2008年04月22日

バレエ教室の発表会

土曜日19日は優の長女次女のバレエ教室の発表会だった。

前橋市民文化会館の大ホール・・・・・・

バレエなんていうものを観るのは生まれて初めてだったからなんか妙な気分だった。
まず、最初は次女の出番。出番とはいっても8人ほどで踊っているので正直どれがどれだかわからない。
とにかく一番ちびがそれである。だからそれで観るしかなかった・・・・・
今年ぴかぴかの小学一年生、バレエ教室に通い始めて3年目。
とにかく、当人も終わってみたらただ草臥れただけだったようであった。

長女の出番はチャイコフスキーの“くるみ割り人形”の一場面。
これも一番ちびだからそのつもりで観る・・・・・
やはり、次女と同じで習い始めて3年目には違いないがそこはひとつお姉ちゃんである、
さすがそれなりに役をこなしているようだった。

発表会にはおばあちゃんも来た。
母方、つまりわが妻の母なのだが、わが妻の妹が連れてきたようで、その愛らしい曾孫娘の晴れ舞台をことのほか喜んでおられた。

それはまるで時をあわせたかのように、わが長女が夫となるべく男性を伴って僕の前に現れた。
つまりそれは・・・・・“それ”と言うやつだ。

娘たちの発表会の労いもかねて食事をすることになっていた・・・・・・

其処で、

「正式にご挨拶をするべきなんでしょうが、この機会をお借りして・・・・・」

と、その和風レストランの一室でその長女の夫となるべく男性から、

「お許しを・・・・・」

僕、妻、優夫婦と、長女、次女、長男、祖母、妹のシチュエーション・・・・・

祖母、つまりわが妻の母の前で「お許しを」と来た。

「お許しも何もねえだろう・・・・・・
おまえ、俺たちのことを話したのか?」

と、僕はわが長女に尋ねた。
するとすかさずその長女の夫となるべく男性が答えた。

「はい、ちょっと」

わが長女はニヤニヤしているだけ・・・・・

目の前にわが妻の母がいる。

実は今から33年昔のことだが僕は目の前にいるわが妻の母を泣かせてしまっていた。
もちろん今は亡きわが妻の父は激怒で「二度とくるなっ!!」と言われた。

その時にできていたのが今その夫となるべく男性の横でニヤニヤしているのが、祖母、
つまりわが妻の母の前にいるわが長女・・・・・
こんな場面を誰が想像しただろうか。

僕はこの場面、瞬時にその33年昔の出来事がその母を前にして脳裏に駆け巡った。

「いいよいいよ、仲良くしなさい、おたがいが我慢しあってね」

そのわが妻の母は僕の顔を見ながら、ニコニコして・・・・・・

「よかった、よかった」

とつづけた。

わが妻の母はことのほか喜んでいるようであった。

実はわが娘、長女はその母が48歳の時の初孫、
30過ぎても一向に春めいた話のないわが長女、初孫を気にかけていたのだった。

「よかったよかった」はいいが、僕はそのご母堂を目の前にしての心境・・・・・
もちろん、その後、33年昔以降はその母堂を悲しませることもなくきたのだが、
なんていってよいか朝日ビン生の二本目にも一気によいが失せた気分だった。

わが妻はいい気なモンである。わが長女と一緒になってニヤニヤしているのである。

「で、ですが・・・・・実はお腹に・・・・・」

と、その、今となっては婿さんが。

「やっぱりそうか・・・・・
いや、そうじゃなえかと思ってたんだ、なあ優」

と僕は僕の右隣(左隣は婿さん)に、

「優、おまえ4人目できたんじゃねえか。
夢に見たぞ・・・・・お前の三人ともパパは夢に見たんだから・・・・・」

「ぜんぜん、それはないよ・・・・・
パパ、もしかしてそれお姉ちゃんじゃあない。結婚するんだし」

「そうか、あいつか・・・・・」

しかしそんな話も3週間ほど前のこと、すっかり忘れていたのだったが・・・・・

「目出度いことがいっぺんに重なった、おばあちゃん今日は嬉しいよ」

僕が四の五の言う前にその婿さんの話を引き取った。

そこは女系家族、僕のことなどはそっちのけでもうお腹の赤ちゃんの話で盛り上がってる。

「あたしなんて6歳で“叔母ちゃん”デビューだったからなんてえことないよ」

と末娘の玲。

そう言うと、その婿さんに“ママチャリ東京紀行”の話をし出して盛り上がり始めた・・・・・

「パパとNHKの前でドッキング!!」

その話を聞いて祖母は・・・・・

「おばあちゃん知らなかったよ。やめとくれそんな危ないこと・・・・・」

そう言って、僕をにらむのだった。


バレエ発表会の疲れか優の次女は爆睡状態。

いや、僕もいささか酔った。まさかこんな一日になるなんて・・・・・



Posted by 昭和24歳  at 17:32 │Comments(2)

この記事へのコメント
まるでドラマですね・・・!バレエの発表会だけでは終わりませんでしたね!私の父は‘何時になったらおまえをもらいくるんだい?’と言っていたものの、いざ結婚式当日の朝は挨拶をしようと思ったら慌ててお風呂に逃げ込んでしまいました^^  父親の心理・・・切ないですね・・・!母親強し^^  我が家も娘の時はどうなることやら・・・^^
Posted by ひまわり at 2008年04月23日 12:39
これが人生なんですね・・・・・
僕の何かが終わる時、娘たちに何かが始まる。
こうして、僕の祖父母も、父母も人生を。
“万事塞翁が馬”
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2008年04月24日 06:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2021年03月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
過去記事

Information
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 81人
プロフィール
昭和24歳
昭和24歳
オーナーへメッセージ

削除
バレエ教室の発表会
    コメント(2)