2009年12月28日

高速道、最大2000円!!

高速道、最大2000円!!




ETCは不要です!!(笑)。



高速道:実験で新上限制、普通車2000円 ETC不要
毎日新聞 2009年12月25日 15時00分(最終更新 12月25日 15時00分)

 今年の秋の大型連休初日、上下線とも渋滞する名神高速道路。「休日上限1000円」など現行の割引制度は廃止となる。
 政府は25日、高速道路無料化へ向けた社会実験として、10年度から普通車の料金を走行距離がいくら長くなっても最大2000円とする上限料金制度を新設する方針を固めた。軽自動車は1000円、トラックは5000円を上限とする。自公政権で開始したETC(自動料金収受システム)搭載車に限った「休日上限1000円」など現行の割引制度は全廃し、ETC搭載車以外の現金客にも上限料金制度を適用する。複雑すぎると批判された割引制度を利用者に分かりやすいものに変える。曜日設定はつめている。【大場伸也、石原聖】



最大2000円とする上限料金制度

軽自動車1000円、大型トラック5000円・・・・・・

コレはご機嫌なアイディアだ!!!

コレだと概ねフランス、イタリアの高速道路料金と同じレベルになりはしないか。
つまり「ヘッドキャップ制」だ。

実はコレと同じようなことを僕が書いた・・・・・

2009年09月07日
高速道路無料化はダメ!! 


 「100キロ1000円」

で、ヘッドキャップ制にして最高を、
例えば700キロ、7000円以上はどこまで行っても7000円とか・・・・・


まあ、来月正式に発表になる民主党案は僕の案よりもさらに家計に優しい。

つまり、「乗用車ならどこまで言っても2000円」っていう話だ。
じゃあ、例えば東京練馬までならその線からすると500円くらいだろうか・・・・・
まあ、九州まで行っても2000円ですか???

まさか、高速道路会社をまたぐとそこからはまた初乗り???

九州までだと、東日本、中日本、西日本とかって・・・・・

まあそれでも最上限2000円づつだから、高崎から鹿児島まで行っても片道6000円ですか!??
これなら、今度「桜島」でも見に行こうかな!!!

つうことは、大阪なら東日本、中日本で大阪は西日本のトマ口だから・・・・・・
東日本で500円、中日本で2000円、西日本で500円、合計片道3000円ですか!!???

まあ、そんな東日本とか中日本とか西日本とかは杞憂かも知れません。

最大2000円っていう話なんですから!!!!!

コレなら、経済効果デッカイかも知れません。
先ずトラックが最大5000円なんだから物流は大助かりだ!!!
オイッ、オザワ、つまらないところで水を差すなよ!!!!


  


Posted by 昭和24歳  at 16:06Comments(3)

2009年12月28日

2007年 5月 3日(木)晴れのち曇り

バカにつけるクスリ






そういう“くすり”は、あってもいいと思う・・・・・

いわゆる“野球バカ”につける“くすり”と言うことだが。

その意味では、今や公立も私学もない。
早い話、カネがある親の子が“私学”で、カネのない親の子が“公立”。
ごく当たり前の話ではないか・・・・・

ここ、群馬県あたりでは昔から親にカネがあるないにかかわらず、
“頭のいい子”が県立(公立)で“頭のいい子でない子”が私立と言う風に決まっている。
要するに、“私学”は“県立”の滑り止め・・・・・
もっとも、県立とは言っても“ピンキリ”は言うまでもないが。

ご案内の高校野球で言えば、ここでも今は“桐○”とかの私学が有名だが、“農○”とか言うのもある。
たしかにその“特待”は聞くには聞くが、甲子園での成果はあまり知らないが、
“前○”とか“高○”とか言う県立も県内ではその私学とは互角である。

県立にも“スポーツ特待”、要するに“入試”を免除する制度がある。
もちろんつける“くすり”が不要な程度の“オツム”であることが条件だが・・・・・

それにしても、いいジジイ(高野連)が、そんなこと百も承知で何を今更間抜けなことを言い出すのか、
おそらく“裏”があるに違いない。
いずれにしろ事の発端は“西武”の裏金問題だろうし、そのことが“5000勝”球団に及ばないためのお騒がせ・・・・・
やらせの“特番”に違いない。

バカにつける“くすり”

“くすり”が少しでも効けばいいじゃないか・・・・・・
松井だって、イチローだってきっとその制度“良薬”だったに違いない。
生まれつき天才はいるし、球児がだれも松坂になれるわけじゃあないんだしね。

少なくとも、そこがこの社会、曲がりなりにも資本主義、自由主義社会の光明じゃあないのかな。
例え親にカネがなくとも“天才少年少女”ならその才能は“資本”が面倒を見る。
そんなことを言えば、今の“東大合格率”の親のほとんどが“高額所得世帯”だって言うじゃあないの。
私立幼稚園、私立小、中、高・・・・・そして国家と言う“資本”の忠犬にさせるために国家、最高学府に入れる。

どんなに貧乏の家に生まれても“天才”なら東大法科に入って大蔵に入省して・・・・・
男なら、この国家に属する“類”の入り婿になったり、婚姻する。
出世話から言えば、あの“柳沢伯夫先生”なんてその典型のようだし。

その意味では、曲がりなりにも自由主義社会“チャンスは平等”ではないだろうか。
中国や北朝鮮じゃあ、国家による“特待制度”は当たり前なんだし。

わが娘の小学校から、それでも今年は二人が“私立中学”へ行ったとか。
もちろん、ここにそんな洒落た“私立中学”なんて・・・・・ひとつはあるがあまりその対象ではない。
東京、静岡の“ナントカ”言う全寮制のそこへ行ったとか行かなかったとか。

まあ、ご案内の通りここでは優秀な子弟は・・・・・
内閣総理大臣を二人も輩出した“群馬県立高崎○×”が定番だが、実はここもだいぶ昔だが甲子園にたった一度だけ出場している。

憲法記念日に“高野連騒動”とは『電通』もお定まりの“アベ隠し”(笑)。
テレビのアンケートでは“改憲派”が72%だとか・・・・・・

「60年も経っているんだし、アメリカの押し付け憲法だし」とかが理由で。

しかし、こんどの“アベ改憲”も占領軍の押し付けじゃあないのか?
なんなら、“日米安保”を廃棄して、米軍の占領状態を解除し全ての軍事基地を返還させ・・・・・
完全独立を果たし、その上で新たに北朝鮮みたいに米政府に“条約締結”を申し込み、

“日本国憲法”を作り直す。

ズルズルと“60年安保”、岸安保体制のまま、
そんなのが日本国政府、勝手に“改憲”なんてできるわけがないじゃあないか。

バカにつける“くすり”

アベにつける“くすり”なら、

『タミフル』なんかいかがだろうか・・・・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 06:59Comments(0)

< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ