2009年12月02日

ぼやき

ぼやき



如何に生きるべきか???



かつて、この国には・・・・・・

「消費税」と云う制度はなかった。

生産蔵出し、輸入通関の段階で「物品税」。
そして、各種「専売税」と「特定税」、「所得税」、「法人税」、「市県民税」で賄われていた。
いつの頃からだろうか・・・
「消費税」と云う制度がこの国に編み出されたのは。

「一憶総中流」

とか言われたあの時代だろうか・・・・・
累進課税で高額所得者の税が重すぎるとかで公平に負担しましょう。
そんないきさつだったような。

そして欧米先進国並みに・・・・・
世界の常識に照らしてと云う事でだが。
しかし税金を集める方だけは「欧米並み」で、使い方はこの国独自のやり方らしい。

世界に類の無い人口密度と人口規模。
世界中捜してもこんな国は無い。
もし、これでいてこの国が経済発展してなければ・・・・・・
ただ人間の数だけ多い可笑しな国であったに違いない。

しかし、その集めた税金、使い方に問題がある等とは口が裂けてみ云わない。

「少子高齢化」

のためだと云う。

世界一の長寿国と喜ぶ人たちもいる・・・・・
だが、その歪か何かは知らないが、寝たきりの病院、老人ホームは満杯、
そして保育園、幼稚園不足で待機児童が20,000人。

可笑しなもので、日本人特有だろうが「働き」つづけていれば、
70、80でもそこそこに目出度く死ねる。
寝たきり長寿のための医療技術の発達か、高齢者健康維持のための「それか」・・・・・

いずれ、1億2千万の「パイ」の維持には・・・
非生産人口層を「幼、少年」を中心に置く厚生労働行政が不可欠なのではないだろうか。

そうでもなければ、これから生まれてくる「日本人」も、
何のために「生まれ」、何のために、日本人として「生きる」のかが分からなくなる。

それこそ、「消費税」を払うために生まれてくる・・・
最初から、この国に「税金」を払うためにだけに生まれてくる・・・
「少子化」を心配するのは「看守」だけが増えて、
「捕虜」、つまり労働者が減っていくのを心配しているのではないだろうか。

シルバー族の「海外移住」なんて云うのもトンと聞かなくなった。
この国で駄目なものが他所でよくなれるはずが無い・・・

「上を見たらキリが無い。下を見て暮らせ」

とは上手いことを云ったものだ。
しかし、「下」の無くなった国民大衆は、さて・・・・・・

如何に生きるべきか???  


Posted by 昭和24歳  at 18:31Comments(0)

2009年12月02日

兄弟仲良くね!!(鳩山ママ)

兄弟仲良くね!!(鳩山ママ)





鳩山邦夫氏側にも9億円=首相と同額、母親から
12月2日12時19分配信 時事通信

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体をめぐる偽装献金問題で、首相側に資金提供したとされる母親が、弟の鳩山邦夫元総務相側にも昨年までの5年間に、首相と同額の計9億円を提供していたとみられることが2日、関係者の話で分かった。
 東京地検特捜部も邦夫氏側への資金提供を把握しているもようだ。検察当局は母親からの資金提供は贈与に当たる可能性もあるとみている。
 関係者によると、母親は過去数年間に、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」に依頼して約36億円を現金化しており、由紀夫氏側と邦夫氏側に提供されたのはその一部とされる。
 母親側から両氏側にはそれぞれ2008年までの5年間に、毎月1500万円、年間計1億8000万円が、いずれも現金で渡されたという。
 邦夫氏の資金管理団体「新声会」の06~08年の収支報告書には、母親からの寄付はいずれも個人の寄付の上限に当たる150万円ずつしか記載されていない。
 邦夫氏の事務所は「担当者が不在のためコメントできない」としている。 



まあ、親心でしょうか・・・・・・

お兄ちゃんに毎月15,000,000円のお小遣い。

「だったら僕にもチョウダイッ!!」

で、弟にも毎月15,000,000円・・・・・・

まあ、法律上、過去5年間ていうことで、過去に遡ればですけど、
まあいいでしょう。


オイッ、ココんち、どれだけカネが余ってるんだっ、エエッ!!???
兄弟合わせてコレまでの5年間に、1,800,000,000円です(笑)。

あっ、そうですか・・・・・・

じゃあ、贈与税半分の900,000,000円ねっ!!

まあ、平成11年度からおカネ持ちの税制引き下げられていますから、
おカネ、貯まってどうしょうもありません。

で、日銀が10,000,000,000,000円おカネをとかですけど、
超円高対策だとか、緩やかなデフレ対策だとかです・・・・・・

つまり、またおカネが貯まっちゃうわけです(笑)。

コレじゃあ、日銀、おカネを刷っても刷ってもおカネがたりません・・・・・・
でも、デフレも、っていうかユニクロ現象もそろそろ限界かなっ???
だって、仕入れより安くは売れませんから。ハイ。

で、ユニクロ現象もいいんですけど・・・・・・
服とかって、食品とかじゃあありませんから完全消費されません。
タンスの中ユニクロでいっぱいになっちゃってますから。

っていうことは、大根とかレタスとかが一個50円とかってGOOD JOBです!!
口の中に入れて食べて胃袋、大腸、ウンチで完全消費されますから。

ところで、ガソリン税の暫定税率分廃止って民主党のマニとかなんですけど、
来年4月からの実施に合わせて「環境税」に転嫁って、ふざけてます!!
つまり、ガソリンも完全消費されるGOOD JOB商品です・・・・・

嘘八百の「地球環境対策」、排出権取引デリバティブとかって毛唐が編み出した詐欺商法、
そんなもんにガソリンからの税金掛けられたんじゃあ堪りませんね。

鳩山(兄)って、サラリーマンの平均年収1000万円とかって言っているそうです。
麻生のカップラーメン400円よりヒドイかも!!???
まあ、鳩山(兄)って、自分ではガソリン入れたことなんてないんだろうから・・・・・
そんなことどうでもいいんでしょうけど。

それにしても、鳩山(兄)も弟も年間、
ママからお小遣い150,000,000円ですか。
  


Posted by 昭和24歳  at 15:01Comments(0)

2009年12月02日

平岡都さん猟奇殺人を推理する

平岡都さん猟奇殺人を推理する





<島根女子学生遺棄>靴発見現場に不審車 住民目撃
12月2日2時32分配信 毎日新聞

 広島県北広島町の山中で島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった事件で、平岡さんのものとみられる靴が発見された浜田市の国道9号の側道に発見前日の11月29日朝、不審な四輪駆動タイプの車が止まっているのが付近住民に目撃されていたことが分かった。島根、広島両県警の合同捜査本部はこの不審車情報を把握しており、犯人が何らかの目的で靴を捨てに来た可能性もあるとみて車両探しに全力を挙げる。

 付近住民の男性(66)が29日午前7時半ごろ平岡さんが普段通っていた山道から目撃したという。男性によると、濃いベージュ色の大型四輪駆動タイプの車で、前部に金属パイプ(カンガルー・バー)が取り付けられていた。男性は原付きバイクで山道を南から北へ走行し、国道9号の高架下をくぐった後、右側の側道から車が来ないか確認したところ、側道を数十メートル入った位置に同車両が止まっていたという。翌30日、ほぼ同じ場所で靴が発見され、驚いたという。

 男性は毎日のようにこの道を通るが、側道に車が止まっていたことはなく、「あんな場所にいい車が止まっている」と不審に思ったという。

【宮本翔平】


「・・・・・犯人が何らかの目的で靴を捨てに来た可能性もあるとみて車両探しに全力を挙げる。」

ということだが・・・・・

この事件、
捜査本部は複数の「タイヤ痕」から車両を特定しているのではないか!!???
さらには凶器の特定とかです。
尋常ではありえない殺害方法からすればすでに犯人を・・・・・



  


Posted by 昭和24歳  at 12:46Comments(0)

2009年12月02日

議員立法、福田衣里子の勝ちっ!!

議員立法、福田衣里子の勝ちっ!!





肝炎対策基本法成立の原動力となった民主党の福田 衣里子議員に話を聞きました。
12月1日0時42分配信 フジテレビ

国会で11月30日、国の責任を明記し、治療費の助成を柱とする肝炎対策基本法が成立しました。
成立の原動力となった民主党の福田 衣里子議員に話を聞きました。

(参議院の傍聴席で成立の瞬間をご覧になって、どのような思いでしたか?)
「そうですね、まあ衆議院を通過する時は、議席の方で法案が通る瞬間を聞いていたんですけれども、その時よりも、やはり傍聴席から客観的にですね、柳田委員長が肝炎の法案を読み上げる時っていうのが、やはり実感として、不思議な感覚というか、やはり2002年の段階にこの訴訟が始まった時から、やはり原告の皆さんすべての人たちが、350万人の肝炎患者の恒久対策につなげたいという思いで戦ってきた、それがようやく形になったんだなということを実感して、本当に夢のような思いもしました」




肝炎対策基本法が成立 救済対象を患者全体に広げ、感染を広げた国の責任を明記
国会で11月30日、国の責任を明記し、治療費の助成を柱とする肝炎対策基本法が成立した。
11月30日午前10時すぎ、参議院本会議の傍聴席に現れたのは、民主党新人・福田 衣里子議員だった。
福田議員が見守る中、議員提案による肝炎法案の採決が行われた。
肝炎対策基本法案は、審議拒否を続ける自民党が欠席する中、全会一致で可決・成立し、その瞬間、薬害肝炎の原告から笑みがこぼれた。
薬害肝炎訴訟原告団の山口 美智子代表は、「わたしたち(肝炎対策基本法案を)最終目標に掲げて戦ってきましたので、本当にこの目標が達成できて良かったなと思っています。やっと、ここまで来たなという思いで、長かったなっていう感じです」と語った。
九州B型肝炎訴訟原告の窪山 寛氏は、「最高やったです。もう両手を握って、ガッツポーズしましたからですね。国が謝罪文をちゃんと明記していただいていたから」と話した。
全国におよそ350万人いるB型、C型肝炎患者。
治療費の助成を柱としている肝炎対策基本法は、救済対象を患者全体に広げ、感染を広げた国の責任を明確に記した。
この基本法では、財政上の措置を明記し、B型、C型肝炎の治療費に生活支援を含めた経済支援を行うとしている。
また、患者と専門家による協議会を設置することなども定められている。
国会内で11月30日午後1時すぎ、薬害肝炎訴訟原告団の山口 美智子代表は、「本日、肝炎対策基本法が成立いたしました。本当にありがとうございました」と話した。
鳩山首相は「皆様方が大変ご苦労されましたことを、いたみ申し上げますとともに、お体を大切にされますことを、心から願うばかりでございます」と述べた。
成立後、B型肝炎と薬害肝炎の原告らは、各党を回り、感謝の気持ちを伝えた。
肝炎対策基本法は、今後、救済のため、どこまで予算に反映できるかが焦点となる。

(12/01 00:01)


まあ、剛腕オッサン、小沢幹事長は・・・・・・
「議員立法禁止!!」
とか言ってたわけです。


つまり、
KAWAII!! vs GOWAN!!
KAWAII!! が勝っちゃったっていうことでしょうか!!???

KAWAII!!って得ですね。
まっ、そういうことです。ねっ、小沢さん!!
  


Posted by 昭和24歳  at 08:24Comments(0)

< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ