グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2011年10月02日

【高崎事故】羅漢町で、信号のない交差点交差点?

【高崎事故】羅漢町で、
信号のない交差点交差点?




本記事と上の画像は関係ありません、悪しからず。



店に車突っ込み3人重軽傷 群馬・高崎

 2日午前0時ごろ、群馬県高崎市羅漢町の交差点で、左折しようとした乗用車が自転車と接触し、道路に面した飲食店に突っ込んだ。自転車の百々済直人さん(57)と飲食店にいた店員、影山洋美さん(42)が骨折などの重傷、別の男性店員(33)が軽傷。

 高崎署は、自動車運転過失傷害の現行犯で、乗用車の高崎市矢中町、住職、白川晋爾容疑者(63)を逮捕し、事故原因を調べている。

 同署によると、現場はJR高崎駅近くの信号のない交差点。事故当時、店は営業を終え、店員が片付けなどをしていたという。
<引用:2011.10.2 13:06 産経ニュース>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111002/dst11100213080008-n1.htm

>現場はJR高崎駅近くの信号のない交差点。

っていったら、中央病院のところしかないね。

で、角って言ったら、もしかして・・・・・・

かも知れませんね、さて、いったいどこでしょうか???

それにしても、自転車の百々済さんとかって災難でしたね。

ところで「百々済さん」って、なんとお読みするんでしょうか、初めてです。

「ククダラ」さんとか???

あっ、「ももすみ」三だそうです。

あっ、やっぱり、グンブロの、アレ、コレ↓

事故:居酒屋に乗用車突っ込み3人けが 運転の住職逮捕

 2日午前0時ごろ、群馬県高崎市羅漢町の居酒屋「タコボーズ」に「乗用車が突っ込んでいる」と通行人から110番があった。店の前を自転車で走行中の同市の百々済(ももずみ)直人さん(57)が両足骨折、同店従業員、影山洋美さん(42)が右足骨折の重傷をそれぞれ負ったほか、男性従業員(33)が顔を切るなど軽傷。県警高崎署は車を運転していた高崎市矢中町、住職、白川晋爾容疑者(63)を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。

 同署によると、店は信号機のない市道交差点の角にあり、白川容疑者は「交差点を左折しようとしたが、曲がり切れずに突っ込んだ」と供述しているという。【角田直哉】

<引用:毎日新聞 2011年10月2日 10時06分>
ソース:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111002k0000e040010000c.html

>群馬県高崎市羅漢町の居酒屋「タコボーズ」に「乗用車が突っ込んでいる」と通行人から110番があった。

やっぱり・・・・・・

お大事に。

【高崎事故】羅漢町で、
信号のない交差点交差点?

  


Posted by 昭和24歳  at 15:41Comments(1)

2011年10月02日

【暴排条例】NHK紅白とヤクザと人権とか。

【暴排条例】NHK紅白とヤクザと人権とか。



ヤクザの世界は強烈な「縦社会」であるがゆえ、なにげない日常の中にも理不尽かつ、想像できないような「事件」が起こります。当番、義理事など一般社会人では経験できない「仕事」もそうですが、「一日中、親分の愛人やクラブのママ宛てにメールを出す係」なんていう笑ってしまう仕事も存在します。「メンツ商売」であるがゆえに見栄を張りすぎて失敗してしまった話など、強面からは想像できない「笑える話」を一冊にまとめます。





(上)全国で暴排条例施行「異様な時代が来た」
2011.10.1 12:00 (1/5ページ)

 暴力団への利益供与などを禁じる東京都と沖縄県の暴力団排除条例が1日、施行された。これにより、暴力団の資金源根絶を目的にした暴排条例が全都道府県で出そろった。日本最大の指定暴力団「山口組」の篠田建市(通称・司忍)組長(69)は条例施行を前に、神戸市灘区の山口組総本部で産経新聞の取材に応じた。一般の事業者にも暴力団との関係遮断の努力義務が課された都条例について、「異様な時代が来た」と批判したうえで、山口組の解散を明確に否定した。一問一答は次の通り。

 --全国で暴力団排除条例が施行されるなど暴力団排除の機運が急速に高まっているが、どのように捉えているか

 「異様な時代が来たと感じている。やくざといえども、われわれもこの国の住人であり、社会の一員。昭和39年の第1次頂上作戦からこういうことをずっと経験しているが、暴力団排除条例はこれまでとは違う。われわれが法を犯して取り締まられるのは構わないが、われわれにも親がいれば子供もいる、親戚もいる、幼なじみもいる。こうした人たちとお茶を飲んだり、歓談したりするというだけでも周辺者とみなされかねないというのは、やくざは人ではないということなのだろう。しかも一般市民、善良な市民として生活しているそうした人たちがわれわれと同じ枠組みで処罰されるということに異常さを感じている。先日、芸能界を引退した島田紳助さんの件は条例施行を前にした一種のデモンストレーションだったとしか受け止められない。われわれは日本を法治国家と考えている。俺自身も銃刀法違反罪で共謀共同正犯に問われた際、1審では無罪という微妙な裁判だったが、最高裁で実刑判決が確定した後は速やかに服役した。法治国家に住んでいる以上は法を順守しないといけないとわかっているからだ。今回の条例は法の下の平等を無視し、法を犯してなくても当局が反社会的勢力だと認定した者には制裁を科すという一種の身分政策だ。今は反社会的勢力というのは暴力団が対象だが、今後拡大解釈されていくだろう。

<抜粋引用:2011.10.1 12:00 (1/5ページ) 産経ニュース>
ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111001/crm11100112010000-n1.htm

>われわれにも親がいれば子供もいる、親戚もいる、

まあ、確かに。だから親や子ども、

親戚身内が肩身の狭い思いをさせてはいけません。

まっ、ずっといわれ続けているわけです、子どものころから。

なんか、変ですね。論理矛盾っていうか・・・・・・

>今回の条例は法の下の平等を無視し、法を犯してなくても当局が反社会的勢力だと認定した者には制裁を科すという一種の身分政策だ。

まあ、「法を犯してなくても」っていうか・・・・・・

「反社」っていうか、その存在です。つまり、存在自体が怖い。

つまり、怖がってもらわないと意味ないわけっです。

まあ、暴力団同士の抗争ならそれはそれでいいんだけど、それじゃあ経済生まれません。

で、「暴排条例」なんだけど・・・・・

まあ、「NHK紅白歌合戦」、演歌歌手はほとんど危ないとか。

で、大手芸能プロダクション系も、まあ、そんなこといっちゃったら・・・・・・

♪マルマルモリモリ♪

しか出場できません(汗)。

つうか、この「暴排条例」って、暴力団の名刺を請け負ってもアウト。

暴力団事務所からの「ピザ」の注文もアウト。

「売ってはいけません」

っとなるとこの条例、かなりきついです。逮捕されちゃうわけですから・・・・・・

って言うことは、「携帯電話」なんかどうなるんだろ。

まあ、銀行口座止めちゃうくらいだから。そら、携帯電話だって、家電だって、サービスの供給ですから。

あっ、暴力団事務所の、「水道光熱」なんかどうするんだろ?

まあ、市役所とか区役所とか、その「条例」の本元ですけど、どうしましょ???

NTTも東電も、東京ガスも、まあ理屈からいったら、名刺がだめとか、ホカ弁がだめとか。

で、電話止められて、電気、ガス止められて、上下水道も・・・・・・

>われわれもこの国の住人であり、社会の一員。

まあ、「社会の一員」って言っちゃうと、一寸、寂しいかなぁ。

つうか、「アウトロー」を任じてるわけだし、つうか、それが前提だし。

つまり、「社会構成」の範疇にないわけです。つまり「人権」とか・・・・・・・

まあ、「憲法で保障」って言うお話になっちゃ分けだし、基本的人権。

まあ、言葉どおりなら、市役所の役人とか、東電、NTT社員、サービス提供しちゃうと、

「逮捕されちゃいます」

まあ、NHKもですね・・・・・・

あとで発覚したら、それこそ大変ですから。

【暴排条例】NHK紅白とヤクザと人権、とか。
  


Posted by 昭和24歳  at 07:26Comments(0)

< 2011年10>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ