2019年10月02日

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。



「イートイン脱税」VS「正義マン」現場の店員困惑?

 1日に大きな注目を集めたキーワードを読み解く「急上昇」です。まずは「イートイン脱税」です。

 消費税10%払って店内で食べるべきか、8%払って持ち帰るべきか…。あるコンビニ店のセルフレジにはこんな新機能も。軽減税率の対象商品はイートインで食べるかどうかの項目が書いてあり、自己申告制にして会計を行っています。


しかし、自己申告だと商品持ち帰りを申告していながらイートインで食べるずるい人たちが増えるのではないかと予想されています。そんなずるい人たちの行為がイートイン脱税といわれているのです。そのイートイン脱税に関連し、「正義マン」というキーワードも急上昇していました。

 イートイン脱税のようにテイクアウトとして買っておきながらイートインスペースで食べている人がいたとします。それを見つけた時に正義感を出して店員に告げ口するような人のことを正義マンと呼ぶそうです。そんなイートイン脱税を自発的に取り締まろうとする人が増えるのではないかと予想している人もいて、ツイッターでは正義マンが増えると告げ口される店員さんも対応に困りそうだなどと心配の声も上がっていました。

2019年10月1日 20時50分 テレ朝news
https://news.livedoor.com/article/detail/17167757/

>商品はイートインで食べるかどうかの項目が書いてあり、自己申告制にして会計を行っています。

ま、個人主義っていうか「所有意識」の強いが白人です。
そもそもが「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」といった植民地主義侵略と略奪の歴史なんだ。

コンビニであろうがどこであろうが「俺がカネ払ったんだからどこで食おうと俺の勝手だろ」って拳銃突きつけられます(笑)。

そうなんですアメリカじゃあ、別にアメリカじゃなくたって普通に金出して買ったらその瞬間「所有権」はお客個人のものに。

ある時、間違って工具買ってきた奴がいて僕が「取り替えてこい」って言ったら「ダメだ」って言うから・・・
じゃあ、「取り替えてくれないんなら返してこい」っていうと、「そんなことできるはずがない」という。

どうやら、白人社会ではお金を出して買った瞬間その「モノ」の所有権は店から客へと契約的に所有権外転すると。
だから、間違って買おうが不良品を買おうが主客転倒、ということは「客のモノ」じゃなくて単純に「客」だった個人が、今度は売主になる。
ま、嘘のようなホントの話で、ひとつの取引成立で「モノ」は「完全移転」するから、ま、わかりやすいったら、わかりやすい。

まぁ、安倍首相がトランプ大統領から戦闘機買ってカネ払っちゃたのに戦闘機をよこさない。で、「どうしてなの?」って安倍首相が聞いても要領得ない返事。

「シンゾー、ユーはカネ払ったんだからもう戦闘機はお前のもんなんだ。お前のものは思えが管理すべきだろ、俺の知った話じゃあない」

ま、銃社会ですから、こっちにも銃があるんならいいけど、下手に喧嘩しないほうがいい。拳銃突きつけられて・・・

「シンゾー、ここに答えが二つあるどっちかを選べ、『①トランプ大統領の言ってることが正しい、②トランプ大統領の言ってることはいつも正しい』、さ~答えは?」

そんなわけで、なんで払わなくてもいい税金を払わされて、食い方、使い方まで政府に強制されなくちゃいけないんだ、それこそファシストだろ。

まあ、ね。キャッシュレスもなんだが、アメリカ人っていうかユダヤ系を除いたら計算あんまり得意じゃあない。

だから、銀行か、金融業はユダヤ人と相場が決まってる。で、一般的アメリカ人っていうか、いや、韓国人、中国人も社会的道徳観薄いからレジでもなんでも金誤魔化したり盗んだりするらしい、らしい、ね。
だから、キャッシュレス普及率100%、レジに金入ってなかったら誤魔化せないし盗めないから(笑)。

ま、そんなことないと思うけど東京のコンビニの店員はほとんどが上野宏史系留学生らしい、らしい。決めつけちゃあいけないけどコンビニ、本甕は大企業だ、そのうちレジも無人化になるんじゃないの。

しかし、日本政府は、日本の商習慣を悪用して徴税する。つまり、日本の商習慣は生産者から消費者に物が届くまで何段階もの流通経路を減る。つまり、その段階ごとに消費税を徴収する。

つまり支払い消費税から預かり消費税を引いた差額を納税する仕組みからすれば・・・

問屋Aは1000円の仕入れで支払った消費税は100円。
それに20%の利益を乗せて1200円で2次問屋に卸す、その時問屋Aの受け取り消費税は120円。
すると、問屋Aは受け取り消費税120円から支払い消費税の差額20円を納税する。
2次問屋は小売店に1200円で仕入れた商品に20%の利益を乗せて1440円で卸す。
すると2次問屋の受け取り消費税は144円。そこから支払い消費税120円の差額24円を納税する。
そうすると小売店は1440円の仕入れに144円の支払い消費税が発生。
小売店は1440円に30%の利益の載せて一般消費者に販売すると小売価格は1872円。
消費者が支払う消費税は187.2円(受け取り消費税)から支払い消費税144円の差額43.2円を納税。

これに軽減税率とかですから、こんなの日本人にしかできませんね、公認会計士の飯の種でしかない。

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 20:24Comments(0)

2019年10月02日

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!

進次郎もアメリカの犬なんだけど・・・

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!理由は議員宿舎のペット禁止

8月7日に小泉進次郎議員(38)との結婚、第1子の妊娠を電撃発表した滝川クリステル(42)。それ以来謎に包まれていた2人の新婚生活だが、滝川は9月27日放送の『徹子の部屋スペシャル TVエンタメ伝説の名場面史』(テレビ朝日系)に出演。そのなかで、彼女は進次郎議員への思いをこう語っていた。

<中略>

「進次郎さんが住んでいる議員宿舎はペット禁止なので、犬を飼っている滝川さんと今は“別居婚状態”なんです。大臣になったことで常にSPがついているのですが、進次郎さんはこっそり議員宿舎を抜け出して滝川さんに会いに行こうとしているそうなんです。SPも『何かあったら大変だから控えてほしい……』と必死に止めているそうです」(警察関係者)

滝川は窮地の夫を助け、果たして未来のファーストレディとなることができるのか――。

<抜粋引用:2019/10/01 06:00 女性自身>
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1782094/

>「進次郎さんが住んでいる議員宿舎はペット禁止なので…」

ま、ペット好きは、特に女性は人間の伴侶よりはワンチャン、ニャンコのほうが大事っていう人多いです。

まぁ、クリステル夫人もワンちゃんとは別居できないけど進次郎とは別居できます。

そらワンちゃんの方が、利口だし、可愛いし言うこと聞くし、文句は言わないし、お腹には赤ちゃんいるし。

それにしても議員宿舎「ペット禁止」って、ペット好きな国会議員て結構いるんじゃないの?

ま、自分がアメリカの犬、なんて言われてる人もいるんだけど(笑)。

しかし「ペット禁止」って動物愛護にも反するよねぇ、ペットと同居できないから別居っていうのも可笑しくない?

>進次郎さんはこっそり議員宿舎を抜け出して滝川さんに会いに行こうとしているそうなんです。

こっそりって健気(笑)、SPに止められちゃって哀れ。新婚なのにどうすんの、お父さんに相談してみたら・・・

「お父さん、ずっと独身だったんだけど寂しくなかった?どうしてたの?」って。

そしたらお父さん、、、

「人生いろいろ、女もいろいろ、お前も子供じゃあないんだから、オシマイ!!」

のワンフレーズ返ってくると思うけど、そしたら言ってやれ・・・

「お父さん、セクシーじゃないと、セクシーッ!!」

そしたらお父さん、

「いいねぇ、いいねぇ、意味わかんないけどいいねぇ、進次郎!!」

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!
  


Posted by 昭和24歳  at 11:52Comments(0)

2019年10月02日

エレキ一代「古のサカヰレコード」

エレキ一代「古のサカヰレコード」

ビクターのエレキ現金正価13,800円

関東の奥まったこの地方都市にはベンチャーズもビートルズもそうはなかったし、もちろん「テケテケテケ」も。

僕らもその時代、世代の動物的感、嗅覚かロックンロールのエルビス・プレスリーやら、アメグラのポール・アンカ、二―ル・セダカ、デル・シャノン、そしてイギリスのクリフリチャード辺りを聴いてワクワクしていた頃だった。

もっとも、テレビでは「ザ・ヒットパレード」で飯田久彦、尾藤イサオ、内田裕也などが日本語に翻訳されたロックンロールを歌い、そのバックバンドが「寺内タケシとブルージーンズ」であったり、「ブルーコメッツ」であったりしていた頃だった。

今でも鮮明に憶えているのは、東京渋谷に住んでいた従兄の連れられて行った新宿南口、甲州街道沿いの、丁度、明治通りとの角にあった「新宿アシベ」。
そこで聴いたと言うか観たというか、「尾藤イサオ」の「悲しき願い」、ゲーリー・バートン、アニマルズのやつだ。
確かあれは昭和38年の夏だったか、、バックバンドが「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」だった。

内田裕也、フランツ・フリーデル、ミッキーカーチス弘田ミエコ、中尾ミエと、それらの歌手のバックバンドがその後の「田辺昭知とスパイダーズ」であったり、「伊藤敏道とリリオリズムエアーズ」ではなかったかと。
とにかくその当時はいわゆる「ロックバンド」の時代ではなく「ロック歌手」全盛の時代だった。
「新宿アシベ」に「池袋ドラム」は夏休みになるとよく、その従兄に連れて行ってもらった。
そうだ、新宿駅西口にあった、名前は忘れたが「ボーリング場」。それもその頃初めてボーリングと言うものをやった覚えがある。

「ダンスホール」。

当時高崎には「みゆき」そして「社交」、それにあとひとつあったようだが僕の記憶の中にはその「あとひとつ」はない。

僕は中学三年になると、エレキに夢中になってしまった。もちろんそれは夏休みに従兄に連れてってもらった「新宿アシベ」の影響やテレビの影響が大きかったに違いない。
しかし僕はその歌、歌手よりも「バックバンド」のエレキに夢中になっていた。

その頃からどうも僕は、僕の家からは徒歩10分くらいの所、嘉多町の「サカヰレコード」で怪しいサウンドがけたたましく流れているのが気になりだしたのだった。
というのもそのサカヰレコードの近くに同級生の小林君がいて、なんとその小林君ちにはステレオがあって洋盤のレコードが棚にびっしり納まってるではないか。
そんな小林君、詳らかではないが「花街の母」だったようでお母さんは三味線、端唄小唄のお師匠さんで洋盤を聴いてると奥の方で「チントンシャン」だったから、なんとも不思議な空間だったことを憶えている。
で、洋盤、小林君のお勧め、最初の曲がフランク・シナトラの「想い出のサンフランシスコ」、そしてブレンダ・リーの「愛の賛歌」。この2曲は今でもソラで歌える、「三つ子の魂」何とやらで。
すっかり洋盤アワーに酔いしれて小林君ちを後にするとその途中、嘉多町の交番を過ぎたところにサカヰレコードが。
店内を覗くと今まで見た事もないようなギターが天井から後光を射しながら吊る下がっているではないか。
平べったい板に鉄の弦の張ってある、しかも真ん中に何のためか得体の知れない長方形の光ったやつがついていて、それにラジオの摘みのようなものもくっ付いて、電気を付けたり消したりする時のスイッチがついている。

どうやらそれが、「エレキギター」だったのだ。テレビで見るそれで知ってはいたものの、クレージーキャッツの植木等が弾く分厚いギターとは大分趣を異にしている。
サカイレコードの店内にはなにやらそんなギターを抱えたアメリカ人らしいバンドのポスターが貼ってあった。

アストロノウツ「太陽の彼方へ」と書いてあるそのポスター。

「テケテケテケ――――ッ」

あの時の衝撃は今でも忘れずに焼きついている。あの音、そして臭いと言うかあの時の空気・・・
僕は居ても立っても居られない、欲しくて欲しくて堪らない。もう頭の中はその「エレキ・ギター」でいっぱいになってしまっていた。

僕は思わず店員のお兄さんに聞いてみた。

「あれ、なんですか?」

「あれか、あれはエレキ・ギターって言うんだ」

なんかいつもはダサイお兄さんなのにその時ばっかりはとっても「エライ」人のように見えたから不思議だ。

「このギターはな、これだけじゃ音がでないんだぞっ」

得意そうにお兄さんは僕を覗き込むようにそう言った。

「これはエレキ。要するに、電気で音を出すギターなんだからアンプって言うのが絶対必要なんだ」

〈電気ギター?なんだそれ?〉僕は思わず胸の中で呟いていた。

そのお兄さん〈ふん〉っといった素振で僕を無視するとその電気ギターを丁寧に磨き始めた。

店の中では「テケテケテケ―――ッ」があっちへ行ったり、こっちは行ったり。

その電気ギター「エレキ」値札には1万2千円と無情、無慈悲にも書かれていた。

なんでも糸巻きの部分に「G」と大きく書かれていた。

〈1万2千円か~、アルバイト半年分だなと、エレキは涙か溜息か、と思うしかなかった〉

家に帰ってテレビのスイッチを入れてみた。やっぱり「テケテケテケ―――ッ」と、やっているではないか。
寝ても覚めても「テケテケテケ―――ッ」どうしても欲しくて、欲しくてたまらなくなってきてしまった僕だった。

しかしサカイレコードのそれは「メーカー品」ばっかりで、ビクター、ナショナル、グヤトーン、テスコなんて云う高級品しか置いてない。
値札には、2万円前後が何れも付けられている。これでは、手も足も出ない。

そこで、月賦屋だったが「三和デパート」と云うのが八間道路の羅漢町にあって、そこには多分、今にして思えば輸出用の代モンだったんだろうけど7千円台のがあった。

早速、牛乳配達のアルバイト、親父もお袋も兎に角絶対反対だったが、こっちは欲しくて居ても立っても居られない。一ヶ月3千円のアルバイトだったか。
夜は、塾だと嘘を言って「音楽センター」でコンサート後の掃除のアルバイト、一回百円。なにせ、ラーメンが50円くらいの時代だから今なら、千円だろうか。

そうしてようやく手に入れたエレキギター。アンプはラジオを改造して親父の知り合いの電気屋に作った。
兎にも角にもあの「テケテケテケ」が不思議でしょうがなかったし、「ウウ~~~ン」と云うトレモロアーム。これも僕のには付いていなかったから全くの謎であった。

そうこうしていたある日何処で聞いたのか、マックスのバンドがエレキを弾けるやつを、と云うことで人づてに僕の所に十歳も年上の「水野さん」と云う人が誘いに来た。
マックスのバンドは元々「ハワイアン」で、水野さんの出演している「社交ダンスホール」のマネージャーがどうしても「アストロノウツ」か「ベンチャーズ」をやれということだったらしい。
もちろん「ダンスホール」なんて云うところは大人の世界か、不良の世界。学校にでもばれればどんなお咎めを受けるか想像すらできなかった時代だった。
そこで、当時、「太陽の彼方へ」とか「アパッチ」とか「ダイアモンドヘッド」を弾ける小僧が居ると云うので僕の所へ来たらしい。

それが「社交ダンスホール」。もう連日超満員で土日は芋の子を洗うよう。二十歳前後のお兄さんお姉さんが殆ど。その時僕は初めて「ヤクザ」(チンピラ)と云う存在を知った。「用心棒」って言うやつも。

それにしても世代世代で夫々それなりの時代があるものだ。世間は「受験戦争」だったけど僕はその戦争には徴兵拒否、非国民「一人平和主義」を貫いたエレキ一台(笑)。
夏休みは渋谷の従兄、タイル屋でアルバイト。一ヶ月5千円、仕事はきつかった、砂とセメントこねたのをバケツに入れて現場まで運ぶ。従兄が貼ったタイルを拭き上げる。それでも休みには「新宿ACB」だ。
そして夏休みバイトが終わって高崎に帰れば「三和デパート」のエレキがぼくを待っているのだ、と思うと頭の中であの「テケテケテケ」がグルグルと回り始めた。

そうだ、高崎に帰った僕にはコレとない吉報が待っていた。というのは「三和デパート」は月賦屋なので僕が狙っていたエレキ「7千」何某は月賦の値段だから現金だと「6千円」チョイ。
当然、中学生に月賦で売れるわけもないので親を連れて来いっていう話なんだろうけど、現金なら1割引ということだったらしい。

そんなこんなで15歳で弾いたアストロノウツ、ベンチャーズを・・・

僕のエレキ人生の始まり。まさか70歳の齢でエレキを弾いて「テケテケテケ―――ッ」ってやってるとはその時は想像もしなかった。  


Posted by 昭和24歳  at 10:22Comments(0)

< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ