2010年04月03日

ソフトバンクが危ない !!

ソフトバンクが危ない !!

ソフトバンクが危ない !!

「社長の仕事はバランスを崩すこと」「時間が許す限り意思決定をするな!」不可能を可能にする男・孫正義の逆転セオリー。不可能を可能に変える「天才」の「頭の中身」を初公開。





「SIMロックに対する議論は勘違いだらけ」――ソフトバンクモバイル取締役副社長 松本徹三氏
2010年4月2日(金) 20時16分

SIMロック禁止の携帯端末市場への影響
 「SIMロックに対する議論は勘違いだらけだ。総務省は何をやりたいのか?SIMロックの禁止なのか?それともSIMロック解除端末も併売し選択させることなのか?」。ソフトバンクモバイルの取締役副社長 松本徹三氏は2日、「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する当社の考え」と題する会見を開き、総務省によるSIMロック解除に向けた議論を批判した。この会見は、同日開催の総務省による「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する公開ヒアリング」に合わせたもの。


まあ、天才「孫正義」とかですから、やることは常識外です(笑)。

っていうかそもそも、日本電々の民営化からして常識外っていうか非常識だったわけです・・・・・・
まあ、公社だったわけですから、サービスが云々とか、価格競争が無いとかも、立法、法令でいかようにもなるわけです。
ソレに、ユーザーっていうか国民から営業料金の他に5兆円もの「施設負担金」(電話加入権)を取って、
全国津々浦々、「整備完了」で民営化ですから調子いわけですね(笑)。

そこへさらに、完全民営化で「NTT株」売り出しで14兆5000億円も国民から詐欺っちゃったわけです、NTTっていうか財務省。

で、まあ、完全民営化しちゃってNTT、子会社いっぱい作っちゃって天下りです。
まっ、完全民営化は看板だけで中身は天下り、旧電々職員と、派遣社員だけで固定電話は先細り、
ポケベル会社がいつの間にか・・・・・・

"DOCOMO"

っていうわけです(笑)。

まっ、世の中進歩したわけですから電話も固定、家電からケータイの時代です。
ならば、電話料金だって、「家電」の範囲でよさそうなもんですけど・・・・・
今や、若者を中心にソレは「家電」の数倍。民営化で安くなるどころかエラク高いモノについちゃいました(笑)。

で、根っこは同じの、ドコモ、au、ソフトバンクで、宝の山を山分けがコレまででした。
つまり、旧政権、政府と経済界がグルになってボッタクリ続けてきたっていうお話です・・・・・・

で、↓のニュースに「ソフトバンク」が噛みついてるわけです。
そりゃあそうです。ソフトバンクは・・・・・・

死活問題ですから(笑)。

消費者重視のSIMロック解除 料金低下につながるか
4月3日7時56分配信 産経新聞

 総務省が携帯電話のSIMロック解除を半ば強引に具体化する背景には、利用者が自由に端末と事業者を選べるようになれば、利用者を囲い込む現在のビジネスモデルが崩れ、サービス競争による利用者料金の低下につながるとの期待がある。事業者側はガイドラインに沿って自主的にSIMロック解除に対応することになったが、事業者間の温度差は大きく、具体的な取り組み方法は不透明だ。

SIMカードは携帯電話のバッテリー収納スペースの奥に挿入されている抜き差し可能な2センチ四方程度のICカードで、電話番号など利用者情報が書き込まれている。日本では現在、同じ携帯電話事業者の端末ならSIMカードを差し替えて使うことができるが、異なる事業者の端末とは互換性がない。そのため、利用者が他社のサービスを利用することができないが、総務省はそれが携帯電話の利用料金の高止まりにつながっていると判断。ロック解除に踏み切ることにした。

 2日の意見聴取はNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルに対して行われ、内藤正光総務副大臣は消費者にメリットがある政策だと強調した。解除に応じない社があれば、年内に解除を強制する規制を法制化することも視野に入れている。

 総務省ではSIMロック解除をめぐり、平成19年に有識者による「モバイルビジネス研究会」で検討。その結果、「基本的には解除することが望ましい」と結論づけたものの、事業者側の反発も踏まえ、結局は制度化できなかった。

 だが、今回は鳩山政権が「消費者重視」の方針を掲げていることもあり、「利用者から要望が多い」(内藤副大臣)ことを“錦の御旗”に、SIMロック解除の具体化に向けて一気に舵を切ることにした。



つまり、コレも「政権交代」の賜っていうわけですか !!???

「利用者が自由に端末と事業者を選べるようになれば、利用者を囲い込む現在のビジネスモデルが崩れ、サービス競争による利用者料金の低下につながるとの期待がある。」

つまり、ソフトバンクは現在のビジネスモデルが崩れては困るわけです。
まあ、「人のフンドシで相撲を取る」ソフトバンクのビジネスモデルなんですけど。
早い話、通信事業は昔から国策ですから、民間事業にはホントはなじみませんね・・・・・・

美味しい話を一部の人たちだけで山分けするのは止めてほしいです !! (笑)。

ソフトバンクが危ない !!



Posted by 昭和24歳  at 17:01 │Comments(2)

この記事へのコメント
この改革が始まって消費者による裁定取引が十分に生じるとその時々の安いところに契約が集中しますから、値引き競争になります、普通の資本主義国の市場なら(汗

日本は消費者の選択における硬直性が強いです。
行く店買うモノにおけるパターンが固定化しやすいです。
大変な価格差が生じない限り消費者の選択はそうそう変わりません。

それは間違いなく計画経済の主体が家計だからです。
単に好不況や趣味嗜好の変化で世の中が変わるだけで、政権がどこになってもあんまり世の中が変化しない…当たり前だよ(汗
Posted by 寅● at 2010年04月04日 00:12
ソフトバンク携帯、在日韓国人に特別激安プラン提供
韓国系企業のソフトバンクから 韓国人向け激安プランが出ました。
何と4500円/月で、実質的に他社とも通話無料(26250円通話料込み)、パケットし放題、端末無料、韓国への通話は5円/分というソフトバンク大赤字プランが出ました。
ソフトバンクの日本人社員は、使い捨て、低賃金と酷い扱いなのに在日同胞には特別プランまで作っているなんて凄い差別です。
民団新聞広告
チョン割まとめ
              日本人   韓国人
基本使用料      9600円   4500円
Sベーシック       315円     0円
パケットし放題     4410円     0円
26250円分通話料  26250円     0円
   合計       40325円   4500円
(韓国宛電話代   130円/分   5円/分)

そこまで言って委員会で暴露されますた
http://jp.youtube.com/watch?v=4SAzcg7_oAY
Posted by 拡散希望 at 2010年04月04日 03:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年03月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
ソフトバンクが危ない !!
    コメント(2)