2020年06月10日

小池百合子は元祖小沢ガールズ(笑)。

小池百合子は元祖小沢ガールズ(笑)。



自民党への挑戦だ」小池氏に都議反発
 「退路を断つのが私の生き様」「崖の下にパラシュートなしで落ちる覚悟」−−。自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)が6日、自民党東京都連の推薦可否の判断を待たずに都知事選への出馬を正式に表明した。自身に対する「包囲網」が狭まった状況を強調しながらも、都議会冒頭解散を公約に掲げて都議会自民党との全面対決を示した姿勢に、都連内には波紋が広がった。
<抜粋引用:毎日新聞2016年7月6日 21時31分>
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160707/k00/00m/010/098000c

>みんしんより自民がまともに見える。

とにかく「タマ」がない。

結局、小沢さんの指摘通り政権に就くのが早すぎた・・・・・
まあ、政治家の出番がないことを知らない、つまり、「官僚国家」です。
だって、官僚のドロップアウトが政治家ですから、櫻井翔パパはお見事でした。

「私はそんな器じゃあない」=「私はそんなバカじゃあない」

まあ、自民党も「タマ切れ」です。
善くも悪くも田中角栄元総理まででしたね。しかし、政治家が政治をやろうとするとああなります。
確かに金権政治だったが、じゃあそれにたかったのはどこのドイツってぇ話です。

まあ、田中政治は「金を作った」。消費税じゃあない、時代に即した徴税だった。
自動車重量税、ガソリン税、それらが高速道路を作り、新幹線を、ダムを作った。
つまり、集まった金が半端じゃあないから残った金も半端じゃあなかったんでしょう・・・・・
そしてその金を情実にあわせてバラ撒いた。
現下、政治家は全て私服する。まあ、大した金じゃあないけど税金だから始末が悪い。

まあ、小沢さんも「角栄のゼロックス」です。私服したかどうかは分からないが情実のない金だった。
まあ、金丸、竹下のパシリだったわけだし、気づいたときは遅かった。
つまり、限界を知ったんでしょうねぇ。その意味では今のどの政治家より「器」はデカイ。
しかし、とてもとても田中角栄には及ばない、足元にも及ばない。
僕らもそうだが、人間、経験したことがなければわからない、まあ、経験してないんだものわからない。

小池百合子さん、「竹村健一の世相を斬る」でキャスターでしたね。

小沢でなくて小泉についた「小池百合子」。
まあ、どっちが得か損かの判断でしょう、だって経験ないんだから。 いや、小沢さんも小泉さんも経験がない、ただの世襲。

今の日本は経験、体験のない政治家、門前の小僧習わぬ教を読む連中ばかりで、カネ勘定だけは習ったようだが(笑)。
だって、世襲、オキュパイドベイビーが全員65歳以上ですから、もはや。それでも、成り上がった奴、スガみたいのはいるが「地盤・カバン・看板」最初からあるやつは別として。まあ、そういう社会は非情です。

小池百合子は元祖小沢ガールズ(笑)。

  


Posted by 昭和24歳  at 07:23Comments(0)

< 2020年06>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ