2016年03月25日

仰げば尊しわが師の恩

仰げば尊しわが師の恩



初めての担任教師・・・・・

入学シーズンになるといつも思い出す・・・・・

高崎市立東小学校1年4組、宮原ハナ先生。

怖かったなぁ、宮原先生。

僕と山崎君と阿部君はよく立たされた。

ある時僕らが女の子のスカートまくり。

宮原先生に、こっぴどく叱られたのを今でも忘れない。

罰として、僕等(だったと思う)は教壇の前に立たされ、

宮原先生に罰として“ズボン”を擦り下げられた(笑)。

まっ、僕と山崎君と阿部君・・・・・

とにかく早生まれの僕らは小学校一年生、未だ保育園の延長のようだったらしい。

落ち着きは無く、当然勉強どころでは無い。

毎日のように叱られていたように記憶している。

先生に叱られると、僕は家が近くだったからすぐ家に帰ってしまった。

すると、そんな僕をお母ちゃんが学校に連れ戻す。

たしか、アレは祖父ちゃんの一周忌の前日だったか、僕が早引きをした時。

ちゃんと正門から帰らずに、禁止されていた路地を抜けて未だ砂利道だった二条通に飛び出し・・・・・

東小第一号の“交通事故”に。

オートバイに轢かれて左足骨折。

当時、昭和30年頃、山田町にあった大原病院、そして前橋の関口整形外科と入院。

都合2ヶ月は学校を休む羽目になった。

どうやら僕の頭の悪さは、その小学校一年の2ヶ月間の勉強の遅れのせいだったかも知れない(笑)。

もう10年くらいにはなるだろうか、そんな冬のある日通町の白銀屋で宮原先生にあった・・・・・

「あれ・・・・あっ、ハジメ君・・・・」と先生。

その前年、“昭和35年度高崎市立東小学校卒業生”の同窓会をやったばかりだったので、

宮原先生も気づかれたようだ。

その同窓会の時の宮原先生の挨拶・・・・・・やはり“長かった”。

まるであの頃に叱られているような気がした。

宮原先生にその話をすると、「あったかも知れないね。ハハハ・・・・」

と、先生は笑った。

確か全国でも初めての女性の校長先生になったとかで評判になった。

どちらかと言うと、女傑の強面。

享年84歳とか・・・・・・

あらためて、心より合掌。

そう、昭和35年度東小学校卒業生の同窓会の案内が先日届いた。

「古希」を前の同窓会だという。

もちろん、みんないいおじいちゃんおばあちゃんになってる。

さて、何人ほどの同級生がんだろうか?

仰げば尊しわが師の恩





Posted by 昭和24歳  at 13:49 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
仰げば尊しわが師の恩
    コメント(0)