2011年06月30日

「計画停電」を実施する。加害者のくせして(嗤)。

「計画停電」を実施する。
加害者のくせして(嗤)。




札束で政治家を、天下りポストで役所を、寄付金で学界を、潤沢なPR費でマスコミを支配し「原発安全神話」をつくり上げてきた東京電力。元朝日新聞電力担当記者が、長年の取材を元に「驕りの帝国」の実像を描く。





電力不足回避へ「使用制限」=1日に37年ぶり発動―需給逼迫時は計画停電も

 東日本大震災の影響による夏の電力供給不足が懸念されるため、政府は1日、東京電力と東北電力の管内で、大口電力ユーザーに15%の節電を義務付ける「使用制限」を発動する。電気事業法に基づく措置で、第1次石油ショックを受けて発動した1974年以来37年ぶり。中小企業や一般家庭にも15%の節電を呼び掛け、大規模停電を回避する。
 使用制限の対象は大規模工場やオフィスビルなど大口ユーザー約1万8500件。制限は平日の午前9時~午後8時。期限は東電が9月22日まで、東北電が同9日まで。故意に違反すれば100万円以下の罰金が科される。震災の避難所などを除外するほか、病院や鉄道などは節電義務を10%以下に緩和する。
 工場は夜間操業や輪番休業、オフィスはエアコンの温度を高めに設定するといった対応が進められている。
 政府は、電力の供給余力が3%を割り込む見通しとなった場合は「電力供給逼迫(ひっぱく)警報」を発令。さらに、電力不足が避けられないと判断すれば、地域ごとに電力の供給を一時ストップする「計画停電」を実施する。 

<引用:時事通信 6月30日(木)18時35分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000104-jij-pol


まあ、何度でもいうが、原発事故は東電の責任じゃあない。

まあ、とうでんなんてぇのは昔の軍部、それも前線部隊で、パシリです・・・・・・・

因みに「原発」はアレッ、

「戦艦大和」

まあ、今のおカネにすると、5兆円もかけて、

♪攻めるも護るも鉄の~♪

だったんですけど、たったの一回も戦うことなく、撃沈されちゃいました。

絶対に沈まないはずだったんだけど・・・・・(^^ゞ

で、絶対に安全、大隕石が衝突する確率とかの原子力安全委員、まあ、昔の帝大ですから(嗤)。

で、「震度9」で、大隕石衝突しちゃいました(^^ゞ

まあ、原子力安全委員会も、原子力保安委員会も経産省(通産省)ですから、

つまり、昔の「帝国陸軍」です。

まあ、いうことが良いです、東京大空襲で、原爆もとか言ってるときに・・・・・・・

「神州ニッポン」

で、挙句が、責任取るでもなく、

「一憶総玉砕」

って、まあ、この国の本質、っていうか政府、国民なんて頭にないわけです。

で、「ただちに健康に・・・・・」とか言ってるうちに、

「警戒避難区域指定」

つまり、ただちに健康被害が発生しちゃううっていう事態(^^ゞ

で、発電施設、まあ原発ですけど人災ですね、早い話・・・・・・・

つまり、経産省、軍部、大本営、国民に詫びるどころか、電気を止める、使用制限する、

「国家総動員法」、「統制経済」

ところで、経産省、東電、各施設、窓締め切って、エアコンガンガンなんてぇことはねぇだろうなぁ。

当然窓全開で、扇風機に団扇だろうけど、

あっ、被害者国民、首括って自殺してるんですけど・・・・・・

「計画停電」を実施する。
加害者のくせして(嗤)。


  


Posted by 昭和24歳  at 21:12Comments(2)

2011年06月30日

【脱原発解散】どうした自民党 !!???

【脱原発解散】
どうした自民党 !!???




谷垣総裁「解散するなら受けて立つ」

 自民党・谷垣総裁は29日、菅首相が「脱原発」を掲げて衆議院の解散に踏み切る可能性について、「今すぐ解散というのは非常識だ」としながらも「解散するなら受けて立つ」と述べた。

 谷垣総裁「三陸や何かを見ていると、福島を見ていると、今すぐ解散というのは、私は非常識だと思います。だけど、あの人(菅首相)はそういうことをやりかねないところがありますから、それは、そうやったら受けて立たざるを得ませんね」

 菅首相が28日に、エネルギー政策が「次の国政選挙で最大の争点になる」と述べたことをめぐっては「脱原発を争点に解散に踏み切る可能性をにおわせたものではないか」との見方も出ており、谷垣総裁も一定の警戒感を示したもの。

<引用: 2011年6月30日 0:36 日テレNEWS24>
ソース:http://news24.jp/articles/2011/06/30/04185469.html


まあ、イロイロ言われてますけど・・・・・・

たしかに、「東電族」って特権ですけど、つまり公家です。

っていうか、「行政の言うとおり」ですから、誰が悪いっていったら、

60有余年のアレ、

「政府自民党」

結局、原発って核開発の延長線上にあるわけです。

まあ、ソレで敢えて「平和利用」とか言ってるわけですけど・・・・・・

ソレって、まあ、「嘘も方便」の最たるもんです。

まっ、電力会社だって、いくら儲かるからって言ったってです、

「あんな不気味なもの」(マダラメ発言)

で、金儲けしたくないわけです。

つまり、コレまで、経団連、まあ東電の「木田川会長」とかですけど、

そら、政府自民党、「国策」っていうか、占領軍の命令です。

まあ、普通に考えたら、原爆落とされて惨憺たる状態の敗戦国が講和後即、

「原子力委員会」

なんて、ブラックジョークもいいところで、しかもそのトップが、アレ、

A級戦犯容疑者の「正力松太郎」だときたら、そら、想像に難くない(^^ゞ

当然、政府自民党下でのことですから、福島第一原発の原子炉は「米国製」です。

つまり、昭和30年代っていったら、戦後なわけですから、断れない・・・・・・

っていうか、まあ、原発を稼働することによっての「核爆弾」の材料抽出。

まあ、今日に至っても、IAEA の監視下、管理下です。定期的査察とか。

つまり今回のこの原発事故で分かっちゃったわけです。

「計画停電」

コレって、法律に則ってですから国民、否も応もないわけです・・・・・・・

で、大口利用の企業が、まあ、ほとんどが「自家発電」あるわけですけど、15%削減とか。

つまり、法律だから、従わなければ「非国民」なわけです。

で、「計画停電」だけど、「原発止めたらこうなります」っていう、政府デモンストレーション。

つまり、まあ、元政府自民党は呪縛でしょうか、「原発」という国策、行政システム、そして・・・・・・

「日米安保」(日米同盟)

まあ、それが、一体何のためなのか、だったのか・・・・・・

まさに「原発」とは「アメリカ」そのもので、つまりこういうことです、

「脱原発」は「脱アメリカ」

まあ、その意味では同じ第二次世界大戦敗戦国、「日独伊三国同盟」なんだけど、

まっ、いち早く「国」としての意思を強烈に表わしました。

まあ、皮肉にもです、「日独伊」だけど、「日本」の原発事故被災を受けてって(^^ゞ

まっ、にもかかわらず、っていうか当事者、当事国で、とくに福島の人々、将来が見えない。

それでも、そのヒエラルキーの幻影から抜け出せない、強いて言うなら旧政府自民党。

「原発を止めたら日本経済がダメになる、復興どころではない」

まあ、この論に至っては極めて非現実的で、ソレを認めたくない・・・・・・

つまり、原発教というか、原発原理主義思想みたいな、極めて幼稚な、世襲だからか(^^ゞ

っていうか、この戦後構造、一つの特権にどっぷりつかっていた階層にとっては、

「脱原発」

それは、信じたくない現実でしかない。

まあ、この狭小な、カリフォルニア州ほどしかない国土に54機の原発って・・・・・・・

狂気です。

そしてさらにそれを増やそうとしている政官財が。

狂気です。

まあ、菅政権だけど、その狂気集団と相討ちでどうでしょうか ???

この日本の政治が、

「脱原発」

を言い出せない理由がソコにある。

まあ、独伊との相違 ???

【脱原発解散】
どうした自民党 !!???


  


Posted by 昭和24歳  at 15:48Comments(0)

2011年06月29日

【温故知新】未来の子どもたちへ。

【温故知新】未来の子どもたちへ。



取り返しのつかないことをしてしまった・・・・・


福島第一原発、汚染水浄化処理システムを停止

 東京電力は29日、福島第一原子力発電所の高濃度汚染水を浄化処理するシステムの一部で、漏水を示す警報が同日午後3時ごろに鳴ったため、システム全体を停止したと発表した。

 警報が鳴ったのは、処理水タンクやポンプなどがある集中廃棄物処理施設の建屋(サイトバンカー建屋)。東電は、実際に漏水しているかどうかなどを含め、警報が鳴った原因を調べている。

<引用:読売新聞 6月29日(水)18時35分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000850-yom-sci






昭和24年に生まれた僕らは「未来の子どもたち」だった・・・・・

漆黒の戦乱、戦渦に過ごした祖父母、父母世代はその「未来の子どもたち」になにを託し、なにを遺しただろうか。


僕らの時代も、そして今も、いわゆる「大東亜戦争」と「太平洋戦争」の歴史的検証が『日本史』の中で全くなされていません。
そのことは現代に生きる僕ら、そして「未来の子どもたち」にとって生存する上で“羅針盤”のない船にいるようなもの・・・・・・
戦後(敗戦後)60余年、そのときの「未来の子どもたち」のほとんどが“還暦”を迎え、今やその子、孫が社会の中心をなし、就学年齢に達するそんな時代。

その時代に、政治は腐敗と混迷、世界一優秀と言われた東大閥の官僚が行政する“国家”は極めて不審の様で、
「政治は三流、経済は一流」といわれた高度成長期の「財界」、経済は己の利益ばかりに腐心し、
国民大衆の日々の生活を困窮に貶めても平然とする。それどころか「当たり前」とさえの暴言も聞き及ぶ昨今。

この国はこれから、いったいどんな国になっていくのだろうか・・・・・・・

「改革、改革」と言った内閣は、当初30年後には無料解放と言っていた「高速道路」を永久有料の「民営化」、つまり個人の集合体の『私有物』にし、
法律加護下の国民の虎の子、「郵貯・簡保」をやはり「民営化」、株式化して『私有物』にしようとしている。

そして「美しい国」とか言った内閣はこれも国民のなけなしの年金掛け金総数“5,000万件”を該当者不明とさせ、
挙句“140兆円超”あるハズの年金掛け金になぜか言及せず「年金保険料」を上げ(増税)、年金給付年齢を交代(増税)させ、
しまいには「給付額」を減少(増税)
させると言った暴挙に・・・・・

「私の内閣で絶対にやります。出来ないことは言わないんです」。

と大法螺を吹きながら「出来ないことは・・・・・」どころか、何にもしない内に1年と経たずに、
嘘八百八百閣僚の3名もの辞任騒動と、前代未聞の現役閣僚自殺といった汚点を残し、突然内閣を放り出してしまった。

そして今次、「生活者中心の政治」を言いながらの内閣は、
その生活者の中の「弱者」から真っ先に絞るといった悪代官さながらの「後期高齢者医療制度」と言った“姥捨て山政策”を実施。
さらに「生活者」を言うなら、国民生活にとって欠くことのできない“ガソリン税”増税と、パーパー商法に詐取されるがごときの石油価格暴騰に全くの無策。

世界でトップレベルと言われた行政官の“官僚”の下での政治・・・・・・
戦後、いつからか、復興期から高度成長期に、そしてその成長期の微温湯の中それら“政官”、
そして経済までが、嘘に嘘を重ねて暴利を貪る。そしてあろうことか国民生活の基盤でもある「労働」までを「日雇い制」で低賃金化させ、
正規雇用はせず、 「労働市場」から「人身を買い集めて」史上空前の高収益と饗宴する。

なぜだ、どうしてなんだ・・・・・・??!!!

一般国民大衆はそれでも懸命に生きようとしている。生きている。

それなのに、物価は上がり、所得は減少、実質増税の公共料金の値上げ。

挙句が800兆円という想像も出来ない負債があるという。
いやそれどころか地方自治体にもわかっているだけで300兆円からの負債が、さらに国、地方には「隠された借金」も。

そんな中、北朝鮮がどうしたとかの全てが作り話、寓話の類の外交偽装。
日本政府は日本国民に対して、この『ニッポン国』がどんな状況にあるかきっちりと情報公開する。
いや、国民自身がそれを要求し、させる。

本来、それが「国会議員の仕事」のはずだが国会議員にはその権能は全くない・・・・・
その“権能”が機能したのは戦後の一時期だけではなかったか。

つまり、国会というところに年間“1,000億円”から投じる税金は全て無駄ガネということになる。
事実、この間、国民生活、何かが良くなっただろうか?

頻発する陰惨な事件、親殺し、子殺しや通り魔事件、自殺・・・・・・
未だに絶えない政官財の談合、贈収賄汚職、公官庁の裏金犯罪。そのたびに逮捕者が出ても一向にそれがなくなることはない。

優秀である官僚の政策で「都市計画」がなされ、結果、地方の都市という都市の「街は破壊」され、地方中核都市の商店街は壊滅的状態。

妙に符合する「戦前の官僚」と「戦後の官僚」。

かの大戦の責任は一握りの征服軍官僚が責任(絞首刑)を取らされただけで、
ほとんどの優秀な官僚は総理大臣になったり、閣僚大臣になったり、政治家になったり戦後解体された財閥の責任者になったり・・・・・

実は何も変わらなかった(笑)。

戦争に負けて、一般国民300万人余の犠牲を出すも、戦争を遂行した責任者は何ら責任を取らずに平然と為政する側に。
今も変わらず、公害で国民を苦しめようが、薬害で国民を死に貶めようが、税金を横領詐取しようが、責任者は一切「責任を取らない」。

実に笑える話ですが・・・・・・

「責任を取れ」とは法律に書いてないのだそうです。

当然と言えば当然かも知れませんが、「自分を縛る縄を綯う」泥棒はいませんよね(笑)。


【温故知新】未来の子どもたちへ。

  


Posted by 昭和24歳  at 21:06Comments(2)

2011年06月29日

レディー・ガガさんを告訴、寄付金の一部着服とか。

レディー・ガガさんを告訴、
寄付金の一部着服とか。




まあ、「歌姫」とかですけど、さすが英語圏は・・・・・・
極東の日本語圏のソレとは違いすぎ(^^ゞ





レディー・ガガさん訴えられる 寄付めぐり「一部を着服」と弁護士グループ

 米人気女性歌手レディー・ガガさんが東日本大震災の被災者支援のためとして販売したリストバンドをめぐり、ガガさんや関係者が収益の一部を着服したとして、米国の弁護士グループが27日までに、損害賠償を求める訴えをミシガン州の連邦地裁に起こした。同グループが明らかにした。実際にバンドを購入した人が参加できる集団訴訟としたい考え。

 ガガさんが「収益は全額寄付される」とうたっていたにもかかわらず、送料を水増しするなどの方法で、一部を着服したと主張している。着服したとする額や賠償を求める額は明らかにしていない。

 このグループはこれまでに、消費者保護などの分野で活動実績がある。

 ロイター通信はガガさんと関係者にコメントを求めたが、ガガさん側は返事をしなかった。(共同)

<引用:2011.6.28 11:48 産経ニュース>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/news/110628/amr11062811500005-n1.htm

まあ、告訴だから、ソレが、つまり、水増しとか着服が事実かどうかは・・・・・・

コレからの裁判なんだけど(笑)。

まあ、風評ですけど「米国の弁護士グループ」ってつまり、“事件屋”みたいな(^^ゞ

で、もしそれが事実だとして、どんだけ送料を「水増し」して、どんだけ「着服」しっちゃったのか???

まあ、多分、レディ・ガガさんちだから金額も金額で、っていうか、実際「被害者」っていう実態、

っていうか、被害者の特定が難しいわけだから、「損害賠償請求」の結果・・・・・

「弁護士費用だけ」みたいな(^^ゞ

で、ネットで話題がコレです↓

額に不満?アッコ ガガの震災寄付金「少ない」  

 歌手の和田アキ子(61)が26日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で発言した内容がインターネット上で物議を醸している。

 番組では米歌姫レディー・ガガ(25)を特集。東日本大震災の被災地復興のためにポケットマネーを含む約2億4000万円を寄付したことを紹介した際に、和田が「(年収72億円ともいわれる)ガガにしては少ないと思うんだけど」とポツリ。この放送直後、簡易投稿サイト「ツイッター」では「発言に気をつけて」「お金をくれただけでうれしいと思う、普通は」など反発する意見が数多く投稿された。

<引用:スポニチ 2011年6月27日 06:00 >
ソース:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/06/27/kiji/K20110627001096980.html

まあ、ヒトの懐にケチつけるって、和田アキ子さんもアレですけど・・・・・・

61歳ですか、下手したらガガさん25歳、孫娘みたいな(笑)。

まあ、信じたくないんでしょうけど、時代の変遷とか、誰しもだけど。

チョット、“地デジ”だとキビシイかも、誤魔化せないし(^^ゞ

ところで、“ガガ、ガガ”五月蠅いのが今の国会っていうか永田町っていうか(嗤)。

「原爆解散」か、「終戦記念日解散」ですね。

まあ、「郵政解散」の完パクですね(嗤)。

「脱原発解散」とか、下々、小市民は、脱原発でしょうから、きっと。

だって、いつ爆発するか分からない「時限爆弾」みたいなもんだってぇことが、

証明されちゃったわけですから、福島で・・・・・・

レディー・ガガさんを告訴、
寄付金の一部着服とか。

  


Posted by 昭和24歳  at 08:57Comments(0)

2011年06月29日

「力道山がやって来た」わが街たかさきエトセトラ

「力道山がやって来た」
わが街たかさきエトセトラ




なんとなく「力道山の時代」を考えた。
ところで、みなさんは・・・・・
“力道山”を憶えているだろうか?




「憶えている」。

とかということは、リアルタイムでの“力道山体験”がなければ始まらないのだが・・・・・・

まあ、昭和24年生まれの僕が10歳の頃の話だから若い人たちからすればだいぶ昔の話になる。

50年以上昔。つまり半世紀前である(^^ゞ

それはまだ太平洋戦争終結、無条件降伏、敗戦から10年そこそこの時代の話なのだから、

僕の末娘に言わせたら、その“力道山”の話は江戸時代とそうは変わらないように感じているらしい(笑)。

憶えているとすればせいぜいが、今50歳代以上の昔の若者しかいないだろう・・・・・・・

僕の街に「プロレス興行」が来た。

台町にあった県立高崎商業高校の校庭に設えた、特設リング。

スカイ・ハイリーにヘイスタック・カルホーン、そして、芳の里、豊登・・・・・・



・レフリー:沖シキナ ・セコンド:ユセフ・トルコ

豊登はあの「パッコ~~~ン」という、腕を振り回すように交差させての、パフォーマンス。

プールで、銭湯で悪ガキ、みんなで真似したもんだった(今でもできる)。

そうだ、力道山は「MG」のオープンカーで、街をパレードしながらその校庭の会場へ入ってきた。

僕が小学校の5年生の頃の話だからそれは、昭和34年の頃。

季節はちょうど今のような梅雨時だったような・・・・・・

あの噛みつき吸血鬼“フレッド・ブラッシー”はまだ参上していなかった。

「吉村」なんかはどうだっただろうか。

そうだ「芳の里」、あの下駄の芳の里だ。

素足にゲートルのようなものを巻き「カタッカタッ」と下駄を鳴らして入場してきた。

キング・コングなんていうのもいた。ボボ・ブラジル、オルテガ、シャープ兄弟・・・・・

身体に鎖を巻きつけバスを引っ張るとかのプロレスラーは何といったか?

それが「ヘイスタック・カルホーン」だったかが定かでない。



おや、自民党副総裁の大野伴睦の姿が・・・・・
(自民党がヤクザな時代いでした)

大分古い話だ・・・・・・

もちろん小学生だった僕がその会場に入れたわけではない。

ひと目でも“力道山”を拝みたいがためにその高商の中を仲間とうろうろ(^^ゞ

とにかくその時代は“力道山”といえば神様のような存在だったのだから。

僕らが子どもの頃の遊びといえば“メンコ”や“ベーゴマ”。

そのメンコやベーゴマにはそのプロレスラーの絵柄が大人気だった。

またプロレスのほかには“相撲”も人気のある絵柄だった・・・・・・

吉葉山、鏡里、千代の山とかで、未だ、「大鵬、柏戸」はいないそんな時代。

そういえば、相撲の場合はベーゴマよりも“メンコ”のほうに人気があったようだった。

白黒のテレビの頃の話だ。もちろん“白黒テレビ”とはいえどこの家にでもあるという代物ではなかった。

当然、僕の家にはまだなかった・・・・・・

僕らは近所の悪がきが連れ立って近くにある魚市場の休憩室にあるその神々しい“電気テレビ”を、

傅くようにして見せていただいた思い出がある。

そうだ「野球は」。、野球といえば当時は“川上”が引退寸前の頃だろうか、

長島がまだ立教の『野球学部』の時代、稲尾、中西、豊田、そして巨人軍の監督は水原茂監督。

赤バットの川上、青バットの青田と、選手も監督もえらく“ゴッツイ”そんな時代だった。

あの時代の「パワー」。今思ってももの凄い時代だったなあとふり返る。 

暗殺された、浅沼稲次郎。ズーズー弁の佐々木更三委員長。

野球の解説は、なにかにつけて口癖のように・・・・・・

「まあ、なんと申しましょうか」

と言っていた小西トクロウ。そしてその「「なんと申しましょうか」はその時代の流行り言葉にもなった。

何れも荒涼とした焦土だったが、軍国主義から開放され、国民大衆がようやくその時代の変革を肌で感じ取った・・・・・

そんな時代の“力道山”だった。

英雄“力道山”

敗戦国のニッポン人が戦勝国、占領軍のは巨漢の白人を空手チョップでなぎ倒す。

いや、それは、当時の子どもよりも、その敗戦に打ちひしがれていた大人たちの喝采が。

しかしあの頃の父母たち、今日を想像しただろうか。父は48歳、母は38歳。

こんな未来なんて想像できなかったろうに。

そんな時代の父母の齢をもうとっくに過ぎている僕がここにこうしている。

そんな“力道山の時代”の子どもたち。

みんなどうしてるかなぁ・・・・・・

“力道山の時代”の子どもたち。

そして力道山の突然の“死”は中三の時。

創られた英雄「力道山」

「力道山がやって来た」
わが街たかさきエトセトラ


  


Posted by 昭和24歳  at 06:44Comments(1)

2011年06月28日

ギター工房再起動するⅡ

ギター工房再起動するⅡ



1992年、LAの工房で、Dave 社長と・・・・・

で、後ろにあるのが20年、30年とシーズニングされた木材。

ソレをデザインして行くのが至極の喜びです。




アニメ「けいおん!」“モデル”京都の楽器店 修学旅行の“聖地”に

 古都・京都に、関東などからの修学旅行の女子高生が訪れる“聖地”がある。京都市中京区にある楽器店「JEUGIA(ジュージヤ)三条本店」。店内のあちこちから、女子高生の携帯カメラのシャッター音が聞こえてくる。

 平成21年に放映された深夜アニメ「けいおん!」(TBS系)は、廃部寸前の軽音楽部を4人の女子高校生が立て直す物語。楽器に触れたこともないヒロインの一人がエレキギターを購入、バンド活動の第一歩を踏み出す場面に登場する店が「10GIA」だ。

<抜粋引用:2011.6.28 08:13 (1/2ページ)産経ニュース>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/life/news/110628/trd11062808140007-n1.htm

「けいおん」とかだけど・・・・・・

僕らの時代とは隔世です。当たり前だけど(笑)。

で、娘が高二で、「けいおん」です。

で、高校入学と同時に始めた「ベース」、ちょうど丸一年だけど、

まあ、親バカですけど、専門家のはしくれとしては、

「コイツ、イケます」。

まず、「耳」がいいってぇこと、&多少楽譜が理解できる・・・・・・

で、パパ(僕のこと)がドラム教室やってるってぇのに、ドラムじゃあなくて敢えてベースって、

つまり、僕に叱られるのがいやだから(嗤)。

たしかに、中学の時何度か教室でトレーニングしたんだけど、自分の娘だと怒っちゃう。

まあ、他所様のお子様は徹底的に誉めちぎりますけど、でも、「褒め殺し」ではありません。

誉めることによって、ものすごく上達が早くなります、個人差はありますけど。

そんなわけで、娘、始めて一年にしてはかなりの上達、練習を聴いてても、グッドです。

で、「ギター工房再起動」だけど・・・・・・

「ギター工房」っていうか、ギターの製作会社。

34歳から始めて48歳まで東京の某所でやってたわけです。

そのギター製作会社、元々はアメリカ人がオーナーで、で、イロイロあって、

つまり、アメリカ独特の「ビジネス」ってぇやつでしょうか、

オーナー、見切りつけるのが早くて、2年ほどでアウトで、そのギターメーカー・・・・・・

まあ、一世を風靡しましたね。でも、やっぱり浮き沈みが激しい世界ですから、

大量に在庫を抱えたまま休眠でしょうか。

でも、昭和64年に本格的に日本でのセールスを再起動させた、昭和24歳。

まあ、アメリカから送ったPUアッセンブリ―とかハードウエアを東京の某所で組み立てて、

ボディ、ネック部分はアメリカにもそうは在庫がありませんでしたから、

ソレでも、総数は200台分くらいはあったでしょうか、アメリカからギタービルダー職人を呼んで、

最初のセールス分は徹夜の連続でセットアップ。

で、その他のボディ、ネックの木地材はアメリカで買い付けたものを・・・・・・・

中信は松本の生地職人のところで、まあ、完成度100%を要求するわけです。

木取り、木工、磨き、そして塗装と、そんなわけですから当然、韓国製とかが増え始めた時代、

ギターの価格はどんどん下がってゆく中、僕んちだけはどんどん高くなって行く(笑)。

一番高価だったのは、それでも54万円のオールローズのオールオリジナルパーツ。

ってぇのも昭和60年、アメリカ製のオールローズのボディ、ネックは、

ボディが12万円(定価)、ネックも12万円で、テレキャスタータイプだったんですけど、

ハンドメイド、オリジナル、ピックアップアッセンブリ―がやはり12万円(HBPUx2)・・・・・・

それに、オイル仕上げにラッカー塗装、まあ、仕上げに1カ月はかかりますから。

そんなわけで、小売店卸値が、いわゆる65掛けですから、そんなわけでよく売れたなぁと(^^ゞ

まあ、僕んちの製品ですけど、アメリカで一世風靡していた頃は、っていうか、その頃はっていうか、

始まりは、「リプレースメントパーツメーカー」で、まあ、その時代の直前まで、アメリカのロックは終わってました。

つまり、「70年代の終焉」です。まっ、並いるロックバンドは解散したり、休活したり・・・・・・

で、そんな中でも活動していた、ジェフ・ベック、リッチー・ブラックモア、

そしてフ―のピート・タウンゼントとかとか、で、日本ではまだいませんでしたね使ってる人。

たしか、1977年です。長女がちょうど10か月になった1月のLA、ウィンターNAMM。

アメリカに行ってた元バンドメンバーからの電話・・・・・・

「ユー、スッゲェーギターメーカーがデビューだぞ !! 」

で、そいつ、LAのハリウッドで、「リペアショップ」やってて、そのリペアショップ仲間が立ち上げたんだとか。

で、行きました、VG、アンカレッジ経由で、チケットRTで11万円(FIX)、今じゃあ信じられないけど・・・・・・

で、“NAMM”です。アナハイムコンベンションセンター。ディズニーランドのすぐ近くっていうか、

道を挟んでディズニーランド。で、その頃はまだ周りはストロベリーフィールドだらけ(笑)。

まあ、なんていうか、その時の“NAMM”は異様な雰囲気に包まれてました。つまり、時代はアメリカ、

戦後復興です。ベトナム戦争に負けちゃったわけですから。

たしかに、反戦で、「ロック」最高潮に達したのが“WOODSTOCK”1969年・・・・・・・

その意味では全てが終わったアメリカ。そしてベトナム戦争に徴兵されたアメリカ軍兵士は「団塊世代」。

まあ、そんな時です、アメリカのミュージック・ムーヴメントっていうか新たな萌芽です。

クロスオーヴァーとかフ―ジョンとかで、アースウィンド&ファイヤー(EWF)とかTOTO(東陶?)

で、LAが本場でしたその時代、で、まあ、フェンダーもギブソンも落ち目の三度傘でしたから(笑)。

作りの悪い、70年代のソレらは、まず「リペア」しないと使い物にならないとか、で・・・・・・

ボディ、ネックのリプレイスとか、ピックアップアッセンブリ―の、ハードウエアのリプレイスとか、

そんなわけで、LAを震源に、いわゆる「コンポーネントギター」の誕生です。

まあ、僕んちは元祖だったわけです。まっ、僕がソレに最初にかかわったのは1982年でしたから、

その元祖「コンポーネントギター」も本国では終わっちゃってました。

で、その間日本でも「スタジオミュージシャン」がバリバリの時代になってきたわけです。

で、日本でもフ―ジョンとかの大ブームで軽井沢でのスティーブ・ルカサーが使ってましたね。

「ルカサーー・レッド」(シー・スルー・レッド)のやつで、レッドブラスのピックガード。

あっ、ピックアップアッセンブリ―をリプレイスしたストラとをジェフ・ベックが使ってましたね。

まあ、僕んちでエンドースしていませんでした、当時の日本の代理店でした・・・・・

で、イロイロあって、代理店契約も終了して直接製造卸ですからそら大変なんてぇもんじゃあなかった。

もっとも、若かったけど、でも、34歳の秋でした。

で、エレキの行商ですけど、日本全国(沖縄以外)沖縄以外は全国行脚(笑)。

まあ、コレからはネットの時代ですから、まあ、歳だし全国行脚はないけど、

ユーザーの創りたい音とか、そのジャンルにあったサウンド創り、

ピックアップも、パーツもオリジナルで作っちゃいます。

で、まあ、工房直販ですので、時にはアウトレットも出しちゃいましょう・・・・・・・

まっ、相談事だけでも結構ですので、メールでもください。

あっ、仙台の“K”さん、あっ、K楽器のです。このたびは災難でしたね。

メールしようと思ってるんですけど、あのHPから検索できません。

それと、札幌の時計台ショップで主任だった“I”さん、なんでも仙台に転勤になって、

ご実家、石巻の駅の近くで雑貨屋さんだったとか・・・・・・

案じております。よろしかったらメールなどを、ぜひ。

ギター工房再起動するⅡ

  


Posted by 昭和24歳  at 14:17Comments(1)

2011年06月28日

「原子爆弾発電所は経済的」麻生太郎元首相

「原子爆弾発電所は経済的」
麻生太郎元首相




まあ、麻生太郎元首相ですけど、
大久保利通の玄孫で、吉田茂の孫・・・・・・


つまり、こういう人ばっかなわけです、自民党(^^ゞ

国民っていうか、下々の暮らしなんて分かりませんね。

だって、「カップラーメンは400円くらい?」ですから・・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=Pld9x7Se96Y




原発の経済性力説 麻生元首相が講演 新居浜

 自民党の麻生太郎元首相が26日夜、新居浜市のホテルで「これからの政治と、日本の再生」と題し講演。東日本大震災を受け迷走を続ける菅政権に「政府が変わるたびにエネルギー政策が左右したら大変なことになる」と指摘。次期衆院選で脱原発への賛成、反対は争点にならないとの考えを強調した。
 党県第3選挙区支部が主催。麻生氏は太陽光発電で代替した場合、設備稼働率の違いなどから電気料金が原発の10倍に跳ね上がると主張。「工場は海外に流出し、失業者が増える。その失業保険は、いったい誰が払うのか」と国民負担が増すことになると見通した。
 社会保障と税の一体改革で財政再建へ意欲的な菅政権には「政府が今やるべきは財政再建ではなく、復興が緒に付くまでの財政出動だ」と述べ、港湾や道路などの社会資本の充実、電柱の地下埋設などを例示。国内総生産(GDP)の2~3%成長も可能になるとの見方を示した。

<引用:2011年06月27日(月) 愛媛新聞社>
ソース:http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20110627/news20110627937.html

>麻生氏は太陽光発電で代替した場合、設備稼働率の違いなどから電気料金が原発の10倍に跳ね上がると主張。

まあ、「カップラーメンが400円」だから・・・・・・

下々の電気料金だって知りません(嗤)。

っていうか、麻生太郎ですけど、親父は麻生多賀吉衆議院議員で、

吉田茂元首相の娘婿で、九州財界の重鎮とか。

で、ザックリ、生前は「九州電力会長」ですから、まあ話になりません(^^ゞ

で、脱原発だと「電気料金が10倍」って、まあ、計算できないからヒラメキです。

まあ、ソレを言っちゃったら、福島第一原発事故で少なくとも4機の原発は廃炉だし、

まっ、5号機も6号機もアウトなわけですから・・・・・・・

まあ、福島第一原発全部アウトなら、東京電力料金10倍になっちゃうかも(^^ゞ

現状、東電、メルトスル―しちゃった原発、放っておいたら大変ですし、

まあ、「なんか一生懸命やってます」みたいなポーズで「汚染水処理」とかだけど、

まあ、失敗の連続っていうか、まあ最初からどうにもないことあかってやってるわけだけど、

コレで、フランスの「アレバ社」とか、報道が事実っていうか・・・・・・

“村上誠一郎”自民党衆議院議員の国会委員会質問が間違ってなければアレです、

トン当たり、ナント、2億円とかですから、ソレが20万トン現在溜まっちゃっていて、

さらに、毎日、数百トン、数千トンの規模で発生しちゃってるわけですから、

そら、東電の電気料金、10倍になっちゃうでしょうね。

だって、福島第一原発事故の収束って、全く先が見えないわけだし、

20数年昔の“チェルノブイリ”だって、現在進行形なんだから・・・・・・・

そら、旧ソ連(現・ベラルーシ)と日本とじゃあアレ、制度が全く違うわけだし、まあ、補償もです、

ソレだけで年間数兆円、しかも被災、被害は拡大の一途ですから。

まあ、当然、現在の全国48機の原発も、まあ、発電コストって、原発建設費と燃料代しかですから、

そら、一番安いとかって「偽装」されちゃってますけど、別口から税金がドップリです。

まあ、原発って、「原子爆弾」ですから、「核のゴミ」がでます。

で、そのゴミの始末ができないから、「再処理工場」とかいって、「プルトニウム生産」です。

で、なおかつ、そのプルトニウムの燃えカス、「使用済み燃料」にはムチャクチャな税金を充てて、

数百年、「半滅期」ですから、地下数百メートルにガラス個体化させてって・・・・・・

オイッ、麻生太郎、一体いくらおカネがかかると思ってるんだ !!???

オマエんちの財産がいくらあるか知らないけど、そっくりあてたって箸にも棒にもかからない、

っていうか、オマエだって、元をただせば「下々」なわけだし、そう先だって長くはないわけだし、

バカなことを言っていてはイケません。もう終わっちゃってるんですから、アレ・・・・・・

で、まあ、護送船団ですから、経団連とか、コレ↓

<経団連>米倉会長 再生エネルギー法案で慎重対応求める

 経団連の米倉弘昌会長は27日、東京都内で講演し、菅直人首相が早期成立を目指す再生エネルギー法案について、「性急な導入が電力価格の上昇をもたらすことになれば、地域経済の弱体化や雇用喪失につながりかねず、国民生活に及ぼす影響は計りしれない」と述べ、政府に慎重な対応を求めた。
<抜粋引用:毎日新聞 6月27日(月)19時15分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000053-mai-bus_all

まあ、さんざっぱら、政府自民党とツルンデましたね、経団連とか。

で、税金を払うどころか、税金払い戻しで成長してきた財閥企業のサラリーマン社長・・・・・

つまり、成り上がりですから、そら抜け目がないわけです。

まあ、「大学は出たけれど世代」で、「60年安保世代」です、で、東大法科だから、

その意味では「護送船団」で高度経済成長の「勝ち組」。

まあ、従兄にもいます、「大学は出たけれど」で、「安保ンタン」世代・・・・・・

まあ、この世代、ほとんど終わっちゃってるわけですけど、後期高齢者ですから、

>「性急な導入が電力価格の上昇をもたらすことになれば、地域経済の弱体化や雇用喪失につながりかねず、国民生活に及ぼす影響は計りしれない」

まあ、「脱原発」はイカン、っていいたいわけなんだろうけど・・・・・・

だったら、米ちゃんちの住友化学で福島第一原発、買取ったらどう !!???

今なら、ムチャクチャ安いと思うけど、セシウム、プルトニウムとかの放射能つきだから。

そういやぁ、米ちゃんちの瀬戸内には原発一機もないです。

瀬戸内海とま口には山口と愛媛にあるけど、あっ、東京湾にもないです。

安全の確認ができたら東京湾にも原発を、まあ最大電力消費地ですから、地産地消です。

まっ、石原都知事も「原発推進派」だし、オリンピックよりもそっちの方が・・・・・・

「原子爆弾発電所は経済的」
麻生太郎元首相


  


Posted by 昭和24歳  at 11:18Comments(1)

2011年06月27日

NHK、有働アナ“同性愛”信者をアサイチで告白!

NHK、有働アナ“同性愛”信者、
番組、アサイチで告白!




どうしたNHK…有働アナ、朝から「セックス」連呼2010.06.24

あっ、コレ↑去年の6月24日の記事(zakzak)の時だけど・・・・・・

また、、面白すぎます、NHK、有働とか(笑)。

で、今回は、“同性愛”がどうしたとか、こうしたとかです。

コレ、↓

NHK衝撃、ナマ告白!有働アナ“同性愛”信者だった

 V6の井ノ原快彦(35)とともにNHK「あさイチ」(月~金曜、午前8時15分)の司会を務める有働由美子アナウンサー(42)が、またまた朝からぶっとんだ発言で注目を集めた。マンガの特集で、男同士の同性愛を描いた「ボーイズ・ラブ(BL)」の信者であることを告白したのだ。

 有働アナといえば、同番組中に、脇にかいた汗ジミが見苦しい-という苦情ファクスを自ら紹介して堂々と謝罪、また、あるときは番組前の朝ドラでボロボロに泣きながら番組をスタートするなど、天真爛漫ぶりが注目の的。24日の放送でも、NHKアナのタブーを打ち破るような告白があった。

 この日はマンガの特集で、最近はやりの「BL(ボーイズラブ)コミックス」を扱う書店や、男性同士のセクシー画像を紹介。そして有働アナ自ら、「あたしBL読んでる。男女の恋みたいに簡単に結ばれないから切なくて良い!」と熱い支持を表明したのだ。

<抜粋引用:2011.06.27 zakzak>
ソース:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/

>「あたしBL読んでる。男女の恋みたいに簡単に結ばれないから切なくて良い!」

で、「ボーイズライフ」とかって全く分かんないんですけど(^^ゞ

オカマとかゲイとかの世界なんでしょうか ???

まあ、男の世界にもいろんな世界があるんですね・・・・・・・

いわゆる「男色」とかっち、いうんでしょうか、分からん世界ですけど(笑)。

もう、亡くなっちゃいましたけど、知り合いの人でいました。

まあ、両刃なんですけど、昔、まだ古い高崎駅だった頃、夜な夜な現れます。僕が20代の頃、40代でした。

まあ、物色してたんでしょうか、ボーイズライフとかです(^^ゞ

近所の寿司屋のオヤジだったんですけど、まあ、バンドマンには良くしてくれました。

で、普段はそら、江戸前ですから、「テヤンデェ」の世界なんですけど、お酒が入ると、オネェになっちゃうんです(^^ゞ

まあ、一つの「趣味の世界」なんでしょうか、分かりませんけど・・・・・・・

それにしても、NHKの有働アナ、「わかっちゃう」なんて凄すぎです !!

まあ、けして美人というわけではなく、どこにでもいそうな、まあそんな感じです。

NHKって、女子アナ、なんとなく落とし所みたいな、あっ、「黒田あゆみアナ」お局の風格ですね。

ヒストリアとか・・・・・・・

あっ、今は「渡辺あゆみアナ」でしたっけ。


NHK、有働アナ“同性愛”信者、
番組、アサイチで告白!


  


Posted by 昭和24歳  at 19:50Comments(3)

2011年06月27日

東日本大震災、政府「お金もないけど知恵もない」。

東日本大震災、
政府「お金もないけど知恵もない」。




高橋是清と田中角栄―日本を救った巨人の知恵
男が生きにくくなった時代に、こんな「凄い奴」がいた。「だるま宰相」高橋是清と、「今太閤」田中角栄。波乱万丈、戦い続けた「巨人」二人には驚くべき酷似点があった。放蕩三昧もあったが、常に「公的利益」を優先、また勤勉だった。この二人の男の生き方に、今の閉塞社会を打ち破る多くのヒントと、生きる知恵が発見できる。この本を読めば、元気が出る。




日銀が墓穴掘る不都合な事実 国債引受でも高インフレ回避 是清の妙手今こそ実行の時だ

 週刊ダイヤモンド6月18日号で「“高橋財政”時の日銀引き受け 国債の9割はすぐに市中で売却」という記事があった。記事の趣旨は、復興国債の日銀引受を提唱する動きに対して、昭和初期に高橋是清蔵相が日銀引受で世界恐慌から脱却した事例を都合良く利用している、と批判したものだ。

  こうした史実については、東日本大震災以前からマクロ経済政策として日銀引受を主張してきた私ももちろん知っている。高橋財政の日銀引受ではハイパーインフレにならなかった上、高橋財政下における日本の経済成長率は7%に達し、経済史上稀に見る成功例だから、日銀引受を推奨したのだ。

<中略>

 例えば、国債発行額の全額を日銀引受して、それをまったく売却しなかったら、かなりのインフレになっていただろう。しかし、9割を市中売却する、これを今に即していえば、発行額の1割程度の日銀引受ならまったく問題にならないのだ。

<中略>

  特に、私が提唱している18兆円の日銀引受は、日銀が保有する国債の償還額の範囲内なので日銀のバランスシートは拡大せずベースマネーは増えないので、ハイパーどころかインフレにもならない程度だ。しかも今年度発行する170兆円のほとんどは市中消化なので、この点からもインフレにならない。皮肉にも冒頭記事のデータはそれを補強してくれている。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
<引用:連載:2011「日本」の解き方zakzakより>
ソース:http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/

まあ、テレビでやってます。

赤ちゃんとか、小さなお子さんを抱えたお母さんの・・・・・・・

「母子疎開」

で、お父さん、つまり夫がアレ、

「単身残留」

昨夜のテレビは北海道帯広市のNPOが「母子疎開」を積極的に受け入れ。

まあ、ほとんどのそういうお母さんとか家族ですけど・・・・・・

つまり、「避難区域」とか「警戒区域」に指定されてないので、公的援助は一切ないとか。

だったわけですけど、そういうNPOが自治体に働き掛け、空いている市営住宅とかを無償で。

で、生活必需品も、全国から善意を募って、「母子疎開」の皆さんに供給。

まあ、お父さん、夫は、会社員だったりするので、「ホットスポット」がどうのこうの言われても疎開できません。

そんなわけで、東電も、政府も、まあ、全く知恵がないんですね。

まあ、当然ですけど、日常が「浮世離れ」しているわけですから、大衆の生活感覚なんてわっかりません。

で、コレ、銀座の高級クラブ「脱税ママ」です↓

銀座脱税高級クラブは東電マン“御用達”!ド派手な遊び方とは…2011.06.27

 平場のサラリーマンならいつかは遊んでみたい「大人の社交場」、東京・銀座の高級クラブ。その美人ママが巨額脱税で告発された。不景気に脱税額5000万円とは“羽振り”がいいが、このクラブ、原発事故に揺れる東京電力社員たちのご用達としても知れ渡っていた。彼らの派手な飲みっぷりとは…。

 東京国税局から所得税法違反罪で東京地検特捜部へ告発されたのは、銀座みゆき通りにあるクラブ「澤」の沢根浩子ママ(38)。関係者によると、ママは2009年までの3年間にわたり、個人所得約1億4000万円を申告せず、所得税約5000万円を脱税した疑い。売り上げなどを管理する口座とは別の口座に、ツケがある客からの代金を振り込ませていたという。

ソース:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/

まあ、「マルサ」が脱税の告発を受けて入ったら・・・・・・・

東電関係の領収書の耳とか、振り込み記録がドカッと(嗤)。

そらそうです、あの不倫(多分)西山英彦審議官も接待されてたとか(風評)。

まあ、自分のおカネだったら、黙って座って10万円なんて足が震えますから・・・・・・・

で、それプラス、お姉さんのお持ち帰りなんてことになったりしちゃったら、そらアレです、

電気料金ウナギ登りですね。

つまり、「原発は儲かるんです」じゃあなくて、ただ、税金を詐欺ってるだけですから、

アブク、使い放題です。そら、おカネもなくなるし、知恵なんか出す必要がないわけです。

東日本大震災、
政府「お金もないけど知恵もない」。


  


Posted by 昭和24歳  at 15:43Comments(0)

2011年06月27日

エレキギターな時代と、「ザ・プラネッツ」。

エレキギターな時代と、
「ザ・プラネッツ」。




フェンダー“ジャズマスター”とベンチャーズ




出演は「みゆきダンスホール」。

その時代、「みゆきダンスホール」は連日超満員だtった・・・・・・・

昭和43年、高崎中央銀座通り、今風に言うなら、

「中銀」(チューギン)

と、高二の娘はそういうが、まあ、あの頃の「チューギン」は、まさしく「銀座通り」の趣であった。

まっ、「ディスコ」とか「クラブ」とか、ましてや「ライブハウス」なんていう洒落たもののない時代の話で、

世の中、「高度経済成長」とかが騒がれていた真っ最中。

っていうか、「戦後復興」が完成され、あの、昭和20年8月15日から数えてて、

マッカーサー将軍の言った、「日本人12歳論」。

 「アメリカがもう40代なのに対して日本は12歳の少年、日本ならば理想を実現する余地はまだある」
<出典:wikipedia>

まあ、マッカーサー将軍のその真意は“wikipedia”本文に譲るとして・・・・・・

昭和43年といえば、僕ら世代、つまり、「オキュパイド・ジャパン」の赤ん坊がちょうど二十歳で、

「成人」になった、つまり、大人になった時代とでも(笑)。

戦後(敗戦・占領)すぐの、それは「アメリカ黄金文化」のトルネード、その第三波。

ジャズ・ブーム、それが下火になって、ロカビリー・ブーム、そしてベンチャーズ、ビートルズの、

エレキ・ブーム

しかし、まだそこには「ロック」なるイントネーションを含んだ物言いはなかった。

何がなんだかわからないうちに、「電気ギター」、つまり「エレキ」の誕生、まっ、アメリカではその戦勝に沸く、

そんな時代に、フェンダー「ストラトキャスター」が1954年に生産され、

それまでの、ジャズの「ギブソン」、そしてカントリーの「フェンダー・テレキャスター」から、いわゆるサーフ・サウンド、

ストラトとほぼ同時に開発されたギターアンプ「ツインリバーブ」、つまり、「ベンチャーズサウンド」の誕生。

昭和40年、オヤジが亡くなった時だから今でも忘れない・・・・・・・

リバーブをめいっぱい効かした、「アストロノウツ」の↓

♪太陽の彼方♪


で、今でこそフェンダーといえば「ストラト」なんだけど、発売当初のそれは、200ドルくらい・・・・・・

テレキャスターの後発で、いわゆる「キッズ・モデル」、サーフサウンドようなのか「トレモロユニット」の着いた。

そういえば、ベンチャーズも最初の頃のジャケ写は「ジャズマスター」で、その後「ストラト」から、

「モズライト」にと変遷していった。因みに「モズライト」のセミ・モズレー氏には1977年1月のLA NAMMで会った。

で、チューギンの「みゆきダンスホール」なんだけど、昭和30年代のダンスホールブームが去り、

僕が15歳で初舞台の、砂賀町にあった「社交ダンスホール」も既に幕を下ろしていた。

っていうか、「社交ダンスホール」の場合は、つまり「不良少年少女」の巣窟でしょっちゅう、「手入れ」補導があって、

そんなこんなで、閉めちゃったのかもしれない。ちなみに僕は補導歴はなしですけど(^^ゞ

で、昭和42年の頃といえば「モンキーダンス」に「ゴーゴー」が爆発的大ブーム。

まあ、世間でいう「不良」て云うやつ。そろそろ「フーテン」という言葉が流行り始めた頃だろうか・・・・・・

しかし、いわゆる「団塊世代」。それは、兎に角無茶苦茶いた同世代の人数、その数の青少年が「エレキ」に痺れ、

街中に繰り出していたのだから、今の少年少女どころの騒ぎではなかっただろう。

その頃の僕はと言えば、伊香保グランドホテルでエレキを弾いたり、もちろん「トラ」での仕事だったが、

つまり、18歳にして、いわれる「フーテン」だったのかもしれないけど、ちょうどそんな時だった・・・・・・

高崎ではかなり売れっ子の、っていうか僕はその意味では音楽のジャンルが全く違っていたので、

ほとんどそのグーループは知らなかったんだけど、たまたま、リードギターとドラムがプロになるために抜けたため、

近所の先輩の一言、

「プラネッツっていうバンドがドラム探してるんだけど、ヤル ??? 」

なんでも、週4回はあっちこっちのホールからお呼びのかかる、人気バンドだとか・・・・・・

で、「プラネッツ」はその「みゆき」をベースに、前橋の赤城会館、桐生、足利、熊谷と遠征していた。

プラネッツのリーダーは僕より2歳年上のボーカルの「高木さん」。

高木さん何処に行っても物怖じしない相当のロックスターだった。けして「上手い」分けではないのだが・・・・・・・

雰囲気は抜群の物があり、お得意のナンバーは「ナナ」、克巳しげるのヒット曲。

コレ、↓


まあ、ロカビリー歌手だった克美しげるの「歌謡曲」でした・・・・・・・

で、高木さん、♪ナナ♪を切実に歌いこんじゃうわけです、役者でした。

ちなみに高木さん、高商の3年のとき、「ホイホイミュージックスクール」の予選に出たとか(笑)。

そしてもう一曲、高木さん十八番がアダモの「ブルージーンと革ジャンパー」。

コレ、↓



まあ、とにかく人気がありました、高木さん・・・・・・

高木さん、得意のパフォーマンスで、「プラネッツ」ファンと言うよりも「高木」ファンが多かった。

正直…「何故?」って云う感じもしないではなかったのだが、兎に角芸人であったことは確かだ。

その芸人ぶりは今も変わらず彼方此方で披露しているようだ、風評(^^ゞ

「ザ・プラネッツ」リサイタル。

時はエレキバンドブーム真っ盛り。それこそ猫も杓子目「テケテケテケーーー」。

その頃、高崎にはそれなりに仕上がっているバンドが3つあった。

まず「プラネッツ」である。そして「ビーズ」に「マイティーズ」。

「ビーズ」。

ビーズは兄弟3人を中心に、確かドラムが従兄弟、そしてボーカルが「ジュンちゃん」。

この「ジュンちゃん」が結構名物であった。

見事な「ロングヘアー」。ルックスも、わが「ミックジャガー」よりは、もっと「ミックジャガー」だった。

あっ、「わがミックジャガー」って、高木さんのステージはストーンズの「ミック」そのものだった・・・・・・

で、ビーズのジュンちゃん、腰の辺りまで伸びに伸びた「ロングヘアー」を振り乱しながら歌う様は、

まさに「ミックジャガー」を髣髴とさせていた。

しかし、当時のボーカルは、わが「ミックジャガー」もそうだったが、

歌詞「英語」が無茶苦茶。それこそ外人が聴いたらどんな顔をするか想像するだけで可笑しい。

が、しかしそんなことはそんな事は全くお構いなしで・・・・・・・

「ロック」はハートだと言わんばかりにチンプンカンプンにノリノリの多国籍語、またそれが受けるのだから何とも云えない。

そうだ、そのミックジャガーの「ジュンちゃん」、今ごろ何処でどうしているだろうか ???

確か僕よりひとつ年上だから、今は「63歳」。

おそらく、髪の毛は「ロングヘアー」じゃあないとは思うが、風の便りも届かない。

「マイティーズ」。

このバンドは、僕とほぼ同時に「プラネッツ」のメンバーとなった、リードギター時夫ちゃんのお兄さん、

その人が、リーダーでリードギターを勤める、どちらかと言うとインストルメンツを得意とするバンド。

「寺内たけしとブルージーンズ」はお手の物だった。

お兄さんのギターテクニックは残念ながら、弟の「ジュリー」には及ばなかった。

そうそう、わが「プラネッツ」のリードギター「時夫ちゃん」はメンバー紹介の時「ジュリー」と言ってくれときかなかった。

もちろん、時夫ちゃん、このジュリーも、ロングヘアーではない。

天然パーマの縮れっ毛で、残念ながら「ロングヘアー」には出来ない。

それでも細工をして、ぺったりとはしていたがそこそこには伸ばしていてみたが・・・・・・・

やはり「ジュリー」と言うには無理があった(笑)。

しかし、そのジュリーこと、「時夫ちゃん」なかなかの好男子で、ジュリーと言うよりは、

ビートルズの「ジョージハリスン」を中国人にしたような感じだった。

そうだ、思えば「プラネッツ」、ロングヘアーは、ドラムの僕だけだった。

ベースの「中嶋さん」も癖っ毛で、ぺったりと「七三」に分けていて、そう、ルックスは当時絶大な人気を誇っていた、

あの、ブルーコメッツのベース「高橋」さんに似ていた。もしかしたら本人、意識していたのかもしれない。

昭和43年、「プラネッツリサイタル」。

群馬音楽センター、「プラネッツリサイタル」は2度目だった。

リードボーカルの高木さんとベースの中嶋さん以外は「初体験であった」。

「グヤトーン・エレキ大合戦」の二部が「プラネッツ」のリサイタル。確かその一部の大会で優勝したのが、

わが、「時夫ちゃん」のお兄さん率いるところの「マイティーズ」だった。

2000人は入ろうという「群馬音楽センター」。その、群馬音楽センターが「超満員」なのには驚かされた。

プラネッツ、オープニングのテーマ曲、そうストーンズの「タイムイズオンマイサイド」で緞帳が開いた。



ペインテッドブラック、ルビーチューズデイ、テルミーと、高崎の、角刈りの「ミックジャガー」がステージ所狭しと駆け回る。

確か、ベースの中嶋さんが、ブルーコメッツの「雨の赤坂」、ベースを弾きながらしっとりと歌う。

僕はビートルズの「イエスタデイ」と、R&Bの「サニー」が持ち歌・・・・・・・・

「三つ子の魂百まで」だろうか、その2曲は今でも空で歌える。

アレから40年チョイが過ぎ去った。リーダーで、ボーカルだった高木さんとはちょくちょく街中で会うが、

時夫ちゃん、中嶋さん、野中さん暫く会ってない。

そして、今は平成23年だけど、初夏といえば「プラネッツの季節」だった。

そんなあの頃のメンバー、今頃あの当時を夢の中を遊んでいるのだろうか・・・・・・・

エレキギターな時代と、
「ザ・プラネッツ」。



  


Posted by 昭和24歳  at 12:48Comments(0)

2011年06月26日

「原発は儲かりますから」マチ村、前原センセイとか。

「原発は儲かりますから」
マチ村、前原センセイとか。







自民党の町村氏 「脱原発」姿勢の札幌市長を批判

 自民党の町村信孝元官房長官(衆院道5区)は25日、札幌市内で講演し、「脱原発」の姿勢を強めている上田文雄札幌市長について「原発に依存しないというなら、市長の責任で消費電力を減らすのが論理。それを言わず、ただ原発をやめろというのは、いかがなものか」と批判した。

 また、北電泊原発(後志管内泊村)については、泊村など原発周辺4町村で運転継続を望む声があるとして「地元がむしろ冷静な判断をしていることに注意を払う必要がある」と訴えた。

<引用:北海道新聞6月26日朝刊掲載>
ソース:http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/301504.html

まあ、マチ村氏とかだが、万年野党です、最早・・・・・・

で、まあ、気持ちはわかるけど「与党気分」が抜けません(^^ゞ

で、コノ人、自民党ではそれなりで、外相とか、内閣官房長官だったりしたわけだけど、

まっ、世襲ですから、っていうか、スジが良くなから、まあ、

安倍、福田、まして麻生に比べたらデキはは全然いいんだけど、ダメでした(嗤)。

で、親父の「町村金五」なんだけど、内務官僚、戦前戦中の・・・・・・

まあ、北海道の「正力」でしょうか、つまり、「特高」みたいでした。

で、セガレ、蛙の子は蛙で、通産官僚を退官で、センセイに、っていう、絵に描いたような人生。

まあ、まさかの野党転落で、「原発」で、人生でしたから今更です。

で、そこいら中の原発が「検査停止」で、「再稼働」が云々なんだけど・・・・・・・

そら、福島第一原発の、あのザマアを見たら、脱原発がまともな神経なんだけど、

>「原発に依存しないというなら、市長の責任で消費電力を減らすのが論理。それを言わず、ただ原発をやめろというのは、いかがなものか」

まあ、「原発に依存」って、そういう仕組みを作っておいて依存も何もないもんだが・・・・・・

まっ、日本人の脳みそもニワトリ並みだっていう風評だから、

コレ、↓

経産省、原発再開求め佐賀で初の説明会=知事は一定の評価、参加者は不満

 経済産業省は26日、佐賀県内で原発の安全対策などについて住民説明会を開いた。定期点検停止中の九州電力玄海原発2、3号機の再稼働に向けて住民の理解を得ることが目的で、東日本大震災後では全国初。全国各地の原発周辺住民に不安や反発が広がる中、政府は今夏の電力需給逼迫(ひっぱく)を回避するため、他の原発立地自治体でも説明会を開く方針だ。
<抜粋引用:時事通信 6月26日(日)13時39分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110626-00000027-jij-pol

まあ、取り返しのつかない事例がそこにあっても、行政、ヤル気なんだから・・・・・・・

っていうか、「儲かるわけですから」、人の命なんて二の次です(^^ゞ

で、コレ↓

首相の脱・原発、前原氏「ポピュリズム」と批判

 民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市での講演で、菅首相の「脱・原発」の姿勢について、「振り子が急激に振れた時、国民の生活がどうなるのか考えるのが本来の政治だ。ポピュリズムで政治をしてはいけない」と批判した。
<引用:読売新聞 6月26日(日)18時36分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110626-00000475-yom-pol

まあ、脱原発が「ポピュリズム」っていっちゃうのも信じがたいんだけど・・・・・・

で、風評じゃあ、「高崎」もひどいらしい。

コレ、↓

群馬大の早川由紀夫教授が半径約300キロ・メートルの汚染地図を作成 茨城県南部、千葉県、埼玉県、東京都の一部 
ソース:http://matome.naver.jp/odai/2130014613548736301/2130857994872104903

まあ、町村センセイや、前原センセイが、そう言ってるんだから・・・・・・・

安全なだろうけど、「ポピュリズム」、結構です。

っていうか、やっぱり、そろそろ頭切り替えましょうや。

原発コスト、今後、50兆円とか100兆円とか言われちゃってるわけですから(^^ゞ

そら、ウランは安くて、安定供給だろうけど、CO2出さないんだろうけど、

セシウムや、ヨウ素出まくりじゃあ・・・・・・・

あっ、今の火力発電、日本の技術はほとんどCO2は出さないそうです。

まあ、「ウラン」買取の契約書にサインですから、やっぱり、自民党の罪は、アウト。

「原発は儲かりますから」
マチ村、前原センセイとか。



  


Posted by 昭和24歳  at 20:14Comments(3)

2011年06月26日

ギター工房「再起動」する。

ギター工房「再起動」する。



その前に僕の「エレキヒストリー」とか。

僕が初めて“エレキ”を手にしたのは・・・・・・

昭和40年の夏、近所の仲間と行った榛名湖でのキャンプでのことだった。

当時はまだ“エレキバンド”といった趣ではなかった。

おそらく昭和30年代に流行った“ワイアン”の流れで、たしかスティールギターが、

そのバンドのリーダーだったように記憶する。

今でもある、榛名湖のボート乗り場のところの土産物店・・・・・・

そこの石段のところがステージだった。当然、珍しさというか、「生バンド演奏」なんて当時、

というか、榛名湖畔でそれを体験できるとは夢にも思っていなかった。

もちろん、“GS”、グループサウンズが登場するずっと前で、ベンチャーズもなければ、

ビートルズもない、今物売りにはっきりと焼き付いているその時のサウンド、シーンは・・・・・・・

♪ハウンドドッグ♪



まあ、15歳の僕は、それ以来、夢か現か幻かで“エレキ”の虜・・・・・・

まあ、アレです、高校野球がプロ野球への道であるように、10代の、若者の進化っていうのはすごいです。

早速僕は、牛乳配達のアルバイトと、音楽センターの掃除のアルマイトで・・・・・・・

当時、嘉多町にあった「サカイレコード」で、1万2千円くらいだっただろうか、「東京サウンド」のエレキを購入。

で、ひょんなことから、「マックス」の「ワイアンバンド」がエレキバンドに挑戦するってぇんで、

そこのリーダーの水野さんという人からスカウトされ、16歳にして、ダンスホール「社交」デビュー(^^ゞ

くどいが、「ベンチャーズ」は、まだいない。

やる楽曲と言えば、その♪ハウンドドッグ”から♪デイジーミスリージー♪・・・・・・・

それになぜか、「俺は河原の枯れすすき」とか、♪さすらい♪とか♪ナナ♪、

克美しげるのヒットもので、インストルメンツは♪レッドリバーバレー♪とか♪太陽がいっぱい♪とか(^^ゞ

もちろん当時は、「アンプ」なんてぇ気の利いたものはない、ラジオを改造したやつ。

まあ、16歳の僕に、ほかのメンバーはと言えば全員20代半ば、最高齢が28歳の飯塚さんだった。

つづく

ギター工房「再起動」する。




  


Posted by 昭和24歳  at 09:14Comments(1)

2011年06月25日

東京裁判という「日米安保」が創ったニッポン。

東京裁判という、
「日米安保」が創ったニッポン。




東条英機内閣総理大臣と・・・・・・
菅直人内閣総理大臣は同質。


イラクもそうなんだが・・・・・・

つまり、「敗戦国」、敗者が勝者と「同盟」なってありえない。

だって、「人間」だもの。

まあ、イラク戦争と日米戦争を比較するのもなんだが、

一晩にして10万、20万人を虐殺、当然、原爆投下も、まっ、戦争だから。

都合、300万有余人が犠牲って・・・・・・

1000年に一度どころじゃあなかったわけです。

大自然の脅威よりも、「人間」、それも猛り狂ったそれが齎す戦災は、比ではない。

その意味では、大地震、大津波の被害よりも、「人間」の所業の結果の惨劇、

つまり、原発事故、放射能被災での「死者数」は、

今後、10年、20年、30年にわたり、数万単位で済む話のものではないことは想像に難くない。

まあ、政府政権も、「1000年に一度」とかだが、たった60余年昔に、

この国は、有史来の惨状惨劇を、「指導者」という愚かしい人間の行動で被っている。

寅● さんのコメント
<西山審議官「カラオケをラブホ代わり」って>
岸信介が「日米安保」について後世に判断を委ねるとしたらしいけど… 似たシチュエーションになってきたんでないすか?アレに目処がついたらなるようになるかもな…
2011/06/24 23:36:45

>岸信介が「日米安保」について後世に判断を委ねるとしたらしいけど…

まあ、戦争犯罪容疑で囚われの身となった人間の言うことなんて・・・・・・

この時代、普通に生活して、普通に歳をとれば、「殺生与奪」、その人間の心境は、

おおよその想像がつくというもの。

言葉を借りるが、「後世の判断に委ねる」とは一体どういう意味なのか。

で、「後世」とは一体いつごろのことを指していっているのだろうか・・・・・・

まあ、いわんや「岸信介」なんて知る日本人は、もうそう多くはいまい、現役世代より以降に。

まあ、アメリカ合衆国が世界の覇権国家となったとはいっても、歴史的にはまだ日は浅い。

まっ、基軸通貨である「米ドル」もそろそろ、そうとう怪しくなってきている。

まあ、それでもそれなりの体裁を保っているのは、「アメリカ合衆国」というヴァーチャルさが所以だろう。

まあ、その「本質」は雑種雑多の多民族国家「アメリカ合衆国」でなくてもいいはずなのだろうが、

つまり、「ロンダリング」するには極めて都合のいい、法律をそこが赦しているからにほかならない。

「日米安全保障条約」

その本質を介する、政治家も官僚も、もはや存在しないのではないだろう。

つまり、「リアルタイム」でない、「敗者」が、「勝者」との間で交わされなければならなかった「条約」。

本来なら、「後世に委ねる」と言った、その張本人世代が少なくとも「オトシマエ」をつけるべきが、政治であり、

しんの「政治家」だろうが、まあ、「巣鴨プリズン」の囚人だった人間にはできる相談ではない。

まあ、その意味では「日米安保」管理、監視下、もしかしたら、承知の上で独自外交を展開しようとした、

いや、知らなかったのかもしれない、その「条約」密命の本質、官僚の落とし穴だったのかもしれない。

まあ、「日中国交正常化」もその意味では、中国も戦勝5ヶ国のひとつ、裏でつながっていたとしても、

何ら不思議ではない。因みに、蛇足だが時の大平正芳外相は・・・・・・・

コレ、↓

後に内閣総理大臣となる大平正芳は興亜院の蒙疆連絡部や経済部で勤務していたことがある[3]。1939年6月から1940年10月まで、大平正芳は蒙疆連絡部経済課主任、課長を歴任した。その任官中、興亜院が主導する阿片政策をその重用な職務のひとつとして遂行した、という最新の研究成果がある[4]。大平内閣の閣僚でもあった大来佐武郎、伊東正義もまた官僚時代、興亜院勤務で大陸に渡っていた。
<出典:wikipedia>

まあ、興亜院と言えば、阿片の国家政策で、その「日中国交正常化交渉」でも外相として大役を果たした、

つまり、高級官僚として中国を知り尽くしていた、しかし田中角栄と言えば「一兵卒」。

そして、政治家としての国家観もそこのところの深層では、「田中角栄」を嵌めたかもしれない。

つまり、「敗戦国」の政治家としての分際と振る舞いだろう・・・・・・・

今の高級官僚を見れば、まあ、同類、極めて「冷血」である。つまり、それが政治家になったところで、

そうは変わる話ではない、「知っていても知らないふりをする」、日米安保の何たるやを。

まあ、その意味では「中曽根政権」以後は竹下登は暴力団介在政権が暴露、

中曽根派だった宇野宗佑は神楽坂芸者とのスキャンダル、宮澤喜一はリクルート汚職、

海部俊樹は時代が時代での消去法、細川護煕も佐川スキャンダル、羽田孜は消去法・・・・・・

村山富市はトリッキー、橋本龍太郎は富士銀行スキャンダル、小渕恵三は頓死。

森喜郎は「デッチ上げ」、で、小泉純イチローは岸直系、60年安保闘争体制派で長期政権、

その後の、安倍、福田、麻生、鳩山は「日米安保」のその意味すら理解できず、即アウト。

そこには、「後世に委ねる」といった、その「後世」は断絶されていた。

そこで、「敗者」である、日本国の内閣総理大臣、菅直人だが、小泉純イチロー並の心臓で・・・・・・

というか、「脱原発解散総選挙」で、「日米安保」をどう国民の前にさらすか。

まあ、もし、その「解散総選挙」が赦されるなら、赦された「菅直人」が安保闘争世代、最後の政治家として、

どう化けてみせるのか、それとも、巷間いわれる「再占領」を強いられるのか。

チャイナシンドローム
2011年06月21日 23:57

アメリカのCSISがリチャード・アーミテージ元国務副長官をヘッドにした視察団を日本に派遣した。視察団は、政府や与野党の幹部と面会したが、このままでは日本の問題は政治だという結論に達しそうだと心配した関係者が、急遽、次世代の政治家とも意見交換を、と民自連の世話人に声をかけ、意見交換の夕食会が実現した。
<抜粋引用:河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり>
ソース:http://www.taro.org/2011/06/post-1034.php

>このままでは日本の問題は政治だという結論に達しそうだと心配した関係者が、

つまり、心配してくれてるわけですね・・・・・・・

東京裁判という、
「日米安保」が創ったニッポン。


  


Posted by 昭和24歳  at 16:34Comments(2)

2011年06月24日

西山審議官「カラオケをラブホ代わり」って

西山英彦審議官、
「カラオケをラブホ代わり」って




で、娘さんが東電の社員だとか・・・・・・

石破と同じじゃん(嗤)。



愛人にあそこまでバラされては…西山審議官「エセ紳士」うら悲し

・・・・・・一夜の御乱行なのかと読み進めると、実は2人の仲は経産省の仲では知る人ぞ知るで、1年前から「特別な関係」が続いていると、2人を知る経産省の関係者が打ち明けている。デートの回数が増えたのは昨年11月くらいからで、11月7日から14日まで開かれたAPECの高級実務者会合で、議長を西山審議官が務めていた超多忙の時も、彼女とは6回も夕食を共にしたという。さらに、翌12月のデートの回数は10回程度で、1日、3日…27日、28日とある。ここまで読んでくれば、読者はこの情報を新潮にたれ込んだ人間が誰だか気づくはずだ。過日、彼女がキスされるのを嫌がり、タクシーで逃げ帰ってしまったのは、西山審議官と何らかのトラブルが起きていて、彼女の心は彼から離れていたからだろう。カラオケに行っても歌も唄わず、ラブホテル代わりにしていたという。さらに、こんなことまでバラされてしまうのである。

「西山さんは、古いカツラを使っているので、激しい動きをすると、カツラがズレてしまうとか。だから、ゴルフとかはやらない。笑っちゃいけないけど、セックスする際、上の肌着を脱ぐと、カツラが引っ掛かってズレてしまう。そのため、パンツは脱いでも上は着たまま、しちゃうそうです」(消息通)

<抜粋引用:2011/6/24 12:40 J-CAST ニュース>
ソース:http://www.j-cast.com/tv/2011/06/24099404.html

ノーコメントです。



もったいないので立ち読み(^^ゞ



まあ、高級官僚ですから、年収は1500万円ほど・・・・・・

そういえば、決まってこういう人のカミさんて名家の出ですね。

ずいぶん前だけど、厚生省事務次官、岡光治序っていう、「オネダリ次官」がいましたけど、

まあ、カミさん、名家でした。

大体が、下々が、東大法学部で官僚、ハーバードなんていうと、その筋が世話焼きです。

まあ、下々と名家とのお見合いで婚姻ですから、そら、下々の亭主、肩身狭いです。

まっ、西山英彦審議官、あの趣ですから、学生時代は、っていうか学業一筋・・・・・・・

まあ、福島第一原発事故さえ起こらなければ、楽しい人生だったかもしれません。

西山英彦審議官、
「カラオケをラブホ代わり」って

  


Posted by 昭和24歳  at 19:35Comments(2)

2011年06月24日

菅の常識は、政界では「非常識」とか。

菅の常識は、
政界では「非常識」とか。






菅首相らが復興相兼任も=大幅改造を否定―玄葉氏時事通信 6月24日(金)10時53分配信

 玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は24日午前の記者会見で復興担当相人事について「(菅直人首相が)退陣表明をしている以上、首相、官房長官が兼任することも一つの考え方だ」と述べた。また、「常識的に考えれば、大幅(改造)ということは考えられない」と強調した。
 自身が復興相に起用される可能性に関しては「政調会長と国家戦略相を兼ねた上で、さらにというのは考えられない」と否定した。

<引用:時事通信 6月24日(金)10時53分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000059-jij-pol

>「常識的に考えれば、大幅(改造)ということは考えられない」

まあ、玄葉とかも世襲なんで、その範疇での常識です。

つまり、政治家の常識なんて世の中じゃあ通用しませんね。

ソラそうでしょう、ヤクザとおんなじで、義理と人情と「カネ次第」ですから・・・・・・

で、やってることっていったら「博打」ですからマトモじゃあないわけです(^^ゞ

で、「世襲」ときた日にゃあ、門前の小僧がそのまんま。

で、「手に職」じゃあありませんね、「七光り」、「十四光」で、そんな政治家どうしの会話って、

いい年してても小学生レベルですから。っていうか、小学生に叱られちゃいます(^^ゞ

「クレヨンしんちゃん」ですから、アニメの世界。

で、こういうのも、コレ、↓

みんな・渡辺代表「権力への執着心が菅首相の再生エネルギー」

 みんなの党の渡辺喜美代表は24日昼、テレビ朝日の番組で、退陣表明しながら時期を明確にしない菅直人首相について「菅さんの権力に対する執着心が、自身の再生可能エネルギーになっている」と皮肉った。首相が延長国会で成立にこだわる再生エネルギー特別措置法案をもじったものだ。<引用:産経新聞 6月24日(金)12時57分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000555-san-pol

まあ、「みんなの党」っていうのも少年クラブみたいで、国民をバカにしてるっていうか、

バカだから、そういう発想しかないわけですけど、「たちあがれ」も(嗤)。

どう見たって、話しっぷりにしたって、インチキ臭いわけで・・・・・・・

「たちあがれ」も、あんな、立ち上げれそうもないジジイ連中、みんな世襲ですから。

まあ、脳みそは子どものまんまですから、だもの、「天下」なんて盗れません。

まあ、ヤクザもそうです。見よう見まねでオヤジの跡は継げませんね。

職人もそうです。っていうか職人は「モノづくり」ですから、結果がバレバレです。

落語家もそうです。世襲は大概アウトです。歌舞伎なんてぇのもそんなんでしょうけど、

アレはアレで、アノ、世界ですから「血」ですから、良かろう悪かろう、どっちでもいいわけです。

で、政界なんだけど、実質、旧与党、現野党の自民党の中身は、

7割がた、世襲あるいは縁戚、縁故ですから、まともな奴なら浮いちゃいます(^^ゞ

まあ、そこへいくと民主党は組合とか松下整形出身とかで、世襲が浮いちゃってます(嗤)。

まあ、万年野党の世襲なんて、ただ卑しいだけですから、天下の意味わかりません・・・・・・

>「菅さんの権力に対する執着心が、自身の再生可能エネルギーになっている」と皮肉った。

まあ、渡辺美智雄の倅っていうだけの今日ですから、コレまでですけど、

「権力への執着」

当たり前です(嗤)。そういうのがない奴は政治家っていうか天下はないです。

まあ、菅さんだけど、小市民運動家だとか、市川房枝先生の講演会名簿をパクッたとか言われちゃってますけど、

そら、裸一貫ですから、その意味では、下克上です。

まあ、「失うもののない」強さでしょうか、家督とかじゃあないわけですから・・・・・・

そら、窮すれば窮するほど、「知恵」が働きます。「悪知恵」もです。まあ、戦ですから(^^ゞ

まあ、一年交代が政界の常識でしたから、そら非常識でしょうなぁ、やっぱり。

菅の常識は、
政界では「非常識」とか。


  


Posted by 昭和24歳  at 14:16Comments(2)

2011年06月23日

西山審議官の愛人は、「柳原可奈子似」の美人職員

西山審議官の愛人は、
「柳原可奈子似」の美人職員




「ミスター保安院」西山審議官に愛人

原発事故発生後、原子力安全・保安院のスポークスマンとして一躍有名人となった〝ミスター保安院〟西山英彦審議官(54)に愛人スキャンダルが噴出した。23日発売の「週刊新潮」が報じたもので、相手は20歳年下の経済産業省の女性職員だという。本紙は西山氏がデートに使っていた赤坂のバーをはじめ、2人の周辺を徹底取材。西山氏を直撃した。
<引用:東京スポーツ 2011年06月24日(金) 付>
ソース:http://www.tokyo-sports.co.jp/touspo.php?tid=501

まあ、東スポさん、流石です。

キャッチが、「柳原可奈子似」の“美人”職員・・・・・・

あっ、“美人”はなかったですね(^^ゞ

“美人”の形容は週刊新潮さんでした↓

【原発】保安院・ヅラ西山の愛人発覚!!お相手は経産省美人職員2人を知る経産省関係者が打ち明ける。

「実は、彼女は経産省に勤める職員です。

以前から西山さんお寵愛を受け手おり、1年前から特別な関係にあります。

平たくいえば愛人ですね」

「(愛人と2人で)大手カラオケチェーン店に行くことが多かったそうです。

決まって使っていたのは、8階のVIPルーム。

驚くべきことに、2人はカラオケ屋に行っているのに、1曲も歌ったことがないそうです。

で、何しに行っていたかといえば、なんとカラオケルームがラブホテルがわりだったというのです」

シティホテルではなくカラオケ店で済まされるのでは、彼女もずいぶん安くみられたものである

「西山さんは、古いカツラを使っているので激しい動きをするとカツラがズレてしまう。

だから、ゴルフなんかやらない。

セックスする際、上の肌着を脱ぐとカツラが引っ掛かってズレてしまう。

そのため、パンツは脱いでも上は着たまま、しちゃうそうです」


<抜粋引用: 週刊新潮 2011.6.30(本日発売号)26~29ページ>

まあ、涙ぐましいっていうか・・・・・・

さすが、ハーバードです。身だしなみは崩せません。

しかし、コレって、有名税でしょうか、もしかして個人情報でしょうか ???

っていうか、まあ、官僚、ソレも高級官僚ですから(^^ゞ

でもちょっと、騒ぎすぎかも(^^ゞ

西山審議官の愛人は、
「柳原可奈子似」の美人職員





  


Posted by 昭和24歳  at 19:47Comments(1)

2011年06月23日

「復興へ燃え尽きる覚悟」菅直人、菅投します !!

「復興へ燃え尽きる覚悟」
菅直人、菅投します !!




菅首相、続投に意欲=「復興へ燃え尽きる覚悟」

 菅直人首相は23日午後、今後の政権運営に関し、「(東日本大震災からの)復旧・復興と、福島第1原発事故の収束に向け全力を挙げ、燃え尽きる覚悟でこのことに取り組みたい」と述べ、続投への意欲を表明した。沖縄県糸満市内で記者団の質問に答えた。
<引用:時事通信 6月23日(木)13時26分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110623-00000061-jij-pol

まあ、考えてみたら、この国の首相・・・・・・

投げやり、っていうか、コロコロ、コロコロでした(^^ゞ

まあ、1年で辞めるのが慣例で、鳩ポッポなんて8ヶ月が、チョイ(嗤)。

つまり、「辞めろ」っていう方が可笑しいわけです。

だって、じゃあ、

「俺が」

てぇのが一人もいない・・・・・・

まあ、そのつもりがあっても、言い出せるタマはいませんね(嗤)。

つまり、「帯に短し、タスキにも短し」で、

まっ、ヒラメばっかですから、つまり、戦できません。

亀井唆す…発足マジか?菅“イエスマン”内閣の顔触れ

  菅首相は詳しく語っていないが、亀井氏はこれまで、(1)仙谷由人官房副長官を切れ(2)小沢一郎元代表を取り込め(3)大胆なオールスター内閣を立ち上げろ-とアドバイスしているという。

 これを受け、民主党内では「亀井氏は副総理兼復興担当相か」「仙谷氏は解任濃厚」「被災地出身の玄葉光一郎国家戦略相か安住淳国対委員長を復興担当相」「小沢グループからは山岡賢次元国対委員長では」「テレビ映りのいい細野豪志首相補佐官を抜擢」「自然エネルギー担当相に、ソフトバンクの孫正義社長を登用も」といった改造案が流れている。

 新布陣で、第2次補正予算案や特例公債法案に加え、再生エネルギー法案の成立を目指す手もあるが、退陣意向を表明した首相が改造に踏み切るのは極めて異例。
 

<抜粋引用:2011.06.23 zakzak>
ソース:http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/
     20110623/plt1106231147003-n1.htm


そうですか、亀ちゃんですか・・・・・・

「男の花道」ですね。

まあ、運が良けりゃあ、別にイケメンじゃあなくたって総理の椅子でした。

まあ、「運も実力のうち」なんて言っちゃたら元も子もないわけですけど(^^ゞ

何れにしても、自民党を飛び出して、そら、「男の花道」・・・・・

まっ、なんとも憎めないキャラです(笑)。

>「自然エネルギー担当相に、ソフトバンクの孫正義社長を登用も」

そうですか、まっ、ちょっとしたアイディアですね・・・・・・・

在日がどうのこうのと言ってる時代じゃあないです。

それって、この国の歴史そのものですから。

まあ、二者択一っていうか、菅か、小沢か、消去法 ???

そういう決まりなんでしょうか、まあ、岡田、前原よりはずっと、です。

野田なんて、っていうか、基本的に、顔でダメですm(_ _)m

「復興へ燃え尽きる覚悟」
菅直人、菅投します !!

  


Posted by 昭和24歳  at 18:54Comments(3)

2011年06月23日

「西山審議官に厳重注意」海江田ブーメラン(嗤)。

「西山審議官に厳重注意」
海江田経産相ブーメラン(嗤)。




女性 「とっても頼りになる上司です」

H.N審議官 「ただ相談に乗ってただけ」

よくある話じゃあないか、美談、美談、美談です。

どこがいけないって言うんだ ???

記者 「キスしてましたね」

H.N審議官 「ノーコメントです」

まあ、記者も、野暮なことを聞きますね、大人なんですから・・・・・・



保安院:西山審議官に厳重注意 週刊誌報道で

 原子力安全・保安院の西山英彦審議官 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は23日、一部週刊誌で女性との不倫関係が報じられたことについて、海江田万里経産相から「職務をしっかりやるように」と同日付で厳重注意を受けたことを明らかにした。

 西山氏は報道内容について「個人的なことなのでお答えできません」としたうえで「(記事が)掲載されたこと自体、私の至らなさを示しており、深く反省している。仕事に身が入っていないと誤解を与えたことについて申し訳ない」と陳謝。「大臣の注意も踏まえて被災者の気持ちも考えながら事故収束と情報提供のために全力で職務に当たる」と述べた。

<引用:毎日新聞 2011年6月23日 13時01分>
ソース:http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110623k0000e040055000c.html

海江田よ、無粋なことをいっちゃぁイカンぞっヽ(`Д´)ノ

だいたい貴様、人のことを言えた義理か !!???

コレ、↓

【ポスト菅・カネと女】海江田“性調”会長の「お泊まり不倫セミナー」とは?

女性問題では10年ほど前、一部週刊誌で「お泊まり不倫セミナー」を指摘されたことも。

 「発覚したのは海江田氏が政調会長時代。元経済評論家だけに、『夜通しで経済論を語り合っていた』と苦しい弁明をしていた。『それじゃ、性調会長だ』と笑われていた」(全国紙記者)

<抜粋引用:zakzak 2011.06.22>
ソース:http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/
           20110622/plt1106221124001-n1.htm

そういえば、菅直人内閣総理大臣閣下にもあったなぁ・・・・・・

「お泊まり不倫セミナー」とか(^^ゞ

まあ、シャワー浴びたり、皆さん勉強熱心なわけです。

下々にはわかりませんけど、エラい人はいろいろ大変なんです。

「西山審議官に厳重注意」
海江田経産相ブーメラン(嗤)。


  


Posted by 昭和24歳  at 13:53Comments(2)

2011年06月23日

【不倫】西山英彦審議官に愛人、原発より愛をこめて(^^ゞ

【不倫】西山英彦審議官に愛人、
原発より愛をこめて(^^ゞ




週刊新潮 2011年6月30日号(2011/06/23発売)
定価340円(税込)
JANコード:4910203150616




原発対応「スポークスマン」愛の日々
経産省「美人職員」を弄ぶ「西山審議官」
――6月17日深夜、西山審議官は都心ホテルのバーで妙齢の女性と密会していた。店を出て手をつなぎ、嫌がる素振りの彼女にキスを迫る。実は、彼女との不倫が始まって1年が経過していた。危急存亡の時にも愛人と大人の関係を続けるスポークスマンの裏の顔。


西山 英彦(にしやま ひでひこ、1956年12月29日 – )は、日本の通産官僚、経産官僚。学位はLL.M.(法学修士、ハーバード大学(1984年))。経済産業省大臣官房審議官(通商政策局担当)。現時点では原子力安全・保安院の職員ではない。

資源エネルギー庁電力・ガス事業部部長、経済産業省通商政策局審議官などを歴任した。


まあ、アレです。

国費でハーバードって、まあ、アメリカナイズとか(^^ゞ

まあ、東京地検とかもですけど、留学ですね宗主国へ・・・・・

そうですか、西山英彦審議官が愛人と大人の関係、不倫ですか。

東大卒とかの人って、実は脳みそも精神も極めてマッチョ。

知り合いに一人いますけど、今は東海村。そら、タフです、酒はやたら強いし、

多分アッチの方も、分かりませんけど、風評です。

それにしても、西山英彦審議官、超有名人になっちゃいましたから、大変(嗤)。

今のNHKニュースだけど、あっ、さっき揺れましたね、グラッと・・・・・・

青森県東通り原発が震度5弱、M6.7とか。

【不倫】西山英彦審議官に愛人、
原発よりあいをこめて(^^ゞ



  


Posted by 昭和24歳  at 07:14Comments(1)

2011年06月22日

ストラディバリ12億円落札、復興支援基金創設。

ストラディバリ12億円落札、
復興支援基金創設。




落札された「レディ・ブラント」=日本財団提供

<写真転載:毎日新聞 6月21日(火)19時40分配信>





<東日本大震災>ストラディバリウス12億円落札 復興支援

 日本財団は21日、東日本大震災の被災者支援のために日本音楽財団が英国のオークションにかけたバイオリンの名器「ストラディバリウス」が1589万4000ドル(約12億7420万円)で落札されたと発表した。

 日本音楽財団から全額寄付を受けた日本財団は被災地の伝統芸能を支援する基金を設立。震災で失われた祭りの山車や伝統芸能の道具の制作費などにあてる。

 落札されたバイオリンは、詩人バイロンの孫娘が一時所有していたため、彼女にちなんで「レディ・ブラント」と名付けられた。1721年に制作された当時からほとんど未使用で保存状態がよく、ストラディバリウスの中でも高値が付いた。落札者は非公表。【喜浦遊】

<毎日新聞 6月21日(火)19時40分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110621-00000075-mai-soci

>1721年に制作された当時からほとんど未使用で保存状態がよく・・・・・

1721年、享保年間、八代将軍徳川吉宗の時代ですか。

しかし、人間の営みとは壮大です・・・・・・

まっ、ハッキリ言って、「名器」なるもの、まあ、職人の腕もでしょうけど、

それ以前に、その職人の「素材選び」でしょうね。

まあ、偶然の産物です。21世紀の今日を想像したわけではないストラディバリ師。

しかし当然、そのトップ材の木取りは大木のスプルースから最良の状態を・・・・・・

サイド、バックざいのメイプルも、左右が対象の均一の木目。

まあ、魂柱の素材、仕上げ、それ次第で音が決まりますから、まあ、かと言って、200年後、300年後とか(^^ゞ

塗装もですね。なんでも、ストラディバリの場合は、「昆虫」の甲冑部分をすりおろして粉末にし、

それを、セルロース樹脂に溶かし込んで塗装していたとか。

いわゆる、今で言う「キトサン」という成分です。まあ、僕らもそのキトサンの液に漬け込んだ材料を、

仕込んでは見ましたが、まあ、結局、「200年後、300年後の話」という世界ですから・・・・・

まあ、その意味で言うなら、「マーチン」とか、「ギブソン」とか、「フェンダー」ですか。

そら、マーチンは知りませんけど、54年のストラトなんて、ヴィンテージもヴィンテージで、

いまじゃあ、300万円とか400万円とか、エクセレントなら、いや、もっとかもしれませんね。

まあ、エレキの場合は複合的な完成度です、金物パーツの素材、ピックアップのマグネット、そして線材。

当然塗装もですけど、それらが経年変化で、いわゆる、アンプを通して弾いた時の・・・・・・・

なんとも言えない、「ホット」で「枯れた」サウンド。

まあ、エリック・クラプトンの逸話ですけど、コレ↓


ブラッキー
クラプトンが設立したドラッグとアルコールのリハビリ施設、クロスロード・センターを支援するために、ブラッキーをクリスティーズの競売に出品。これを楽器チェーン店を経営するギター・センターが95万9500ドルで競り落とし、史上最も高価なギターとなった(これは2004年に260万ドルで競り落とされるまで続いた記録)。

2006年11月24日、フェンダー社はブラッキーを復刻して限定275本を販売。発売後の数時間で売り切れ、収益の一部はクロスロード・センターへ寄付された。

<出典:wikipedia>

まあ、僕も34歳のときから48歳まで・・・・・・・

年間平均700~800本のコリに凝ったエレキギターを製作してきました。

その一本一本を、覚えています。材料の入手、仕込み、そして製造、販売と。

ほとんどが、企画生産か、小売り店若しくはエンドユーザーの特注でしたから、忘れられませんね。

まあ、最後の2年は、いい加減になっちゃいましたけど、正確には10年・・・・・

約1万本の「シェクター」、今どこでどうしてるんだろうか ???

ストラディバリ12億円落札、
復興支援基金創設。


  


Posted by 昭和24歳  at 18:59Comments(1)

< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ