2010年04月12日

本日の"Twitter"4.12

鯨とマグロについて・・・・・



大阪の鯨料理店「徳家」の大西睦子さんが書いた「鯨料理の本」という本があります(講談社 ISBN4-06-207579-2)。



厄介ついでに言えば・・・・・

どうして白色人種は己の都合を他者に押し付けるのだろうかと、

これも“厄介な”話である。

“鯨”を捕るなということで日本の捕鯨産業は壊滅した。

最近では“マグロ漁”がとか騒いでいる・・・・・

鯨も大量の小魚を食らう。

そうです“シール”もです。

しかしそれは自然の摂理ではないでしょうか。

そしてそれを「人が捕る」。

それもマイノリティかどうかは知りませんが産業でしょ?
日本の捕鯨も産業・・・・・・
しかし今ではその鯨は捕鯨禁止で増殖して現実的には鯵や鯖の漁業が心配されている。

しかし鯨を食さない人種はそんなことはお構いなしで動物愛護で捕鯨を禁止。
鯨は無駄になるとこがない“資源”で日本ではその歴史はきわめて古い。

鶏糞を食わせたり、同種の肉骨粉を食わせたりして食用のためだけに“牛”を養育する。
しかしそれは白色人種、米国の政治をも左右する“一大産業”。

そもそもがこの国では不思議なことに牛を食べると言う食習慣は目立ってはなかった。

つい最近まで牛は農耕家畜として生育されていた。

この国でも何処彼処には犬やら牛を食らう習慣はない訳ではなかったと聞くが、
それでもそれらは屠蓄ではなく家畜・・・・・・
鶏でも何でも寿命がきたものを食らったように聞く。

>殺しかたが、あまりにも残酷です。

そもそも“殺し方”に残酷とか残酷でないとかがあるのだろうか・・・・・・
ではアメリカの肉牛産業が幼牛を屠殺する方法はどうなのか。
中には涙を流す牛もいると言うが、しかしそれも人が生きるためのこの地球上の、

自然の摂理ではなかったか。

アザラシを狩猟してそれを生活の糧にするのが非情で・・・・・

牛を養育して食肉にすることは普通のこと ???

どうもその議論は腑に落ちない。

じゃあ、アメリカが殺しまくる有色人種はいったいどういうことになるのだ !!???

アメリカ大陸における黒人の歴史にしろそんなに古い話ではない。

人権であれほど口のすっぱいそのアメリカが、
イラクでも何処でも人権無視を平然と行っている。
アメリカの人権無視、
人種差別の歴史は未だ片付いてはいない・・・・・・

>See,your background

その通りだろう。
銀のフォークと銀のナイフで血の滴る“ビフテキ”を食らう・・・・・・

いつだったか、鯵の活き作りに知り合いのアメリカ人が眉をしかめた。

やはり、食文化の違いを認め合うことが肝心ではないか。

韓国の市場では豚の首やら鼻までが売られている・・・・・・

もちろん“犬も食う”。

しかしまずはそれを認めることではないか・・・・・


鯨とマグロについて・・・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 20:54Comments(1)

2010年04月12日

亀田パパ、改心する !??

亀田パパ、改心する !??







亀田史郎氏、自らライセンスを返上!今後はよい父に
4月12日14時35分配信 サンケイスポーツ

 先月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で敗れた亀田興毅(亀田ジム)の父、亀田史郎氏が12日、現在停止中のライセンスを返上することを公式ブログで発表した。

 史郎氏は「感謝と決断」と題した最新エントリーで、「大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」とファンや関係者に謝罪。興毅の敗戦に熱くなり、行き過ぎた行動を取ったことを認め、「現在停止中のライセンスを自ら返上することを決めました」と発表した。

 今後については「子供にとっていい親父になりたい」と綴り、3兄弟を見守ってほしいとファンに懇願した。


まあ、、オヤジは改心したけど・・・・・・

「亀田ジム」は存続だとか。

まっ、ジム会長も除名処分とかならジムも閉鎖して、
三兄弟の他ジムへの移籍が前提だとか、ボクシング界の常識では。

で、会長の処分は先送り???

やっぱり、裏取引 ???

で、亀田ジムだけは特別扱い・・・・・ ???

アレレレレ・・・・・

亀田パパ、改心する !??
  


Posted by 昭和24歳  at 19:33Comments(0)

2010年04月12日

水戸黄門、ピンチ !??

水戸黄門、ピンチ !??







水戸黄門ついに打ち切り!?視聴率低迷、次のご隠居も見つからず・・・
ソース:http://entamegeinounotubo.seesaa.net/article/145871078.html
2010年04月07日


4月12日からシリーズ第41部が始まる、『水戸黄門』(TBS系)。
放送開始から41年が経つというこの長寿番組に、ピンチが訪れているといいます。

視聴率が低迷し、テコ入れしようにも代わりの俳優が見つからないという状況の中、ついに打ち切りも視野に入ってきているようです。

現在のご隠居さまは、里見浩太朗さん(73)。
初代の東野英治郎さん、西村晃さん、佐野浅夫さん、石坂浩二さんに続く5代目として、8年間主役を務めています。
しかし・・・。

(以下引用)
「東野黄門様の79年には、最高視聴率43.7%を記録。
その後も長年にわたり2ケタ視聴率を維持していましたが、里見黄門様の09年8月17日放送分で9.1%と、初の1ケタに。
現在はシリーズ平均で10%台前半になることが多いです」(TBS関係者)
(以上引用 週刊女性)

時代劇は固定ファンが多いのですが、皮肉なことに午後4時台の再放送は絶好調。
09年4月には、TBSが放送した全番組中、昔の『水戸黄門』の再放送の視聴率が7.2%で全日平均視聴率トップだったという事件もありました。

⇒TBSピンチ!視聴率が全て1ケタ台の上、最高視聴率が再放送番組!

つまり、再放送も新作も視聴率がさほど変わらないのです。

(以下引用)
「再放送については基本、テレビ局は俳優にギャラを払わなくていいんです。
つまり、ほぼタダみたいなもの」(前出・TBS関係者)
(以上引用 週刊女性)



まあ、里見浩太郎さんの水戸黄門は見たことがありません・・・・・・

水戸黄門はなんたって、「再放送」ですね !!

なんたって、「東野英次郎 ?」の黄門さまでしょうね。

西村黄門も、佐野黄門も悪くはなかったですけど・・・・・・

やっぱり、「東野黄門」です !!

まっ、うっかり八平、風車の谷八七(?)もいない水戸黄門は、

水戸黄門じゃあありませんね(笑)。

まあ、こういっちゃあなんですけど・・・・・・

新・水戸黄門って、ミスキャストだったんじゃあない???

里見黄門さまなんですけど、二枚目俳優です。コレはイケません。

やっぱし、脇役でピカイチの東野、西村、佐野黄門だったわけですから、

そういう役者いませんかね、まあ、テレビ俳優ですけど・・・・・・

武田鉄也なんていいかも(笑)。

前田吟もいいかも・・・・・・

西田敏行はイマイチだなぁ。

そうだっ !!!

アレッ、アイツ !!!

うっ、名前が出てこない・・・・・・

水戸黄門、ピンチ !??  


Posted by 昭和24歳  at 17:34Comments(1)

2010年04月12日

たそがれて日本(笑)。

たそがれて日本(笑)。



「どんなドラマでも最後の幕が一番実があり感動的なものだ」。忍び寄る死の影に怯えつつ、著者は老いをどう受け入れ、乗り越えようとしているのか。充実した老いを生き抜くための黄金の全21章。





石原知事、参院選出馬を一時検討=「たちあがれ」の目玉として
時事ドットコム

 石原慎太郎東京都知事が10日旗揚げの新党「たちあがれ日本」に加わり、同党の公認候補として夏の参院選出馬を一時検討していたことが分かった。関係者が同日までに明らかにした。石原氏は圧倒的な知名度を誇るだけに、新党側としても期待を寄せていたようだが、都政をめぐる情勢が変化し、最後は幻に終わった。
 知事の出馬構想が水面下で進められていたのは、都の2010年度予算審議がヤマ場を迎えていた3月下旬。当時、東京都中央区の築地市場移転計画をめぐり、最大会派の民主党が用地取得費を削除する修正案提出を検討していた。修正案が提出されれば可決される可能性が高く、「知事は予算案が修正されたら、新党から参院選に打って出るつもりだった」(関係者)という。
 ところが、土壇場で民主党が修正案提出を見送り、予算も成立したため、石原氏が知事を辞職して出馬する構想は立ち消えとなった。 
 これに関し、石原氏は10日の新党の結党会見で、参院選出馬について「任期が残っているから、その責任だけは果たす」と否定し、自ら名付け親となった新党の側面支援に回る考えを示した。

(2010/04/10-18:23)


まあ、今さら「参院選」もないでしょう、石原さん(笑)。

政治を遊んじゃあイケません、っていうか、4男の出馬とか巷間言われてますけど・・・・・・

で、打倒民主党 !!なんだそうです。平沼さんたら。

で、10人は当選させたいんだそうです・・・・・・

あの「みんなの党」でさえ5人ですから、風呂敷広げ過ぎ ? (笑)。

え~、元小泉チルドレンの杉村タイゾーとかの名前も ?

and 鳩山太郎、鳩山邦夫長男のお名前も ?

まっ、杉村タイゾー君はそこそこお名前が知れてますし・・・・・・

鳩山太郎君は元都議で、現在は鳩山邦夫秘書で、持参金つきですから(笑)。

まあ、「爺孫党」でしょうか・・・・・・

それにしても、なんか、「のほほ~ん」としてますね(笑)。


“シルバー新党”隠し玉はタイゾー!? 石原四男の名も
2010.04.10 zakzak

・・・・・・・四男は父親の石原氏が「トップダウン」で始めた都の若手芸術家支援事業で重用された人物。「都政の私物化」批判の矢面に立たされ、当時の都議会でも野党から「身内の重用は避けるべき」と猛批判された。しかし、石原氏は「余人に代え難い」と強く反論してきただけに、先の有力筋は「かなり期待している証しだ」(同)と言う。

 もう1人、隠し球候補としてささやかれているのが、「タイゾー」こと杉村太蔵前衆院議員(30)。2005年の郵政選挙で初当選した小泉チルドレンで、当選直後に「早く料亭に行きたい」などと発言し、ヒンシュクを買ったが、その後は捲土重来を期すべく、政治活動に邁進。しかし、昨年の総選挙での公認争いに負け、今は政界引退状態となっている。

 そんな杉村氏について永田町有力筋は、「実は杉村氏は任期中、政策を勉強するため、東京・四谷の与謝野事務所によく出入りしていた。師弟のように政策をいろいろと教えてもらっていた」と打ち明ける。



しかし、平沼さんも与謝野さんも重量級の閣僚経験者ですけど・・・・・・
どちらかというと「脇役」っていうか、そもそもが総理総裁の器ではない。

まあ、強いていえば、「脇役」でこそ、ピカッと光る面もあったが主役だとくすむ。
まっ、人間には生まれついての分があるもんです。実力以外の・・・・・
その意味では、主役としての「石原慎太郎」は不可欠だったかも知れません。

まあ、「石原裕次郎の兄貴です」とかの石原都知事ですけど・・・・・・
それにしても、息子4人目も国会議員、あっ、3番目は落選中でしたね。

まあ、どうせなら、「ノブテル」、長男を打ちこめばなんですけど、
石原慎太郎のソロバンにはそういう答えはないようです。都知事選ですか、親子2代。
親子2代で東京都知事っていうのもスゴイですけど(笑)。

まっ、こういっちゃあ失礼でしょうけど・・・・・・
平均年齢ほぼ70歳で新党って、
長くつづけるつもりはないんでしょうね。やっぱり。

たそがれて日本(笑)。  


Posted by 昭和24歳  at 15:59Comments(1)

2010年04月12日

つまづく聖職者たち

つまづく聖職者たち



おかしな学校・おかしな教師たち。
学園内はスキャンダルでいっぱい。






<児童福祉法違反>熊本の中学教諭逮捕 生徒にわいせつ行為
4月3日21時50分配信 毎日新聞

窃盗:財布置き引き、容疑で小学教諭を逮捕--鹿嶋署 /茨城
3月31日12時40分配信 毎日新聞

大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」
3月30日16時14分配信 産経新聞

懲戒免職:中3女生徒とみだらな行為、教諭を処分 /長崎
3月30日14時59分配信 毎日新聞

セクハラ:女子生徒にメールで 県教委、県立高教諭を懲戒処分 /広島
3月30日13時9分配信 毎日新聞



哀れとしかいいようのない「聖職者」の末路。

僕の同級生にも教頭、校長とそれぞれがいたが・・・・・・

結局、彼らには勝ち誇った時代はなかった。
大方が「禁欲」の青春時代を過ごした彼らではなかったか。

教育熱心な家庭環境の中に育ち、小中高と特別ではないが、努力家の秀才。
高度経済成長後の教職員採用試験、今日、教育基本法取り沙汰されるが・・・・・
それは極めて国家統制という枠の中での教育指導という義務を背負わされて。

完全に人間としての自由を拘束された精神しかそこにはない。
国家は二度と国家に叛くような危険な人間を作らせないためにも・・・・・
当り障りのない、国家洗脳的教育を指導する「教職員」つくりを教育行政の中心においた。

結果、お上の阿る教育指導者、自由のない、考えることすら許されない・・・・・
それこそ、「見ざる言わざる聞かざる」の、
紙に書かれた「教育指導要領」を遵守し、
まるで機械のような人間にされて過ごすほぼ40年余り。

自分が見聞きしてきたことを子どもたちに話してはいけない。
それは常に「国家」は正しいという原則の上での教育指導。
やがては己の生活と保身で洗脳されていることも忘れてしまう。

全体主義、「官僚体制」の末端で、大衆社会とは隔絶した、
いや、隔離された「学校」という、「絶対善」のなかに生かされる「先生」という悲しい生き物。

現代、発展と破壊、荒廃を繰り返す世界最大の経済大国。
国民大衆はさまざまである。言われた「中流」は「中産」ではない。
その中流とはまさに「バブル」であり貧困と背中あわせの泡沫の所得・・・・・

そんな社会構造のなかの大衆の子どもたちに毎日接するという「労働」。
学級崩壊、家庭崩壊、地域の崩壊・・・・・
そうした中で、教師として過ごした、その55歳であるなら30年間。
有り余る安定した収入と生活、そして保障されている老後・・・・・・

しかし、人間が「考える葦」である以上、
考えてはいけない、自分を表現できない、籠の鳥であることに気づいた時・・・・・・

それが、万引きであったり、横領であったり、保護者との不倫であったり、
終いには、猥褻行為、児童誘拐未遂では何のための人生だったのか。

押しなべてそれらが、氷山の一角といわれる。
逮捕、起訴、執行猶予判決では懲戒免職は逃れまい。
定年を間近にしての、退職金、年金・・・・・・
そして、本来ならば40年間全うする「先生」という社会的勲章を水泡に帰す。

なにを迷ったのか・・・・・・
そのことにすら思いを馳せることさえできなかったのか。

55歳・・・・・

迷う歳ではない(笑)。

おそらく大学で教職をとって、自治体の教職員採用試験を通ってから今日まで、

「考える」ということを一切してこなかったのだろう。


学校という職場。
医療という職場。
そして、行政という職場・・・・・・
それは「腐臭の廟」

この国の行く末・・・・・・
そして、原点。

朝令暮改を求める。

朝令暮改の民主党って、
結構いいかもしれない(笑)。



つまづく聖職者たち
  


Posted by 昭和24歳  at 14:34Comments(0)

< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ