2014年09月04日

内閣改造は「内閣贋造」

内閣改造は「内閣贋造」



何をする人たちでしょうか?
知らない人ばかり・・・・・


クローズアップ2014:安倍改造内閣 総裁再選へ布石 「石破封じ」ありき
 安倍晋三首相は内閣改造・自民党役員人事で、ベテランを取り込み「安定」を図る一方、自らに近い「お友達」も重用する布陣をとった。ただ、石破茂前幹事長の「閣内封じ込め」ありきで始まった人事は、総裁経験者の谷垣禎一前法相の幹事長就任が終盤までもつれ込む異例の経緯をたどった。首相は来年9月の党総裁選での再選をにらみ、消費税率引き上げの最終判断や中韓両国との関係改善などの懸案に取り組む。【念佛明奈、影山哲也】
<抜粋引用:毎日新聞 2014年09月04日 東京朝刊>
ソース:http://mainichi.jp/shimen/news/20140904ddm003010045000c.html



「内閣官房」はトップ官僚の巣窟(笑)。

いわゆる「政治」というか、おバカ内閣は行政の「サンドイッチマン」、雇われです。

それはあの政権交代の「束の間の夢」がそうでした・・・・・
内閣官房が全力で潰しにかかる、「検察」「警察」「国税」、そして「内調」とか(^^ゞ

まあ、若き血潮で米GHQ、CSと渡り合った田中角栄、官僚にその知恵も発想もないわけですからあの時代はそれはそれでよかった。
莫大な資産を築いた田中角栄はそのカネを政治に浪費した、そして「民主主義」をいうなら「集票マシーン」をオートメーション、組織化した。
それが、全国、「特定郵便局」いってみたら、現代の「ネット」です、通信をコントロールし、有利な預貯金金利でそこそこの地頭を束ねる、農協もそうだろう・・・・・

そのように「政治」が、魑魅魍魎とはいえあの戦後復興を、戦勝国と対峙して「日本」を創造した。

しかし、今太閤もそこまでで、実際が、あの当時の国際環境を見れば「日中国交回復」ある種「革命」、そして東南アジアへの資源外交はメジャーへの挑戦。

その後の政治は推して知るべしで、元官僚による「官僚政治」の跋扈。

それにしても、小沢さんはがんばたよねっ・・・・・・

政治のエポックを創造し続けた、「日本新党」そ創設とまあ、政党の粗製濫造だったけど国民大衆を巻き込んだ、それはある意味において「政治運動」。
しかし、自民党という「官僚組織」の別働隊はそれをコントロールするGHQ、CSに殺生与奪を握られながら一つの流れに病葉するだけ。

やはり、ついに国民は覚醒できなかった・・・・・・

小沢さん、頑張ったけど、スキャンダルで潰された。政権交代を遂げたにもかかわらず。

実は、「沖縄」もヘチマもない。米軍が沖縄を拠点とするにはそれなりの理由がある。
まあ、「冷戦下」まだだろうけど、つまり、「沖縄」は「空母」です。
そして世の中、その実態は、少なくとも経済的に発展した国家間では「戦争」はできない、そういう時代、環境です。
いわゆる、この東アジアというか極東にどんな有事・危機が生じるというのだろうか、有り得ませんね(笑)。
言われるところの「北朝鮮」はアメリカ合衆国の一部です・・・・・

まあ、「紙芝居」だってあそこまで見え見えなことはしません(笑)。

どこに、戦闘行為で自国民を拉致されて、それを「返してください」っていう交渉をする国がありますか?

まっ、いみじくも「専守防衛」を謳う日本国憲法でも、最初に襲撃されたわけだから当然の防衛手段として、国民の生命と財産は死守されるべきでしょうに。

わずか、この20年ほどでこの国の政治というか、それを含めた社会全般は極めて幼稚化、白痴化してしまった。

自分で考えることをせず、当然行動もせず、国民大衆は発展途上国並の「人権」、いろんな意味で。
当然、そこには「将来」も「未来」も何もない。
世の中、社会を構成する基盤が完全に崩壊してしまっている。小泉自民党政権で作った「商法・労働法改正」思い出して欲しい・・・・・

「働きたい時に働いて、学びたい時に学ぶ」

「いろんな働き方があって良い」

それが、時給800円、年収200万円、それが2000万人とも、3000万人とも言われる今日の国民生活の実態。
つまり、「生活保護」スレスレの収入ですから、逆に、医療費、教育費、社会保障費等々が減免される生活保護者よりも、それが許されない分、生活は苦しい。

そんな、生活に「将来」「未来」がありますか?

まあ、官僚、行政のやることはあの戦中から何も変わっていない・・・・・

戦中は、その年金基金は全部戦費に使い果たした。戦時債券も、昭和27年償還が敗戦で紙くず。
そして戦後の、厚生年金掛金も昭和50年代までにその殆どを公共事業と、官僚、自分たちの享楽に使い果たした。
まあ、官僚の言う計画通り、費やした年金基金がちゃんと利息つきで戻ってくるなら、その積立総額は400兆円とも500兆円とも。
それが全て、ゼロで、さすが、その後に残ったのが140兆円も取り崩しの連続で今や110兆円あまり。

「アベノミクス」、円安で株式市場が良好で年金基金も3兆円増とかだが・・・・・

その円安で、輸入物価高騰で「内需」はズタズタ、ガタガタだから、3兆円は藻屑(笑)。

まあ、今回の内閣改造も、世襲とおぼっちゃまお嬢ちゃま、そして成り上がりが3人ほど。

そして、「野党」という存在が完全に消滅した。

そらそうです、大政翼賛ですから、メディアもその実態を全く報じない・・・・・

そういえば、最高学府卒の閣僚、女性一人のみですねぇ。

まあ、政治家、バカバカしくてなり手がいないのが実情かもね。

で、地方議員もそうですね、兼業でなければやっていけませんし。

農業とか、保育園経営とか、会社役員、団体役員とか、他に収入のあてがないと・・・・・

兵庫県県議だった「野々村」先生みたいになっちゃいます。

だって、議員報酬「50万円」だってなんだかんだ引かれたら手取り30万円台ですから大変です。

まあ、派遣とかアルバイトよりはいいけど、雇用期間は4年限りだし(^^ゞ

まあ、ボーナスが余録でしょうか、それと、政務活動費とか。地方議員じゃあしれてるけど。

まあ、兼業だとすると、議員は「アルバイト」でしょうか(笑)。

内閣改造は「内閣贋造」

  


Posted by 昭和24歳  at 09:49Comments(0)

< 2014年09>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 13人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ