2009年02月22日

ゾンビ“YKK”

ゾンビ“YKK”

         コイズミがよくわかる本です・・・・・



コイズミ・タケナカ・ミイヤウチ・ニシカワ・・・・・

まあ、「ジミントーをぶっ壊す」までは良かったが。

去年の10月からはそのコイズミの念願の“郵政完全民営化”がスタートした。はっきり言って“郵便局”を「ぶっ壊した」。
何せ、地方の大学生協、とか寒村の万屋などの“簡易郵便局”まで含め『1000局』を潰した。

子どもたちの遊び歌で・・・・・

♪郵便やさぁ~んお入んなさい♪

というのがあるように、まあ郵便料金、世界的には確かに高いとは言うものの「ハガキ50円、封書80円」・・・・・
そんな手紙を全国津々浦々間違いなく運んでいてくれる。
とくに過疎地の高齢者、こんな時代になってますます過疎化する中そんな“郵便屋さん”は心の励みだったに違いない。
それに、高齢者の年金受取り。これまでは村の、町の郵便屋さんが電話一本で持ってきてくれた。
それが郵便会社と郵貯会社等々4分社化されてしまってその“郵便屋さん”はそれができなくなってしまった。
たしか、フジだったか、TBSだったかで、それをドキュメントしていた。

たしかタケナカだったかが「郵政民営化」でバラ色の社会が誕生するみたいなことを言っていたが現実はどうだ・・・・・
ただ、その公社時代から「郵政施設」、「職員官舎」を国民監視の目を盗んで山分けしていただけではないか。

ようするに、コイズミのそれは「国民生活」をぶっ壊しただけだった。
コイズミの言った「米百表」も「三位一体」もただの思いつきで・・・・・

そこでの“カイカク”は「規制緩和」で街を壊し、中小零細企業を倒産に追い込み、ただ、

「強いもが勝って何が悪い」

といった弱肉強食の風潮ばかりで、アメリカのような「小さな政府」を目指すべきだと・・・・・
民間にできることは民間にで、「アメリカを見なさい」と言わんばかりに、アメリカに言われるままの構造改革の連続。

大店法改正、商法改正、証券取引法改正、それらの規制緩和政策で、強いものだけが、つまり「勝ち組」現象の“ヒルズ族”のバブル。
結局、その「アメリカを見なさい」が、アメリカが「どうなった」・・・・・
そのことには一切触れていないグローバリゼーション派、タケナカ。言うに事欠いて「改革が中途半端だからだ」という(笑)。
じゃあ、今のアメリカを、アメリカ型社会を目指したその政策をどう説明するのか!!???

オバマ新大統領はその自国、アメリカの政策を「間違っていた」と認め反省の弁を演説しているではないか。
コイズミ、タケナカからは一切のその言葉はないどころか「逆切れ」状態、正気の沙汰ではない言動だ!!

その意味では「麻生は正しい!!」と言うことになる。皮肉だが・・・・・

国民生活では、その未曽有の不況の中、賃金は下がり、雇用も不安定になるという現実に、健康保険料は上がり、厚生年金も上がり、介護保険料も上がり、市県民税も上がり国民生活はとんでもない状況になっている。


“大店法の改正”でこの町は完全にぶ壊れた。

地場のスーパーも健闘するが、“イオンショッピングモール”とイオングループの“ベルク”の商圏単位(3000世帯に一店)での侵略に、
どうあがいても商売にならないので、街の小売店は商いを辞めた。

ヤマダ電機で大型冷蔵庫を買ってイオンで一週間分の食糧を買い込んで。
でも家族は核家族、高齢者世帯、単身者世帯。
せっかくのヤマダ電機の大型冷蔵庫もその中で野菜は干からび、チリ産、アフリカ産の鮮魚は乾き干物に。
家から10分ほどのところに大沢悠里がラジオで宣伝する食品現金問屋『タジマヤ』があるが、そこよりも、イオンの方が安い(笑)。

駅前に通称“マルキュー”109シネマができて一時にぎわったが、
いまや、イオン・シネマでそのマルキューには閑古鳥が飛び交っている。
もちろん、この街の映画館“小屋”は全滅。

分かりやすいところで言えば、つまりはこう言うことが、

『構造改革』。コイズミ、アベの言った“カイカク”。福田でトーンは落ちたが。

「痛みを伴うカイカク」

痛みっ放し、終いには痛みに慣れて、諦めて“廃業”。
そこからどうやって“再チャレンジ”すればいいというのか(笑)。
もっとも言いだしっぺが勝手に沈没・・・・・

再チャレンジを言って再チャレンジした、当の本人が“ぶっ壊れちまって”は洒落にもならない。
まあやつらは国民じゃあないから困る事はないだろう。

そしたら今度は“マチムラハ”と看板を架け替えた『森派』がこれまた、官邸以外全く閣僚経験のない、
昭和の黄門の小倅“フクダ・ヤスオ”だって。
モリ、コイズミ、アベと、このままつづけば7年も、8年も“森派”。とにかくスキャンダラスなジミントーがつづき・・・・・・

つまり、ジミントーにはもう人材がないことの証明で、それを証明してみせたのが「選挙の顔」の麻生太郎(笑)。
しかし、その「選挙の顔」が「選挙の顔」じゃあなくなっちゃった!!
そしたら、また違う「選挙の顔」だという・・・・・

どんな顔だというのだ!!???

馬鹿らしいにもほどがある!!
女性初の総理大臣「コイケ」でどうだだと・・・・・
石破はブレないから「イシハ」でどうだだと!!
石原、与謝野・・・・・いいよなんでもいいから、勝手にやってくれ!!

しかし、民主党も愚図だね。あと半年しかないんだからとっとと衆議院議員は全員辞職して「国会崩壊」させちゃえばいいのに。
もう自民党には何にも出来やあしない。みんな逃げ出す用意をしている・・・・・

ゾンビの山拓、加藤、小泉・・・・・

ゾンビ“YKK”。

最近のコイズミの顔は完全にゾンビ化していますぞ・・・・・

いつも細いのに涙目。老人性涙腺弛緩症です。



Posted by 昭和24歳  at 18:03 │Comments(2)

この記事へのコメント
民主勢に攻められている自民城は主人や重臣がへまやって戦意喪失で皆逃げ出す。
えーっと、似たような歴史上の出来事は・・・あ、信長包囲網?
じゃあ、今の麻生は足利義昭ですか。
ってことはやっぱり次は民主党。
で、本能寺の変が起きて小沢はダメで、次は鳩山か菅で三日天下?
その次は・・・え~っと豊臣は誰だろう・・・。
んで、豊臣が終われば新しい政権で平和な時代が来るのでしょうか・・・。
Posted by 弥乃助弥乃助 at 2009年02月22日 18:32
政治家は「ゾンビ化」で、国民は「ボンビー化」ですか。

弱った魚は目でわかるって言いますね。
Posted by 迷道院高崎迷道院高崎 at 2009年02月22日 19:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年11月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 100人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ゾンビ“YKK”
    コメント(2)