2010年04月13日

亀田パパ、追放 !!

亀田パパ、追放 !!










【ボクシング】亀田父、「追放」 JBCがライセンスを剥奪
2010.4.13 16:09 産経ニュース

 日本ボクシング協会(JBC)は13日、東京都内で開いた倫理委員会で、プロボクシング「亀田3兄弟」の父、史郎氏のセコンドライセンスを取り消す処分を決定した。今後は、史郎氏からのいかなるライセンス申請も受け付けず、試合会場のリングサイドや控室などJBCの監督権限の及ぶ場所への立ち入りを禁止するとしており、事実上の追放処分となった。

 また、亀田ジムの五十嵐紀行会長に対しては、クラブオーナーとプロモーターの両ライセンスの無期限停止処分を科した。

 JBCからセコンドライセンスの無期限停止処分を受けていた史郎氏は3月27日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で、亀田興毅が敗れた試合後、判定に抗議して試合関係者をどう喝するなどしていた。



まあ、実質永久追放とかです、とか(笑)。

で、「良いパパになります」みたいな殊勝な亀田パパだったわけですけど・・・・・・
やっぱり言われちゃってます(笑)。

「下手な演技」

で、協会の方は前日「甘甘」の処分だったようですけど・・・・・・・↓


【ボクシング】亀田ジムのあり方を調査する 大橋会長一問一答
2010.4.12 19:34 産経ニュース

 東日本協会の大橋秀行会長は会見で、五十嵐会長からの文書が提出されたことを説明した後、報道陣の質問に答えた。一問一答は次の通り。
<詳細は本文へ>



まあ、実際は、「追放処分」。

JBC主催の試合にはセコンドどころか、控室への出入り禁止。

まあ、試合会場に客としては、コレはなんとも言えないんでしょうけど、

さて、「いいオヤジになろうとおもう」とかですけど、そうなればなったで、大騒ぎ・・・・・・

なんてえことにも(笑)。

しかし、それよりもなによりも、亀田三兄弟ですけど、

子ども心、傷つくだろうなぁ・・・・・・

「やっぱり、オヤジはオヤジだから」

って、亀田興毅、健気でしたし(涙)。



亀田パパ、追放 !!  


Posted by 昭和24歳  at 17:20Comments(0)

2010年04月13日

東北新幹線12月全通!!

東北新幹線12月全通!!



大勢の市民に迎えられて新青森駅に入る新幹線の試験車両=青森市で2010年4月13日午前9時43分、丸山博撮影




東北新幹線 八戸-新青森駅間で走行試験
4月13日10時45分配信 毎日新聞

 12月の東北新幹線新青森駅開業に向け、鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR東日本は13日、延伸した八戸-新青森駅間(81.8キロ)で、新幹線車両の走行試験を開始した。新幹線車両が同区間を走行するのは初めて。線路や架線、橋りょうなどが列車の走行に問題がないかなどを調べる。

 午前2時10分に八戸駅を出発した試験電車「イースト・アイ」(6両編成)が時速30キロで走行し、午前9時40分ごろ新青森駅に到着。白地に赤のラインの車両が見えると、待ち構えた市民ら約600人がカメラを向けた。太鼓などによるねぶたばやしも披露され、東北新幹線終点に到着した車両を歓迎した。

 青森市石江から見に来た無職、福岡登さん(68)は「かつて住んでいた土地が東北新幹線予定地にかかり立ち退いたこともあるので、待ちに待った日だ。感激している」と興奮した様子だった。

 走行試験は9月2日までに計約30日間行われる。今月20日からは「はやて」などに使用されている現行車両の「E2系」、6月下旬には新型車両「E5系」が走行する予定。【山本佳孝】



僕は盛岡までの「東北新幹線」しか知らない。

平成8年まで、12年間つづけた「エレキの行商」、何度青森駅に降り立っただろう・・・・・・

青森駅は「東北行商」の終着駅だった。

僕はなぜか冬の、横殴りの雪の青森駅が大好きだった。

まさに石川さゆりの「津軽海峡冬景色」、なんとなく浮かぶ情景のそれ・・・・・・

♪上野発の夜行列車降りた時から青森駅は雪の中♪

「横殴りの雪」

吹雪で、またたく間に終着ホームが雪で埋もれる・・・・・・
見る見るうちに、それは覆いかぶさるように積雪する青森駅の雪。

プラットホームへ降りると僕は決まって熱々の駅そば、ホタテ入りの「海峡そば」を食べる。

真冬の青森駅は午後5時には雪の中青い灯の中にあった・・・・・・

定宿は「ホテルサンルート」。チェックインを済ませると、時田さん、白鳥さんの待つ、

「ヤマハ青森店」へと急いだ。



エレキの行商は往路は奥羽線経由がほとんどだった。

高崎を出ると大宮から宇都宮へ、その宇都宮の「キーボード宮」、小磯店長が最初の商い。
そして「ラブサウンズ」の久保さんちへ。

宇都宮を昼で終えると東北新幹線で郡山まで、郡山から磐越線で会津若松へ・・・・・・・

東北行商の最初の宿泊は、駅から徒歩5分ほどのところにあるその、

会津若松の「ワシントンホテル」。

商い先は、「楽器屋DON」の小松さんのところだ・・・・・・

小松さんのところは商いというよりは先ず、「イッパイ」そんな趣で行商1日目の帳を下す。

まっ、とにかく「国権」(会津の地酒)はウマイです !!

で、その「イッパイ」なんですけど、何処かへ繰り出すというわけでもなく・・・・・・

いつとはなしに、お客やら、問屋、業者やらが集まりだしてそのお店の中で宴会が始まる(笑)。

もちろん賄いはオカミさん、「会津の女」である。

まあ、他にお客人がいないときなどは、

「ご飯でも一緒にどうですか?」

という、オカミさんのご親切に甘え、ご自宅での酒宴もしばしばであった。



つづく。


東北新幹線12月全通!!

  


Posted by 昭和24歳  at 15:13Comments(0)

2010年04月13日

日米安保の本質

日米安保の本質



新時代の日本のあるべき姿を激論。







米激怒「まるでわかっていない!」鳩山&小沢体制に見切り
2010.04.10 zakzak

 日米関係が危機的状況を迎えている。普天間移設問題を打開する突破口として期待された鳩山由紀夫首相とオバマ大統領との日米首脳会談が拒否され、民主党の小沢一郎幹事長が検討していたGW中の訪米も見送られることに。このため、永田町周辺では「米国は激怒している。鳩山-小沢体制に見切りをつけた」との見方も出ている。

 防衛省関係者に最近、普天間問題にかかわってきた元米政府高官から次のようなメールが入った。首相が「シュワブ陸上・徳之島案」を軸に、米側などと調整するよう閣僚らに指示したことを受けた内容だという。

 「鳩山チームはまるで分かっていない。日米同盟がどうなろうとも、この責任は回避できない。100%の責任を負わなくてはならない」まさに警告。これと前後して、日米首脳会談の拒否が伝えられた。小沢氏も「二元外交になる」(小沢氏側近)としてGW訪米を中止したが、米側から正式な招待状が届かなかったという。
 



 
まあ、コレもマスゴミ、メディアの作文だろうけど(笑)。

まっ、いいさ「鳩山&小沢体制に見切り」とかって・・・・・・

だとしたら、いったいナニ様、アメリカ様って !!???

まあ、日米開戦、アメリカが勝利して日本の漆黒の敗戦、アレから60余年。
結局、敗戦時、占領下の政治がコレまで延々と「自由民主党」の看板でつづいてきたわけです。

まっ、「敗軍の将」っていうか、戦時内閣の陸軍大将、首相は絞首刑にされちゃいましたけど・・・・・・
その時の若手官僚やら、占領下、そして実質軍事的占領下のママが今日の為政だった。

その意味では、今日の政権交代は、そして普天間問題、大きくは沖縄問題・・・・・・
さらに大きくは「日米安保」問題が全く新しいステージが日本の主権として開かれた、
そういっても過言ではない民主党の苦闘 ?

つまりそこにもコレまでのような「密約」は交わされるのか(笑)。

当然、「斬ったハッタが」外交ではないか。

まっ、バカだのチョンだの言われる民主党外交だが・・・・・・
ハッキリ言って、マスゴミっていうかメディアのソレは未だ、

「占領下」

GHQに検閲を受けたあの時代のままのご注進。
早い話が、虎ノ門の犬というか、自民党政権の奥の院が・・・・・・

「読売ジャイアンツ」

だったわけです(笑)。

当然、今日の民主党のソレも・・・・・・

「鳩山&小沢体制に見切り」

とかだが、コレは犬メディアの意見であって、
民主党もそれなりに、コレまでの日米安保、外交の陰陽はナゾっているはずだろう・・・・・・
政権党なんだから。

まあ、岡田外相が大臣命令で「密約文書開示」に迫ったのはその一つの証し。
つまりソレって、自民党の宦官政治が白日に晒されたも同然・・・・・・

にもかかわらず、自民党総裁も「たちがれ日本」党首も、

「日米同盟関係悪化」

を騒ぎ、まるでアメリカ様を怒らせてはさあ大変とばかりに(笑)。
まっ、自ら主権を捨ててきたわけですからさもありやですけど・・・・・・

まあ、アメリカ様が怒るもなにも、落とし所はあります。

つまり、沖縄も四の五の言っても「基地」なくしては経済的に存在しえません。
で、百万弁「平和」を唱えようが、世界の常識は軍事、戦争です(笑)。
まっ、戦争経済の好調が欧米の安定ですから仕方ありません。

で、日本政府がイニシアチブを取る形で、沖縄問題を解決する。

中身はどうアレ、日本政府が決定したという「事実」が求められる。

今後の「日米安保」の行く末のためにも。

小沢が考えて、鳩山に喋らせる(笑)。

第二の講和、サンフランシスコ条約、そして日米安保・・・・・・・

真の独立には100年はかかるんでしょうね。


日米安保の本質  


Posted by 昭和24歳  at 07:46Comments(1)

< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 58人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ