2010年04月18日

嗚呼っ !! 子ども手当(笑)。

嗚呼っ !! 子ども手当(笑)。

嗚呼っ !! 子ども手当(笑)。

将来の教育費への不安もこれで解消!賢く・ぬかりなく「子ども手当て」を運用するおすすめプランを指南します。

安定した収入の確保が見えない昨今、子どもに十分な教育をつけさせてやることができるだろうか・・・と不安に思う親たちも多い。そんな国民の不安感情に応えるべき出てきたのが「子ども手当て」。中学生までの子ども1人・1カ月に1万3000円。さらに来年度には2万6000円にアップする予定である。これで家計は手取り大幅増!と胸をなでおろしているご家庭もあるだろう。でも、よかった、よかった。助かる、助かる・・・と喜んでばかりもいられない。無自覚に受け取っていては、知らぬ間に家計の赤字補てんに、遊行費に、他のローン返済に水の泡と化してしまう危険は大!それどころが、 「子ども手当て」給付の変わりに、扶養者控除、配偶者控除は廃止の方向が検討され、もし控除がなくなれば、その分税額は増え、給与の手取り額への影響も気にかかる。そこで、年収別&子ども人数別による給付額と税金の増加額の差や、配偶者控除が廃止になった場合の妻の働き方、「子ども手当て」の賢い運用プランなどについて、より詳しく、わかりやすく解説。






子ども手当支給 頭痛い浜松市 
外国人3万人 手続き混乱予想


 中学生以下の子供に1人あたり月額1万3000円を支給する「子ども手当」を巡り、約3万人の外国人が暮らす浜松市では担当者が頭を痛めている。支給要件を満たせば、在日外国人の母国に住む子供にも支給されるため、申請手続きで混乱が予想されるためだ。初めて支給される6月に向けて、市は外国語による通知を近く発送するなど、対応を急ぐ。

 子ども手当は、在日外国人を含む中学生以下の子供1人につき月額1万3000円が2010年度から支給される。申請の受け付けや支給などの事務手続きは市区町村が行う。

 当初は母国に子供が残っているケースも支給対象となっていたが、「不正受給につながる」と国会で議論になったため、厚生労働省は〈1〉少なくとも年に2回以上、親と子供が面会している〈2〉生活費などの送金がおおむね4か月に1度、継続的に行われている――などの支給要件を3月に市区町村に通知した。

 ブラジル人を中心に外国人登録者が2万8525人(3月31日現在)と県内自治体で最も多い浜松市は、手当の支給対象8万世帯(子供数11万人)のうち、外国人世帯は4000世帯(同6000人)と見込む。母国に残している子供の数は「見込むのは無理」(子育て支援課)としている。

(2010年4月15日 読売新聞)


「外国人3万人 手続き混乱予想」

まあ、民主党の思いつきっていうか・・・・・・・

ハッキリ言って、朝令暮改が過ぎませんか !!???

で、子ども手当ですけど・・・・・・

「母国に残している子供の数は「見込むのは無理」(子育て支援課)としている。」

「母国に残している子ども」ってどういう意味でしょうか ???

全くその意味がわかりかねてます !!???

少なくとも、「日本国に在住していること」くらいは常識じゃあないんでしょうか・・・・・・

日本国内での「子育て」であるはずだし、

その「子ども手当」が将来のニッポンを背負ってたってもらう、

その事を第一義として、現状の「子育て支援」をする。

それを国民全体で等しく負担して、「社会」で「子育て」を、少子化対策にも期するためにも。

ハッキリ言って、「子ども手当」は「生活保護」とは違っているはずです。

生活困窮と、様々な事情から子どもを虐待、虐待死させてしまうバカ親。

おそらく、その「子ども手当」もバカ親の飲食代に消えたり、パチンコ、ギャンブル代に消えたり・・・・・・

分かりません ???

しかし、日本国籍があり、憲法が保障する中での一つの権利として法律が定めるモノであるなら、

等しく、権利を有する日本国民には給付されなければなりません、がっ !!

「母国に残している子供の数は「見込むのは無理」(子育て支援課)としている。」

「見込むのは無理」

「見込むのは無理」って・・・・・・・

その数も、実態も把握できないところになぜ、給付を保証する !!???

バカバカしすぎて、話にもならない !!!

「子ども手当」、このことで明らかに増税になるのに・・・・・・

そんな実態もい把握できないところに税金を投入する。

ひとこと、「日本国に在住が前提」。

それも、過去3年以上日本に定住していることが条件くらいにはするべきではないか。

なにを以て、「母国に残してきた子ども」という発想が生まれてきたのか・・・・・・

嗚呼っ !! 子ども手当(笑)。





Posted by 昭和24歳  at 07:43 │Comments(1)

この記事へのコメント
ホントにこんなザル法がまかり通ったのか、いまだに信じられません。
日本で一番頭がいい人たちの集団が考えたんですよね?
これだけ騒がれても「ヤラセ」にしか思えない。

が・・・そんなこと言ってられない状況な気がする。
もっと一人一人が立ち上がらなくてはいけないという危機感が募ります。

その意味では、役に立つのかもしれません。

しかし、民主党、その代表で総理。
世界中からなめられていますが、どうなるのだろうか・・・
Posted by くみちょう at 2010年04月18日 12:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年08月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 42人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
嗚呼っ !! 子ども手当(笑)。
    コメント(1)