2018年01月16日

高崎中央銀座通りがレトロ?

高崎中央銀座通りがレトロ?

「船頭多くして船山に上る」かどうかは知らないが・・・

そらね、昭和のチュー銀を知らなけりゃあ中銀は語れませんね。

そもそも、絵に描いた餅なわけで駅前、オーパ界隈から飲みに来るなんて酔狂です。

ま、風俗は別腹ですから下半身の向くまま、今の若い衆は(笑)。

もっとも、今の現役中堅は高齢者人口の半分以下ですから、そんなもん新橋の飲み屋街と比べてもね。

計画では、高崎産木材を使い、昭和の風情のある飲食店街にする。イメージは東京の「サラリーマンの街」として知られる新橋の飲み屋街だ。店舗から道路にテーブルといすをせり出させる。アーケード下の市道は正午から午前0時まで緊急・許可車両以外通行止めになっており、夕方から会社員や若者らでにぎわう明るい通りにしたいという。今年度中に設計し、来年度に着工、完成させる予定だ。
http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20151219101060001.html

>夕方から会社員や若者らでにぎわう明るい通りにしたいという。

今ほとんどが非正規で、昭和のような会社員はいません、若者もいませんね。

それに、酒も飲まないらしい。そもそも、宵越しの金がないわけで、ま、遊べるのは正規の公務員くらいです。

というわけで、中心市街地にレトロバスを周回させるか、高齢者街中パスで老い先短いわけですから老後のお金を使わせる。

ま、死んでまで持っていけませんし、既に「老後」なんですから散財させなくちゃあいけません。

それがやがて、子、孫の生活費に回るわけですし。

まあ、駅前オーパからアルって行ける距離じゃあない、高崎中央銀座通り。言っても何もないし。

風俗は高齢者にはきついです。もっとも高齢者仕様の風俗でもあるんなら別ですけど(笑)。

高崎中央銀座通りがレトロ?
  


Posted by 昭和24歳  at 14:49Comments(2)

2018年01月16日

グループサウンズは今年もプラネッツ!!

グループサウンズは今年もプラネッツ!!

さて、いよいよ団塊世代の殿昭和23年が古希です。
長い間お世話になりました、が、もうしばらくお騒がせします。
どうぞ宜しくお願いします(∩´∀`@)⊃


かつてのアーチストも一人二人とお隠れあそばす昨今ですが・・・・・

まずは70年間無事に過ごせたことに感謝です。

これもひとえに皆々様のおかげだと心より御礼申し上げます。

おしまい。

グループサウンズは今年もプラネッツ!!  


Posted by 昭和24歳  at 09:35Comments(0)

2018年01月11日

「日本の心こめた謝罪が完全な解決」

「日本の心こめた謝罪が完全な解決」

韓国大統領 日本は真の謝罪を

慰安婦問題 「日本の心こめた謝罪が完全な解決」=文大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で開いた新年の記者会見で、韓国政府が旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意の破棄や再交渉を求めない方針を発表したことに関する質問を受け、「日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし、それを教訓に国際社会と努力することが慰安婦問題の解決だと思う」と述べた。(聯合ニュース)
1/10(水) 18:18 掲載 .
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6267888

>日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし・・・

永遠に言い続けますね、韓国の大統領という、アレ(笑)。

いい加減日本政府も相手にしなけりゃあいいのに。
戦後世代のほとんどが80代、占領下に生まれた団塊も70歳台です。

この分じゃあ孫子の代というか、何かにつけてイチャモンつけてくるんでしょうね。

そもそも「慰安婦」なんだが、日本人女性にもいたし台湾人女性にも・・・・・
そしてなにも日本軍だけじゃあないし、つまり、戦争にかこつけて稼ごうとする女衒の存在です。
そんなもん、今だってこの国でニュースになる。

ま、親が娘を売るなんてことはないっと思うけど、騙されて気がついたら風俗なんってぇお話も。

じゃあ、どうなんが、韓国政府が外貨獲得のために「妓生」を国家管理でやってたことだが。

まあ、日本の高度成長期、海外旅行ブームといえば韓国の「妓生パーティ」、農協です。
台湾だって、香港だって、アメリカにだって公認の売春宿は存在する。
じゃあ、オランダなんかどうするんだ「飾り窓の女」とかに話があるんだが。

ま、それはそれとしてなんだが、アメリカなんてどうするんだろうね、占領下日本政府に慰安婦集めさせたわけだ。

「新日本人女性求む」とかで当時としては破格の給料だったらしいんだが。

だものアメリカだって日本軍がどうのこうのなんて言えた義理じゃあないんで、いったら、ウーメラんです。

ま、日本政府言えないだろうから、一般国民だって僕らの親世代、もう死んじゃっていないけどね。

生きてたら忘れたいこと、秘密にしておきたいことはいくらでもあるんで・・・・・

あの韓国のお婆ちゃんなんてトランプ大統領にハグして、韓国の大統領ニヤニヤ。

これだもの点ける薬はないです。正直、韓国民には哀れささえ覚えます。

しかしねぇ平昌オリンピックてどうすんの、大陸だがら半島ったって雪降らないしあんまり。

だから日本にどさっと降るわけで、雪が降らないのは日本のせいとか言い出したりするかも、韓国大統領。

「日本の心こめた謝罪が完全な解決」
  


Posted by 昭和24歳  at 15:04Comments(0)

2018年01月10日

祝・中央銀座アーケード「頭隠して尻隠さず」(笑)

祝・中央銀座アーケード「頭隠して尻隠さず」(笑)

スラム化してるオリオン座だけど・・・
なんとか隠せなかったの?


中央銀座アーケード供用開始

昭和レトロな飲食街へ
平成26年2月の大雪で崩落した中央銀座アーケードが再整備され、17日(日)に供用開始になった。

今回再整備された区間は約110mで、高崎市によれば、新しいアーケードは周囲の雰囲気と新しい時代を意識し、木質感のある演出や落ち着いた色調を取り入れた。採光に配慮し、開放的で明るく、親しみやすい空間になっている。

中央銀座は、昭和の風情が魅力となっており、街区の特色を打ち出していく。アーケードの再整備に伴って、8店舗の飲食店が誘致された。新たに整備した店舗の建物はモルタル風の壁やアーチ型の窓を配置するなど外観に統一感を持たせている。歩行者天国の時間帯は、店先のテーブルで開放的な雰囲気を楽しめる。

記念式典で富岡賢治市長は、高崎電気館の活用や高崎ビューホテル撤退後のホテル事業継続など中央銀座周辺の取り組みに言及し、高崎駅周辺で創出されているにぎわいを回遊させていきたいなど、アーケードの再建に期待を持っており「気合いを入れてまちをつくっていきたい」と力を込めた。

高崎商工会議所の原浩一郎会頭は「高崎はかつてないにぎわいを見せており、回遊性をつくるため市と会議所をあげてがんばっている。相乗効果を上げながら中心市街地の活性化をはかりたい」とあいさつした。

2017年12月18日高崎新聞
http://www.takasakiweb.jp/news_cat/6581/

>中央銀座は、昭和の風情が魅力となっており、
ほとんどの昭和、シャッター降りちゃってますけど・・・・・

ま、トボトボ歩く高齢者と閑散とした中銀は確かに昭和の風情、兵どもが夢の後。
中銀のパチンコホール、朝日会館、麗都、まだまだあったね、東宝のところ。

そうそう、昭和47年、たしかに戦後昭和のど真ん中でしたね。

北関東随一のグランドキャバレー「ニュージャパン」でドラム叩いていた頃のお話です。

その休憩時間に、「らっちゃん」でタンメンギョーザ、「姿」なんていうヤキトリ屋があってイッパイ引っ掛けて、とか。
柳川通りの「一力」のホルモンと梅割り、今のセカンドボックスのところには「中熊」があってモツ煮がうまかった~ぁ。
で、ヒーコーっていったら、お堀、太鼓橋の角にあった「喫茶プリンス」そして「喫茶キャンドル」は2階が同伴喫茶。

もちろんキャバレーって言ったら「ニュー東京」があって隣が「フランス座」、ストリップ劇場。
その向こう側が、「弥助鮨」。そうそう、「おふくろ」なんていうおにぎり屋もあって・・・・・
クラブ銀座、恋人、夜来香 、で昭和の徒花が「ハワイ」とかのピンサロ、華やかでした。キャバレー「ハリウッド」は福富太郎。

なんだったんだろうか、あの賑わいは。GDPだってやっと120兆円規模だったのにどうなってんだ今は。
で、サラリーマンの平均月収が16万円台って、今の方が悪いじゃあないか。
ボーナスだって、中小零細、最低でもちゃんと年二回2ヶ月近くは出てたし、非正規だのという言葉は聞かなかった。

現在は非正規雇用が4割超で非正規正規労働者の年収が200万円以下・・・・・

そら、結婚できません、子どもは作れません、消費もできませんでは引きこもるしかないです。

>記念式典で富岡賢治市長は、高崎電気館の活用や高崎ビューホテル撤退後のホテル事業継続など・・・

電気館の活用ですか。

2年前です、昭和のエレキ小僧が電気館の活用とライブをやったら「うるさい」とか苦情が来たとかでその後は使用不可。

70名の動員に120名からが来てくださって、確かにご迷惑をおかけしましたけど、皆さん60代。
またの機会にとお帰り願ったわけですけど、まあ、大人ですから(笑)。

だものそこに言う・・・・・

>高崎駅周辺で創出されているにぎわいを回遊させていきたいなど・・・


風俗アーケード街に回遊しますか、皆さん。
風俗が悪いわけじゃあないけど、風俗は風俗で歓楽街、花街として完成させないといけません。
今のところ普通のおお店は皆無です。鳴り物入りの屋台村はどうしたんでしょうか?

祝・中央銀座アーケード「頭隠して尻隠さず」(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 14:49Comments(1)

2018年01月09日

花はどこへ行った

花はどこへ行った


<超音速ミサイル>量産へ 国産「ASM3」、抑止力強化
 防衛省は国産では初めての超音速の空対艦ミサイルとなる「ASM3」の開発を完了し、2019年度から量産を始める。航空機から発射して艦船を撃破する用途のために03年度から開発を始めていた。17年7月まで計15回の実射試験を重ね、昨年末に分析を終えた。音速の3倍のマッハ3以上の速度で艦船に迫り、迎撃がより困難になる。島しょ防衛などを担う航空自衛隊のF2戦闘機に配備し、抑止力を強化する。
<抜粋引用:1/7(日) 7:30配信 毎日新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000002-mai-pol

>抑止力を強化する、って?


今年から年賀状止めました。

新年のご挨拶は手紙にしたためます。

平均年齢まであと10年余、お世話になった人、友人じっくりと話がしてみたいから。

生まれて、ここまで生きてきたことを今の社会から鑑みる。
どうしても、この国が平和であったことへの喜びを同世代で共有したい。
昨日の新年会で僕に挨拶しろというのでアメリカの徴兵制度の話をしました。

1973年(昭和48年)まであった米国の徴兵制度です。

トランプ大統領も、クリントン大統領も、その徴兵を逃れたわけです。
オバマ大統領は1973年の時は12歳でしたからまあ、対象外ですけど。
ブッシュJrは州兵だったんだとかで当然ベトナムには従軍してませんね。

そんなわけで、後に楽器業界に身を投じた際アメリカで出会った同世代の多くがベトナム戦争でベトコンと戦いPTSDでした。
ま、殺らなければ殺られるわけですから、機関銃で乱射です。
そしたらベトコンの頭は吹っ飛び、脳みそは飛び散りまさに地獄だったと言ってました同世代の楽器店主。
とにかくベトナム戦争からの帰還兵は当時は大変だったようです。



「花はどこへ行った」「風に吹かれて」そうした反戦歌の中死んでいったアメリカの団塊世代。

日本はのんきだった、平和だった。

僕なんかはバンドをやって、CCRだのジミヘンだの、後楽園球場のGFR、武道館のBBA、厚生年金ホールのBBキング、ロックを謳歌していたわけです。
今にして思うと、それってなんだったんだろうと・・・・・

まあ、連合赤軍あさま山荘事件もちょうどその時代。

70になろうとしている僕ら世代が二十歳そこそこのころ体験したこと。
そして今そこから思えることは、日本は戦争をしなかった。
日本は戦争をできなかった、そしてそれを世界が赦したということ。

それはこの国の選択ではないのかもしれないけど、米軍の大空襲と広島長崎への原水爆投下、結果3百万余の命が4年間という一瞬の間にして殲滅された事実を思い起こせば戦争はできない。
国力の全てを賭してもその凄惨さを目の当たりにした日本という国家はいかなる理由があろうとも戦争はできない、と憲法九条はいっている。
これは悲惨にも国家の妄動によって殺された一般大衆、国民の遺言だろう。

核じゃあない、武器は持たず、造らず、持ち込ませず。

花はどこへ行った
  


Posted by 昭和24歳  at 17:23Comments(0)

2018年01月07日

【雑感】10年一昔候らえば

【雑感】10年一昔候らえば

過去の人たち

懐かしいが、あの時“ホリエモン”はこう言ってメディアを嘲った。

「ニュースなんて買えばいいじゃん」

ライブドアによる、”ニッポン放送買収”の際の発言だった・・・・・・

そうなのである。
今ではほとんどの、新聞、テレビ“メディア”は「共同通信社」、あるいは「時事通信社」から“ニュース”を買っている。
そしてそれをあたかも、自社、独自取材記事のように載せる・・・・・

1945年――――――――

“同盟通信社”の解散を受け、
加盟新聞社及び日本放送協会(“NHK”)の出資により『社団法人共同通信社』設立。

【同盟通信社とは】

1931(昭和6)年の満州事変に続き、第一次上海事変が起きると、
満州国建国など日本の植民地政策に批判が高まった。

日本に有利な宣伝活動をしたいとする政府と軍部の強い要望で、
これまであった新聞聯合社と日本電報通信社(“電通”)の通信部が合併、1936(昭和11)年、

『国家代表通信社』として認可された同盟通信社が業務を始めた。
電通は広告代理業専門会社になった。

しかし終戦を迎えた1945(昭和20)年11月、
連合国軍総司令部(GHQ)の戦争責任追及を恐れた同盟は組織を“自主的に解体”。

『共同通信社』と『時事通信社』に分割した。 

そして『電通」とは・・・・・

共同通信社+時事通信=『電通』

TBSは電通赤坂支局。
フジは電通お台場支局。
日テレは電通汐留支局。
テレ朝は電通六本木ヒルズ支局。

                      電通
NHKは旧大本営広報部= 政府――――――
                     共同+時事

ほぼ60%強の民放広告を媒介、そして番組制作全てをコントロール。
そして、報道、ニュースもコントロールする。
今日の「ニッポン国」の、ある意味“司令塔”である「大本営」でもある・・・・・・


最近見えない評論家は“小室直樹氏”とその弟子を自認する“副島隆彦氏”。
台本とは違うことをしゃべるからテレビには出してはもらえない(笑)。

共産党が「もっと出して」っていくら言っても・・・・・・

“スポンサー”が(笑)。

志位和夫さんも間抜けだね・・・・・・テレビ“赤旗”でも立ち上げなくては。
資金は潤沢なんだから。

だから、読売の“ナベツネ”がTBSで、フジテレビで言いたい放題を言う。
グループ会社の「日本テレビ」で言えばいいものを、他局で言う・・・・・・・
と言うことは、つまり、日本テレビも、フジも、TBSも根っこが同じと言うこと。

取材もしてないくせに、取材をしたように“偽装”する「大メディア」。

だから“みのもんた”あたりが、早朝は「TBS」で、昼は「日本テレビ」で、夜は「フジテレビ」で(笑)。

制作費のほとんどかからない、お笑い芸人モノ、再々放送モノ・・・・・・
芸人とチョウチン政治家の「トークショー」。精々が謝礼程度のギャラでそんな連中、ノコノコと、テレビに出る。

しまいには、漫才コンビ「爆笑問題」のカタワレが「総理大臣」なんていう設定で、税金、5000万円も食らう選良がテレビで笑われてる。

弁護士から、女医までが、芸人プロダクション所属。
しまいには、政治家先生もお笑い芸人プロダクション所属だったりするんじゃあないの(笑)。
2008/01/07 08:59:45

【雑感】10年一昔候らえば

  


Posted by 昭和24歳  at 18:27Comments(0)

2018年01月06日

【団塊】酒とギターとバラの日々

【団塊】酒とギターとバラの日々



中高年の引きこもり初調査へ=政府、40~59歳の実態把握

 政府は、引きこもりの長期化を踏まえ、40~59歳を対象にした初の全国調査に乗り出す。

 人数を推計するほか生活状況などを把握し、今後の支援策に生かす。これまでは15~39歳を対象に調べていたが、対象者の加齢に伴い、中高年にも調査を拡大する必要があると判断。2018年度予算案に調査費2000万円を計上した。

 具体的な調査方法は、40~59歳の人が居る5000世帯を抽出。本人や家族に、外出頻度や引きこもりになったきっかけ、家庭状況、必要としている支援などを尋ねることを想定している。政府は調査結果を、まずは家族の支援につなげたい考えだ。

<抜粋引用:1/6(土) 14:36配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000050-jij-pol

ま、何度も言うけど、団塊が労働市場に出だすと同時、1000万人からの消費者が生まれたわけです。
つまり、消費社会のニューカマーが1000万人。その1000万人が新しいニーズ、需要を自らが想像したのが若者文化。
その団塊のニューカマーは消費にためらいはなかった。それどころか彼ら自身がこれまでなかった全く新しい市場を創造した。
その典型がフォークギターであり、エレキギターだった。猫も杓子も。

最大の消費は車だろう、ホンダのS600、トヨハチ、空冷の2シーター、それらの値段はハタチ前後の年収分で買えた。
そういやあ、ステレオも売れたし、団塊が結婚し始めるとニューファミリーとかで分譲住宅団地が日本中に・・・・・・
家具に、電気洗濯機、電気冷蔵庫、そして子供ができて、団塊ジュニアです。ベビーマーケットも一大産業に。
日本中にスーパーマーケットが広がり、デパートもできて人口17万規模、昭和50年、高崎の地方都市にもデパートが八つも。

「藤五・ダイエー・ニチイ・高島屋・スズラン・八木橋・十字屋・田原屋」その他、月賦の緑屋、丸専とかも。
昭和50年、スカイラウンジという回転レストラン、街中喫茶店で溢れていた。食堂で溢れていた。
それがどうしたことかGDPで言ったら5倍超になってるというのに、街中は完全に消滅し、喫茶店らしきものはスタバとかタリーズだけ。

相対的に消費人口は増えてるのに、そこの消費が低迷している・・・・・
行政は「都市計画」を言うが、肝心のかつての中核は廃墟に等しく歩く人さえそこには見ない。

そういやあ、やきとり「ささき」が駅、電車区のところにあったときは毎晩がコーラス状態。
ももうとする煙の中でヤキトリを頬張り、コップ酒を煽り、口角泡を飛ばす団塊から、中高年。

どうしてなんだ、人口が37万人になったというのにその賑わいは昭和50年を見る影もない。
ま、人口そのものが平成の大合併の上げ底だったわけで、そこへ持ってきて高齢者が11万人に対して若者が6万人。
その若者は非正規、アルバイトで低収入じゃあ街は死にます。

まあ、くどいがその団塊も余命10年がいいところですから、10年たったら一気にその11万人が高崎から消える。
そんなことになったら商売になるのかねぇ、オーパも高島屋もスズランも。
ところで中銀のアーケード完成したけど、恩恵を受けてるのは風俗だけって、皮肉もいいところだね(笑)。

【団塊】酒とギターとバラの日々


  


Posted by 昭和24歳  at 19:30Comments(0)

2018年01月06日

【星野仙一逝く】団塊も余命10年

【星野仙一逝く】団塊も余命10年


星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 楽天が発表「最期は昼寝でもしているような安らかな表情」
 星野仙一氏死去 死因はすい臓がん 楽天が発表「最期は昼寝でもしているような安らかな表情」

 楽天が6日、星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことを発表した。70歳、死因はすい臓がんだった。

<抜粋引用:1/6(土) 9:04配信 スポニチアネックス>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180106-00000085-spnannex-base

ま、アレです・・・・・
戦後生まれ、オキュパイドベイビー、団塊世代も余命10年。
寿命というか平均年齢男は80歳チョボ、女はしぶといので86歳くらいでしょうか(笑)。


ま、我々戦後生まれどなたが考えたか、ラジオの「少年探偵団」に始まって「赤胴鈴之助」です。

で、テレビ時代になるとなぜか少年ジェットがスクーターに乗って、免許持ってたんでしょうか?

極めつけは、月よりの使者「月光仮面」で、どういうわけかあの時代全てが・・・・・

「正義が勝つ」

そんなわけで、戦後世代、オキュパイドベイビーの団塊はその「正義」がある種の哲学、思想だった。

まあ、中にはずる賢いのがいて、戦中派です、配線のごたごたで人の弱みにつけ込んで雨後の筍のような新興宗教。

ま、それも高度経済成長と相まってこくみんそこそこ一億総中流になってきたときは南妙法蓮華経もシステム化しちゃって、アレ・・・・・・

経済団体、政治団体に変質していった。ま、面白い、そこが日本なんでしょうか(笑)。

キリスト教だってあるにはあるが、振りかざす神が絶対神だから普通の日本人は相手にしないわけです。

ま、日本国民がその意味、信心深かったらそら、イスラム教とか、ヒンズー教とかがアッラーだのと騒いだんだろうけどね。

そもそもが、日本はその風土にやたらと「神様」がおられる、何がなんだかわからないほどいっぱいおられる。

っていくか、その気候風土なんだろうけど、毎日決まって礼拝する習慣が生まれなかった。

精々が、農作業の終わった農閑期にお祭りするくらいでそんなもん毎日、毎週決まった時間にお祈りなんかしてたら仕事にならない。

ま、一神教では仕事、労働は苦役だけど日本の気候風土では仕事は、仕事こそが神技で、それぞれの仕事に神様が居る。

そんなわけで、僕ら団塊も、グダグダ言ったところで・・・・・

余命10年です。

で、団塊ジュニアが既におじさん、おばさんだから笑うに笑えないわけで、老婆心ながらそんな彼らには自己解決する手段がない。

ま、一番の理由は人口減少でしょう、中国だってそうで大東亜戦争中は中国が4億人。

それに対して我がだ日本帝国は普通に読み書き算盤のできる国民が「一億総火の玉」だったからアメリカとだって戦争しちゃいます。

日米開戦当時のアメリカの人口は約1億5千万人。一方日本の一億総火の玉は7千2百万人。

で、実際は当時のアメリカは人種差別がひどくて白人系は一億人くらいだったらしいから、ほぼ日本とトントン。

日本はやたら人口が増えてくのでその食呂何から移民政策の一環として満州建国でした。

そんなわけで、アメリカの統計学から言えば、日本の人口を増やしてはいけないということで少子化政策です(笑)。

自由と平等を御旗に「男女参画」とか「ジェンダー」とかですからそんなことしてたら人口増えませんね。

で、中国は一人っ子政策ですから、これからが大変13億人が全部一人っ子。

つうか、13億人、男女6.5億人で子ども一人ですからそら将来的には、中国の総人口は6.5億人の男女・・・・・

つまり、このまま一人っ子政策続けてたらしまいには中国の人口一人になっちゃいます。冗談だけど(笑)。

そんなわけで星野仙一、70歳はいい時代を生きたわけです。

【星野仙一逝く】団塊も余命10年
  


Posted by 昭和24歳  at 11:13Comments(0)

2018年01月05日

渡世の義理もへったくれもない高崎だるま市

渡世の義理もへったくれもない高崎だるま市

「恨みつらみはございやせんが、渡世の義理で、お命頂戴いたします」

I don’t have any grudge and grievance against you.
But I have to take your life to keep my word with the brothers.


まあ、60年安保の時にゃあ全国のテキヤ連合を召集して学生でも叩いたわけだ。

そう、今のボンボン総理のじいさん、岸信介の時だったがね。

ま、その時代は背中にカラクリ紋々の国会議員も結構いたらしいが・・・・・

敗戦で官憲の力がなくなって、政治の世界はそういう裏社会のお世話にならなきゃあやってげなかった。

そんな時だったね、日比谷公会堂で日本社会党委員長の浅沼稲次郎が17歳、少年「山口二矢」にテロられた。

ま、敗戦という背景に大きく作用された時代だったが、その意味では善悪、白黒、丁半がきっちりしていたね。

そこですよ、山口二矢17歳と言ったら高校三年生、その若い身空でこの国の行く末を案じたなんて、安倍ちゃんに聞かせてやりたいもんだ。

で、高崎だってそう、博徒、ヤクザ、愚連隊、ま、渡世人の義理人情とかのそういう社会だった。

そこで高崎柳川町は北関東随一の「歓楽街」で売春防止法施行以降は、バー、キャバレー、クラブの花ざかりでしたね。

ま、そういうとこにはつきもんなのがご案内の、渡世人でした。まあ、時代が時代でそういうお兄さんが群雄割拠したね。

まあ、酒場、飲み屋の喧嘩、揉め事はその時代警察なんて全くお話にならなかった。

俺らが17歳の頃だと、そうです「みゆきダンスホール」には某組織のNo.2のいかにも怖そうなお兄さんが用心棒。

客同士のケンカが始まるとママさん「電話するよ」とかで、モノの数分でそこんちの若い週が飛んできてナシをつけちゃう。

世の中殆どがそうだったし、俺らにしたって、あの時代「エレキ」は不良の代名詞だったしね(笑)。

当時の高崎、みゆきダンスホールと社交ダンスホールつうのがあって、みゆきは暴力団系の用心棒、社交は博徒系。

ま、棲み分けてたんでしょうけど、ま、シっちゃかメッチャかな時代でしたね。

ところがどうですか、今じゃあ軽音楽部とかで教育委員会公認どころかエレキもアンプもドラムもそこの予算からだって(笑)。

そもそも10代でエレキ、っていうかロックにのめりこんでいく乗って一つの「理由なき反抗」Rebel Without a Cause.

そもそもロックだってジャズだって排除された側の文化なんで、排除する側の教育委員会に擁護されてやるもんじゃあない。

そんなところでやったところで、そら、ロックでも何でもない・・・・・・

露天商、テキヤ、寅さんのいない「高崎だるま市」みたいなもんで、そもそもお祭りでいかがわしさを排除しちゃったら・・・・・

若者、若造、そこの「いかがわしさ」を学ぶ場所がないじゃないか。

ところで露天商、テキヤ、寅さんの失業対策やらはちゃんとやってんのかねぇ、職場奪っちゃって、それも公が。

渡世の義理もへったくれもない高崎だるま市
  


Posted by 昭和24歳  at 12:35Comments(0)

2018年01月04日

初詣から「寅さん」が消えちゃった

初詣から「寅さん」が消えちゃった

祭りや縁日、盛り場で、必ず目にする露店や興業。香具師(やし)は、そのいかがわしくも心ときめく輝きの中で、かつて絶対的な存在感を放っていた。そのうさんくさい芸、巧みに聞かせる口上、客との密なコミュニケーション……。どこか懐かしさを感じさせる香具師たちの姿を見かけることは、今ではすっかり少なくなってしまった。異能の芸能者たちは、一体どこで何をしているのか。その足跡をたどって、日本各地への旅に出た。

香具師、テキヤ、露天商が消えちまった。
小池百合子風に言ったら、「排除しました」ってことかい?

まあ、、そのご商売を生業にされてきた親分さんも子分さんもどうしちゃったんだろうねぇ、ったくだよ。
その昔にゃあ、街中に住んでいたもんは高崎神社と相場が決まっていたんだがね。
そうさ高崎神社の参道の始まりは新紺屋町の花のハットリあたりから、づ~っと高崎神社の拝殿までそらぁ、賑やかでしたね。
当然」露天商」、露天商とは言っても戦後のことですからね売ってるもんて言ったら百姓が使う篭とかテンガとか・・・・・
で、昭和30年代、まだ下駄草履の時代だったから鼻緒直しの鼻職人とか下駄の歯の貼替えやだとかがね、そら忙しくしてたね。

たまたま同級生のSくんちの実家が当時は花形の下駄製造工場でお父さんは満州浪人だったみたいでね、象牙を使った彫り物を商ってた。
当時はまだまだ食糧難だったんだろう、もちろん下々、鼻を垂らしてアカギレ、シモヤケだらけのガキなんぞは綿飴一つねだるのもよいじゃなかったね。
そうそう、八間道路の夜店もそうだったけど、カーバイトの灯が煌々とした中で、5円の飛行船ゲーム。
でね、ピタリと当たると薄っぺらなべっ甲飴がもらえるんだけど、これがなかなか当たらない、で、いつものことでハズレがカバヤのキャラメル。
で、高崎神社に着くと恒例ののど自慢大会が、ステージを設えたその中で、まあ、玄人はだしです、皆さん。
中でも「イヨマンテの夜」の片腕の近藤さん、頭をポマードでテカテカにしれた、刃物研ぎの寅さん、「寅さん」と言ったかどうか、とにかく寅さん。
その寅さん、いつもは砥ぎ道具をでっかいハンドルにスプリングの巻き付いた自転車で「赤いランプの終列車」を歌いながら流してたね。

そう、そして時が経って、昭和も50年代になってくると高崎「ふるさと祭り」だね。これには山車も20数台出て・・・・・
「香具師、テキヤ、露天商」と街中が「フーテンの寅さん」でむせ返っていたそんな古き良き時代でしたね。

実は、私生まれは碓氷郡豊岡村大字引間、烏川の霊水の産湯につかり今日があるわけでしてね、そうしたことからご案内の「少林山」とは縁があって楽士の傍らその少林山のタモトで「スナック」などを細々と商ってました。
で、ま、3年続いたんですけど、その間三度の少林山だるま市、全国津々浦々から「寅さん」が全員集合するわけです。
そんな折、地元、高崎のてきやの親分さん三代目が同級生で、ショバ割りのミーティング御前会議を我がスナックでやっちゃうわけです。
まあその同級生、手際よく他所からくる親分衆を有無を言わせぬ貫禄でしきっちゃってるのにはクリビツテンギョウ(笑)。
学校の時はそんな感じ、全くなかったんだけどある意味斬ったハッタの世界だから覚悟しなすたんでしょうけどね。
で、「なめ猫」全盛の時代でしたからそれはそれは愉快な時代でした。もちろんポケベルもケータイも、ましてやLINEなんてないわけでして、つまり人と人が触れ合ってのコミュニケーションの時代とでも言ったらいいんでしょうか・・・・・

で、「高崎まつり」といえば末娘が小学生の頃は「亀釣り」にはまっちゃって、亀釣りのおじさんに「もうやめたほうがいいよ」ってたしなめられたやってました。
ま、長女は大きくならない「カラーひよこ」があっという間に大きくなっちゃって、次女は次女でこれも大きくならないはずの「子うさぎ」がもちゃがらないくらい起きくなっちゃって大変な思いしてましたね。

そんなわけで「フーテンの寅さん」御上から排除されちゃって、祭りが味も塩っからけもなくなっちゃって・・・・・
そんなも、トーシローのネェちゃんだかおばちゃんだかの焼いた「焼きそば」、焼きまんじゅう、唐揚げなんて大体が参拝客を舐めてるね。

すなんです、「イカ丸焼き」「ゲソ焼き」「チョコバナナ」「綿飴」「寅さん」じゃあなきゃあダメなんです。

結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻のまわりはクソだらけってね。タコはイボイボにわとりゃハタチ、イモむしゃ十九で嫁に行く、ときた、黒い黒いは、なに見てわかる、色が黒くてもらいてなけりゃ、山のカラスは後家ばかり、ね。色が黒くて食いつきたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよときやがった、どう、まかった数字がこれだけ、どう、ひとこえ千円といきたいが、ダメか、八百、六百、よし、腹切ったつもりで五百両、もってけ、オイ!


初詣から「寅さん」が消えちゃった
  


Posted by 昭和24歳  at 17:53Comments(0)

2018年01月04日

幻想の平和ではない現実の「平和」。

幻想の平和ではない現実の「平和」


ローマ法王、長崎原爆後の写真「焼き場に立つ少年」配布
 カトリック教会のローマ法王庁(バチカン)が昨年末、教会関係者に向け、1945年に原爆投下を受けた後の長崎で撮影された写真入りのカードを配布した。フランシスコ法王が配布するよう命じたもので、教会関係者によると、法王が年末にカードを配布するのは異例。「核なき世界」を訴えてきた法王が出した強いメッセージと受け止められている。

 カードには、米国の従軍カメラマン故ジョー・オダネル氏が45年に撮影した「焼き場に立つ少年」が印刷されている。法王はこの写真に「戦争の結果」とするメッセージと自身のサインを添えた。

 法王はカードに「亡くなった弟を背負い、火葬の順番を待つ少年。少年の悲しみは、かみしめて血のにじんだ唇に表れている」と、スペイン語の説明も加えた。

 法王は昨年11月に核軍縮をテーマにしたシンポジウムの参加者に「核兵器は人類の平和と共存しない」と述べるなど、核廃絶を求めるメッセージを全世界に投げかけている。(バチカン=河原田慎一)
01月02日 17:38朝日新聞
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/world/ASL124Q7HL12UHBI009.html

この死んだ弟の火葬を待つ少年は当時国民学校5年生、6年生?

この写真を見せられて、北朝鮮のミサイルがどうのこうのは正気の沙汰ではない。

ま、正気ではないんだろうけど・・・・・

我が旧大日本帝国にしたって、中曽根政権以降200兆円からの防衛費えお国民から搾り取った税金で宗主国様に献上。

その間、超円高、バブル経済とその崩壊、阪神淡路大震災、そしてリーマンショックから東日本大震災。

そうです、団塊世代、戦後のベビーブーマー世代が全員70歳を超える今、この国の平和は幻想などではない、平和という現実。

今、北朝鮮がとかか、核ミサイル攻撃に備えるべきとかオウム返しに喧伝する輩はその現実とは遠く離れたところに生息する。

銀座、赤坂、六本木の高級クラブ、フランス料理、寿司屋でほおばりながら70年前を想像すらしない、いや、できない。

世界でいえば、アメリカの団塊世代はベトナム戦争最後の徴兵の被害者だった・・・・・

中国共産党の紅衛兵も一緒で、愛理もしない非現実、戦争という幻想に煽られて人生の貴重な時間を浪費させられた。

翻って、日本はどうかといえば団塊世代、現在の70歳代はエレキに、フォークソングに、ビートルズにと天国。

片方では世界同時革命とかに乗せられて、内ゲバ明け暮れ、それでも寄る年波で湖国が恋いし、逮捕覚悟の帰国。

ま、韓国の団塊も可哀想です。北朝鮮の団塊も可哀想です。無理やり蝶へさせられ洗浄に引き釣り出される。

さて、今となってはどうすることもできないのだろうが、団塊世代の息子、娘が40歳代です。

そして孫も高校生、大学生、どうすんだい???

蛙の子は蛙でもいいが、総理の孫までが総理じゃあ、そら、世の中おかしくなります・・・・・

幻想の平和ではない現実の「平和」
  


Posted by 昭和24歳  at 14:09Comments(0)

2018年01月04日

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)

揃いも揃った世襲(笑)



「この澄田智が、金融界での天下り人事の支配者であり、和田敏信が産業界での天下り人事の支配者であった。
そして驚くまいことか、大蔵省・澄田智の長女と、通産省・和田敏信の長男が、 - 結婚していたのであった。」

政治家と官僚と実業家のトップが、完全なまでに融合し、利権を中心に家族を構成している。

今から丁度10年前、1997年に出版された―――――

広瀬隆著『私物国家』

この著書をきっかけに広瀬隆氏の出版物はほとんど読んだ。
国際金融、ロスチャイルド関連から、原発関連、ハリウッドと米政府・・・・・
小説仕立ての『漢方経済学』や『いつも月の夜とは限らない』、『兜町の妖怪』等々。

氏は一時TBS、日曜朝の“関口宏”には1990年初頭にはレギュラーで出ていたがいつのまにかほとんどその顔を見なくなった。
そんな学者、評論家、ジャーナリストの中にはあの奇怪な“小室直樹氏”とかその弟子の“副島隆彦氏”などはいずれも降板となり、
それ以降、全く“メディア”、テレビに見ることはなくなった。
昨今、当節の“御用ジャーナリスト”とは異なり持論自説を曲げないそれにはいつも痛快さを覚えていた。


澄田智―――――

元日銀総裁。大蔵事務次官、輸出入銀行総裁、日銀総裁、現在は“日本ユニセフ協会会長”
群馬県吾妻郡高山村出身。父親は陸軍中将“澄田ライ四郎”フランス駐在武官、張作霖爆殺事件の首謀者と言われている。
さらに終戦時まで満州利権を支配した重罪戦争犯罪人であったが・・・・・

吾妻郡高山村は沼田、中之条間の沼田街道の中間にある村。JRが通っているわけでもなく、知る人ぞ知る山間の村。

和田敏信―――――

既に故人だが、元通産事務次官。石油公団総裁、このほか石油関係十数社の社長を歴任する。
解体された“石油公団”負債総額が約2兆7,500億円の張本人であり、泉井石油商事件等で疑惑を指摘される。
故・渡辺美智雄元通産大臣とともに“ベトナム油田開発”にからむ汚職に疑惑も。
父親は海軍中将、和田専三。

広瀬隆著の『私物国家』はこの国のごく限られた者だけが国家予算を差配、支配する様を“実名”をあげて糾弾する。
その著書に限らず『漢方経済学』等々も登場人物、作家側意外は全て“実名”。
そこに挙げられた“高級官僚”、“政治家”、“財界人”、その犯罪が書かれているにもかかわらず、
これまでその登場人物が、広瀬隆氏、出版元への訴訟の話をこれまで全く聞かない・・・・・・
ということは、それが“真実”であることを物語っているのではないか。


“政官財”・・・・・これは順序が逆かも知れない。正しくは・・・・・・

“財・官・政”であろう。

持ち株会社解禁で完全に“財閥”は復権した。
そのことは戦前のこの国の国家スタイルに戻ったことを表している。

非常勤、アルバイト、日雇い・・・・・社会保障の断たれたいわゆる“ワーキングプア”階層の国民。
事実上、失業とみなされるその就労実態は、政府の言う「完全失業者」と併せればその人口規模は“1千万人”以上にもなる。

当然、そのような就労・・・・・・
政府、厚労大臣は、

「そのような働き方を望む人もいる」

と言うが、それは企業がそうした雇用スタイルしか受け入れない現実がそこにあるからではないか。
なぜなら、企業はその収益の中から負担を義務付けられている年金、雇用保険、医療保険の「社会保障費」の半分を負担しなければならないからだ。

つまり、そうした大企業は完全に“社会的義務”を放棄した・・・・・
政管健保、厚生年金、雇用保険の加入者、企業の減少。それは「改革なくして成長なし」と言った小泉政権の非人道的政策に他ならない。

たしかに、その“改革”によって、大企業は“成長”した。

昨今の求人広告のほとんどが「派遣請負業」ではないか・・・・・・
“グッドウィル”も告発され、業務停止となったが、その悪質さは聞いただけでも空恐ろしい。
あきらかに、そこに“労働行政”の、そうした、派遣業者との癒着の作為をそこに感じないわけには行かない。
それ以前に、“労働法改悪”、“派遣業法改悪”。政治がそういうシステムを国民に強いた結果が今日ではないか。

大企業は空前の利益をあげていると報道はする・・・・・・
しかしそうした中の、ホームレスであったり、ネットカフェ難民であったり、バーガーショップ難民であったり・・・・・
法定最低賃金、時給、700円前後で就労せざるを得ないおよそ“1千万人”の“ワーキングプア階層”。

日給、7000円前後、月収15万円にも満たない生活を余儀なくされる・・・・・
この国のシステム。

その実態を直視して、“政治”は言っているのだろうか。

「最低賃金法の見直し」

その最低賃金を時給“1000円”に・・・・・・

「そんなことをしたら、今度は企業がもたない」

と、自民党政治家は言うが、今のままでは、日本国民のほうが“もたない”。
手取り、14、5万円で自己責任の国保、国年、その他公共料金、どうにして払えと言うのだろうか。
もしそこで、風邪でも引く、事故でも起こして仕事を休むとなれば、その日から無収入。
当然、国保からは外され、医者にもかかれない。雇用保険にも非加入だから失業補償もない・・・・・・

「生活保護」でもと、役所に行けば門前払い。

「オニギリが食いたい」と餓死。

それはその“社保庁”の醜態を見ても、昨今の凄惨な家族同士の殺し合いの報道を見ても、
それは社会の崩壊を示唆するかのような現象ではないか。

そこから救われるのは、精神的に救われるには・・・・・・
何も考えず、ただ働いて、食べて、寝ての日々を過ごすしかない。
本も読まず、映画も見ず、わずかな享楽と言えばネットカフェで過ごす、ゲーセンで過ごす、あとはひたすら眠る。

これこそが、“財・官・政”が狙うこの国、“美しい国”のあらまし。

そして、やがてその1千万人の“階層”は自ら進んで、無意識に“兵士”となり戦場に消える・・・・・・
このままではそんな時代の到来も現実のものとなり得るのではないか。

僕の孫が、あなたの孫たちが、そうならないと言う保障。それは今はない。
残念だが、悲しいことだが・・・・・・

政府が隠しとおす、年金基金の実態。1千兆円とも言う負債の実態。
50年、100年かけてそれの解決を言うが、それが“戦争”であると言うことは、

“歴史”が証明するところではないか。

公明党、坂口力元厚労大臣が、官僚の作文を言った・・・・・・

「百年安心年金」。それはまだつい昨日のことではなかったか(笑)。

敗戦敗退、玉砕にもかかわらず「大日本帝国陸軍は勝利を目前!!」。
そう言って、国民を騙し続け、終戦工作さえできず、ヒロシマ、ナガサキの惨劇に国民を貶めた。
「原水爆人体実験」に・・・・・・

国民に選ばれない政治家は官僚の、財界の“パシリ”でしかない。
そして、立法、行政に国民の姿のない政府は、財界の「道具」でしかない・・・・・

『私物国家』広瀬隆著
http://www.oct.zaq.ne.jp/poppo456/in/b_sibutu.htm

今朝の報道によれば、アメリカの雇用統計が相当マイナスにと・・・・・
株価は一気に300ドル前後下げ、ドルもついで売られる。

民主党政権になって、イラク撤退、インド洋艦隊引きあげにでもなったら、
政府与党“自公”はどうするのか・・・・・

「テロとの戦い」に給油する艦船もいなくなるかも知れない。

日々の報道の行間に事実を垣間見る・・・・・

忘年会で、年忘れで、「守屋も、山田洋行も、秋山某も」忘れてしまったのだろうか。

そういえば、数百億円の水増し請求をやった“NECグループ”の元締め、「関本」が逝った。
この国の醜悪は昨日今日じゃあないことに国民は気を留めるべきではないだろうか。

悪徳代官が操る大臣(2008年1月5日)
  


Posted by 昭和24歳  at 13:24Comments(0)

2018年01月03日

首相動静―1月1、2日

首相動静―1月1、2日


 ▼1日

 【午前】10時28分、宿泊先の東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」の玄関で母親の洋子さん、昭恵夫人らと記念撮影。45分、皇居。昭恵夫人とともに新年祝賀の儀に出席。11時31分、グランドハイアット東京。

 【午後】0時14分、日本料理店「旬房」で母親の洋子さん、昭恵夫人らと食事。3時22分、東京・六本木の映画館「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」。昭恵夫人、岸信夫衆院議員ら親族と映画「オリエント急行殺人事件」を観賞。5時53分、グランドハイアット東京。6時28分、フランス料理店「THE FRENCH KITCHEN」で昭恵夫人、岸衆院議員ら親族と食事。同ホテル泊。

 ▼2日

 【午前】7時38分、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場「スリーハンドレッドクラブ」。経団連の御手洗冨士夫名誉会長、榊原定征会長、渡文明JXTGホールディングス名誉顧問とゴルフ。

 【午後】4時13分、グランドハイアット東京。6時30分、すし店「六緑」で、昭恵夫人ら親族と食事。同ホテル泊。
.
1/2(火) 20:58配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000040-asahi-pol

まあ、うんまいもん喰って、酒食らって家族で(笑)。
どうせならいくら使ったのか、自腹なのかそうでないのかも・・・
書いてくんないと、民の竈は薄ケムリですし。

そういやあ、この年末、大企業も公務員も中小零細企業も、
ボーナスの話見なかったし。

首相動静―1月1、2日
  


Posted by 昭和24歳  at 16:45Comments(0)

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ