2018年11月26日

海外渡航自由化前夜

僕ら団塊世代は大なり小なり「荒野を目指した」。

まだ海外渡航自由化前夜、裕福な子女はその財力でアメリカへ留学・・・
彼の首相も、カケの理事長もそんな一人だったろう。
僕の友人にもいた、留学、船での渡航だったらしいが、現在は某大手通信会社のオーナーになっている。
一時は「日本ジェムスター」のオーナーだったN氏、その人。現在は72歳。お元気だろうか?

いたいた、仙台のおぼっちゃまの石山氏、1967年留学か何かは知らないがドロップアウトしていつだったか海外で成功した日本人実業家でヨットに乗って、LAで悠々自適、テレビに出ていた。
ま、苦学というか、僕ら世代中卒高卒で就職する、クラスの半数近くがそうだったが、夢を見て自分で生きる道を探る、そんなことが可能になりつつある時代だった。

青年は荒野をめざすじゃあないけど、こんな僕でさえ何度ナホトカ経由、シヴェリア鉄道のヨーロッパを模索したことか。ついに勇気がなくできなかったが・・・
ここに以前こられたバンボさんは北海道出身でフランスに渡りモントリオールで時計職人として身を立てられた、そうな人物も。

日本列島は極東、未開の地です(笑)。

結局、それらが理由で侵略されることもなかく平成を終えようとしている。
とにかく面倒くさいんだろう、偏西風も、黒潮も、親潮も、なかなか羅針盤通りにはいかないらしい。

その意味では日本というのは独特の文化風土でそう簡単に馴染めるものではない。
アメリカの技術者でも日本のようなシステムの中で労働するのは無理だと思う。
ま、開発途上国、というか、ミャンマー、ヴェトナムといった社会主義国的なとこから極東を目指す、それはそれで、そこがどんなところであろうがその苦労も糧になるのではと。

だから安易に、日本というシステムが彼らに安住を与えるといった政策はマイナスかも。彼らにとっては。

日本へ来るのに借金し、間にブローカーが介在する、賃金をピンはねされるというソレ事態彼の国の風土文化なのかも知れない。
それを何度となくくぐって本来の民主的な社会に到達する、それを彼らが勝ち取る。
ただの人情、温情主義では彼らの自立は不可のだろう。

ま、問題は日本政府の、自分で努力したこともなけれあ、自分で労働したこともない、もちろん自分で考えたこともない世襲、政官財の思考での労働力不足、生産性不足への解決策なんだろうからケツはワレている。



Posted by 昭和24歳  at 21:51 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
海外渡航自由化前夜
    コメント(0)