2010年05月11日

谷亮子は人寄せパンダ。

谷亮子は人寄せパンダ。



「百万、千万の味方」

つまり、百万票、千万票ってぇことでしょうか(笑)。

「誰もがみんな知っている」

まあ、小沢幹事長が最大限のヨイショで、ヤワラちゃん・・・・・・

客寄せパンダです !!







「全国民、谷さんのことはご存じのことですが、
谷さんをご存じの方、みなさんですけど、もれなくご支援をお願い・・・・・・」

まあ、「ヤワラちゃん」って書いても当選なんでしょうか!??





まあ、コレまでヤワラちゃんですけど・・・・・・・
ヤワラちゃん、政治の「せ」の字もなかったわけです。

つまり「柔道一直線」の「柔道バカ」だったから多少ブサイクでも許されてたわけです。

まあ、五輪クラスでも中途半端なアスリートなら政治っていう手も分かりますけど・・・・・・

谷選手、なんだかんだいっても極めちゃってますから、「柔の道」から外れちゃあイケません。

けどもう遅いですね。

田村で金、谷でも金、ママでも金(銅だったけど、赤ちゃんは金♂)・・・・・・

で、政治でも「金」・・・・・・って、「カネ」???

なんか「ウラ」がありますね、コリャア、不吉な予感です。

もうどうでもいいやっ!!



そうだ、自民党、この際だから"ビートたけし"こと、北野たけし氏にお願いしたらどうだろうか。

そしたら、「ヤワラちゃん」なんて屁でもありませんね(笑)。

もう何でもアリですから、こうなったら・・・・・・

つまり、民主党も谷なり、ヤワラなりで比例ですからB層票をかき集めようっていう算段。

つまり、政治だの思想信条だのじゃあないバカ騒ぎ、カラ騒ぎです。

「地球を丸ごと包む愛で・・・・・」

まあ、鳩山の「友愛」みたいな調子モンのお話です。

ハッキリ言って世の中ソレどころの騒ぎじゃありません・・・・・・・

まっ、直観だけど、普天間移設の件も、民主党は、鳩山首相は良くやってると思うし、

公約も貼ったり剥がしたりだけど、それなりに実行に移しているし、

「政治とカネ」だって、自公政権のソレと比べたら屁でもありませんから・・・・・・

しあかし、「谷亮子」はマズカッタ、大チョンボ、

小沢って、こんなもんだったんでしょうか、角栄が草葉の陰で泣いてます。

「イチロー、王道を行け」と。

そういやあ、昔の自民党には漫才師とか役者、スポーツマンクズレはいませんでした・・・・・・

わけのわからない作家はいましたけど(笑)。

まあ、だいいち、それなりにその道で、名声を遂げた人は役者であろうが、芸人であろうが、スポーツ選手であろうが、

政治なんてえいうヤクザな道には首は突っ込みませんでした・・・・・・ 

そういうのは野党の専売特許でしたから。二院クラブとか(笑)。

しかし、民主党の他の候補者、面白くねえだろうなぁ。

まっ、イッか、コレで百万、千万票の持参金つきの人寄せパンダなんだから。

オレは入れないけどね!!

谷亮子は人寄せパンダ。  


Posted by 昭和24歳  at 15:40Comments(0)

2010年05月11日

谷亮子民主に悪寒走る!!

谷亮子民主に悪寒走る!!



見てはイケないものを見てしまったような・・・・・・

昨日の小沢一郎民主党幹事長と「ヤワラちゃん」こと、谷亮子氏とのツーショット、

「参院選出馬会見」

ハッキリ言って、

「小沢よ正気か!!???」

と叫びたくなる衝動に駆られた。




以下、その会見の模様、産経ニュースを抜粋引用↓

【谷亮子出馬会見詳報1】小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」
2010.5.10 17:27 産経ニュース

小沢一郎幹事長「それでは私からみなさまへのご報告とご紹介、ご紹介するまでもないですけども、そしてお願いを申し上げたいと思います。谷亮子さん、この度、夏の参院の通常選挙におきまして、民主党の公認候補として出馬する決断をしていただきました。私どもといたしましては、本当に百万、千万の味方を得たような気持ちで、大変うれしく、また心強く思っているところでございます。今後、多くの国民みなさまのご支援をいただきますよう、まずお願いを申し上げたいと思います」

「私どもといたしましては、本当に百万、千万の味方を得たような気持ちで、大変うれしく、また心強く思っているところでございます。」


ソレにしてもだ、

「百万、千万の味方を得たような気持ち」

まあ、ここまで持ち上げる小沢の本心はどこにあるのか・・・・・・・

あまりにもフザケテル、政治を愚弄している、国民をバカにしている。

敢えて言う、この空前の不況に国民が苦しみ耐えているてえ時になぜ、

「スポーツ振興のため」なんだ!!???

しかも、現役続行だという、こと、そこに至っては怒りというより呆れて言葉もない・・・・・・

小沢民主党よ、少なくとも彼の「政権交代」に国民の多くは頭の整理はついていると思う。

まあ、世論調査での民主党支持率下落なんて、ホントはその「政権交代」の現実からすれば、

ことごとくの公約違反への叱咤以外のなにものでもない。

自民党の堀内にも笑った、「たちがれ」の中畑にも呆れた・・・・・・

そこへ来て、「谷亮子」とは、あきれ果てて言葉もない。

民主党の政権交代って、こんなことだったのか!!???

ところで、ネットでくすぶっている谷亮子(旧姓・田村亮子)の父親が・・・・・・・

"GKUDO" 
っていうのは事実なのか???

「谷亮子=父親=ヤクザ」でググるとヒットするが・・・・・・


まあ、民主ばかりではない、スポーツ、芸能とかのソレも落ち目の過去の人。

こんなことなら参議院なんて廃止してしまえ!!!

オレ、民主党支持止すよ、残念だけど。

かと言って他にない、選択肢のない「世襲」と「筋肉マン」と「芸人」というこの現実・・・・・・

谷亮子民主に悪寒走る!!  


Posted by 昭和24歳  at 10:38Comments(2)

2010年05月11日

鳥取連続不審死事件?

鳥取連続不審死事件?










鳥取連続不審死事件 県警が捜査本部を解散5月10日19時44分配信 産経新聞

 鳥取県の連続不審死事件を捜査していた同県警は10日、捜査本部を解散した。男性2人に対する強盗殺人罪で起訴された鳥取市の元スナック従業員、上田美由紀被告(36)の周辺ではほかに4人の男性が死亡していたが、捜査関係者によると、平成16~20年に変死した3人は自殺や事故と断定。昨年10月に死亡した男性も死因が特定できず、立件を見送った。

 起訴状などによると、上田被告は昨年4月、借金返済を免れようと同県若桜町のトラック運転手、矢部和美さん=当時(47)=を同県北栄町の海岸で殺害、10月には家電製品の代金支払いを免れるために鳥取市の電器店経営、円山秀樹さん=同(57)=を市内の川で殺害したとされる。

 一連の事件で立件されたのは強盗殺人2件のほか、詐欺10件(被害総額は現金約1270万円、軽自動車など約1115万円相当)と窃盗1件(被害額は現金約35万円、商品券など2万6千円相当)。うち詐欺8件と窃盗は同居の男(46)との共犯とされる。



捜査本部解散 !!!

一連の事件で立件されたのは強盗殺人2件のほか、詐欺10件(被害総額は現金約1270万円、軽自動車など約1115万円相当)と窃盗1件(被害額は現金約35万円、商品券など2万6千円相当)。うち詐欺8件と窃盗は同居の男(46)との共犯とされる。

まあ、良く分かりませんけど、スッゴイ女です(笑)。

鳥取県ですか・・・・・

あっ、そうそう、「群馬県」だからっていわれないように(笑)。


ところで、埼玉の「練炭オンナ」の方はどうしたんでしょうか ???



こっちの方です・・・・・・

キジマカ・ナ・エ・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 07:02Comments(0)

2010年05月11日

李ラインて???

李ライン



お笑い、韓国ビジネス。なんだ、コリア。そんなのアリラン、ブッ飛び。韓国ビジネス事情。幸か不幸か、韓国ビジネスを担当することになったあなたへ…。韓国ビジネスのベテランが明かす激カラ交渉術。







もう一度この国の国民は、
昭和20年8月15日に“敗戦”したことを意識の中に叩き込むべきではないか。


あの“敗戦”は、そんな生易しい、“水に流して”すむ事ではないはず・・・・・
それは、当事者、被害者であったはずの国民にも、
そしてその後それを祖国として、その被害者国民を父母に生まれた僕らにも、
“生易しい”事ではなかったはずなのではないか。

それを、戦争遂行者、大日本帝国の為政者、官僚・・・・・
大日本帝国の軍部、大本営の当事者の面々が、

彼の“大東亜戦争”はまるでなかったかのような振舞いで今日に至る“生易しさ”が、
今もそれを“過去”として近隣国から背負わされる元凶ではないか。

なぜなら・・・・・・
その時の、官僚、軍部がそのまま血に濡れた舌のままこの国を為政するからに他ならない。

「もはや戦後ではない」

といわれた時期があった・・・・・・
昭和30年初頭だったか、朝鮮戦争に終結を見た時期のころのことだ。

その“戦後ではない”はずのこの日本は、朝鮮特需に潤い、アジアの内乱、そしてベトナムに・・・・・
いわば、“米ソ冷戦構造”に潤ったからの、

「もはや戦後ではない」

ではなかったか。

しかし僅か10年前に600万もの無辜の国民の命が犠牲になっているという事実。
そして、楽しいはずであるはずの青春、人生を“国家”に奪われた日本国民・・・・・

「生きのびて良かった」

確かにそれはそうかもしれないが・・・・・・
だからといって、それで全てが“水に流せる”というのでは、
あまりにも“お人好し”が過ぎはしないか。

1952、韓国、李大統領によって領海域“李ライン”がひかれた。

子供のころの僕らには連日ニュースになる韓国による日本漁船の“拿捕”。
その“李ライン”の中にあったのが“竹島”だったのではなかったか。

そして1965年の日韓漁業協定による“李ライン”の廃止と、
“日韓国交正常化”の成立で戦後賠償問題を含め全て解決済みであったはずの、

竹島“領土”問題。

日韓政府間の正式交換文書があるはずではないか、
そこで、両国政府による領土問題も正式な討議交渉対象としてあり、
それも解決、正式調印したのではなかったのか。

国家間の政府トップによる外交交渉・・・・・・
その時、それが棚上げになっていたのだとしたら、
今日、政府外務省はそのことを国民に説明する必要がある。
そして国民の代表である国会議員は国会を通じてその是非を政府に問いただすべきである。

おそらくこのことは、日韓朝、3国間のデキレースではないか(笑)。

韓国、北朝鮮としては国内問題の抑え込みに、
日本政府としては、国防軍事予算の正当化と、国民の耳目を国政から遠ざけるための情報操作。

方や“韓流ブーム”で煽り、
方や“反日ブーム”で嗾けさせる。

どうみても踊らされているのはお人好しの両国民・・・・・
終いには、“TVタックル”で、政治家仲間外れの、
平民国会議員が“踊りだして”いる(笑)。

そんな問題を・・・・・・
テレビ、“ヨンさま”にふってどうするって言うんだ。
なんならいっそのこと、“サンさま”にふってみたらどうか・・・・・・

「わて、パーでんねん」

で、逃げられるのがオチだろうけど・・・・・・

然るに、日米安保条約。

ここに“密約”の存在がニュースになりかけた途端に・・・・・
まるで原爆でも落とされたかのような、国家テロ、

“地下鉄サリン事件”の勃発。

原爆と同じ、この日本国民に対し使用された“化学兵器”はやはり“世界初”だった。
狂気な宗教団体の犯行と片付けるにはあまりにも不可解な“国家”の寛容さ。

ロシア製ヘリコプターにしろ、重火器にしろ、
さらには、その“サリン製造技術”の計画性・・・・・
教団幹部の度重なる訪ソ、訪朝にも法務省は口を閉じたまま。
松本サリン事件といい・・・・・

そして、未だ解決を見ない判決の行方・・・・・・

やはりこの国は何か都合が悪くなると国民に対して情報工作する。

今回の“フジ”対“ライブドア”・・・・・
まさに三文役者、大根役者が舞台にのせられて慣れない“主役”をやっている。

この国“SBI”よりも大きな投資会社はいくらでもあるはずだろうに。
それこそ、それこそだ・・・・・・
絶対的な、経済価値があるはずなら、“野々村証券”出身といわず、野々村証券“本体”が出はず。

西武、堤の“逮捕劇”も・・・・・

尋常ならないものを感じずにいられないのが・・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 06:41Comments(1)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ