2008年07月21日

差別社会をどう生きるか・・・・・その2

昨日のNHK「日曜討論」でも論じられていたが・・・・・・

石油高騰に対する「漁船燃料補填」だが、そのことを言えばなにもこの石油高騰で、
1リットル170円のガソリンに苦境するのは「漁師」ばかりではない。一般国民市民も同様である。

ところで、なぜ小沢民主党は「1000億円」の漁船燃料緊急補填なのか???

まずは、道路特定財源とする暫定税、本税をこの“危機対策”として『減税』すべきではないのか。
当然、漁師、漁業者の苦境は理解した上でのことだが、そのことでは運送業をはじめ、事業に「自動車」を不可欠とする業者は同じではないか。

政府自民党も漁業関係者に漁船燃料補填を緊急予算措置とのことだが・・・・・・
あらたに、そこに税金を投入すべきではない。

それよりも、「払戻し税」としての法的措置を緊急対策として講じるべきではないか。

石油を事業ベースにする、運送業、農業、クリーニング業、銭湯業等々、
それらを売上に転嫁できない分野には即刻「払戻し税措置」で救済するべきだ。

当然、道路工事を一旦中止しても、道路中長期計画を棚上げにしてでも「道路特定財源」を払い戻すべきだ。

そのことで影響をこうむるのは道路工事を請け負っているゼネコンなりその下請け孫受け。
そこでの契約上の所得保障は原材料費を除いたものを道路特定財源から給付し、中長期道路計画の用地買収は即刻中断させることだ。

ところで、福田首相は夏休みだというが国民は猛暑、石油高騰、物価高騰で夏休みどころではない。

「内閣改造???」

傷だらけの自民党国会議員、安倍政権の二の舞が関の山だろう。

しかし野党も一枚岩とは行かず、国民そっちのけの政局談義。
自民党国会議員の「小泉政権」の評価もある種の「思想」、「宗教」的な観さえ見える。

しかし、いざとなると、この日本国民、どんな事件が起ころうと「他人ごと」。
諸物価高騰、消費税増税を次期総選挙後と平然と言う閣僚を前にしても「他人ごと」。

正直、そうは困っていないのかも知れない。
それとも、「困っているとは思いたくない」。いわゆる“ストックホルム症候群”なのか(笑)。

もうすぐ「終戦記念日」である。

“敗戦”。戦争に負けて、占領されているにも関わらず、「終戦」なのである。
昭和20年8月15日までの8ヶ月間で100万人近い国民が殺されたというのに「終戦」なのである・・・・・

そして、大元帥、現人神「天皇陛下」の「人間宣言」という、おおよそ世界では通じる話ではない話を真に受け、そのご巡幸に日の丸を振らされ、

「戦争に負けた」のではなく、「戦争は終わった」のだと思いたい“ストックホルム症候群”。
このニッポン国民の感情とは一体なんなんだろうか???

あの、日本共産党までがその「終戦」の一時には米軍(連合軍)を“解放軍”といい歓迎の仕草。

「戦争に負けた」のではなく、「戦争は終わった」のだと思いたい・・・・・・

「負けたのではない」のだから、責任をとるものはいない。

「戦争は終わった」のだから、戦争を遂行した、軍政とはいえ行政官はそのまま「戦争の終わった」ニッポンを行政する。


当然のように縁故、コネ、情実で、その息子が、兄弟が、親戚のものが役人になったり、政治家になったり。
復員兵、満洲からの引揚者。
そこでも“運”のいい、縁故、コネのある特別な国民は行政職に就く。

一般国民の窺い知ることのない「官の社会」。

旧国鉄がそうであったように、専売公社が、電電公社が、郵政公社が、県庁、市町村役所が、公立校が・・・・・・
親が、役人、教員であれば、息子も娘も弟も妹も・・・・・これって「人情」(笑)。

実は、僕の父親が旧国鉄職員で、父親の兄、つまり伯父も旧国鉄の職員、従兄弟も旧国鉄の職員。
当然僕の父親も、僕を国鉄の職員に・・・・・したかったし、できた。
しかし僕は親不孝にも「音楽界」というヤクザな社会に身をおいてしまった。

従兄弟が旧国鉄の職員で組合活動に、民営化“JR”で全ての道は閉ざされたが。

伯父が市役所の市民化課長で退職。当然従兄弟の息子も市役所勤務。
子どもの頃からそう決まっていた(笑)。


「負けた」のではない、「終わった」戦争。
無辜の命をよそに「手柄話」にも花が咲く。“同期の桜”とともに・・・・・

中高の歴史教科書でもそこのところが実に怪しい(笑)。

「終わった戦争」だから、「再開」するかも?
韓国が竹島(ドクト)を韓国の固有領土として軍事占領をするとの韓国議会・・・・・・

さて、日本政府はどう出るのか?
官房長官は実に呑気というか、バカバカしい発言に終始しているが。
200海里、漁業問題から言っても、竹島の領有権は実に大きな問題である。

平和裏に解決の運びとするなら「国際司法裁判所」への提訴だが、それすらを韓国は拒絶(笑)。

韓国の論調だと“竹島”の次は“対馬”までが韓国領土だとか言い出す始末・・・・・・

どうしましょ(笑)。



Posted by 昭和24歳  at 20:44 │Comments(2)

この記事へのコメント
外交問題の中でも、領土問題は一番の肝ですよね。
尖閣諸島、竹島、北方領土…
日本海を東海(トンへ)との表記問題もあるし…
韓国を刺激しないために目をつぶった領土問題…
サミットで代表国だからと、北方領土の発言を見送ったチンパン総理…
中国としても、台湾の頭越しに尖閣の領有を主張し、その次は間違いなく沖縄を自国の領土だと主張するのは明々白々。

領土問題をしっかりと解決しないできた歴代の政府の罪はいづれ最悪の事態となって表出するかもしれません。
Posted by チャッキーチャッキー at 2008年07月21日 22:35
チャッキーさん――――

>領土問題をしっかりと解決しないできた歴代の政府の罪はいづれ最悪の事態となって表出するかもしれません。

流石の韓国も国防大臣、軍事施設建設には踏み切れないようですね。
戦後からの政府自民党も、野党も相当弱みを握られているようです。「ハニートラップ」でしょうか。故・橋本龍太郎元首相も中国官僚の女性との不倫で裁判沙汰にの記憶は新しいところです。
まあ、「言うだけは言う」が日本以外の外国手段。「言いたいことも言えない」のが日本外交。
公家集団の外交官、酒癖が悪く、女癖がさらに悪い(笑)。
どうにもならないようです・・・・・
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2008年07月22日 18:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
差別社会をどう生きるか・・・・・その2
    コメント(2)