2013年03月28日

ホリエモンのホリエモン的心

ホリエモンのホリエモン的心

ホリエモンのホリエモン的心

日本中をクギづけにした敵対的買収劇から一転して衝撃的な経済事件へ。ライブドア、村上ファンド、そして楽天。六本木ヒルズを舞台にした時代の寵児たちの栄光と挫折を生々しく描き切ったノンフィクションを文庫化。裁判で判明したことを大幅に加筆し、事件の全貌がついに明らかになる。


仮釈放の堀江貴文「服役中、人間関係で身につまされた。事業欲が取れなかった」と語る
 旧ライブドアの粉飾決算事件で、旧証券取引法違反の罪により、懲役2年6カ月の実刑が確定し、服役中だったが元同社社長・堀江貴文氏は、本日(3月27日)午前、長野刑務所から仮釈放された。

<中略>

 また、堀江氏は、「組織の人間関係は面倒くさい面もあったが、自分は社長しかしたことがないので、『自分も部下にこういうことをやってしまっていたな』と、身につまされることも多かった」と話した。

 一方、日々の生活面については、次のように苦労を語った。

「毎日21時就寝・6時50分起床という規則正しい生活。いつも初めの1時間ほどは寝られず、考えごとをするしかなかった。でも、刑務所生活の最後のほうでは、考えることがなくなってしまい、それがキツかった。また、やはり自分は事業欲などの煩悩が取れなくて、欲がなくなればどれだけ楽だろうと思った」(堀江氏)

<抜粋引用:ビジネスジャーナル 2013.03.27>
ソース:http://biz-journal.jp/2013/03/post_1785.html



>「・・・欲がなくなればどれだけ楽だろうと思った」

まあ、確かに・・・・・

でも、「欲望」の失せた人間は廃人ですね。

巷間、ホームレスがそうでしょう(^^ゞ

自由奔放だけど、「食欲」には勝てないからコンビニを漁る・・・・・

まあ、ホリエモン氏、「仮釈」保護観察の身ですから、

晴れて刑期、お勤めが終わるまではやたらなことは言えません。

つまり、「出る杭は打たれた」ってぇことでしょうね。

その意味では懲役は「勲章」かもしれません。

懲役じゃあないけど、時の総理大臣、佐藤栄作氏、田中角栄氏も福田赳夫氏も・・・・・

まあ、佐藤栄作氏は「造船疑獄」で逮捕寸前だったが「指揮権発動」でそれには至らなかったけど、

田中氏の場合「炭管疑獄」、福田氏の場合は「昭電疑獄」で大蔵主計局長時代に逮捕、起訴。

いわゆる「お縄」になっている内閣総理大臣、まあ田中先生の場合は2度でしたけど(^^ゞ

まっ、ホリエモンのホリエモン的心だけど・・・・・

転んでもタダでは起きませんね(笑)。

ついでに言えば、そのライブドア事件の一連では「殺し」まであったわけだし、

世の中の仕組みがハッキリと見えたんではないでしょうか。

で、何がつまづきの原因かといえば「マネー」、金融事業とかでしょうか・・・・・・

フジテレビ買収騒動も、なんでそんなお金がホリエモンの下に集まってくるのか?

そういうことです。

ホリエモンのホリエモン的心






Posted by 昭和24歳  at 14:41 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年01月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 70人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ホリエモンのホリエモン的心
    コメント(0)