2019年10月08日

神風だよ、消費税増税の罰当たり

神風だよ、消費税増税の罰当たり

そう言えば15号も神風。
ま、この神風で連休、スーパーも大変。


増税後の食品販売11%減、前回増税時よりマイナス幅小さい=西村再生相
[東京 8日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は8日の閣議後会見で、POSデータなどを活用して把握したスーパーなどの日次データによると、消費増税後の1日から6日の食料品・日用品販売額は前年比11%減で、前回の増税時(2014年4月はじめ)の同19%減と比べマイナス幅が小さいと指摘した。

増税前の駆け込み需要は「全体として大きくない」ものの、「家電は9月に駆け込み需要があった」と述べ、今後の消費動向に関し「増税で変化がないかしっかり見て行く」と強調した。

内閣府が7日公表した8月の景気動向指数(速報)で、景気の基調判断が「悪化」に引き下げられたことに関連し、「主な要因は世界経済減速による輸出や生産の弱めの動き」と説明した。

政府は月例経済報告で示す公式の景気判断は「緩やかに回復している」との表現を堅持しているが、再生相は、月例経済報告は輸出の弱さを指摘しているとし、「政府見解と齟齬(そご)はない」と説明した。

<引用:2019年10月8日 / 10:39 ロイター>
https://jp.reuters.com/article/consumptiontax-nishimura-idJPKBN1WN03V

>消費増税後の1日から6日の食料品・日用品販売額は前年比11%減で、前回の増税時(2014年4月はじめ)の同19%減と比べマイナス幅が小さい


前年比マイナス11%減前回の増税と比べると、って前回は5%から8%だ、つまり3%増税。
今回は8%から10%だから2%の増税、その差は大きいよね。でも、11%減っていうのもすごくない?
だから減少幅が小さいからどうだっていうわけ?マイナスはマイナスだろ。デフレ促進内閣(笑)。

まっ、神風襲来で電灯用の電池が売り切れだって…
高崎はどうなんだろ、停電なんてあるんだろうか、今季最大の神風だけど。
しかし、千葉の方はまた直撃だね。日蓮上人にお願いしなくちゃ。


神風だよ、消費税増税の罰当たり
  


Posted by 昭和24歳  at 21:25Comments(0)

2019年10月08日

米日黒船貿易片務協定

米日黒船貿易片務協定


【図解・行政】日米協定、主要品目の交渉結果(2019年9月)/u>

日米貿易協定、正式署名=来年1月1日発効目指す
 【ワシントン時事】日米両政府は7日午後(日本時間8日未明)、ホワイトハウスで貿易協定に正式に署名した。

 署名式でトランプ大統領は「協定は多くの雇用を生み出し、投資の拡大や貿易赤字の大幅削減につながる。農家と牧場主にとっては大きな転換点だ」と述べ、来年の大統領選を意識して対日輸出拡大をアピールした。

<中略>

 トランプ政権は議会承認を経ずに大統領権限で早期発効させる特例措置を取る見通し。来年初めの発効には日本が今臨時国会で協定案の承認を得られるかが焦点となる。茂木敏充外相は7日、外務省内で記者団に「早期発効が何よりも大事だ」と述べた。

<抜粋引用:10/8(火) 5:39配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000005-jij-n_ame

>署名式でトランプ大統領は「協定は多くの雇用を生み出し…

つまり、日本はこの協定で多くの雇用を喪失するってぇことね。どうなっちゃってるんだろ、蛇に睨まれたカエル?

>農家と牧場主にとっては大きな転換点だ」と述べ…

確かに。日本の農家にとっても大きな転換点だ。「離農すべきかすべきでないか」という。

>茂木敏充外相は7日、外務省内で記者団に「早期発効が何よりも大事だ」と述べた。

そうだね、「早期発見が何よりも大事」。いいかもしれないなんでこういうことなのかについても早く分かったほうが…

米日黒船貿易片務協定

  


Posted by 昭和24歳  at 08:58Comments(0)

2019年10月07日

「原発で日本の電気料金は限りなくタダになる」

「原発で日本の電気料金は限りなくタダになる」


揚水発電利用率わずか3% 経産省「再生エネ蓄電に活用を」
 
 標高が高い場所に水をくみ上げることで余った電気を実質的にためることができる「揚水発電所」の設備利用率は昨年度、全国で3%にとどまり、太陽光発電などの再生可能エネルギーが余ったときに蓄電する受け皿としてはほとんど活用されていないことが、経済産業省の集計で1日、分かった。

 九州電力など電力5社は再生エネの供給が増え過ぎて需給バランスが崩れる恐れがあるなどとして、新規受け入れを中断している。経産省は揚水発電を最大限活用すれば、再生エネの受け入れ可能量が増えるとみており、5社に試算の提出を求める。
<引用:2014/11/01 23:16 【共同通信】>
ソース:http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014110101001649.html

まあ、色々とご意見はあるようだが・・・・・

全国にその「揚水力発電所」は50箇所でが、廃止されたものも副組まれて稼働というかそこから電力供給(設備利用)されたのは「3%」。たったの。
まっ、群馬だと神流川揚水力発電所が有名だがその建設には約1500億円の税金が使われている。
結果、原発と同様に税金で作って、電力会社がその全てを負担する形で利用者に、あらゆる形で「電力料金」として請求する。

まあ、その意味では実に効率の良い「電気エネルギー発生装置」なんだが、じゃあ、その電気エネルギーの下はといえば、火力発電、原子力発電の夜間余剰電力がその「揚水力」の源泉。
まっ、火力発電はその発電は容易にコントロールされる。つまり、夜間、電力需要がなければ「稼働」しない。
しかし、原発はどうもそうはいかないらしい。要するに「発電コントロール」が難しいようだ。
そこで、原発を造るごとに、その余剰電力を消費する「揚水力」を必要とするダムを建設しなくてはならない・・・・・

まあ、そこで問題なのが、あの福島第一原発爆発事故以来、「電力危機」が喧伝だれたが、「電気は余っている」という実態がそこに浮かび上がってしまった。
再生可能エネルギーとかで発電した電力を電力会社が買い取るとかの政策だったが、電気「余っちゃいました」(笑)。
で、電力各社「電気買取りません」みたいな話であたふたしている業者だけど・・・・・
つまり、それどころじゃあない、一箇所1000億円以上かけて作って、その可動にも莫大な管理コストがかかる・・・・・
まあ、本来ならその「揚水力発電エネルギー」を効率よく使えば、電力料金むちゃくちゃ安くなりのに、それをしない。
まあ、需要と供給のバランスですから、電力の安定供給量が増えれば受給価格、つまり市場価格は下がる。これ原則ですから。
従って、それでは電力会社売上が落ちちゃいますから、せっかく莫大な税金をかけて作った「揚水力発電」を使わないで、あの福島第一原発爆発自己後も危機を演出した。

まあ、四の五のいったところで、原発、全部止まっちゃってるわけですから原発の余剰電力ないから「揚水力発電所」も稼働できません。
だって、「揚水力発電所稼働」のために再生可能エネルギーを買っちゃったり、火力発電所を無理やり必要もないのに夜間稼働させたらそれこそ大変ですから。

それにしても、たったの「3%」の「設備利用率」って、これ、民間会社だったら即刻破綻します(笑)。

っていうことは、電力需要は十分に満たされているってぇことですから、もし原発再稼働したら「電気料金」格段に下がるわけですね。
それに「揚水力発電所」の利用率増大で、日本の電気料金・・・・・・
日本の電気料金は原発によって限りなく、「タダ」になる。これ、日本初代の原子力委員長の発言です。
まあ、実態は、どの原発で「限りなく高騰」してますけど(笑)。

まあ、そう言いながら、なんやかんや「税金」くっつけて、終いにはその爆発事故の後始末も国民負担ですから、国民たまったもんじゃあないです(;´д`)

「原発で日本の電気料金は限りなくタダになる」
  


Posted by 昭和24歳  at 18:47Comments(0)

2019年10月07日

「円売り加速」は「格差社会の加速」

「円売り加速」は「格差社会の加速」


<NY外為>1ドル=114円台前半 円売り加速
毎日新聞 11月4日(火)0時26分配信

 【ワシントン清水憲司、ロンドン坂井隆之】週明け3日のニューヨーク外国為替市場は、アジア、欧州市場の流れを引き継いで円に売り注文が集中し、円相場は一時、前週末比1円50銭以上円安・ドル高の1ドル=114円台前半まで下落した。1ドル=114円台は2007年12月下旬以来6年10カ月ぶりの円安水準。

 31日に日銀が市場の予測を覆して追加の金融緩和を発表した「日銀ショック」が続いており、「世の中に出回る円建てのお金の量が増える」との思惑から、円を売ってドルやユーロを買う動きが広がった。東京市場は祝日で休場だったが、前週末からの円安の流れが止まらず、ニューヨーク市場では、欧州市場でつけた1ドル=113円台半ばから、さらに円売りの動きが加速した。

 円相場は、31日午後に日銀が追加緩和を決めた直後から、週末を挟んで5円近くも対ドルで下落する異例の値動きとなっている。
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000000-mai-brf

まあ、国富のほとんどが民営化の名のもとに「私物化」されたし、最終の「郵貯」も「証券化」されるし(笑)。
つまり国営であった時代さんざっぱら使い果たされた挙句の「負債・不良債権」は増税、たばこ税なんてその最たるもので、全て日本国有鉄道の不良債権の後始末。
今ある「JR各社」は北海道を除いて概ね健全経営で、電力もここに来てあの原発爆発事故の後始末も、永遠に「国民負担」の構図が描かれたから・・・・・

まあ、国民「自己責任国家」ということか、しかし「国民」は何も悪いことはしていない。
どころかせっせと汗水たらして働いて、代替わりするときになったら、労働者、永遠に所得補償のない「時間給労働性」。
つまり、人間としての扱いでなく「工」、人工(にんく)としての扱いでしかない。
まっ、経済原則から言ったらその生産性から「人情」を切り落としちゃえば賃金なんて「生活費」分だけでよし、そんなもんでしょう、今の政府、経済界。

つまり、「日本国」という製品がそれなりに国民を機械、ツールとしての労働力として確保している。
更には、さらなる円安になって生産拠点が日本本土回帰しても今、作り上げた制度「労働法」では賃金上昇はその出来高だから、経営者(資本)に一切の痛みはない。

結果、このまま「円安」が加速すれば、その「資本」の相当部分が買い叩かれる・・・・・

いわゆる、利益の出る株式はターゲットとなるから当然その「経営権」も「資本家」(投資家)のものになる。
まあ、そうなるとまさに「弱肉強食社会」で弱者は一生低賃金で生活しなければならない。
もっとも、日本以外の世界の国々はおおよそがそんなもんなんだろうけど、「格差社会」。
当然、「強者」と「弱者」の間には紛争が起きる、そこに「宗教」が介在し「戦争」になるり、
そうすると、世界の資本、軍需産業に莫大な利益が転がり込む。
まあ、それが世界経済の成長の源泉なんだろうけど、「破壊と生産」の歴史。

ここいらで、壊れるかもしれませんね・・・・・
この日本という国の「調和社会」。明らかに異なるその民族性です。
つまり、「横」のつながりが切断されていく、農協、漁協等、そして「労働組合」の解体。

60年代、70年代、それを危惧した世代、学生運動、労働運動の沸き立つあの時代にも「高度経済成長」した日本。
おそらく、徹底した「横社会」がそこには存在したからだろう。それが今は大企業ほど「派遣労働」で完全な「縦社会」。
労働者同士が、社員同士がその身分について語り合うこともない。「絆」が笑える。

まあ、日本のこれまでのこの制度、システムに西洋思想が入ってくれば結果、1%の富裕層と99%の貧困層しか生まれない。
つまり、この、これからの日本の制度、システム、「法律」を作ってゆくのはその「資本」だからだ。
現状、今は既に政治も行政もその資本が動かして立法すらしている。
「労働法の改正」「年金法の改正」「税制改正」等々がそれだ・・・・・

まあ、この日本の上流階級は世襲で成り立っている。
それに操られているのが、世襲を繰り返す、戦うことのない「政治」は最早政治の体をなしてはいない。

円は安くなり、株は高騰する。

およそ30年前、この国の政治経済社会をコントロールしてきた人物・・・・・
有能な人物はほとんど粛清された。それでも世襲は続く。

「円売り加速」は「格差社会の加速」
  


Posted by 昭和24歳  at 18:41Comments(0)

2019年10月07日

解散総選挙のカラクリ

解散総選挙のカラクリ


>選挙は商売ですね、この「党」。

「傀儡政党」と見たらわかりやすいかも(笑)。

そして用無しとなった「日本社会党」は潰された・・・・・

その残骸が日本「民主党」を巣窟としたが、残骸は残骸でしかない。

僕ら世代のそれも所詮は「蛙の子」だったし、何をもって「リベラル」というのかはわからないが学生運動もその主体ではなかった残骸が赦されるがままに政治ごっこ。
その結末が、いわゆる「俺が、俺が」の「オレオレ詐欺」。悪魔の囁きか、天の声か、そこにある閉ざされた現実を見せられあからさまに砕けた「鳩山・管・野田」。

そうですね・・・・・

日本共産党は占領軍のコントロール下に未だあるのではないかと。
それは、旧ソ連のそれでもないし、中国共産党のそれでもない。
あの戦後の旧ソ連の「ソレ」だとかも、それは「ソレ」を匂わせた占領軍の統治戦略。
まあ、旧態依然とした、言っていることの正しさと、その行動が一致しないのはそこの管理下にあるからだろう。
まっ、少なくとも「政党」の体裁さえ整わない、「政党」がこの国には二つ存在する。

確かに国民は不幸ではあるが、これも致し方がないこと。
実質、人が考えて行動できるのは普通に生きたとして70年、80年。その中の20年程度でしかない。
あの「政権交代」も、アドミニストレーターの工作で「第一次安倍政権」もそこに置いたのが早すぎたとの判断から・・・・・

いわゆる戦後、占領軍直系の内閣を創って潰した。

つまり「取り戻す」を演出するための「政権交代」でしかなかった。
その結果が政権を取った日本「民主党」の滑稽とも思われるあのハシャギぶり。
2006年に日本「民主党代表」となった「小沢一郎代表」はその政権交代、その時・・・・・

「早すぎる」と形容した。

たちまち、「疑惑の人」とされてしまった小沢代表。
まあ、国策でしたね秘書二人の起訴逮捕と小沢元代表の「起訴、不起訴」そして二度の起訴相当議決の不起訴処分を2度(笑)。
そして、マスメディアの容赦ない攻撃。しかし結果は「無罪」。
それどころか検察現場幹部から「逮捕者」が出るという顛末にそのマスメディアはその抹殺に「我関せず」。

そして、まるで、何事もなかったかのように「取り戻した」、取り戻されたわけだが・・・・・

その2年足らずの政権で「解散総選挙」にはなんの意図があるのかが全く見えない。

それは「天の声」かもしれない。

結果、声高に成長をと見せたが、消費税10%はままならなかった「アベノミクス」はマイナス成長(笑)。
で、2017年4月には無条件で「10%」に増税。
まあ、再々来年の話だが、どんな経済環境であっても「消費税10%」に増税・・・・・

それは「天の声」かもしれない。

解散総選挙のカラクリ
  


Posted by 昭和24歳  at 18:34Comments(0)

2019年10月07日

【訃報】鉄腕、国鉄・400勝、金田正一さん逝く…

【訃報】鉄腕、国鉄・400勝、金田正一さん逝く…

開幕戦で国鉄のエース金田正一と対戦したが、4打席とも三振で散々なデビューだった。
<出典:朝日新聞フォトアーカイブ>

金田正一さん、硬かった親指に苦闘と覚悟みた…記者が悼む
 金田さんの左手親指に触れたことがある。黄金の左腕を私の眼前に突き出し「ホレ、記念に触らせてあげよう」と笑顔で言った。

【写真】これが豪快な投球フォームの連続写真(1965年撮影)

 2014年のインタビューでのこと。大きい手で長い指だったが、かつて白球を握った場所は爪と肉がえぐり取られ、ボールの形状をなぞるように曲がっていた。「ワシのカーブは手品みたいなモンよ。投げる瞬間に親指で回転を一度止める高等技術を使ってな」。恐る恐る0・2秒くらい触れると石のように硬かった。「な? あんなに投げるとな。こんなになっちゃうんだよ」。鉄腕と呼ばれた栄光の裏側に隠した苦闘と覚悟を垣間見た気がした。

<抜粋引用:10/7(月) 6:20配信 スポーツ報知>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000055-sph-base

「昭和逝く」。そんな感じですかね。

僕ら団塊世代は、多くが野球少年だった。まだテレビのなかった時代です。

突如として現れたのが4番サード「長島茂雄」。そして一本足打法ホームラン王「王貞治」。

その長島のデビュー戦で4打席4三振に仕留めたのが国鉄スワローズの鉄腕「金田正一投手」。

ま、敗戦から干支が一回りした頃の話で、僕が小学校4年かな?

で日本は高度経済成長前夜ですから娯楽といえば、ラジオ、映画くらいでもちろんテレビは出始め。

いったら、街頭テレビの時代だったろうか、まぁ、野球、相撲、プロレスに熱狂してましたね。

「巨人・大鵬・卵焼き」そんな時代でした…

僕は一度だけ本物の「金田正一」を見たことがあった。

それは、僕が高崎のキャバレー・ニュージャパンでドラムを叩いていた頃、そこへ金華亭の社長と伴っていらした金田正一、でっかったなぁ。

そうだ、長島と王も生で見たことがあった。それは昭和37年、高崎中央デパートのオープンの時。

どういうわけかは知らないがその長島選手と王選手が中央デパートのエレベーターに乗るところをやじうました13歳の頃の話。

まぁ、昭和を彩ったスターがひとつ、ひとつ消えてゆきます…

【訃報】鉄腕、国鉄・400勝、金田正一さん逝く…  


Posted by 昭和24歳  at 09:10Comments(0)

2019年10月06日

10月2日、北朝鮮がSLBM、やらせとけ!!

10月2日、北朝鮮がSLBM、やらせとけ!!

所詮、イラク、フセインの二の舞。
消されます世論を味方に。



北朝鮮の新型SLBM、日本全土が核攻撃の標的に

数多 久遠 (数多 久遠:小説家・軍事評論家、元幹部自衛官)

 10月2日、北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を発射した模様です。SLBMは北朝鮮にとって、核兵器の投射手段として当面の最終開発目標と考えられており、北朝鮮は、これ(と核)さえ手に入れれば、アメリカを抑止し、攻撃されることを防ぐことができると考えていると思われます。

 このため、今回の発射は、日本ではそれほど大きく取り上げられていませんが、軍事・安全保障面では非常に大きな意味のあるものです。

<抜粋引用:2019/10/06 06:00 産経新聞>

あのね、もししれが事実なら俺ら眠ってる間に天国ゆきです(笑)。

やらせとけよ、どうせ軍産複合の芝居なんだから。

イラクのフセイン見ればわかるだろっ、「大量破壊兵器ない」って言ってるのに、「ある」って。

小泉もいい加減な奴で、「無いなら無いことを証明しろって、ま、フセインから言わせたら無茶苦茶(笑)

で、金正恩なんだが、どこまで続くんだろ、この猿芝居。

北朝鮮、技術もなければ金もない。「やったやった」は日本政府だけ。

まあねぇ、拉致家族奪還するんなら、安倍ちゃんが政府専用機で航空自衛隊を警護につけて、平壌へ飛びなさい。

そして、拉致被害者を全員自衛隊の輸送機に乗せるまでは一歩の平壌空港を退きませんと。

その間、航空自衛隊の戦闘機、輸送機が平壌空港を出たり入ったり・・・

どこか問題ありますか、日本政府として日本人拉致被害者を救出することに何の問題があるんでしょうか。

ま、その模様、様子は国際中継です。北朝鮮が日本政府専用機、及び自衛隊戦闘機を不法侵入というんなら、北朝鮮こそ日本に不法侵入して、日本人を拉致した。

明らかに戦闘行為です。そしたらそれを救出、奪還するのに、それが不法侵入ということはありえません。

まあ、いつまで金正恩と軍産複合体の茶番に付き合ってないで、我が、日本政府本腰を上げませんか。

もしどこで、平壌の政府専用機が北朝鮮軍によって攻撃されて爆破されるんなら、いいじゃないですか、全面戦争です。

超法規的手段によって自国民を救済しようという政府、咎めを受ける理由はありません。

これまで、3家族の奪還、その後何の対策も講じられないまま月日ばかりが過ぎている。

ま、本星は北朝鮮じゃあない。北朝鮮には技術も金もない。とすると日米合作でしかない。中ロもやる意味がない。

10月2日、北朝鮮がSLBM、やらせとけ!!
  


Posted by 昭和24歳  at 20:15Comments(0)

2019年10月06日

不器用な月

不器用な月


それは、友人の突然の訃報だった。

一昨年の3月のことだ。毎年恒例の僕のシューベルトサロンでの演奏会のご案内を兼ねて近所のファミレスに児玉を誘った。

「ああっ、行くよ行くよ、今度はカミさんでも連れて行くかなぁ」

いつものように上機嫌で快諾してくれた。

児玉はイベント催事の仕込み業を県内のみならず北関東全域と手広くやっていた。
もちろん、その多忙の中にも僕の演奏会にはご光来いただいていた。ご同伴者は奥さんではなく息子さんであったが。
そしてその後も、月一、定例でやっているライブハウスでの演奏会にも都合のつく限り駆けつけてくれていた。
アレは一昨年の暮れの演奏会だったが、足利のデパートでの催事が片づかなくてとのことで演奏会終了後だったが、やはり息子さんと「悪かったなぁ」と例のあの調子ですまなそうに僕を労うように言っていたその時の児島が今でも僕の脳裏から離れない。
それから年が変わって、毎月のライブの案内、携帯のショートメールで欠かさなかったのだが、一度だけ「悪いなぁ」という返信があっただけでその後、決まって案内しても返信は来なくなっていた。
来なくなっていたというのも毎月のライブの案内は100通以上するので、まあ、児島のことだからさぞかし多忙なんだろうとあまり気にも留めることはなかった。
いつも、至って快活で元気な児島だったので夢々、その真逆を想像すらできないでいたのだった。

この3年ほどの短い時間に立て続けに音楽関係の仕事仲間だった先輩、後輩が亡くなった。死因はいずれもガンだたが。そして僕の義姉も闘病の末逝った・・・
さらに、僕のバンドメンバーの兄、僕より一つ年下だったが脳梗塞で急逝した。さらにこのところ僕のライブには必ず来てくれていた岡島さん、昭和28年生まれだが飲食中にとある店でやはり脳溢血で急逝。
しかし間違っても児島にそんなことはないだろうと想像さえしなかった僕は決まって今年2月にもライブの案内のメールをした。すぐに児島の携帯から返信が来た

「おおっ、今度は来てくれるのかな」と嬉しくなり受信ボックスを開くと…

「いつも、いつもご連絡ありがとうございます。主人は昨年の10月に他界しました。渡辺様のご案内はいつも主人には伝えております。これからもお元気で頑張ってください」

そうだったのか。あれほど、人一倍元気だった児島が、一昨年の年末から一年としないうちに亡くなっちゃうなんて。
後にうかがったのだが、「誰にも言うな」ということだったらしい。今自分の身に起きていること「なんでなんだと」もちろん児島、当の本人が「真逆」の心境だろう。死ぬなんて想像もしていなかっただろうと。

児島と僕は同い年で、ある友人を介して親しく付き合うようになった。
児島は優秀だったようで、某進学校を卒業していた。一方僕は落ちこぼれで、というかあの時代エレキをやっていると不良だと言われたその時代に市内の某ダンスホールでエレキ弾いて小遣い稼ぎしてたのだから、不良も不良、その児島とは別物の人生だったのだが、児島の話では…

「俺、よく行ったよ。お前たちが演奏しているダンスホールへ、なからやばかったけどな」

まあ、その当時のダンスホールって言ったらタバコは当たり前で、シンナーやってる奴とか薬でラリってる奴とか、さすが「ヒロポン」はなかったけど、風邪薬のアンプル注射しているチンピラさんもいたし。もちろんそのダンスホールの用心棒は本物のヤクザ屋さんだし、ホールでケンカが始まると、まず警察は絶対来ません。本物のヤクザ屋さんが数人でドカドカ来るだけで蜘蛛の子が散るように収まりましたから、そんな時代でした。
まあ、ケンカが始まってもヤクザ屋さんが緊急出動してきてもバンドはしっかり演奏してましたけど。で、バンドの連中、基本、「不良」でしたから何が怖いたって「補導」のセンコーでした。
もっとも、補導のはバンドの連中をどうこうするわけではなく、タバコ吸ったり、シンナー吸ったり、薬でラリってる奴を補導するのがお仕事ですけど、まあ、ダンスホールとしてもバンドの連中を補導されたらたまりませんから、2階にあったホール、補導がモギリのところで押し問答してる最中にライトが点滅します。すると、ステージの後ろからダンスホールのママさんが、そっと扉を開けてくれて・・・・・

「ちょっと、あんたたちここに隠れていなさい」

そう言って、

「タバコとか変なもん持ってたらおばさんに預けなさい」

まっ、「変なもん」さへ持ってなければいざという時は逃げられるからです。まあ、あの時代です、ダンスホールの経営者ともなれば警察にもその筋の方とも深い絆があったようですし。

そんな昔、50年近く前を思い出して、児島「もう一度あの頃の曲やってくれよ」という、リクエストにお答えしての今年からのライブだったのに…

「聴いてるかい、児島。ほらトミさんが歌ってるよ『悲しき願い』『ストップザミュージック』『アンチェインマイハート』だぜ」

思えば、みんな不器用な生き方だったけど、児島は器用だった。
そのせいか、少し急いじゃったのかもしれないね。

不器用な月

  


Posted by 昭和24歳  at 08:47Comments(0)

2019年10月05日

昭和の遺詠を刻む

昭和の遺詠を刻む

可笑しいでしょ、今や・・・
彼女たちも立派な中年のおばさん(笑)


彼女の父親は大正12年生まれで元々は省線(現・山手線)の運転手だったが徴兵される前に海軍へ志願兵として横須賀へ。
敗戦で復員後は実家の農業の後継に。ご案内の通りの当時の世相です。
義父は農民運動に加わりそこの青年指導者として「日本社会党」のメンバーになる。
当時は片山哲内閣誕生で政界、政党は離合集散、そんな時期だったようだ。

良くは知らないが彼女の母昭和3年生まれの父、祖父は岩鼻村の村議会議員だったという。
当然農家だったが、その時期は大規模な軍需工場「日本化薬(旧・日本火薬製造株式会社)」、戦後は米軍に接収されその後その跡地の大半が「高崎原子力研究所」となっている。
その旧岩鼻村地域は「岩鼻代官所」があり幕末、明治維新にかけ高崎「五万石騒動」、つまり農民一揆があった土地柄か、政治色が強かった。

そんな義父は高崎市のもうひとつの農協の理事を務めながら専業農家として生涯を貫いた。
身長176センチと当時としては長身、国鉄機関士だった義父の一つ違いの弟は182センチ。親戚が寄り合うと身長167センチの僕はガリバーの中の小人のようだった。

残念ながら、その義父、授かった子供が全て女の子4人。
そんな中でも、子供の頃から僕のカミさんに期待していたようだった。婿を迎えて農業を継がせることにと・・・
カミさん、彼女は小さい頃からそんな父親のあとをついて野良仕事、や家畜の世話、夕飯の支度から風呂沸かしまで全てしていたそうです。
豚に赤ちゃんが生まれると母豚に踏まれないように介護していたとも。

そんな義父にとって僕の出現はとんでもないことのようだったようです(笑)。
もちろん結婚には大反対、カミさん、彼女は家を飛び出して僕のところへ。

僕らに長女が生まれて諦めたのか、カミさんの実家へ行くとそんな長女を連れておじいちゃんぶりを近所に見せるようになりました。
お酒は全くダメな義父でしたが、ヘビースモーカー56歳の時「大動脈瘤」で倒れ、手術、それ以降は入退院を繰り返す。
で、73歳の時再発症し手を振りながら手術室に消え帰らぬ人に。

カミさん、元気な頃は夏はぬか漬け、冬はタクワン、白菜漬けは欠かしませんでしたね。
お正月の御節料理、きんぴら、煮豆、ナマス。そして数の子の下ごしらえは職人技。

全て実家でやっていたことだった。

あれから45年、カミさんの実家は末娘、四女が病いに臥しながらひとり住まう。

義母は、92歳。この春脳梗塞で倒れ今流行りの「特別療養介護施設」にありがたくも入所している。

僕が義母、彼女と初めて会ったのは僕が25歳の暮れ、義母、46歳、そして義父51歳の時。

いろいろあった、でもそのワンシーン、ワンシーン克明に乗りに刻まれている・・・

昭和の遺詠を刻む

  


Posted by 昭和24歳  at 20:27Comments(0)

2019年10月05日

徳川政権から安倍政権の美しくない国

徳川政権から安倍政権の美しくない国

そうだ、もう一度一から勉強だ。

明治維新、日清日露戦争、そして日中、日米戦争が同じ閥で・・・・・

国民にも問題はあるんだろうが、為政者の総括はそこにない。

前にも書いたが、この国は表向きは象徴天皇で「議会制民主主義」とかだが、明らかに政治はお飾り。

全てが行政官僚のコントロール下に存在し、選良たる国会議員は屁の突っ張りにもなってはいない。

そらそうです、最高学府の偏差値トップの選ばれし官僚が束になって国会議員をまるで鵜匠のように振舞う。

一昨日の、いつだったかの国会での石破答弁も官僚のペーパーを、それも、質問への答弁とは違うペーパーを(笑)。

ところで、財政危機、国の借金1,000兆円超、国民ひとりあたり・・・というが・・・

貸してるのは国民で、行政の都合上国民の預託資金を引き抜いて使っているだけの話。

そろそろ、清算すべき時ではないのだろうか、デノミでもいいし、新円切り替えでもいいし。

日本も、トランプのような大統領候補でないかなぁ、ひも付きではない内閣総理大臣(笑)。

で、竹下内閣で宗主国様に言われるまま「消費税3%」を制定した。

しかしそれは税収が増えるのではなく数%の富裕層を減税して、所得のほとんどを生活資金にする大衆への増税。

トランプ共和党大統領は言う、「リーマンショックでウォール街は税金で救済されたが政府は国民を路頭に迷わせるだけだった」と。

日本もそうだった、バブル崩壊の時も「銀行は大きすぎて潰せない」と70兆円もの税金を投入し、救済した財務大臣がおたが。

で、あれから30年余、その消費税を社会保障のためと、財政健全化のためというがそれではこれまで徴収した340兆円超の税金は?

一体どこへつかったのか。そしてそれでも足りないとありとあらゆる特租税を法制化して国民生活を窮乏させる。

その増税の実態は、財政の健全化、社会保障のためじゃあない。今後年間数兆円かかる原発廃炉費用と、放射能汚染の補償。

更には捨て場所のない「高濃度放射性廃棄物」の処理費・・・・・・

そして消して放射能のせいとは言えない人的被害、そこを関連付けたら一体いくらお金がかかるか全くわからないからだ。

まあ、チッソ、水俣、安中もそうだったけど、被害者がひとり残らず終わってから遺族と「和解」。

東電のせいじゃあないです。自眠党の戦後政策の一環ですからその時々の政権が責任です。

まあ、ずっと「自眠党」でしたけど、55年体制から・・・

で、東日本大震災の津波犠牲者、たしかに残念だけど、それは地球上どこにも起こりうる自然現象。

だけど「福一原発爆発事故」は違う、アレは戦争と同じです。つまり、やらなけりゃよかったわけですから。

およそ4年間でなんの罪もない民間人(徴兵も)約300万人が犠牲になった。

で、ほとんど賠償も無しです、空襲、原爆で死んだ数十万の平民。

賠償、遺族年金が払われたのは戦場で死し人の遺族だけ、生還した兵士にはご苦労さんの一言もない。

徳川政権から安倍政権の美しくない国
  


Posted by 昭和24歳  at 12:45Comments(0)

2019年10月05日

首相所信表明演説「「みんなちがって、みんないい」

首相所信表明演説
「みんなちがって、みんないい」


金子みすゞ

【一億総活躍社会】
15年前、1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の方にお会いしました。

「人間どんな姿になろうとも、人生をエンジョイできる」

全身がまひしていても弾くことができるギターを自ら開発。演奏会にも伺いましたが、バンド活動に打ち込んでおられます。さらには、介護サービス事業の経営にも携わる。その多彩な活動ぶりを、長年、目の当たりにしてきました。

令和になって初めての国政選挙での、船後靖彦さんの当選を、友人として、心よりお祝い申し上げます。

障害や難病のある方々が、仕事でも、地域でも、その個性を発揮して、いきいきと活躍できる、令和の時代を創り上げるため、国政の場で、共に、力を合わせていきたいと考えております。

令和を迎えた今こそ、新しい国創りを進める時。これまでの発想にとらわれることなく、次なる時代を切り開いていくべきです。

かつて採られた施設入所政策の下、ハンセン病の患者・元患者の御家族の皆様に、極めて厳しい偏見、差別が存在したことは、厳然たる事実です。そのことを率直に認め、訴訟への参加・不参加を問わず、新たな補償の措置を早急に実施します。差別、偏見の根絶に向けて、政府一丸となって全力を尽くします。

「みんなちがって、みんないい」

<抜粋引用:2019/10/4 17:00 日本経済新聞>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50597940U9A001C1000000/

>「みんなちがって、みんないい」

誰が演説原稿書いたかは知らんが、「出典」とか「引用」は付け加えるべきじゃなかったの。

首相も、自分の郷里の著名な童謡詩人なんだから、こういうふうに↓

「大正、昭和と童謡詩人として活躍された私の郷里の金子みすゞ先生の詩の一行にもありますように『みんなちがって、みんないい』とありますように…」

とするんならいいけど、まるで自分の言葉のように言ってはいけません。

『私と小鳥と鈴と』
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

https://www.chichi.co.jp/web/20180929yazaki/

>船後靖彦さんの当選を、友人として、心よりお祝い申し上げます。

へ~っ、安倍首相とれいわ新選組の船後靖彦さんはお友達だったんだ、それはしらなんだ、知らなんだ。

>これまでの発想にとらわれることなく、次なる時代を切り開いていくべきです。

「これまでの発送に取られず」なら、財政均衡なんて言ってないで財政出動だろ。
政府日銀は株価維持のための買いオペ紛いはやめて直接労働市場に投資すべきだろ。

つまり、非正規はやめて「正社員雇用」したら給与の半額分を、企業に補助、給付する。

人手不足の看護師、介護士、保育士分野に、それと低所得の子育て世代に、特に就学児童のいるシングルマザーに。

少子化を言うだけじゃあなくて、非正規、派遣じゃあ、結婚もできないだろう、その世代にも生活補助をする。

それらの層の国民はおそらく補助金、給付金は全額給付に回る、そしたら経済、市場も活性化する。

財源?

財源はあるだろう、1400兆円もの使われてない表ガネが、原発村にも大金が眠ってるはずだ。

首相所信表明演説
「みんなちがって、みんないい」

  


Posted by 昭和24歳  at 10:05Comments(0)

2019年10月04日

【安倍首相】所信表明で門前の小僧

【安倍首相】所信表明で門前の小僧

↑これこそ国難だろ!!

首相、所信表明で社保改革に力点 舩後議員エールも「個性活かす社会を」
 安倍晋三首相が4日、衆院本会議で行った所信表明演説で、力を込めた政策課題は1億総活躍社会の実現だった。

 「最大の挑戦は急速に進む少子高齢化」「国難とも呼ぶべき少子化に真正面から立ち向かう」

 首相はそう決意を口にした。政府の資料によると、全ての団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる令和7(2025)年から、65歳以上の高齢者人口がピークに近づく22(2040)年にかけて、高齢者人口は「緩やかに」増加する。これに対し、15~64歳の生産年齢人口(現役世代)は「加速度的に」減少する。

<中略

もっとも克服への道のりは険しい。演説では就職氷河期世代への就労支援も打ち出したが、実行性を伴わなければ、将来的に低年金、無年金の高齢者が増大する可能性があり、生活保護費の急増が懸念される。同世代を支える「次の世代」は少ない。改革に向け足踏みしている余裕はない。(坂井広志)

10/4(金) 17:11配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000583-san-pol

>「最大の挑戦は急速に進む少子高齢化」「国難とも呼ぶべき少子化に真正面から立ち向かう」

「国難と呼ぶべき少子化」って、アベさんに言われたくねぇよな、言いたかぁないけどアベさんこそ「少子化のご本尊」だろ(笑)。
まあ、「憲法改正」どころの話じゃあない、米中経済戦争とかTPPとか、挙句、消費増税、どうなってんの、ってぇ話。

それはいいけど安倍の次はアベですか、何年やったら気が済むの、他にいないっていうかこの国自体が安倍じゃなきゃダメなんだろ。
戦後74年経って、いまだ韓国、北朝鮮にグズグズ言われて、官僚がある程度やってるんだろうけどチャイナスクール、アメリカンスクール。
政治家なんて刺身のツマにもならない、萎れたバランにも使えない、タダ飯の大食らい、国民の居候、困ったもんです。

>高齢者人口は「緩やかに」増加する。これに対し、15~64歳の生産年齢人口(現役世代)は「加速度的に」減少する。

あのねっ、普通に考えたら経済大国で人口減少って国民の労働分配率は上昇するんじゃないの。
前にも書いたんだけど、日本国有鉄道が民営化して「JR」なって人減らしをしました。つまり「人口減少」だったわけです。
ま、実際「JR」各社が全部が増収総駅かは知りませんが、少なくとも「JR東日本」、「JR東海」、「JR西日本」はウハウハです。
そらそうです、JR東、どんな小さな駅でも自動切符入り場、自動改札、運転士も一人、車掌も一人・・・
ものすごい合理化がなされ、生産性は極めて向上、で東日本の労働分配率も当然上がった。

しかしだ、JR東日本は正規社員を募集することなく。各部門を分社化、子会社化することによってその部門では非正規。
つまり、労働分配率が向上した分は株主配当に消え、官僚天下りの高級賃金に消え国民には一切恩恵はない、どころか・・・
旧国鉄の負債25兆円は政府債務に、でその返済にはたばこ税増税分含め毎年4000億円。

結局、親方日の丸栄えて国民身が細る。上の方、上級国民が下の下級国民の生き血をチュウチュウ。
いいから高額所得者の所得税、法人税を昭和の税制に戻せよ、そしたら国民生活随分楽になるぞ、役人仕事増えるけど。

【安倍首相】所信表明で門前の小僧
  


Posted by 昭和24歳  at 20:49Comments(0)

2019年10月04日

稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金

稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金

ま、関電を介して政治家へってある?

関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も〈週刊朝日〉  
 社内調査報告書では、高浜町の「影の町長」とも呼ばれた森山氏が「国会議員に広い人脈を有している」こともあって、関係を深めたと説明。森山氏が筆頭株主とされ、取締役を務めていた警備会社「オーイング」(本社・福井県高浜町)と、その関連会社の「アイビックス」(本社・福井市)が、自民党の稲田朋美元防衛相に献金していたこともわかった。アイビックスの吉田敏貢会長は稲田氏の後援会長を務めていた。

 稲田氏が代表を務める自民党福井県第一選挙区支部の政治資金収支報告書によると、アイビックスは2011、12年にそれぞれ36万円、吉田氏個人として11年に50万円を献金。オーイングも11、12年にそれぞれ12万円を献金していた。

 また、衆院議員の高木毅氏(福井2区)が代表を務める自民党福井県第二選挙区支部は、16年に警備費用としてオーイングに約19万4千円を支払っていた。

<抜粋引用:10/3(木) 17:58 AERA dot.>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00000042-sasahi-pol10

>稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金

稲田朋美元防衛相”ら”自民党議員に献金の”ら”って誰ですか?

つまり「ら」ということは「複数の」ということでよろしいでしょうか・・・
で、早速件の元助役とは面識はないと。違法な献金ではないが返還を検討と。

稲田氏は、森山氏と「面識はなかった」としたうえで、献金の返還を検討しているという。
<抜粋引用:10/4(金) 8:20 読売新聞オンライン>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00050196-yom-pol

さてさて、今日から国会なんだけど、消費税+関電ネタですか、モリカケネタはまだ進行中なんだけどねぇ。

そしたら早速、北朝鮮からお祝いの打ち上げ花火が↓

北朝鮮、「新型」の潜水艦発射弾道ミサイルを発射 射程距離は千キロ超か
https://www.bbc.com/japanese/49915739

もしかしてコレ↓


新たな国難「関電原発疑獄」をスピンさせるにはもってこいの国難、毎度おなじみだけど。

そうだ今国会は憲法改正国会じゃあなかったっけ・・・

まぁ、「関電疑獄」は高浜町元助役が90歳で亡くなった3月には始まってたんだし。

半年位騒がせといて、関電幹部の首とって、場合によっちゃあ大阪地検特捜ってぇのもアリなんだけどなにせ肝心の主役が「死人に口なし」ですから、「モリカケ」スタイルでオシマイだろか?

稲田朋美元防衛相ら自民党議員に献金

  


Posted by 昭和24歳  at 10:45Comments(0)

2019年10月03日

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。

「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。

14基の原発が立ち並ぶ福井県・若狭湾沿岸の“原発銀座”。関西電力の高浜原子力発電所で異常な出来事が起こっていた。獰猛な“原発警備犬”が、完全犯罪の凶器に使われようとしたのだ。国内初の「プルサーマル」(プルトニウムとウランを混合した燃料、MOX燃料を燃やす原子力発電)に固執する“高浜原発の天皇”。ことごとく“天皇”に反発する地元高浜町の町長……。「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。 本書では、関係者の実名証言、証拠資料とともに、電力会社による地元議会の支配工作、常軌を逸した暗殺指令の顛末がすべて明かされる。 果たして関電首脳は知っていたのか? 黒幕はいたのか?  当事者たちが電力会社の異常な地元対策を実名告発する、ミステリーを超えた戦慄ノンフィクション!!

>「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。

全ての道は「自民党」につうずる。

この産廃事業だろうか、かつて暗殺された民主党衆議院議の石井紘基議員の追求したいた特別会計の闇とは。

それにしてもだ、この時期にこうした話が表面化するということは、もちろん今回の当事者である元高浜町助役が今年の3月だかに死去(90)したことにも起因しているのでは、つまり「死人に口なし」。



多くを語らずともそういうことだろう・・・

国会が始まるというこの時期に符合したかのような「自民党」絡みのとんでもない事件だ。

立憲はどうするんだろうか電事連関連の労組を支持母体とする枝野は追求できるのだろうか?

前にも書いたように1970年代から古い話とはいえ歴代総理が9電力会社の代表から10年間で数億円のヤミ献金を行けていたという話。

ま、今回の関電、元長助役の寸劇も主役の片方が死んじゃってるんだから何とでも言えます。

そもそも「貰う方」が脅かされて仕方なく貰うってぇ事のほうが「普通じゃァない、世の中の理に反してます。

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。

  


Posted by 昭和24歳  at 22:20Comments(0)

2019年10月03日

“親方日の丸”だからね。

“親方日の丸”だからね。


塩川正十郎元財務相ではないが、

「心配ない。この国にはなんやかんやゆうても個人金融資産が1400兆円もあるんです」

元財務相の発言である。

国民が“1400兆円”も持ってんだからいざと言う時は国民の金が“担保”、質草ということじゃあないの(笑)。
早い話が、“国家”、一朝有事国民の金融資産を“召し上げる”と言うことだろう・・・・・・

細川護煕が小沢一郎のダミー政権の時突然“福祉目的税”を会見発表。
もっともすぐさま“目的税”では盗めないので撤回となるが、時の大蔵省も流石浮世離れしている。
“目的税”なら“盗める”、国民はお人よしで馬鹿だと侮っていた。
“福祉”目的とでもしておけば反対はしないと思っていた(笑)。

いつの時代も国家と言う“星”に棲む人種と“世間”に棲む人種とでは行って来いの隔世の感が在る。
大東亜戦争の時の“国家”もそうであった。

確かに、真珠湾攻撃での日米開戦だが終わってみれば“国際連合軍”の“勝利”で、今の“イラク”と全く同じ。
イラクの“クエート”侵攻”が第一次湾岸戦争なら、理由はどうあれ“世界貿易センター”等への同時多発テロが、
巷間言われる“仕組まれた”宣戦布告なら“真珠湾”テロと同じで、

アメリカが仕立て上げた、育て上げた“ならず者国家”イラク。

この日本、“大日本帝国”も黒船以降、日清日露、日中戦争とアメリカが仕立てたあげた、育てた吹けば飛ぶようなちっぽけな極東の島国。
いずれにしろ、米国本土、欧州にまで侵攻侵略の力などハナからあろうはずもなく、
締めくくりは“日独伊”そのアメリカを中心とした連合軍にコテンパンにやられる羽目に。

その時もこの国の国家、政府は真っ赤っ赤の嘘を国民につきとおして、“絶対に勝”と“絶対に負け”た。
もちろんこの時も国民の金融資産と生命のほとんどを奪って。

その時が既に国民総生産の倍額以上の国家財政赤字だったと言う。もっとも国家、大日本帝国はそのことで当時の公共事業が東南アジア、中国大陸侵攻、侵略という公共事業を失敗させ国民の多くの生命と全財産を代償にしてその失政を隠蔽した。
笑えるのは、その時の大日本帝国政府が三代に亘ってなんの責任を国民に対し取ることなく、
60年経った今日、その禍根を繰り返すかのように天文学的数字の借金財政にどう幕を下ろすか算段している。

いずれにしろ、戦後世代がこの世から消え去ったあと“DNA”として生き延びるであろう大日本帝国政府、国家はこの失政を隠蔽、
責任逃れをするには消耗破壊の為だけの“公共事業”。

“国民の生命と財産”そして“安全”を守ると言う理由で、
その公共事業で“国体の護持”、愛国を御旗に“繰り返す”という“歴史”を繰り返すだろう。

その時代には僕らはもう居ないか、身体どころか、口さえ満足に利けない役立たずの・・・

もちろん団塊の世代1千万人。そしてそれ以前の世代が長寿であれば2千万人からが目出度くも存命だ。
となれば都合3千万人からの60歳以上人口と言うことになる。

どう考えても年金、医療は持つわけがない。今のこの政府の財政で。

もっとも年金にしても“賦課方式”ということで年金制度施行以来自分の支払った分は自分のものではないと言う制度。
そして、やがては自分の為に払ってくれるであろうとする世代が受給世代の3人に対し一人(笑)。

かといって、元来基金とした部分は役人が運用と言う目的で使っちまって・・・
早い話が、その使っちまった部分を新たな税金で穴埋めするというのが、
言うとすれば“福祉目的”ということではないのか。

しかし、米政府は知っているんだろう、だから“3兆円”を平気で言い出す。
と思ったら、それは日本政府が言い出したことだとか(笑)。

“あるところには在る”ということなのか。

どの道、担保は国民、それも平民。天皇に日の丸を振る平民の生命と財産。
“安全を守る”と言われりゃあ返す言葉にも困る。

因みに、政府関係者、国会議員等が日の丸を振っているのを見たことがない。
これが“親方日の丸”だからか・・・・・  


Posted by 昭和24歳  at 18:26Comments(0)

2019年10月03日

【関電事件】原発銀座は大判小判がザックザク

【関電事件】原発銀座は大判小判がザックザク


菓子折りの底に金貨=米ドル、高級スーツも-関電調査報告書
 関西電力が2日に公表した調査報告書によると、福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)は関電幹部に大量の金貨や仕立券付きのスーツ生地、米ドルなどを贈っていた。
 
 森山氏は関電幹部との面談や会食時を利用し、手土産や昇進祝いの名目で金品を贈呈。岩根茂樹社長には就任祝いとして、菓子箱の底に見えないように金貨を入れるなど、時代劇さながらの渡し方をしていた。

 幹部ら20人が受け取った現金は計1億4501万円、商品券は6322万円分に上ったほか、金貨や小判が計368枚、50万円相当のスーツ仕立券も計75着。報告書は「明らかに社会的儀礼の範囲を超えている」と批判した。

 また、多額の金品を渡す意図を「森山氏の自己顕示欲の表れ」と指摘。返そうとすると、「無礼者。ワシを軽く見るなよ」などと激高し、返却は現実的に困難だったとした。

<引用:10/3(木) 7:08配信 時事通信>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000009-jij-soci

>菓子箱の底に見えないように金貨を入れるなど、時代劇さながらの渡し方をしていた。

まっ、「そういうことだったのねっ」つう話で、つまり高浜の顔、いろんな意味でね。
つまり原発本体の方じゃなくて関連施設の建設とか核廃棄物処理とか、トイレのない高級マンションですから。


しっかし、原発銀座「若狭湾」、廃炉決定を含めて15基の原発、その建設費一基あたり、5,000億円(安全対策費含む)ですから・・・

15基×5,000億円=7兆5,000円、若狭湾の原発銀座、連夜「お主も悪よのう」がどんだけ繰り返されてることか。

ま、政治家を含め原発からいろんなところでつまんでるんだろうけど、極めつけはコレ↓

 関西電力で政界工作などをしていた内藤千百里(ないとう・ちもり)元副社長が歴代首相らに対して秘密裏に献金をしていたことを証言したとのことです。
 内藤氏は「正しいことは言っておかないとイカンな」と述べた上で、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登等の歴代首相らに数千万円規模の献金を毎年盆暮れにしていたと話しました。また、献金の規模や総額は、「年間数億円になる」とも彼は語っています。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-3333.html

>歴代首相らに数千万円規模の献金を毎年盆暮れ

頭の方は頭の方で、尻尾の方はおこぼれに汚れ仕事をさせてもらって地域のドン、助役とか・・・

仕事が途切れないように電力会社のサラリーマン斜塔らに金握らせたってぇのが「関電事件」の真相かもしれませんね。

ま、福島第一でもそうだけど仕事ったって汚れ仕事ですから飯場暮らしです。

その意味では、元助役、全国の失業対策に貢献してたのかも。一人3万円で受けて日雇いに渡すのは1万円、世の中そんなもんです。

そいで、元助役の金づるは産廃業者の「吉田開発」と、つまり産廃、スペシャルなお仕事です。

【関電事件】原発銀座は大判小判がザックザク
  


Posted by 昭和24歳  at 09:57Comments(0)

2019年10月02日

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。



「イートイン脱税」VS「正義マン」現場の店員困惑?

 1日に大きな注目を集めたキーワードを読み解く「急上昇」です。まずは「イートイン脱税」です。

 消費税10%払って店内で食べるべきか、8%払って持ち帰るべきか…。あるコンビニ店のセルフレジにはこんな新機能も。軽減税率の対象商品はイートインで食べるかどうかの項目が書いてあり、自己申告制にして会計を行っています。


しかし、自己申告だと商品持ち帰りを申告していながらイートインで食べるずるい人たちが増えるのではないかと予想されています。そんなずるい人たちの行為がイートイン脱税といわれているのです。そのイートイン脱税に関連し、「正義マン」というキーワードも急上昇していました。

 イートイン脱税のようにテイクアウトとして買っておきながらイートインスペースで食べている人がいたとします。それを見つけた時に正義感を出して店員に告げ口するような人のことを正義マンと呼ぶそうです。そんなイートイン脱税を自発的に取り締まろうとする人が増えるのではないかと予想している人もいて、ツイッターでは正義マンが増えると告げ口される店員さんも対応に困りそうだなどと心配の声も上がっていました。

2019年10月1日 20時50分 テレ朝news
https://news.livedoor.com/article/detail/17167757/

>商品はイートインで食べるかどうかの項目が書いてあり、自己申告制にして会計を行っています。

ま、個人主義っていうか「所有意識」の強いが白人です。
そもそもが「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」といった植民地主義侵略と略奪の歴史なんだ。

コンビニであろうがどこであろうが「俺がカネ払ったんだからどこで食おうと俺の勝手だろ」って拳銃突きつけられます(笑)。

そうなんですアメリカじゃあ、別にアメリカじゃなくたって普通に金出して買ったらその瞬間「所有権」はお客個人のものに。

ある時、間違って工具買ってきた奴がいて僕が「取り替えてこい」って言ったら「ダメだ」って言うから・・・
じゃあ、「取り替えてくれないんなら返してこい」っていうと、「そんなことできるはずがない」という。

どうやら、白人社会ではお金を出して買った瞬間その「モノ」の所有権は店から客へと契約的に所有権外転すると。
だから、間違って買おうが不良品を買おうが主客転倒、ということは「客のモノ」じゃなくて単純に「客」だった個人が、今度は売主になる。
ま、嘘のようなホントの話で、ひとつの取引成立で「モノ」は「完全移転」するから、ま、わかりやすいったら、わかりやすい。

まぁ、安倍首相がトランプ大統領から戦闘機買ってカネ払っちゃたのに戦闘機をよこさない。で、「どうしてなの?」って安倍首相が聞いても要領得ない返事。

「シンゾー、ユーはカネ払ったんだからもう戦闘機はお前のもんなんだ。お前のものは思えが管理すべきだろ、俺の知った話じゃあない」

ま、銃社会ですから、こっちにも銃があるんならいいけど、下手に喧嘩しないほうがいい。拳銃突きつけられて・・・

「シンゾー、ここに答えが二つあるどっちかを選べ、『①トランプ大統領の言ってることが正しい、②トランプ大統領の言ってることはいつも正しい』、さ~答えは?」

そんなわけで、なんで払わなくてもいい税金を払わされて、食い方、使い方まで政府に強制されなくちゃいけないんだ、それこそファシストだろ。

まあ、ね。キャッシュレスもなんだが、アメリカ人っていうかユダヤ系を除いたら計算あんまり得意じゃあない。

だから、銀行か、金融業はユダヤ人と相場が決まってる。で、一般的アメリカ人っていうか、いや、韓国人、中国人も社会的道徳観薄いからレジでもなんでも金誤魔化したり盗んだりするらしい、らしい、ね。
だから、キャッシュレス普及率100%、レジに金入ってなかったら誤魔化せないし盗めないから(笑)。

ま、そんなことないと思うけど東京のコンビニの店員はほとんどが上野宏史系留学生らしい、らしい。決めつけちゃあいけないけどコンビニ、本甕は大企業だ、そのうちレジも無人化になるんじゃないの。

しかし、日本政府は、日本の商習慣を悪用して徴税する。つまり、日本の商習慣は生産者から消費者に物が届くまで何段階もの流通経路を減る。つまり、その段階ごとに消費税を徴収する。

つまり支払い消費税から預かり消費税を引いた差額を納税する仕組みからすれば・・・

問屋Aは1000円の仕入れで支払った消費税は100円。
それに20%の利益を乗せて1200円で2次問屋に卸す、その時問屋Aの受け取り消費税は120円。
すると、問屋Aは受け取り消費税120円から支払い消費税の差額20円を納税する。
2次問屋は小売店に1200円で仕入れた商品に20%の利益を乗せて1440円で卸す。
すると2次問屋の受け取り消費税は144円。そこから支払い消費税120円の差額24円を納税する。
そうすると小売店は1440円の仕入れに144円の支払い消費税が発生。
小売店は1440円に30%の利益の載せて一般消費者に販売すると小売価格は1872円。
消費者が支払う消費税は187.2円(受け取り消費税)から支払い消費税144円の差額43.2円を納税。

これに軽減税率とかですから、こんなの日本人にしかできませんね、公認会計士の飯の種でしかない。

【軽減税率】アメリカでそんなことやったら銃乱射(笑)。
  


Posted by 昭和24歳  at 20:24Comments(0)

2019年10月02日

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!

進次郎もアメリカの犬なんだけど・・・

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!理由は議員宿舎のペット禁止

8月7日に小泉進次郎議員(38)との結婚、第1子の妊娠を電撃発表した滝川クリステル(42)。それ以来謎に包まれていた2人の新婚生活だが、滝川は9月27日放送の『徹子の部屋スペシャル TVエンタメ伝説の名場面史』(テレビ朝日系)に出演。そのなかで、彼女は進次郎議員への思いをこう語っていた。

<中略>

「進次郎さんが住んでいる議員宿舎はペット禁止なので、犬を飼っている滝川さんと今は“別居婚状態”なんです。大臣になったことで常にSPがついているのですが、進次郎さんはこっそり議員宿舎を抜け出して滝川さんに会いに行こうとしているそうなんです。SPも『何かあったら大変だから控えてほしい……』と必死に止めているそうです」(警察関係者)

滝川は窮地の夫を助け、果たして未来のファーストレディとなることができるのか――。

<抜粋引用:2019/10/01 06:00 女性自身>
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1782094/

>「進次郎さんが住んでいる議員宿舎はペット禁止なので…」

ま、ペット好きは、特に女性は人間の伴侶よりはワンチャン、ニャンコのほうが大事っていう人多いです。

まぁ、クリステル夫人もワンちゃんとは別居できないけど進次郎とは別居できます。

そらワンちゃんの方が、利口だし、可愛いし言うこと聞くし、文句は言わないし、お腹には赤ちゃんいるし。

それにしても議員宿舎「ペット禁止」って、ペット好きな国会議員て結構いるんじゃないの?

ま、自分がアメリカの犬、なんて言われてる人もいるんだけど(笑)。

しかし「ペット禁止」って動物愛護にも反するよねぇ、ペットと同居できないから別居っていうのも可笑しくない?

>進次郎さんはこっそり議員宿舎を抜け出して滝川さんに会いに行こうとしているそうなんです。

こっそりって健気(笑)、SPに止められちゃって哀れ。新婚なのにどうすんの、お父さんに相談してみたら・・・

「お父さん、ずっと独身だったんだけど寂しくなかった?どうしてたの?」って。

そしたらお父さん、、、

「人生いろいろ、女もいろいろ、お前も子供じゃあないんだから、オシマイ!!」

のワンフレーズ返ってくると思うけど、そしたら言ってやれ・・・

「お父さん、セクシーじゃないと、セクシーッ!!」

そしたらお父さん、

「いいねぇ、いいねぇ、意味わかんないけどいいねぇ、進次郎!!」

滝クリ 小泉進次郎氏と別居婚中!
  


Posted by 昭和24歳  at 11:52Comments(0)

2019年10月02日

エレキ一代「古のサカヰレコード」

エレキ一代「古のサカヰレコード」

ビクターのエレキ現金正価13,800円

関東の奥まったこの地方都市にはベンチャーズもビートルズもそうはなかったし、もちろん「テケテケテケ」も。

僕らもその時代、世代の動物的感、嗅覚かロックンロールのエルビス・プレスリーやら、アメグラのポール・アンカ、二―ル・セダカ、デル・シャノン、そしてイギリスのクリフリチャード辺りを聴いてワクワクしていた頃だった。

もっとも、テレビでは「ザ・ヒットパレード」で飯田久彦、尾藤イサオ、内田裕也などが日本語に翻訳されたロックンロールを歌い、そのバックバンドが「寺内タケシとブルージーンズ」であったり、「ブルーコメッツ」であったりしていた頃だった。

今でも鮮明に憶えているのは、東京渋谷に住んでいた従兄の連れられて行った新宿南口、甲州街道沿いの、丁度、明治通りとの角にあった「新宿アシベ」。
そこで聴いたと言うか観たというか、「尾藤イサオ」の「悲しき願い」、ゲーリー・バートン、アニマルズのやつだ。
確かあれは昭和38年の夏だったか、、バックバンドが「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」だった。

内田裕也、フランツ・フリーデル、ミッキーカーチス弘田ミエコ、中尾ミエと、それらの歌手のバックバンドがその後の「田辺昭知とスパイダーズ」であったり、「伊藤敏道とリリオリズムエアーズ」ではなかったかと。
とにかくその当時はいわゆる「ロックバンド」の時代ではなく「ロック歌手」全盛の時代だった。
「新宿アシベ」に「池袋ドラム」は夏休みになるとよく、その従兄に連れて行ってもらった。
そうだ、新宿駅西口にあった、名前は忘れたが「ボーリング場」。それもその頃初めてボーリングと言うものをやった覚えがある。

「ダンスホール」。

当時高崎には「みゆき」そして「社交」、それにあとひとつあったようだが僕の記憶の中にはその「あとひとつ」はない。

僕は中学三年になると、エレキに夢中になってしまった。もちろんそれは夏休みに従兄に連れてってもらった「新宿アシベ」の影響やテレビの影響が大きかったに違いない。
しかし僕はその歌、歌手よりも「バックバンド」のエレキに夢中になっていた。

その頃からどうも僕は、僕の家からは徒歩10分くらいの所、嘉多町の「サカヰレコード」で怪しいサウンドがけたたましく流れているのが気になりだしたのだった。
というのもそのサカヰレコードの近くに同級生の小林君がいて、なんとその小林君ちにはステレオがあって洋盤のレコードが棚にびっしり納まってるではないか。
そんな小林君、詳らかではないが「花街の母」だったようでお母さんは三味線、端唄小唄のお師匠さんで洋盤を聴いてると奥の方で「チントンシャン」だったから、なんとも不思議な空間だったことを憶えている。
で、洋盤、小林君のお勧め、最初の曲がフランク・シナトラの「想い出のサンフランシスコ」、そしてブレンダ・リーの「愛の賛歌」。この2曲は今でもソラで歌える、「三つ子の魂」何とやらで。
すっかり洋盤アワーに酔いしれて小林君ちを後にするとその途中、嘉多町の交番を過ぎたところにサカヰレコードが。
店内を覗くと今まで見た事もないようなギターが天井から後光を射しながら吊る下がっているではないか。
平べったい板に鉄の弦の張ってある、しかも真ん中に何のためか得体の知れない長方形の光ったやつがついていて、それにラジオの摘みのようなものもくっ付いて、電気を付けたり消したりする時のスイッチがついている。

どうやらそれが、「エレキギター」だったのだ。テレビで見るそれで知ってはいたものの、クレージーキャッツの植木等が弾く分厚いギターとは大分趣を異にしている。
サカイレコードの店内にはなにやらそんなギターを抱えたアメリカ人らしいバンドのポスターが貼ってあった。

アストロノウツ「太陽の彼方へ」と書いてあるそのポスター。

「テケテケテケ――――ッ」

あの時の衝撃は今でも忘れずに焼きついている。あの音、そして臭いと言うかあの時の空気・・・
僕は居ても立っても居られない、欲しくて欲しくて堪らない。もう頭の中はその「エレキ・ギター」でいっぱいになってしまっていた。

僕は思わず店員のお兄さんに聞いてみた。

「あれ、なんですか?」

「あれか、あれはエレキ・ギターって言うんだ」

なんかいつもはダサイお兄さんなのにその時ばっかりはとっても「エライ」人のように見えたから不思議だ。

「このギターはな、これだけじゃ音がでないんだぞっ」

得意そうにお兄さんは僕を覗き込むようにそう言った。

「これはエレキ。要するに、電気で音を出すギターなんだからアンプって言うのが絶対必要なんだ」

〈電気ギター?なんだそれ?〉僕は思わず胸の中で呟いていた。

そのお兄さん〈ふん〉っといった素振で僕を無視するとその電気ギターを丁寧に磨き始めた。

店の中では「テケテケテケ―――ッ」があっちへ行ったり、こっちは行ったり。

その電気ギター「エレキ」値札には1万2千円と無情、無慈悲にも書かれていた。

なんでも糸巻きの部分に「G」と大きく書かれていた。

〈1万2千円か~、アルバイト半年分だなと、エレキは涙か溜息か、と思うしかなかった〉

家に帰ってテレビのスイッチを入れてみた。やっぱり「テケテケテケ―――ッ」と、やっているではないか。
寝ても覚めても「テケテケテケ―――ッ」どうしても欲しくて、欲しくてたまらなくなってきてしまった僕だった。

しかしサカイレコードのそれは「メーカー品」ばっかりで、ビクター、ナショナル、グヤトーン、テスコなんて云う高級品しか置いてない。
値札には、2万円前後が何れも付けられている。これでは、手も足も出ない。

そこで、月賦屋だったが「三和デパート」と云うのが八間道路の羅漢町にあって、そこには多分、今にして思えば輸出用の代モンだったんだろうけど7千円台のがあった。

早速、牛乳配達のアルバイト、親父もお袋も兎に角絶対反対だったが、こっちは欲しくて居ても立っても居られない。一ヶ月3千円のアルバイトだったか。
夜は、塾だと嘘を言って「音楽センター」でコンサート後の掃除のアルバイト、一回百円。なにせ、ラーメンが50円くらいの時代だから今なら、千円だろうか。

そうしてようやく手に入れたエレキギター。アンプはラジオを改造して親父の知り合いの電気屋に作った。
兎にも角にもあの「テケテケテケ」が不思議でしょうがなかったし、「ウウ~~~ン」と云うトレモロアーム。これも僕のには付いていなかったから全くの謎であった。

そうこうしていたある日何処で聞いたのか、マックスのバンドがエレキを弾けるやつを、と云うことで人づてに僕の所に十歳も年上の「水野さん」と云う人が誘いに来た。
マックスのバンドは元々「ハワイアン」で、水野さんの出演している「社交ダンスホール」のマネージャーがどうしても「アストロノウツ」か「ベンチャーズ」をやれということだったらしい。
もちろん「ダンスホール」なんて云うところは大人の世界か、不良の世界。学校にでもばれればどんなお咎めを受けるか想像すらできなかった時代だった。
そこで、当時、「太陽の彼方へ」とか「アパッチ」とか「ダイアモンドヘッド」を弾ける小僧が居ると云うので僕の所へ来たらしい。

それが「社交ダンスホール」。もう連日超満員で土日は芋の子を洗うよう。二十歳前後のお兄さんお姉さんが殆ど。その時僕は初めて「ヤクザ」(チンピラ)と云う存在を知った。「用心棒」って言うやつも。

それにしても世代世代で夫々それなりの時代があるものだ。世間は「受験戦争」だったけど僕はその戦争には徴兵拒否、非国民「一人平和主義」を貫いたエレキ一台(笑)。
夏休みは渋谷の従兄、タイル屋でアルバイト。一ヶ月5千円、仕事はきつかった、砂とセメントこねたのをバケツに入れて現場まで運ぶ。従兄が貼ったタイルを拭き上げる。それでも休みには「新宿ACB」だ。
そして夏休みバイトが終わって高崎に帰れば「三和デパート」のエレキがぼくを待っているのだ、と思うと頭の中であの「テケテケテケ」がグルグルと回り始めた。

そうだ、高崎に帰った僕にはコレとない吉報が待っていた。というのは「三和デパート」は月賦屋なので僕が狙っていたエレキ「7千」何某は月賦の値段だから現金だと「6千円」チョイ。
当然、中学生に月賦で売れるわけもないので親を連れて来いっていう話なんだろうけど、現金なら1割引ということだったらしい。

そんなこんなで15歳で弾いたアストロノウツ、ベンチャーズを・・・

僕のエレキ人生の始まり。まさか70歳の齢でエレキを弾いて「テケテケテケ―――ッ」ってやってるとはその時は想像もしなかった。  


Posted by 昭和24歳  at 10:22Comments(0)

2019年10月01日

「時代の風」とか。

「時代の風」とか。

現代を読み解く鍵は歴史にあり。テロ特措法、北京五輪、オバマ政権誕生、北朝鮮問題…国際関係史・イスラム史研究の第一人者が、激変する世界の潮流を見つめて紡いだ随想録。

随分と古いが・・・

昭和の終わり頃に鈴木善幸元内閣総理大臣という政治家がいた。

享年93歳・・・

実に長寿。元社会党員で後に田中角栄元総理の腹心となる。

いわゆる、水産族であった。

目立たないがものの見事な閨閥を築き一代にして日本の頂点に一族を成す。

典型的な「棚ぼた政治家」であろう。

で、田中角栄の安全パイで、内閣総理大臣に任命(-_-;)

大蔵官僚を婿取り、長女は吉田茂、麻生太郎に嫁がせ、さらに皇族へと繋がる長男、現代議士の婚姻。

しかし時代の風はここまでだろうか・・・

後は、その時代をどう繋げるかにしかその道はない。

現下の国会議員代議士は自民党のほとんどが官僚の頂点と婚姻している。

それはその為政者、官僚を含めたこの国の管理者がそこの「私」を守る為に他ならない。

国民が灼熱に焼き尽くされようが、濁流にのみ込まれようが、寒風に吹き荒まれようが、そんなことはお構いなし。

しかし、それは当り前といえば当り前で、国民大衆とて己の「私」はなにが何でも守り通そうとする。

しかし為政者、管理者は血を流し、汗を流した結果での「私」ではない。

国民大衆から「税」という名で国家権力を持って「徴税」したものが全て。

広く薄くとかの消費税がついに10%、わかりやすいが下々、下級国民、底辺に潜む99%には薄くはない。

その年間所得、非正規低年金生活者100万円、200万円そこそこだとしたら10万、20万円天引きされてるようなもんです。

時代の風・・・

おそらく、この夏の異常気象とも思える熱風と世界規模の集中豪雨は海水の温暖化による海流異変。

それでも、安全に、清涼に生活できる極一部の上級国民にとっては別段取るに足らないことだろう、犯罪を犯しても罪に問われないだから。

自然発生か、人為的かは兎も角、近年発生の伝染病、「豚コレラ」も、国民大衆の「食の安全」より極一部の上級の「私」が優先する。

幕末から維新へ、それは・・・

武士、官僚社会での政権交代。武力を持たない「公家集団」を神輿に、それでも維新政府官僚政治はつい昨日までは丁髷侍、理由はどうあれ武装集団で、日清日露を戦った。

時代の風・・・・・・

大東亜戦争の維新政府二世官僚はその先代の戦勝バブルのオトシゴ。

親世代の勇敢な先頭に護られ幼少、少年時代をすごし、その戦勝バブルのまま大東亜戦争、太平洋戦争へと盲進。

神国「大日本帝国」が負けるはずがないと武士道精神とかで侵攻に次ぐ侵攻するも最前戦は下級国民が弾除け・・・

そのうちに「神風が吹く」と本当に信じていたかは分からないが、敗退に次ぐ敗退にも、

一億火の玉、総玉砕を絶叫。

二発の「ピカドン」にも、国家総動員の戦艦大和不戦撃沈にも本土決戦を叫んだ、元中国大使、阿南惟茂の親父、阿南惟幾陸軍大臣。

時代の風・・・

彼の昭和20年8月15日の無条件降伏が、外圧の「明治維新」なら、漆黒、焦土の中に復興に務めた世代がその無条件降伏下の現役世代の官僚たちだったのではないだろうか。

A級戦犯総勢十数名の死刑、そして極東軍事裁判での司法取引の末に敗戦国「日本」の管理を任された六〇年安保の為政者。

時代の風・・・

六〇年安保、七〇年安保、八〇年安保の為政者は、大東亜戦時下全員が二十代、三十代。

敗戦時の第一回普通選挙、後の、田中角栄、中曽根康弘、鈴木善幸は二十代。池田隼人、佐藤栄作が三十代。

そして今日、その生まれながらにして、野球でいうならバッターボックスにも立たずいきなり塁上に立つ。

生まれながらにして押出しのホームインが約束された為政者・・・

現、内閣総理大臣が東条内閣内閣の商工大臣、60年安保の内閣総理大臣の孫というそれは偶然にしては怪奇。

そして奇怪な「憲法改正」は祖父の贖罪を晴らさんが為なのか?

「時代の風」とか。  


Posted by 昭和24歳  at 19:30Comments(0)

< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ