2010年05月27日

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・




下仁田ネギにつづく群馬、西毛の名産である。

その“国府の白菜”もこの時期どこのスーパーの店頭にはない・・・・・・

昨日、その国府の白菜漬けをスーパー「うらの」で買ってきて漬け直した。

一株だろうか、この時期になると480円する、時季ならば380円で売っていたのだが。


この“国府の白菜”を食ってしまうと他の白菜漬はとてもじゃあないが食えない。

もちろん水炊・・・・・・
すき焼きなどにも下仁田ネギに下仁田の糸コンニャク、
それに国府の白菜やら群馬のしいたけ。

もちろん湯豆腐にもばっちりである。

そんな“国府の白菜”の漬物を朝飯にはご飯を巻いて食べる。

当然醤油は“ヤマサ”ということになるが・・・・・・

これにナメコ豆腐の味噌汁でもあれば、ソレは過ぎた贅沢だ。

僕の朝、昼、晩と三度の食卓には「漬物」は欠かせない。

そんなわけで、冬場は白菜はご案内の「国府」をカミサンが漬ける・・・・・・

ホントは沢庵も漬けたいところなのだがかさばるし、手間暇を考えると、

知った行きつけの八百屋に頼んだ方がよろしい。

その行きつけの八百屋、「やまもと」もとうとう沢庵が終わった。

この時期、酸味が効いて、いわゆる「古漬け」とかいうやつで、

やはり三度の飯に欠かせなかったが、品切れと相成ってしまった・・・・・・

そこで、「うらの」の白菜漬の「漬け直し」が常備に。

そしていよいよ、ナス、キュウリ、カブの糠漬けである。

コレは、僕とカミサンが一緒になった頃からのことだからそろそろ35年と古い。

その「糠漬け床」、カミサンにとっては身上のようで、僕がいじることを赦さない・・・・・・

これも、白菜漬け同様に「古漬け」用に床の奥深くに漬け置きしておくものと、

浅漬けで食べるものとに分けている。

まあ、その「古漬け」の美味いことといったらない。

塩だしをして、刻み生姜と鷹の爪の刻んだモノをまぶしていただく・・・・・・

真夏の昼飯にはもってこいの絶品である。

ところで、このところ魚と言えば焼き魚は“ほっけ”が脂がのっていて美味い。

一尾400円から出さないと、干物とはいえ上物にはあたらない。

鯵の開きも秋刀魚の開きも・・・・・・

唯一、国産で安く食える魚ではないだろうか。

行きつけの魚屋が去年閉めた・・・・・・三代目の鮮魚店。

もうこの辺の市場ではお客に売るような魚が仕入れられないというのが最大の理由だとか。

もっとも最近の主婦には魚の味はわからないし、魚の名前すら知らないと笑っていた。

この町にも鮮魚市場はあるが、しかしそれも衰退の一途だとこぼしていた。

魚が安いか高いかはともかく、その味は歴然としている。

スーパーのそれとそこの魚とでは。もちろん干物ひとつとってもだ・・・・・・

そこのマグロを食ったら他所のマグロは食えない。

タコも、鮭も、秋刀魚なんて上物中の上物。

それがもう食えない・・・・・・そこの大将。昭和9年生まれ・・・・・・

息子は近在の大手スーパーの鮮魚売り場に就職を決めていた。

「ゼニ出しても仕入れる魚がない」

そんなな時代になっちまった・・・・・・

つまり、スーパーがそんな時代にしちまったっていうわけだ。

「仕入れもなにもあったもんじゃあない」
と、こぼしていた大将。

そんな大将の酒の肴一番の勧めが、“マグロにんにく”だった。

もちろんマグロ次第だが、大き目の“ブツ”に新鮮な地場の“にんにく”を摩り下ろして・・・・・・

やはりヤマサの醤油で頂く。お試しあれ、少々臭いが(笑)。

そんなわけで、街、横丁からそんな魚屋が残念だが消えてしまった。

で、未だ頑張っているのが精肉店・・・・・・

しかし精肉はそうは売れないとか言っていた。

もちろん売りは“トンカツ”と“コロッケ”。

これも、油と衣次第だとか言っていた。もちろんパン粉は自前だとか・・・・・

“コロッケ”一枚“70円”。揚げたてのそれは絶品だ。

末広町の「寺西」である。

ご案内の向きもおられると思いますが、本店は倉賀野のソレ・・・・・・

高崎の生んだ偉大なロックシンガーの叔父貴であるその大将。


あと、幾日かすれば漬け直しの国府の白菜漬で飯が食えるだろう。

楽しみだ・・・・・・

嗚呼ッ、国府の白菜・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 15:06Comments(0)

2010年05月27日

大相撲と暴力団・・・・

大相撲と暴力団・・・・



「朝青龍」だけが悪いのか。伝統文化という名の鎧に庇護された角界に重大な危機が迫る。テレビ・新聞が報道できないスキャンダルとしての戦後大相撲史。朝青龍ら外国人力士の「土俵とカネ」、八百長問題、花田家の崩壊、理事選をめぐる暗闘、タニマチと暴力団ほか、土俵の真実に「本音」で迫る。昭和・平成の「裏・名勝負」30番、千代の富士53連勝の検証ほか、相撲史観が変わる必読の企画が満載。








理事会で2親方を聴取、処分決定へ…相撲協会
5月27日1時7分配信 読売新聞

 日本相撲協会は27日午後1時からの理事会で、木瀬、清見潟の両親方から事情聴取を行い、2人の処分を決める。

 名古屋場所担当部長の二所ノ関理事(元関脇金剛)は26日、既に両親方から話を聞いたことを認めた上で、処分は「何かしないといけない」との意向を示した。また、今後の暴力団対策については、「愛知県警と話しており、ちゃんとやる」と語った。

 理事会で決議できる処分には、けん責、減給、出場停止、番付降下、解雇の5種類を定めている。番付降下に当たる親方の役職降下などが想定される。

最終更新:5月27日1時7分


木瀬親方と暴力団「つながっていた」元師匠ウワサ明かす(スポーツ報知) 5月27日 8時 1分
三保ケ関親方、2親方と暴力団のつながり暴露(サンケイスポーツ) 5月27日 7時52分


まあ、今さらですけど(笑)。

そもそも「大相撲興行」です・・・・・・

つまり「興行」、「興行師」の世界です。

で、「興行師」っていえば「アレ」です。

まっ、政情不安定の時にはいつもこういうニュースですね。

つまり、「どうでもいい事件」です。

「被害者のいない事件」(笑)。

か、特定のところだけに甚大な被害が出る事件とか・・・・・・

まあ、「口蹄疫騒動」なんかがソレです。

そして、

「第二次朝鮮戦争か !!??? 」

なんていうニュースも・・・・・・

で、「大相撲と暴力団」ですけど、

「TDLと暴力団」、つまり、いろんない意味での「ミカジメ料」でしょうか・・・・・

大相撲と暴力団・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 13:16Comments(1)

2010年05月27日

鳩山太郎です !!

鳩山太郎です !!



鳩山邦夫元総務相の長男で、元都議の太郎氏・・・・・・
まあ、「元都議」っていうことは、如何に名門としても都議選に落っこちちゃったわけです(笑)。
で、パパ邦夫元大臣の秘書官でした。で、この夏の参院選に立候補とか。

・・・・・・って、画に描いたようなマンガな話です。







邦夫氏長男の太郎氏「舛添新党」から参院選出馬
5月27日8時1分配信 スポーツ報知

 舛添要一前厚労相(61)が代表を務める新党改革は26日、参院選比例代表に鳩山邦夫元総務相(61)の長男で、元東京都議の鳩山太郎氏(35)を公認すると発表した。記者会見で、教育問題などへの取り組みを掲げた太郎氏は「父と私は別人格」と“チチ離れ”しての選挙戦を宣言。さらに「たとえ相手が伯父であっても、断固として戦う」と、鳩山由紀夫首相(63)への挑戦状をたたきつけた。

 鳩山家の“リーサルウエポン”が、ついに野に放たれた。太郎氏は乱れる髪形もそのままに「鳩山太郎ですっ」と、うわずり気味の声で自己紹介。大量の汗をぬぐいながら、独特の存在感を醸し出し、舛添氏をもしのいで、会見場の主役となった。

 「訴えていきたいことは『徳』であります」と太郎氏。「できもしないことを並べ立てて甘言を弄(ろう)し、沖縄県民の心をないがしろにしてもてあそんだ。徳のある政治とはいえない」と、由紀夫首相を断罪すると「たとえ相手が伯父であっても、断固として戦う覚悟で頑張ってまいります!」と甲高い声で宣戦布告した。

 東大で同級生の舛添氏と邦夫氏の連携は度々取りざたされてきたが、太郎氏はあくまでも同党の公募に応募、舛添氏との面会で公認を得たという。太郎氏は「父と私は別人格。(出馬を)報告はしたが相談はしていない」と強調。邦夫氏は「お前の信じる道であるならば、それでよかろう」と語り、この日の朝食時も、出馬に関する会話はなかったという。



で、舛添の『珍党改革』からとかですけど・・・・・・

まあ、噂通りの筋書きだから笑えます。

まあ、この太郎ちゃんの父親にしても、伯父ちゃんのハト耳総理にしても、

やることは「政治家」しかありません。まあ、天文学的数字の富豪、大資産家ですから・・・・・

「労働」して「おカネ」をもらうなんていう卑しいことはできません(笑)。

まあ、代々が「東大卒」っていうブランドがここ、太郎ちゃんで途切れちゃいました。

メデタシメデタシですけど、で、政治家にでもですからバカバカしいです、大衆としては。

で、舛添新党なんですけど・・・・・・

新党創るには最低でも30億円は必要だとかは常識ですね。

まあ、バックとなる組織もなく、「たちあがれ」だと、宣伝費だけでも「たちくらみ」しちゃいます。

で、「私は30億円損しました」とかいって平気の平左の父親、鳩山邦夫元総務相(兄貴は40億円損)。

つまり、持参金つき !!???

比例名簿順は何番目でしょうか ???

まっ、当然1位でしょうねぇ、となると、スポンサーなわけですから、コレからも・・・・・・

>太郎氏はあくまでも同党の公募に応募、舛添氏との面会で公認を得たという。

まあ、そんなヨタ話、誰も信じやしません(笑)。

>太郎氏は「父と私は別人格。(出馬を)報告はしたが相談はしていない」と強調。

「強調」ですから、本人も「疑われてる」ことを疑ってるわけです(笑)。

まあ、そこまで言うんなら「地方区で立候補したら」って言いたいわけですけど・・・・・・

まっ、そんなことしたら確実に落選しちゃいます(汗)。

つまり、「政治」って、金持ちの道楽です。

>「訴えていきたいことは『徳』であります」と太郎氏。

オイオイッ、『徳』ってなんだよ・・・・・・・

「友愛」にも呆れちゃうわけですけど、オマエが言うなよ、

『徳』だなんて !!

まあ、鳩山太郎氏、35歳独身って、今風の典型的ニートですか ???(笑)。

まあ、麻生太郎前首相も43歳で結婚ですから・・・・・

そういう世界もアリかなって言う話なんですけど、なんか気抜けしちゃいますね。

立ち上がれません、ニッポン !!

鳩山太郎です !!  


Posted by 昭和24歳  at 11:55Comments(1)

2010年05月27日

ハト耳は、耳鳴り(笑)。

ハト耳は、耳鳴り(笑)。



まあ、国民も大変です・・・・・・
こう、幻聴つづきでは(笑)。





「国民は国を守る発想持つべき」 鳩山首相
2010/05/26 21:43 【共同通信】

 鳩山由紀夫首相は26日夜、日本の安全保障に関し「この国はこの国の人々で守るという、すべての国にとって当たり前の発想が今の日本にはない」と危機感を示した。同時に「それが自然かどうかという発想は国民一人一人が持ち続けるべきではないか」と指摘した。

 記者団が米軍普天間飛行場移設問題に絡めて「(常時)駐留なき安保という考え方は変わったのか」と質問したのに対し、 「その考え方はいま封印している」とした上で根底の考え方として言及した。官邸で記者団の質問に答えた。


「この国はこの国の人々で守るという、すべての国にとって当たり前の発想が今の日本にはない」

まあ、「よく言うよっ !! 」である(笑)。

「私は恵まれているかも知れない」

ママからの政治資金、つまり子ども手当発覚の時の一言だけど・・・・・・

リーマンショックでも弟から、

「私は30億円損したけど、兄貴は40億円損した・・・・・」

ソレに対して、

「余計なことは言うな !! 」

まあ、たしかに余計なことかもしれないけど(笑)。

大かた、何の苦労もしたことのない希代に希なボンボン総理、初のアメリカへの・・・・・・

「気苦労」

まあ、いくら野党時代とはいえ、

つまり、「政権を取ったら」が前提での発言ではなかったか・・・・・

「最低でも県外」

まっ、なんの根拠もなかったわけで、そればかりか・・・・・・

「5月末までには解決する」

が、「現行案」維持では、大風呂敷どころか「バカ」です(笑)。

で、挙句の発言が・・・・・・

「国民は国を守る発想持つべき」

テメエの不始末を、

「この国の国民はダメ」

みたいな発言、笑っちゃいました !!

まあ、希代の「天才バカボン」総理、麻生ボンと変わりません・・・・・・

いうことに一切根拠がない(嗚呼ッ)。

ハト耳は、耳鳴り(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 08:13Comments(4)

< 2010年05>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ