2009年03月31日

おかあさん




去年の4月1日・・・・・・

青森県八戸市の小学4年、西山拓海君(9)が母親の未紀容疑者(30)に絞殺された事件で、
拓海君は昨年10月、仙台の詩人、土井晩翠を記念した小中学生対象の第48回「晩翠わかば賞」で佳作を受賞していた。

受賞作「おかあさん」には・・・・・・・

母親への愛情や恋慕があふれるように表現されていた。



おかあさん

  青森県八戸市立美保野小学校2年

       西山 拓海


おかあさんは

どこでもふわふわ

ほっぺは ぷにょぷにょ

ふくらはぎは ぽよぽよ

ふとももは ぼよん

うでは もちもち

おなかは 小人さんが

トランポリンをしたら

とおくへとんでいくくらい

はずんでいる


おかあさんは

とってもやわらかい

ぼくがさわったら

あたたかい 気もちいい

ベッドになってくれる




そんなお母さんに殺されてしまった拓海君・・・・・

お母さんは心神耗弱で不起訴だったそうです。

悲しいことです。辛いことです・・・・・

わかっていても繰り返されるそういった事件。社会はそんなに冷たいのでしょうか。

そうかも知れません。

社会は冷たいのかも知れません。

こんな時代です・・・・・・

一人ひとりが、立ち止まって考えてみる時ではないだろうか。

心の片隅にでもいいから・・・・・

「自分が幸せだなぁ」

と、そう感じたとき。そんな悲しい現実を・・・・・


拓海君、天国ではそんな「ふわふわなお母さん」に抱っこされてるのかな・・・・・・

西山拓海君のご冥福をお祈りします。  


Posted by 昭和24歳  at 19:51Comments(2)

2009年03月31日

続・竹中総務相補佐官

「いい時計だったのでどんな人が持っているのか興味があり盗んだ。大変申し訳ないことをした」




なんか個性派俳優の「ヌクミズさん」のお兄さんみたいな人ですけど・・・・・


窃盗 元竹中氏補佐官を書類送検 腕時計など盗んだ容疑
3月30日19時55分配信 毎日新聞

送検容疑は、24日午後8時ごろ、練馬区の遊園地「としまえん」内にある温泉施設の「庭の湯」脱衣所で、60代の男性会社員が使用していたロッカーから現金約5万円入りの財布や、有名ブランド・ブルガリの高級腕時計(数十万円相当)を盗んだ疑い。

通報で駆け付けた警察官に・・・・・・

普通なら現行犯逮捕ですよね。

「オイッ、オレを誰だと思ってる!!???」

とか言ったんですかね?

「竹中に電話しろ!!」

とか言ったんですかね・・・・・・

で、

「いい時計だったのでどんな人が持っているのか興味があり・・・・・」

って何なんですか?
興味があったからって、他人様のロッカー開けますか、普通?????

で・・・・・・・

「現金約5万円入りの財布や、有名ブランド・ブルガリの高級腕時計(数十万円相当)を盗んだ疑い」

疑いって何ですか疑いって!!???

警察官通報で駆け付けたんでしょう!!???

で、それって現行犯なんじゃあないの、普通の話!!???

「じゃあ返します」

って、怪しい政治献金じゃあないんだから・・・・・
返しゃいいっていうもんじゃあないんじゃあないんですか。

「施設から出てきた際に事情を聴いたところ、盗んだことを認めた。」

盗んだことを認めたって・・・・・・

っていうことはその盗品を持っていたっていうこと?

それとも、被害者に返したあとなの?そんなことないですよね・・・・・

わかんないですね、こういう窃盗犯っていうかドロボーっていうか。

警察もわかりませんね・・・・・なに考えてるか!!???

「事情を聴いた」って、

まあ、小泉さんのこと、竹中さんのこととかの事情ですか・・・・・

「逃走の恐れがないことなどから逮捕しなかった」

というんだけど・・・・・

まあそれにしても、これって「手くせ」です。

早い話が、

ビョーキ!!

多分、昔にもパクられているはずです・・・・・・

昨日の千葉県知事といい変なのばっかりですね。


さあ、今日で3月も終わりです。

北朝鮮の人工衛星発射実験の成功を祈りましょう・・・・・・



  


Posted by 昭和24歳  at 08:37Comments(0)

2009年03月30日

竹中ブレーン逮捕!!

竹中ブレーンの元財務官僚、
高橋洋一・東洋大教授を窃盗容疑で書類送検

3月30日17時53分配信 産経新聞




竹中平蔵元総務大臣腹心で小泉政権時内閣にいた官僚でした。


世界的な経済危機を迎え、自民党内で政府紙幣発行を求める声が強まっているが、政府は「取るに足らない話だ」(与謝野馨経済財政担当相)とまったく応じる気配はない。
政府紙幣の提唱者である元財務官僚の高橋洋一東洋大教授(財政学)が、来たるべき大デフレの恐怖と政府紙幣の効用を語った。(田中靖人)



しかしうまい具合に警察、張り込んでいるもんですね・・・・・・

NHKのニュースでは、練馬区の温泉施設から出てきたところを職質、逮捕だそうです。

もしかして、高橋先生“マエ”があったりして、マークされてたんじゃあないの(笑)。

それとも、竹中平蔵元総務相の腹心だから、「知っていることを話しなさい」なんて言われたりして・・・・・・

アリの一穴

なんてえことになりはしないか???

往々にして、思わぬところから綻びが出るもんです。世の中って・・・・・・

だから、「悪いことはできません」っていう話なんですけど。


こんな本も書いてます・・・・・




「さらば財務省」とかです。

ほんとに「さらば」になっちゃいましたね・・・・・

まあ、窃盗ですからすぐ釈放でしょうけど・・・・・やっぱり“マエ”があったとしたら、それはそれでなんでしょうけど・・・・・

竹中さんの感想を聞きたいものです。

続報でないかなぁ(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 21:10Comments(0)

2009年03月30日

テポドン(笑)。

さて、今やってるNHK7時のニュースです。まあ、国策放送局ですか・・・・・・

しかし扉から「北朝鮮ミサイル」やらなくてもいいんじゃあないでしょうか(笑)。



市ヶ谷だそうです


まあ、アレです・・・・・・

すっかり「かんぽの宿」疑獄も沙汰闇ですね(笑)。



で、偽装無党派で勝っちゃった「青春オヤジ」なんですけど、本籍は自由民主党です。

まあ、その意味ではかつての長野県知事「ヤッシー」とも違うし、

宮崎の「東国原」さんとも、大阪府の「橋下」さんとも趣は異なります・・・・・

まあ、投票率40%の半ばで、高速道路「1000円ポッキリ」ともあいまって、千葉県、そんなもんでしょう(笑)。

群馬県も余所のこと言えません・・・・・・

ところで、自民党の「菅」(カンじゃあありません、スガです)が「世襲禁止」なんて思いつきで言ってました。

まあ、「できもしないことを言う」その典型でしょうが、自民党から「世襲」を取ったらほとんど残らない。

まっ、「小泉チルドレン」の84人だけじゃあないんですか(笑)。



で、再び、テポドンです・・・・・・

まあ、民主党政権のアメリカの自作自演でしょうか。

何度でも書きますけど、持っているかも知れない「大量破壊兵器」でイラクのフセイン大統領は縛り首。

「持っちゃいました」の金正日には・・・・・・

「核開発止めればお土産」

なんですけど・・・・・

これって、アメリカと北朝鮮が出来てる、子どもにもわかる出来レースです(笑)。

日本政府もそれはわかっているけど、ホントのこと言うと、政治家、官僚失脚させられる。

まあ、人工衛星実験なら大気圏突破で、宇宙のゴミですから、まっ、その発射角度でそれが何かはわかる。

まあ、それにしたって北朝鮮が人工衛星どころじゃあないっていうのは定説(笑)。

で、日本のパチンコ産業3兆円の3%くらいが北朝鮮に送金されているとかですが、最近はパチンコ屋さんもイマイチ。

で、どうするんでしょう・・・・・・

拉致問題も、わけわかんなくなっちゃってるし。


しかし、これだけテポドンで日本政府、まあ作り話で米朝合作にお付き合いなんですけど・・・・・

これで、アメリカの軍需産業もポンコツ兵器を日本に押し売りが出来る(笑)。

しかしこんなこと、何年やってるんでしょうか?

いささか、草臥れます。




ずいぶんぼやけた画像です。これじゃあ何が何だかわかりません(笑)。
アメリカの偵察衛星は地上の米粒まで判別できるとかです。子供だましもいい加減にしてほしいですね。


で、「かんぽの宿」なんですけど・・・・・・

「熱いうちに打たないから」みんな冷めちゃいましたね。

まあ、参議院も竹中平蔵さん、オリックスの宮内さん、郵政株式会社の西川さんの「かんぽの宿御三家」を、

国会参考人招致とか言っていたのにどこかへそんな話吹っ飛んじゃいました。

で、小沢さんの「政治とカネ」で世論調査が小沢さん辞めるべきが66%だそうです・・・・・・


それって、どんな世論なんでしょうか(笑)。

それって、世論調査じゃあなくて・・・・・

そういうの「世論操作」って言うんじゃあなかったでした!!???




  


Posted by 昭和24歳  at 19:22Comments(2)

2009年03月30日

友達はクリスチャン

永住権

押並べて、この国以外、とくに欧米の人たちは「自分のため」、「家族のため」に仕事をする。
翻って、この国、日本人も本質はそうなんだろうけど、「世間体」とやらで、社会のため、人のためを取繕う。
結局は、自分で自分に「嘘」をつく事になるから、失敗でもしようものなら全部その責任を被せられてしまう。

昨日、同い年の「アメリカ人」のオジサンと話をした。
14年目にして、家族で日本の「永住権」が取れたと喜んでいた。
もう、スポンサーを探す必要がないと大喜び・・・

彼の仕事は結婚式場、今にはやりの「教会式」の結婚式のプロデューサー。

そこで聞いてみた・・・

「保険なんかはどうしていたの」

と聞くと。

「ん、それは重要なポイントだけど、日本式の組織に属して、組織に従属するのは耐えられない」

と。

「僕は、仕事で、尊敬されたいんだ・・・」

と。

組織、会社に雇用されたら、尊敬される人間にはなれないらしい・・・
西洋人が、特に「契約」に拘り生きるのはそこなのかも知れないと思った。

所謂、「レイオフ」にしろ「失業」にしろ、「職」としての「契約」は神との「契約」。
その元での、「ボス」との約束事でしかに過ぎない。

全てに「自分」、「自分の家族」が優先すると云う。だから、当然「単身赴任」なんて云うことは「有得ない」と。
ある種、自然の摂理か・・・才能、努力以前の問題に「自分」があると云うことなのか。

そんな彼が面白い話をした・・・

アメリカの、所謂「ホームレス」、これも「神」の試練だという。
何故自分が、ここにこうして「ホームレス」であるかと云う事を公衆で「スピーチ」するのだと。
ホームレスは社会の敗者ではないのだと、自分の「究極」が今「ホームレス」と云うだけで、必ず復活すると。

失業をして、慈善団体がボランティアする「食料援助」。
何の引け目もなくその列に並ぶ・・・

「あなたは、私を援助する幸運に恵まれた」

と・・・

日本では、良かれと会社、組織に従属し。自分の時間も、家族との時間も、その全てをその、会社、組織に強制され。
それが、恰も、自分、家族のためになるのだと洗脳され・・・・・・
終わってみれば、何一つ自分には残らない。

良くて、余命20年余りのための「退職金」と「年金」。
朽ちた肉体と、荒んだ精神、そして思考を失った脳だけ。

「西洋人は」と、その友達も云っていた・・・

「リタイアメント」・・・それは、「開放」だと。これからが自分と、自分の家族だけの人生だと。
日本は、日本人は即「退職」は「失職」。
それまでの、キャリアを活かす事も、推し進める事もしない、ただ、悲嘆に暮れ「預金通帳」とニラメッコ。

彼は、当然ながら「クリスチャン」であり、日々「神」との契約の中に生きている。
僕などは、信仰心の欠片もない人間だが、彼に言わせれば、それも生き方だと・・・

「気にすることはない、天に召されて神様にお会いになった時に信仰をしても遅くはないよ」と。
「神は既に、オマエをお許しになっている」と・・・
「大丈夫・・・僕が、お祈りしてあげるから」と。

コーヒーショップを出るときは、「ワリカン」でした。
  


Posted by 昭和24歳  at 14:36Comments(0)

2009年03月30日

今時の、これが青春だ!!

今時の、これが青春だ!!






千葉県知事選 森田健作氏が初当選 民主系候補ら破る
3月30日0時48分配信 毎日新聞

千葉県知事選は29日投開票され、元衆院議員の森田健作氏(59)が、民主など野党4党が推薦する吉田平氏(49)ら4氏を破り、初当選した。

投票率は45.56%(前回43.28%)

公設第1秘書が起訴された民主党の小沢一郎代表が当面の続投を表明後、初の知事選。推薦候補の敗北で、小沢氏の進退問題が再燃する可能性もある。


森田健作。本名は鈴木 栄治(すずき えいじ)・・・・・・

まあそんなことはどうでもいいですが、しかし投票率低いですね!!???

まあ、森元首相の「有権者、眠ってもらえば」てえところなんでしょうか(笑)。

で、マスコミやなんかは「民主党小沢代表秘書起訴」が原因のようなことを書いているけど・・・・・・

前回が43.2%とかで、今回が、45.56%と大差なしで、つまり政治不信というよりは「政治不感症」です(笑)。

だって有権者の半分も投票に行ってないんだもの。

まあ、これじゃあ、民主主義も糸瓜もない。まっ、北朝鮮みたいに100%っていうのもマンガだけど・・・・・・

で、森田健作こと鈴木栄治さんなんですけど、自民党所属山崎タフ派の衆議院議員で、秘書の公職選挙法違反、連座制で失職という。オチツキで、ようやくめでたく当選です!!

脳天、からやたらと甲高い声で「青春!!」を連呼している「万年青春オヤジ」ですか・・・・・

まあ、四の五の言わずに「当選オメデトウ!!」なんですけど、投票率45.56%です!!

ハッキリ言って、こんなの選挙でも何でもありません(笑)。


まあ、政府というか自民党としては出来るだけ有権者が投票所へ行かないように投票日を「日曜日」にする。

しかもです、昨日の投票日は一昨日から始まった「高速道路1000円ポッキリ」の目くらまし作戦で、

「選挙どころじゃあありません!!」

まあ、政権与党、賢いと言えば賢いです(笑)。

因みに韓国では選挙の投票日は平日で「休日」になるみたいですね・・・・・

まっ、「国民のみなさん投票してください」っていうんなら、“選挙の日”っていうことにするのが本当ですよね。

そういえば5月4日が「国民の休日」とかが議員立法で制定されてますね。やればできるんです!!

だから、選挙、投票日は「選挙の日」とでもしてその都度、特例措置法で国民に政治参加を促すべきです。

まあ「眠っていてほしい」ではそもそもが話になる話ではないんですが・・・・・


で、自公としてはこのままズルズルで9月の総選挙・・・・・・

なんか仕掛けてきますでしょうか。

まあ、こんどの高速道路「1000円ポッキリ」もそれなりに利いたっていうことでしょうか。

さらに「テポドン」です。

で、撃ち落とすとか撃ち落とさないとかでなんだかんだ9月頃まで引っ張れば・・・・・・

それはそれで、自民党、公明党には美味しいかも知れません。

さて、投票率低下にどんなトリックを仕掛けてくるでしょうか、政権与党。

まあ、昨日の「海ほたる」の混雑ぶりじゃあね・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 07:52Comments(2)

2009年03月29日

第二次角福戦争




いわゆる角福戦争、佐藤栄作内閣退陣にともなう自民党総裁選の時の田中角栄から中曽根康弘への“?億円”とも言われる裏資金の受け渡しにも・・・・・・
そして、中曽根総理実現のために渡辺恒雄と中曽根康弘が雁首そろえて田中角栄将軍に平伏して乞うた時も、

“イチロー”は襖の向こうにいた・・・・・に違いない。

竹下、金丸は佐藤栄作の秘蔵っ子で、田中角栄とは兄貴分と舎弟の関係・・・・・
ならば、“イチロー”はその兄貴分、田中角栄の秘蔵っ子である。当然、竹下、金丸よりは格上だろう。

竹下内閣以降は実質40代の若さで自民党を仕切った。
宇野内閣、海部内閣、宮沢内閣と実質総理はその“襖の向こう”の“イチロー”であった。

金丸が東京佐川や金の延べ棒、ワリシンで逮捕されるや・・・・・
“襖の向こう”もだんだん怪しくなってきてとうとうその自民党を割って出た。

今度は、日本新党、細川の殿様を幕府将軍として“襖の向こう”から采配したが、
最近の襖はどういうわけか“自動ドア”で間の悪いことに誰かが通ると自動的に開いてしまう・・・・・(笑)。
その自動ドアが開くたびに、新党を作っては壊し、作っては壊しの“襖の向こう”のイチロー。

ところで、今回、東京地検特捜が小沢一郎の第一公設秘書を逮捕できたか・・・・・

田中角栄元首相逮捕の時もそうだったが、「なぜ、田中角栄元首相が逮捕されたか」だろう。
首相経験者を逮捕するというのはいかなる理由なのか・・・・・
前代未聞である。この国において唯一あったとすれば「戦争犯罪人」として占領軍の囚われの身となり処刑された「東条英機元首相(陸軍大臣)」くらいだろう。

なぜなのか?
なぜ東京地検特捜、小沢一郎の言うところの国家権力が元首相、そして「政権交代が確実」という総選挙を半年後に控えたこの時期に・・・・・

なぜだ!!???

非議員、自由党幹事長、のちの佐藤栄作首相にも造船疑獄で逮捕状が出たが時の犬養健法相の「指揮権発動」で逮捕拘留は免れた(起訴、恩赦)。
当然、自由党吉田茂政権でのできごとだから、つまり与党だからそうした「指揮権発動による不逮捕」の禁じてだったんだろうけど・・・・・

なぜだ!!???

なぜ、国会議員でもなかったいくら与党とはいえ一政党の幹事長に対し「指揮権発動」が赦されたのか・・・・・・

実はこの国は「一つの家族」と「国民」とで成り立っている。

それがなにかと言えば森元首相の言った「天皇を中心とした神の国」の家族と、いわゆる国民、平民、民草ということだ。
田中角栄元首相にはその意味での「神の国」の住人との「閨閥」、つまり縁関がない。ご案内のように新潟県寒村の博労の倅からの立身出世。
そして日本国の政治的最高権力者の地位には就いたものの、それは謀られるようにして「神の国」の国家権力により「逮捕起訴」され、死してもその汚名は消されないままだ。

当然、竹下登元首相も、金丸信元自民党副総裁も、犯罪のそれはそれとして・・・・・
もしそれを言うなら元宮沢首相も、元中曽根首相もそして今の清和会のセンセイ達も、小沢一郎秘書の逮捕要件ならほとんどが持っていかれても不思議ではない。

つまり、田中角栄元首相も、小沢一郎民主党代表も「神の国の住人」ではないからだ。
当然、東京地検特捜も「神の国の官僚」だということだ。

明治維新政府は、国家統一、統制のために「神話」を持ち出して「神国ニッポン」を作り上げた・・・・・
徹底的に国民を教育した。洗脳した「この国は神の国なんだ」と、そして国民は「臣民」、「天皇の赤子」なんだと、だから「天皇のために死ぬんだ」と。

今では想像できないかも知れないけど・・・・・・
たった60余年前の日本の社会は小学校の校門と、教室の中には「御真影(天皇皇后の写真)」があり、その御真影に向かって「最敬礼っ!!」が毎朝。

想像できないでしょうけど、想像してみてください(笑)。

安倍さんは絶対に逮捕されません。福田さんも絶対に逮捕されません、麻生さんも、鳩山さんも、中曽根さんも・・・・・
みんな「神の国の住人」だからです(笑)。

あっ、そうそう、福田康夫前首相のお父上、“福田赳夫元首相”は官僚時代、大蔵省主計局長だったとき「昭電疑獄」で逮捕、お縄になってます。
まあ、結果無罪って言うことでしたが、それで政治家にです。

つまり、この政権交代とは明治維新以降つづいた「神の国」の終わり、「神の国」が普通の国になることをを意味するのです。
で、その「普通の国」の前途も多難ですが・・・・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 17:48Comments(0)

2009年03月29日

この星になりたい




この星になりたい

僕が死んだら・・・
僕が死んだら・・・この星になりたい。

空っぽになった肉体は、燃やして灰にしてください・・・
そして、この星のどこかに・・・
この星のどこかに小さな穴を掘って埋めてください。

そして、その上に1本の「樹」を植えてください。

そうすれば、その樹も、その樹の周りの草も苔も・・・
僕になって・・・この星を「蒼く」輝かせることができるだろう。

そうすれば、僕は「胞子」になって、風に乗って、この星を旅して・・・
また、素敵なあなたとの出会いができるかもしれないから。

そんな僕を・・・・・
そんな僕を・・・僕の子々孫々が・・・・・
そんな僕の・・・そんな「樹」の下で、すやすやと寝顔を見せてくれたら・・・・・
少しばかり、陽をよけて、
少しばかり、爽やかな風ををあげよう。
僕を子守唄に・・・・・

小さな壺に入れられて・・・・・
重たい石の下では哀しい。

だから僕は「この星になりたい」。

それは、苔でも、草でも、樹でも・・・・・
何でもいい。

そして、僕なんか忘れればいい・・・・・
僕も、僕だったことを、

きっと、忘れるから・・・・・この星になって。

だから僕は・・・・・・

「この星になりたい」。



星(地球)の素顔

こんなにもキレイな星なのに・・・・・

水と森の星なのに・・・・・

そのどこかで人と人が殺し合う。

とても信じられないことばかりが・・・・・

月に大きな天体望遠鏡をおいて、この星をのぞいてみよう。

きっと面白いだろうな・・・・・

普通に生きているのは動物や虫や樹々だけ。

人間てなんて変な生きモンなんだろう。

もしこの星に人間なんていなかったらもっともっとキレイだったかも知れない。

ソレでもこんなにキレイなんだから・・・・・


月へ行ってみませんか

月へ行ってみませんか・・・・・

よろしかったら僕と一緒に。

月へ行ってみませんか、僕と一緒に。

そしてこの星に向って・・・・・・

「バカヤローーー」

と叫びましょう。

そうすればみんな一瞬、驚いて戦争なんかやめちゃうかも知れない。

きっとそれは神の声です・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 17:12Comments(0)

2009年03月29日

“SCAP”連合軍最高司令官



天皇のロザリオ〈上〉日本キリスト教国化の策謀



Supreme Commander for the Allied Powers
連合国軍最高司令官総司令部

天皇家が味をしめたのは日清戦争であった。

この戦争で清国から奪った賠償金は三億六千五百二十五万円。

このうちの二千万円が皇室の財宝となった。天皇家はこの戦争で味をしめた。

当時の財閥の住友吉左衛門は1億1738万円、三井高広は9628万円。
皇室財産は、GHQの公表分であるが日本の財閥の約30倍。しかし、この数字は正確ではない。
天皇も、三井も、三菱も、敗戦前にほとんどの金をスイスの秘密銀行に入れたからである。

「皇室はこれらの資産の大半を失ったが、SCAPの厳しい監査の目をのがれて、残された資産もいくらかあったようである。
敗戦の濃くなった1943年、44年、専門家の助言に従って、海外の仲介人を通じ、
日独伊枢軸国に好意的だったスイスやアルゼンチンのようなラテンアメリカ諸国の銀行に資産を移されたとも言われる。
1948年7月19日付のSCAPの報告書には、
『日本の公的、私的財産は共にSCAPの十分監視の行き届かないラテンアメリカ諸国に流出した』とある。」

敗戦直後に宮内省がGHQに報告した皇室財産の総額は約16億円。
皇居、御所などの建物のほかに、山林面積は群馬県と栃木県の二県の合計に等しく、農地は奈良県の全耕地面積に匹敵するといわれた。
この報告書を見たGHQの係官は、皇室は金銭ギャングの最たるものだと言ったという。」

『天皇のロザリオ』(鬼塚英昭著)より抜粋・引用。


敗戦と“開かれない皇室”

メディアは“皇室”に『美しい国日本』の伝統を象徴として見せている。

GHQ/“SCAP”連合軍最高司令官・・・・・・
その文書は国立図書館で今は閲覧できると言う。

これらの事実を国民が知りえてはじめて、“戦後処理”、国民にとっての“戦後処理”が終わったと言うことではないだろうか。
それは民主主義も糸瓜もない、見せ掛けだけの“平和”と見せ掛けだけの“自由”。
連合軍GHQは戦後処理の段階で日本の動産資産を分配・・・・・それは日本が戦勝で“日・清”から賠償金を得たように。

今日の“麻生政権”も言うなれば満洲の“サンスケ”末裔内閣。

もっと言えば“明治維新”末裔内閣。

鮎川義介、松岡洋右、岸信介・・・・・それらがみな身内で今もなおこの国を牛耳る。

例えば、これまでのこの国の体制、政治環境なら何度選挙を繰り返してもそこにある「支配者」・・・・・

つまり、支配階層が変わるだけで、それは、まず起こりえないこととは思うが日本共産党が政権を取るとか、

そういった場合でもそれは共産主義の体制がとって代わるだけで、そこには「民主」などはあろうはずがない。

そのことは世界の歴史が証明しているし、この国の歴史、明治維新でも・・・・・

武家同士の政権交代でしかなかった。

まあそれが、由緒なき、結局は暴力集団、武力組織でしかなかった「武家社会」が、由緒正しきとされる、皇室を仕立、

それがあたかも真実のように今日までつづいているのだが・・・・・・

あえて象徴天皇制を否定するものではない。しかし、今日の政治は森喜朗元首相の言葉ではないが、

「天皇を中心とした神の国」

そうした、思想のようなものの下に為政すされていることは疑うことのできない事実である。

その最たる典型が、麻生太郎内閣総理大臣が皇位継承権を有する義弟を持つということではないか。

もしである、もし今日政権交代がなされるなら戦後、初めてこの国に「下々の内閣」が誕生することになる。

正確には「田中角栄内閣」がそうであった・・・・・

自民党を飛び出し、細川護煕という由緒を神輿に乗せたのも田中角栄の教訓ではなかったか。

つまり、「神の国」から潰されるという。




国民は何も知らないまま、ただ生まれて死んでいく・・・・・

僕たちの父母のように。

まあ、それが幸せといえば幸せなのかも知れない。



ポール・マニングの『米従軍記者が見た昭和天皇』

連合国最高司令官総司令部文書・国立国会図書館

日本支配の構造17"天皇の蓄財=日本の国家戦略その2"





  


Posted by 昭和24歳  at 13:48Comments(0)

2009年03月28日

オレの話聴いてくれますか?

捨てたもんじゃあないニッポン!!

何処の国にも粗がある。

一片の情も無く、無意識に、不条理を不条理ともせず民を蹂躙する。
いや・・・・・蹂躙していることすら、それも意識に無い。

僕には数人、アメリカ人の友人が居る。

そんなうちの一人の話だ・・・・・

ダニーという2歳年上の男だが、やはり「移民3世」、ご多分に漏れず「ベトナム戦争」では最後まで「地獄」に居たと。

職業は「楽器店」・・・LAの近郊でこじんまりと商っている。

ベトナム戦争反対・・・「反戦」、同世代の罵声の中、まさに「人殺し」に駆られたと・・・・・・
ドラッグ漬けの毎日・・・疲れを知らない子供たち。「人殺し」には妙薬だと。
薬、ドラッグなしには、不眠不休、べトコンの恐怖に怯え、殺るか、殺られるかには耐えられない・・・

アメリカには実際、僕らと同世代の「兵士」が数百万人・・・
そして、主に、イアタリア系、アフリカ系アメリカ人十数万人。
所謂「普通」の青少年が「フラッシュバック」で彷徨う「普通」でない「中高年」になっている。

あの「自由な国」には、自由に振舞える人のための「自由」しかない・・・
未だに歴然とする「人種差別」。当然居住地域が違うことでも分かりやすい。
ひとつだけ違うのは・・・厳然とした階級社会の中にも「心」の「社会」があると云う事ではないだろうか。

アフリカン・アメリカンの中の「心」の「社会」。
イタリア系、ユダヤ系、アジア系の中の「心」の「社会」。
はっきりしている事は、「アメリカンドリーム」への挑戦は平等だということ・・・
しかし、それも、動物的能力の中での話だろう。
「芸能」、「スポーツ」・・・その大衆文化に於けるチャンスは平等。

それ以外の世界は、その入り口にさえ閉ざされ、寄せ付けない。
また、寄せ付けさせたとしても・・・・・入り口は巨大、出口も巨大。その社会に長居が出来るかどうかの幸運はまさに「夢」。
太平洋戦争の勇者「D・マッカーサー将軍」も大統領選にすら出られなかった、湾岸戦争の勇者「パウエル将軍」も?
徴兵忌避をした、クリントン、ブッシュが大統領のなっているのに・・・・・

その意味では「アメリカ」は「国家」ではない・・・ただの「ユニオン」。

「幻滅」出来る人は、羨ましい・・・・・

同業者で、日本人で20年もアメリカに住む友人が言う。
普通に生きていれば、病気にはならない・・・この国は。
彼も、盲腸なんかでも3日で退院・・・それでも「3000ドル」、もちろんカードで(笑)。
日本で10年健康保険かけてたけど年間で2万円も使わなかった、と。
僕も一昨年、鎖骨骨折で都合100万円近くの医療費。
3割負担で・・・27万円くらい支払った。
ありがたい話だと思っていたら・・・今まで、家族で大病した者はそうは居ないから、精々、年間使っても7、8万円。
もう30年はかけてるから・・・複利計算したら「1000万円」くらいにはなっているはず。

そいつが言ってた・・・ここは結構その日暮。そいつも「楽器の修理店」をやっている。
日曜日は当然休み、土曜日は、3時にはクローズ。
自分の都合で、相手は動いてくれないそうだ・・・
だから、そいつも「相手の都合」は関係ない・・・と云う。

修理品が一杯たまっている。「いいのかい?」って訊くと・・・・

「これが俺の信用だよ」って笑ってる。技術はぴか一、知る人ぞ知る・・・ボブ・ディランのギターなんかも直しているくらいだから。

「そういう国なんだここは」・・・だそうだ。

兎に角、契約は「神様」以外とはしないようだ・・・
神様なら「契約」を破棄しても「懺悔」すれば許してくれる・・・
生身の人間は、そうはいかないからね・・・

僕らの悲劇は、この国にしか暮らせない事・・・・・
僕らの幸運は、この国がこの狭い国土に1億2千万人から集中し、少なくとも99%が、元来、良心的なこと。
問題なのは、信じやすい、忘れっぽい・・・

「人を見たら泥棒と思え」と喩られるほど「お人好し」だって云うこと。

巧いことに、季節がコロコロ変わるこの国。水に流したり、流されたり・・・
米国の必要以上の「国旗、国歌、忠誠、愛国心」・・・を云う。「アメリカのために」と云う。

この国の、日本の、1%の「人」がそこに懐柔されているだけ。
僕らも死ぬ、そして彼らも死ぬ・・・いつかは必ず死ぬ、そしてまた生まれる、子々孫々に。

僕は、この国は、あの国ほど・・・・・・・

「捨てたもんじゃあない」

と、思っている。


  


Posted by 昭和24歳  at 16:37Comments(1)

2009年03月28日

下々の総選挙!!

笑ってる場合ですよ!!




09年度予算成立 衆院解散時期が焦点に
3月27日23時2分配信 毎日新聞

09年度予算と関連4法が27日成立し、麻生政権は今国会最大の山を越えた。
西松建設の違法献金事件で、民主党内では小沢一郎代表の続投に対する不満が表面化。低支持率に苦しんできた政権は、反転攻勢のきっかけを模索している。
麻生太郎首相は週明け以降、追加の経済対策を盛り込んだ09年度補正予算案の編成を本格化させ、衆院解散・総選挙の時期を慎重に判断する。



小沢代表:民主衆院議員、続投を了承…世論受け異論再燃も


前原の野郎、一人で涼しい顔だなあ(笑)。
それにしても岡田はなんなんだあの渋ちん顔は・・・・・イオンが厳しいのはわかるが。


民主党の小沢一郎代表は27日、公設第1秘書の政治資金規正法違反罪による起訴後初めて、党所属議員全員に事件に対する考えを説明し、代表を続投する意向を表明した。
選挙を控える衆院側で早期辞任を求める声が上がったが広がりはなく、続投が了承された。小沢氏が「総選挙で勝つことを基準に行動する」と述べたことで「続投はあくまで当面」と受け止め、進退の判断を小沢氏自身に委ねた形だ。【上野央絵】





一般会計総額が過去最大で、88兆5480億円!!

で、まあ国債、つまり借金とかなんですが、それが38兆円とかで、

「国民、下々のみなさんあとはヨロシク!!」


とかなんですけど。

まあいいやねぇ、もう一つの財布にはやはり税金が240兆円も入ってくるんだから・・・・・・
四の五の言ってもこの国、日本には、

「おカネがあります」

国民、下々は「欲しがりません」から、「アレしろ、コレしろ!!」なんて言いませんから。

殊勝です、ことさら殊勝です。下々は・・・・・

さて、今日から高速道路が「ETC搭載車」に限って地の果てまで行けるもんなら行ってみろで、

1000円ポッキリ!!

なんだか読めてきましたね・・・・・・

へぇ~そんなモンなんですか。国土交通省って(笑)。

当面、この1000円ポッキリへの充当予算が約5000億円とかだそうです。

まあ、外国じゃあほとんどがただだし、料金頂いても1000円もムシリませんです。

まあ、道路なんて言うのは国土なんですから、いちいちおカネ取られたんじゃあ下々はたまりません。

で、どこの国も、税金でやってるそうなんですが、この国だけは違います。

まあ、違うだけならいいんですけど、今度はそれを民営化とかで本格的に商売のネタにしちゃった・・・・・

まあ、国土交通省の役人が泥棒だとかチンピラだとかで、民営化して「キチンとした商売を」とかなんですけど、結局そんなのが分割民営化会社の社長さんです。笑えます(笑)。

つまり、そいつはデパートみたいなやつで、サービスはいいけどキッチリ御足は頂きますみたいな話で、

じゃあ、今まで下々の税金、といっても25兆円とかの借金とかだけど、その借金を毎年5兆円とかの売上、売店とかの家賃でコレまでの借金を清算したとかの話は聞いたことがありません。

全部、美味しいとこはパクッテおいてその25兆円のところだけは「下々のみなさんヨロシク」じゃあ勘弁ですけど・・・・・

日本道路公団が廃止で、完全民営化で、「アトの祭り」で、1000円ポッキリで、しかも「1000円ポッキリは偽装」で、しっかり取られてる(笑)。

っていうことは、「1000円ポッキリ予算」が5000億円なんだから・・・・・・

正味、2兆円くらいあったら高速道路全線1000円均一にできるっていう話です。

しかも、イッパイ自動車が走るからSAの売り上げも爆発的に伸びるし、、1000円均一ならトラック屋さん、つまり物流コストも激減する。

まあ、早い話、道理公団も、国鉄も、石油公団も、住宅公団も、つまり土建に使った800兆円とか、将来のつけ、借金とか言うけど、そんなもんそもそもが正気の沙汰の話なんかじゃあない。
そしたら、ツケも借金も何にもないどころか350兆円もの資金をもっている郵便局を民営化です。郵政官僚がとんでもないからとかの話なんですけど・・・・・
まあ、ソレって郵便局の中だけで悪さをしていただけで、税金で穴埋めしていたとかの郵便屋さんの話でありません。
そんなことを言って、みんなとんでもない官僚とかが原因での民営化なんだけど、そしたらその郵政完全民営化では、オリックスだとか、三井住友だとかゴールドマンサックスとかです。

まあ、元銭が郵貯簡保の400兆円(あったときの話)とか、国年、厚生年金の240兆円とか、国債の800兆円とか、まるで漫才ネタのような桁違いなおカネの話で、
返すとか返さないとかの話じゃあなくて・・・・・

「忘れて下さい!!」

みたいな話なんで。それなのに、消費税を増税してとか、ソレで返しますなんて言う詐欺話をしながら・・・・・・

だいいち、今までも返してなんかいないし、借り換えのジャンプでその利払いだけで消費税分が消えている。

ソレでもこの国にはまだまだおカネがあります・・・・・・

なぜなら、都合約240兆円の税収があるからです。

つうことは、GDPのほぼ半分を政府が掠めているという話です・・・・・・

こんな国、世界中探してもどこにもありません。

まあ、あったらすぐに暴動かなんかで内戦、内乱状態でしょう。

まあ、いいじゃあないですか、小沢さんが公共事業のピンハネをしようが・・・・・・

結局小沢さんのところにあるんですから。

外国に持っていかれたら取り返すには戦争するしかありませんからねぇ(笑)。

まあ、竹中さんじゃあないけれど、なにもカモ民営化して、小さな政府だそうです・・・・・

アメリカみたいな理想な国家像だそうですが、ソレがご案内のとおりです。

その意味では激動ですねぇ!!

9月6日の時点で竹中さんは僕に、「あなたの言っている意味が分からない」とか言ってましたけど・・・・・

その意味で、アメリカは終わりましたね(笑)。

さあ、下々の総選挙です!!





  


Posted by 昭和24歳  at 10:35Comments(1)

2009年03月28日

散文詩にて候・・・・




独り言

自分では気付かない欲望・・・
人それぞれの生き方、それはそれで良いと思う。

僅かでもいい、ほんの少しでいい・・・
もう一人の誰かを思いやれたら。

黙っていても時間は過ぎていく・・・
黙っていてはただ徒に時間は過ぎてゆく。

「そんな事はどうでもいい」と。

気付いた時はこの世のものでなくなった時なのだろうか・・・・・
それはあの世があればの話だが。

徒労でもそれはそれで、仕方がない・・・
それは今までの、自分の「つけ」なのだから。

愚者は口がついすべる・・・
僕がそうだ。
しかし命が「すべる」前に、滑った口から何かが生まれるかもしれない。

それもこれも、見る見るうちに変わる幼子を前に・・・
澱んだ血潮でも、血潮があるうちは遣り残せはしない。




 希望

何に怯え・・・
何に狼狽え・・・
何に慄く・・・

こんなにも快楽ではないか、世間は。
それなのに何故・・・

何に怯え・・・
何に狼狽え・・・
何に慄く。

暑い夏が熱くない・・・
撓わな秋が枯れている・・・
深とした冬は心を甚振り・・・
待つ春も嘲るのは何故。

置き去りにされたものの憤りが風になる。
屍の時代の少年達の慟哭が嵐になる。
灼熱に消えた無辜の彷徨が大地を揺する。

それでも・・・希望に希望を合わせようとしない、欲望。

言い放つ口先だけの「正義」は余りにも無残で儚い・・・

もう終わりなのに・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 08:14Comments(0)

2009年03月27日

自然に・・・・



谷内六郎っていいですよね・・・・・


自然に・・・・

比較的・・・・・・

僕は「自然人」の、つもり。

別に「ナチュラリスト」とかの、気取った「自然人」なんかじゃあない。

ようするに「自然」なんだ・・・・・・・

これも生きる術かも知れない。

「自然に」怒って、笑って、泣いて、躓いて、転んで・・・・・

「自然に」後悔して、反省して、夢を見て・・・それもこれも、自分と云う小さな「自然」の中で。


子どもは親の「映しえ」。

粗野、粗暴な「子」。常に他人を競争の対象に見る「子」・・・・・・

物事に思いやれない「子」。虐めに走る「子」。

気付かないけど、殆どが「親」の日常が子どもに「映る」。

甘いものしか食べない「子」、インスタント食品しか食べない「子」、DSに夢中になる「子」(笑)。


とうとう娘にも買って上げてしまった「ニンテンドーDS」。

上のお姉ちゃんたちには、僕の娘を止めるまで、当時流行った「ゲームボーイ」は買ってあげなかった。

長女、次女が笑いながら云う・・・・・

「やっと、普通のパパになったねっ」

って。

とにかく僕は「ゲーム」と云うあの異様な音の出る、パラパラ漫画のようなのが「キライ」なのだ。

案の定、娘は夢中になる。

声をかけても夢中で返事をしない・・・・・「ゴツン」と拳骨。

ソフトを引抜くとゴミ箱へ投げ捨てた・・・娘は「ごめんなさい」と。

云って分からなければ「拳骨」しかない・・・それも親子の「自然のふれあいだ」と僕は決めている。


先日「スーパー」での事・・・娘の娘と末娘を連れて「スーパー」へ行った。

駄菓子コーナーへ一目散・・・兎に角、何かを買う。

やはりそこは子供の世界「自然児」の集団疎開のような所、随分と五月蝿い。

娘の娘は「2歳」。やはり「2歳」くらいの「ガキ」が、小さなプラスチックの椅子を振り上げて、娘の娘に投げつけた。

もちろん、理由も減った暮れもない・・・・・幼児特有の悪ふざけ。

僕が「コラッ」と叱ると、その「ガキ」はキョトンとしている。

娘の娘はいつものように「ぎゃーぎゃー」と泣き出した。

そのうちに、その「ガキ」の父親がやってきて・・・・・・

「すみません」

と神妙になる。

その「ガキ」を叱りながら抱きかかえ上げると、また申し訳なさそうに「ぺコリ」と頭を下げ行った。

年恰好は20代後半か・・・その父親。見立ては「粗」にして「野」である。

しかしそのお父さんは「自然」と云う「社会」の法則に律儀であった。

僕は、その「自然児」と「自然人」に清々しさを感じた・・・・・・

「春の宵」。


世の中捨てたもんじゃあない・・・

この時代・・・・・今日の為に「生きる」ことが大切なんじゃあないかと思った。

貯める、遺す、を世間は云い続けてきた。そして増やすとかまで・・・・・

明日のため、将来のため、「備えあれば憂いなし」と。

しかし胴元が破綻してしまった。貯めた「つもり」が、遺した「つもり」が、紙屑に・・・・・

紙屑でも残ればいい。

それどころか、それが「手枷、足枷、重石」となり、この国の「社会」を「自然破壊」せしめている。

今日を「一所懸命」に生きるこの国の未来に「備えあれば憂いなし」と、首相は「有事」を高らかにするが・・・・・

昨日今日のテポドン騒ぎが可笑しい。

「捨てたもんじゃあない世の中」を、麻生さん・・・・・

「捨てない」で欲しいもんだ。

矢鱈、手を加えなくても「自然」は「自然」に育つもんじゃあないだろうか。
  


Posted by 昭和24歳  at 17:54Comments(1)

2009年03月27日

テポドン発射!!

テポドン発射!!





一つの仮説・・・・・・

実は、米国民主党政権と北朝鮮政府は入魂である。

KEDO(Korean Peninsula Energy Development Organization)
朝鮮半島エネルギー開発機構とかいう。

平成6年(1994年)だからその当時は民主党“ビル・クリントン政権”の頃の話だ。
それがどうした?って言う話なんだけど・・・・・

つまり当時のクリントン政権は北朝鮮に核開発を断念させる代わりに、関係各国、つまり6カ国協議とかなんですけど、それが、

朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)を創設して北朝鮮のエネルギー政策支援をしましょうって言うことで、
最終的に総額46億ドル(約5534億円)にものぼる資金援助というか経済援助というか、まあ、そのおカネで北朝鮮に「軽水炉2基の建設」を進めたが、結局、おカネだけ取られてその建設計画は頓挫・・・・・

で、ご案内の総額46億ドル(約5534億円)のおカネなんですけど。ほぼ北朝鮮の年間国家予算です。

で、またアメリカはオバマ大統領「民主党政権」です(笑)。
なぜか、民主党政権になると“ノドン”だの“テポドン”がガサガサしだすというコレって、やっぱし、アレなんだろうか???

で、北朝鮮は「人工衛星」とかって言ってるんですけど・・・・・・
まあ、北朝鮮が人工衛星打ち上げて、それがどうしたこうしたとかっていうレベルの国じゃあないっていうことは知っている人は知っている。
つまり、ここ、群馬県の年間予算、約5000億円とほぼ同じなんだから・・・・・

下手をすればその人工衛星打ち上げだけでも2000億円とか3000億円とかしちゃうのが日本もそうなのであり得ない話だって言うことになっちゃう。
まあ、日本だって二回失敗して一回成功みたいな「宇宙開発ナントカ事業団」みたいに、
予算要求するためには、わざと「失敗させる」ことで、そこの関係者、潤っている。

まあ、共和党、ブッシュ政権のときは「かも知れない」でイラクのフセイン大統領はさんざっぱら米欧に利用された挙句が死刑ですけど・・・・・
まあ、そういうことなら金正日将軍なんて命いくつあっても足りないはずなんですけど実に恵まれた話で脳梗塞だそうです。

で、こんなニュースがお昼に・・・・・・

浜田防衛相は自衛隊に「破壊措置命令」を発令した。2003年にMDシステム導入を決め、05年に破壊措置命令の規定を設けてから初めての発令となる。


浜田防衛相とはご案内でしょうが、浜田幸一こと、ハマコー・・・・・・
ほらアレです、ロッキード疑獄の渦中ラスベガスの賭博の負けを国際興業会長で、
田中角栄元首相の刎頚の友だったとかから1億円穴埋めしてもらったとかの「政界の暴れん坊」とかの倅、
それと、河村官房長官、「破壊措置命令」とかで興奮して高ぶっているのかやたらテンションが高く笑っちゃうんですけど(笑)。

MD、ミサイルディフェンスです。「百発百中」じゃあなくて、「百発百ハズレ」が実証済みとかの、パンツのゴム紐・・・・・・
「パンツのゴム紐」。戦後の「押し売り」屋さんの専売商品です。

そのミサイルディフェンスなんですけど、もちろんアメリカのセコハンです。
早い話、ピストルの弾をピストルで撃ち落とすようなものです。万が一命中したらオナグサミですけど・・・・・

やっぱり、どういうわけか民主党政権になると北朝鮮がテポドンです(笑)。
そしてどういうわけか、政治家のスキャンダルです。

まあ、火事でも起きなければ消防自動車出動できませんし、事件とか事故がなければ警察も動けません・・・・・・
そんなわけでロッキードもゼネラルエレクトリックも、戦闘機、ミサイルの在庫がたまってどうしょうもありません。

まあ、北朝鮮を出汁にした共和党時代の「兵器一掃閉店セール!!」。

早い話が「洋服の青山」の閉店セールです・・・・・・

高崎緑町の「洋服の青山」、

「完全撤退閉店セール!!」

なんてやってると思ったら、高前バイパス問屋町入り口交差点のところ・・・・・
元の“群自燃”のところにいつの間にか、

デッカイ、「洋服の青山」です(笑)。

それにしても、まともに電力も生産できない国が人工衛星ですか?
もし人工衛星だったとしても、もしそれが成功したとしても、成功したらしたで莫大なカネがかかるし、
じゃあないとしたら、  「大陸間弾道弾」(弾道ミサイル) なわけで、そんなモンもしマジならアメリカが認めるわけがないから・・・・・・
それこそもしマジだったら、金正日はサダム・フセインの二の舞になる。

で、「破壊措置命令」なんですけどハッキリ言って大気圏外の話です。なんてったって人工衛星なんですから(笑)。
日本の上空を飛ぶっていったて、そこは大気圏外で、宇宙の話で、スターウォーズです。

まあ、これで、アメリカからセコハン通常兵器の押し売りなんでしょうね(笑)。

なんだかんだ言っても「強請り集り」、「脅し賺し」の利くのは日本くらいですから。

まあ、これでもし北朝鮮やってくれちゃったりすれば、「かんぽの宿」も「二階さん」の一件も宇宙のゴミにできますから・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 14:05Comments(4)

2009年03月27日

思い出

思い出・・・・・





突然、娘が言った。

「パパ・・・、昔行った遊園地に行きたい」って。

天を突く、群馬県庁の膝元にある「前橋市立児童遊園地」。ルナパーク。

乗り物は、何でも「50円」・・・・・

幼稚園児に混ざって「豆自動車」に乗ると言う。

「りょうくん、豆自動車壊れちゃうぞ」

と僕が言うと、一瞬困ったような顔をしながら・・・・・

「大丈夫」と云って、列に並んだ。


小さな遊園地だけど家族連れで大混雑。どの乗り物も行列が出来ている。

僕が子供の頃は、「おサルの電車」だった。今は、近代的な「新幹線」に衣替え。

「パパが子供の頃は本物のおサルが運転してたんだよ」

と云うと・・・・・

「わーっ、いいな、いいな・・・」

と羨ましそう。

新幹線には2人で乗った。
やはり3歳くらいの女の子を連れた僕等世代の・・・それは「おじいちゃん」。

その、おじいちゃんは、見事に、「おじいちゃん」していた。

娘の「パパ」・・・・・と言う声に僕と娘を振り返り不思議そうな顔するおじいちゃんとおばあちゃん。

なんとなく複雑な心境です・・・・・

電動の乗り物は全部「10円」。

娘は「10円ショップだね」と云いながら、空いている物から次々に乗り始めた。

「デパートの屋上はぜ~んぶ、100円だもの、乗らなくちゃあ損しちゃう」

とばかりに、ヨチヨチ歩きの子の後ろに並んで・・・・・

最後は、飛行塔・・・これが又すごい行列。

「パパ、一緒に乗ろっ」

と僕の手を引っ張る。

娘の手が温かい・・・・・

「眠いの・・・?」

って聞くと・・・・・

「赤ちゃんじゃあないよ」

だって・・・・・

小さな頃は、手が温かくなると、すぐに眠った・・・僕の背中の小さな温もりは今はもう思い出だけ。

僕の背中で眠る事も・・・もう無い。

そろそろ、「もう無い」事が大分多くなってきた・・・・・

ちょっぴり寂しくもあり、楽しくもあった、終日のたりのたりかな・・・・・

また、昔行った遊園地に行きたいって・・・・・言ってくれるかな。


  


Posted by 昭和24歳  at 08:01Comments(2)

2009年03月27日

雪は降る



アダモの♪雪は降る♪  by youtube


雪・・・

雨でもない・・・
雲でもない・・・
霜でもない・・・
雷でもない・・・

雪・・・

「ふわっと・・生まれて」・・・

「じわっ・・・」と消えてゆく。

もしかしたら・・・・・

もしかしたら、僕もそうなのかも知れない。

雪・・・

僕はそんな雪が大好きだ。
今までの後ろめたさも・・・
昨日までの哀しみも・・・
みんな包み込んでくれる。
真っ白な、眩しさで・・・

僕はそんな「雪」が大好きなんだなぁ・・・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 07:28Comments(4)

2009年03月26日

みのもんたの政治




いわゆる"B層”に向けてプロパガンダするTBS「朝ズバ」の・・・・・・

"みのもんた”

はたして、官邸に招き入れられた電波芸者が国民の代表のような面をすることが許されるのか。

小沢一郎(や他の自民党の政治家)を潰すには、みのもんたがテレビで一言、「だめだよ、小沢さん。もっとイチローを見習わなきゃね」というだけで十分なのである。選挙で選ぶのが政治なのに、マスコミと検察が世論を決めているわけだが、だれも疑問に思わない。

 他の国で政治資金がどのように扱われているかという制度比較論などの難しいことを理解したくない国民(B層)には、みのもんたの一言でOKなのだ。

 そして、メディアは「印象」を作り出すことで、時に「事実」を全てうやむやにすることが可能な存在である。

 メディアが5回悪いと言えば、メディアが1回悪くないと言ったとしても「5回」の方を信じる。

 仮にメディアが、小沢について、郷原信郎のようなコメンテーターを10人そろえて、みのもんたが、「小沢さん、がんばってるね」とコメントしたら、世論調査の結果は正反対になるだろう。「おテレビ様」とはそれほどの存在なのだ。


<ジャパンハンドラーさんのサイト抜粋貼り付け>

世論調査

小沢代表「辞任を」66% 共同通信の緊急電話世論調査
共同通信社が25、26両日に実施した全国緊急電話世論調査で、民主党の小沢一郎代表が西松建設巨額献金事件で公設第1秘書が起訴された後も続投を表明したことに関し「代表を辞めるべきだ」との回答が66・6%に上り、「代表を続けてよい」の28・9%を大きく上回った。


やはり国民は置いてきぼりにされるのか・・・・・・・ 
  


Posted by 昭和24歳  at 20:14Comments(1)

2009年03月26日

どっちもどっちなら・・・・・

どっちもどっちなら・・・・・・
そりゃあ民主党でしょう!!!





仮設事務所なんでしょうね・・・・・

江木の松原楽器跡の民主党の選挙事務所。

小沢さんのポースターが外されてました(笑)。

まあ、民主党も根性なしなんですね。

そんな小沢さんを承知で迎え入れてまで、代表にお願いしたんじゃあなかったの!!???

中島マサキと鳩山ユキオのポスターが並んで笑っていました。

今さら「政治とカネ」もないでしょう・・・・・・

政治とカネで、事務所費問題とかの「ナントカ還元水」で松岡勝利農水大臣が自殺しましたけど、

アレほど図太い政治家が、事務所費だけで自殺するわけないでしょう。もっと大きなヤマがあった・・・・・・

そして、後任の遠藤ナントカ農水大臣もジャボンだし、その次はやはり事務所費で「バンソーコー」で辞任。

安倍、福田、麻生・・・・・???

まあ、9月まで麻生さんがつづけばほぼ丸々3年間、「小泉改革」で・・・・・・

自民党って、一体なんだったんでしょうか!!???

その麻生自民党、ここへきて、どこからひねり出してくるんでしょうかまあ雇用調整金だとかで、
雇用保険、失業保険未加入者にもその雇用保険特別会計から給付するんだとか・・・・・・・
さらに、生活保護給付も条件、その給付のハードルを低くするだとか。まあ、大盤振る舞いです。

「口先だけかも知れません」、ヤルヤル詐欺です(笑)。

まあ、「ないない、絶対にない」とか言っていた“埋蔵金”があったらしい・・・・・・

ハッキリ言って、公共事業、予算では30兆円とか40兆円とかつけているようですけど、実際は毎年、

約、1兆円~2兆円が「未消化」だそうです。

つまり予算措置しておきながら、使いきれないというか、最初から「水増し予算」でプールして・・・・・・

「裏金化」です!!

まあ、大阪の橋下知事じゃあないけれど「どうしょうもない!!」ようです。国も地方も。

橋下知事のようにその意味では政治に素人、行政に素人だった者が首長になってどんどん疑問をぶつける。

世間一般常識からしたら考えられないような事案に・・・・・「なぜ!!???」「どうして!!???」って。

そりゃあそうでしょう、税収がそっくり人件費と借金の利息で消えちゃうって言うんだから・・・・・

大阪府民、ニッポン国民、いくら税金取られても足りるわけがない。挙句の言い草が、

「将来にツケを残さない」ために、「広く薄く」大衆消費税を増税で、所得税、法人税を減税だそうです。

まあ、そればかりじゃありませんね。年金税の増税、医療保険税の増税、介護保険税の創設・・・・・・

つまり、一般国民、納税者にはすべて増税です。

早い話、自民党と言う長期政権で立法府が機能しなくなったということです。

つまり国会議員が現実的な法律を作らない。行政が法律を作り閣議決定して衆参に諮るが・・・・・・

まあ、小泉さんの「郵政解散」を見ればわかるように。無理やり法律を通しちゃう。

みなさん、小泉さんの改革でなにかいいことありましたか。痛みに耐えて何かよくなりましたか???

で、ご案内の大不況です!!

「改革なくして成長なし」だったはずが、「改革したら大不況」です(笑)。

竹中さんの「アメリカ型政府」「小さな政府」。自己責任の国。

どっちもどっちというより、もう自民ではダメ!!

だということを国民が決意しなければならないところに来ている・・・・・・

で、民主党政権になったところでおそらく難問が噴出するだろう。

そしたら、また選挙をすればいいんです。この国の未来に向けたはっきりとした形が見えてくるまで。


どっちもどっちなら・・・・・・
そりゃあ民主党でしょう!!!


実は来年から再来年にかけては地方自治体も国も・・・・・・


選挙イヤーなんです!!

議員センセイの最も嫌いな(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 15:07Comments(1)

2009年03月26日

毒を以て毒を制す!!

毒を以て毒を制す!!





自民党は当然ながら民主党内部からも「小沢代表辞任要求」だとかです。
いわゆる「反小沢グループ」とかだが・・・・・・
「説明責任が不十分」だとか、「選挙が戦えない」だとかの理由で。



ハッキリ言って、
小沢一郎を四の五の言える国会議員がはたして存在するのか!!???


自民党は当然だろう。誰一人「カネ」に関してはまともな議員はいない。誰一人としてだ!!

今日のこの国の政治環境からいえば、金額の高はともかく「清貧」な奴なんて一人もいない・・・・・

当然だ、政治とは「権力闘争」でしかないからだ。

与野党問わず、凡そ政治家の腹積もりなんてえものは「欲の突っ張り合い」から生じる権力闘争でしかない。

これまでも幾多、数多の贈収賄事件、最近では秘書給与ピンハネ、架空事務所費・・・・・

人情だろうと、国民は目をつぶっているが、ほとんどの、いやすべての議員が後ろめたいはずである。


政治家と言う人種の可笑しさがそこにある・・・・・・

大体が、いくら選挙で当選するためとはいえ普通に考えたら馬鹿みたいにお決まりのタスキ掛けに、

それこそ無差別爆弾のように笑顔を振りまき、誰それかまうことなくペコペコする・・・・

あんな真似は、まともな人間なら出来っこない(笑)。

当選したらしたで、ほとんどの議員は仕事という仕事はない。精々が員数合わせで、ましてや一期、二期程度の議員では居場所なんてどこにもない。

結局、声かけで、派閥、グループに入って、いわゆる雑巾がけで、「国会議員」の志なんてえものはすぐに失せる。

つまり、映画俳優の大部屋、ヤクザなら部屋住みで、それだってよほどいい親分に当たらなければずっと日陰で、次の選挙のために地元の市議、県議の下を這いずりまわらなければならない。

まあ、「ただでは回れません」(笑)。地元のボスとかが指南するでしょう・・・・・・

どうにして「カネをひっぱてくるか」、「仕事をひっぱてくるか」を。

てなわけで、普通の下々が国会議員なんて、結局、「鈴木ムネオ」です・・・・・

弱小ながらも派閥の親分、中川一郎の秘書で、結局「息子が跡目」じゃあ、何のために親分に仕えたかわかんない。

秘書時代に知り得た情報をフル回転させて、汚いカネであろうが、もちろん綺麗なカネなんてありません・・・・・

第一、カネに色はついてませんので、分別なく懐にする。そして仲間にカネを配り、官僚を手なずけ、行政を差配する。

まあ、それで鈴木ムネオも「男」になったまではよかったけど、ああいう風に、刺される・・・・・

まあ「下々」です。バックにつくのは「危ない」人たちばかりです(笑)。

結局、ただ神輿に乗っかってるだけで「センセイ」になれて、10年かそこらで大臣になっちゃたりするのは「蛙の子」だけです。

ハッキリ言って、これまでの日本は「そういう政治」でも高度経済成長とアメリカの子分という国際環境の中でなんとか回ってきた。

つまり、今、麻生さんが総理大臣だというだけでこの日本は行き着くところまで行き着いちゃったっていうことです。

まあ、小泉さんはその意味では「突然変異」でしょう・・・・・

しかし、政治的にはなんの脈絡もない、安倍、福田という政権。それは当然のように1年未満です。

土台無理なんです。ただ、祖父が、父親が総理大臣だったというだけで、ほとんど政治経験(政策)のない・・・・・・・

孫と息子に勤まるような簡単な仕事じゃあないんです「内閣総理大臣」は。

で馬鹿みたいに、「二度あることは三度」っていうより、もう誰もいないっていうところで吉田茂元首相のお孫さんでは・・・・・・

こんなのは、政治でも何でもありません。お遊び、オフザケです。


毒を以て毒を制す!!


しかし、現在の民主党もまともな議員は数えるほどしかいません・・・・・・

アレとコレと、ソレと・・・・・アレくらいでしょう。

まあ、旧社会党系とか、民社党系とかの社会党を潰した人、民社党を潰した人は知れてます(笑)。

しかも、世襲では・・・・・何人かいますけど、ほとんど失敗してきた人ばっかりで、それにもう若くありません。

あと、自民党とつながっている連中です。一目でわかります。キレイなこと言っていながら・・・・・

パチンコとつながってたり、サラ金とつながってたり、マルチとつながってたり。

ハッキリ言って、ほとんどの政治家、与野党問わず「何にも出来ません」。ただいるだけです・・・・・

で、小沢さん西松からおカネもらってますよね。

まっ、知らないはずありません。もし知らなかったら、ただの「バカ」です(笑)。

もちろん、自民党の誰ソレもイッパイもらってます。西松なんていうチッポケ「ナゼネコン」じゃあありません。

結局、西松の仕事が「東北地方で突出」とかなんですけど、つまり「小沢の名前」を騙ってでしょう。

じゃあ、よその、例えば青森の原発とか、石川県のとか福井のとか静岡のとか・・・・・・

全部そうです。その意味では「手を汚してない」のは日本共産党くらいでしょう。

しかし、そういうわいろと言うか献金はないでしょうけど、世界の共産主義の末路を見ると、日本共産党だけが“例外”に、

「正しい共産党」、共産主義者だとは思えません。つまり、「思想」と「宗教」の類です。

で、そういう共産主義国家とか、社会主義国家って言うのは「官僚国家」に他なりません・・・・・・

まあ、その意味ではすでに日本は「共産主義国家」というか、「社会主義国家」だと言えなくもないのです。

で、小沢さんなんですけど・・・・・・

今度のことは、極めて国民にとっては「ラッキー」だったと言わなければなりません。

それは、「国民本位の政治」とかで、政権交代を目指そうとする民主党がさらけ出されたからです。

そして、そのことで、この国が今どんな状況にあるのか、「検察と言う国家権力」とはなんなのか・・・・・・

そして、あの漆間とかいう警察畑の「政府高官」とかが、どういう仕事をしているのかとかが、よく国民にわかった。

その意味では、たしかに「ダーティー」な小沢さんだけど、向こうの方、つまり自民党の方がその規模も、その質ももっとヒドイということも見えてきた。

つまり、肝心なことは「政権交代」する!!

ただそれだけなんです。つまりその役者には「小沢一郎」しかいない。

まあ、「イチロー」つながりで、WBCでは、最後まで不振にあえいでいたあの「イチロー」が最後の最後で勝利の女神となった。

まあ、韓国チームを自民党に例えちゃあ、韓国チーム、怒っちゃいうかも知れないけど・・・・・・

ここで、民主党代表の「イチロー」にタイムリー、しかも2点タイムリーをかましてもらう。

で、今の民主党に「イチロー」に代わる代表・・・・・誰がいます!!???

つまり、この政権交代は自民党とのそれではない。自民党政権を操る「官僚国家」と、国民との戦いなのです。

もし、ここで政権交代が現実のものとなれば、ここまで総選挙直前に政治を混乱させたことの責任はただでは済まないはずです・・・・・

まあ、それが事実だったとしてもです。

まあ、普通に想像すれば、「政権交代阻止」の国策捜査だったことは素人目にも明らかです・・・・・・

どうしても、自民党政権でなければ今の「体制」は困るのです。

現実のものとなるかは定かではありませんが、民主党のマニフェストでは、官僚、「局長以上には一度辞表を書いてもらう」と言うことになっているようです。
さらに、局長以上の人事権は内閣に、そして、事務次官会議の廃止だそうです・・・・・・

実際、こんなことをホントにされたら、霞が関、「たまったもんじゃありません」です。

しかし、それもこれも、国民の判断にゆだねると、秘書、起訴での会見で「イチロー」は言ってました。


毒を以て毒を制す!!


いま国民に残された手段はそれしかありません!!


最初の審判は6ヶ月後の総選挙です・・・・・

そして最終審判は、来年行われるであろう、この総選挙の結果を受けての、

衆参同時選挙だっ!!



それは戦後世代、僕らの最後の選挙になるかもしれない・・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 09:49Comments(0)

2009年03月25日

ロックな街“たかさき”




“たかさき”はそう言えば実に『ロックな街』である。


まあ、“ロック”と言えば聞こえはいいが、
ようするに流行りモンに敏感“弱い”上州人気質とでも言うのだろうか・・・・・

江戸の頃はよくは知らないが、御案内の花街、花柳界もそれは評判だったと聞いている。
今ではそれを見る影はほとんど見当たらない・・・・・・

あの“ビューホテル”の所はそれこそ“粋な黒塀観越しの松”の料亭『宇喜代』があった。
もちろん戦争中まではそこ“柳川町”と言えば色町で、
通称“だるまや”とか言って第十五連隊の兵隊さんや、街の若い衆の憩いの場所とかであった。

戦後、それも干支が一回りした頃の昭和33年に“売春防止法”完全実施で一時はその灯の消えた“柳川町”。
その後は、キャバレー、クラブ、バー全盛時代で昭和50年代半ば頃までは隆盛を極めた。

もっとも、朝鮮動乱特需。そして糸偏特需・・・・・
幾度かの好、不景気を繰り返す中、どう云うわけかあの“バブル”の恩恵にはそう預らずに、
その花街はなんとも奇天烈な外国語の飛び交う異様な街へと変貌した。

まあ、高崎だけではないだろうが・・・・・

その“ロック”はその街若者文化を象徴する。

なんと言っても、日本ロック界“NO1”と言っても過言ではない・・・・・・
伝説のギタリスト、ボーカリストを排出したロックな街“たかさき”である。


しかし今ではそれを騒ぐが・・・・・彼ら、

その伝説のギタリストたちが少年の頃は鼻ツマミモンであったことは想像に難くはない。

ある時、隆盛も沙汰止みになったころの、その伝説のグループの一人と話しをする機会があった。
そのときの彼の言葉は・・・・・

「これと言って高崎には・・・・・・」

であった。

なんでも始めて買ったベースが、駅前通の“イシズカ”と言う雑貨店だったとか。


“音楽のある街”はどうやら何事も“アカデミズム”であることが条件であるようだ。

しかし、時代は変わった・・・・・・
行政が率先して“そんな音楽”を主催したり後援したりするようになった。
学校でも部活動でロックだそうである(笑)。


僕らの時代・・・・・

昭和40年代は“そんな音楽”イクォール“不良”のレッテルが即貼られた。

学校はバンド活動なんかすれば停学か、ダンスホールで補導でもされれば退学処分。
世間の目は“真っ白”だった・・・・・

まあ、“ロック”が行政のお膳立てがアツラエではそもそもが、そんなもんは“ロック”でもなんでもない(笑)。

ロック!!

“ロック”こそが反体制で、自由の表現。

それは精神的“ハングリー”であり、結果が“成り上がり”の象徴である。

ジョン・レノンが暗殺された理由もその自由と平和の伝播にあり体制が看過できないところにあった。

ソレがロックである・・・・・!!
  


Posted by 昭和24歳  at 19:21Comments(3)

< 2009年03>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ