2018年05月23日

“若肉老食(パラサイトシルバー)”

“若肉老食(パラサイトシルバー)”


20代〜30代の若者のみなさん、
『貧乏』なのも、『結婚ができない』のも『自分の努力が足りない』せいだと思っていませんか?
それは大きな間違いです。
就職氷河期、ネットカフェ難民、内定取り消し、フリーター、ニート、
ワープア、ロスジェネ、パラサイト・シングル、派遣切り、年金問題、
介護問題、雇用グローバル化、後期高齢者医療制度、反若者マスコミ、
etc……。
現代の若者を追いつめるこれら諸問題の元凶は、『弱者であるはずの高齢者』にあったのです……。

嫌韓流ムーブメントを巻き起こした張本人である山野車輪氏が、
“若肉老食”社会(若者が高齢者に富や時間、労働を奪われる社会構造)の到来に警鐘を鳴らす渾身の一撃!
読了後には「高齢者は弱者である」という私たちの歪んだ認識が是正され、
若者の不遇な現状はすべて「強者である高齢者」のせいだったと気付かされること必至です!


>“若肉老食”社会(若者が高齢者に富や時間、労働を奪われる社会構造)の到来に

若者目線からはそういうことになるだろうね・・・・・

今では「隠居」という言葉は死語ですね。

僕の親父も55歳で国鉄を定年退職して60歳まで鉄道弘済会の売店で勤務。

60歳からはふたりの孫娘の世話とひなが、テレビとのお話(笑)。

そして73年の生涯を閉じた。

で、平成も終わろうとしている昨今のs「ニッポン社会」。

飯塚のドラッグストア「アオキ」がリニューアルして生鮮食品も販売。
スルメイカが一杯80円、さんまが一尾50円、大根はよそでは200円からするのが120円、長ネギは2本で125円、ま、+消費税8%。

でもいいんだが、これで生産者はどうすんの?スルメイカにしたってさんまにしたって漁船の燃料は、物流経費は野菜も同じです。
で、日銀だが、物価指数2%減だとか、つまりやることがちぐはぐ、アベコベ(笑)。

まあ、ものには適正価格がある。つまり、生産してそこでの労働者に適正な賃金を払う、それが戦後日本の経済発展、国力増加の礎だったわけです。
税金は高いけど車は「新車」を買って、ローンで家を買って、物品税を徴収されてピアノを買って、テレビを、諸々家電を買って。

そしたら突然降って湧いたように言い出した「大型間接税(1978年)」。

中曽根内閣からだろうか、国民生活は紆余曲折の中転落の一途。
そして平成元年、竹下内閣で消費税3%、橋本内閣で5%、安倍内閣で8%。その都度所得税減税、法人税減税で、実質日本政府の税収はプラマイ「0」。
挙句、今日、税収は減収で、社会保障費とかで今度は10%の消費税
つまり、一ヶ月20万円の消費をしたら2万円が消費税、実質18万円の買い物しかできないわけで、商売する方も20万円の売り上げが結果18万円の売り上げ。
そんなわけで固定経費のコストカットですから労働力はほとんどが非正規、アルバイト。いわゆる、そこは会社ではない「日雇い」「ニコヨン」。
まあ、「ヤマ電」の恐竜化で街の電気屋さんは一掃された。
「カインズ」が「セキチュー」ができて街から「自転車屋さん」が消えた。
「ユニクロ」「シマムラ」ができて街から用品屋さんが消えた。
「アピタ」ができて「イオン」ができて街からデパートが消えた・・・
しょうがないことなんだろうけど「街」は朽ち人は消え遊ぶ子供もいない。
その間、団塊世代Jrは「就職氷河期」そして「派遣村」「ネットカフェ難民」「非正規」、そんな彼らが40代になろうとしているその多くが平均年収200万円前後。
昭和50年代の平均年収。ところが物価は当時の倍、社会保障費、税金諸々も倍に。

どこか狂ってませんか、今のニッポン。

70歳以上の高齢者が3000万人超の中で700万人超が「貧困」だそです。
ま、俗に言う「自業自得」では済まない、その高齢者の貧困化。
で、その高齢者が現役世代だった頃の労働環境も大きく変化、彼らが社員として働いていた商店、工務店もない。当時はどんな小さな商店でも法人化されてたら「社会保障費」は労使折半。
「若肉老食社会」

どうなんだろ、その意味では政界も官界も、経済界も浮世離れしていてその実態とは程遠いところで生活している。
片や、若者の貧困、そして高齢者の貧困に実感がない野党ですらそうなんだろう。
昭和の多くの労働者が自動的に徴収されていた「社会保障費」、年金も「財投」という形で使われ、道路公団、住宅公団、石油公団、挙句は国鉄の破綻で全てが消えた。
いや、それどころかそれらの負債は未だ、「たばこ税」「酒税」挙句は「消費税」で払わされている。それが政府、財務省の言う「財政危機」だ。
田中角栄の時代、30年たったら「高速道路は無料になる」「原発で電気料金は限りなくゼロになる」だったが、どうだろ、高速道路は改修に莫大な費用が掛かり原発はその廃棄物の処理に今後数十兆円、電気料金は世界一高額に。

平成生まれが社会人になって久しい。平成元年生まれが30歳。

必死になって就活し、留学費用のためのアルバイトに市県民税の督促が来ていて娘は「パパこれ何?」大学3年生でアルバイトで年間150万円くらいか、某学院で講師。
そしたら2万円何某が娘の口座から預金差し押さえ。で僕が役所の納税課の担当に聞くと「不服があったら申し立ててください」と。 僕の娘のことだけど、笑っちゃいました。

そんな彼らから見た「元気な高齢者」はどう映ってるんだろうか。  


Posted by 昭和24歳  at 15:39Comments(0)

2018年05月22日

安倍首相は米政府の代理人

安倍首相は米政府の代理人


森友事件、海外では「アベゲート」と報道。米国なら大統領でも終身刑
骨抜きにされる「財務省」。その先に待つものは…

籠池夫妻が拘留されている大阪地検の特捜部に関心が集まっていますが、東京地検特捜部も、すでに捜査に動いているようです。大阪地検と東京地検は、水面下で連携しているものと考えられます。

東京地検特捜部の前身は、「隠匿退蔵物資事件捜査部」といって、米軍が日本を占領する際に隠した資産を探し出して、「アメリカさん、こんなん出ました」と差し出す役目を与えるためにワシントンによって創設された部署です。

この部署は検察庁法にも明確な規定さえない「鬼っ子的」な隠れ組織です。 つまり、東京地検特捜部とは、徹底的にワシントンの利益のためにつくられた組織なのです。

両地検は、刑事罰を適用しないよう慎重に捜査を続けていますが、それでも財務省の信頼回復は困難でしょうから、さらにもう一段、解体された後、名前を変えて出直しを図るでしょう。

ワシントンの目的は、地検特捜部を使って、財務省の持つ強大な権限をさらに制限することにあります。「大きなものは、小分けにしてコントロールしやすいようにせよ」ということなのです。

それは、財務省を骨抜きにして、日本政府に財政ファイナンスを踏み出させるためです。その先には、ハイパーインフレと預金封鎖が待ち構えているのです。

http://www.mag2.com/p/money/410045

どこまで行っても泥濘だね、ニッポン国・・・
田中派の首相、竹下、橋本、小渕はどうなった?


安倍首相は米政府の代理人


  


Posted by 昭和24歳  at 22:05Comments(0)

2018年05月21日

嘘だらけの政治なんだが・・・

嘘だらけの政治なんだが・・・


前川喜平前文科次官の講演会が人気だという。
YouTubeを覗くと確かに面白いし、何しろ官僚のトップだった人間の話だし、官邸に逆らって辞任した経緯、なかなか聞ける話ではない。
そして、いかに憲法が重要だかとか言うこともわかりやすく解説する。

つまり、憲法は国民の総意で、それは立法府、国会議員の作る「法律」の上位にあるんだとか。
現政権が法律改正した「安保法案」も憲法上は行使はできない、当然、アメリカ軍との集団的自衛権も不可能。
不可能であるがゆえに、防衛省も派遣先での戦闘がなかったことにし報告書を隠す。

で、前川喜平前文科次官なんだが、言うところの「護憲派」なんだろうが、氏の一方のファミリーは「自主憲法制定派」じゃあないのか?
つまり氏の妹君は自主憲法制定派の雄、平成の大勲位、中曽根康弘先生の子息、中曽根弘文参議院議員の奥方である。
そしてその子息もまた自民党衆議院議員中曽根康隆、その人である。
ま、それらの御身分の方々と前川喜平前文科次官と人格が違うと言われればそれまでなんだが・・・・・
そこに言う、思想とまでは言わないが180度異なる表現には一般大衆としては解せないところもあるのだが。

今度機会があったら前川喜平前文科次官、高崎市で講演会、やっては頂けないものだろうか?

ご都合よろしければ、義弟である中曽根弘文参議院議員、甥である中曽根康隆衆議院議員を交えて。

嘘だらけの政治なんだが・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 17:58Comments(0)

2018年05月20日

朝丘雪路さん死去

朝丘雪路さん死去


認知症も進み…朝丘雪路さん死去 体調急変 献身介護の夫・津川雅彦も臨終に間に合わず
 バラエティー番組の司会や歌手としても活躍した女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名・加藤雪会=かとう・ゆきえ)さんがアルツハイマー型認知症のため4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。夫で俳優の津川雅彦(78)の献身的な介護を受け、都内の自宅で旅立った。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。
<抜粋引用:5/20(日) 4:50配信 スポニチアネックス>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000004-spnannex-ent

雨がやんだら・・・

朝丘雪路(82)さん、認知症、逝去。

一つ一つ消えてゆく、ろうそくの炎。

「ズカ・ガール」だったんですね朝丘雪路さん(合掌)。

朝丘雪路さん死去
  


Posted by 昭和24歳  at 09:08Comments(0)

2018年05月19日

2018年05月16日

【高崎】高齢夫婦が無理心中か・・・

【高崎】高齢夫婦が無理心中か・・・


高齢夫婦が無理心中か 高崎 認知症妻の介護に悩む
 12日午前10時15分ごろ、高崎市昭和町のマンション敷地内で、同市柳川町の無職、今井稔さん(77)が倒れているのを住民の女性(80)が発見、近くの病院の職員を通じて119番通報した。今井さんはマンションから飛び降りたとみられ、その後死亡が確認された。

 一方、今井さん宅では同日午前11時10分ごろ、1階居間で妻の君江さん(77)が死亡しているのが見つかった。遺体には布がかけられ、顔から頭にかけて皮下出血があった。遺書のようなメモが残されており、高崎署は無理心中の可能性があるとみて調べている。

 今井さんは3月、認知症の妻の介護で悩んでいると同署に相談していたという。

<引用:5/14(月) 7:55配信 産経新聞>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000006-san-l10

そこは知人の住むマンション。身近にこういう事故、事件は心が苦しくなる。

他人事ではない。僕もカミさんが障害者になって10年、外出に車椅子は欠かせない。
気丈なカミさんはその不自由な体で家のことはほとんど自分でやる、がために行政の障害者認定も裁定は厳しいものになっている。
そして10年が経ち僕が70、カミさんが62歳とまさに「老老」の域に達している。

事件のように「妻」が認知症でその妻を夫が介護、これは想像を絶する世界だと思う。

今日、高齢者予備軍、高齢者、後期高齢者は2000万人余とも言われている。

ここ高崎市だけでも60歳以降の人口はおよそ11万人現役世代の4割を超えようとしている現実にあたるべき術は見当たらない・・・
新聞報道でもあと20年と待たずに日本一の限界集落と言われている県西部の山村は消滅の危機にあると。
「超高齢化社会」ということだけではもう解決しないのではないか、今日のそれは。
つまり、現状の福祉行政、その中核を成すのは40歳前後の「課長級」の行政マン。彼らにとってその「超高齢化社会」の生活は「SF」で、想像すらできない、空想することしかできない世界だろう。

そのことは僕ら団塊世代がその30,40代のころ僕らの親世代、戦前、戦中世代の老後など想像することはなかったし、どんな思いでその老後を生きていたのか思い馳せることはできなかった。
それはしきりに「第二の人生」という言葉で飾られていたように、年金生活を口にしていた僕の父親。もっとも僕の父親世代は「55歳定年」で、亡くなるまでのそのおよそ20年、どのような意識で生活していたのかを知ろうともしなかった。

まあ、その世代人口の分母が小さいせいもあったのかまさにその意味ではふたりの孫の世話をしながらの静かな余生であったようだ。
しかしながら、現代の「余生」はその分母の巨大さからもそこに見える風景、世界は一変した。

77歳のカップルが、伴侶、妻の「認知症介護」で、無理心中。

そこには想像したこともない世界、それも閉ざされた、他人にも、子どもたちにも言えない凄惨な時間が日を追うごとに増して行ったのかもしれない。
僕も買い物でカミさんの車椅子を押すときふとえも言えぬ不安が過ることがある。
そう、けして他人事ではない。それは明日の僕らなのかもしれないから・・・

【高崎】高齢夫婦が無理心中か・・・
  


Posted by 昭和24歳  at 12:35Comments(0)

2018年05月15日

新潟の女児殺人遺体遺棄事件と世相

新潟の女児殺人遺体遺棄事件と世相

これが世相です(笑)。
世襲も三代目ともなるとよく眠る。


先月、女子中学生連れ回し... 女児遺体遺棄 逮捕の男
新潟市で5月7日、小学2年の女子児童の遺体が線路上に遺棄された事件で、14日に逮捕された男は、女子中学生を連れ回した疑いで4月、書類送検されていたことがわかった。

警察は14日、新潟市西区で5月7日、小針小学校2年の大桃珠生ちゃん(7)の遺体を線路上に遺棄・損壊した疑いで、現場の近くに住む小林 遼容疑者(23)を逮捕した。

逮捕から一夜、現場周辺では、安堵(あんど)の声が聞かれた。

保護者は、「よかった、少し安心した」、「ひとまずほっとした。(孫も)ちょっと落ち着いたような感じ」などと話した。

警察によると、小林容疑者は、4月にも女子中学生を連れ回した疑いで書類送検されていて、早い段階から捜査線上に浮上したという。
小林容疑者は、容疑を認めていて、犯行当日は、会社を休んでいた。

警察は、午後に身柄を地方検察庁に移し、調べを進める方針。

<引用:5/15(火) 11:47配信 Fuji News Network>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180515-00392026-fnn-soci

「真面目で優しくて、近所では評判のいい子だったと。」小林遼容疑者(23)。

どこかで狂った歯車。

「真面目で優しさ」だけでは男にはなれない。
男はいくつになっても幼稚、稚拙。とくに配偶者の前では(笑)。

今の社会に限らずそうした犯罪は起きた。
僕が5歳の頃東京都文京区小学校のトイレ内で「響子ちゃん事件」(1954年4月)。
犯人は当時二十歳のヒロポン中毒者。
僕の小学校でも裏門が閉鎖され学校の塀には鉄条網が張り巡らされたのを記憶する。

世相は「55年体制」前夜で政治家は自分の損得勘定のことしか考えず、吉田茂(麻生財相の祖父)政権下国会は混乱状態にあったという。
もちろん、「60年安保」の成立を目前にした不安定な時代の中「造船疑獄」で佐藤栄作自由党幹事長の逮捕状請求と大変だったようだ。
そして国民生活は敗戦から10年、夢も希望もない塗炭の苦しみの中にあったんだとか。

今が、正しくそんな時代で今回の新潟の事件だけでなくそうした市井の生活者が理由のない殺人、近親者同士の殺人が起きている。
そして、僕の周りでも同世代も、若者世代も全く政治には興味を示さない。

テレビも見ない、新聞も読まないから今何が起きているのか、劇場的な北朝鮮のミサイル報道、トランプ大統領のツイッターですら興味本位でしかない。

いい例が、20年ほど前の大蔵省の接待事件では高級官僚7人が逮捕、起訴されている。
しかし今回の財務省、厚労省、防衛省の公文書隠蔽改竄、そのことは事件としては大蔵省接待事件よりも悪質というより国民にとっては恐怖さを覚える事件。

にも関わらず、報道もそのことを興味本位にしか報道しない。

昨日の国会、衆参予算委員会集中審議も緊張感が全くない。
野党もその政治力の質の低下、政府側は幼稚な舌っ足らずな答弁に終始。

社会の空気も無味乾燥、国民大衆も自分の日々の生活をいかにするかで汲々としている。
そうした中、その国民大衆に想像もできない事件が生まれる。

そのことは為政者の狙いでもある。

新潟の女児殺人遺体遺棄事件と世相  


Posted by 昭和24歳  at 13:41Comments(0)

2018年05月14日

日朝知恵比べ?

日朝知恵比べ?

アベちゃんに息子がいたら、
こんくらい?

拉致「すでに解決」北メディアが日本を非難

北朝鮮の国営メディアは、日本政府が拉致問題の解決が必要と強調していることに対し、「朝鮮半島の平和の気流を阻むもの」と非難した。

朝鮮中央通信は12日、日本政府に対し、「すでに解決した拉致問題を世論に訴えるのは、国際社会が歓迎する朝鮮半島の平和の気流を阻もうとする愚かな醜態」と非難した。

その上で、「全世界が米朝首脳会談を支持歓迎している時に、唯一日本のみが逆らっている」として、北朝鮮をめぐる対話ムードが高まるなか、拉致問題を提起し圧力を強調する日本政府をけん制した。

今月9日に行われた日本・中国・韓国の首脳会談の共同宣言にも拉致問題の早期解決が盛り込まれるなど、日本政府は関係各国に拉致問題への協力を呼びかけていて、北朝鮮はこうした動きに不満を示した形。

<引用:Nippon News Network(NNN)5/13(日) 0:56配信>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180513-00000001-nnn-int

ま、日韓併合は「パワハラ」でした(笑)
アメリカが日本を統治してるように・・・

日韓安全保障条約にしておけば日清日露戦争に勝利した大日本帝国は樺太(南半分)を領有し、満州、遼東半島を統治し、まあ、財政的には植民地経営は厳しかったろうけど、アメリカを見なさい(笑)。
日本を経済発展させアメリカ軍の占領経費を物の見事に日本政府に負担させている。
日中戦争だって、そら、軍人戦争したくてどうしょもないわけで進軍ラッパ吹き続けちゃうわけです。
ま、大陸進攻は関東郡の忖度か、首相案件とかですから、それに財界にケツ叩かれてね。

で、「天皇陛下のために死ぬ」とかいっちゃう命知らずですから天皇陛下に忖度しまくっちゃってシマ荒し・・・・・
つまり、英国、オランダ、ポルトガル、フランス領、しまいにはアメリカ領土のフィリピンまで襲っちゃうんだから、大和魂とかで。

で、ま、気がでっかくなっちゃって八紘一宇、建前は大東亜共栄圏なんだけど、脱亜入欧でヨーロッパ勢と喧嘩してたんじゃあお話になりません(笑)。
だから、満州まででよしときゃあ良かったんです。余計なお金使って進軍ラッパ吹かなくたって。
そら、満州でだっていざこざはあっただりうけどそら、いつの時代もおんなじです。結果、全財産叩いて戦争、原子爆弾2発も落とされて。
それを思うと、大日本帝国は韓国も満州も国ごと拉致したようなもんなんだから、そら、いつまでたっても「オトシマエ」つけろって凄まれ、ゴネラレル。

>「全世界が米朝首脳会談を支持歓迎している時に、唯一日本のみが逆らっている」

言われちゃってますね。まあ、ミサイルが飛んでこないから「拉致」を言うしかない。
かといって、直接言えないんですから。どうなるかわかんないけど時代は刻々と進んでいるわけです。
わが、安倍晋三閣下は自分の息子のような年格好の金正恩閣下(34歳)にこすられてますし(笑)。

日朝知恵比べ?
  


Posted by 昭和24歳  at 07:26Comments(0)

2018年05月13日

「セクシー個室ヨガ」の指圧マッサージ(笑)

「セクシー個室ヨガ」の指圧マッサージ(笑)


林芳正文科大臣(57)が通っていた「セクシー個室ヨガ」の指圧マッサージが違法だったことがわかった。 
林大臣については、4月16日の白昼に公用車で出かけたヨガスタジオ・PSYが、「キャバクラヨガ」と呼ばれる店だったことを小誌が報道。ヨガスタジオの経営者庄司祐子代表は、ブログやテレビで「健全なヨガのお店」と反論し、林大臣も「誠実にお仕事をされているヨガスタジオと認識している」とした上で「ヨガのレッスンと通常の指圧マッサージを受けた」と釈明していた。
http://bunshun.jp/articles/-/7304

>「ヨガのレッスンと通常の指圧マッサージを受けた」

「みんな国家資格は持っていません。保健所が来られて注意を受けました・・・」

賢者は賢い人のこと。愚者は愚か者のこと。

しかし「賢い人」には3通りある。

「悪賢い人」「ズル賢い人」、そして「賢い人」。

さて、今日為政にに携わる人たちは、その何れだろうか。
政治家、閣僚、官僚もそれぞれトップに地位に立つ「人格者」であろう人たち・・・
最高学府ともなれば国の税金で最高の教育を受け、米国のエリート教育機関に国費留学。

東大法科、ハーバード、ケネディスクール修了した文部大臣。
その文部大臣が「ポジティブスターヨガ」で公務中の合間に公用車で訪れ、2時間お疲れを癒されたとか。
料金なんだがメンズヨガ、パーソナルレッスン(個人)1時間1万1千円。2時間だから2万2千円。
因みにレディスヨガはグループレッスン、1時間3000円(笑)。
http://www.ps-yoga.com/index.html

ま、公務中に公用車で私用で「ポジティブスターヨガ」へ。運転手の給料どうなってるんだろうか?
まあ、細かいこと言うようだけど朝日新聞の報道によると6年前から通ってた、ということは安倍内閣で都合5年から公用車で、ま、賢者なんですね。

まあ、今の時代「神童」なんっていうのはスケートの「羽生選手」とかMLBで大活躍の「大谷選手」等のアスリートのみですね。
たしかに東大法学部に合格するような人はそれなりに神童、賢い少年だったはず。
それが卒業して政治家になっちゃうと、まあ、夜遊び三昧(笑)。

しかし、せめて官僚、その中でもキャリア官僚になるような人物はけしてそんなことはないと思っていたけど・・・
国会答弁、ヒヤリングなんかでのムチャクチャな答弁。

朝鮮半島絡みで韓国の文在寅大統領が、北朝鮮の金正恩委員長が、はたまた米国のトランプ大統領がノーベル平和賞とか言ってる最中に日本の体たらく。
まあ、ありえない公文書の改竄を政府が国民を騙してる、それを野党が四分五裂。
確かに物事には裏表はあるんだろうけど、裏だけしかないのが今の政治、政府。

どうするんだろ、米朝が表でもつるんじゃったら(笑)。

「セクシー個室ヨガ」の指圧マッサージ(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 08:00Comments(0)

2018年05月12日

>野党情けないです。

>野党情けないです。

船頭ばっかりで「師」がいない野党。
本来なら民主当政権誕生で「師」が生まれるべきだったんだが・・・
小沢ちゃんは凶状持ち、鳩山は元禄、菅は住所不定、野田に至っては怪人二十面相(笑)。

これじゃあ下が育つわけない。
ま、小沢ちゃんを上手く猿回しできなかった当時の民主党の船頭小唄、枯れススキです。

その意味では自民党だって同じでまあ、世襲です。どっから?

竹下あたりでしょうかねぇ、職業政治家一族ですから一足遅れた地方の名家、造り酒屋とか庄屋とか苦労したのは誰ひとりいない。
所詮政治の世界なんて任侠道ですから、あの人のためなら死ねるっていう「あの人」になれるような人物がいない。

ただひとりいたとすれば田中角栄だけ、まさしく石原慎太郎に言われなくても「天才」です。そう、それこそ・・・

「天才」

戦後復興に才覚を発揮し財を成す。言ったら現代の孫正義、極貧の中にいて時代にマッチしたんでしょう、まるで原子分子が融合するかのように実存。
堀江も政治に色気を出した、それが潰された原因だろうね、何でもアリの世界なんだろうから。

そりゃあねぇ、「師」がいなけりゃあダメですよ。
つまり、指導者がいないんだから、船頭ばっかりじゃあ船は進みません。

で、自民党も訳のわかんない「自民党力学」。

「岸信介の孫」っていう印籠なんでしょうねぇ。普通に考えてあの手が総理大臣なんてありえない。
喋り方見てたらわかるでしょう。どういう育てられ方をしてきたか。

>小学生が殺されたのが、痛い近頃です。

世間の空気が濁ってるんです。貧困です。
その6割以上が貧困だというのに浮世離れした政治・・・
このところの閣僚級の政治家の失言方言、振る舞いは末期症状です。

いずれにしろ社会を醸造する「大人」のそれが喪失してしまっている。
60,70年代のように昭和その汚れた空気を浄化しようという運動もな。
連合とかも御用組合に成り下大手に至っても労組組織率は3割。

民主党政権誕生前夜の「派遣村」「炊き出し」。本来なら今こそそれが必要なんだろうけど・・・
それが子どもの貧困、子ども食堂にまでなってしまっているに北朝鮮がどうしたって?

  


Posted by 昭和24歳  at 20:06Comments(0)

2018年05月09日

文化の違いだろうけど(笑)

文化の違いだろうけど(笑)

王様の靴で水を飲む・・・

イスラエル、「靴のデザート」で物議=安倍首相との夕食会で提供  
【エルサレム時事】安倍晋三首相のイスラエル訪問時に同国のネタニヤフ首相との夕食会で出されたデザートが物議を醸している。公邸料理人が作ったのは、紳士靴の形をした金属製容器にチョコレートを入れたデザート。イスラエルのメディアや市民からは、屋内で靴を脱ぐ日本の習慣を取り上げるなどして「非常に失礼だ」との批判が出ている。

〔写真特集〕エルサレム旧市街~3大宗教の聖地~

 安倍首相は今月1~2日、イスラエルとパレスチナを訪問。帰国直前の2日夜には、ネタニヤフ首相とサラ夫人が、エルサレムの首相公邸で、安倍首相と昭恵夫人を招いた夕食会を開いた。
 イスラエルで有名シェフとして知られる公邸料理人は、写真共有サイト「インスタグラム」に夕食会で出したデザートの写真を投稿。ユーザーからは「イスラエル人として恥ずかしく思う」「謝罪すべきだ」などとの非難の声が寄せられた。
 イスラエルのメディアによれば、料理人は「両首相・夫人は食事、特にデザートを喜んでいた」と反論。イスラエル首相府は「食事の内容は事前に承認したわけではない。彼の創造的な料理の一部だ」と説明した。
 一方、在イスラエル日本大使館は「ネタニヤフ首相が主催した個人的な夕食会なので、大使館としてのコメントは差し控えるが、総理夫妻は夕食会を楽しまれたと聞いている」と述べた。

<引用:エルサレム時事 2018/05/08-06:33>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050800188&g=pol

>「イスラエル人として恥ずかしく思う」「謝罪すべきだ」などとの非難の声が寄せられた。

ま、そもそも日本に「靴」の文化が始まったのは明治維新以降だろう。

そら、靴に食べ物を入れて食わせるなんて変態です(笑)。

そういやあ、回転寿司じゃあない寿司屋は「下駄」かいって、幅八寸の下駄のような歯のついた台があるけど。

そうそう、鮨屋の下駄の素材は「ヒノキ」で抗菌効果があるとかでまあ、生ものを載せるにはそうしたkとからもらしい。

で、ヒノキのカットは「柾目」だそうです。木曽の方で取引のあった建材屋さんが言ってた・・・・・

「柾目は温度を一定に保つ効果と、その抗菌効果から昔から炊いたご飯を入れる「おひつ」とかも。

そういやあ欧米っていうか、キリスト教文明はサンタクロースも靴とか靴下とか・・・・・

靴だって動物の皮引張がして作るわけだから、どっちにしたって、イメージとしては不浄です。

まあいずれにしても臭そうですね「靴」に盛り付けって。

>屋内で靴を脱ぐ日本の習慣を取り上げるなどして「非常に失礼だ」との批判が出ている。

ま、非常に的を得た意見ですね、イスラエルの普通の人。

強いて言うならそれは習慣というより高温多湿と冬は低温気候から生まれた日本列島に住み始めた古代人からの生活の知恵。

で、高床式とまでは言わなくとも家に入るには普通に1メートル近い段差があった。

ま、外の汚れを持ち込まないためにも、そういう工夫が普通だったんだろうね。

でもアレです、20代の頃のバンドメンバーなんて経堂の一軒家に住んでたんだけど、純和風、一戸建て。

だけど、全室畳にカーペット敷いてそいつもカミさんも靴のまま上がっちゃうからもんのすごく臭い(笑)。

文化の違いだろうけど(笑)


  


Posted by 昭和24歳  at 13:46Comments(0)

2018年05月08日

PLANET OF THE ABES

PLANET OF THE ABES

↑これ、2000年後だって・・・
1億年経っても金正恩閣下、いうことにゃ、
北朝鮮の生地には一歩たりとも


「大同小異」(ドングリの背比べ)
ま、あの民主党政権、そんなのあったけなんて言わないでね。
っていうか、「自民党」すら知らない有権者世代いるわけですから、政治家、官僚が何したって、改竄したって、政治資金でヨガ行ったって、セクハラしたって「セクハラ罪」っていう罪はないっていう元総理、現副総理、財務大臣がいるわけだからそんなもん、区別付きませんねどういう「APES}か。

で、大塚と玉木の国民民主党、昔の名前です(笑)。
ありましたねぇ、敗戦、終戦後雨後の筍、国民は塗炭の苦しみに喘いでいる中政党ごっこ、政治ごっこです。
ま、立憲とかもおんなじなんだけど、わざと国民にわかりづらい党名にして政治へと感心を薄める。敗戦、戦後がそうでした、間抜けな政府のせいで殺された下々国民300万人余。
国民にしたら米びつ空っぽで、食うや食わず、そんな時「政治」だものいい気なもんです。
そんな世相を嘲るかのように政党が雨後の筍です。
この中に現政権の先々代の爺さん、親父さん連中がいるわけ。吉田茂、岸信介、佐藤栄作これ兄弟です。田中角栄、福田赳夫、河野一郎、岸田、林、鈴木、梶山・・・etc

こんなにあったです、わずか10年の間に↓
日本自由党 (1945-1948)、民主自由党(1948-1950)、自由党(1950-1955)、新自由党(1948-1949)、日本自由党 (1953-1954)、日本進歩党(1945-1947)、民主党(1947-1950)国民民主党(1950-1952)、改進党(1952-1954)日本民主党(1954-1955)、新党同志会(1953-1955)・・・

ま、戦後です。戦中の閣僚級国会議員、軍官僚は東京裁判で投獄粛清され、言ったら残りカスでした。
まさに弱肉強食、生き馬の目を抜く時代、まさに風見鶏で、大きな風GHQを上目遣いに眺めながら超インフレ、物資不足経済に匂いを嗅ぎわけ高度経済成長、笑いが止まらないですね。一族郎党。
今日が全く同じです。

第二の敗戦。どうなるか行方は分からないが朝鮮半島の和平。

実は他人事ではない、あそこはその時代「日本(植民地)」だったんだから。つまり、日本つまり、今の韓国人も北朝鮮人も「日本臣民」、しかし日本の敗戦で朝鮮動乱が始まり朝鮮半島は南北に分断され北は旧ソ連、南はアメリカが日本から奪い取り統治。
そこから70年余、休戦であれ、アメリカと北朝鮮は未だ「戦争状態」にある。

ま、日本は蚊帳の外とか言われてるが。蚊帳の外は自民党内閣、ABE政権だろう。
日本政治(官僚も)の時間軸は1945年8月で政治的にはストップしている、ここでもし南北融和から統一にまで行ったらそこが、1945年の朝鮮半島の開放が解放される。そこでその前にアメリカの統治が終了するのかも知れない。

まあ、当然、朝鮮半島の利権は、経済的にも軍事的にも「米・中・露」で分配され、日本はその朝鮮半島の経済発展に資金供給を迫られる。
どうなんだろ、つまり日本と南北朝鮮は戦争してはいなかった。
それより何より、南北朝鮮は「日本」だったんだから。
政府は、その歴史的経緯を国民の教えない。だから国民はその歴史的事実の認識はない。それは、朝鮮半島それぞれの政府が「反日・敵視」教育をするのと同じでその意味での半島国家には無関心にならざるを得ない。

今日の「拉致被害」なんだが、けして北朝鮮による拉致をいうわけではないが、日本だった朝鮮半島の指導者が「日本人を拉致する」。
世界最大のアメリカ軍基地のある日本列島は「戦争状態」にある北朝鮮にとってはいわゆる「敵地」にほかならない。
そうは言っても、被害者家族にしてみれば確かに赦しがたいことだが、日本政府から民族の自尊を奪われ、日本へ、徴用工として制度的に連れてこられた「半島日本人」、彼らのプライドは砕かれた、ということだろう。

そこへの怨嗟を考えれば、もうひとつの「アメリカ」である「日本」は、日本政府は国民を巻き込むことなく韓国と同じに北朝鮮とも国交正常化を本気で取り組まなければならない。

PLANET OF THE ABES
  


Posted by 昭和24歳  at 21:45Comments(0)

2018年05月04日

米ギター老舗ギブソン、破産申請

米ギター老舗ギブソン、破産申請



 【ニューヨーク時事】米老舗ギターメーカーのギブソン・ブランズ(テネシー州)は1日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。

 債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

 ギブソンは1894年創業。同社製のギターはエルビス・プレスリーやB・B・キングら多くの著名アーティストに愛用された。

 米メディアによると、音響機器メーカーのティアックなど近年の相次ぐ買収で債務が膨らむ一方、販売は伸び悩み、経営が悪化していた。負債額は最大5億ドル(約545億円)に上る。

<引用:5/1(火) 23:56配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000141-jij-n_ame

経営の多角化で業績悪化とかだが、本業が悪化してるからよそに手を出したのが失敗の原因だろ。
ま、アメリカでも団塊世代、第二次世界大戦の終了でいわゆるベビィブーマーがいたわけで、60年代にアメリカの黄金時代です。唯一の戦勝国ですから。

そもそもアメリカにはカントリーだのジャズだのと楽器市場はあったんだけど、そらバンドの中の一部でジャズなんかだとギターはあまり必要とされなかった。せいぜいがピックギターでコードをジャカジャカするだけ。カントリーだって主役はバンジョーとかフィドルでそれがフォークソングに発展してもピート・シガーとか、基本はバンジョーの弾き語り。

そんなわけでベビィブーマーがハイスクールに通い出す頃にヴェンチャーズ、アストロノウツのいわゆるエレキギターだけのエレキバンド。そこに火が付いたわけです。
で、ご案内のギブソンはフルアコのピックギターにマイクをつけたやつでオジさん御用達。そこに目をつけたのがジャズマスターとかのロカビリーなんかで使われていた「フェンダー」だった。で、ヴェンチャーズなんかは最初はジャズギタリスト用に開発されたジャズマスターとかでテケテケやってたけど1954年「ストラトキャスター」登場でテケテケ。
もっとも多分、カントリー出身のノーキーさんなんかはテレキャスターの方が良かったようだけど。

で、「老舗ギブソン破産申請」とかなんだけど、やっぱりアメリカ人の感覚でのモノ作りは大変です。暴露しちゃうとギブソン・レスポールのハイエンド物のネックは松本のちいちゃな工場でした。もう20年前の話だけど。で、ピックアップ(マイク)も製造は某松本の零細企業。そしてブリッジ、ペグと言われてる部品も群馬県の某市の中小企業。

そんなわけでトランプ大統領がアメリカ製品を買えとか言っても純粋なアメリカ製品はないわけですから無理難題ですね。
僕も34歳の時からドサ回りの仕事辞めて、ドサ回り仲間の米国、LAでリペアショップやってた友人(中国系)の誘いで「シェクター」というエレキギターメーカーを手伝うことになった。友人はシェクターUSAで、僕がシェクタージャパンでスタートしたんだが。

実はそのシェクターアメリカでは経営に行き詰っていて某投資家に買収され、経営方針が変わっちゃってこれまでの部品は必要ない、で、それを全部日本に持ってきて東京、恵比寿でシコシコ組み立てて全国「エレキの行商」でした(笑)。
まあ、そこそこ売れました。しかし、途中、オリジナルの部材がなくなりネック、ボディはご案内の某松本のちいちゃな工場で仕入れた材料を持込加工してもらい、塗装も同じく松本の塗装工場で。

で金属パーツは原材料としてはかなりあったので群馬の某金属加工工場で仕上げ恵比寿に持ち帰って組立。そのうちにオリジナルのピックアップがなくなり、っていうかもう肝心のアルニコの磁石と線材が手に入らないということに。で、元シェクターの技術者だった某氏にオリジナルに近いようなサウンドが出せるピックアップの製造を依頼、それが一時、知る人ぞ知るの「モンスタートーン」。

しかし、1995年金属パーツのブリッジ、サドルの材料も底をつきオリジナルなシェクターを作ることができなくなった・・・
ショックでしたね。シェクターでの最後の仕事が「ラモーンズ・モデル」の生産でした。
これも大町にあった(現在?)モズライトジャパンの下請け工場に依頼して。そして量産品は韓国でということでソウルまで飛んで。
まあ、韓国は韓国で抜け目がないっていうかそれをそっくり対岸の中国の工場へ丸投げでしたから出来上がったものが注文したものと全く違う仕上がり(笑)。

アメリカもそうだけど「いい物」は作れませんね。売れたと思うとすぐにメキシコですから。しかし戦後、日本はエレキもフォークギターもアメリカの下請けだったけどアメリカ製のものよりいいものを作っちゃった。そのモノ作り精神は現在の松本等下請け中小零細企業にも脈々と受け継げられています。

投資家でもありシェクターのブランドホルダーから一言・・・

「ナベ、オマエの仕事は終わった」と。

「ギター弾きにギター作らせたのがまずかったかな」とも。

1996年4月、僕の仕事は終わりました。

ギブソンも、いよいよギブソンが作れなくなったのかもしれない。

エレキはエレキ少年の夢を叶えるのが仕事なんだから・・・

米ギター老舗ギブソン、破産申請
  


Posted by 昭和24歳  at 12:14Comments(0)

2018年05月04日

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)

みなさん、こういうケシカラン輩に・・・
私は負けるわけにはいかないんです!!


【憲法記念日】群馬でヒトラーを模した安倍晋三首相のコラージュ画像が映し出される 俳優の宝田明氏、元朝日記者が講演
 憲法記念日の3日、群馬県高崎市の群馬音楽センターで、「第34回5・3憲法記念日集会」(5・3憲法記念日集会実行委員会主催)が開催された。

 集会では、「ゴジラ」などの映画出演で知られるベテラン俳優の宝田明氏と、元朝日新聞記者で市民団体「九条の会」世話人の伊藤千尋氏が講演した。

 84歳の宝田氏は満州・ハルビン出身。「俳優として人間として」と題した講演で、自身の戦争体験を振り返り、旧ソ連兵に銃弾で撃たれた体験などから、「ソ連という国全体を否定してしまう。戦争は憎しみしか残らない」と述べ、「旧日本軍も同じだ」と続けた。

 さらに、現職の国会議員のほとんどが戦争を経験していないとしたうえで、安倍政権の目指す憲法改正について、「しゃくに触る。私は怒っております」と語気を強めた。

 伊藤氏は「(憲法)9条は世界に広がっている。9条をほしがっている人が世界中にいるかもしれない」と話した。

 壇上のスクリーンには、安倍首相をヒトラーに模したコラージュ画像が映し出して、安倍政権を批判する場面もあった。

<引用:産経新聞 2018/05/03 22:>
http://www.sankei.com/politics/news/180503/plt1805030057-n1.html

なんだ、また朝日と産経のサルカニ合戦ですか(笑)。

まあ、アレです。憲法九条とかだって日本が戦争に負けたからです。

ていうか悪徳高利貸しにそそのかされて日清日露戦争やらされて二足三文にもならない領土を・・・・・

挙句、アメリカとの戦争に負けて侵略とか言われて、ただ欧米の真似しただけなのにね。

で、ときの大日本帝国なんだが、喧嘩始めるのに手仕舞いを全く考えていないで精神論、武士道とかだから国民たまらない。

まあ、現代、今も一緒です。財閥のお先棒かついで国民からかっぱいだ金をせっせと世界中にばらまく。

朝鮮半島だって満州だって、ま、当時の技術じゃあ掘ったってなんにも出てこやしない。

かといって、強欲な欧米資本みたいに植民地して原住民を奴隷まがいにこき使って略奪なんてできないお人好しニッポン(笑)。

ま、政治家も官僚も内弁慶だから自国民のケツをひっぱたいて外国に貢、見返りなんてありゃしない挙句が核ミサイルです。

まあ、アレだ。今だって政治家と官僚がグルになって嘘八百、あったことをなかったことに、なかったことをあったことに。

だからねジャーナリズムってぇのもいい加減で、左も右もエンドレス。

一番悲惨なのは「宝田明さん」じゃあないけどあの時代、満蒙開拓に駆り出された人、満蒙で生まれた人たち。

ま、内地だって広島長崎、東京大空襲と「神州不滅」とかホラ吹いていた軍官僚だけが安全地帯にいて「突撃!!」だもの・・・・・

挙句、本土決戦、「一億総火の玉」トップクラスの官僚が言ってるんだもの、ま、今もおんなじです。

つまり、あの戦争、敗戦で焼け太りした一族が今日の日本の中枢ですから、彼らにこの国を守れるわけがない。

「高崎で安倍ヒトラー」そら、ヒトラーに失礼だろ(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 09:53Comments(0)

2018年05月03日

やっぱり安倍は蚊帳の外

やっぱり安倍は蚊帳の外


北朝鮮との国交断絶を評価 首相、ヨルダン国王と会談
 ヨルダン訪問中の安倍晋三首相は1日昼(日本時間同日夜)、首都アンマンのフセイニーヤ宮殿でアブドラ国王と会談した。首相はヨルダンが1月に北朝鮮との国交断絶に踏み切ったことを評価し、両首脳は北朝鮮が「完全な非核化」を実現するまで最大限の圧力を維持する方針を確認した。

 首相は南北首脳会談など最新の北朝鮮情勢を伝えたうえで、「中東が抜け穴になってはいけない」として圧力維持を呼びかけた。国王は「日本の立場を支持する」と応じた。

 首相は、ヨルダンが約130万人のシリア難民を受け入れていることにも言及し、「ヨルダンの安定は地域の安定に不可欠。ヨルダンの社会的、経済的安定を確保し、発展を後押しするため、引き続き可能な限りの支援を行っていきたい」とした。国王は「シリア難民を受け入れる地域への支援は、社会の強靱(きょうじん)性を確保する上でも死活的に重要だ」と謝意を表明した。両首脳は、中東和平の実現に向けて、イスラエルとパレスチナが共存する「2国家解決」をめざすことを確認した。

 首相はこれに先立ち、ヨルダンのムルキ首相とも会談。ヨルダンのシリア難民受け入れ地域での廃棄物処理機材の整備計画に約16億円の無償資金協力を行うことを伝えた。

アンマン=高橋福子2018年5月1日21時09分
https://www.asahi.com/articles/ASL5151ZFL51UTFK00N.html

>北朝鮮との国交断絶を評価 首相、ヨルダン国王と会談

そんなこと、軽々に言っちゃっていいんだろうか(笑)。

ま、金王朝はしっかりと帝王学を学ばせてるわけです。

その意味では金正恩労働党委員長、帝王として報道では残虐極まりない面もみせて、

一方、今回の南北会談といい、核の完全廃棄といい、言葉通りには受け取れないにしてもだね・・・・・

そら、韓国の大統領だって、その生い立ちからただものではない、おそらくサシでは勝負になりませんね安倍帝王。

だって、出自は「敗戦」から始まってるんだし、当然、帝王学なんって受けてるはずもない、多分ね。

政治力学から言っても、ノンキャリで官房長官から突然内閣総理大臣っていうのがそもそもおかしい。

ま、その意味では安倍首相の祖父は「A級戦犯容疑者」からなんの事情なのかは知らないけど無罪放免されその8年後に内閣総理大臣に。

しかし、こうも代わるものがいないという自民党も珍しいけど、未だに一枚岩になれない野党にも呆れますね

やっぱり安倍は蚊帳の外
  


Posted by 昭和24歳  at 11:11Comments(0)

2018年05月02日

八間道路物語

八間道路物語



どうやらこの町は秀吉、“関白宣言”の最中・・・

16世紀の半ばに箕輪城から「高崎」に城が移築された頃からが始まりのようだ。
その「高崎」は東は現在の弓町、羅漢町辺りまで。北は赤坂、南は新町、若松町までのところだろうか・・・
西に烏川を背にした「高崎城」。正式な呼称が何であったかは咄嗟には浮かばないが、それを「和田城」とも聞く。

古い地図を見ると面白い。どうも今の「レンガ通」辺りに「県庁」があったらしい。もちろん、廃藩置県の時代「熊谷県」と、ここ群馬を呼んだ時のほんの僅かな時代だったようだが。

「高崎」の町は町名からしてもその「古さ」が良く分かる。鞘町、紺屋町、鍛冶町、九蔵町、弓町・・・などとその城下町の様が窺える。
その辺りには幾つもの「寺」がひしめき合うようにして瓦の波が連なる。
今にして思えば、この「高崎」と言う町はその戦国時代の古か、「寺」だらけ、「墓」だらけの町だったようだ。

八間道路の「夜店」

その昔、渋川までの「ちんちん電車」が走っていた田町通から、弓町の四つ角までの道幅が「八間」・・・・・・
そこから「八間道路」と呼ばれ、大正、昭和と栄えたと聞く。元々は「大類里街道」をそう呼んでいるようだ。
その昔には荷車が行き交う程度の小路だったようで、その名残は平成の再開発でほとんど消えてしまたっが、東二条通りの交差点付近に僅かにそれをとどめている。

いつの頃であったかは定かではない「夜店」・・・・・
僕のそれは昭和30年前後。

僕が物心ついた頃にはその「八間道路」、夏の風物詩として「夜店」が子供心を躍らせた。
もちろん、テレビなんぞはなく、映画館でさえ東小学校の校庭で夜間に上映された時代の話。
それは「法輪寺」の門前を中心に、露天が縁日の賑わいを創っていた。

その時代、それぞれの家にまだ「風呂」などと言うものはそうはなかった・・・・・
あの界隈だけでも「銭湯」が、旭町の「東湯」、屋号は忘れてしまったが、山田町と椿町の「椿湯」。
それに「八間道路」北通町にも大きな銭湯があった。戦後、間もない昭和30年の始まりの頃その「銭湯」でさえ贅沢だったのかも知れない。
もっぱら僕らは、タライ行水を浴びて、短尺帯の浴衣を着せてもらい母に手を引かれ行った・・・・・

定番の金魚すくい、ヨーヨー、綿アメ、それに多分5円くらいだったか木箱の中で「飛行機」の回るクジ。焼きそば、お新粉細工、アメ細工・・・
ハリガネ鉄砲を器用に作る小父さん、木の鉄砲・・・カーバイトの灯りの下で焼く「焼き饅頭」。
極めつけは、法輪寺の境内で開かれる「のど自慢」と、どう言う訳か「ボクシング大会」・・・・・etc

兎に角、その「八間道路」弓町の交差点から先は、東、北と戦前から工業地帯。
開かずの踏み切りには、まるで問答無用のように「SL」が怒るようにして往来していた。
その辺り、満州帰りやら、復員のニイサン、小父さんが朝に夜にけたたましく口角泡を飛ばしていた時代であった・・・

その時代、労働者の足と言えば、もちろん「自転車」・・・それさえも贅沢な時代だったか。
サラリーマンの月給が1万円台の頃の話だから差し詰め「バイク」の値段だ。僕も自転車を覚えたのは親父の通勤用、「自家用自転車」の「三角乗り」からだった・・・・・
駄菓子や華やかりし頃の夜店の時代にはやはり、ベーごま、ビー球、面子と遊びに事欠くことはなかった。

ふと気づいた時には、そんな「夜店」の風物も消えてしまっていた。

そんな中、もう一度どうしても食いたいのが「ボタンキョウ」。薄汚れたガラス瓶の中にプカプカ浮いた奴・・・・・
最後に食ったのが昭和50年の夏。
真夏の定番の駄菓子で「スモモ」といったかも知れない。真夏には駄菓子屋ばかりではなくどこのプールの売店でもそれは売られていた。

僕が小学校のころの当時はどこの学校にも“プール”などという贅沢なものはなかった。
高崎には3つの市営だったんだろうか、そんな贅沢なプールがあった。

小学生専用プール。通称「小便プール」と呼ばれていた『中央プール』今の市役所庁舎のあたりだろう。
ちょうど、二中と三中の間の奥まったところにあった。
中学生、高校生専用プールは『昭和プール』。それは古久松材木の製材工場の裏手にあって、高校生のプール教室などにも使われていた。
そして、今でも残っているのが『城南プール』で、ここは競技用プールで、当時は中、高の水泳部専用のプールの趣をなしていた。

どこにでもありそうな「町」・・・・・

それが「高崎」かも知れない。

でも僕にとっての「高崎」は、世界でたった一つの「高崎」なのである。



僕の横丁には駄菓子屋が数軒あった。東小学校、東二条通の八間道路から高砂町五本辻の300メートルほどの間。
高砂町下には、山盛、長井、長谷川、戸塚とあった。入り組んだ町名に、九蔵町の中村、弓町の栗原、神田・・・・・
その中でも完全に駄菓子屋と言えるのは、山盛、長井、栗原だったろうか。

山盛は、模型専門。模型とは言っても竹籤をセメダインで貼付け、障子紙を翼に貼り、竹のプロペラをゴムの動力で飛ばす奴。
山盛は、どう言う訳か小父さんも小母さんも無愛想で、子どもには人気が無かった。それでも、初めての少年マガジンはそこ、山盛で買った。
長井は、山盛とは二軒長屋続きですぐ隣にあった。もともとは、下駄屋を商っていた。
もっぱら低学年の子どもたちは「長井」で買っていた。
冬には、「お好み焼き」もやっていて・・・小母さんも面倒見が良かった。
今はその二軒とも、往時を偲ぶものは何も無い。

「ビー球、メンコ、ベーゴマ」はみんなそこで買った。
雨が降ればその横丁の軒先でベーゴマ合戦。僕らがよくやったのは藤巻箪笥店の軒が「ショバ」であった。
長井と言えば、ボタンキョウはもちろんだが、ひとつどうしても忘れられない駄菓子があった。

それは「ソースイカ」である。

今にして思えば、なんとも不気味に着色された代物。スッパイのだけど、今の「ヨッチャンの酢漬けイカ」なんて言うもんじゃあない美味さだ。

僕らはどう言う訳か「長谷川」には行かなかった・・・どうやら「長谷川」は女の子専門だったようだ。
その長谷川の手前に「杉山」と言う貸し本屋・・・・・今で言えば、「TSUTAYA」か。
赤胴鈴の助、いがぐり君、月光仮面・・・・・よく借りた。
遅れても延滞金は付かなかった。

小学校の入り口に「武田」と言う「文房具屋」もあった。
当時はセルロイドの下敷、セルロイドの筆箱、それは兎に角割れやすいし熱に弱くすぐに曲がったりして持ちが悪い。
鉛筆も芯が良く折れたから結構その「武田」繁盛していたようだ。
弓町に行くと小高の床屋、泥鰌屋、タバコ屋、寺田の肉屋と安藤古物店、そして栗原へと続く。
栗原、栗原のおじさんは大工さんで僕らが小学校の時はまだ無かった。その並びには松井運送店、路地をはさんで表具屋さん。
その裏手には今はそのなもときめく「中央自動車倉庫」の同級生、新井さんちがあって、その先には「山手」というお好み焼き屋が、同級生の家だった。

そうだ、あの時代を象徴する商売といえば印刷屋だろう。たしか、「堀越印刷」とかいってその前を通ると活版印刷って言うんだろうかその印刷機が油の匂いとともにカシャカシャとけたたましい音を立てて忙しくしていて小学生だった僕はその律動的な動きにしばし見とれていたことがあった。
もっとも、その時代「印刷」そのものが高価であったに違いない。学校のテストなんて全部ガリ版の謄写版プリントゴッコだったんだから。
それより何より当時、児童生徒数1000人からの東小学校のPTA会長がその印刷屋の、寅さんに出てくるタコ社長、失礼、大和紙工(九蔵町)の社長、武藤さん。後に市会議員にもなるんだが、それほどハイカラな商売だったのかもしれない。

栗原に気付いたのは、僕の娘たちが東小学校(僕も)に入学して駄菓子屋通いを始めてからだ。
次女はもっぱら、高崎保育所の帰りには必ず、「長谷川」で駄菓子を買って、「ウサギの本屋」で、付録を買うのが楽しみだった。

先日、その五本辻の小路を北東に少し移転していた「ウサギの本屋」を訪ねた・・・・・

「ママがね、保育園のころよくこの本やさんへきてパパにおねだりしたんだよ」

そう、同道したのはその次女の長女(7)、次女(6)と長男(3)当時。

「今は、もう置いてないんですよ、付録・・・・・」

すっかりお年を召されてしまっていたがその物静かな趣はあのころのままの「ウサギの本屋」のオバサンが申し訳なさそうにそう言った。

「ウサギの本屋」

それは、昭和50年も黄昏の静かな時代だった。
なぜか、とっても静かな時代だったような気がする。
もしかしたら、今の時代に似てるのかも知れない・・・・・その静けさだけは。

高砂町の五本辻に立つといくつもの高層マンションの陰にひっそりと「ウサギの本屋」はあった。

「八間道路」

それも、すっかり変わってしまっている。

「開かずの踏み切り」もトンネルが開通して何もかもが変わろうとしている。
それはとりもなおさず、僕の「八間道路」が壊されてしまったということなのだろうか。

昔のままでいてほしいというのは僕の勝手な願望なのかもしれないが。

そういえば、就活に忙しいわが末娘だが、お世話になったのが「法輪寺保育園・・・・・

その前を通ると「わ~、懐かしい」って。

僕にとってはすっかり変わってしまったそれだが、娘にとってはそこに20年前の映像が蘇っているのだろう。

しかし、つくづく昔のままでいてほしかったなあと思わざるを得ない今日この頃である。

八間道路物語
  


Posted by 昭和24歳  at 08:27Comments(0)

2018年05月01日

現代の「橋のない川」

現代の「橋のない川」


野坂昭如(作家)--人間ってのは人間を差別することによって自分を確かめるっていう部分が、どんな人間にもあるわけで、住井さんにもあるはず。それはそういうところから僕のほうはいってるし、だから住井さんは住井さんなりの自分で見たことをあれだけ小説に仕立てた。あれは、なかなか立派な小説ですよ。あれだけ長編を書き続けたということは、たいへん尊敬するに値するけども、差別と向き合うということについて言うならば、やはり彼女の限界というものも、あることはあると思うけどね。だけど、そんなもの求めたってしょうつがない。誰だってみんな限界はあるわけだし、そんな90過ぎまでね、ああいうことを続けたということは大変偉大なことだと思うし。

言い終わらないうちに、
「本当のことは書けません。だから物語です。フィクション。未開放部落におかゆを食べられる人々はいなかった」

社会の底辺。それは広がりつつある。
今の社会は狂っている。日本はそんな社会じゃあない。
メディアの中枢が面白可笑しく権力を抽象するが本人、そこに居ることが気がつかない。

僕もこうして書いてるけど、今や底辺です(笑)。

カミさん(61歳)が障害者で、目が見えて家の中を伝い歩きながらも歩けて箸が使えて電気自動洗濯機が使えて、電気自動掃除機が使えて・・・
障害者5級。年金は月に24,000円。まあそれを笑えるんですから幸せかも知れない。
しかし僕の年金と音楽講師所得からカミさんの医療費が月、7万円前後。
想像してみてください。誰もが僕を見て悠々とまでは行かなくとも「音楽性格に」自適の生活をしてると思ってる。

ま、それは持って生まれた性格っていうか産んでくれた親に感謝なんだろうけど、僕もカミさんも楽観主義。

「成るように成る、鳴る様にしかならない」

想像してみてください。
家に重篤な手術を3回もした伴侶がいて、そこそこ収入があるために行政の補助は全く受けられない。
その意味での渡世は不義理の連続です(笑)。

しかし、「客観」であれ「主観」であれ、本当のことは書けませんね。

「せつ子の佐久間のドロップ」

その時代の末端の一つかもしれないけど、僕の頭の中にはそれがいつもあります。

「体験という狂気」

自分の妹が死ぬ、目の前で死ぬ」、それも空腹で、栄養失調でやせ細って絶える。

僕の姉、昭和18年生まれも空腹ではなかったにしろ、ときの流行病で2歳そこそこで死んだ。

それもこれも全てが「国家」という「主」の犠牲。運命で片付けられる話ではない。

いいべべを着て、美味しいものをたらふく食べて、貧困にあえぐ子供たちを見向きもせずGWを外遊。
そんな7人に一人の貧困の中の子供たちにはGWは地獄です。

わが娘23歳、「ママはあたしが面倒見るからね」ですって。

僕とは同じ時代を生きてるみたい。

平成6年生まれの彼女の知らないことをいっぱい知っている「パパ」。
車の中で聴く音楽「ビートルズ」は彼女の古典。

でもこの頃僕の知らないことをいっぱい知ってる彼女の見聞録。

現代の「橋のない川」

  


Posted by 昭和24歳  at 07:41Comments(0)

2018年04月30日

安倍首相蚊帳の中でボコボコ(笑)

安倍首相蚊帳の中でボコボコ(笑)

ま、どこかの誰かさんとは違います。
ジョン閣下は本格的なバイリンガルだし・・・
もち、差しで話しますから。


正恩氏「日本と対話する用意ある」 南北会談で文氏に
 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日の南北首脳会談で、「いつでも日本と対話する用意がある」と文在寅(ムンジェイン)韓国大統領に伝えた。韓国大統領府が29日午後、発表した。文氏は同日午前に安倍晋三首相と電話で約40分協議し、これらの日朝関係をめぐる金氏とのやり取りを伝えたという。拉致問題についても、金氏に提起したと説明した。

 韓国大統領府の説明では、文氏は南北会談で金氏に、「安倍首相も北朝鮮と対話する意思があり、特に過去の歴史を清算して、日朝国交正常化を望んでいる」と伝えた。金氏も対話の意思を示したという。

<抜粋引用:牧野愛博=ソウル、小野甲太郎 2018年4月30日>
https://www.asahi.com/articles/ASL4Y4JQBL4YUHBI00M.html

>「・・・特に過去の歴史を清算して、日朝国交正常化を望んでいる」と伝えた。

まあ、蛇が出るかヘビが出るかです(笑)。

朝鮮半島が和平となったら、米朝の朝鮮戦争はオシマイ・・・・・

そしたら韓国に米軍進駐しているわけにはいきませんね、近い将来には統一も。

ま、その時歴史は動いたじゃあないけど、東西ドイツだって統一したわけだし。

そしたら、人口7000万人からの国家誕生です。

当然、経済発展もするだろうから南北、すぐに日本の人口追い越しちゃいますね。

で、安倍首相、いつまで言ってられるんだろうか・・・・・

「私が圧力をかけたから北朝鮮が折れてきた」って。

で、朝鮮半島連合軍日本の自衛隊の数倍の兵隊がいるわけです。しかも徴兵制ですから。

そしたらその兵隊食わせなくちゃあいけませんから、そしたら、北朝鮮の軍事力も韓国の軍事力も中国に向けるわけないしそしたら・・・・・

まあ、ああだ、こうだ、あの手この手で日本に向けてきますね。当然裏で糸を引いてますけど。

そしたら、日本政府も軍事力増強しなくちゃあっていうことでアメリカの貿易赤字解消です。

ま今の日本政府、江戸幕府末期と一緒で、坂本龍馬じゃあないけど幕府にも武器をセールスして、官軍にもセールス。

どうするんだりこの先、戦争を知らない子供たちの曾孫の世代になったら。

で学校では何にも教えないから北からミサイルが、アラートがとかで頭隠して尻隠さず。

数兆円もかけて戦闘機、イージス艦買わされちゃって、挙句が朝鮮半島へ2兆円もの経済支援って・・・・・

それで、朝鮮半島経済発展して、人口も増えて、ギャアギャア騒がれたら、この始末道付けるつもり?

安倍首相蚊帳の中でボコボコ(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 15:16Comments(0)

2018年04月29日

4月29日の記事

本日「ザ・プラネッツGSライブ」
4.29(日・祝)PM6:00スタート


オールドボーイズビーアンビシャス!!
なにかの時は元救急隊員が待機してますのでご安心を。

まさに・・・



そうなんです「絶メシ」どころの騒ぎじゃあないんです・・・

肝心の、その「メシ」を食う人が「絶メンになっちゃったら元も子もない。

それどころかそういうマチが「絶マチ」になっちゃったら「絶メシ」もない。

そんなわけで、プラネッツも結成50周年、今や絶滅危惧種ですから(笑)。

リーダーでボーカルの高木賢次郎、ボーカルのケーシー富岡は共に今年72歳と、お年頃です。

そんなわけで、同世代の皆さん、諸先輩の皆さんそして今時の中年の皆さん・・・・・

後学のためにもぜひお越し下さい。コレ、戦後日本のルーツです。

本日「ザ・プラネッツGSライブ」
4.29(日・祝)PM6:00スタート
  


Posted by 昭和24歳  at 09:30Comments(0)

2018年04月29日

【終生】青春に邂逅する(笑)

【終生】青春に邂逅する(笑)

人生とは偶然の連続。
そのひとつ一つ重なりあい道を創る。
僕の前に道はない・・・


「赤羽」

高崎から東京に出るには上野までは行かずに「赤羽」で降りる。赤羽は当時は高崎線と東北本線。それに京浜東北線が高架を走っていた・・・たしか。

赤羽を降りるとさらに狭い高架通路を渡って木戸で改札を受けて「省線」のホームに出る。
僕等は何故かそれを「省線」と呼んでいた。赤羽と池袋を往復する赤茶けた電車。窓も椅子も木製のやつでその車内は独特の油臭い匂いがしていた。
そして池袋に着くと山手線に乗り換え新宿、渋谷だった。

そう、しかし僕等にとっては、それこそが「東京」の入口、憧れの匂いだったのだった。

ロックミュージシャン

「夢」などと云う大それたものではないが、いや、傍目には大それた大馬鹿者に映ったに違いない。
僕の「ロックミュージシャン」。もちろん当時はそんな言葉すらなかった。ただの「エレキ小僧」、不良のなり損ない。
15の時からの「エレキバンド」生活、ダンスホール「社交」に石原の「群観ホテル」のダンスパーティーにと。

そして時は空前の「エレキブーム」。街中で猫も杓子も「テケテケテケ―――」。

「アストロノウツ」の太陽の彼方、「ベンチャーズ」の急がば廻れ。テレビでは連日連夜「エレキ、エレキ」。
終いにはナショナル、ビクターまでが「エレキギター」を作り始めた。

今では努々考えられない時代、さしずめ、「ゲームボーイ」ナショナルブランドで出すようなものだろう。
僕の場合そんな時代の中を、地元ではかなりの売れっ子バンド「ザ・プラネッツ」のドラマーとして過ごしてしまった。
そのお陰で「こんなはずじゃない」の思い過ごし、勘違いが「東京」行きを決めさせてしまった・・・・

とは云うものの、この歳、もうすぐ70になろうとしてるのに、未だ「テケテケテケ―――」(笑)。
しかしそれで食わせてもらっていたのだから人生、時には「思い過ごし、勘違い」も満更ではないのかも知れない。

そう―――

あの時代。多かれ少なかれ「横文字稼業」を夢見てその「東京」と云うブランドに同世代が群がった。

「カメラマン、イラストレーター、ファッションデザイナー」

等などである。

既に戦前生まれの服飾デザイナー、イラストレーター、カメラマンが世界に名を成すようになっていた頃。

やはり、ピカイチは「横尾忠則」。

画伯は昭和一一年生まれのようだからあの時代、世代の人たちが戦後生まれ、所謂「戦争を知らない子供たち」の感性を刺激したのだろう。
要するに「超」の付く「一流」はみんなその世代ではないだろうか。黒田清太郎、篠山紀信、山本寛斎―――

何れ、焼け跡世代が僕らの「明星」だった。

【終生】青春に邂逅する(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 07:13Comments(0)

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ