2013年02月20日

3歳女児餓死か、悲惨!!

3歳女児餓死か、悲惨!!

3歳女児餓死か、悲惨!!

今や7人に1人の児童が経済的に困窮しており、ひとり親家庭はOECD諸国中で最貧困である。
日本は、アメリカと並ぶ最低水準の福祉となってしまった。 しかも、日本だけが事実を無視し、対策を取らず、貧困な子どもたちを社会的にネグレクトしている。
本書は、この問題に対して私たちの認識を研ぎ澄ますために書かれたものだ。日米の児童福祉の現場経験をふまえ、理論・歴史・統計などの多角的な視座で実態を検証し、解決策を考える。



<3歳女児死亡>家に一人餓死か 姉通報、母は帰国中 群馬
 群馬県大泉町のアパートに住むフィリピン国籍の女性(37)宅で18日、次女(3)が死亡しているのが発見されていたことが、県や消防などへの取材で分かった。女性は9日から帰国中で、自宅には中学生の長女(14)と次女だけだった。県警が遺体を司法解剖した結果、死因は餓死の可能性もあり、保護責任者遺棄の疑いもあるとみて女性から事情を聴く方針。

 大泉消防署によると、18日午後7時ごろ、長女から「妹が倒れている」と110番があった。消防隊員が駆けつけると、洗面台近くでパジャマ姿の次女が油まみれで倒れており、すでに死亡していた。目立った外傷はなかったという。

 県や中学校によると、女性は3人暮らしで生活保護を受けていた。12日から長女が中学校を欠席していたため、14日に担任教諭らが自宅に電話。長女が15日に登校した際、母親が帰国中で次女は「知人に預けている」と説明したという。生活費は母親から預かっていたとみられる。

 長女は18日も登校しており、帰宅後に通報したという。【喜屋武真之介】
.

<引用:毎日新聞 2月20日(水)11時1分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130220-00000023-mai-soci

>死因は餓死の可能性もあり、

こんなことがあっていいはずがない・・・・・

世界一の債権国で、国民の個人金融資産の総額は1500兆円。

その中に負債とは言っても、「負債」そのお金は消えてなくなったわけではない。

当然、それは、その個人金融資産にも内蔵され、退蔵されている。

つまり、世界一の「金満国家」のこの日本で「餓死」。

それも「3歳の女児」の・・・・・

アベノミクスもいいが、明らかに「資産バブル」を引き起こす愚策。

まあ、年間所得200万円台で生活する2000万人の大衆には無縁だ。

それどころか、さらなる格差、貧困を招来する。

3歳女児餓死か、悲惨!!



Posted by 昭和24歳  at 14:46 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
3歳女児餓死か、悲惨!!
    コメント(0)