2021年05月22日

国民負担、東京五輪の後始末33兆円

国民負担、東京五輪の後始末33兆円
国民負担、東京五輪の後始末33兆円
糠喜ぶ、どうしょもない人たち笑笑

舛添要一氏が五輪費用不足時の対応について指摘「最後は国民が税金で補填することになっている」
 元東京都知事で政治学者の舛添要一氏(72)が22日、ツイッターを更新。東京五輪・パラリンピックの費用が不足した際の対応について、私見を述べた。

 21日の定例会見で、小池百合子東京都知事は、東京五輪・パラリンピックの費用について「想定外の事象が生じた場合は、改めてIOCや政府、大会組織委員会を含めて協議が必要になると理解している」と述べた。

 五輪大会招致時の立候補ファイルでは、IOCが資金不足となった際は都が負担し、最終的には国が負担すると記載されている。

 小池都知事の発言の一方で、丸川珠代五輪担当相は、費用が不足した際の対応について「都の財政規模を踏まえると、都が補填できない事態は想定し難い」との考えを示した。小池都知事の発言との認識の違いが明らかになっている。

 舛添氏は「東京五輪の費用、組織委が支払えないときは、東京都が、それでも足りないときは日本国が出す。これが契約内容だ。いずれにしても、最後は国民が税金で補填することになっている」とツイート。

 続けて「したたかなIOCと政治交渉となる。費用は3兆円かかるが、33兆円の経済効果があるので大歓迎だろうという筋書きだった」と指摘した。

<引用:5/22(土) 12:23配信 東スポWEB>
https://news.yahoo.co.jp/articles/47c7d3f7cb7f47af2e3b9519552f1785830b0f63

>舛添氏は「東京五輪の費用、組織委が支払えないときは、東京都が、それでも足りないときは日本国が出す。これが契約内容だ。いずれにしても、最後は国民が税金で補填することになっている」と。

電通、パソナの中抜き分もな。全部で33兆円かかるらしい。

オイオイオイオイッ、国鉄だって30兆円くらいの赤字、30年かけて、清算事業団で土地投資さん清算して今未だ毎年4000億円、たばこ税から払ってるんだぞ、言っとくけど消費税増税はお門違いだ。
法人税、所得税、金融資産税で何とかしてくれ。何せ富裕層を中心に現預金1008兆円もあるんだからそれに「現預金課税3%」+2024年に新円切り替え、「諭吉」から「栄一」に変わる、新円切替だ。どうせ市中の金融機関だってその頃は普通預金なんてゴミ扱いなんだろうからわざわざ紙幣に交換するより手持ちの「栄一」は「デジタル栄一」にしちゃってそれに消費税10%でいいんjじゃないの。あとはタンス預金の100兆円だ。これも交換消費税10%、問題ないだろう、水道光熱費にだって消費税かかかってるんだから。ま、民主主義、民主主義っていうけどこの国は「官僚主義」国家だ。官僚、役人、政治家何て屁とも思ってない。国民の代表っていうけど自民党だってわずか20%の国民の代表なんだし。
国民の代表はあてにならない、河井安里の1億5千万円も自民と総裁だった安倍も、幹事長の二階から目薬も、河井安里とパンケーキ食って、演壇でお手々つないでシャッセ踊った官房長官だったヨシリンもしらばっくれてる。
そんな連中が国民の代表であろうはずがない、そんなもん、反社会組織の代表、手先でしかない。



Posted by 昭和24歳  at 16:36 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年10月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
国民負担、東京五輪の後始末33兆円
    コメント(0)