2013年02月20日

あの世はある・・・・・

あの世はある・・・・・

それはそれぞれの人の“心”意識の中に。

“ヒト”には他の動物、生き物のように研ぎ澄まされた“感”。

その“虫の便り”は日常にはない。

しかし“ヒト”は心で、脳で“自分”を記憶し、

それを時には己の感情で醒めおこし、現実と交差させながら“想い”として体験する。

“デ・ジャヴー”

初めて来た所なのに・・・・・

始めてあったヒトなのに・・・・・・

いつか何処かで見たことがあるような?

初めてであったヒトなのに?

いつか何処かで遇ったことが・・・・・・あるような。


おそらく生涯をともにする男女の恋愛の始まりなどは今ある、

“あの世”の再現なのではないだろうか。

>死んだらあの世で父母兄弟に会えると言うのは本当ですか?

僕は時々、昭和40年に53で死んだ実父に夢で逢う・・・・・・

もちろんその時の僕は16歳だった時の僕でもなければ64歳の僕でもない。

夢の中、あの世の中での話だから、父の背中におんぶされることもあれば・・・・・

僕が父を背中におんぶすることもある。

でも父は僕が一番記憶に深い、未だ病に臥す前の40代のころのそれがほとんど。

柔道の師範で、相撲の好きだった父が連れってくれた“土俵の鬼”と“力道山物語”。

今はもうその映画館はないがそれは“高崎銀星座”。

“デ・ジャブー”だろうか?

その銀星座の跡がデパートになり、その跡が“新星堂”という楽器店になり、

それも今はもうないが・・・・・

不思議なもので、その楽器店にはある時期、足繁く通うことになるのである。

その楽器店に行くたびに、“銀星座”を、そして父を思い出す。

僕は父に逢いたくなるといつも「逢いたい、逢いたい」と念じる。

時に、その思いが通じたかのように・・・・・夢の中で“父”に逢える。

その父は今の僕より“若い”・・・・・はずであるが、

その時の僕は、その時の僕こそがその父にしてみれば“あの世”の存在なのかもしれない。

少年になったり・・・・・背中に眠る子供になったり。

「もう帰れ・・・・・おかあちゃんが心配しておるぞ」

一度、その父にそう言われたことがあった・・・・・・夢の中で。

“おかあちゃん”とはその父の妹、僕の養母なんだが。

あの世はある・・・・・




Posted by 昭和24歳  at 20:40 │Comments(1)

この記事へのコメント
目を開くのと 閉じるの

同じくらいの距離に

きっと

あると 思います

その世界が…
Posted by whatyoumustcall at 2013年02月20日 21:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年10月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
あの世はある・・・・・
    コメント(1)