国民の生命と財産を質草に政府、日本銀行がETFとかいって買い支えてかろうじてその水準を保っているのが現実です。

コロナ禍の現在中小零差は瀕死の状態です。大企業とて同じ、輸出どころじゃあない世界同時経済危機ですから株価が2万円なんてありえないトリック、偽装です。

ところで日本経済の30年前は定期預金で5%前後の利息が保障されてましたよね。

そしてそこに税金もかかっていた、総合課税です。だから国債発行はほぼ公共事業の建設公債だけ、つまり、日本国民の資本になるためだけに国債は使われた。ま、遡れば中曽根政権あたりからでしぃうか。日本にお金がたまると「円高」で吸い取られる、挙句、小泉、竹中路線で日本の資本はすっかりアメリカ、国際金融資本に奪い取られた。

それが「ゼロ金利」「マイナス金利」、そら国際金融資本日本からお金借りますよ、そして日本株買いますよ。金利払わなくていいんだから。で、経済の調子が良くて株価が2万円台じゃあないだから。

安倍政権、政府日銀が日本株下がらないようにジャンジャンお金つぎ込んでるんですから年金まで。ご案内のETFとか何とか国民の分からないような横文字造語しちゃって。
で、株式配当とかの金融所得には「源泉分離課税」何億、何十億の配当所得があろうが税率は10~20%、例の何とかホールディングスってぇやつでしょうか。

つまり、国民の金融資産の全てを国際金融資本に献上するために。政策を装って「ゼロ金利」「マイナス金利」、さらにその穴埋めが消費税10%、挙句がFRBが日本の消費税は25%だって、これって強盗です(笑)。

ま、30年前は日本の経済は金利3~5%でうまく回っていたわけです。そしたら、日銀、国債発行残高500兆円だって。そして消費税10%ですから日本経済底なし沼です。

ま、安倍、自民党政権はアメリカ、金融資本にはたてつけません、その見張り役が竹中平蔵でしょう。このコロナ騒ぎで国民が死ぬか生きるかだってぇのに、中抜き強盗ですから。

しかしね、このコロナ騒動で日本も世界も変わらざるを得ない。なぜなら少なくとも2,3年はヒト、モノ、カネの移動ができないからです。

アメリカ政府には金はない。でも日本政府にはお金はたっぷりある。

2000兆円、いやもっとある。アメリカ、金融資本に弱みを握られてない真っ当な政治家が出てくるでしょう、民主党もその泥棒のお先棒担ぎでダメだった。もう60歳以上の政治家、そして世襲政治家にはお引き取り願いたいね。

まさか解散総選挙で菅とか野田は出ないだろうねぇ、前原もだけど。安倍は悪くない、けど馬鹿だから余計にたちが悪い。もうお引き取り下さい。
そういやあ、30年前の郵貯マル優は利息6%だったんですけど。NTTの民営化でみんな盗まれちゃいました(笑)。

コロナで甦るYap遺伝子の日本経済

  


Posted by 昭和24歳  at 10:02Comments(0)

2020年07月25日

失われた母性と社会の崩壊

失われた母性と社会の崩壊


乳児死亡、16時間置き去りか 放置疑いで母親逮捕、東京・台東
 生後3カ月ぐらいの女児を自宅マンションに約16時間置き去りにしたとして、警視庁浅草署は24日、保護責任者遺棄の疑いで、東京都台東区、母親で自称アルバイト、坂元愛容疑者(30)を逮捕した。女児は搬送先の病院で死亡した。
7/24(金) 16:42配信 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f79c115f29673fdcfb230700245dc81610a948ae

“次女”の死を隠し“次男”を出産……旭川・乳児死体遺棄 両親の“特殊な子育て方針”
 小さな亡骸は、毛布に包まれ、庭の冷たい土中に埋められていた。死体遺棄容疑で北海道警に逮捕されたのは、旭川市の一軒家に住む“四児”の父母――京田陵(38)と麻理乃(36)。奇妙な事件はなぜ起きたのか。
7/25(土) 6:01配信 文春オンライン
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0d08ff4d10176a1ed461c7e9b2676b473b3f61d


幼い娘2人を自宅に放置 発見当時の様子は…(鹿児島県)


 鹿児島市で幼い娘2人を11日にわたり自宅に置き去りにしたとして、20代の夫婦が保護責任者遺棄の疑いで逮捕・送検された事件。関係者への取材で、娘が発見されたときの状況が明らかになってきた。

7/24(金) 19:11配信 KYT鹿児島読売テレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/59a3fd3741e3cd02aec26a49aa0640efcd773fe3

このコロナ禍、立て続けに悲惨な児童虐待「ネグレクト」が報じられている。
やはり、社会が間違っている方向に向かって進んでいるのではないかと思わずにはいられない。
それは人間とて動物だ、本質的にその自らに降りかかる危険から逃避するために弱者を虐待する。
本来ならかわいい盛りの我が子を死に至らしめるほどの自己逃避をする。
これら事件に父親の姿、影は薄い。そもそも母親となる女性が薄幸であるという現実…
その「母親」、彼女たちの「親」の存在が、つながりがほとんど見えないままで事件は起きている。
それは、つまり、「薄幸の連鎖」ということだろうか。
しかしこの時代多くの国民が言われるロストジェネレーションの中必死に戦い生きているのも事実だ。
僕ら自身、「団塊世代」といわれる70代、戦後生まれの母親たちは壮絶な時代僕らを育てた。
想像するに、そうした母性、父性を失った「女」と「男」、そうなってしまった理由はその成長過程に問題があったのではないか。
多くのその母親、父親は日本社会そのものが狂い始めたころに生まれていることの理由が…


失われた母性と社会の崩壊
  


Posted by 昭和24歳  at 10:50Comments(0)

2020年07月22日

【赤ちゃんポスト】乳児院に男児置き去り

【赤ちゃんポスト】乳児院に男児置き去り

「赤ちゃんに何かを残してあげて」


【速報】乳児院に男児置き去り 水戸署捜査

児が置き去りにされていたとみられる現場=6月29日午前11時35分ごろ、水戸市小吹町の日本赤十字社県支部乳児院
水戸市内の乳児院に今年6月、生後間もない男児が置き去りにされた事件で、水戸署は21日、保護責任者遺棄の疑いで、母親で宇都宮市の無職、女(29)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、同月28日午後10時30分ごろ、水戸市小吹町の日本赤十字社茨城県支部乳児院の西側門前の路上に、生後2~3日の男児をタオルにくるみ手提げバッグに入れたまま置き去りにした疑い。

同署によると、現場近くの防犯カメラの映像などから女が浮上した。

6月29日午前5時40分ごろ、出勤してきた乳児院の職員が男児を発見した。男児は今も入院中だが、命に別状はない。

<抜粋引用:7/21(火) 11:46配信 茨城新聞クロスアイ>
https://news.yahoo.co.jp/articles/43df8cc406890793e00216b2dbe207a7bbfd9fc7

茨城県警、29歳の母親を逮捕ということだが「赤十字・乳児院」に置き去りって、こうして事件化、記録が残る報道をせず母親も男の赤ちゃんも適切に保護することを望む。
こうした問題はいろいろ事情があるだろう、その意味では社会福祉行政の温情ある対応が求められているのではないか。
このコロナ禍に生活苦に陥る若い女性、そしてシングルマザー。
今こそGOTOキャンペーンなんて言ってないで全国に『赤ちゃんポスト』設置を立法するべきではないか。
少なくともこの男の赤ちゃんの命は救われた。そして母親も我が子を殺めることから救われた。


昭和大戦、敗戦後の戦災孤児、そして「浮浪児狩りまでが行政の手で行われたという事実をわれわれ国民は忘れてはならない。
コロナ戦災孤児を生み出してはいけない。
  


Posted by 昭和24歳  at 12:20Comments(0)

2020年07月10日

【コロナ不況】赤ちゃんポスト設置は急務

【コロナ不況】赤ちゃんポスト設置は急務

ドイツの赤ちゃんポスト(内側から見た写真)
新型コロナウィルスパンデミックは現代人が直面する激甚災害だ。
それはまさに戦後、大人は生き抜くために優しくなれるか、鬼になるのか?


乳児遺棄容疑で少女ら逮捕=荒川河川敷に遺体-警視庁
 東京都足立区の荒川河川敷で6月、乳児の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は26日までに、死体遺棄容疑でいずれも東京都内に住む乳児の母親(17)と友人の少女(17)を逮捕した。2人は「間違いありません」と容疑を認めているという。

トイレに乳児放置容疑=殺人未遂で24歳女逮捕

 同課によると、現場周辺の防犯カメラの映像などから母親らが関与した疑いが浮上した。母親は「(遺棄の)前日に自宅で産み落とした」と説明。援助交際で妊娠したと話している。出産時に乳児が生きていたかは不明という。
 逮捕容疑は6月24日ごろ、同区千住曙町の荒川河川敷に、生後間もない男の子の遺体を遺棄した疑い。

2019年08月26日12時03分 時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082600477&g=soc

そもそも「母性」の欠落した成熟していない女性、少女。

それは、教育とかナントカという問題では最早ない。

興味本位なのか、本能なのか、そういう年頃だろう。誰でもそういう時代はある、そしてあった。

僕ら、昭和23年、24年生まれの戦後世代だが、中学の時に同級生が妊娠とかの噂。

そして高校では実際、妊娠出産で中退していった同い年の女の子も。

メディアがソコで言う・・・

「みだらな行為」

とかも、ソレはひとつの社会のくくりでしかない。

なにが「みだら」で、なにが「みだら」じゃあないのか ?

タダの興味本位でセックスに及んで妊娠してしまったあげく、なんの春秋もなく、堕胎するでもなく出産、そして「産み捨てる」。

>母親は「(遺棄の)前日に自宅で産み落とした」

そしてそれを捨てるって、立派な殺人ですけど。

そのことにさえ、何の躊躇もない、狂気だ。

まあ、産んでからの育児放棄、ネグレクトも狂気。最初から育児する「精神構造」つまり「母性」がソコには育ってなかった。


実は、僕の妻も19歳で長女を出産している。

親の反対はあった。しかし、母子手帳を申請して、母親学級に通って。

傍から見たら、夫は、たしかに生活力はその時点ではあったがバンドマンでいわゆる、「アレ」な生活をしていると思われているそんな男。

さぞや、妻の両親は心配したことと、想像に難くない。いや事実その通りであった(笑)。

しかし、間違っても、「わが子を」、そんなことは想像すらしなかった。

まあ、1年、2年はあっという間に過ぎ、お誕生、初節句、七五三のお祝い、保育園、小学校と。

そしてその間に次女も生まれ、いろいろ時には大変なこともあったがその19歳だった妻は成人式にも行かずものの見事に母親をこなしていた。

しかし、その時代にも世間では「コインロッカーベイビー」とかで騒然としたこともあった。

まあ、コレだけ人間がいるわけだから、ソコは「確率」の問題であると、言えなくもないが今日のソレは、異常である。その罪悪に躊躇はない。

その母親、あるいは父親というべき人間にその事へのその犯意に、本来あるべきはずの「母性」という本能の欠片さえ見えない。

そうした彼女たちは生まれながらにしてそうなのか、それとも自らも幼いころネグレクトされたトラウマからソレを繰り返してしまうのか。

しかし、犠牲になるのは、なんの罪もない「赤ちゃん」、乳幼児たちである。

国も、法律も、もう覚悟すべき時ではないのか、そういう時代の到来を。そしてこの「コロナ激甚災害」に直面して。

フランスなどではシングルマザーの生活権はその子どもとともに手厚く保護されていうという。

そして「フリーセックス」の国といわれた北欧諸国も、その現実を国、行政がしっかりと見据え生まれた子どもを保護し、またソコのシングルマザーにも法的保護が完璧になされているとか。

「赤ちゃんポスト」

ソコの反対論は、ソレを「安易に利用するモノが増える」というが「安易に利用」してもらうべく制度化する時ではないのか、今は。

今日の状況を鑑みれば、最早躊躇なく立法し、即施行する時ではないか。

児童相談所がどうしたとかこうしたとかを言っている場合ではないのではないかと。

実は僕も、その意味では生みの親から放たれた赤ん坊だった。

昭和24年、僕を出産すると母親はそのママ床に伏した、困り果てた父親は親戚中をかけずり回り僕の預け先探しに明け暮れた。

幸運にも、僕は養母、養父にめぐり合いこうして今日がある。

たしかに、「捨てられた」とと知ったときは実の親を恨んだこともあったが戦後という政治がもたらした激甚災害。

その意味では、今、この現代も、その「戦後」ではないか戦後処理は、国、行政の責任であろう、広く薄く10%の消費税だし。

そしてこの日本は国民のおかげで世界一の債権国だからそこの基本的な社会保障を欠落させてはイケない。

【コロナ不況】赤ちゃんポスト設置は急務  


Posted by 昭和24歳  at 13:35Comments(0)

< 2020年07>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 118人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ