2019年12月01日

昔日の面影

2008年05月30日
昔日の面影



つい昨日のこと...

「帝国は、日米和協の道を探求すべく、最後まで条理を尽して米国の反省を求めたにも拘らず」

対米開戦の大本営、日本政府の弁。
まるで今日の“北朝鮮の論調”ですね...そう思いませんか(笑)。

そして、 「遂には帝国の存立をも危殆に陥らしむる結果となる」が如き重大なる事態に到達したのである」。

その“帝国”とはいったいどんな形をしていたのでしょうか。
大政奉還。他勢を借りての“明治維新”と、“日清日露”の成り行きに...

木と紙の家に住み、丁髷に刀といった出で立ちのこの国の文明。
長きの鎖国も西洋文明の前には糸も脆く陥落は武士の面子も大和魂も糸瓜もない。
そこに及んで、“天皇”の存在、江戸庶民の生活とはなんら関係の及ぶことのない存在で そこに揚げ奉られた輔弼の天子様。
御歳、14歳。 それが近代日本の幕開け、夜明け前。

大日本帝国憲法にしろ、天皇の存在は“権力者”を邪魔するものではない。

“輔弼”あくまでも“輔弼”

「決死報国の大義に殉じ、もって宸襟を安んじ奉るとともに」

下手な講談師もそこまで言うかどうか(笑)。

ましてや、 「宣戦とともに、早くも刻々として捷報を聞く。まことに快心の極みである。
御稜威のもと、尽忠報国の鉄の信念をもって戦うとき、天佑は常に皇国を守るのである」。

しかし、守れなかった...

ことここに“皇国”を言われても半世紀も満たない歴史。
さぞや、徳川歴代将軍、いや、太閤秀吉、織田信長等々、 草葉で臍を噛むことしきりだろうに。

官僚云々、内務省による占領軍向け専用の管理買収施設を法制化。

時に官僚、 正力、後藤田、中曽根等々内務官僚はその時代、20代後半から30代若輩か。

皆さんならどうです?

占領軍が連日戦犯の名でパクリに来る。内務省解体前夜の若きキャリア官僚、よもや、今日の時代は想像しまい。

命在ってのものだね、嘘も方便、御身大切、さっさと官僚から足を抜き風見鶏よろしく占領軍に情報を提供、恭順の限りで今日の地位を得た。

それは、いつの世も変わらない。賢いヤツはどこまでも賢い。生き馬の目なんて平気で抜く。

仰る、 そのように取れるが、その“皇国”とやらの実態は砂上の楼閣。

「国民はあらゆる艱難辛苦に堪えてこの“天の試煉”を突破し、ここに揺ぐところなき東亜恒久の礎石を打ち樹てねばならぬのである」。

まさに“言うは易し行うは難し”その“皇国”の夢物語に続きはなかった。

「責任はメディアにもある」。

日米開戦、反省の反省、言い訳である(笑)。
責任はメディアなんぞにはない。一切の責任は国民にある...

それでなければ“民主主義”はない。

今日に至るも、“それ”を正しいと思いたがる風潮。

敗戦、占領、そのことが国民の意思なくして覆水盆に還ることはない。

誰のせいでもない。一人一人の国民がなにを、どう思うかにかかっている。

“SSS政策”

世界水泳、世界陸上にワールドカップ。

唯一世界に開かれたスポーツ“大相撲”。

把瑠都の金髪の大銀杏、そしてブルガリア、琴欧州の初優勝。なかなか捨てたモンじゃあない。

これが、“腐っても鯛”で、 和らぎの奥深さだろうか。

あの間が、あの“仕切りなおし”がこの国にも欲しいところだ。

昔日の面影

  


Posted by 昭和24歳  at 21:18Comments(0)

2019年12月01日

中曽根康弘大勲位の功罪?

失業保険泥棒



独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止だとさ“廃止”じゃあねえだろう大ウソつきが!!(笑)。



マスゾエネズミ男も甘利子泣き爺も官僚のパシリで、いかにも今回の大企業派遣切りを言い訳するかのように...
安倍内閣の時にもさんざ言われていた、独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止を今さら(笑)。

バカバカしい、なにが廃止だ“廃止”じゃあねえだろう!!

同じ厚労省所管の独法「高齢・障害者雇用支援機構」に統合させる。つまり同じ長屋の中を引越しするだけ、独法「高齢・障害者雇用支援機構」に統合させるてえことは、早い話が。

つまり独法「高齢・障害者雇用支援・能力開発機構」になるって言うだけのことじゃあないか!!

フザケルナだ。サラリーマンが天引きされる“雇用保険”、つまり“失業保険”から毎年「2,301億円」もクスネ、代々の厚生官僚が泥坊しつづけた...
国民、サラリーマンに断りなしに、当たり前のように法律を勝手に作って。

“失業保険”(雇用保険)、445億円を盗んで官僚の天下り施設として作った『スパウザ小田原』。
毎年、2億円の赤字を垂れ流し、失業保険から平成10年開業以来売却の平成16年までのたったの6年間で、累計“9億円”をドブに捨てた。

つまり、“官僚”という名の“大盗賊”は特殊法人「雇用・能力開発機構」という打出の小槌を編出し、雇用険料、いや、サラリーマンから天引きする“失業保険”から約4498億円もの巨費をぶち込んで建設した全国“2070”カ所の保養施設などを「1050円、1万500円といった二束三文で次々に売却」という蛮行。

一方、国民労働者は派遣切りで、この年末から、寒空に放り出される国民が数万人にもなろうとしている今日。
それだけではない、ここ高崎でも井上工業の倒産で関連下請け企業では失業する社員が数100人これまで、“失業保険”を天引きされつづけてきたサラリーマンには、いざその時には「半年間」だけだとか、四の五の言って当然の権利である“給付”を渋る「職業安定所」。

元厚生次官が“暗殺”された...

もう皆さんはお忘れだろうか?

“労働行政”を取り仕切っていた『労働省』っていうのがその昔あったことを。

いわゆる、“リクルート疑獄事件”!!



<東京地検に連行される江副リクルート会長>

今では涼しい顔をしている、求人情報誌の走りの“リクルート”だが、そのリクルートをめぐって、中曽根康弘、竹下登、宮沢喜一、森喜朗、渡辺美智男(渡辺善美の父親)、安倍晋太郎(安倍晋三の父親)、小沢一郎と当時の歴代首相、閣僚が、そして自民党の名だたる疑惑の代議士20数名が“未公開株”という賄賂を貰い、労働行政を無茶苦茶にした昭和63年の政官財を巻き込んだ一大疑獄事件に発展。

結果、竹下内閣崩壊で、ナンチャッテ宇野宗佑内閣(中曽根康弘の子分)だったが、こいつもスキャンダル(小指)で2カ月と1週間でお釈迦(笑)。

まあ、その意味では政治スキャンダル、疑獄事件のオンパレードだった昭和末期から平成初頭...
ま、今はと言えば、「元気がない」と言えばそれまでなんだけど、その分「官僚の悪さ」が際立つ(笑)。

当時の加藤孝労働次官、高石邦男文部事務次官をはじめとする高級官僚数名の逮捕、起訴。
そして政治家の中では中曽根内閣の官房長官だった藤波孝生が懲役3年、執行猶予4年という有罪判決。

つまりそんなわけで、大蔵省の“ノーパンしゃぶしゃぶスキャンダル”とか、労働省、文部省の“リクルートスキャンダル”、
厚生省の“医療施設スキャンダル”郵政省の“NTTスキャンダル”、運輸省の“道路公団スキャンダル”、出るわ出るわ!!!

そんなわけで、今のように各省庁、看板を付け替えた(笑)。

まあ、とにかくズルイやつらなんだ、政治家も官僚も、財界とかいう連中も。

そして今日の独立行政法人「雇用能力開発機構」が廃止だとさ!?

なんだが、はっきりって、盗賊国家!!

次官級、局長級、課長級、天下り、国民から天引きした税金で退官後の20年ほどで3億も4億も盗み、この期に及んで...

独立行政法人の統廃合って、いったいなんなんだ!?
廃止でいいじゃあないか、廃止で!!


なにせ、そんな独立行政法人に総額“12兆8千億円”の税金が盗まれている。

12月10日、公務員ボーナス平均が60万円、70万円は民間の倍だ。
特別公務員の年末、国会議員には平均が“330万円”だとさ(笑)。

県議会議員の平均が300万円前後。
市議会議員でも全国平均が100万円前後、なんで市議会議員、町村議会議員に?

全国の公務員ボーナス総支給額“2兆7千億円”


">高崎市議会46人、平均通りとすれば4600万円が。夏冬では市長の分を合わせるとなんと“1兆円”が税金から毎年...
これでは、市民国民には・・・・・“カネ”回りませんわなぁ(笑)。

上記の記事は「2008/12/11」、11年前。当時の高崎市議会46人で、平均通りとすれば4600万円が、ですが現在は38人、2017年データで、期末手当150万4800円 半年分だから新人さんも頂けるんでしょうか(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 09:56Comments(0)

< 2019年12月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ