2010年04月15日

保守王国「群馬」の・・・・・

保守王国「群馬」の・・・・・

保守王国「群馬」の・・・・・

五〇年以上にわたって日本の政治を担い続けてきた自民党。その歴史は総裁選をはじめとする激しい権力闘争の連続でもあった。元自民党幹事長室室長が目撃した、権謀術数が渦巻き、信じられないようなドラマも展開された、時の実力者たちの「抗争」を臨場感豊かにつづる。






まあ、群馬ですけど・・・・・

言わずと知れた保守王国ですけど、ソレも過去のお話(笑)。

桐生も沼田も終わっちゃいましたし、再起は無理です。

で高崎ですけど冷や汗でした(汗)。

もう一つはムチャクチャな選挙区割りで勝ててるだけですから、ハッキリ言って。

選挙区割り、いじられたらその時点でオジャンです(笑)。

まあ、こうして、時代は変わってゆくんですけど・・・・・・


で、その保守ですけど、それは戦後の話です。

まあ、戦後の保守とはイコール、被占領政治のイカサマです・・・・・

ハッキリ言って、保守っていうか「保身政治」が原点ですね。


つまり、今日の政官財の体質そのものが「保身」です。

だって、占領下でしたから・・・・・

「地震、カミナリ、火事、マッカーサー」

そりゃあなんたって、GHQっていうか、マッカーサー将軍がコワかったわけですから。

ですから、国民大衆に思いをはせるなんていう芸当は露ほどもありません。

そこへもってきての「民主化」でしたからニッポン。

政治家になるのは闇屋上がりの成金とか、愚連隊の成り上がりとか、
GHQに取り入って接収物資の払い下げ、横流し・・・・・

官僚は官僚で、っていうか、あの時代、占領下に政治家にでもなんて思っちゃったりしたのは、
みんな、官僚クズレで隠匿物資の横領でGHQを騙したり騙されたり(笑)。

まあ、55年体制で自民党所属議員になったみなさんは大体が元官僚でしたから・・・・・・
で、アノ佐藤栄作元首相も、福田赳夫元首相も元高級官僚お縄になっちゃって臭い飯を食らっちゃったわけです。
まっ、佐藤栄作元首相はチョット偉かったからスル―しちゃいましたけど。

で、みなさん、今日までな~んにもなかったような顔をしてますけど、その後の贈収賄事件、
数々の「政治とカネ」の事件では主役です。表に出た人も出なかった人も(笑)。

ソレが、「保守政治」でした。

まあ、戦後って、ムチャクチャな時代だったし、保守とか言っても守るべき体制なんてなかったわけです。

つまり、GHQ、占領軍の言いつけを守ることが「保守」、「保身」だったわけです。

まっ、その意味では何度代替わり、世襲しても自民党って骨の髄までそういう「保守」です(笑)。

だから、延々と「自民党の、自民党による、自民党のための政治」が・・・・・・

「数は力」、そして「力はカネ」

まあ、大袈裟にいえばそういう思想(笑)。

ところが、去年夏の総選挙で、まあ、カネもあったかも知れませんけど小沢民主党が・・・・・・
アノ、マスゴミのスキャンダル攻勢の中にあっても圧勝しちゃったわけです。

つまり、誤魔化しようのないほど、国民が民主党に投票したっていうことです。
<それまでは誤魔化せましたけど(笑)>


その意味では、「鳩山さん」はいいかも知れません。

なぜなら、コレ以上欲しいモノがないからです。物質的には。

だって、知らないところでひと月1500万円ですから(笑)。

まっ、考えようによっては、心底「慈善家」になれるわけです・・・・・・

で、言われる保守層ですけど、そんな鳩山さんじゃあ困るわけですね。

イコール、民主党じゃあ困っちゃうわけです。

どうしても、仕来りの「自民党」か自民党紛いのモノじゃないとイケないわけです。

つまり「保身」ですね。鳩山攻撃も小沢攻撃も「保身」からです。

まあ、メディアも記者クラブ廃止とかで弱り目に祟り目ですね。特権でしたから。

で、一体全体この日本で、国民大衆ですけど、どこのどいつが「自民党復権」を思い描いてるでしょうか ???
自民党議員でさえ逃げ出す始末の自民党です(笑)。

まあ、保守っていうか保身の悪あがきが、「みんなの党」ったって・・・・・・・

アノ、ミッチーの世襲の「みんなの党、俺たちの党」だし、「たちやがれ日本」とか、自民党脱党を画策する「ねずみ男党」・・・・・
まっ、民主党じゃあ困る勢力、政官財がおカネを出し合っての根っからの保守、保身「新党」です。

まあ、保守、保身「自民党の霍乱」です。何せ占領下、半世紀からの天下でしたから・・・・・

そりゃあ、本格的野党は無理です。「確かな野党」は日本共産党だけです(笑)。

従って、もうすぐ消えます。

それは日本社会党のように(笑)。時間の問題ですね。

あとは、100億円の借金、誰に始末させるか、大変な問題ですけど。

まさかチャラにはできませんね、せめて元金だけでも返さないとイケません。政権党じゃあありませんから。
そのうち、みんな逃げだします(笑)。

だから、麻生さんも森さんも、福田さんも顔出しません・・・・・

小泉さんも、流石です、勝ち逃げしちゃいましたから、今のところ。

まあ、新聞も週刊誌もとりあえず書かなくっちゃ売れませんから。
新聞は書いても売れませんけど・・・・・
テレビも、下らない報道番組はB層は見ませんし、B層なんてそもそも存在しません。
小泉時代のドタバタ選挙の作り話・・・・・

普通の日本人、コッパズカシクッテ、「選挙応援」なんてしません(笑)。

何処かの新興宗教団体の信者を除いては。

そんなわけで、着々と民主党改革は進みます・・・・・

メディアの報道も、「自民党復権」とは書けません、言えません(笑)。

ともかく、国民っていうか団塊世代Jrって自民党をよく知りません。

そもそも、政党への意識が・・・・・・

コレ、現実です。

保守王国「群馬」の・・・・・



Posted by 昭和24歳  at 12:10 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年02月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
保守王国「群馬」の・・・・・
    コメント(0)