2010年05月06日

鳩山政権の雲行き(笑)。

鳩山政権の雲行き(笑)。



ハト耳は空耳 ???







まあ、トンデモ自公政権のケツ拭きですから・・・・・

森から小泉、安倍、福田、麻生政権9年間で積み増した国債が約400兆円。
で、アメリカ様との約束も、言われるがままに米軍再編費用とか、思いやりとかにその間に総額6兆円・・・・・

まあ、政権奪取したはいいが、政権交代したはいいがボロボロの台所事情(笑)。
挙句には、前官房長官の官房機密費を持逃げ2億円とかに至っては、まあ、キョーレツなギャグ。

で、その旧政権から「天に唾する」ごときの、「政治とカネ」・・・・・

まあ、少なくとも「オマエに言われる筋合いの話ではない」。

沖縄辺野古の米軍基地問題にしたって旧政権がカネヅルに仕立て上げた「基地移設」のでっち上げ・・・・・
まっ、「杭一本打てません」っていう話で、もし民主党政権で県内移設を強行したとしても、
その反対運動は熾烈を極めるだろうし、それに、日本全土で「反米運動」、「反基地運動」が起こりかねません。

つまり、よしんば、自民党政権がつづいていたとしても・・・・・

結果は同じこと。

杭一本打てないまま、カネだけを引っ張る「沖縄土建」の公共事業。

全くいい加減な米軍基地の賃貸契約もその一つ・・・・・

当然、基地に出ていかれちゃあ困るのが旧政権に集ってきた地主(笑)。
で、その測量もまったくでたらめで、基地賃貸総面積は沖縄全土よりも大きいとか(笑)。
つまり、「水増し」です。まあ、どこにでもズルイ人はいるもんですからソレはそれとして・・・・・

ホントに、アメリカ軍が日本を守ってくれるんですか???

軍事アナリストとかは「米軍の抑止力」をいいますけど・・・・・

じゃあ、北方領土問題はどうなったんでしょうか、ロシアに銃撃される日本漁船には何か手助けはあったんでしょうか?

じゃあ、竹島問題、すでに韓国が領有権主張し占有している事態に米軍が何かしてくれたんでしょうか?

中国との尖閣諸島の領有権問題でもアメリカ軍が具体的に日本を守る軍事行動をしてくれたんでしょうか。

そしてこれからも、なにか、日本を守るために米軍は行動を起こしてくれるんでしょうか・・・・・

そもそも、今日、領土問題を機に戦争に至るような状況にあるんでしょうか?

まあ、竹島にしろ尖閣にしろ、その事で日本政府が自衛隊を発動させ「専守防衛行動」をとったんでしょうか???

まっ、戦勝5カ国による、偽装される「軍事的脅威」に敗戦国や旧被植民地国は具体的に行動をとったことがあるんでしょうか?

もっぱらこの日本の仮想敵国は「北朝鮮」とかですけど・・・・・

はたして、年間5000億円程度の国家予算規模の北朝鮮に、自力での核開発や、軍事費が賄えるんでしょうか???

まあ、戦争っていうか、そういう危機でもなければ「軍事」は必要とされません。
つまり、軍事プレゼンスを必要とするには「危機」は創られなければならないということです・・・・・

すでに、だいたいアジアの危機は収まってしまった。

ベトナム、カンボジアもそうだし、経済発展目覚ましいインドも「パキスタン紛争」は歓迎しません。
中東の危機もイラクがご案内の通りで、「需要と供給」の関係が見え見え、イラン危機もそう、つまり統合のいい時に火付け役が・・・・・
まあ、ソレが「テロとの戦い」で、今でもアメリカ国内で時々(笑)。

鳩山政権の雲行き(笑)。

結局、決断できない、しないということは・・・・・

このまま、「抑止力」とか言ってアメリカに従属する鳩山首相のポーズは、日本全土での「反米運動」、「反基地運動」を惹起させる。

ま、米軍にしてみれば「韓国からの撤退」問題もないわけじゃありません。

沖縄にしても、沖縄県民も「嘉手納」まで返せといってるわけじゃありません。

まあ、佐世保、岩国、横須賀、座間、横田厚木、三沢を返せといってるわけじゃありません・・・・・

しかし下手をすれば、それらに絡む問題にはってしかねない。

旧政権の、米政府との密約・・・・・

もう分かっているはずですから、この際暴露されては如何でしょうか(笑)。

鳩山政権の支持率ですけど・・・・・

下がっても、ソレが自公政権復活を望んでいることではありません。

すでに、自公政権の統治能力のないことはバレバレとなってますから。

鳩山政権の雲行き(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 20:51Comments(1)

2010年05月06日

子どもの日を考える。

子どもの日を考える。



期待と不安のなかではじめてのあかちゃんを出産。病院での1日をあたたかく感動的に描く絵本。






人口:15歳未満、戦後最低 28万965人、昨年より6094人減 /福島
5月5日11時42分配信 毎日新聞

 「こどもの日」の5日に合わせ、県は県内の15歳未満人口(4月1日現在)を発表した。昨年より6094人減って28万965人となり、戦後最低を更新。県の総人口に占める割合も昨年比0・2ポイント減の13・8%で、少子化傾向が改めて浮き彫りになった。
 男女別では、男子が14万3837人、女子が13万7128人。県内総人口では女性の方が約6%多いが、子供は男子の方が多い。年齢別では14歳が2万955人で最も多く、0歳が1万5946人で最少だった。年齢が下がるにつれて人数が少なくなり、今後も年少人口の減少は続きそうだ。
 市町村別の子供の割合は大熊町16・29%が最も多く、次いで鏡石町15・76%、中島村15・70%だった。最も低かったのは金山町の6・36%で、昭和村7・22%、三島町7・68%と続いた。【関雄輔】





童話"桃太郎"です・・・・・

まあ、その「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが」の時代です。

おじいさんと、おばあさんというからには・・・・・

もう子どもが成長して独立をしている、そんな感じで、過疎の村に暮らす老夫婦のお話なのか。

それとも、ゴロ合わせで「おじいさん」とおばあさん」になったのか。


おじいさんが山へ柴刈りに・・・・・

おばあさんは川へ洗濯に。

おばあさんが洗濯をしていると大きな桃が「どんぶらこ、どんぶらこ」と。

このおじいさんとおばあさん、御歳いくつかは知らないが、

桃太郎・・・・・成長して立派な侍に。

まあ、家来がサル、犬、キジじゃあ心もとないが、

それでも鬼退治に行くくらいの“青年”だとしたらそこは昔の話で、

その夫婦、高齢のとはいえ、桃太郎が桃から生まれた頃はおそらく行ってても30代・・・・・

それから鬼退治までのほぼ20年としても50代のハッピーエンド、仲良しカップル。

まあ、現実的に考えてもいくら童話とはいえ、

“桃”から赤ん坊が生まれるわけがないから・・・・・

その“おばあさん”の桃から生まれたに違いない。

そうだとすると、おじいさんが“柴刈り”に行っている・・・・・

おばあさんは川へ“洗濯”に?

どうも可笑しい・・・・・

いや、変に勘ぐるのは止そう(笑)。

仲睦まじいご夫婦のこと・・・・・

おばあさん、川へ洗濯に行った時、流れてきたスッパそうな桃を見て・・・・・

そしてその桃を食べて妊娠を知った。

そして“十月十日”・・・・・

目出度く、待望の元気な男の“赤ちゃんが”生まれたとさ。

それで、その桃から取って“桃太郎”と名づけましたとさ。

おじいさんが知らないところで“デキタ”なんていうことになると、

“コト”だからね・・・・・・

失礼しました。


それにしても、少子化は危機的状況???

「人口:15歳未満、戦後最低 28万965人、昨年より6094人減」

はっきりいって、こういう時期、「子ども手当」が愚策だと論じる勢力ってどうなんでしょう。

フランス等、ヨーロッパではごく当たり前の「子ども手当」とか・・・・・

たしかに「アチラを立てればコチラが立たず」的な話はあるけど、

僕の娘、3人子育て中ですけど、

「ホントに助かる」

いやあ、ソレが本音でしょう。

今日、団塊Jrが子育て真っ最中です・・・・・・

15歳未満の子どもっていえば、その団塊Jr のボリュウムゾーン出生率は膨らんでいいはずです。

一時の損得で政策を論じていると将来大変なことになります。

たしかに、結果、増税となるケースもありますけど・・・・・・

まあ、年金財源にしても、高齢者という概念を払拭すれば生涯現役です。

つまり生涯納税者たり得るわけで、年金もその所得不足分を補う程度で済むかも知れませんし、

あるいは年金財源は、高齢者医療部門への転用も蚊のではないかと・・・・・

子どもの日に、高齢者問題も考える。

童話"桃太郎"です・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 16:46Comments(0)

2010年05月06日

“アイドルを探せ”

“アイドルを探せ”







“WHO”の親善大使として来日・・・・・

1944年、ブルガリア・ソフィア生まれとか。

父、フランス人。母、ブルガリア人の間に生まれ、
8歳の時共産主義国“ブルガリア”から父親の祖国フランスに移住(亡命)。

あの“アイドルを探せ”のギャルソンが今や65歳。




確かに時代は変わった(笑)。

それにしても僕ら日本人頓珍漢ですね・・・・・

それこそ侵略と戦争の歴史の“欧州”。

陸続きの国境線、食うか食われるかの領土争いに明け暮れた“欧州”の歴史。

シルビー・バルタンが40年ぶりに祖国ブルガリアに帰り、

祖国の歌・・・・・

“想い出のマリッツァ” La Maritza 。





故郷ブルガリアに想いを馳せたシルヴィのパーソナル・ソングとして御馴染みのバラード。

'68年、ヒット・チャートを賑わして以降、彼女に欠くことの出来ないレパートリーとなった。

考えてみれば、この東アジア・・・・・

更にこの国は極東の“島国”。

中国大陸にしたって、大方が痩せた荒野と凍土の国。

ついぞ、彼、オスマントルコも攻めきれず、

東アジア大陸は悠久の時間に息づく。

昨日今日の、中国人の“自棄騒ぎ”・・・・・

中国4千年の歴史が泣きはしないか。

何かと言えば“諺の国”。

孟子に孔子・・・・・

そして“論語読みの論語知らず”ではないが、

むちゃくちゃな共産主義思想だと・・・・・

中国外務省の若手高官はああいう発言になる(笑)。

云うに事欠いて、

「責任は日本にある」はないもんだ。

そんなニュースの隙間に“シルビー・バルタン”の登場。

懐かしいやら、

まさに時代は変わっただが、

今日の今日まで知らなんだ・・・・・・

あの“アイドルを探せ”が亡命ファミリーだったなんて。

日本人、好い加減なもんですね(笑)。

  


Posted by 昭和24歳  at 13:35Comments(0)

2010年05月06日

“自由”と“不自由”の間には何がある?



「日本語の謎」に日々気づかされる日本語教師の日常。大爆笑の日本語バトル、待望の第二弾。




“自由”と“不自由”の間には何がある?

“と”がある・・・・・

時に日本語は俊敏である。

“アンド”ではなく“と”で片付いてしまうのだから。

“コンビニエンス”もそうだと、ある外国人が言っていた。

convenience

「日本語って早いね」

って。

アルファベット表記だとやたら長い・・・・・

11文字 !!


“便利”・・・・

“べんり”

言葉にして3文字、漢字にしてたったの2つ(笑)。


ふと思ったから・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 10:01Comments(0)

2010年05月06日

西部劇と時代劇(笑)。

西部劇と時代劇(笑)。











こんな分かり易い話はない(笑)。

“銃社会”の米国と・・・・・・

“刀”社会のニッポン?

訊けばその“刀”とやら、

よほどの名刀でも人一人を“タタッ斬れば”血糊、脂でニ太刀目は“刃”が立たない・・・・・

どうやら、関が原の合戦にしろ、長篠の合戦、大阪の陣にしろ、

数万の“兵”が・・・・・・

とか何とか言うが、どうも眉に唾のようだ(笑)。

面白おかしく描かれた“戦記モノ”・・・・・

大体があんな映画やテレビのような“わけがない”のである(笑)。

先も書いたが、またもや米国の高校での“銃乱射”・・・・9人が死亡とか。

おいおい・・・・・

アメリカさんよそれでもなお“銃を持つ自由”か?

それが民主主義か・・・・???

銃がなければ守れない民主主義か・・・・・

そんなもん、民主主義であるはずがない。

イラクでもあたりもしないミサイル、無差別攻撃で・・・・・

民主主義を創ったと、大統領“ゲホゲホゲホ”と、下品に笑いながら言う。

世界の自由と民主主義・・・・・・

世界はどうでもいいから、テメェの国なんとかしたらどうだ。

まあ無理だろう・・・・・・

“全米ライフル協会”が票田、ロッキードマーチン、ダグラスマクダネルが票田、

何のことはない、ノーベル賞のノーベルが票田・・・・・

未だ、西部劇の国から目覚めてない。

何かにつけて神に“祈り”やがる。

都合のいい“神”だぜ全く・・・・・・

何もかも神様だけに“白状”すれば許されるってんだから。

どうもあいつ等、本当は神なんか信じていない・・・・・

人が殺されてるって言うのに、

そいつ等、「エヘラエヘラ」笑っていやがる。

まあ、牛を喰らうのもいいが、

喰らわれる“牛”は堪らない・・・・・

牛を喰らう同じ“口”で動物愛護を言う、この可笑しさ(笑)。

バカスカ、爆弾を投下して平和を言う可笑しさ・・・・・・

もっとも、あそこは西部劇の時代から“牛”を喰らっている。

“カウボーイ”の国・・・・・・

別に農耕に使う牛ではないし、酪農の牛でもない。

ただただ、美味い“Tボーン”を喰らうためにだけだ。

一汁一菜の、“コボレ刀”の国とは脳味噌の仕組がチョイと違うらしい。

西部劇と時代劇(笑)。   


Posted by 昭和24歳  at 09:47Comments(0)

2010年05月06日

沖縄・辺野古問題

沖縄・辺野古問題




政権交代での日米同盟・・・・・・

事実は報道されない、

旧政権とそこに集ったマスコミとの戦い。




2010年05月05日
沖縄の民は、鳩山の「迷い」を評価します。

鳩山批判、民主党への怒り・・・ここ数日、そんなモノばかりを沖縄に求める本土のマスメディアたちが、ハイエナのように沖縄に強請っています。米国地方紙の無知な記者が又聞きで書いたような記事と社説もあります。 (例えば『首相訪沖/広がる不信、怒る沖縄』 N経新聞 『首相沖縄訪問 もはや現行計画しかない』 S経新聞)。
しかし現場では・・・「鳩山、もっと迷え!考えろ!沖縄を見ろ!」と県知事を除く、市町村首長たち、集まった市民は問い、叫び、求め続けていたように思います。

沖縄の民は、鳩山の「迷い」を評価しています。

もちろん、怒り、悲しみ、島ぐるみでのたたかいの決意の一日でした。
これから続くさらにながい闘いを思うと気が遠くなりそうででもあります。
でも、この怒りも、悲しみも、決意も沖縄の民には、馴染み深いもの。私たちは負けはしない。
まして何十年も沖縄の民を利用し、蹂躙してきた中央の自・公政権とその分派がやってきたこと、やろうとしていること私たちは決して認めない。

鳩山も、そして社民党も思う存分迷えばいい、それ程この国のカタチは官僚と政治屋、新自由主義者たちに壊されてしまっているのだから、また民主党の中にいる似た様な輩もスキあれば、その迷いに付け入ろうとしているのだから。

鳩山さん…徹底的に迷いぬいた時にはじめて人のための決意を行うことが可能になり、「友愛」という言葉が政治の言葉として、力強く現れるではないですか。
私たちは、あなたの迷いを大事と考えています。どうか迷ってください。


2つのブログの記事が心動かしました。こちらもご覧下さい。
悪いけど鳩山さん、負ける気がしないんです 池田香代子のブログ 感じた 動いた 考えた
沖縄を返してほしいと思った Shaolong To The Sky當山貴史の部屋

<以上、辺野古浜通信引用させていただきました>


やがては、この島国に住む国民一人ひとりの問題となる。

つまり、「戦争」といかに向き合うか・・・・・・

「日米同盟」。それの意味するところは一体何なのか???

10年後、20年後、そして50年後の子孫のこの国の形。

沖縄、辺野古は一つのサインではないかと・・・・・・

やっぱり、鳩山さんは頑張ってると思う。

沖縄・辺野古問題


  


Posted by 昭和24歳  at 07:56Comments(0)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ