2019年10月03日

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。
【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。
「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。

14基の原発が立ち並ぶ福井県・若狭湾沿岸の“原発銀座”。関西電力の高浜原子力発電所で異常な出来事が起こっていた。獰猛な“原発警備犬”が、完全犯罪の凶器に使われようとしたのだ。国内初の「プルサーマル」(プルトニウムとウランを混合した燃料、MOX燃料を燃やす原子力発電)に固執する“高浜原発の天皇”。ことごとく“天皇”に反発する地元高浜町の町長……。「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。 本書では、関係者の実名証言、証拠資料とともに、電力会社による地元議会の支配工作、常軌を逸した暗殺指令の顛末がすべて明かされる。 果たして関電首脳は知っていたのか? 黒幕はいたのか?  当事者たちが電力会社の異常な地元対策を実名告発する、ミステリーを超えた戦慄ノンフィクション!!

>「喉元を犬にくいちぎらせたれや」。“天皇”から、完全犯罪を命じられた警備会社幹部が町長を追尾する……。

全ての道は「自民党」につうずる。

この産廃事業だろうか、かつて暗殺された民主党衆議院議の石井紘基議員の追求したいた特別会計の闇とは。

それにしてもだ、この時期にこうした話が表面化するということは、もちろん今回の当事者である元高浜町助役が今年の3月だかに死去(90)したことにも起因しているのでは、つまり「死人に口なし」。

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。

多くを語らずともそういうことだろう・・・

国会が始まるというこの時期に符合したかのような「自民党」絡みのとんでもない事件だ。

立憲はどうするんだろうか電事連関連の労組を支持母体とする枝野は追求できるのだろうか?

前にも書いたように1970年代から古い話とはいえ歴代総理が9電力会社の代表から10年間で数億円のヤミ献金を行けていたという話。

ま、今回の関電、元長助役の寸劇も主役の片方が死んじゃってるんだから何とでも言えます。

そもそも「貰う方」が脅かされて仕方なく貰うってぇ事のほうが「普通じゃァない、世の中の理に反してます。

【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。




Posted by 昭和24歳  at 22:20 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年10月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
【高浜原発】町長暗殺計画、事実は小説よりも奇なり。
    コメント(0)