2018年04月27日

大韓朝鮮民国 vs 日本政府

大韓朝鮮民国 vs 日本政府
南北の和平は日本に戦後補償を突きつける
祟は終わらない、彼らには核ミサイルがある。


南北首脳、板門店で握手 金正恩氏が初めて韓国入り
 【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日午前9時半(日本時間同)、板門店の南北軍事境界線を徒歩で越えて韓国入りした。文在寅大統領が出迎え、境界線上で握手した。北朝鮮の最高指導者が韓国の地を踏むのは初めて。韓国側施設「平和の家」で、2007年10月以来10年半ぶり3回目となる南北首脳会談に臨む。会談終了後、共同宣言を発表する見通し。北朝鮮の非核化へ向けて具体的な合意を盛り込めるかどうかが最大の焦点。

 北朝鮮が金委員長の体制になってから初めての南北首脳会談。両首脳の初対面は生中継され、南北融和を内外に印象付けた。

<引用:共同通信社 2018/04/27 09:50>
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%8d%97%e5%8c%97%e9%a6

朝鮮半島を植民地化していたその末裔が今の自民党政権。
当然、財閥を含む制汗剤だ・・・


まあ、フザけた話なんだが北朝鮮も韓国も善し悪しはともかく大日本統治時代を徹底的に教育している。

その意味では日本政府は馬鹿です。僕ら戦後世代でさえ日本の敗戦に至る歴史教育をされていなかった。

その証左が、その大日本帝国という軍事政権を執政した末裔が今の内閣総理大臣であり財務大臣だ。

つまり、あの大東亜戦争(太平洋戦争)でこぼ日本国を奈落の底に突き落とした政権が「米日安保」という片務条約を強制される・・・・・

という、世界でも例を見ない親分子分の国家関係、要すれば自民党政権はその条約下、代理統治を任されてるのに過ぎない。

学校(文科省)では教えないが、日本の戦後発展も終戦後直ぐに始まった「朝鮮動乱(朝鮮戦争特需)」で戦後賠償を可能とした。

そしてその後の東南アジアの戦争と内乱は米国が介入し戦争している、とくにベトナム戦争では沖縄基地から出撃した。

要すれば、直接米国の戦争には参加はしないが、平坦基地として日本列島を日本政府は共した。

米国政府にしてみれば、米国の戦争で日本国民に仕事を与えた。そしてそのことが高度経済成長を日本にもたらした。

結果、莫大な利益「ドル」が日本政府の金庫に積まれた。そこで米国政府による円ドル為替操作で日本のドル資産は3割に目減り・・・・・

そしてそこで生じた日本政府の莫大なドルは中華人民共和国へ「ODA」という円借款の総額約3兆円が提供されている。

ま、韓国へも同じことで植民地統治の賠償として数兆円を経済協力の名目で支払っているがそれが韓国民に使われてはいないという。

そして今後北朝鮮と日本政府の国交正常化が進むとすれば莫大な植民地賠償と伴い日本政府に請求されるだろう。

膨大な埋蔵資源のある北朝鮮、それを金に変える力は軍事力でしかない、開発資金は日本政府負担、儲けは?

大韓朝鮮民国 vs 日本政府



Posted by 昭和24歳  at 11:10 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
大韓朝鮮民国 vs 日本政府
    コメント(0)