2010年04月22日

されど女は強し。

されど女は強し。

されど女は強し。

「今日はバリバリ女装していくよ」男勝りな仕事着を脱ぎ捨て、女らしさ満開のドレスで“女”を装う―アタマもカラダも、女たちはすでに男がイメージする“女”ではない。エコに身を捧げる、勝負服は着物で決め打ち、目標はホノルルマラソン完走、ブログはスターダムへの近道、財布と情報をバーターする親孝行…現代女性を消費の面から10のキーワードで痛快に読み解く。リアルな女の実態を知るための必読の書。




どうやら男なんていうものは・・・・・

ものの「ついで」にあるようなものらしい。

「男の思い込み」と「女の現実主義」

みのもんたの番組でも大口を開けて笑ってるのは全部昔の娘・・・・・・

その昔は、橋幸夫に、三田明に、西郷輝彦に身悶えたであろう昔の「娘」たち。

因みに、古希を過ぎた僕の姉なんぞは井上ひろし、松島アキラに瞳を輝かせていた青春時代。

現実には、井上ひろし、松島アキラとも似ても似つかない「男」と恋におちて今日あるが(笑)。

されど、女は強し。

娘しか産まない「女」はさらに強い。

まさにそれは鬼に金棒、僕如きだらしのない男が束になってかかっても敵う相手ではない。

女房の実家は4人姉妹、孫五人全員「娘」。

曾孫も5人いるが2人は「娘」。

兎に角、男の「ガキ」は泣き虫で、内弁慶で始末が悪い。

親戚の「男」連中もみんな似たもの。

実はこの僕もそうなのだが・・・・・・

されど、女は強し。

女は理屈ぽい事は言わない・・・・・・

気に入らなければ、泣いて喚けば大体ことは済む。

これは、娘であろうが、婆であろうがそう変りはない。

そこへ行くと、男は物心がつき始めると理屈っぽくなり女のそれとは違う見栄を張りだす。

実に面白いのだが、女の子のアイドル歌手に群がる「男連中」の気色の悪さ・・・・・

それは、中年女が「氷川きよし」に縋りつく様に良く似たものがある。

まあ、近年は「韓流ドラマ」とかの、、イ・ソジンとかのウガイ薬みたいな名前の・・・・・

で、テレビをつければ午前午後とその「韓流ドラマ」にうっとりしているその様も。

何れにしろ、男相手の商売は知れている・・・・・・

百貨店にしろ、スーパーマーケットにしろだ。

百貨店なんて、男物の売り場はどこかの片隅に「ボー」としてある。

大体が、1階、2階、3階までは女物、4階に男物で下手をすれば家庭雑貨用品と同じ階なんて言うこともある。

されど、女は強し。

男の思い込み・・・・・

まるで天下人のつもりでも、考えてみればその人数から言っても、「女」のほうがずっと多い。

そして女は、いたって長生きだ・・・・・・

歌の文句の「女ですもの」・・・は、実に重宝である。

どこか山之内一豊の母ではないが「灰になるまで」とかだからそれはコワイ。

男の芸当にはそれはない。

そういえば、政治家先生とかいう生き物・・・・・・・

嫉妬深くて、欲深で・・・ソレは灰になるまで(笑)。

どうやらその手の生き物とかの、

政治家属は染色体の仕組みが普通の男のそれとは違うようだ。

そして犯罪の影にはいつも「女」あり。

されど女は強し。



Posted by 昭和24歳  at 22:05 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年02月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
されど女は強し。
    コメント(0)