2022年10月26日

国会議員に“悪さ”をさせるのは“地方の有力者”

国会議員に“悪さ”をさせるのは“地方の有力者”

“国と地方”は“呉越同舟”の末の苦肉の策がそれであったと言えなくもない・・・・・
はたして、その時の“地方”は“善”であったかといえばそうではない。
バブル崩壊で、地方自治体の土地公社は無理やり国に引き取らされたJR等の余剰国有地。
そして“無計画”な都市計画での土地買収で地元の有力者(議員等)たちが繰り広げた“土地転がし”の顛末が“塩漬け土地”。
これらは全て“市町村民”が保証人(議会可決)になって金融機関、県等上級自治体からの“借金”。
これらの実態は“市民”が情報開示請求をしない限りは一切公にはならない。
なぜなら、“議会”もぐるになって目的のない散財・・・・・
と言うよりは関係者が“貯蓄”に励んだ結果である。

このことが公になればこの国の地方自治体の議会、行政は崩壊・・・・・
議員、行政職員は贈収賄で多くが獄につながれることになる。
まあ、警察行政がまともに機能していればの話だが、多くは“三位一体”(笑)。


国よりも地方

市議会、県議会議員が国会議員の票集めに奔走する。
つまり市議会、県議会議員個々の得票が国会議員の得票に集約されるわけさ。

国よりも地方



Posted by 昭和24歳  at 18:17 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年12月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
国会議員に“悪さ”をさせるのは“地方の有力者”
    コメント(0)