2010年04月25日

わが子虐待の病巣 !??

わが子虐待の病巣 !??

わが子虐待の病巣 !??

なぜ、自分が産んだ子どもを虐待してしまう母親がいるのか!? そして虐待を受けた子どもは、どう生きたらよいのか!? 子ども虐待の実態を描く衝撃作。コミック誌『YOU』に掲載された漫画の原作。






「泣きやまずカッとなった」生後1カ月の息子を壁に打ち付ける 傷害容疑で父親逮捕
4月25日0時34分配信 産経新聞

 生後1カ月の息子に全治1カ月のけがを負わせたとして、茨城県警高萩署は24日、傷害容疑で、茨城県北茨城市中郷町小野矢指、無職、棚木亮太容疑者(22)を逮捕した。棚木容疑者は「泣きやまないからカッとなってやってしまった」と、容疑を認めている。

 同署の調べによると、棚木容疑者は21日午後10時ごろ、自宅の居間で生後1カ月の次男を壁に打ち付けるなどして、急性くも膜下出血など全治1カ月のけがを負わせた疑いがもたれている。

 同署によると、棚木容疑者は妻(21)、長男(1)と次男の4人暮らし。妻が入浴中、棚木容疑者が次男をあやそうとしたが、泣きやまないため犯行に及んだが、ぐったりした次男を見て、病院に治療のため連れて行ったという。症状を見て不審に思った医師が同署に通報した。

 棚木容疑者は以前にも次男を叩いたことがあると供述しており、同署は虐待が日常的なものでなかったか慎重に捜査を進めている。



生後1カ月の息子に・・・・・・ ???

あなたは信じられますか ?

「キレる父親、母親」

なぜそうなってしまうのでしょうか・・・・・・

なにがそうさせるのか。

彼らはちょうど僕らの子ども世代。

いや、ソレはもう少し引きずっているかも知れない・・・・・・・


このところ連日のようにこうした児童虐待、わが子を虐待する父親、母親のニュース。


堺の男児虐待死、同居男「ぐずり泣き、イライラした」
産経新聞 2010/04/16 14:17

「泣きやまない…」長女を壁に投げ付けた父親逮捕 
産経新聞 2010/04/20 22:27

息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待産経新聞 2010/04/12 22:54

【なぜわが子を傷つけるのか】(1)

 振り返れば、きっかけは、些細(ささい)なことだった。

 2年前のあの日、会社員の夫(31)は仕事へ出かけ、自分は寝坊して昼前に起きた。3歳だった一人息子は冷蔵庫の前にいた。空腹のあまりバターをそのまま食べていた。

「子供を愛せない」日本の病

 「『は?』とか思って、勝手に冷蔵庫を開けたことへの怒り、バターを食べて体は大丈夫かという心配、起きられなかった自分へのいら立ち、すべてが渦巻いて止まらなくなった。平手で顔をたたき、『てめー、この野郎』と言いながらげんこつで頭を殴ったり、け飛ばしたりしていた」

 千葉県に住む主婦、柴田かえでさん(23)=仮名=は、そのときの息子の目が忘れられない。恐怖と哀願。

 「鬼でも見るかのような目だった」 



「子供を愛せない」日本の病

それを「日本の病」というように。

異様な今日、現代の日本の病巣を露出させてしまっている。

僕らの場合はどうだったろうか ?

昭和51年、3月15日長女が生まれた・・・・・・

わが子虐待の病巣 !??

3週間ほどの早産で、ソレはソレは小さな赤ちゃんでした。

手のひらにすっぽり収まってしまうほどの。

「夜泣き」です。

オッパイは飲まない、ミルクも飲まない・・・・・・

毎晩、何度も何度も哺乳瓶を煮沸消毒。

僕の仕事がバンドマンで深夜帰宅するとママはそんな夜泣きする長女を抱っこして途方に暮れていた。

時に一緒になって泣いていた・・・・・・・

「どこか悪いんじゃないの???」

その度に産院、田村病院へ電話をする僕。

「大丈夫、赤ちゃんはなくモノですよ」

1ヶ月検診でも、3ヶ月検診でも赤ちゃんの成長記録は順調だという・・・・・・

長女は抱っこすると泣きやみ、ベビーベッドに置くと泣きだす。

それの繰り返し。

わが子虐待の病巣 !??

昭和51年4月28日・・・・・・


深夜、そんな長女を僕は抱っこして何度東小学校の庭を歩いただろうか。

長女はまるで何事もなかったようにスヤスヤ・・・・・・

それが家に戻ってベビーベッドに置くと火がついたように泣きだす。

夜が白むころ、泣きつかれたのか静かな寝息。

「赤ちゃんはね。泣くことでお腹の筋肉を鍛えてるの・・・・・・
その差こそあれ、どの赤ちゃんも夜泣きはします。」

そう、先生はいうが、連夜のこと。

とうとう長女はママの母乳をいっさい飲まず・・・・・・・

とはいえ先生に言わせると必要な栄養補給分は飲んでいるのだとか。

1ヶ月検診が終わると長女は村田小児科へ。


夜泣きはつづいていた。

相変わらず、母乳もミルクもほとんど飲まない。

「こういう赤ちゃん、たま~にいるんだ」

動物性成分のミルクがダメな赤ちゃん・・・・・・・

「これ、『ボンラクト』っていうんだけど、早い話、『豆乳』なんだけど、試してみなさい」

ものすごく臭いやつ、哺乳瓶にソレを作りながら、「オエッ !」となってしまう。

ところが、長女、その『ボンラクト』をまるで一気飲みするかのようにすごい勢いで・・・・・・

そしてお誕生が近くなったころにはその夜泣きも嘘のようにとまり、

生まれた時は2760グラムと、あんなに小さかった赤ちゃんがまん丸に。

長女、次女、三女、みんな夜泣きをしました。

それも、「夜泣き1年」。1年経つころにはぴたりと計ったように止まる夜泣き。

そんな赤ちゃんに、そんな時は心配こそすれ、叩くなど、壁に叩きつけるなど、引きずり回すなど、

想像することすらできない。

やはり、社会が病んでいる、その病巣。

その社会が、その社会の病巣に早く気づくべきではないか。

そんなお父さんお母さんを・・・・・・・

「鬼」

にしてはいけない。

わが子虐待の病巣 !??








Posted by 昭和24歳  at 17:26 │Comments(2)

この記事へのコメント
真面目なところ…
前頭葉の機能障害がありそうです、そういう親は(汗)
Posted by 寅● at 2010年04月25日 18:12
或いは仕事のストレス、営業や接客業のそれに多く見られますが…
いずれも前頭葉の働きに関係してきます(汗)

たぶん産業のサービス化による後者です(汁)
Posted by 寅● at 2010年04月25日 18:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年03月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
わが子虐待の病巣 !??
    コメント(2)