2019年09月06日

「未だ誰も云わない・・・」2006/7/28(金)

「未だ誰も云わない・・・」
2006/7/28(金)  
「未だ誰も云わない・・・」2006/7/28(金)

まるで贖罪が晴れたかのように欲望を繰り返す。非常識な・・・


とまでは言わないまでも、世間の上澄みだけを徘徊する、「為政者と一流知識人」たち。

実は、この国には他所の国を「心配」する資格は無い。

忘れたフリをしているのか、それとも知らん振りをしているのか、それも「為政者と一流知識人」とかの連中。

この国の凄惨な末路に生まれた国、世界。同じ事を、何度も何度も・・・殺したり殺されたり。
そして、その慟哭に責められるのは決まって、全ての自由と意志を剥奪された「民衆」だけ。

広島、長崎の地獄絵・・・容赦の無い空襲爆撃に阿鼻叫喚したのは何の罪も無い「民衆」。

つい・・・つい、昨日の出来事なのに。

小学校2年生の娘が言っていた・・・

保育園の時から大の仲良しだった男の子が、小学校に上がったら悪い子になったって。

娘は、その訳を話した。

それは、まるでトンボの尻尾を切るような、セミの羽を毟って転がすように・・・

小学校の1年で、「虐め」らしきものが合ったようだ。

その男の子は体が大きくて、とっても優しい子・・・でものんびりやで、直ぐに泣くんだと云う。

「大ちゃんね・・・『僕強くなるんだ』って」。
「僕、強くなって仕返ししてやるんだ」・・・と。


僕の家にも遊びに来る。色んな話をする・・・確かにのんびりや。人懐っこくて。
僕が「大ちゃん・・・可哀相だね」と、云うと、娘は悲しそうな顔をして頷いた。
どうやら、学校にはそう云う「事実」は無いらしい。

自国を滅茶苦茶にした、「為政者と一流知識人」。

何も知らない、知らされない「民衆」を足蹴に夜な夜な寛ぐ、「為政者と一流知識人」たち。
この国で、闇から闇へ葬られた数百万の戦災犠牲者。
その、一人一人・・・その「人を思う」事を知らない、「為政者と一流知識人」たち。

テレビに映る「鎮魂」は偽りの懺悔ばかり。
テレビの向こう側の「民衆」をコッソリ覗きながら正義を騙る、「為政者と一流知識人」たち。
他所の国を心配して、自分の国の「民衆」を・・・「心配」しない、「為政者と一流知識人」たち。

もうすぐ僕等もこの世から跡形も無くなるだろう。運が良くて、そこそこあと20年が良い所。
そうだ僕にとっての昨日の20年昔は「34歳」。まさか自分の54歳など想像も出来るはずも無かった。
そして、明日の20年は「74歳」。

喧しい、「為政者と一流知識人」たちの心配してくれる老後。

もっとも、その明日に100歳にもなろうと云う、「為政者と一流知識人」たちが現に、この国を案じると云うのだから案じられる「民衆」は滑稽。 作り話に怯え、作り話に構え。

つい昨日「悪の枢軸」と世界から呼ばれたこの国。今はなんと呼ばれているのだろうか・・・

「鬼畜米英、神国日本」

僕等の父や母がそうであったように、この国に存在した事すら失せる。

他所の国を「摩訶不思議」と嘲るが・・・

実はこの国、その「摩訶不思議」は今もなお絶えることなく継がれている、「為政者と一流知識人」たちの手によって。

「未だ誰も云わない・・・」
2006/7/28(金)  



Posted by 昭和24歳  at 17:42 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
「未だ誰も云わない・・・」2006/7/28(金)
    コメント(0)