2010年04月20日

作家、塩野七生

作家、塩野七生



資源も富もない、小さな都市国家ローマは「衆知を集める」という共和政の利点をフルに活用することによって、地中海世界を制覇する。しかし、勝者となったローマも「制度疲労」だけは避けることができなかった。この危機を乗り越えるべく、不世出の指導者カエサルが採った帝国方式とは―国家盛衰の法則を探りつつ、今日の日本を考える著者渾身の一冊。




塩野 七生(しおの ななみ、1937年7月7日 - )

「悪をもって悪を制す―小沢一郎氏に強大な権力を与えよ」

と語る塩野七生さん・・・・・・

作家の塩野七生さんが、雑誌「Voice」5月号の特別インタビューで、赫々云々です。

「消耗しきっている多くのマスメディアや有識者の意見など、放っておけばいいのです。日本の国民は、月並みな政治家やマスメディアや有識者が考えるほど『バカ』ではないのですからね。そうでしょう、皆さん!」

実に分かりやすいご意見です。

「消耗しきってる多くのマスメディア」っていうか、その存続さえ危ぶまれているのです・・・・・・

新聞とかテレビとか、週刊誌とか(笑)。

そして塩野七生さん、こうも言ってます・・・・・・

「いま日本は沈没しそうなのですから、救える可能性のある人にこの国を任せなければいけない。小沢氏にはただ大鉈を振るってもらえばいい。日本をこれ以上悪くしないための必要悪なのです。『悪をもって悪を制す』ことを期待してみたらどうでしょう」

その「悪」と例える小沢評だが、小沢民主党幹事長の「カネの問題」に対しては、

「そもそも古今東西、ほとんどの政治家は、多かれ少なかれ汚れているものです。カネにきれいか、汚いか、そんなことばかり気にしいる場合でしょうか!」

と、政治家そのものの本質を・・・・・・

「いま日本で権力の何たるかを分かっている唯一の人が、小沢氏のように思う。民主主義において権力とは何か。それはやはり議席の数です。それに執着する小沢氏は、権力の本質を分かっている人だと思うのです」

小沢氏のその「危なさ」には、

「われわれ国民が彼に明確な方向性を示し、それを実現してもらえばいい」

そして・・・・・・

「権力は墓場まで持っていくわけにはいかない。死ぬまでに使い切るしかない。それを日本の再生のために使うよう、国民が常にそばで煽りつづければよいのです。そして最後はサムライとして死んでもらう」

と。

「改革を成し遂げるためには、場合によっては超法規的措置も必要になります。古代ローマ時代においてはカエサルが断行しました。改革には蛮勇が必要です。小沢氏にはまさにそれを期待したい。もうひとつカエサルに学んでほしいのは、人材登用術。彼は自分からは人を選ばず、与えられた人をどう使いこなすかを考えた。もちろん嫌いな人物でも起用しました」

さらに、普天間基地問題については・・・・・・・・

「私はあまり心配していません。これまで日本は、アメリカに『イエス、イエス』とばかりに従ってきました。今回初めて『イエス』といわないから、アメリカがあわてているだけで、『もう少しならば、慌てさせればいい』とさえ思っています」

と、実に明快にそう言いきる・・・・・・・
ただ、アメリカと対等に付き合うなら、イギリスがそうであるように日本政府も相当の軍事力、その軍事費を覚悟する必要があるとも。

さらに、小泉政権、小泉純一郎にも言及する・・・・・・

 「Voice」5月号の特別インタビュー記事より。
  


Posted by 昭和24歳  at 21:12Comments(0)

2010年04月20日

本日の"Twitter"4.20

本日の"Twitter"4.20










一昨日のNHK「日曜討論」です。

「原則無料と言っただけです。マニフェストでは」

まあ、前原国交相「針のムシロ」状態でしたね・・・・・・

僕みたいなトーシローでも言訳としかとれない発言に終始しちゃってます。

まっ、去年の今頃の野党「民主党」の言質、取られちゃったらハッキリ言ってアウトです(笑)。

で、このところガソリン、高いですよね・・・・・・

この円高と需要不足なのになんで、石油高騰するのか、まあ、泥棒です。

国策(税金)で石油開発して、輸入は国策会社がNY相場がどうとかこうとかで、

国民、「言い値」で買わされてるわけですから堪ったもんじゃありません。

結局、無血維新とか、国民が創った「政権交代」とかで、国民のせいにされちゃって(笑)。

政権交代しちゃったら、その「舌の根も乾かない」うちにコレですから・・・・・・

「財源があるとかないとかで、石油暫定税率廃止を廃止」

で、高速道路無料化の財源っていうのが自民党時代からあったわけですけど・・・・・・・

その無料化財源の半分を高速道路建設に使うとかです(笑)。

で、完全無料化実施路線は全路線の10%程度。

その路線とは、無料化してもしなくても車があまり通らない過疎地の高速道路だけ。

つまり、ほとんど意味のないところで「無料化の社会実験」なんだとか・・・・・

突っ込まれてましたね、前原大臣。

「ほとんど車の通らないところで『社会実験』やって、実験の効果があるんですか !!???」

って、屁理屈を言わせたら天下一品の、日本共産党の小池晃センセイに(笑k)。

で、今日のニュースですけど・・・・・・

党内から前原大臣にクレームがついていました。

「ガソリン値下げ隊の隊長」

河内なんとかと菅副総理です(笑)。

世相壊れてますね・・・・・

幼児虐待。ニュースで知る範囲ですけど、常軌を逸した虐待です。

わが子をです !!???

<殺人>小3長男殺害の疑い 自首の母親逮捕、福島・郡山
4月20日10時51分配信 毎日新聞

 小学3年生の長男を殺害したとして、福島県警郡山署は20日未明、同県会津若松市門田町(もんでんまち)日吉、無職、佐藤路子容疑者(34)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は18日午前1時半ごろ、同県南会津町と栃木県との県境付近の空き地に止めたワンボックス車内で、長男の恵斗君(8)を殺害したとしている。

 同署によると、佐藤容疑者は19日午後9時25分ごろ、同署に「自分の子供を殺した」と自首。駐車場に止めてあった佐藤容疑者の車の中から恵斗君の遺体が見つかった。3列座席の中央に横たわり、布団のような物が掛けられていたという。

 佐藤容疑者は夫と恵斗君の3人暮らし。同署が動機を追及するとともに、20日に司法解剖して死因を調べる。【蓬田正志】


考えられません・・・・・・

環境ホルモンのせいなんでしょうか。その抑えきれない異常な衝動は。

そして必ず、貧困、生活苦とリンクしています。

少子化だというのに・・・・・・

で、子ども手当ですけど・・・・・・

どうなるんでしょうか???
  


Posted by 昭和24歳  at 20:22Comments(0)

2010年04月20日

文化大革命で失った文化。

文化大革命で失った文化。



数百万人の死者を出し、十年の災難と言われ、中国人民を塗炭の苦しみに陥れた「文化大革命」とはいったい何であったのか。本書は中国共産党党史出版社が総力を挙げ、内部資料・調査研究に基づき、初めて公式にその全貌を総括した画期的な書である。

で、万博で「パクリ」ですか(笑)。






上海万博、パクリもみ消し工作判明
4月20日9時20分配信 デイリースポーツ

 5月1日に開幕する上海万博のPRソングが、シンガー・ソングライターの岡本真夜(36)の1997年のヒット曲「そのままの君でいて」の盗作との疑惑が出ている問題で、問題発覚直前に上海万博事務局が関係者を通じ、岡本の所属レコード会社に「岡本さんの楽曲をカバーしたい」と申し入れをしていたことが19日、分かった。“もみ消し工作”も判明したことで、事態は急展開。事務局側は事実上盗作を認める形で同日、正式に、岡本側に楽曲の使用を申請し、岡本側は使用を認めた。






「皆さんの愛国の情熱は理解するが、理性を持って行動して欲しい」

・・・・・と、中国当局。

“8.15”抗日勝利60周年というのがあった。

っていうけど、別に中共が“勝利”したわけじゃあない。

勝ったのは・・・・・

“蒋介石”中国国民軍ではなかったか。

しかし蒋介石の国軍は八路軍、共産軍に追われ台湾へ・・・・・


盧溝橋の一件も怪しい・・・・・

中国大陸は欧米列強の草刈場。
そのなかでも「英米ソ」と“ハゲタカ”か“漁夫”か、
間抜けな“チビめがね出っ歯”の黄人“シャオリーペン”をけしかけ・・・・・
“嘆きの丘”ならぬ、異国の丘へ進軍ラッパを吹かせた。

まさに戦わずして“漁夫の利”のハゲタカ“英米ソ”。

北京に潜入した“劉少奇”にそそのかされた、

「北平大学、精華大学」の学生を中心とした学生ゲリラがそれを支援していたとか。

中共は7月8日早朝、述安の本部から全国へ、

「蘆溝橋で日本は攻撃を開始した。全国民衆の愛国運動を結集して侵略日本に立ち向かうべし」

とする電報を発信している。

中国の経済発展と人口13億の“巨大市場”・・・・・
何のことはない、電器、食品、衣料、何から何まで“シャオリーペン”。

とてもじゃあないが、アメリカ製のポンコツ自動車、ポンコツ家電、不味くて危ないハンバーガー・・・・・
それにどう見たってフランスファッション、“戦闘機”以外はお呼びじゃあない。

イギリスと来た日には、
ついこの間けりのついた“アヘン戦争”租借問題。
まだまだ、マカオだってある・・・・・ポルトガルだが。
もっとも今じゃあ“ポルトガル”なんていったって・・・・・知ってる?

外貨準備高も、経済成長率も“世界ナンバーワン”に迫る。
そんな美味しい市場を数世紀に渡って欲しい侭にしてきた欧米列強が黙って見ているわけがない。

かといってどうしよう・・・・・
ゼネラルエレクトロニック社もIBM社も、フォードももう売るものがない。

英国なんてもっと売るものがない(笑)。
大体がビートルズを最後にほとんどウッパラッちゃって、
かつての大英帝国、“カスカス”で、皇室の破廉恥で、
昔ながらの植民地“英国連邦”の上がりで食うか、アメリカと“戦争ごっこ”で世界に集るしかない。

“チビめがね出っ歯”の黄人、日本は生意気にも自分たちの昔ながらの権益大陸で、
“上手い商売”をしてしこたま儲けている。

しかし、日本国内からはもう絞りに絞っているのでその“絞りカス”しかない。

じゃあってんで・・・・・・

「中国で上手いこと商売させてやるよ」

なんていうんで、ひと悶着つけさせた(笑)。
それに、“優秀”なはずの中国人民・・・・・
どう転んでもトヨタやソニーのようには行かない。
高度経済成長なのかバブルなのか・・・・・どう段取りが上手くいかない。
最近は儲からないどころか“損”が出る。

こいつはどうやら、狡賢い“シャオリーペン”に騙されているのではないか?

「ODA・・・数兆円?」

そんなのは知らない。
戦後賠償当たり前じゃあないか・・・・・
まだまだ“反省”が足りない。

と、学校で教わった。

抗日勝利後に生まれた親から生まれた子供たち・・・・・
一人っ子政策の子供たちが騒いでる。

“小日本”・・・・・
シャオリーペンがそんなに危険か、怖いか。
世界の中心“中華思想国家”の人民よ。

“シャオリーペン”は、和らぎの民。

遣隋使、遣唐使・・・・・・

いや、それは卑弥呼の時代から貴国には多くを学んでいる。

ほら、

こうして、“漢”字も、“呉”服も、箸も、茶碗も・・・・・

違うのは、座の文化・・・・・

高床の文化、畳の文化。

畳に脚長卓は似合わない。

脚長卓と椅子では“痺れ”も切れまい。

半島の立膝文化も・・・・・

  


Posted by 昭和24歳  at 12:54Comments(0)

2010年04月20日

詐欺容疑で、ゴールドマンを提訴 !!

詐欺容疑で、ゴールドマンを提訴 !!



証券詐欺師
1990年代、米ウォール街では大量購入した超低位株を投資家に売りつけ、株価操作によって不当な利益を得る悪徳証券ブローカーがはびこっていた。そうした悪徳ブローカーの1人である25歳のルイス・パシュートを追ったノンフィクション。ルイスが個人投資家から冷酷非情にカネを搾り取る様子を記録する。









米SECがゴールドマン提訴 サブプライム関連で証券詐欺容疑 (1/2ページ)
2010.4.17 09:34 産経ニュース

 【ワシントン=渡辺浩生】米証券取引委員会(SEC)は16日、米金融大手ゴールドマン・サックスが、2007年以降の金融危機の引き金となった低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)を裏付けとした証券化商品に絡み、重要情報を開示せずに投資家をだまして巨額の損失を負わせたとして、証券詐欺罪の容疑でニューヨーク連邦地裁に提訴したと発表した。

 ゴールドマンはポールソン前財務長官ら、歴代政権の要職にOBを送り込んできた名門投資銀だが、高額賞与などが批判されてきた。提訴によって、ウォール街に厳格な規制強化を求める声は一段と強まり、議会で審議中の金融規制改革法案の成立が後押しされる可能性がある。

 訴状によると、ゴールドマンは07年、サブプライムローンを組み込んだ債務担保証券(CDO)を投資家に販売。その際、CDOの組成に影響力をもつヘッジファンドがこのCDOに売り姿勢をとっていたにもかかわらず、そのことを投資家に伝えず、「第三者機関が選別した」と誤った情報を伝えていたという。


SEC
証券取引委員会(しょうけんとりひきいいんかい、U.S. Securities and Exchange Commission = SEC)は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。

「米国SEC によるロッキード社の極秘賄賂工作の暴露は、電波に乗せられたちまち全世界に報道された。」

お忘れだろうか・・・・・・

日本の内閣総理大臣経験者が逮捕された、「ロッキード事件」でる。

その芝居の始まりは、SECからだった。

で、「ゴールドマンサックス」とかですけど・・・・・・

ゴールドマンサックスと竹中平蔵と郵政社長:西川との関係が暴かれている。ゴールドマンがロックフェラー系というところは怪しいが・・。
鳩山の「かんぽの宿」騒動の裏に何があるのか・・・


まあ、アメリカ政府も旧政権の悪事を暴く算段でしょうか・・・・・・

まっ、まさに「ハゲタカ」です(笑)。

リーマンショックで全世界を金融恐慌の貶めて見事に焼け太っている。

報道のソレは、「詐欺」だそうです。

金融工学とかだそうですけど、「サブプライムローン」とか・・・・・・

確実に「破綻」することが分かっていながらの数式(笑)。

で、日本の郵政民営化問題での、そのゴールドマンとかとの関わりも、相当深い。

2002年12月11日、都内でゴールドマンサックスのCEOであるヘンリー・ポールソンとCOOのジョン・セインは、竹中平蔵金融担当大臣(=当時)、西川との間で四者会談を持った。その席上でGS側は、三井住友銀行は国有化しない、との言質を竹中からとり、03年1月に1500億円の資本注入が実行された。そして同年2月、GSの仲介で3500億円の優先株が注入された。

これは、明確なインサイダー取引であり、竹中のGS及び三井住友銀行に対する一種の利益供与であった。西川は、三井住友銀行の国有化を免れた最大の功労者であると同時に、GSに対する最大の利益供与者でもあった。
竹中は現職の金融担当大臣でありながら、外資であるGSに利益供与することは許されざる〝犯罪行為〟である。ちなみに、GSの真のオーナーは、ロックフェラーⅣ世である。つまり、アメリカ帝国主義を代表するロックフェラー家の日本における代弁人が竹中平蔵であり、その下手人が西川善文であった。(以下次号、敬称略)


で、まあ、この流れの中に「郵政民営化」があるわけですけど・・・・・

一昨日のラジオ、文化放送で竹中元財相がフザケタことを言ってました。

「あと半年、小泉内閣がつづいていたら今頃日本は成長期に入っていた。
つまり、安倍、福田、麻生政権は小泉改革を踏襲しなかった。明らかに数字は良い方向に向かっていたのに」


このような発言であったと思うが・・・・・・・

ではなぜ、小泉首相は辞めたのか!!???

それほど素晴らしい改革なら、なぜ、前例を破ってでも総理総裁を続投しなかったのか!!???

なぜ、竹中さんは、議員辞職までしたのか???

このゴールドマン問題は日本の国会でも審議すべきだと思うが・・・・・・

「証人喚問」もね。

詐欺容疑で、ゴールドマンを提訴 !!  


Posted by 昭和24歳  at 08:40Comments(2)

< 2010年04>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ