2010年04月17日

本日の"Twitter" 4.17

本日の"Twitter" 4.17







僕は“先生”というのはいつも“社会の窓”だと思っている・・・・

家庭では父母や叔父叔母の“背中”後姿が、それだろう。

現実の“社会”に後姿は無い。

“後姿”を見せた途端にある種それは敗退を意味する。
僕自身社会で、それ“後姿”を10年ほど前に見せた・・・・・

先生には“後姿”はない・・・・・
常に真正面か、横顔が問われる。

そう・・・・・

先生でも“技術家庭科”の先生のように、時には“腹”を見せなくては成らないこともある。

「うるせ~!!!静かにしろ!!!」

中学の時の話だが、起こったことのない先生が突然、怒った。

偏見ではない・・・・・

“技術家庭科”の担任教師。この科目は教師としては閑職であろう。

もうひとつ中学の時の科目で、3年でやる“倫理社会”などという科目があた。
この先生も学職内では閑職であった・・・・・

しかし、その手の先生がその時代は一番社会を想像させる。
唯一“後姿”、背中を見せながら授業をしてくれるからだ。

時に、子供たちはそうした“社会の窓”を眺めながら社会を知る。

そうした閑職にある教師・・・・・
一応に“お受験”とは無縁である。
クラス担任することもなく、父兄とも縁がないことのほうが多い。

今日・・・・・

教師の“指導力不足”とかがいわれ、
さらには校内暴力、学級崩壊と云われつづけ久しい。

それは学校が“社会の窓”ではなくなったからではないかと僕は思う。

その校内暴力、学級崩壊の起こりは昭和50年前後の中学からではないか・・・・・
昭和40年前後生まれの子どもたち、
昭和10年代生まれの父母を持ち、
高度成長の拝金主義、経済至上主義の社会に産み落とされた子どもたちが主役だった。

彼等の父母世代は幼年期を“独裁軍国主義社会”と、敗戦の“払下民主主義社会”に育ち、
全く社会環境の異なる二つの時代に“社会の窓”を見ながら成長した。

僕の姉世代、昭和14年生まれ兎年がそうである。
とり立てて高学歴ではないが20代で独立して羽振りの極めてよかった夫と3人の子供。
しかし“オイルショック”と“ドルショック”のWショックで歪の生じた・・・・・
昭和50年を挟んでの日本経済の中、
多くの敗者が生まれ、その子供たちの世代が“校内暴力”と“学級崩壊に走った。

僕の義兄もそんな中、昭和52年に38歳で人生夢の中に“自殺”した。
その長男、校内暴力の主役だった・・・・・

“社会の窓”の失われた時代。

そんな時代が30年周期でまたやってきている。
それは学級崩壊に止まらず、社会全体の崩壊を意味しているようにも思える。

昨今のの国会・・・・・
正常か、異常かを問われれば、異常であり狂気である。

まさに、国会が崩壊した。
ほぼ半数を占める野党、自民党が、国会放棄をしたのである。

与党が正しいと言うのではない。

野党が社会適応傷害の子どもたちなのである。
おそらくあの姿を国民に“見せた”つもりなのであろう・・・・・
そしてその有様を、存在価値と鼓舞し、“どうだ!!”と言わんばかりに。

多くの若手衆議院議員・・・・・
その校内暴力、学級崩壊世代の子どもたち。
官僚の働き盛りもその世代・・・・・40歳前後。

陰に陽に“国会対策”も機能しないのか、
はたまた、無能な権力争いの結果なのか・・・・・

いずれにしても、良家のお坊ちゃん、お嬢ちゃんが跋扈する赤絨毯。
そこには“社会の窓”の現実はない。

いつだったかの名古屋市当局によるホームレステントの強制撤去、代執行。

東京オリンピックの時の“バラック狩り”となんら変わらない・・・・・

ホームレス世代が団塊の世代。

そして当局側が、学級崩壊世代。

社会の“歪”にしても、

その“社会の窓”・・・・・・・

なんとかならないものだろうか。

  


Posted by 昭和24歳  at 20:38Comments(0)

2010年04月17日

権力の犯罪

権力の犯罪











公文書偽造を組織的に行う・・・・・・
そして公金詐取、横領。

これは“権力”の乱用ではありません。

ただの“泥棒”です(笑)。

権力、職権の乱用は交通課長、署長が行政処分を“見逃す”とか、“もみ消す”まででしょう。

それに多くの警察署が所轄の風俗営業の許認可権・・・・・・
パチンコ屋、ソープランド、雀荘と、
明らかに法律に抵触を承知で営業する業者と癒着し賄賂を取る。

パチンコの景品買い、パチンコ台の許可証紙代・・・・・
パチンコ台入れ替えの度に大型店だと証紙代、検査代だけで数千万円。

30兆円産業とも言われる“パチンコ産業”。
明らかに4円貸し出し、2.8円の買取・・・・・・
賭博開帳現行犯で本来なら逮捕。

ソープにしたって完全な管理売春・・・・・
合法なら合法にすればいい。
しかし違法だから裏で金が動く。

かつての暴力団の資金源を尽く、国家権力が奪い取った。
国家権力には“魚心”も無ければ、“水心”もない・・・・・・

挙句暴力団の“シノギ”は枯渇し、
ヤミ金、オレオレ詐欺、そしてとうとう偽札作り。
覚醒剤の蔓延もただ事ではない・・・・・

暴力団が警察官を暗に脅す。

国民生活の最後の防波堤が警察権力のはずだが ?

御目こぼし、賄賂は未だいい・・・・・
“泥棒”じゃあ国家も糸瓜も無い。
だいいいち、その泥棒を捕まえる所がない。

くどいが、パチンコ業者から、ソープ業者からいくら賄賂を貰おうがそれは“役得”だろう。
しかし無垢の警察官を貶めて共犯の泥棒が慣例では・・・・・
犯罪に手を染めざろうえない明日の警察官があまりにも哀れだ。

天下り結構、役得結構・・・・・

でも“泥棒”はいけない。

口利き、袖の下はいい。
交通切符のもみ消しはそれこそ人の子だからいい。

しかし“泥棒”を部下に命令しては。
人心が腐る・・・・・
もう止めるべきだろうそれだけは。

誰しも後ろめたいことの一つや二つはあるし、あっただろう。
しかし、確信的窃盗行為・・・・・

しかも公金。

業者から毟り取ればいい。
いい暮らしがしたいのなら・・・・・


JR東海社員7人がキセル…近鉄に賠償
4月17日11時38分配信 読売新聞




  


Posted by 昭和24歳  at 15:32Comments(0)

2010年04月17日

前橋サティ閉鎖 !!

前橋サティ閉鎖 !!








前橋サティ10月閉店
上毛新聞ニュース 更新日時: 2010年4月17日(土) AM 07:11

 前橋市国領町のショッピングセンター(SC)「前橋サティ」が10月17日に閉店することが、16日明らかになった。店舗を運営するマイカル(大阪市)がテナントや従業員に撤退の方針を伝えた。前橋サティは県内の郊外型SCの先駆けだが、近年はさらに大規模なSCの出店が相次ぎ、集客競争が激化していた。8月には前橋駅前のイトーヨーカドー前橋店も閉店予定。前橋市内で二つの“商業の顔”が消えることになる。

 マイカルは撤退の理由について、「近隣の商業環境が変化し、店舗の劣化が進んでいる。お客さまのニーズの多様化にも応えられなくなった」としている。

 従業員は正社員25人、パート・アルバイト261人の計286人。正社員は他店舗に異動し、パートやアルバイトは個人面談をした上で再就職先を世話する。


しかし前橋は大変です !!

ヨーカドーも閉まっちゃうし、まあ、イッパイ閉まっちゃいましたし(汗)。

まあ、大店法かなんかは知りませんが・・・・・・

行政はこのことをどんなふうに考えてるんでしょうか !??

まっ、高崎もそうです・・・・・・・

商店街は壊滅ですね。どうしてでしょうか ???

ハッキリ言って、行政の無策というか失政です。

まあ、もっといえば「悪意ある」失政・・・・・・

つまりこうなることは予測の範囲での「放置行政」ですね。

ときどき、仕事で前橋に行くわけですけど、ヒドイですね、ソレはソレは。

高崎も一緒ですけど(笑)。

まあ、ショッピングモール建設は概念のしては「街づくり」なのでは?

違いますか ???

そもそも、街中から住民を「都市計画」の名のもとに追い出しておいて・・・・・・

街中をガラガラにする。

そして商店街、商業施設を潰して、マンション建設(笑)。

本末転倒の行政。

高崎祭りだろうが、えびす講であろうが、取ってつけたような年中行事。

まあ、行政の瑕疵とでもしておきましょう・・・・・・

しかし、その一方で「空き店舗対策」にお手当って、いったい何っ !!???

潰しておいて・・・・・・(笑)。

街中を完全に今日中空間にするならするで、民間任せではなく、

行政主導で明確な対策を講じるべきではないのか、と。

例えば、街中に「ニュータウン建設」するとか・・・・・・

高齢者世帯も、若い子育て世帯も共生できるようなそんな街を。

その意味では人の命もひとつの「資源」です。

人の生き方、生活のスタイルもほぼ30年周期でリサイクルします。

昭和40年代に建設されたニューファミリー向けの団地という団地が・・・・・・

そこに、「高齢化」の波が押し寄せ、ゴーストタウン化しています。

都市計画とかで街を拡大させるのではなく、縮小させるのも「少子高齢化」、

人口減少のピーク、2050年を見据えた「都市計画」ではないのかと・・・・・・

ソレが相変わらず、道路建設中心の「公共事業」ばかりです。

「コンクリートから人へ」

そのための公共事業も、生活のための公共事業も考えるべきではないか。

ところで・・・・・・・

高崎のサティは大丈夫 ???

前橋サティ閉鎖 !!  


Posted by 昭和24歳  at 13:03Comments(1)

2010年04月17日

日本人とユダヤ人

日本人とユダヤ人



日本人とはいかなる民族なのか?300万部の衝撃の大ベストセラー!!

ユダヤ人との対比というユニークな視点から書かれた卓越な日本人論。日本の歴史と現代の世相についての豊かな学識と鋭い視点で描かれた日本人論の決定版を復活。日本人たる意味がわかる。








大分昔・・・・・
20代の頃ですが“イザヤ・ベンダサン”著のそれを読んだ。

20代の頃のことだから良し悪しはともかくその意味では“三つ子の魂百まで”と。
テレビで時々見かけた、山本七平がどうやら“その人”らしいのだが、
それ以来“日本教”の解説もいつも“なるほど”が、ついて回る人生を送っている。

氏のの著書は臭いの無い“うんこ”のような・・・・・
それもしっかりした形のやつで、
すこぶる体調のいい時の朝一番の“うんこ”のような・・・・・
それでいて“うんこ”臭くない、

まるで僕を元気付けるかのように・・・・・

「おいっ、しっかりしろっ、頑張れ!!」

とでも言うようにお出ましになる。

そんな、山本七平“イザヤ・ペンダサン”の本・・・・・・
変わった先輩に勧められて読んだが、それ以来その手は病みつきになっている。

ご案内の、高坂正尭、松原泰道も好きだ・・・・・
女性作家のその手のものは曽野綾子なんかを好んで読んだが・・・・・
日本博打振興会の管理人に納まってからは、読んだことは無い。

前置きが長くなってしまった。

日本の職人芸・・・・・
これは日本の気候風土のなせる業かもしれないと僕は思っています。

日本のモノづくりは、“作る”のではなく、“作られる”にその時間を置かなければ成らない風土では・・・・・
木造文化なんかはその典型でしょう。

まさに木造建築は“木”生き物として細工を施す。
何度でも修理が効く・・・・・・
時間が経てば経つほどしっかりとしたものに成る。

そして、出来上がったらそれでお終いではなく・・・・・・
出来上がったところから新しい命が始まる。
楽器もそうですが・・・・・・

今はこの日本、“職人”が食えなくなっている。
あらゆる分野で職人が悲鳴をあげている・・・・・

大量浪費文化。
まるで国民は電器メーカーのために働いているようなもの、自動車メーカーのために働いているようなも。

そのせいか、自分達の食文化、食糧自給のためには働かなくなった・・・・・

農林漁業の衰退。
モノ作りよりも、商業が優先したためでしょうか。
農業立国が、貿易立国になり・・・・・・
やがてこの国からの一次産品は消えてなくなりのでしょうか。

ダイエーの中内氏が小説の中で、値段は消費者が決めるといっていた30年前。
結局決めたのは、ダイエー、“商人”でした。
そしてその流通革命の寵児も消えてなくなろうとしています。

日本人の労働者は押並べて“職人”のような気がします。

僕の友人のNCの熟練オペレーターなんかも凄まじいほどの技を見せてくれます。
コンマ何ミリを削りだす・・・・・

新幹線の運転手、山手線の運転手・・・・・
秒単位のタイムテーブルをこなす。
それは、この国の風土に育った職人気質、“プライド”がそうさせている。

米の工作を制限する政府。
貿易と漁業水域をトレードする政府。

生命にかかわるものは全て輸入に頼る。
しかも輸出とバーターの経済援助で・・・・・

日本教。

これは父母が、祖父母が教祖ではないでしょうか。
やはりこの国の社会はその何かを教えている・・・・・

>彼らの意見というか考えかたを読んで、30年後の日本は変わたなあ、と思いました。

変わってませんよ・・・・・

また叱られそうですが(笑)。

変わったように見せたいだけなんです。

“親はなくとも子は育つ”

下手な親ならいないほうがいい・・・・・
下手な政府、国家なら潰した方がいい。
職人気質のほぼ7千万人もの大衆労働者。

その意識変わるか、変わらないかは分かりませんが、

鎌倉時代でさえ140年、室町は250年。
信長と秀吉がたったのほぼ40年。

江戸幕府の政権交代から未だ、たったの140年がいいとこ。

またいずれかはそうした政権交代はあるやも。
しかし今度は、武家対武家ではなく、武家対町人のそれであって欲しい。


日本人とユダヤ人


  


Posted by 昭和24歳  at 09:28Comments(1)

< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ