グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2015年12月04日

NHK放送禁止用語で謝罪“blindman”

NHK放送禁止用語で謝罪“blindman”


この笑顔がいいんだよねぇ・・・
誰かに似てるんだけど、誰かに(^-^)



「クロ現」で立花隆さんが放送禁止用語…国谷キャスター謝罪
 3日放送のNHK「クローズアップ現代」(午後7時30分)に出演した評論家の立花隆さん(75)が、放送禁止用語を発言し、国谷裕子キャスター(58)が謝罪する一幕があった。

 この日の放送は、「チームでつかんだノーベル賞 ~日本の物理学が切り開く未来~」と題し、ニュートリノの研究で今年のノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章さん(56)ら研究チームの偉業を取り上げた。

 立花さんは梶田さんが拠点とする岐阜県飛騨市のスーパーカミオカンデを長年取材。番組後半に登場すると、今回の偉業を解説。梶田さんの恩師であり、ニュートリノの観測に成功して2002年にノーベル賞を受賞した小柴昌俊さん(89)がその原点だったと興奮気味に話した。その中で、「カミオカンデ以前はニュートリノは見えなかった。見えないというのは、ないのと同じこと。世界中のすべての学者が●●●同然の状態にあった」と放送禁止用語を交える場面があった。

 発言直後、国谷キャスターは苦笑いしたようにも見えたが、そのまま番組を進行。番組終了時に、「一部、不適切な表現があり、失礼いたしました」と謝罪した。

 同番組は4日午前1時から再放送されたが、その際には立花さんの発言の一部を無音声にして対応。終了時の国谷キャスターの謝罪はそのまま放送した。
<引用:スポーツ報知 12月3日(木)21時5分配信>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151203-00000130-sph-soci

ブラインドマン・ブルースです。


いいですねぇ、マディーとギャラガーのロンドンセッションアルバム・・・・・・

マディも消えて、BBも消えて、レガシーになっちゃいましたね。僕の教科書。

ところで、「ブラインドマン」は放送禁止用語じゃあないのかなぁ?

「盲目のピアニスト」とかも、放送禁止用語じゃあ?

まあ、日本語はその形容を言葉にするのが難しいのかも。

僕が小さな頃、シャボン売りの「ナミちゃん」っていうオバちゃんがいたけど・・・・・

そのオバちゃんがウチに来ると僕は何故か怖がって泣いたのを忘れません。

「ナミちゃん」、耳が聞こえないので、当然お話ができませんでしたから唸るようにしてジェスチャーです。

僕を可愛いと言ってダッコしようとするんだけど、僕は大泣き(笑)。

その時の「ナミちゃん」の困ったような顔が今でもはっきりと憶えています・・・・・

木製の乳母車に「シャボン」をいっぱい詰めて、他にも荒物でしょうか町内を引き売り。

昭和27年ころだったんでしょうか、もちろんスーパーもコンビニもないそんな時代でした。

近所に荒物屋さんはなく、洗濯石鹸、歯磨き粉、竹の柄でできた歯ブラシとか便所紙とか。

何にもなかった時代のことです。戦後7年ですから・・・・・・

あの頃30歳くらいだった「ナミちゃん」。生きてたら93歳くらいでしょうか?

どんな人生を過ごされたのでしょうか、ふと、その「放送禁止用語」で遠い昔が過りました。

NHK放送禁止用語で謝罪“blindman”

  


Posted by 昭和24歳  at 11:30Comments(0)

< 2015年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ