2012年10月26日

自民、特例公債法案容認、やっぱお金が欲しい自民(笑)。

自民、特例公債法案容認、
やっぱお金が欲しい自民(笑)。


自民、特例公債法案容認、やっぱお金が欲しい自民(笑)。

なんか、安倍ちゃん、泣いてるみたい↑

で、やっぱり・・・・・

「アビョル」でしたか(笑)。


自民、審議拒否せず…特例公債法案、成立容認へ
 自民党は25日、臨時国会(29日召集)では審議拒否戦術をとらない方針を固めた。

 赤字国債発行に必要な特例公債法案についても、成立を容認する方向で調整に入った。野田首相が求める懸案処理に協力し、年内の衆院解散が可能な状況をつくる戦術に転換する。

 安倍総裁ら党執行部は25日夜、都内のホテルで国会対応を協議し、〈1〉衆院では首相の所信表明演説と各会派による代表質問の本会議を欠席する〈2〉野党が多数を占める参院では本会議を開かない方向で各党と調整する――との方針を固めた。ただ、衆参の予算委員会開催や法案審議には、原則として応じることとした。

 予算委では、年内の解散に応じる姿勢を示さない首相を、「『近いうちに信を問う』との約束は食言ではないか」と追及する構えだ。辞任した田中慶秋前法相の任命責任でも首相を攻め立て、政権に打撃を与えた方が党の存在感の発揮につながるという判断だ。

<引用:読売新聞 10月26日(金)11時49分配信>
ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000499-yom-pol

まあ、安倍ちゃん、いろいろ云っても・・・・・

そらそうです、お金無いけど政党交付金は頂戴では(嗤)。

まっ、共産を除く他の野党は申請したとかだが。

しかし民主も臭い芝居をしますね、↓

民主党:政党交付金の申請見送りへ 特例公債めど立たず
 民主党の安住淳幹事長代行は9日午前、国会内で記者団に対し、10月支給分の政党交付金約41億2600万円の申請を見送る方針を明らかにした。12年度予算執行に必要な特例公債法案の成立のめどが野党の反対で立っていないことが理由。法案成立の条件として、衆院解散・総選挙の確約を求める野党側の姿勢をけん制する狙いがある。
<抜粋引用:毎日新聞 2012年10月09日13時16分>
ソース:http://mainichi.jp/select/news/20121009k0000e010168000c.html

つまり、政策もヘチマもないってぇこと。

まあ、お金は必要です、確かにわかりますけど(^^ゞ

それにしても、「政党交付金」を人質に取るとは・・・・・

さすが、ドジョウ、泥臭い。

その意味では庶民です。ハイッ(^-^)/

自民、特例公債法案容認、
やっぱお金が欲しい自民(笑)。




Posted by 昭和24歳  at 20:06 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2022年10月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
自民、特例公債法案容認、やっぱお金が欲しい自民(笑)。
    コメント(0)