2020年06月21日

高崎市議会「市長、新都市創造株式会社って?」

高崎市議会「市長、新都市創造株式会社って?」

古い話ですが...

高崎市議会、たった2日の一般質問で16日の伊藤敦博議員(共産党議員団)の質問の中で朝日新聞の記事ということで「新都市創造株式会社」とのご発言、そして菅田氏のお話が合ったものですから気になって。

さてその「新都市創造株式会社」の話が出たのが平成24年6月定例会(第3回)-06月15日-04号当時の宮原田綾香議員が突っ込んだ質問してました。

以下議事録抜粋です

・・・なぜかこの企画提案にかかわるプロポーザルの参加表明書がすべて平成23年12月7日付で提出されていました。そして、参加を表明した会社の数は4社でしたが、うち3社が辞退をされていたと、こういったことは特別委員会でも御説明があったかと思います。最後に残り、契約に至った企業の業務予定担当者の実績等や協力会社及び協力する個人の構成などを拝見したところ、辞退した一部の企業や役員の名前が記載されていました。これは契約に至った企業の登記簿謄本を見ても明らかなことだったのですけれども、つまり初めから参加を表明した企業の一部に相互関係が見受けられる。このことだけを見ても非常に不可解な印象を持たざるを得なかったわけです。平成24年1月18日に開催された都市集客施設調査特別委員会の会議録によれば、プロポーザルの1カ月前に設立された実績のない会社に任せて大丈夫ですか、ほかに参加表明した会社はどこですかという委員の質問に対しては、室長がプロポーザルのそれぞれの参加意思については、その企業さん、業者さんの意思ということでございます。その意思に基づいて企画提案書の提出がなかったとのことでございますので、その3社についてはこの席では控えさせていただきますとの答弁がありました。しかしながら...

ここでは金額の話は出てませんでした。その新都市創造株式会社は商工会議所ビル内にそんざいしたことは確認できたのですが。
https://ttzk.graffer.jp/corporations/5070001026462

ま、他の議員の質問は、不要不急の質問っていうか、今更コロナがどうしたこうした。そんなことより10万円は振り込まれたのか?

で、なんで議会が短縮なのか、聞かれちゃまずいことが満載なのか。

小中、児童生徒3万人に一台筒配布とかのタブレットパソコン、予算の都合で今回は2万人分って、いったい一台いくらするんだ?

普通に機能を絞れば、3万円、5万円。間で誰かが中抜きしなければそれくらいで済むだろう。

それとも政府の補助が出るとかで、政府がメーカー指定してくるのか(笑)。

どうでもいいが、一台5万円したとして3万人分、3万台X5万円=15億円、なんだ高崎財団の予算より少ないじゃないか。

ま、「高崎まつり」も中止だし、高崎芸術劇場もアリーナのイベントも中止、そっちの予算回したらいいだろう。

大体どっちが大事だと思ってるんだ。子どもの未来への投資と、芸術にかこつけてこの時期どんちゃん騒ぎできないのに予算付けって。

ま、市議会議員はこれで長期の「コロナ夏休み」ですか。市議会議員の皆さんには10万円は振り込まれましたか?

高崎市議会「市長、新都市創造株式会社って?」

  


Posted by 昭和24歳  at 14:27Comments(0)

< 2020年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 44人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ