2008年04月25日

僕の中の少年

すっかり変わってしまったなぁ・・・・・

空も、雲も、山も、川も・・・そして海も・・・・・

もう、少年の孵る所は何処にも無い
清らなせせらぎも、寝転んでまどろむ草叢も
そして、「お~い」と呼べる入道雲も

すっかり変わってしまったな・・・・・

街と云う街にはぺんぺん草だけが踏み敷かれた瓦礫に賑やか
おたまじゃくし、どじょっ子、フナッコ
そしてゲンゴロウと遊ぶ小川も時代に踏み潰されてしまった

裸足で翔ける野原・・・・・
シオカラ蜻蛉、ギンヤンマ、赤とんぼを追い掛け回した麦藁帽子も。
「キーーーン」と、何処までも高い青空に描く飛行機雲も・・・
時代に掻き消されてしまった。

少年の居場所が無い・・・・・

心地よい、母の胸のようなやすらぎが無い
逞しく優しい、父の背中のような安堵が無い
あるのは薄暗く、目まぐるしい閃光と空想の世界

少年は気づいている・・・・・

自分の住む世界が、一体全体どんな世界なのか
そして、籠の鳥が、籠から放たれたら瞬時も「生きられない」ことを

少年達は、そうして「罪」を重ねながら僕らに、時代にメッセージしている
それなのに、僕らは目を覆い、耳を塞ぎ、口を噤んでしゃがみ込む・・・・・

そして他所に言葉を借りて、虚ろな正義を振りかざすだけの僕

そんな僕を知っている僕の中の少年を思ふ




Posted by 昭和24歳  at 20:44 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年03月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
僕の中の少年
    コメント(0)