2020年07月07日

「長崎は今日も雨だった」前川奇兵

「長崎は今日も雨だった」前川奇兵
「長崎は今日も雨だった」前川奇兵

「長崎は今日も雨だった」を歌いながら「私は立候補はしませんよ」と聴衆を笑わせる。

確かにご立派なご身分なんだろう。東大法科卒、文科事務次官、そしてお育ちも。

いや、前川君、そこまで言うんなら政治家に立候補しなさいよ。もしかして政治家馬鹿にしてんのか?

いや確かに政治家になるとみんな馬鹿になるが、君の義弟、中曽根弘文も、甥っ子の中曽根康隆も、また妹の義父は故・中曽根康弘だ。

卑しい政治家になる資格は十分に持ち合わせているじゃないか。そんな君が「世間」を語るべきではないと思う。

実は20代のころ僕自身「夜の街」で仕事をしていた。

バンドマンだったがバンドマンもいろいろで、職人気質で責任感のあるやつもいればちゃらんぽらんなやつも人それぞれ。

ホステスにボーイもほとんどが「訳アリ」、しかしそれなりの覚悟をもってつかなければならない、世間の白い目も覚悟でね。

「夜の街」の生業はけして尋常ではないその世界。

今はキャバクラ、ホストクラブ、性風俗等々いろいろだが、今回の新型コロナの発症、実態は把握できてはいないものの報道ではその確率は高い。

それを承知しながら「夜の街」と、一方的に断罪するのはけして良いことではないが、「夜の街」の住人はそれを覚悟の上だろうし、感染することも、感染させることも承知の上だろう。

だとしたら、政治、行政がしなければならないことは生活の保障をしたうえで一定の終息を見るまで休業命令することだ。

つまり、そうでもしない限り「夜の街」も「永田町」も同罪ということになる。

前川君、政治家になって堂々と責任のとれる立場で意見を言うべきではないか。

都知事に立候補するべきだったのは宇都宮でもなく山本でもなく、「前川奇兵隊」、君ではなかったのか。

「長崎は今日も雨だった」前川奇兵




Posted by 昭和24歳  at 15:57 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
「長崎は今日も雨だった」前川奇兵
    コメント(0)