2010年05月08日

黄昏爺の♪ザ・ヒットパレード♪

黄昏爺のザ・ヒットパレード





'60s・・・・・・

昭和35年、高崎市立第二中学校。

もちろん校舎は「大日本帝国陸軍歩兵高崎十五連隊」の兵舎跡。

校舎裏の国立病院へつながる旧兵舎には未だその時代の名残さえ残る、

そんな時代・・・・・・

中学一年の時分けもわからず教室でホウキをギター代わりに・・・・・・

♪ユエインナシバラハンドッ・・・・・
クラックオニョタイッ♪

エルビス・プレスリーの「ハウンドドッグ」だ。

提灯屋のW君が好きだったなぁジェリー藤尾が歌う、

♪悲しきインディアン♪

バケツを逆さまにして・・・・・・

♪ドンドットット、ドンドットット♪

と、掃除の時間にやらかしては先生に怒られていた(笑)。

テレビでは、坂本九とか森山加代子が・・・・・
“ダニー飯田とパラダイスキング”をバックに、

そしてある時は“スクスクおじさん”・・・・・

ちょいとオカマがかった“踊る指揮者”のスマイリー小原の“ミスターベースマン”。

♪バーババババーババーブンブンブン♪

と、リフをやるスマイリー小原。

歌うのは九重ゆみ子・・・・・

ボーイッシュなヘアースタイルで。とてもキュートだった。

田辺靖男とのデュエット・・・・・・・

♪ヘイ・ポーラ♪



田代みどりの♪パイナップルプリンセス♪とか、鈴木やすしの♪ジェニジェニ♪

もちろんテレビはモノクロだったけどその頃から“ロック”の虜になっていた僕にとっては、

そんな、明けても暮れても♪ザ・ヒットパレード♪さまさまだった。


時代はアポロ月面着陸、ケネディ暗殺が中学三年の時。

受験戦争・・・・・

僕は平和主義者、戦争は嫌いだ。

そんな調子でその受験戦争という戦場からは敵前逃亡していたので・・・・・

もっぱら、

♪ユエインナシバラハンドッ・・・・・
クラックオニョタイッ♪

の、毎日だった(笑)。

ポール・アンカも来た。二ール・セダカも、パット・ブーンも、コニー・フランシスも、ブレンダ・リーも・・・・・・

橋幸夫、舟木和夫、三田明なんてチャンチャラ可笑しくて・・・・・

やっぱり糞生意気なことを言っていたんだろうね。

先生には良く叱られた・・・・・・

とにかく勉強は“できなかった”。

英語の歌を覚えるのが精一杯で、受験どころの騒ぎじゃあない。

当時大学生だった従兄に連れられて行った“新宿ACB”。

あの時の感動と衝撃は今でも確りと脳裏に焼きついている。

“尾藤イサオとブルーコメッツ”

目の前で見るテレビの中の“尾藤イサオ”が・・・・・・

♪オウッ、ベイビー、俺の負けだぁ・・・・・・
どうにもこうにもなりゃしねぇ・・・・・
みんなオイラが悪いのさ♪

と、やっている。

新宿南口甲州街道沿いの・・・・・・
まさにそこは僕にとっては“未知との遭遇”だった。

東京オリンピックが始まる2年前の夏休み。

京王線は未だ路面を走っていた・・・・・・

そうだ、そんなW君、中学のころ野球部でピッチャーで、高商へ。

ソレが群馬大橋の近くで交通事故、その訃報を耳にしたのはいつだっただろうか。

未だ僕らが二十歳前のそんな時代だったような・・・・・・

黄昏爺の♪ザ・ヒットパレード♪
  


Posted by 昭和24歳  at 20:17Comments(0)

2010年05月08日

原爆という悪魔・・・・・

原爆という悪魔・・・・・



いかなる理由があろうとも赦されるべきことではない。
しかし、バカバカしいですね・・・・・・

その意味での普天間とか、抑止力とかって。









NPT会合 81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん5月8日11時55分配信 毎日新聞

 【ニューヨーク加藤小夜、錦織祐一】ニューヨークの国連本部で開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で、各国政府代表が非政府組織(NGO)の意見を聞く会合が7日(日本時間8日)あった。秋葉忠利・広島市長が「未来の世代のために力を注いでほしい」と演説。田上富久・長崎市長が「『核兵器のない世界』だけが、国際社会の永続的安全を保障する」と呼び掛けた。長崎市の谷口稜曄(すみてる)さん(81)が被爆者を代表して演説した。

【写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

 被爆者代表で演説した長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄さんは、原爆の熱線を浴び真っ赤に焼けただれた自身の背中の写真を手に「人間が人間として生きていくため、地球上に一発も核兵器を残してはならない」「私は忘却を恐れます。忘却は新しい原爆の肯定に流れてしまう」と各国代表ら約400人に語りかけた。


この国は1945年、連合国から“実験国家”として創られた。

もし天罰と言うものがあるとすれば、
この地球上にある長大な悪魔の物質“原子爆弾”を、
神の名の下に人類が、人類に下した最初で最後の“それ”が・・・・・
この国の“自由”を許さないのではないか。

この国の存在はその天罰によってこの地球上で初の人類創史以来初めての理想希求の“実験国家”となった。

以来60余年・・・・・・

どこの国よりも豊かで、どこの国よりも平和で、
凡そ戦争とは全く無縁の“理想国家”の実現に勧進してきている。

連合国、世界はこの“理想国家”神の名の下の悲劇・惨劇の結果、創られた極東の“夢の楽園”に、
悠久の“理想”を求めているのではないか。

世界に知らしめたらいい・・・・・・

あの、広島、長崎の“悪魔の仕業”を。
キリスト教文明の“神”がこの極東の狭小な島国に差し向けた悪魔の仕業・・・・・

幾多の戦争も許されることではないが、
それは悲しいかな、“人間の業”から来る欲望の結果。
人間が夢と希望に生まれて僅か7、80年で死ぬ・・・・・
この絶対死への慄きが欲望を生み同種同属、地球上、他の生き物には絶対ありえない、

人類同士の“殺し合い”をする。


しかし20世紀・・・・・

奇しくもキリスト教文明に云う“ハルマゲドン”を、

実は、1945年の最中に人類は見せられたのではなかったか。

一瞬にして昇華された“ヒト”の存在。
原爆ドームに“影”として残るヒトの存在の“標”。

この国が百万便生まれ変わってもあの惨状を誘引するような“戦”に赴くはずがない。

この理想国家を自国の欲望の糧とするならするがいい・・・・・

この理想国家の夢と豊かさを好きなだけ持ち去ればいい。
この国は持ち去れば持ち去るほどまた新たな夢と豊かさが湧き出てくる。

この国の宝は“ヒト”だ。
何事にも忍耐強く、足るを知る民。
収奪を好まず五穀豊穣を分け合い、風のままに、雨のままに、雪のままに季節に生きる“ヒト”そして言霊の国。

“憲法9条”

凡そ、人類には永遠に守れないであろう約束がそこには書かれている。
この国の民はその永遠に守れないであろう約束を、
世界中でただ“一人”守り通している。

それは、人類の夢であり理想であるからではないか。
そして地球上でそのことを守れるのはこの国の国民だけだからではないか。

平和の守人でいい。

この国が滅びる時は、この地球が滅びる時なのだから・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 18:03Comments(0)

2010年05月08日

洞窟観音

洞窟観音








とある人からメール・・・・・・

「高崎の洞窟観音を訪ねたいのですが・・・・・・」

と。



なんでも越後は柏崎出身の“山田徳蔵”さん・・・・・

高崎で呉服商として財をなし大正・昭和と豪商で鳴らしたと言う。

なにを思ってか、その“山田徳蔵”さん。

変わりもんといえば変わりもんで・・・・・・・

まさか高崎“白衣観音”の向こうを張ったわけではないだろうが、

なんと、仄聞するところによると“手掘り”でその洞窟を全私財を投げ打ち、

50年の歳月をかけて完成・・・・・

と思いきや、完成を見ずに観音様の下、黄泉の国へのお旅立ち。

地元ではその山田徳蔵さん。

極めつけの変人呼ばわりされていたようだ。

ところでその“洞窟観音”は・・・・・

僕らはガキの頃、そこは“探検ルート”で、

観音山自体が今日のように整備されておらず、

“川口探検隊”じゃないが、

近所の悪ガキが寄り集まって怖いもの見たさによく行った“名所”だった。

ルートは護国神社から、“仙人隠れ”へ・・・・・・

まさにそこは、その当時は水戸黄門のエンディングショットに打って付のロケーションの様。

その“仙人隠れ”。実は化石が大量に出たところだった・・・・・

ジュラシックの時代ここ高崎辺りが丁度海岸線で、

観音山丘陵一帯は化石の宝庫だった・・・・・

もちろん開発前の話だが。

その“仙人隠れ”から尾根づたいに観音様の横をすり抜け道なき道を泥んこになりながら下ると、そこが・・・・・

山田徳蔵、通称“山徳”(やまとく)の洞窟観音だった。

その洞窟の中には白骨の死体があるだとか、

誰かが自殺をしていただとか・・・・・・

未完成の洞窟観音、戦時中は防空壕でその中で死んだ人の幽霊が出るとか(笑)。

そんな山田徳蔵さんの呉服屋さんも今は姿形も知らない。

“糸偏”の終焉とともに“繭と絹の高崎”もすっかり様変わりする歴史の中に、

流石の変わりもん“山徳さん”も忘れられる存在となってしまったようだ。


洞窟観音

  


Posted by 昭和24歳  at 14:27Comments(2)

2010年05月08日

「赤ちゃんポスト」

「赤ちゃんポスト」



江戸時代の“捨て子”は、どこに、どのように捨てられ、拾われたのか。ともに添えられたモノや手紙に託した親の思い、捨て子を貰う人々、江戸にもあった赤ちゃんポスト構想。そこから見えてくる捨て子たちの実像を描く。






<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕
5月8日2時32分配信 毎日新聞

 茨城県高萩市のスーパー駐車場で、窃盗(万引き)容疑で逮捕された夫婦の乗用車から男児の遺体が見つかった事件で、男児の体に複数の打撲痕があり、死亡につながった可能性が高いことが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、男児を司法解剖した結果、直接の死因は特定できなかったが、病死ではなく外部から力などが加わった「外因死の疑い」と発表。詳しい死亡の経緯を調べている。

 県警によると、窃盗容疑で逮捕された住所不定、無職、浅沼喜美(42)と妻真由美(37)の両容疑者は、2歳の女児も含め4人で車上生活をしていたという。真由美容疑者は6日の逮捕直後、男児の遺体について「かわいい子供を捨てられなかった」と述べていた。

 男児は1歳前後で夫婦の子といい、死後1カ月以上が経過していた。【原田啓之】



父親42歳、母親37歳といえば分別は当然だが、あえて「親の自覚」などを問うのもはばかる・・・・・

そもそも何ゆえの「車上生活」なのか ???

ソコには2歳の女児もいたという報道・・・・・・

ソレが事実なら、行政は当然放置できないはずではなかったのか。

その意味では社会は混乱しているとしか思えない現状。

その乳幼児を抱えての「車上生活」そのものが狂気であろう・・・・・・

にわかには信じがたいが、それほどに社会は病んでいるのかもしれない。

少なくとも、児童憲章にしろ、憲法にしろ、

その女児は法の下に保護されなければならないことはいうまでもない。

「赤ちゃんポスト」

実は僕も、その環境の差こそあれ・・・・・・

「赤ちゃんポスト」で救われた戦後の混乱期の赤ちゃんだった。

復員して2年ほどの父母の間に生まれた僕。

母はことのほか難産で、僕を生むとそれから10年以上病床にあった・・・・・・

つまり、母の手で養育は不可能。

そして父も10歳と8歳の姉の面倒を見ながら僕を見る余裕はなかったのだろう、

ソレに、シベリア抑留で昭和22年に復員した父、38歳はその後遺症というか・・・・・・

精神的にも相当混乱をきたしていたという。

父は僕を預かってくれる親戚、知人を探すために奔走したという。

戦後、たった4年しかたっていないそんな社会混乱期人の子どもを養えるほどの余裕は・・・・・・・

どこの家庭にもなかった。

当然、親戚、知人の家にもほとんど赤ん坊が誕生していたそんな時代の話。

思いあぐねたすえ、父は10歳年下の子どものなかった妹夫婦に僕を託した。

それは生後半年のころだという・・・・・・

まあ、当時としては良くある話で、ソレは僕が育った町内にも、いわゆる「貰いっ子」は相当な数いた。

「団塊世代」といわれたそんな時代の「一人っ子」は大体が「貰いっ子」だったのではないだろうか。

僕の育った家の両隣が、そして一軒おいた家の子どももソレだった・・・・・

同級生にも数人いた。

その意味では、あの時代生きることさえ困難な時代に他人さま(身内も)の子どもを預かって育てる、

そんな余裕など本来あろうはずがない食料配給の時代であった。

まあ、ソレを考えると、僕はそんな・・・・・・

「赤ちゃんポスト」

に、救われたのかも知れない。

安易に「赤ちゃんポスト」に赤ちゃんを捨てる母親なりが増えるかも知れないと、

「赤ちゃんポスト」に反対の意見も散見するが・・・・・・

一人の赤ちゃんにもそうした悲劇をもたらせないためにも、その理由がどうアレ、

ソレは社会全体で救済していかなければならない。

ましてや少子化の今日なのだから。

「赤ちゃんポスト」  


Posted by 昭和24歳  at 10:57Comments(1)

2010年05月08日

鳩耳は空耳です

鳩耳は空耳です






偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定
5月7日0時22分配信 読売新聞

 鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた同会の元事務担当者で首相の元公設第1秘書・勝場啓二被告(59)について、検察、弁護側とも控訴期限の6日までに控訴せず、東京地裁で言い渡された禁固2年、執行猶予3年の有罪判決が確定した。

 判決によると、勝場被告は鳩山首相やその母親から提供された資金を、実際には寄付していない個人からの献金として記載するなどし、同会の2004~08年の政治資金収支報告書に総額約3億5900万円の虚偽記入を行うなどした。

 この事件では、東京第4検察審査会が先月26日、同法違反容疑で刑事告発された鳩山首相を東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)としたことを「相当」とする議決を公表した。



まあ、多分「使い込み」でしょ、勝場秘書とかの・・・・・・




ある本で書いていた・・・・・・

「日本人は自分たちが“檻”の中で暮らしていることに気付いていない」と。

そしてその“檻”が極めて頑丈でもっとも安全・・・・・

多くの部分での生活は保障され、外的からの襲撃も無い。
その“檻”の中でならないを言っても多くの場合差し支えが無い。

20世紀のある時期から60年間、そんな“檻”の中で暮らす日本人には、
その“檻”に暮らす“自覚”がまるで無い・・・・・と。

しかし、檻の中のボスは、ボスになる時にその“檻”の存在を知らされる。
そして、そこに安住する国民が“檻”の自覚の無いことを知った檻の中のボスは・・・・・・

その檻の“主”に忠誠を誓うしかない。

だが・・・・・

この檻には外側からは鍵はかかってない・・・・・・

そしてそこに暮らす国民一人一人が檻の内側の錠前の鍵を持たされている。

だが、それさえも気付かない。


カナダ人の友人の話です・・・・・・

「自由とは不自由なものだ 」

ある、ベトナム人がそういってベトナムに帰りました。

25年前、カナダは自由の国、パラダイスだと思ったそうです。

ところが、ありとあらゆる規則だらけ、ああしてはいけない、
こうしてもいけない。

犬さえも、散歩する時は紐でつながなければならない、ウンコはかたずけなければならない、公園に入ってはならない。

ベトナムは共産主義の国だけど、カナダより自由な国だ。




ふと思ったことですが・・・・・・

「自由とは不自由なことだ」

実に“云い得て妙”。

空に羽ばたいて自由に飛べるが、自由に飛ぶには“ルール”決まり事がある。

どうやら、その“檻の中”には、ルール“決まり事”がないよう・・・・・

他人の物を盗んでも、他人を貶めても殺めても・・・・・

檻の中では“自由”、見つからなければ何をしても自由。

僕らはその“檻”に暮らす自覚と、
檻の内錠の鍵を持っているを自覚すべきではないのだろうか・・・・・
将来という、明日のためにも。

中国人民も檻の中。

そして僕ら日本人も“檻”の中・・・・・

檻の中を外から見たらそれは、ただただ憐れでしかない。

ぼくらもその“憐れ”なのだが・・・・・

鳩耳は空耳  


Posted by 昭和24歳  at 09:57Comments(0)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ