2019年08月05日

文大統領「日本は盗人猛々しい」((キリッ

文大統領「日本は盗人猛々しい」((キリッ


聯合ニュース・朝鮮日報の過去記事に「盗人猛々しい」
では、聯合ニュースと朝鮮日報の日本語版サイトが、「盗人猛々しい」という表現を普段から使っていないのか、というとそうではなく、過去記事で見つかる。たとえば、聯合ニュース「韓国国会議長『追い込まれた安倍首相(略)』」(2月18日)記事の本文では、「『(略)私に謝罪しろとは何事か』としながら、『盗人猛々しい』と述べた」とある。朝鮮日報でも、7月11日記事(輸出優遇除外 韓国野党議員『フッ化水素(略)』)に、「日本は経済報復という盗人猛々しい態度を即剤に中断すべきだ」と出てくる。

韓国の青瓦台(大統領府)サイトには、文大統領発言の全文がハングルで紹介されている。該当箇所を複数の翻訳サイトを使って訳すと、韓国メディアの表現に近い日本語になり、「盗人~」表現は出てこない。

<抜粋引用:J-CASTニュース 2019/8/ 2 20:24>
https://www.j-cast.com/2019/08/02364246.html?p=2

ま、文大統領がそう言ったかどうかは分かりませんがね・・・

「日本は経済報復という盗人猛々しい態度を即剤に中断すべきだ」

何を持って「盗人猛々しい」のかそのへんがわからない。

たしかに、文大統領をはじめとする韓国人には平穏ということっ場がないらしい。

よくニュースで流れる映像にも老若男女問わず公衆の面前で号泣、体全体でその苦しみ、悲しみ、憎しみを表す。

そして政治の世界でも溺れた犬を棒で徹底的に叩く。しかしそれでも最高権力者の末路は哀れ、手錠腰縄で市中引き回しされる。

そこから考えると、まあ、他国の行政府を「盗人呼ばわり」もさも有りならんで、日本の文化にはない。

その意味ではこんなに近くに有る国どうしなのにどうしてこうも感情表現が違うのか泣き喚く、大声を出す。

日本では恥の文化がそれをさせない。

そう言えば日本では企業、いろんな不祥事があっても「不買運動」というのは「森永ヒ素ミルク事件」の時くらいだろうか。

アメリカに大空襲されて、原子爆弾落とされて一夜にして数十万の同法が虐殺されてもアメリカ製品の不買運動はしない。

それどころか戦後hアメリカ文化に憧れ、アメリカ製品に憧れ、テレビドラマの西部劇、ホームドラマに夢中になった。

それらは、言われる、CIAよ読売の洗脳作戦なんかじゃあなく、日本人の精神状態は良い物は良いものとして受け入れる。

自動車にしても、電気製品にしても憧れて、買って、使って結果、アメリカ製品よりも優れたモノづくり転換した。

で、今度のこの騒動で韓国政府、日本への韓国製品の「輸出規制」だと言うんだからただ笑っちゃうだけ(笑)

日常的に「韓国製品」ていま日本の市場に出回ってますか?オレ、「韓国のりと「眞露」しか知らないけどそういやあカップ麺もあったか。

しかしなんだろ、降って湧いたようなこの騒動。

参議院選挙中にもやいのやいのさせといて、自民党の争点ぼかしじゃあないの。

それに10月の消費税の10%増税、韓国とキリキリさせといてそれも消費税増税、賛成反対の争点ぼかし。

ま、韓国は1997年のIMF通貨危機でいわば国家倒産の寸前にまで至った歴史があることを韓国は忘れてはならない。

そして盗人猛々しい日本政府がそのとき100億ドルを融資、ほか様々な救済を、忘れちゃってます(笑)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%8D%B1%E6%A9%9F

文大統領「日本は盗人猛々しい」((キリッ
  


Posted by 昭和24歳  at 21:04Comments(0)

2019年08月04日

少女猟奇殺人事件に潜む現代社会

少女猟奇殺人事件に潜む現代社会
2014/7/31(木)


>母親に問題があった。

父親なんていうのは「モノのついで」でしかない・・・

僕には息子がいないからわからないが、僕が父に対する感情も「社会比較」の対象でしかなかった。
夢見る、そんな時代の頃は「夢」ことごとく否定する父親には嫌悪した。
まあ、父親のその人生での時代背景、当然理解しつつも、超現実を強制するその言葉は僕の全てを否定しているかのようにさえ思えた。

まあ、「音楽」で食おうなんていう僕の、息子のそれは父にしてみれば想像すらできなかったのかもしれない。

しかし父は沼津から15歳で上京し酒屋で丁稚奉公をしながら「噺家」になる嫁を見ていた。

昭和元年頃か、日中戦争も始まらんというそんな時代背景と公権力は15歳の少年の夢いとも簡単に打ち砕いていた。
そして、大戦、大空襲、敗戦。父は長兄の命令で「国鉄職員」に、それが徴兵検査寸前の時だったんだとか。
そして、父にしてみれば「青春」というそのものが「国家総動員」で剥奪された。
もっとも、終わってみたら、生きているだけで儲け物のそんな時代だったんだろうし、その敗戦の年には34歳になっていた。

まさに、その時代も失われた「20年」がそこかしこにあった、そんな「父」の大正、昭和だった。

昭和18年に国鉄職員の父と結婚した母、22歳。母の姉の夫の紹介での見合いだったと。

まあ、「戦争」に行く心配はない、そんな父との結婚には母の父母も安堵していたという。
母の父母はちょうどその頃長男(僕の実父)を昭和18年に32歳で徴兵され、次男、次女、四女を、そして生まれて8ヶ月の孫娘を病で立て続けに失っていた。

そんなこともあって、母の父母は殊更に、そんな母の結婚を喜んだという。

>多分に育っていった環境だわ。

あれから70年、今年で71年目のその季節がすぐそこに。

僕の記憶の中に生きた、僕を育んでくれたほとんどの人、その時の環境は、もう今はない。
そして僕が創ってきたであろう、その「環境」も今やその必要性は失せている。

次女の長女が中学2年生、次女が中学一年生、そして長男が小学4年生。
長女の長男、5歳。次男が4歳。それぞれが僕の「環境」から遥か遠くで新たな環境の中で生きている。
まっ、今ここで僕のその「環境」と必死になって戦っているのが三女、末娘20歳、大学生。

彼女の意識の中には既に「僕」はいない・・・

自分のことが精一杯だ。今まさにその「夢」と格闘している。
なんの援助もできない僕ができることといえば、せめて、そんな彼女を「邪魔」しないことだけだ。
その。彼女の夢と現実には、奇しくも「母親」の障害が突如として起きた。
それでも、彼女はそんな母には極めて寛容で、そんな母の手助けを忌みすることなく優しい。

確かに「育った環境」かもしれないが、そこには生物、生命の持って生まれた「DNA」も大きく作用しているのではないだろうか。
どんな苦境に生まれようとも、立派に大成する人もいるわけだし、外見、実に豊かで恵まれた環境に育っていてもその真性の奥底では、その「環境」では計り知れない現実が創造されることも。

「父親を金属バットで殴る」

慕ってきた母が亡くなってから僅か一ヶ月ほどで再婚してしまった弁護士の父親。
まさか、娘に「金属バットで殴られた」とは言えなかったのではないかとは容易に想像する。
小学生の頃「カエルの解剖」、これは僕らも授業でやったが、中学生で「ネコを解剖」そして諸処の問題(事件)は少女心にもその報道によれば「面子」だったと。

おそらく想像するに彼女の家庭環境、とくに「両親」の異様な夫婦関係が「親子関係」に映っていたのではないだろうか。
結果、本来、彼女に潜んでいたそれが、普通なら本能的に無意識に抑制されるはずの「残虐性」が表層してしまった。

>母親って地面に這いつくばって、子育てするのですよね。これは体験から。

まあ、19歳で長女を産んだ僕のカミさんも「辞書」のない子育てだった。
母親に相談することも一切なかった。本能なんだろうか、その全てを知っていた。
やるべきことは全てやった。まだ紙おむつのない時代、自分でオムツを縫って、哺乳瓶は煮沸消毒をして。
長女の夜泣きは丸一年つづいた。母乳を拒絶した長女は医師のすすめで「ボンラクト」(豆乳)で半年位からみるみるうちに健康優良児に。
しかし、母乳が消費されないためにカミさんは「乳腺炎」の手術をする羽目に。

父親なんてモノのついで。

野良猫が僕の家で6匹子猫を産んだ。
そして、里親を探す間もなく、その6匹の子猫を一匹づつ加えてどこかの棲家へと。
そして一ヶ月、今でも餌を食べに、水を飲みに僕の家に。

「母猫は生きるために必死なんだから、子供におっぱいやるためにいっぱい食べなくちゃあね」

そう言って、カミさんはその野良母猫の躰をさすったり、目脂をとってやったり・・・
餌も飼い猫と同じものをそれぞれの器に。

それこそが「環境」というものではないだろうかと、教えられた思いが。

少女猟奇殺人事件に潜む現代社会
  


Posted by 昭和24歳  at 20:58Comments(0)

2019年08月03日

メディアに情報操作をさせる

メディアに情報操作をさせる


メディアに情報操作をさせる。

NHKは無論民間の放送メディア、新聞・・・全てチェックが入ってます。

“NHK”は、酔っ払ってタクシーの運転手をぶん殴って出世を棒に振った“松平ナニ某”の貴族院がほとんど。
“民放”はと言えば、やはり政治家官僚財閥、地方の名士つながりの縁故じゃあなけりゃあペケ・・・・・・

当然、現場ではその意識は無いでしょうが。何故なら、メディアの現場に就職した新入社員は「特権意識」を持つように教育されます。
新聞も、放送も研修が終われば国会の記者クラブ、政治化政党の番記者・・・と20才そこそこで、所謂、雲上人の御傍付になります。

「首相官邸、国会議事堂、党本部・・・」と、錯覚に陥るのも無理はありません。

あの「女子アナ」にみる、本来なら幾多の難関を突破し良家の子女、「才媛」。しかも、眉目秀麗・・・・・
それが、あっという間に「芸能人脳みそ」に退化してしまいます。

そんな彼等が、作られた統計「嘘八百」を真面目な顔をして読まされます。
東京大田区の中小加工業「8000社」中、「3000社」が倒産。
それも、金融機関の資金引揚げと貸し渋り、それも金融庁の指示による。
竹中大臣も「僅かながら持ち直しの兆し・・・」だそうです。
政府に作られた統計をそのまま鸚鵡返しに言ってるだけ・・・

日本人への教育は一般平民には「恥じ」を徹底して教えていました。
ですから、夫々の家庭では「カスカス」の生活「火の車」の生活でも「恥ずかしい」ため、他人事を装います。

半分どころか、70%強の労働者層は悲鳴を上げています。
毎日のようにJR、私鉄で「人身事故・・・」、これ「自殺」です。
50歳のお父さんが「コンビニ」でアルバイトです。時給“780円”・・・どうです・・・?
そうすれば、完全失業者にカウントされません。

昨日まで、中小企業の社長だった人が道路工事で「ガードマン」。
その脇を、どのようにして稼いでるのかは知りませんが、同世代の「金ぴか」がベンツで通り過ぎる。
先日も、かつてお世話になった町工場の社長、スーパーの駐車場の整理をしていました・・・「未だ年金もらえないからね」。っと寂しそうに笑いながら。

テレビでの討論会・・・「愛は地球を救う」と同じで、「やらせ」。
だって、政治家を辞めた“塩爺”、年収ん億円、資産ん十億円・・・その人が、どうに庶民を、平民を、論評しますか。

「贅の限りを尽くしている連中が、貧困、困窮を語る」。

そこに求め、期待するほうが間違ってます。

米国は悪者を仕立てて矛先を偽造するでしょう。
日本も、北朝鮮を仕立てて「オオカミと少年」を演出するでしょう。
そして、僕たち平民はいいように収奪されます。

敵は我にあり!!  


Posted by 昭和24歳  at 11:15Comments(0)

2019年08月02日

親会社アメリカと子会社日本・韓国(笑)

親会社アメリカと子会社日本・韓国(笑)


韓国を「ホワイト国」から除外 閣議決定、規制第2弾
 政府は2日、安全保障上の輸出管理で優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。半導体材料の韓国向け輸出管理の厳格化に続く規制強化の第2弾で、政令公布の21日後に施行され、今月下旬に除外される。日本がホワイト国の指定を取り消すのは韓国が初めて。元徴用工問題などを巡り対立を深める日韓のさらなる関係悪化は確実だ。

 韓国は、半導体材料の輸出規制強化の撤回やホワイト国除外を取りやめるよう求めていたが、日本は安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しだとして応じなかった。米国は日韓対立の仲介に意欲を示していたが、日本が強行した格好だ。

<引用:8/2(金) 10:16配信 共同通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000047-kyodonews-pol

>米国は日韓対立の仲介に意欲を示していたが、日本が強行した格好だ。

ま、親会社も了解済みだろ。

親会社、子会社の老舗食肉問屋「日の丸商会」に花を持たせて大岡裁きの「三方一両損」でチャンチャンだろ(笑)。

一方、コチラ、各下の子会社ベンチャー「キムチ飯店」、左官金太郎で、拾った三両は俺のもんだと言って聞かない。

落語の方のそれは落とし主、大工吉五郎「はいったん落とした以上、俺のもんじゃないと受け取らない」だがこっちは違う・・・

老舗食肉問屋「日の丸商会」はグループ会社でもあるところから高級霜降り牛肉をよそよりも安くベンチャー「キムチ飯店」下ろしてやった。

ところが各下の子会社ベンチャー「キムチ飯店」のムン店長はその高級霜降り牛肉を必要以上に仕入れそれを横流しして儲けていた。

で、それをどこからか聞きつけた「日の丸商会」の社員が「キムチ飯店は高級霜降りの仕入れと使用量が合わない」の安倍支店長に告げ口。

で、調査した結果帳簿上も合わない、っていうことで安倍支店長「ムンさん、正直に言ってくださいよ。そうすれば今後も今までどおり高級霜降り牛肉を必要な量だけ納品しますからこちらの帳簿とそちらの帳簿比べ話し合いいましょうよ」と。

ということで一年たっても二年たっても話し合いに出てこない。その間も高級霜降りの納品は続いている。

そしたらその高級霜降り牛肉「北朝鮮飯店」にも流れてることが判明。

この「北朝鮮飯店」は「日の丸商会」の子会社「赤坂自民亭」の商売ガタキでその「北朝鮮飯店」の三代目とは仲が悪い。

まあ、そんなこんなで老舗食肉問屋「日の丸商会」としてはいつまでも話し合いに応じない「キムチ飯店」に業を煮やし・・・

「それではキムチ飯店さんでどれだけの高級霜降り牛肉が必要なのかその都度調べさせて頂いてからのお取引ということで特別扱いはヤメ。

で、親分が仲裁とかなんだが、はじめっから出来レースでこうなったのも親分、「アメリカ商会」の筋書き通り。

韓国の半導体という国策事業も日本の半導体衰退化も何年か前の「日米半導体戦争」ってのがあって、アメリカの主導で日本の技術はサムスンに。

結局、日本経済の弱体化、イコール「日本の国力の弱体化」がこの20年のデフレ「構造改革して成長なし」で衰退と弱体の20年。

財政破綻論もそれで、国債800兆円から積みましてこの国の産業、国民生活には微々たりも寄与しない、させない。

ま、まさかいくら同盟国だって日本国債から金ガメる訳にはいかないから日本国債で株式を買わせる。株価を上げさせる・・・

で、株価操作し上がったところで抜く、ガメるま、お育ちからしてナイーブな我が総理大臣閣下は「年金基金を株式運用」なんてやってるけ、何兆円儲かったとか言ってどこまでもナイーブ(笑)。

つまり、その年金株式運用で何兆円儲かったは何兆円ていう現金を手にしたってぇ話じゃあない。

ま、もっとも、年金を株式運用している「組織」って、正直、どんな組織?で、彼らの経営実態は?取引の手数料は?

その意味では韓国も日本もアメリカに軍事占領された属国でしかないです。そこが答え、ハイ。

親会社アメリカと子会社日本・韓国(笑)
  


Posted by 昭和24歳  at 12:20Comments(0)

2019年08月01日

8月25日(日)「ザ・プラネッツ」ライブ!!

8月25日(日)「ザ・プラネッツ」ライブ!!


令和元年、初めての夏。
飲んで、歌って、踊って猛暑を吹きとばせ!!

お待ちしています!!

飲食持ち込み自由
カラオケタイム有り
駐車場完備
  


Posted by 昭和24歳  at 15:19Comments(0)

2019年08月01日

“雇用促進事業庁”を創設せよ!!

“雇用促進事業庁”を創設せよ!!
 2008/12/8(月)


厚生労働省から労働省を分離させ、“雇用促進事業庁”を創設せよ!!

これまでの国民が支払った雇用保険料を掠め取るような、
役人、官僚のための特別法人“雇用促進事業団”改め、独立行政法人“雇用・能力開発機構”などではない・・・・・・
“雇用促進事業庁”を!!

労働省“職安庁”を創設せよ!!

<公共職業安定所“ハローワーク”とか>


小泉は言った!!

「民間にできることは民間に!!」と。

ならば、民間にできないことは、国がやるべきではないか!!

「国がやらなければならないことは国がやる!!」

経団連などをもはや当てにしてはならない。

そもそも自由主義経済下ならば、その意味での経営が多少乱暴でも国家が権力でその経営を強制すべきではないし、できない。

そうした中で、その経営が悪質なものであれば“法”が強制するのではなく、国民大衆、つまり消費者が『不買運動』でペナルティを課せば良い。

例えば、その『不買運動』の結果、トヨタが、キャノンが左前になっても「当たり前の経営」をする企業が台頭してくる・・・

まあ、今のところほとんどの大企業が、政策的“派遣労働”にウマ味を見て日雇い雇用に手を染めているが、ここまで来ては、雇用、年金、健康保険等々、そもそもこれまで培ってきたこの国の“家族主義的社会”の社会保障制度の崩壊になりかねない。

そのことは、戦後ニッポンの“美徳”だったのではなかったか。

小泉改革の言った、「自己責任社会」。人間、そもそもそれほど強くはない。

中には確かに、抜きんでた才覚、努力で「自己責任完遂」できる人間もいるだろうが、基本的にはこの国では「支えあう」を旨としてきた社会ではなかったか。

実は、今のこの日本の社会は「人手不足」である。

“モノ”は溢れ、その意味では生産過剰で、消費しきれないところに来ている。

さらに今日の景気後退で、モノが溢れているのに賃金の低下で消費は低迷する、その繰り返し、つまりデフレスパイラルというやつだ。

そこへ追い打ちをかけるような、アメリカ発とかのバカバカしい“欲望経済”の不始末。
最早、総理が経団連会長に「雇用促進のお願い」をするレベルの話ではない。
ましてや、その経団連会長からして、その「悪質な経営者」、その機に乗じて、いや、そのように法律、“労働法”を改悪して大衆を苦しめる利己主義者・・・・

そんなものは鼻から筋の通る話相手ではないのである。

「人手不足」

医療介護現場は、低賃金と、「人が人を介護する」という、精神的にも非常に負担の重い労働環境から慢性的な「人手不足」に陥っている。
故に、国策として、海外からそうした「医療介護労働者」を招聘といった政策をとらなければならないところに来ている。
そして、もう一つは“年金行政”の失態からその処理にこのままでは途方もない時間と労力を必要としているではないか。

さらに、かつては公的組織であった“JR”(日本国有鉄道)、“NTT”(日本電信電話公社)、そして“JT”(日本専売公社)・・・

それらが、幾多に分社化され、そこでの雇用を、自社のグループ会社として『派遣会社』を作り実に面妖な雇用形態をとっている。
なぜ、民営化された公社がそのような形態をとるかといえば、それは旧公社の既得権益温存、役得工作でしかない。
その後の郵政省、郵政公社、日本郵政もそのような形態に走るのではないか。派遣会社「アール」の奥谷某女がそこの社外取締役に就いている。

「百年に一度の危機」

ならば、国は、国家は責任を持って国民の「生活安全保障」に資さなかればならない!!

各地域の職業安定所“ハローワーク”を窓口に、そのハローワークが雇用者となって、それら人材不足の医療介護施設に人材供給をする。
そして、旧公社だった企業には「派遣雇用」を禁止することだ。

戦後、戦地、満州帰還者、復員兵を地方自治体、公社、国が「戦後復興政策」の一環として国民生活安定のために多くを雇用したように。

今は、ホームレス、ワーキングプア、日雇労働者根絶のために国、政府がそのための積極的に対策することを主権者たる国民は厳命する!!

当然、そこに発生する賃金は“医療介護施設”等が「人手不足」ということであるなら、そこには財源があるはずだし、 旧公社での雇用は社内派遣会社を禁止し、直接雇用を法的に義務付ければよい。

そもそも、民間会社である必要も、特段、この時期にはない。

もし賃金財源が不足するなら、建設国債同様に“労働国債”として10兆円でも20兆円でも発行したらいい。

当然、平均年間賃金、700万円とかいう、公民給与も、その労働とともに“シェア”されてしかるべきだろう。

当然そこで支給されるであろう、民間に準拠した平均的賃金は大きく“消費”されることになる。 内需拡大策にもつながる・・・

国に、国民に役立たずの“経団連”などは潰してしまえ!!

“雇用促進事業庁”を創設せよ!!
2008/12/8(月)

https://blogs.yahoo.co.jp/clark_kenta/folder/124685.html?m=lc&p=10


  


Posted by 昭和24歳  at 09:33Comments(0)

2019年07月31日

【10%専用レジ】政府はアコギなことをする

【10%専用レジ】政府はアコギなことをする

増税用レジ周りセットですって(笑)。
システム改修支援なども含め2798億円の国費税金を確保した。


対応レジ準備 高崎市が補助 前橋市も独自支援制度 軽減税率あと2カ月
 消費税率10%への引き上げまで残り約2カ月と迫る中、併せて導入される軽減税率制度への対応が県内でも急務となっている。群馬県高崎市は30日、複数税率に対応したレジを用意する事業者に費用の半額を補助すると発表。前橋市は本年度、レジやポイント還元のためのキャッシュレス端末を購入した事業者への独自の補助制度を設けた。各地の商工団体は事業者が混乱しないよう、説明会を開いて制度理解や補助金活用を呼び掛けている。

 高崎市は国の補助制度を活用してレジを購入、改修した市内の小規模事業者を対象に、自己負担額の2分の1(上限2万円)を補助する。市内約600店舗を想定し、本年度一般会計補正予算案に1千万円程度を盛り込む予定。市議会の議決を経て、10月から受け付けを始める。

 前橋市は国の補助とは別に、独自の支援制度を設けた。通常は対応レジなどの導入費用の5分の1(上限20万円)を補助、従業員20人以下の製造業と5人以下の飲食業などの場合は2分の1まで補助する。国の補助金に比べて手続きが簡単といい、第1期は5月15日から受け付けて57件の申請があった。第2期は10月1日から申請を受け付ける。ほかに、上野村が独自の支援制度を検討している。

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/politics/149543

>群馬県高崎市は30日、複数税率に対応したレジを用意する事業者に費用の半額を補助すると発表。

なんだ高崎市も中央政府とグルになって増税のための補助金バラマキですか。

補正予算で補助とかなんだが、その補助金って結局税金でしょ。増税する上に増税のための経費まで国民負担って国民馬鹿です(笑)。

つまり、「国民、自分の首を絞める縄を自分でナウ」っていう話で、そんなもん役人に仕事させろよ、暇してるんだし。

ま、なんだったら軽減税率分はまとめて還付申請だっていいし、そしたらそんなややっこしい税率のレジ導入しなくたっていいんだし。

そそたら税務署、確定申告の時みたいに派遣バイト雇ってせかせか、国民消費者だって知らぬ間の取られるより税務署に「返しなさい」ってやったほうが主権在民、はっきりしてていい。

まあね、サラリーマンだって確定申告したら仕事用の靴とかスーツとか、ワイシャツとか経費に認められるんだろろ普通に。

だって普通に作業着とかヘルメットとか、安全靴とか会社で支給したら会社は経費として申請するんだろうし。

ま、国民も少し面倒くさがらずに御上と真正面から付き合ったほうがいいよね。ま、一般国民大衆は税務署にとやかく言われるほど稼いでないし。それこそが政治に関わる第一歩じゃないの。

で、コレ↓

消費増税対策2兆円 19年度予算が成立 首相 消費増税へ万全
2019年10月の消費増税を前提とした19年度予算が27日の参院本会議で成立した。一般会計総額は過去最大の101兆4571億円で、ポイント還元制度など個人消費を下支えする2兆280億円の増税対策を盛った。安倍晋三首相は消費税率10%への引き上げに向け経済運営に万全を期す考えを示した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42993560X20C19A3MM8000/

>ポイント還元制度など個人消費を下支えする2兆280億円の増税対策を盛った。

2兆280億円の増税対策だって言うから笑わせます。

「ポイント還元は9ヶ月だけな、あとは知らない」

ま、9ヶ月後ったらオリンピックですから外国人観光客、非課税消費者狙ってるんだろうけど。

外国人の買い物はあとで精算するんだろうか非課税分の還付?

しっかしアレだ、オリンピックが終わったあとは「嵐が去った後の静けさ」でオリンピック前は「嵐の前の静けさ」、どっちみち静けさ(笑)。

安倍政権は店じまいでしょうか、国民の批判を恐れて休業でしょうか、どっちにしたっていい数字はでっこない。

【10%専用レジ】政府はアコギなことをする

  


Posted by 昭和24歳  at 21:12Comments(0)

2019年07月31日

真夏の夜の悪夢

真夏の夜の悪夢


解散できない「安倍政権」の悪夢。

 まあ、小沢のペタリンだった小物が幹事長、しかも出戻り(笑)。
 正直、今の自民党には人材がいない。問題起こすのはいっぱいいるけどね。しかも、そのほとんどが官僚上がりか世襲、それも今や「三世」「四世」だって言うんだからなおさら。もっとも内閣総理大臣が「三世」。

 で、官房長官と幹事長が叩き上げっていうか政治家の一分に長けたというか世渡り上手だから御輿を担ぐのは上手い。
 誰か言ってたなぁ、「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」って。
 ああ、小沢かぁ。そんな小沢だって二世だけど田中角栄の薫陶を一身に受け一時は「総理」でポスト「田中角栄」とまで言われて自民党を牛耳ってたいわゆる「田中軍団」闇将軍の若殿。で、金脈やらロッキードやらでいろいろあって「ケツをかく」ってぇやつです。外様の竹下登、金丸信が田中派を離脱し「経世会」を結成。で、それが原因と言われてるんだが田中角栄が脳梗塞で倒れて竹下登政権の誕生なんだが暴力団がどうのこうの褒め殺しがどうのこうのでたった一年でオジャン。

 その竹下政権も第一次湾岸戦争、パパ・ブッシュ大統領の時代「Japan as Number One」の名残で1兆円以上の税金が多国籍軍(米政府)に拠出された。
 この時代の「経世会」は今の「清和会(安倍政権)」で、ま、怖いものなしってぇところだったわけだが、「リクルート事件」でご案内の竹下政権はお釈迦、他、厚生省、防衛庁、建設省等々、汚職事件のオンパレードで極めつけが平成10年の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件(小渕内閣)」、平成12年5月14日逝去(享年62歳)で何故か森喜朗首相の誕生。
 ま、そこで田中角栄の流れを汲む「経世会」から岸信介元首相(安倍晋三・祖父)・佐藤栄作元首相(安倍晋三・大叔父)の「清和会」に変遷。

解散できない「安倍政権」の悪夢。



 まあ、27年前の突如として降って沸いた「日本新党」を発端とする「新党ブーム」は自民党を分裂させ、汚職の蔓延する自民党政治に鉄槌を下した、といったところだろうか。
 そして令和の今、先の参院選で既存政党の体たらくを尻目に山本太郎率いる「れいわ新選組」が比例票で二人を当選させるという快挙を成し遂げた。
 そしてその「れいわ新選組」代表の山本太郎なんだが、前にも書いたんだが「小沢一郎」と政党をひとつにしていた・・・
「生活の党と山本太郎となかまたち」
 そこからの独り立ちと言うんだが、小沢一郎がどうのこうのというのは置いといて、なんで山本太郎が独り立ちしなければならなかったのかが解せないところではあるが、それも置いといて少し気になるのが次期衆院選について「一気に政権を狙う」とかだが、あの27年前の「日本新党」的戦略?

日本新党

発足から2か月後、まだ組織も十分に整わない中での7月26日の第16回参議院議員通常選挙では比例区で3,617,235票 (7.73%) を獲得し、擁立した公認候補者17人のうち細川及び小池百合子・寺沢芳男・武田邦太郎の4人が当選した。
1993年7月の衆議院議員総選挙で35人が当選し、細川が非自民連立政権の首班となって政権交代を実現した。しかし、政治改革実現後の連立与党の分裂により、細川内閣は1994年4月に退陣し、同年12月に自由民主党・日本社会党・新党さきがけの自社さ連立政権(村山内閣)に対抗して旧連立与党(社会党・さきがけを除く)などが結成した新進党に参加したため、結党からわずか2年半で消滅した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%B0%E5%85%9A

↑といったにストリアなんだが、この中心にいたのが「小沢一郎」だったことは言うまでもない。
 だから「れいわ新選組」なんだがホントに独り立ちなのか?
 まあ、今後のこととして、相談役程度なら許せんこともないが、現在の小沢一郎は一番訳のわからない「国民民主党」と連立なのんてぇことはないよね。「数は力」なんて言いながら(笑)。

 しかしアレだ、自民党ならいるかもしれない、離党して「れいわ新選組」入党ってぇの。先の参院選での落選組とか。
 ま、落選組、浪人組じゃあしょうがないんで出来れば、現役代議士がいいねそしたら政党助成金そっくり入るし、来年の半年分?
 でこの先の成り行き次第だけど消費税10%何かになっちゃったら多分世の中生活苦で悲鳴あげるだろうから、それを現政権がどうかわそうとするのか。
 また、北朝鮮のミサイル、国難でしのごうとするのか。それとも何年も前の芸人の闇営業報道みたいに国民耳目をそらす戦略で出るのか。
 まあ、来年はオリンピックとかだけど、オリンピックのチケット消費税はどうなの?
 外国人観光客は消費税は非課税だけど、今ときとばかりに政府はおいしい話垂れ流すんだろうね。
 ま、間違いなく物価は税込み2割はあがります・・・  


Posted by 昭和24歳  at 10:21Comments(0)

2019年07月30日

【GHQ】政府・日銀の摩訶不思議

【GHQ】政府・日銀の摩訶不思議【打出の小槌】政府、日銀の摩訶不思議


-銀行が国債を購入するプロセスは、具体的には以下の通りである。
1.銀行が国債(新規発行国債)を購入すると、銀行保有の日銀当座預金は、政府が開設する日銀当座預金勘定に振り替えられる

2.政府は、たとえば公共事業の発注にあたり、請負企業に政府小切手によってその代金を支払う

3.企業は、政府小切手を自己の取引銀行に持ち込み、代金の取立を依頼する

4.取立を依頼された銀行は、それに相当する金額を企業の口座に記帳する(ここで新たな民間預金が生まれる)と同時に、代金の取立を日本銀行に依頼する

5.この結果、政府保有の日銀当座預金(これは国債の銀行への売却によって入手されたものである)が、銀行が開設する日銀当座預金勘定に振り替えられる

6.銀行は戻ってきた日銀当座預金でふたたび国債を(新発債)を購入することができる

以上のプロセスが示すように、銀行は集めた民間預金を元手に国債を購入しているわけではなく、日銀が供給した日銀当座預金を通じて、国債を購入しているため、銀行の国債購入は、民間預金の制約を一切受けず、銀行が国債を購入して政府が支出する場合、銀行の日銀当座預金の総額は変わらない。また、政府が国債を発行して、財政支出を行った結果、その支出額と同額の民間預金が新たに生まれる。つまり、政府の赤字財政支出は、民間預金を減らすのではなく、逆に増やすことになる。それゆえ、財政赤字の増大によって民間資金が不足し、金利が上昇するなどということは起き得ない。

>銀行は集めた民間預金を元手に国債を購入しているわけではなく、日銀が供給した日銀当座預金を通じて、国債を購入しているため、銀行の国債購入は、民間預金の制約を一切受けず、

つまりアレだ、政府の発行する国債って銀行の預貯金で購入しているのではなく日銀が供給した「日銀当座預金」をもとに購入、従って国民の虎の子が担保になってるわけじゃあない。

>政府の赤字財政支出は、民間預金を減らすのではなく、逆に増やすことになる。

狐につままれたような話なんだが、どうやらそういうことらしい。

政府がその国債を元手に、公共事業なり、まあ、介護職でもいいし保育園事業でもいい。

そこに財政支出をすると、その介護事業者の、保育園経営法人にの銀行預金口座にお金が振込まれる。

つまり経済成長とはそういうことらしい。無から有を生み出す。

そうやって世の中にお金を回す。まあ、なにも政府支出、大企業だけに補助金付ける必要はない。

なにも加計学園だけに特区を使って補助金じゃぶじゃぶにすことはない。

そうやって、大企業の輸出産業、大手金融機関にはあらゆる税制優遇でカモネギで輸出払い戻し税なんてなんでするの?

大手の経団連企業はほとんど法人税を払ってない、中小企業もその6割が巧妙な赤字決算で法人税払ってない。

真面目に、取り立てられてるのが街の小売店や町工場の「零細事業主」。

この20年なんで日本だけがゼロ経済成長のデフレ、そして賃金の低下ってどういうこと?




  


Posted by 昭和24歳  at 21:28Comments(1)

2019年07月30日

饐えてる国家

饐えてる国家



ほとんどでなく、完全に“ビョーキ”なのである(笑)。

むしろ“ビョーキ”だからこそ気づくこともあるのではないだろうか。

政府は空前の景気と宣伝するが・・・

この街では街中が駐車場だらけになり、その分“シャッター通り”が消え、今では“コインパーキング通り”。
もっとも街中に入って車は少ないからそんな“コインパーク”も開店休業。
駅前の1000台の巨大パーキングビルなどは一日駐車して600円。それでも空きがある。
新幹線で都心に通勤するものしか使わない・・・・・・
近郊には広大な駐車場を備えたショッピングモールがいくつも出来、もはや街中に出てくるものはない。

大手金融機関は空前の好決算――――――

夏のボーナスの発表も業績好調の大手製造を始流通も昨年度を上回ると発表と・・・・・
もっともそれでも“公務員”のそれよりは10万円ほど平均が安い(笑)。

電気テレビが伝える連日の“ミョー”な事件。

どうしてこうも殺人事件、しかも児童を狙ったものや、怨恨からの猟奇殺人。

かと思えば・・・・・ものすごく弱者に優しい“ネンキン保険料”の自動的免除とか、未だ止むことのない“NHK不祥事”・・・

僕なんかほとんど“ビョーキ”だから“ビョーキ”の気持ちがよくわかる。

そして間も無くサッカーの“ワールドカップ”がドイツで開催。

“みのもんた”のあの土色をしたほとんど“ビョーキ”の朝番組に始まってそれこそ深夜まで占い師だの、弁護士だの、評論家だの、芸人もどきなどが“組んず解れつ”で空騒ぎを見せている。

しかし、深夜の“動物による動物の為のニュース番組”、チンパンジーがやってるやつで、

「は~それで今回は人間界より原田大造さんをゲストにおよびしましたあ~~~」

とやって・・・

そのチンパンジーの“キャスター”が筑紫さんよりも、古館さんよりも、久米さんよりもまともなことを言う。

毎日やっている、いや、毎晩やっている――――――

そうそう、そんな極楽太平の中、国会では国民をフン縛る法案が通過しようとしている。

2006/5/26(金)

饐えてる国家
  


Posted by 昭和24歳  at 12:34Comments(0)

2019年07月29日

敗戦国三代目

敗戦国三代目


そらそうだよね在アメリカ軍基地は日本国民のためにあるんじゃあない、アメリカ政府を護るためにあるんだ。日本政府に二度と「真珠湾攻撃」をさせないためにね。
「敗戦国が三代目」ということは「戦勝国も三代目」ということだ。
そして、日中国交正常化という快挙を成し遂げた田中角栄は戦勝国の課した掟を破りに第二の敗戦を知らしめた。
つまり当時の田中派「木曜会」は少なくとも経済的「反米」だった。インドネシアとの資源外交で田中角栄の失脚は決定的なものとなった。
アメリカ工作期間はありとあらゆる手段を使って「田中金脈」、そしてその英雄の振る舞いを面白おかしく週刊誌、月刊誌に書かせ。挙句、アメリカ政府の司法で田中角栄を東京拘置所に閉じ込めた。

2012年12月24日

まあ、財務官僚の教示通りのスピーチだろう。

しかし、自民党という政党は面白い「懲りない面々」
叩き上げもいるにはいるんだろうが、いわゆる「ハイソ」には弱い(^^ゞ
まあ、今回の安倍内閣もオール“プリンスメロン”状態。
元総理の息子、娘、そして孫たちの生活実感、実態は浮世離れ。

日銀法改正を明言=2%目標、次回見送りなら安倍自民総裁
時事通信 12月23日(日)9時29分配信

 自民党の安倍晋三総裁は23日、フジテレビの番組に出演し、日銀が来年1月の次回金融政策決定会合で2%の物価目標を導入しなかった場合の対応に関し、「日銀法を改正してアコード(政策協定)を結んでそれを設ける」と述べ、「安倍政権」として日銀法改正に着手する考えを明らかにした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121223-00000018-jij-pol

まあ、日銀とかだがもともとは明治閥の中で大株主は皇室だった。
それが敗戦で「占領軍」(GHQ)ととって変わったってぇだけの話。
まっ、表面上は繕ってはいるがあの「金融資本」のアメリカ様だかどちら様だかである。

ま、ちょっとでも恭順の情が薄れれば「消される」運命に堕ちる。
大蔵大臣とか財務大臣、田中角栄、橋本龍太郎、中川昭一のエトセトラ(^^ゞ

「太らせてから食べる」。
一度成功しているからそろそろ二度目のそれでしょうか?

しかし、日本の「財政システム」って不思議ですね、その会計システムもなんだが、 国と地方で1200兆円超とかの債務、つまり、国債と地方債なんだけど。

その国債何がしかとバーターで印刷された「日本銀行券」って、一体どこに消えちゃったんでしょうか?
まあ、政府が国債を発行してそれを主に金融機関が買って利ざや稼ぎまではいいんだけど・・・
それを、日本銀行が買い取って、新たに印刷した「日本銀行券」と交換する。
で、金融機関、日本銀行券が満杯になっちゃうんだけど、その日本銀行権の貸出先がない。
昔の自民党政権時代はその国債で手に入れた日本銀行券を土建と農林漁業にジャブジャブつぎ込んだ。

それでもお金が余っちゃって仕方がないから金融機関は政府主導で「バブル」を発生させて実態価値以上の取引をさせた。

NTT株なんてその典型だろうけど、だって政府が「詐欺師」働いちゃったわけだし(笑)。
実態は30万円そこそこの「NTT株」を300万円にまでバブルしちゃって、まあ、博打なんだろうけど。
そんなわけで、確かに国と地方で「1200兆円超」なんだが、そのお金消えちゃったわけじゃあない。
まあ、戦争でもやって絨毯爆撃と原子爆弾落とされたんなら燃えちゃっておしまいだろうけど、

そうやって、市中に流れた「1200兆円超」のお金全く回収されていないみたい。

つまり、昭和の累進課税、最高税率70%が半分の30%台に減税されたあたりから国債も地方債も膨張し始めた。
それと超円高の発生。まあ、これも「円バブル」だから、日本経済も今日が実態(^^ゞ
つまり、「失われた20年」の時点で、何らかの政策が喫緊だったわけなんだが、結局、小泉政権で全てが終わった。

その後の、麻垣康三はそのフィナーレで裸踊り、カッポレをしただけ。
まあ、日銀とかだけどいくらお金を市中に流したところで「ウワズミ」だけで回転するだけ。
つまり、東日本大震災をいい口実に「土建業界」、参院選近いし、まあ、票田ですから。
確かに、カンフル剤にはなるんだろうけど一般大衆、国民には及ぶはずもない。

2%のインフレターゲットとかで給料も時給も上がらなかったら実質減収。
で、消費税増税、公共料金の値上げに社会保障税の増税で、格差拡大。

ま、お金の行き場所もないのに、あお金だけ流しても「退蔵」するだけですね。
しかし、今や「政治」はお金持ちのおぼっちゃまクラブですから、昭和の税率に戻すことはない。
その昔、福田赳夫大蔵大臣時代にはデノミとか新円切り替えとか信憑性があったけど、今は「政治家」ではなくて「政治稼」ですから、自分の懐覗かれるようなことはしません(笑)。
その意味ではデノミにしろ新円切り替えにしろ、それこそが日本経済の「総決算」なんだろうけど。

まあ、こう言っちゃったら身も蓋もないんだけど、アメリカ様が赦しませんか(^^ゞ

ちなみに、アメリカのマクドナルドの時給は6〜7ドルとか。
つまり、円にすると「500円」前後ですか、ってぇことは日本人もっと貧乏になんないと(;_;)

それにしても、安倍ちゃんにお金の計算できるとも思えないなぁ(^^

2012年12月24日

敗戦国三代目
  


Posted by 昭和24歳  at 11:30Comments(0)

2019年07月27日

消費税10%の悪巧み。

消費税10%の悪巧み。


消費税対策としてのキャッシュレス化のメリット、デメリット
政府は、2019年10月に行う消費税率10%への引き上げに向けた景気対策として、クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元を行うことを決めた。

ポイント還元策の予算額は2,798億円。これにより、増税後9カ月間に限り、中小小売店で電子マネーやクレジットカードなどでキャッシュレス決済をした消費者に対し、購入額の5%(または2%)分のポイントを還元する目論見だ。

また、中小小売店での導入を推進するために、必要な端末などの機器を導入する費用の3分の2、小売店が決済事業者に支払う手数料の3分の1を国が補助し負担軽減を図る。


>クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元を行うことを決めた。
<抜粋引用:2019年2月15日(金)18時00分 News Week 日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11702.php

5%のポイント還元とかだが・・・

消費税10%に伴い消費物価10%~20%上昇してます。もうすでに上昇中。

つまりわかりやすくヤオコー、ベルクにしたって仕入れ消費は売上消費税から仕入れ消費税差し引きできるけど、販売に係るコスト、例えばポップとかレジ袋とかチラシ制作費とかは最終消費者ですから丸々、消費税吸い取られます。

つまり、そういう販売コスト、経費は当然商品に転嫁されますから否が応でも物価は高騰します。オイラの好きなサバ缶140円が幾らになるんだろ?

ま、バナナなんかセールで98円とかだけど4本で。もしかしたら3本になっちゃうかもね。

「おかめ納豆」なんかも、広告の品で68円だけど10月になったら「広告の品78円」かもね。つまり、消費税で10%ガメられた他に15%も値上げされちゃいましたていう話。

刺身なんかもパック代、トレー代も販売経費だから2割は値上げになるよね。天ぷら、コロッケも揚げ物類油も値上げされるだろうから。

そんなわけで下々、下級国民はキャッシュレスなんかにしちゃったら財布の紐関係ないから瞬間痛税感はないけど、預金通帳みってがっくり(笑)。

子どもなんてどうすんの?とうちゃんかカーチャンのキャッシュカード持たせるの、それとも子ども専用のキャッシュカード作るの?

しっかし、大変な世の中だねポイント還元って騙されちゃってポイント付いた時点でポイント以上の消費税負担させられて、バカみたい。

>必要な端末などの機器を導入する費用の3分の2、小売店が決済事業者に支払う手数料の3分の1を国が補助し負担軽減を図る。

オイオイ、ふざけんなよ「国が負担」するって、それ消費税からじゃねぇか、税金からじゃねぇか国民が負担するんだろ、させるんだろ。

で、銀行とかクレジット会社に手数料稼がせて、端末じゃあ、NECとかに稼がせちゃってデータ通信料稼がせちゃって。しっかしひっどい政府だね。

挙句が社会保障には消費税増税、値上げ分の2%だけって、なんだよそれ。まあしょうがないね、自民党政権、国民が選んでんだから今頃、ブツブツ言ったところで奴ら、笑ってるよ。

消費税10%の悪巧み。  


Posted by 昭和24歳  at 20:25Comments(0)

2019年07月27日

「パパにもきたの・・・赤紙?」

「パパにもきたの・・・赤紙?」
2006/6/7(水)



昨夜のNHK、特攻隊と北満開拓団のドキュメント。

さて・・・

イラクでは「サドル師」が徹底抗戦の構えと報じています。
ジョージ・W・ブッシュはトルーマンでもなければアイゼンハワーでもない。
ならば、第一次湾岸戦争のパウエルがマッカーサーであったかといえばそうでもない。

今日、駐留イラク最高司令官は僕らと同世代。

60年間戦争に明け暮れた世界一の軍事、経済大国にして「自由と民主主義」の米国に、
はたして時代の進歩、文明の開化はあったのだろうか。

実に獰猛で野蛮な好戦的な「覇権主義国家」。
国内にあっても銃社会の実態、自分のみは自分で守るのはいいが、
あえて敵を作り上げて「自分を守る」もないだろう。
しかも、絶対に身辺に危険の及ぶことのない「敵」に。

「911」が、デッチ上げか、思惑はずれかはともかくあのこと以上の破壊工作を世界中でやっている米国。
それが何のためか・・・・・・
別に米国の国益なんかではない、米国の「戦争」という「公共事業」のためにやっているに過ぎない。
日本の防衛も米国の公共事業の一環、イラクも、北朝鮮も、そしてアフガニスタンも・・・・・etc

なんとも好都合な「オリンピック」。
開会に期を合わせたように、「ナジャフ掃討作戦」をやるという自由と民主主義、
世界平和のためならなんでもするというアメリカ合衆国。

テレビはオリンピックに野球に「815」の欠片もない。
NHKが午後9時からの1時間、
NHKスペシャル、「子どもたちの戦争」をやるだけ。

「パパ、赤紙ってなに?」

娘が訊いた。

昨夜のNHKを見ながらの話だった。

「パパにもきたの・・・赤紙?」

「パパにはこないよ、パパは戦争が終わってから生まれたんだもの。
でもよく知ってるな、『赤紙』なんて」

「うん、学校で先生が話してくれた」

どうやら先生とはいっても、そうした話をボランティアでする退職した先生らしい。

「アメリカって嫌い。戦争ばっかりしていて、アメリカなんかに行きたくない。
パパ・・・また戦争するの?」

「するかもしれないな」

「でももうパパには赤紙こないね」

「ああ、こないよもうおじいちゃんだし」

「よかった」

そういうと娘はテレビに映る特攻隊を凝視していた。

娘は今10歳。

後10年。いや、後5年かも知れない。
このままの世情、経済の不安定が続けばやがては徴兵制が敷かれ、軍備増強のための日本軍が創設、
防衛庁が、国防省に・・・

教育基本法の改正、公教育6・3・3制の見直し。
公教育費の削減。
大衆の教育の公平を奪う義務教育。
私立医大は言うに及ばず、東大でも親、親族の年収が2千万円以上が大勢と。
しかも富裕層の婚姻率の伸び、出生率は2.5強と。

児童虐待が顕著なのは残念ながら経済的原因と親の生育環境にあるとも。
戦後の貧困とはわけが違う今日の貧困。
悲しいかな人間のもつ「差別」、その大衆同士の差別を増長する社会と行政。
やはりそれも為政の差し金なのか、労働の場を奪い、生活を脅かし増税を言う為政。

それが、国民の義務と責任というのなら・・・
さきに責任をとってもらってから言ってもらおうではないか。

60年前の。

「パパにもきたの・・・赤紙?」
2006/6/7(水)
  


Posted by 昭和24歳  at 11:35Comments(0)

2019年07月26日

【国難】ミサイル発射でゴルフ続行!

【国難】ミサイル発射でゴルフ続行!

最近は全く芸能ネタばかりのテレヴィジョンを見ない。

なのでネットのニュースでは北朝鮮が新型ミサイル発射とかコレ↓

金正恩氏がミサイル発射指導 北朝鮮国営通信 「韓国に警告」
【AFP=時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は26日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が、「南朝鮮(韓国)軍の好戦勢力に対する厳重な警告」として、「新型戦術誘導兵器」の発射を視察したと伝えた。

【図解】北朝鮮のミサイル

 KCNAは北朝鮮が25日行った短距離ミサイル2発の海への発射に言及し、金氏が同日、「最先端の兵器システム」発射を「直接組織・指導した」と報じた。

 北朝鮮によるミサイル発射試験は、先月急きょ行われたドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と金氏との会談後、初めてだった。【翻訳編集】 AFPBB News

<引用:7/26(金) 7:31配信 AFP=時事>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000005-jij_afp-int

で、別荘でゴルフとは浮世離れなんだがインタヴューに応えて、コレ↓


安倍総理は静養先の山梨県で記者団に対し、日本の安全保障に影響を与える事態ではないという認識を示しました。
「我が国の安全保障に影響を与える事態ではないことは確認をしている。いずれにせよ、今後、米国と緊密に連携をしていく」(安倍首相)
TBSNews

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3734326.html

>「我が国の安全保障に影響を与える事態ではないことは確認をしている・・・」


何それ、、もしかして金正恩閣下とホットライン、世襲さんダメ同士?

2年前は「国難、国難」とかいって解散総選挙までしたくせに、なにそれ。

で、その飛翔体、北朝鮮の新型ミサイルの落っこちたところは日本海だ、つまり出来レース?

それにしたってそのまんまゴルフって森元首相時代(2001年)の「えひめ丸事件」で森元はゴルフ続行で辞任。

だから「安全を確認してる」っていう表現おかしくねぇ?

まあ、「安全確認した」っていうんだから、「今回のミサイルは安全ですよ」くらい臨時ニュース流したっていいと思うんだけど、大本営発表。

それを、自分だけ「安全確認」したからってお友達とゴルフって、それはないんと違いますか。

だって官邸では官房長官「情報を収集とか言ってるんだけど・・・

しかしアレだね、消費税10%にするとか、へんてこりんな自民党議員のニュースをできるだけ流させないためにもスピン、スピンだね。

で、8月初旬に召集の参院選後の臨時国会、9月下旬に召集される臨時国会なんだが夏休みとか言う出すんじゃないの。

で、その好きに9月になんか事件起こさせるかもしれないね。

あっ、ヤオコー飯塚店が売り場全面改装ですけどこれも消費税10%となんか関係があるの、店長さん?

【国難】ミサイル発射でゴルフ続行!


  


Posted by 昭和24歳  at 11:43Comments(0)

2019年07月25日

N国、丸穂に入党要請「政治はクズ」(笑)。

N国、丸穂に入党要請「政治はクズ」(笑)。

↑ついでにこのクズも持ってけっ(笑)

N国、丸山穂高氏に入党要請 国会内で会談「政治は数」
 「NHKから国民を守る党」(N国)の立花孝志代表は25日、北方領土返還に関して「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名)と国会内で会談し、入党を呼びかけた。丸山氏は支援者らと入党の是非を検討し、週明けに返答する考えを伝えた。

【写真】NHKから国民を守る党の立花孝志代表との会談を終え、記者の質問に答える丸山穂高衆院議員=2019年7月25日午後2時47分、東京・永田町、岩下毅撮影

 N国は、受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにするスクランブル放送の実現を訴え、参院選で1議席を獲得。立花氏は「1人では何もできないので協力をいただきたい」と要請したという。丸山氏は会談後、「私自身もNHK改革は必要だと思っている」と記者団に語った。

 丸山氏については6月に衆院が全会一致で「糾弾決議」を可決したが、丸山氏は議員辞職を否定している。立花氏は丸山氏への入党要請について「いろいろな方の反対やお叱りはある程度あるのかもしれない」としつつ、「やっぱり政治は数だ」と語った。
<引用:7/25(木) 17:33配信 朝日新聞デジタル>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000081-asahi-pol

>「いろいろな方の反対やお叱りはある程度あるのかもしれない」としつつ、「やっぱり政治は数だ」と語った。

数(カズ)じゃなくてクズだろ~ッ!!

まあ、クズだって政党助成金の足しにはなるわね、で、クズには年間4、5千万円は税金からでるし。

なんか、N国とかって出自がNHKらしいからやることがエグイネ。

別に叱ったりしないよ、自民党、首相が応援演説行ったせいで落選しちゃった忖度ん、塚田も秘書で使ってやったら。

そうだ、秋田でも首相と官房長官と小泉ジュニアが応援に行ったせいで落っこちちゃったやつも。

ま首相が加計学園の教授とかにねじ込むんだろうけど持参金(税金)付きでね。

ま、ぶっ壊れてるね、政府与党自民党、北朝鮮がミサイル打ち上げ花火したっていうのにJアラートならないし首相は「安全です」って、ゴルフだって。

金正恩だって、安倍首相が騒いでくれなかったら拍子抜けしちゃうじゃないの(笑)。

N国、丸穂に入党要請「政治はクズ」(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 20:47Comments(0)

2019年07月25日

安倍首相、消費税返して頂けませんか?

安倍首相、消費税返して頂けませんか?


「週刊文春」が入手した、石崎氏と外国人女性のLINEのやり取りによれば、今年4月30日、石崎氏が〈1time 50000Yen〉と持ちかけ、女性は〈You mean dinner and later go to hotel and sex?〉と尋ねている。

 そして、石崎氏が都内にあるホテルのバーを待ち合わせ場所に指定。〈after dinner, go to room.〉と再度打診し、〈100000 yen OK〉と値段を5万円上乗せして関係を迫っている。

https://bunshun.jp/articles/-/12989

>〈100000 yen OK〉と値段を5万円上乗せして関係を迫っている。

ま、この石崎っていう元財務官僚、35歳だって言うんだが、28歳で初当選、どう見てもとっちゃん坊や(笑)。

で、秘書に暴行「死ね」とかなんだが、この人、秘書給与なんかもちゃんと渡してるか洗ったほうがいいよねn元は消費税だったりだし。

しかし、アレだ、文春にってハニートラップかも知れないんだが、だとするとこのとっちゃん坊や、いつもこんなことしてるんだろうね。

官邸、内調がが総理の可愛い子分をもみ消しこそすれ、引掛けなんかするわけないし、わかんないけど、塚田、落っこっちゃったし、参院。

ま、衆院予算委員会なんかでも「なんだこの坊や見たいの」って思ってたんだけど、豊田真由子と一緒で「魔の三回生」だって(笑)。

そらそうだ、離婚してるらしいんだけど独身で自由になる金が年間、4000万円からあったら狂っちゃうよね。

そら、パツキンのネェちゃん、5万円を10万円で、適当に領収書書いて政治資金規正法に則ってとかなんだから下々の35歳カワイソ過ぎ。

で、こいう人、次の選挙まで出処進退とか言って離党とかで逃げて、また新潟選挙区から立候補(笑)。

あの維新の丸山ナントカ、「N国党」がスカウトするらしい。北方領土戦争で取り返す発言。買春疑惑のアレです。

そら、N国党の立花党首にしたって当院増えたらとりあえずは政党交付金で消費税ガメルことできるし、丸山ナントカだって黙って4000万円。

んなことより、消費税返してくださいな安倍首相。

平成元年4月から平成31年3月末までの国民からガメた消費税、返してくんないかなぁ。

できないことじゃあないよねぇ、だってトヨタ自動車なんて豊田税務署からこの30年間で9兆円近く、大企業全体で30兆円返してる。

まあ、ね。大企業には法人税減税、穴埋めに困民からガメた消費税。富裕層への減税も困民からガメた消費税で穴埋め。

れいわ新選組の山本太郎も甘いね、ま、いいけど、どう見たって今日の飯に困る生活してないから「消費税廃止」だって。

違うだろ、今までガメられた30年分の消費税、困民に返してからってぇ話だろ。

財源、ざっくり、あるじゃないの困民から所得移転した400兆円からの大企業内部留保とお金持ちの金融資産1200兆円が。

貯めとくだけで使わないお金。利息安いから株式投資、そこで儲けたお金の利息は1億円儲けても、100億円儲けても20%と優遇。

ま、大企業、金持ちに優遇しといたら自民党に数千億円の献金が入るから、困民、優遇したって献金してくんないし。

だから政党助成金とかで、困民から無理やり引っ剥がしガメる。

金あるんだよ、もちろん消費税で吸い上げたお金、スーパーから、八百屋、魚屋から回収した「日本銀行券」。

それ、困民からチューチューして自民党支持者の経団連で山分けしてるだけ。

んなことより、消費税返してくださいな安倍首相。

困民、平均家計所得500万円、平成元年から下がり続けてる。つまり、下がってる分が消費税っていう話。

つまり、この30年間というもの毎月平均消費税5%としてガメられた年間消費税ざっくり25万円。

つまり、「25万円X30年=750万円」を返してもらいたい。

オイラも高崎税務署で毎年確定申告で12万円くらい返してもらってる。源泉徴収分だけどね。

ま、平均ひと家計750万円、チリも積もれば山となるで「750万円」かえってきたら一挙に景気回復します。

今、生活保護受けてる人も、就職氷河期世代で非正規のあなた、30年前あなたのためにご両親が使った消費の消費税を返してもらう。

つまり、そうやって消費税でチューチュー吸い上げてもみんな政府関係者の懐に入っちゃうから株価は上がって戦後最大の好景気とかだが、

国民は困民子どもの7人に一人が貧困という発展途上国並みの生活しかできないという日本という「美しい国」。

安倍首相、消費税返して頂けませんか?

  


Posted by 昭和24歳  at 13:33Comments(0)

2019年07月24日

高崎“あるイタメシの物語”

ある恋の物語”ではなく・・・・・・・

“あるイタメシの物語”
HISTORIA DE UN ITAMESHI”



以前「初めての喫茶店」を書いた・・・・・・

どうも、その喫茶店には「イタリア系」のネーミングが多かったような気がするのは僕だけだろうか。

なんとなくだが・・・・・

高崎のそれも「ナポリ」とか「ローマ」とか、古典的というか戦後のそれには、

まさか“日・独・伊”の三国同盟ということはないのだろうけど(笑)。

もっとも、高崎メインストリートにある老舗のパン屋さんの「日英堂」はどうやら明治時代のあの、

“日英同盟”

からのネーミングだとか。

なんでもその「日英堂」の創業者、その“日英同盟”に沸いた時代に・・・・・・・

横浜あたりで「製パン修業」に励んでのことからだと、どこかで読んだ憶えがある。

イタメシである。

高崎の“イタメシ”といえば、本格的イタメシ屋は・・・・・・

1にも2にも、3、4がなくてそれは、なんと言っても「シャンゴ」ではないだろうか。

僕が初めて「シャンゴ」に行ったのは昭和44年、

たしか仲通、フランス座入り口のレストラン“ピナン”でコックの見習をしていた友達に連れられて行ったのが最初だった。

それまでの“イタメシ”・・・・・・

もっとも「イタメシ」などと言う言葉、言い回しはなかったが、それは「ナポリタン」しかなかったのではなかったか。
“駅前ナポリ”でも、“ブリッジ”でも、藤五デパートの“森永レストラン”でも出来たての和田橋のたもとの“ファンタジー”でも、
「スパゲッティ」と言えば、

「ナポリタン」

決まって、ウィンナーにタマネギとピーマンにたっぷりのケッチャップで炒めたやつ・・・・・・

僕は「シャンゴ」に連れて行ってもらったが“ナポリタン”しか知らなかった。

コック見習の友だちは、「ボンゴレも美味いぞ」とか、「ミートソースも、ぺペロンチーノも」とか、しまいには「ピッツァ」もとか・・・・・
とにかく聞くもの、見るもの、「ナポリタン」以外は初めてで、僕はその初めてのシャンゴで「ナポリタン」を注文した。

ところが、出てきた「ナポリタン」は・・・・・・

それは、今までの「ナポリタン」とは一味も、二味も違ったなんとも言えない“美味い”「ナポリタン」だった。

シャンゴのナポリタンにはウィンナーもピーマンも入ってないしケチャップもほんの隠し鯵程度で、
それにはスライスされた“マッシュルーム”と、ぷりぷりの“剥きエビ”、それも大きめの。
それ以来、3年間くらいは「シャンゴ」と言えば僕は“ナポリタン”だった。
それに、やはり初めての食べ物だったのが「野菜サラダ」。
それまでの“サラダ”と言えば連想したのは精々が「ポテトサラダ」でしかなかった。

千切った大き目のレタス、ベビーコーン、セロリに輪切りのピーマン、タマネギ、トマト・・・・・・
それにマヨネーズではなく“ドレッシング”とか言う酸味の効いたなんとも言えない味のスープのようなやつ。
なんと洒落た食いモンだろうと思わず感心してしまった。

ところでその初めての「シャンゴ」だが、広さは20坪弱。

請地町、四つ角、丁度ファミレス“ココス”対面にあった・・・・・・・
立て看板、ブームスタンドには今ではお馴染みのあのコックのマークにお世辞にもお洒落とは言えない「シャンゴ」のロゴ。
店の構えは漆くいの白壁で、いかにもマカロニウエスタンに出てくるような趣。
店の中は薄暗く、カウンターに5、6席とテーブル席がやはり五つか六つ・・・・・・
カウンターの中ではマスターが、いかにも「コックです!」と威張ったような出で立ちでフライパンを音を立てて振っている。
あの頃は僕が21、2の頃だったから、マスターも精々三十路を超えたか超えないか・・・・・・

それにしても、いかにも「シャンゴ」と言った、色黒で、ジャガイモのような顔をした、
その分、コックの白衣が際立ってその白さが目立ったマスター。
その脇で、ママさん、奥さん、小柄で色白で可愛らしい女性。
時々、その調理場の向こうでは赤ちゃんの鳴き声が・・・・・・

そんな「シャンゴ」に通って何年目だろうか。

僕がキャバレーニュージャパンでバンドマンをやっているころのことだから・・・・・・・・
昭和47年くらいじゃあなかっただろうか ?

「今度、問屋町に移転するんだけど」

と、マスターがボソッと言った。

「問屋町ですかぁ?何にもないじゃあないですかあの辺。遠くなっちゃうな」

「ここ、駐車場もないしね。それに道路拡張とかでいずれ動かなくちゃあならんそうだからね」

実は、縁というか、その問屋町本店の店舗のタイル工事は僕の義兄がすることになった。

そんなこんなで、問屋町に移転してからも頻繁に「シャンゴ通い」が続いたわけだが、
請地の店でも僕の同級生がアルバイトをしたりしていて、僕のそのイタメシにも次第次第に箔がかかってきて・・・・・・
移転する頃にはスパゲッティと言えば僕は「マーレートマトソース」か、「ペスカトーレ」。
それに、イタリアンドレッシングたっぷりの「コンビネーションサラダ」とすっかりイタメシが日常になっていた。

最初の問屋町の店が改装する頃には・・・・・・・・

そのオープンカウンター、厨房にはマスターの姿は時々にしか見えなくなっていた。

群馬町店、前橋店、伊勢崎店と出店していくうちに「シャンゴ」が「シャンゴ」ではなくなっていった。
丁度僕もしばらく高崎を離れ、それでも高崎にけると・・・・・・・・
「シャンゴ」の味が懐かしく「シャンゴ」でない「シャンゴ」を食いに行く。

いつのことだったか小用でシャンゴのマスター、
いや、シャンゴ株式会社の社長を本店に訪ねた・・・・・・

僕がバンドマンであることを良く知るマスター、いや、社長はギターを弾く真似をして、
あの、色黒の、ごつい顔をニコッとくしゃくしゃにして、

「相変わらずやってるの?」

と、言った。

高崎の“イタメシ”、いや、群馬の“イタメシ”の多くが「シャンゴスクール」の卒業生。

シャンゴカラーを前面に出してやっている店、相当にアレンジしてやっている店と夫々だが・・・・・・
いずれも、僕の初めての「シャンゴ」には適わない。それは僕の勝手な思い込みかも知れないけれど。

でも、その「シャンゴ」自体が、すでに「シャンゴ」でなくなっている・・・・・・

昔の“それ”ではなくなっているのだから仕方がないのだろう。

そうだ、あの時の「赤ちゃん」が今は頑張っているとか・・・・・・
去年の初秋、問屋町のイベントでシャンゴのマスター、いや、社長にばったりと会った。

「孫のお守りさ」

と、あの顔をくしゃくしゃにして・・・・・・

そうだ、今夜の夕飯は「シャンゴ」のミートソースにしよう。

カミサンはベスビオだという、娘はぺペロンチーの。

ソレに、ミックスピザ“L”サイズをテイクアウトしよう・・・・・・

ソレにしても、パスタな街“たかさき”である。

「犬も歩けばイタメシ屋にあたる」

大袈裟ではなくそう思う。昭和42年にそれは始まったと言うが・・・・・


高崎“あるイタメシの物語”


--------------------------------------------------------------------------------



  


Posted by 昭和24歳  at 13:06Comments(0)

2019年07月23日

お笑い、「選管ミス」(笑)

お笑い、「選管ミス」(笑)

自民・山田太郎氏の515票が消えた... 「山本」太郎氏と誤認、富士宮市選管「計上ミス」
2019/7/23 15:17
https://www.j-cast.com/2019/07/23363283.html
2019年7月21日投開票の参院選比例区で当選を決めた自民党・山田太郎氏(52)をめぐり、不可解な得票数が物議を醸している。
党内で2番目の票を獲得したものの、静岡県富士宮市では1票もなし。SNS上では同市在住で山田氏に投票したと宣言する人もおり、集計ミスを疑う声が続出している。同市の選挙管理委員はミスを認め、再発防止を講じるとした。



左が「山田太郎」(自民党)
右が「山本太郎」(れいわ新選組)
「山田太郎」って知らんなぁ。
でも自民党比例2位当選ってすごすぎ(笑)。

そしたら富士宮市選管「計上ミス」だって。そんなのあるの?
信じられない。「山田太郎」を「山本太郎」と間違ったってどういう選挙管理やってんだろ選挙管理委員会(笑)。
つうことは、その逆もありだよねぇ「山本太郎」を「山田太郎」に間違って計上しちゃうとかってぇの。

まあ、富士宮市選管「計上ミス」が発覚しちゃったわけだから、山田、山本、どっちに転ぶにしても開票、やり直さないとまずいんじゃあないの。

「ウソをつくな。すぐばれる。気が利いたことを言おうとするな。後が続かない。
若い君が本当に思っていることを話せ。自分の言葉で喋りなさい。借りものは駄目だ。
大声を出し、汗まみれでやれ。お百姓衆を侮って手抜きをするな。火の玉になることだ。
それで他人様が燃えてくれる。小理屈で人間は動かない」
                                  田中角栄
  


Posted by 昭和24歳  at 20:53Comments(0)

2019年07月22日

7月22日の記事

団塊が「れいわ」でけじめる。


 団塊、「戦争を知らない子供たち」アメリカンカルチャーにどっぷり浸かりヴィレッジバンガードに染まりソニー・ロリンズ、ビル・エヴァンスやジョン・コルトレーンのにシビレ、グリニッジ・ヴィレッジのボブ・ディランにうつつをぬかした。

 時は1960年代、ヴェトナム戦争前夜。なんのことはないアメリカの団塊はみんな徴兵に・・・

 ま、この日本敗戦国であったがため東西冷戦の戦争には参加させてもらえずわけのわからない太平洋戦争(大東亜戦争)の首謀者、A級戦犯容疑者グループが政党を組織し(させられ)なんとも奇妙奇天烈な平和国家がそこに創られた。

 それが、今の今まで続いているのだから奇妙奇天烈、そのとおりだろう。国民不在の占領アメリカ政府の代理当地の政権与党は昭和の高度経済成長、国民大衆が汗水たらしてなし得たその富を平成、バブル経済崩壊でアメリカ政府にヤドカリする国際金融資本に根こそぎかっぱらわれた。それがこの30年の景気停滞、デフレの理由。

 平成元年の消費税導入も政府が国民の所得の一部を合法的に「盗む」システム。

 そして令和になったらそれを10%だという。平均家計所得500万円でその消費は100%に近い、そしたら年間50万円が「税金」という名で盗まれる。

 盗んだ税金、金は何に使われるかっていうと富裕層の減税、大企業の減税の穴埋めにその消費税、盗まれた20兆円が使われる。
 そらね、そこまでアコギな政権与党、良心の呵責に耐え兼ねているまともな国会議員もいるんだろうけど、なんたって今のトップ、総裁が東京巣鴨拘置所に3年もぶち込まれてたA級戦犯容疑者の孫、この現実が何を物語るか社会、世の中の常識から推し量れば・・・
「あっ、そういうことね」である。

 時代が、世の中が変わっていることに誰も気づかない。いや、気づかないはずだ。平成になって99%の国民は一日として安穏としていられない生活がつづいている。

 頻発する、通り魔殺人事件、虐待子殺し、この間たしかに外国との戦争はないがまるで内戦状態、自殺者の数は年間2万人強。平成になってなんとその数は100万人近く。

 とにかく生きづらくしている政治。ゆとり教育がもたらした個人主義はまず他人より自分。そしてそん閉塞感引きこもる少年がそのまんま中高年に。

 その意味では団塊世代ジュニアはまさに当事者。ということはその団塊世代ジュニアを生み出した「団塊世代」にも大きな責任があるのでは。

 時々、ホームセンターで同級生に会う。
 彼の人生を想像する・・・
 彼も僕の人生を想像するだろう。


団塊が「れいわ」でけじめる。

  


Posted by 昭和24歳  at 16:29Comments(0)

2019年07月22日

国会【れいわ事変】

国会【れいわ事変】


山本太郎「政党要件を得たということが,
いかに相手側にとっては地獄絵のような気分になるかっていうことを
次の<衆議院選挙>で味わって頂きたい、という風に思います」>/strong>

https://twitter.com/xzjps/status/1152960963890438144

とりわけ、落選したとは言え、コレ↓

964,966
比例個人票では、
ダントツのトップ!



山本太郎(44)は僕の娘と同い年だ。初めての子ども、娘が生まれたとき・・・
「立てば這え、這えば歩けの親心」で親にしてもらった娘に感謝だが。
そんな団塊世代ジュニアの山本太郎がまさに孤軍奮闘しての「れいわ維新」。

捨てたもんじゃなかった、あの時代の「イマドキ」。
 
 彼らの親世代の僕らだがいい夢を見ながら冥土への土産話ができるかな?
 これで政党要件満たし、マスコミも無視できなくなった。そうなれば時期選挙での得票率は10%は超えるだろう。
 そうすれば与野党からも賛同者を集めて、「戦後レジーム脱却」を言いながらいまだそこから抜け出られないどころかその「戦後レジーム」の上にアグラをかいて貴族的な世襲政治を続けるグローバリズム、新自由主義と対等に戦うことができる。

 残念ながら組織によってコントロールされる野党も戦後レジーム、55年体制の亡霊の中にいる。その意味で、山本太郎率いる「れいわ新選組」が与野党に踏み絵を突きつけた・・・

 平均寿命、およそ80歳。その残された10年、十分幸せに満ちた夢のような時代を生かされてもらった600万人の団塊世代。99%の国民の一人として子ども世代の彼らにエールを送りたい。

国会【れいわ事変】
  


Posted by 昭和24歳  at 09:17Comments(0)

< 2019年08月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ