2013年08月29日

高崎は前橋に学べ!!

高崎は前橋に学べ!!

高崎は前橋に学べ!!

「前橋中央駅」
やっぱり前橋は広い・・・・・
両毛線よりご立派!!



商品販売における統計上の数値は前橋に高崎は劣り・・・・・

工業生産出荷高においては太田市にも及ばない高崎市の現実。

そのことを思えば「両毛線」というローカル線のみの「前橋市」は孤軍奮闘か。

まあ、県庁所在地として国、政府機関も置かれていることもあるのか・・・・・

そういえば昔から、僕らが子供時代「前橋」には都会的イメージがあった。

しかし、こうした地方都市の衰退、とくに中心部、旧市街地のそれは、

行政の無為無策だったしか言い様がない。

たしかに、国策としての自動車産業の興隆の影響は否めないが。

とにかく、公共交通機関の整備は全くなされなかったどころか、路線の縮小、廃止。

結果、自家用車はめざましく普及したが昭和50年以降、

旧市街地への経済的人口流入は完全に絶たれた。

つまり、それは高崎旧市街地にあっても「スズラン」「高島屋」のワンストップ・・・・・

結果、唯一残されたデパート2店だが、そこから街中に買い物客が移動することはなかった。

そして「中銀」の頽廃が言われて久しいが、行き当たりばったりの「街中活性化」。

当然、前橋の「弁天通」もそれなんだが、その街の規模からして前橋の方がご苦労だろう。

かつては「上電」前橋駅界隈も賑わっていた・・・・・

僕らが二十歳の頃はその上電前橋駅界隈のメンズショップまで「買い出し」に行った。

「JUN」に「VAN」に、なぜかといえば高崎には当時それがなかった。

その意味では、「高崎」は「ダサかった」の一言に尽きる。何もかもが、昭和40年代初頭。

当時、「GS」が流行り始めた頃、僕らは「アカギ会館」確か千代田町だったか・・・・・・

そこに出演することが、バンドとしてひとつのプライドだった。

「アカギ会館」はダンスホールじゃあなく、完全な、今でいう「ライブハウス」だった。

客席は200席近くあっただろうか、常に超満員で、僕らのバンドもそこに出演してから、

桐生、足利、熊谷、そして当時の人気いバンドだった・・・・・・

「ジャガーズ」や「オックス」の前座としての仕事も舞い込んできた。

高崎と言えばどうか、いわゆる「場末のダンスホール」、その趣でしかなかった「みゆき」。

当然、「JUN」もなければ「VAN」もない、前橋に行かなければお洒落はできなかった(笑)。

百貨店も「前三」ができたのが昭和39年。「スズランも規模は小さかったが昭和27年創業とか。

そして前橋「西武」もだが、そのほか「ニチイ」「ダイエー」も高崎には先んじてた。

つまり、集客力も購買力も実は前橋の方が高崎よりも格上、現在でもその商品売上は前橋の方が上。

どうしてか、地の利から行けば当然高崎なんだが・・・・・

つまり、街の規模がかなりビッグサイズ、「コンパクトシティ」とかいうが、

それは公共交通機関が発達していてこその話ではないのか。

そこから言うと前橋の場合は、「ワンストップ」とはならない、環状線もかなり広域に、

ロードサイドショップが賑わいを見せている。

まあ、そのせいで街中が衰退しているのかもしれないが(^^ゞ

本来なら、高崎の方が商業施設が集積されていてもいいはずなのだが・・・・・・

「街」そのものがコンパクトで、車でちょいと走ればもう田舎という感じで、

店舗といえば「中古車屋」だけしかほとんど見当たらない。

まあ、感覚としての「街」のサイズは「前橋」の半分にも満たないかもしれない。

その意味では「新幹線」頼みの高崎市なんだが、とは言いつつもこのままではこの高崎に、

商用にしろ観光にしろ「宿を取り」滞在する魅力はどこにもない。

まあ、前橋と高崎を比較したとき「萩原朔太郎」か「村上鬼城」かなんだが・・・・・

まっ、そうした文芸にどちらが造詣が深いかといえば「記念館」を見れば比べるべくもないのでは。

そういえば箕郷なんだが日本での洋画家第一人者「山口薫」もいたが、知る人ぞ知るだろうか。

で、縁といえば「内村鑑三」なんてぇ著名な人物も。

まあ、なんていうか「前橋」って「奥が深い」っていうか、「高崎」は「そこが浅い」(^^ゞ

あっ、ちなみに僕の母親は「前橋」、多分旧南勢多郡「田口村」だったか・・・・・・

高崎は前橋に学べ!!




Posted by 昭和24歳  at 17:56 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年09月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
高崎は前橋に学べ!!
    コメント(0)